logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 長崎

年パスユーザーが選ぶ!ハウステンボスのおすすめアトラクションや目的別モデルコース完全ガイド





東京ディズニーリゾートの1.5倍もの敷地面積を持つハウステンボスは、効率的に回るのが難しいテーマパークです。

もちろん、季節ごとに移り変わる花々や、夜のイルミネーションが見どころではあるのですが、「これが楽しみ」という目的を持っていないと広すぎてどう楽しんで良いのかわからなくなってしまいます。

そこで今回は、ハウステンボスの年パスユーザーの友人の力を借りつつ、間違いなく楽しめるモデルコースをいくつか作りました。
ぜひ自分にぴったりのモデルコースを見つけて、ハウステンボス観光を満喫してください。

【目次】年パスユーザーが選ぶ!ハウステンボスのおすすめアトラクションや目的別モデルコース完全ガイド

 

1ページ目 :

 

ハウステンボスってどんなところ?

ハウステンボスの営業時間

ハウステンボスへのアクセス

ハウステンボスの入園料

ハウステンボスで絶対に外せない4つの見どころ

1. 年間を通じて何かが見頃の「花の王国」

2. ハウステンボスのシンボル「ドムトールン」からの景色

3. アムステルダム広場で行われているイベント

夜の壮大なイルミネーション「光の王国」

<ハウステンボスのモデルコース:大人のデート編>

1. ムーンライト4パスポートで入場

2. フラワーロードでお花鑑賞

3. アトラクションタウンを楽しむ

4. ミューズホールで観劇

5. ドムトールンで食事をして夜景を見る

6. 地上でイルミネーション鑑賞

<ハウステンボスのモデルコース:アクティブデート編>

1. アドベンチャーパークを楽しむ

2. アトラクションタウン・スリラーシティを楽しむ

3. アムステルダム広場のイベントに参加する

4. パーク内で食事をして観覧車で夜景を見る

 

2ページ目 :

 

<ハウステンボスのモデルコース:ファミリー編>

1. 自転車を借りる

2. ドムトールンで食事をする

3. アトラクションタウン・スリラーシティで遊ぶ

4. アドベンチャーパークで遊ぶ

5. イルミネーション鑑賞しながら帰路へ

<ハウステンボスのおすすめグルメ>

1. ホテルヨーロッパ デ・アドミラル

2. ステーキレストラン ロード・レーウ

3. ウォーターマークホテル エクセルシオール

これが鉄板!ハウステンボスのおすすめお土産ランキング

第3位:ハウステンボス限定 ハッピーターン

第2位:木靴

第1位:アニーおばさんのチーズケーキ

<ハウステンボスを観光するなら泊まりたいおすすめホテル>

1. ホテルヨーロッパ

2. ホテルオークラJRハウステンボス

3. ウォーターマークホテル

佐世保市界隈に宿泊するなら安くなる

ハウステンボスは計画的に回るのが最重要

 

 



ハウステンボスってどんなところ?

 

ハウステンボス 玄関

 

ハウステンボスは、 長崎県 佐世保市にある オランダ の街並みを再現したテーマパークです。

季節に合わせたお花のイベント、花火大会、イルミネーションなどが人気で、年間250万人を超える来園者で賑わいます。

 

ハウステンボスの営業時間

 

ハウステンボス 川

 

ハウステンボスの営業時間は基本的に9:00〜22:00ですが、時期によって異なります。

そのため、来園予定当日のハウステンボスの営業時間については、 公式サイトの営業時間カレンダー でご確認ください。

 

ハウステンボスへのアクセス

 

ハウステンボス玄関

 

住所:長崎県佐世保市ハウステンボス町

 

ハウステンボスへのアクセスについては、車、JR、高速バス、飛行機のパターンで解説します。

 

車で行く場合

 

  • 九州自動車道「佐世保大塔IC」から車で約10分
  • 長崎自動車道「東そのぎIC」から車で約25分

 

なるべく九州自動車道を利用した方が便利です。

 

JRで行く場合

 

ハウステンボスみどり号

 

  • 博多駅から特急「ハウステンボス」で約1時間45分
  • 長崎駅から長崎本線/大村線・快速「シーサイドライナー」で約1時間半

 

JRで行く場合は「ハウステンボス駅」で降りたらすぐにハウステンボスが見えるので便利です。

ちなみに、長崎旅行のついでにハウステンボスに行こうとすると、長崎市と佐世保市が意外と遠いので疲れてしまいます。

そのため、長崎観光とハウステンボス観光は日を分けた方が良いでしょう。

 

高速バスで行く場合

 

  • 天神バスターミナル・博多バスターミナルから約2時間
  • 長崎駅から約1時間20分

 

飛行機で行く場合

 

  • 福岡空港から国際線ターミナルから出る高速バスで約2時間
  • 福岡空港から地下鉄⇒博多駅から特急ハウステンボスで約1時間50分
  • 長崎空港から高速船またはバスで約50分

 

 

ハウステンボスの入園料

 

ハウステンボスの入場料金

 

ハウステンボスの入園料は以下の通りです。

ただ、入園料は変更の可能性がありますので、必ず 公式サイト で確認してください。

※大人:18歳以上 / 中人:中学・高校生/ 小人:4歳~小学生/ シニア:65歳以上

 

1DAYパスポート

 

ハウステンボス

 

1DAYパスポートはハウステンボスに入場でき、約50のアトラクション利用もできるパスポートです。

 

  • 大人:7,000円
  • 中人:6,000円
  • 小人:4,600円
  • シニア:6,500円

 

ムーンライト4パスポート

 

 

ムーンライト4パスポートは16時以降にハウステンボスに入場でき、約50のアトラクション利用、パレス ハウステンボスに入館できるパスポートです。

 

  • 大人:5,400円
  • 中人:4,600円
  • 小人:3,700円
  • シニア:4,900円

 

アフター5パスポート

 

ハウステンボス

 

アフター5パスポートは16時以降にハウステンボスに入場でき、約50のアトラクション利用、パレス ハウステンボスに入館できるパスポートです。

 

  • 大人:4,900円
  • 中人:4,100円
  • 小人:3,200円
  • シニア:4,400円

 

散策チケットは2019年2月28日で終了

 

これまでハウステンボスにはアトラクションなしで入園できる散策チケットというものもありましたが、2019年2月28日で販売を終了してパスポートに統合されることとなりました。

もし散策チケットを使用する予定だった方はお気を付けください。

2019年2月28日まで購入できる散策チケットの価格は以下の通りです。

 

  • 大人:4,500円
  • 中人:3,500円
  • 小人:2,200円

 

 


ハウステンボスで絶対に外せない4つの見どころ

 

ハウステンボス街並み

 

ハウステンボスは広大な敷地でどこに行こうか迷う方も多いと思いますが、その中でも絶対に外せないポイントは存在します。

まずはハウステンボスの基本として、見どころを把握しておきましょう。

 

1. 年間を通じて何かが見頃の「花の王国」

 

 

ハウステンボスでは「花の王国」と銘打って、季節ごとに花のイベントが開催されています。

イベント中の花の展示は圧倒的なスケールで、品種も幅広く、季節の訪れを感じながら楽しめるのでおすすめです。

まずは来園予定の時期にどんなイベントが開催されているのかをチェックするようにしましょう。

以下は年間の大まかなスケジュールです。

 

「花の王国」年間スケジュールの例

 

  • 12月上旬~2月中旬 日本最多の200品種を展示「大胡蝶蘭展」
  • 2月中旬~4月中旬 日本最多700品種100万本「大チューリップ祭」
  • 4月中旬 カラフルな菊が美しい「マム展」
  • 4月中旬~5月上旬 日本最高峰のフラワーアートの競演「フラワージャパンカップ」
  • 4月下旬~5月下旬 2000品種130万本「バラ祭」
  • 6月 日本最多の1250品種「あじさい祭」
  • 6月下旬~7月中旬 華やかな香りとアレンジが美しい「ゆり祭」
  • 7月中旬~8月上旬 黄色のカーペットのような65000本「大ひまわり展」
  • 9月 運河が秋の花で彩られる「花の大運河」
  • 9月下旬~11月上旬 花と庭の世界最高峰アート集結「世界フラワーガーデンショー」
  • 11月上旬~11月下旬 香り高い1000品種「秋バラ祭」

 

2. ハウステンボスのシンボル「ドムトールン」からの景色

 

ハウステンボス ドムトールン

 

ハウステンボスのシンボルタワーであるドムトールンは、なんと高さが105メートルもあり、近くで見ると圧巻です。

パーク内のどこからでも目に入りますし、広いハウステンボスの道しるべになっています。

展望台からはハウステンボスを一望することができるので、ぜひ上ってみましょう。

 

 

これは日中の写真ですが、夜景はさらに素晴らしいので必見です。

 

3. アムステルダム広場で行われているイベント

 

ハウステンボスの中心に位置する「アムステルダム広場」では、頻繁にショーやイベントが行われています。

筆者が訪問した日は「仮面舞踏会」が開催されていました。

 

ハウステンボス アムステルダム広場
取材時は「仮面舞踏会」が開かれていた

 

来園時にアムステルダム広場でどんなイベントが行われているのかを事前にチェックしておくと良いでしょう。

当日のイベントスケジュールは 公式サイト で確認できます。

 

夜の壮大なイルミネーション「光の王国」

 

 

ハウステンボスといえば、今や名物にもなっている「光の王国」のイルミネーションでしょう。

日没になれば、どこを歩いてもイルミネーションでキラキラ輝いています。

特に「ドムトールン」の光の滝は圧巻です。

1300万球という桁違いのイルミネーションの数なので、想いのままに散策してみてください。

 

 

<ハウステンボスのモデルコース:大人のデート編>

 

ここからはハウステンボスのモデルコースを紹介していきます。

ハウステンボスの取材前日、下調べをしてもなかなか最適なコースの結論が出なかった筆者は、長崎在住で年間パスポートのユーザーだった経験もある友人に相談しました。

 

ハウステンボス
ファミレスで4時間以上の激論

 

お互いに持ち寄った案をもとに討論を重ねながら、何とか3パターンのモデルコースが完成しました。

自信のある渾身のモデルコースをぜひ試してみてください。

まずはハウステンボスでロマンチックなデートを求めている大人カップル向きのモデルコースです。

 

1. ムーンライト4パスポートで入場

 

ハウステンボス

 

ハウステンボスのデートともなれば、張り切って「開園時間に入場!」なんて考えるカップルも多いかと思います。

しかし「雰囲気を楽しみたい」というカップルであれば、確実に歩き疲れてしまって、絶対に外せないイルミネーション点灯までの時間を持て余すことでしょう。

そこで、便利な「ムーンライト4パスポート」を活用してください。

お昼までは佐世保観光をして過ごすと良いでしょう。

 

2. フラワーロードでお花鑑賞

 

ハウステンボス フラワーロード
16時ならまだお花も楽しめる

 

16時ならまだ暗くなっていないので、ハウステンボス内の花々の美しさも堪能することができます。

フラワーロードでハウステンボスの雰囲気を感じながら、2人でゆっくり歩いてみてください。

 

3. アトラクションタウンを楽しむ

 

ハウステンボス アトラクションタウン

 

アトラクションタウンはその名の通り、様々なアトラクションが立ち並んでいます。

しかし、アトラクションだけでなく、個性豊かなショップも並んでいるので、ショップ巡りも同時に楽しむことができるのです。

 

色々なところに立ち寄りながら、デートを楽しむことができる場所となっています。

気になったら、アトラクションを楽しんでみるのも良いでしょう。

特に「ホライゾンアドベンチャー・プラス」はおすすめです。

 

ハウステンボス ホライゾンアドベンチャー・プラス
ホライゾンアドベンチャー・プラスの外観

 

ホライゾンアドベンチャー・プラスでは、過去にオランダで起こった大災害の脅威を体感することができます。

800トンもの水を使った演出は迫力満点で、見応えがあります。

 

4. ミューズホールで観劇

 

ミューズホールの外観

 

ミューズホールは、様々なステージ公演を見ることができるホールです。

ハウステンボスには宝塚歌劇団さながらの歌とダンスを披露してくれる「ハウステンボス歌劇団」という専属劇団が存在し、こちらのホールで公演を行っています。

 

ハウステンボス歌劇団の時は別途チケット代が必要となり、プレミアム席が1,000円、SS席が500円で観劇可能です。

ちなみに、ハウステンボス歌劇団公園ではない場合は無料で鑑賞できます。

 

5. ドムトールンで食事をして夜景を見る

 

ドムトールンで夕食をとりましょう。

夕食が終わるころには、夏場でも外にはイルミネーションが綺麗に見られる時間になっているはずです。

ぜひドムトールンに上って、二人で美しい夜景を鑑賞してください。

忘れられない思い出になることでしょう。

 

6. 地上でイルミネーション鑑賞

 

 

ドムトールンで上空からイルミネーションを見た後は、実際に地上に降り立って、思い思いに散策してみましょう。

光の中を歩くのは幻想的で、気分も高まること間違いなしです。

特におすすめなのは園内の「光のCafe&Bar」へ立ち寄ることです。

 

ハウステンボス 光の王国
ここから見るイルミネーションは絶景

 

アートガーデン内にあるこの場所で飲む「光るカクテル」は格別なので、ぜひ体感してみてください。

このイルミネーションを思う存分堪能したところで、ハウステンボスデートを締めます。

2人のムードを高めること間違いなしのデートコースです。

 

ハウステンボスのモデルコース:大人のデート編のおさらい

 

  1. ムーンライト4パスポートで入場
  2. フラワーロードでお花鑑賞
  3. アトラクションタウンを楽しむ
  4. ミューズホールでお芝居鑑賞
  5. ドムトールンで食事をして夜景を見る
  6. 地上でイルミネーション鑑賞

 

 


<ハウステンボスのモデルコース:アクティブデート編>

 

続いて、ハウステンボスで思いっきり遊びたいというアクティブなカップル向けのデートコースを紹介します。

 

1. アドベンチャーパークを楽しむ

 

ハウステンボスの開園と同時に入園したら、そのままアドベンチャーパークに直行し、天空の城にチャレンジしましょう。

 

ハウステンボス 天空の城
天空の城

 

天空の城は日本最大級の巨大なアスレチック施設で、高さ9㎡もあるような場所を冒険します。

子供でも遊べるような安全な施設なので、女性でも特に問題ありません。

カップルでチャレンジすれば、より絆が深まると思います。

この天空の城をクリアしたら、ぜひチャレンジしてほしいのがシューティングスターです。

 

ハウステンボス シューティングスター
シューティングスター

 

300m先の丘の上から運河を越えて、一気に滑り降りるスリル満点のアトラクションです。

他にもアドベンチャーパークにはたくさんの非日常体験ができる施設がたくさんあります。

まずはここで思う存分、身体を動かして遊びましょう。

 

2. アトラクションタウン・スリラーシティを楽しむ

 

ハウステンボス スリラーシティ
スリラーシティ

 

アドベンチャーパークで遊び尽くしたら、アトラクションタウンやスリラーシティのアトラクションを楽しみましょう。

スリラーシティはお化け屋敷のようなアトラクションが多めですが、カップルのドキドキを高めてくれます。

怖いのが苦手なカップルでも、スリラーシティには怖くないアトラクションもあるので安心してください。

アトラクションタウンにもスリラーシティにも飲食店があるため、ここでランチを済ませておくのがおすすめです。

 

3. アムステルダム広場のイベントに参加する

 

ハウステンボス アムステルダム広場
参加型のイベントが多数開かれる

 

アムステルダム広場では入園者参加型のイベントが数多く開かれています。

取材時には先述の通り「仮面舞踏会」というイベントが開催されていました。

 

参加者は仮面を購入すれば、マントは無料で貸し出してくれます。

参加者も「仮面」を被ることで恥を捨てることができ、心おきなく楽しく踊ることができるので、シャイな方でも参加しやすくなるように工夫されていました。

 

このような趣向を凝らしたイベントが数多く開催されているので、ぜひアムステルダム広場のイベント内容をチェックして参加してみてください。

きっとアクティブカップルの2人には楽しめるはずです。

 

4. パーク内で食事をして観覧車で夜景を見る

 

ハウステンボス 観覧車

 

ハウステンボスのパーク内で夕食をとったら、白い観覧車に乗りましょう。

観覧車で今日一番何が楽しかったかなど会話をするのも良いでしょう。

その頃にはイルミネーションの点灯も始まっているころだと思うので、観覧車からの夜景を楽しんでください。

 

観覧車を降りたら、地上でイルミネーション鑑賞をして、ハウステンボスのアクティブデートは終了です。

たくさんの非日常な体験を共有して、2人の距離が縮まるはずなので、付き合いたてのカップルにおすすめのデートコースと言えるでしょう。

 

ハウステンボスのモデルコース:アクティブデート編のおさらい

 

  1. アドベンチャーパークを楽しむ
  2. アトラクションタウン・スリラーシティを楽しむ
  3. アムステルダム広場のイベントに参加する
  4. パーク内で食事をして観覧車で夜景を見る

フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(422)
北海道・東北(36)
  北海道(20)
  青森(2)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(144)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(71)
  神奈川(35)
  茨城(3)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(62)
  長野(10)
  新潟(7)
  富山(2)
  石川(8)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(15)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(63)
  滋賀(6)
  京都(14)
  大阪(21)
  兵庫(14)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(57)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(6)
  熊本(9)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(18)
ヨーロッパ(35)
東アジア・中国・台湾(16)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(5)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(11)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(422)
イベント情報(301)
ショッピング・買い物・お土産(416)
シーン別(556)
ビジネス・出張(162)
ロケ地、舞台(167)
世界遺産(100)
乗り物・交通・アクセス(489)
宿・旅館・ホテル(165)
旅行準備(395)
歴史・豆知識(577)
温泉・スパ(143)
絶景(352)
聖地巡礼(29)
観光旅行(547)
食事・グルメ(458)
ランキング(481)
デート(455)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(362)
ツアー/旅程(169)
海水浴場・ビーチ・リゾート(54)

人気記事ランキング