logo

top > 中近東 > アラブ首長国連邦 > ドバイ

ドバイには世界一がいっぱい!ドバイのおすすめ観光地をはじめ、ホテルや最新アトラクションまでご紹介





どこか旅行に行きたいな。アジアやアメリカ、ヨーロッパにも行った。ちょっと大人のリゾートで癒されたいけどドバイってどうなの?

最近おしゃれなホテルが続々と誕生したり、面白そうなアトラクションやテーマパークもオープンしているらしいし、一時期よりホテルの値段も下がっているみたいだから、そろそろ行ってみようかな?でもビザって要るの?季節はいつがいいの?見どころは?ホテルは?

本記事では、そんなドバイに関するあらゆる疑問にお答えします。
ドバイに行こうと考えている方は、是非とも参考にしてください。

<ドバイのショッピングスポット>

 

アラビックランプ

 

ドバイのショッピングモールはどこも巨大!

ハイブランドからローカルブランドまでショップずらりと並び、レストランやカフェ、そしてフードコートというのが一般的なスタイルです。

ショッピングモールでドバイらしい物を見つけたければ、宝飾屋さん、香水屋さん、民族衣装やスカーフのお店を覗いてみましょう。

 


1. ドバイモール(Dubai Mall)

 

 

ブルジュ・ハリファのすぐ下にあるのが世界最大級のショッピングセンター「ドバイモール」です。

約1,200のショップとデパート、200以上の飲食店、映画館、スケートリンク、キッザニア、セガ・リパブリックなどが入っていて、ドバイ1の集客率を誇ります。

巨大水槽のあるモールとして度々メディアにも登場するので見覚えがあるかもしれませんね。

 

東京ドーム23個分という広さなので、1日で見て回るのは不可能です。

あらかじめドバイモールの公式サイトのマップで行きたいショップを調べるか、モール内に数か所ある案内所でマップを貰ってチェックしておきましょう。

やみくもに歩くとどっと疲れるのでご注意ください。

また、ショッピングモールに行く日はおしゃれするよりも、スニーカーがベストです。

 

ドバイモールの観光情報

 

住所 :Downtown Dubai

アクセス :メトロDubai Mall駅から徒歩15分

電話番号 :800-38224-6255

定休日 :無休

営業時間 :10:00-22:00 木曜、金曜、土曜日は0:00まで(店舗により異なる)

公式URL :  ドバイモール

 

 

2. イブン・バトゥータモール(Ibn Battuta Mall)

 

イブンバトゥータモーール
Photo credit: Joi on Visualhunt / CC BY

 

14世紀のモロッコの旅行家、イブン・バトゥータが旅した地域をコンセプトにした珍しいタイプのショッピングモールです。

アンダルシア・チュニジア・エジプト・ペルシャ・インド・中国の6つのコートに分けられ、それぞれの地域にあった装飾が施されているのが見どころ。

中でも、ペルシャコートにあるスターバックスは世界で1番美しいスタバと(日本人の間で)言われており必見です。

 

ドバイモールやエミレーツモールに比べると地元の人率も高く、ファミリー向けな雰囲気なのでぜひ訪れてみてください。

スーパーマーケットに興味がある方は、チュニジアコート内に、ジャイアントハイパーマーケットが入っています。

アラビア語がプリントされたお菓子類はバラまき用のお土産にぴったりですよ。

 

イブン・バトゥータモールの観光情報

 

住所 :Sheikh Zayed Rd, Dubai

アクセス :メトロIbn Battuta 駅下車

定休日 :無休

営業時間 :10:00-22:00 木曜、金曜、土曜日は0:00まで

公式URL :  イブン・バトゥータモール

 

 


3. ゴールドスーク(Gold Souk)

 

ゴールドスーク
Photo credit: Joi on Visual Hunt / CC BY

 

1940年代にインドやイランから訪れた貿易業者やこの地域に露店を開いたのがゴールドスークの始まりでした。

現在は約300の店舗がずらりと並び、キンキラな通りをウインドウショッピングするだけでも楽しめます。

 

ゴールドスークの金取引はドバイ政府によって厳しく管理されているので、観光客にも安心です。

ゴールドスークで取引されているのは、主に純度の高い22金です。

インゴット(地金、延べ棒)の場合は相場通りですが、アクセサリー類になるとデザイン料や加工料が加算されるので値段はまちまちに。

交渉出来るのはこのデザイン料、加工料、そしてお店の手数料の部分のみになります。

 

ゴールドスークは夕方から混みだすので、じっくり品定めしたい方や交渉したい方は店員さんが暇なお昼がねらい目です。

客引きをしている店はパス、簡単に値下げしてくる店は最初にかなりぼっていた可能性が高いのでパス。

その日の相場はスーク内の電光掲示板に出ているし、ネットでも簡単に検索できるので、相場を知った上でお買い物しましょう。

お土産ならばアラブらしい幾何学模様のデザインや、アラビア文字が入ったデザインがおすすめです。

 

ゴールドスークの観光情報

 

住所 :Sikkat Al-Khail Rd, Deira

アクセス :アル・ラス(Al Ras)駅から徒歩7分

定休日 :無休

営業時間 :10:00-22:00 金曜日は16:00-22:00(店舗により異なる)

 

 

<ドバイのおすすめ高級ホテル>

 

ドバイには世界中の有名ホテルが集まっていると言っても過言ではありません。

フォーシーズンズ、ハイアット、リッツカールトン、ラッフルズ、マリオット、シャングリラ、インターコンチネンタル、ウェスティン、メリディアン、ヒルトン、コンラッド・・・きりがない上に、日本ではあまり知られていないアラブ資本のホテルも入れるとその数は膨大です。

そんな中でも、今回ご紹介するのはただゴージャスなだけではなく、一度は泊ってみたい!と思うような特徴のあるホテルばかりです。

 

最低料金は観光シーズンの1月で、1泊1室(2名利用時)の金額となっています。

価格は日々変動があり、早期予約だともっと安くなるのであくまでも目安にしてくださいね。

 


1. ゲボラホテル(GEVORA HOTEL)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Gevora Hotel (@gevorahotel) on

 

2018年2月に開業したばかりの「ゲボラホテル」は、トレードセンターエリアのシェイクザイード通りに位置する、地上75階建て、高さ356mの高層ホテルです。

このホテルを選んだ理由は、2018年12月時点で、ギネス認定「世界一の高層ホテル」だからなのです。

それまで世界一だった「JWマリオット・マーキス・ホテル・ドバイ」をわずか1m抜いての新記録。

アールデコ様式で、ゴールド基調のキラキラなのがいかにもドバイっぽいですが、4つ星ホテルという事もありお値段はそこまで高くありません。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Gevora Hotel (@gevorahotel) on

参考料金:デラックスルーム(46平米)/1020AED~(約30,800円)

 

ドバイモールやドバイマリーナも近く、観光にも便利な立地なので、話のタネに「世界一の高層ホテル」を選ぶのも面白いかもしれませんね。

 

ゲボラホテルの基本情報

 

 

住所:Sheikh Zayed Road,Trade Centre Area,Next to Al Attar Tower, Dubai

電話番号: 971 4 524 0000

公式URL:  GEVORA HOTEL

 

 

2. アトランティス ザパームドバイ(ATLANTIS THE PALM DUBAI)

 

 

世界最大の人工島パームジュメイラの第一号ホテルとして、2008年に開業した5つ星ホテル「アトランティス・ザ・パーム」。

失われた大陸アトランティスの街を再現した豪華リゾートで、敷地内にはウオーターパークのアクアベンチャーや、水族館、イルカと触れ合えるドルフィンベイなどがあり、遊びきれないほどです。

もちろん、プライベートビーチもありますよ。

アクアベンチャーや水族館は宿泊客は無料で利用できるので、思い切り水遊びを楽しみたい方はアトランティス宿泊がおすすめです。

 

オーシャンクリーンルーム
オーシャンクイーンルーム 一休.com

 

参考料金:オーシャンクイーンルーム(45平米)/34600円~

 

バルコニーから美しいアラビア海を眺めて過ごす贅沢な時間。

全ての客室は、海をモチーフにした内装で、優しい色合いがリラックス度を増してくれますね。

 

ちなみに、アトランティスホテルの代名詞と言える「ポセイドンスイート」は、巨大水槽ドームに囲まれたお部屋。

何と6万5千の海の生物を、ベッドの中からでもバスルームからでも眺めることができます。

同日のお値段は・・・1室56万円です。

 

アトランティス ザパームドバイの基本情報

 

 

住所:Atlantis, The Palm, Crescent Road, The Palm, Dubai

電話番号: 971 4 426 2000

予約サイト:  一休.com

公式URL:  ATLANTIS  THE PALM  DUBAI

 

 


3. アルマーニホテルドバイ(ARMANI Hotel Dubai)

 

 

ブルジュハリファの1階から8階、スイート専用の38階と39階の10フロアが「アルマーニホテル」になっています。

キンキラ豪華絢爛ホテルが主流のドバイにおいては、それらとは一線を画した高級感とミニマムモダンな雰囲気はさすがアルマーニ。

家具はもちろん、ライティングや細かい部分もジョルジョ・アルマーニ氏のデザインで、ダークブラウンやブラック、渋めのゴールドやシルバーなどでまとめられています。

 

宿泊客には専用アクセスカードを作って貰えるので、専用通路を通って直接ドバイモールに行くことができます。

お部屋によっては目の前でドバイファウンテンを楽しめるのも特権ですね。

 

デラックスダブルルーム
デラックスダブルルーム 一休.com

 

参考料金:デラックスダブルルーム(45平米)/64,300円~

 

洗練された上質な空間、機能性にも優れていいてビジネス使いにも最適です。

 

アルマーニホテルドバイの基本情報

 

 

住所:Burj Khalifa, Dubai

電話番号:971 4 888 3888

予約サイト:  一休.com

公式URL:  ARMANI Hotel Dubai

 

 

4. ブルガリリゾートドバイ(Bulgari Resort)

 

 

ミラノ、パリ、ロンドン、北京に次いで5軒目となる「ブルガリリゾート」は、2017年12月、人工島ジュメイラ・ベイ・アイランドにオープンしました。

スイートを含めた客室は全部で101室、中でも海、プール、庭園が望めるヴィラが人気です。

50隻が係留できる専用マリーナに、プライベートビーチ、プロムナードも整備され、最高の景色を楽しむ事ができます。

 

ヨットでブルガリリゾートに横づけ、憧れちゃいますね。

 

スーペリアキングゲストルーム
スーペリアキングゲストルーム 一休.com

 

参考料金:スーペリアキングゲストルーム(55平米)/90,700円~

 

客室は木目調に統一され、細部まで計算し尽されたデザインは、洗練されていてさすがブルガリ!

広々としたお部屋に大きなウオークインクローゼットがあり、ホテル仕様と違った感じがまるでリビングにいるかのよう。

団体客はおらず、個人客のみなので落ち着いたプライベート感があり、大人のリゾートを過ごすのにピッタリです。

 

イタリアンレストランの「イル・リストランテ ニコ・ロミート」は、ドバイ在住の食通たちの間でも評判です。

 

ブルガリリゾートドバイの基本情報

 

 

住所:Jumeira Bay, Jumeira 2 Dubai

電話番号:971 04 777 5555

予約サイト:  一休.com

公式URl:  Bulgari Resort

 

 


おまけ:ドバイに関するコラム

 

1. アラブの国のお休みは金曜日

 

UAEをはじめ、アラブ諸国(イスラム圏)を旅行する際に気を付けないといけないのは休日、祭日です。

日本の日曜日にあたる休日は、イスラム圏では金曜日となります。

ショッピングモールやレストランが混み合うのは木曜日の夜で、金曜日のお昼には集団礼拝があるため、ほとんどの観光地やレストランやモールは礼拝後の1時以降からオープンとなります。

場所によっては金曜日が終日休みだったり、夜からしか開かないという施設もあるので、訪れる前にはしっかりチェックしましょう。

 

2. ドバイの若者の失業率が高いのはなぜ?

 

ドバイで石油が発見されたのは1966年、それまでは真珠養殖などで細々と暮らしていたのに、その地に住んでいたというだけでいきなりのお金持ちに。

つまり、ドバイのお金持ちは「成金」なので、お金をうまく運用出来ている人は意外に少ないそうです。

 

そんなドバイの若者の失業率は何と20~30%というから驚きますよね。

ただし、職に就けないという失業ではなくて、職に就きたくない、就いても働きたくないのでスグ辞めてしまうという失業でなんとも贅沢。

ドバイの若者に人気があるのは、給与が高くて休みが多い公務員職なのです。

いわゆる3K的な仕事はもちろんのこと、ホテルやショップ、レストランなど、観光で訪れた際に見かける仕事のほとんどは外国人労働者にお任せです。

 

3. アラビックコーヒーとナツメヤシでの伝統的なおもてなし

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by R I K A (@no_____39) on

 

アラブスタイル、特に湾岸諸国での伝統的なおもてなしと言えば、何は無くてもアラビックコーヒーにナツメヤシ。

ホテルのロビーやちょっとした場面でこのセットが出されたら、あなたはお客様、ウェルカムされているという意味です。

おちょこのようなカップのアラビックコーヒーを飲み干すと、さあどうぞおかわりを注がれるので、要らない時はちゃんと断ってくださいね。

 

アラビックコーヒーとは、浅煎りのコーヒー豆をカルダモンやスパイスと一緒に煮だした物なので、普通のコーヒーとは味わいが全く違います。

砂糖が入っておらず、カルダモンが強いので好き嫌いが分かれるところですが、機会があれば是非飲んでみてください。

 

また、一緒に出されるナツメヤシは、もともと砂漠の民であったアラブの人たちにとって、昔から大切にされてきた貴重な栄養源です。

ちょっと干し柿に似た味わいで、日本人の口にも良く合うので、お土産にもおすすめです。

 

4. 豪華ホテルに安く泊まる方法

 

イスラーム暦の9番目の月、ラマダン月。

イスラム教徒には、喜捨(ザカート)、信仰告白(シャハーダ)、礼拝(サラート)、巡礼(ハッジ)、断食(サウム)という5つの義務があり、このラマダン月に断食を行います。

日の出から日没まで飲食をしないので、ほとんどの飲食店がオープンするのは日没後となり、昼間は閑散としています。

異教徒は断食する必要はもちろんありませんが、観光施設が早めにクローズしたり、カフェやレストランが日中閉まっているとなるとやや不便ですよね。

 

ところが、観光客もぐっと減るこの時期になると、高級ホテルが軒並み特別価格を打ち出してくるのです!

一例をあげると、フォーシーズンズホテルが1/4価格、ブルガリリゾートは半額!他にも多くのホテルが値下げをします。

ホテルのレストランはオープンしているので、ホテルライフを楽しみたい方は絶好のチャンスですよね。

ただし、ラマダン月はほとんどのレストランでアルコールの提供が無くなるので、アルコールが無いとダメという方は確認してください。

ラマダン月は、毎年11日ずつずれていくので(早まっていく)予定を立てる際はご注意を。

 

 

おわりに

 

ドバイについて色々とご紹介しました。

外国からの投資で次々と新たなプロジェクトを立ち上げているとはいえ、全体的に見ると経済は停滞気味なドバイ。

2020年の万博開催に向けてますます建設ラッシュは続き、華やかな演出は続くのでしょうが、息切れしないかがちょっと心配ですね。

 

そんなドバイですが、まだまだ世界一は増産中。

完成間近の「世界一の観覧車」や、2年後に完成予定の「世界一の外階段」そして、高さは秘密にされているけれども、ブルジュハリファを超えることが発表されている「世界一高いタワー」の建設もスタートしています。

ドバイが気になっている方は、色んな意味で今が行き時かもしれません。

 

航空券とホテルが決まったら、予約が出来る観光スポットやアクティビティはネット予約しちゃいましょう。

ドバイでは、ネット予約の割引率が高いのでお見逃しなく。

楽しいドバイ旅行になりますように。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(484)
北海道・東北(40)
  北海道(23)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(164)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(90)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(72)
  長野(11)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(18)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(77)
  滋賀(7)
  京都(26)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(65)
  福岡(10)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(11)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(16)

国外エリア一覧

東南アジア(19)
ヨーロッパ(46)
東アジア・中国・台湾(19)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(8)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(14)
中南米(3)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(496)
イベント情報(346)
ショッピング・買い物・お土産(455)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(116)
乗り物・交通・アクセス(568)
宿・旅館・ホテル(175)
旅行準備(413)
歴史・豆知識(676)
温泉・スパ(151)
絶景(412)
聖地巡礼(30)
観光旅行(633)
食事・グルメ(519)
ランキング(550)
デート(536)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(409)
ツアー/旅程(218)
海水浴場・ビーチ・リゾート(59)

人気記事ランキング