logo

top

キャンプ・アウトドアの定番!コーヒーの淹れ方やおすすめ商品を紹介





キャンプで楽しむ「コーヒー」は格別ですよね。
同じ味でも、アウトドアで飲むコーヒーは数段美味しく感じるという方もいるのではないでしょうか。

コーヒーの世界は非常に奥が深く、ミルや焙煎といった基本的なドリップの技術をはじめ、エスプレッソやマキアートなど「応用」も。

本記事では、キャンプやアウトドアで楽しむコーヒーについて特集していきます。
基本的なコーヒードリップ用ギアのご紹介から、「キャンプでここまでやる?」というコーヒーを使ったあれこれまで、盛りだくさんでお届けします。

【目次】キャンプ・アウトドアの定番!コーヒーの淹れ方やおすすめ商品を紹介

 

キャンプの醍醐味「コーヒー」

簡単インスタントコーヒー派?それとも本格的ドリップ派?

キャンプ用&その他にもおすすめ!コーヒーマグ

まずは基本「ドリップコーヒー」を極めよう!

ドリッパーやケトルにはたくさんの種類がある

ドリップコーヒーに慣れたらミルを購入しよう!

ドリップコーヒーにハマったら焙煎にチャレンジ!

キャンプコーヒーの応用編:色々なコーヒーを楽しもう!

フォトジェニックにキャンプを彩る「パーコレーター」

キャンプでエスプレッソという贅沢

暑い夏はアイスコーヒーも!

玄人向け"コーヒーで楽しむカクテル"

 

 


キャンプの醍醐味「コーヒー」

 

Table_00

 

キャンプ料理といえば、何を思い浮かべますか?

夜に皆で囲む焚き火を使ったダッチオーブン料理、キャンプ場に到着して楽しみなビール、バーベキューなどでしょうか。

そんなメインディッシュとも言える料理の「脇役」とも言えるのが「コーヒー」。

普段は家やカフェで飲むコーヒーは、アウトドアで楽しむだけでとても美味しく感じますよね。

 

簡単インスタントコーヒー派?それとも本格的ドリップ派?

 

 

お手軽にキャンプやハイキング、ピクニックでコーヒーを楽しみたいなら、インスタントコーヒーという手もあります。

インスタントコーヒーなら、スティックとお湯だけでできてしまいます。

ウルトラライトなスタイルでコーヒーを楽しむという方にはこちらがオススメ。

 

ただ、本格的にコーヒーを楽しみたい、コーヒーを点てるプロセスや道具にもこだわりたいという方にはドリップコーヒーが断然おすすめ。

インスタントコーヒーと比べても味は段違いに美味しいですよ。

 

キャンプ用&その他にもおすすめ!コーヒーマグ

 

コーヒー器具が揃ったら、マグにもこだわりたいところ。

せっかくなのでアウトドアっぽいものをというあなたには、シェラカップやDINEXなどアウトドア仕様のカップが良いでしょう。

 

DINEX(ダイネックス):8oz MUG

 

 

DINEXは軽くて安く、ダブルウォール構造になっているため保温力・保冷力ともに高いのが特徴です。

様々なブランドとコラボしているモデルも多くあるため、お好みのブランドを探してみてもいいかもしれません。

 

snow peak(スノーピーク):シェラカップ

 

 

シェラカップは一枚の金属(アルミやステンレス、チタンなど)でできたシンプルな構造が特徴的。

そのまま火にかけられるので、温かいコーヒーが冷めたら再加熱できるのが嬉しいポイントです。

一つ持っておくと、マグとしてだけでなく調理器具としても使えます。

 

また、家庭で使っているマグをアウトドアでも使うのもおしゃれ。

特におすすめはアメリカンヴィンテージを代表するマグ「Fire King(ファイヤーキング)」。

 

Fire King(ファイヤーキング):フラットボトムマグ ジェダイ

 

 

ミルクガラス製のカラーがキャンプとの相性抜群で、グランピングやアメリカンヴィンテージスタイルを楽しむにはもってこいです。

コールマンのランタンやクーラーボックス、今流行のA型テントと合わせると最高にかわいいサイトにまとまりますよ。

 

 

まずは基本「ドリップコーヒー」を極めよう!

 

コーヒーの基本と言えば「ドリップコーヒー」。

ドリッパーに挽いたコーヒー豆をセットして、じっくり抽出して楽しみましょう。

器具はもちろん、アウトドア仕様のものでなくても、ご家庭にあるもので構いません。

 

ドリッパーやケトルにはたくさんの種類がある

 

コーヒーをドリップするのに必要な「ドリッパー」と「ケトル」。

家庭用のものでも良いですが(それはそれでおしゃれに決まります!)かさばりますよね。

アウトドア用のものは軽くコンパクトにできているものが多く、荷物が多いアウトドアではおすすめです。

 

ドリッパーだと、定番といえばUNIFLAME(ユニフレーム)のコーヒーバネット。

バネ構造でコンパクトに畳むことができる、シンプルさと機能性を両立したアイテムです。

ケースが付属しているので、コーヒーバネットのほか、コーヒーフィルターも収納して持ち運ぶことができます。

 

UNIFLAME(ユニフレーム):コーヒーバネット

 

 

また、近年流行しているのが3枚の板からできた「テトラ ドリップ」。

デザインが非常に美しく、1,000円程度とコストパフォーマンスに優れているのもポイントです。

 

MUNIEQ(ミュニーク):テトラ ドリップ

 

 

アウトドアブランドsnow peak(スノーピーク)のファンなら見逃せないのが「焚火台型」のドリッパー。

同社の名作「焚火台」と同じフォルムをしたユニークなアイテムです。

 

snow peak(スノーピーク):フォールディングコーヒードリッパー「焚火台型」

 

 

アウトドアの料理ギアといえば、まず名前の挙がるGSI(ジーエスアイ)のケトル。

アルミ製で軽く持ち運びが楽々で、内部にマグを収納可能です。

 

GSI(ジーエスアイ):エクストリームティーケトル

 

 

GSIのケトルのように山で使えるようなコンパクトなケトルのほか、キャンプで使いやすいキャンプ用ケトルもあります。

 

例えば、下に紹介するUNIFLAME(ユニフレーム)のキャンプケトル。

グローブをしたまま持てるハンドルや、灰の侵入を防ぐための注ぎ口のフタ、焚き火の上に吊るすための持ち手など、キャンプ用ケトルならではの考え抜かれた機能がふんだんに採用されています。

 

UNIFLAME(ユニフレーム):キャンプケトル

 

 

ドリップコーヒーに慣れたらミルを購入しよう!

 

コーヒーは挽きたてが一番香りが立ち美味しく感じられます。

粉のコーヒーを買っていくのもいいですが、より美味しくコーヒーを楽しもうと思ったらおすすめはミルを購入すること。

ミルで挽いたばかりの豆は香りが段違いで、テントサイトにカフェのようなコーヒーの香りが立ち込めますよ。

 

アウトドアメーカーのミルは非常にコンパクトになり優秀です。

GSIのコーヒーミルはハンドルが折りたたまれている仕様になっており、スペースも最小限。

キャンプの他、登山などにも持っていくことができます。

もちろん、アウトドアメーカーが作ったコーヒーミルとはいえ、挽目の調整も可能です。

 

GSI(ジーエスアイ):ジャバミル

 

 

おすすめはHARIO(ハリオ)やKARITA(カリタ)など、コーヒー器具メーカーのミルを使うこと。

挽目を細かく調整でき、またセラミック刃も傷みにくく長く使えます。

 

もちろん、キャンプだけでなくご家庭でコーヒーを楽しむのにもおすすめ。

特にハリオのコーヒーミルはコンパクトになることから、キャンプにもってこいです。

 

HARIO(ハリオ):手挽き コーヒーミル・セラミックスリム

 

 

ドリップコーヒーにハマったら焙煎にチャレンジ!

 

ドリップコーヒーを楽しんださきに、最終的に行き着くのが「焙煎」です。

キャンプでのドリップコーヒーに慣れたら、焙煎からチャレンジしてみましょう。

豆を焙煎するためのロースターは、安価なものから本格的なものまで様々な種類が用意されています。

 

特に、自分で起こした焚き火で焙煎した豆で飲むコーヒーはキャンプならではの醍醐味。

本来、コーヒーは均一の炎でむらなく焙煎するのがセオリーで、バーナーやカセットコンロで火力を一定にしてじっくりと仕上げるもの。

しかし、自分で起こした火で楽しむコーヒーはまた違った魅力がありますよ。

 

なお、焙煎したコーヒーの味のピークは3日後と言われています。

そのため、長期のキャンプであればあるほど、焙煎はおすすめと言えます。

 

焙煎機には様々な種類がありますが、最もシンプルで頼れる焙煎用ギアがUNIFLAME(ユニフレーム)の「焚き火ロースター」です。

ハンドルが伸縮可能で焚き火の上でも使えたり、本体下部は炎を通さず熱を伝える特殊耐熱鋼だったりと、ユニフレームらしい工夫が満載です。

 

UNIFLAME(ユニフレーム):焚き火ロースター

 

 

 


キャンプコーヒーの応用編:色々なコーヒーを楽しもう!

 

ドリップコーヒーの他にも、キャンプでコーヒーを楽しむ方法はたくさんあります。

パーコレーターやエスプレッソ、アイスコーヒー、さらにはコーヒーカクテルなど。

 

どれも道具一つあれば楽しめるという手軽さもキャンプコーヒーの魅力なのです。

ドリップコーヒーの合間に、こういった変わり種コーヒーも楽しんでみては。

 

フォトジェニックにキャンプを彩る「パーコレーター」

 

キャンプならではのコーヒーの淹れ方として、雰囲気バツグンなのが「パーコレーター」を使うという方法です。

使用方法はいたって簡単で、下部に水、上部にコーヒー豆をセットして直火にかけるだけ。

沸騰したお湯が下部の管を伝って、上部のコーヒー豆の中を通りコーヒーが抽出されるという仕組みです。

 

一度火にかけたら、あとは上のガラスノブから、好みの濃さになるまで待てばいいだけ。

簡単にできてしまうので、大人数向けのコーヒーを一気に作るのに向いています。

 

パーコレーターはスノーピークやペトロマックスなどのメーカーから発売されています。

フォルムがかっこいいものも多く、サイトをフォトジェニックに彩ってくれますよ。

 

Petromax(ペトロマックス):ニューパーコマックス

 

 

snowpeak(スノーピーク):ステンレスパーコレーター

 

 

キャンプでエスプレッソという贅沢

 

難しい、専門的と思われがちなエスプレッソですが、実はシングルやダブル程度の量を入れるならとても簡単にできてしまいます。

また、直火にかけてコーヒーを抽出するエスプレッソメーカーが一つあればできてしまうため、キャンプととても相性も良いのです。

 

外でエスプレッソを楽しむなら、イタリアの定番「BIALETTI(ビアレッティ)」一択です。

コーヒー豆と水を入れて直火にかけるという、いたってシンプルな抽出方法で本格エスプレッソが楽しめます。

 

BIALETTI(ビアレッティ):モカエクスプレス

 

 

もちろん、エスプレッソが作れるということはカフェラテに代表されるラテが作れるということ。

生クリームの準備が一手間かかりますが、カプチーノやマキアートなど、おしゃれドリンクがアウトドアでも楽しめます。

 

もちろん、生クリームを持っていく際は保冷にお気を付けください。

高性能なクーラーボックスがおすすめです。

 

※合わせて読みたい:  ピクニックやアウトドアに使える!おすすめクーラーボックスブランド8選!

 

暑い夏はアイスコーヒーも!

 

outdoorcoffee_17

 

暑い夏のキャンプでは、コーヒーサーバーに氷を用意し、アイスコーヒーを楽しむのもおすすめです。

アイスコーヒーを楽しむ際は、コーヒー豆を細挽きにし、ホットコーヒーよりも多めにドリップして濃厚なコーヒーを点てましょう。

 

氷と中和され、適度な濃さのコーヒーができます。

アウトドア用のコーヒーマグでも良いですが、ガラスのグラスでサーブすれば、贅沢なキャンプ感を味わうことだってできます。

 

DURALEX(デュラレックス):ピカルディ タンブラー

 

 

そんなグランピングスタイルにおすすめはフランス製・定番中の定番グラス「DURALEX(デュラレックス)」。

安価で丈夫、これ以上削ぎ落とすところがないといっても言いほど美しいシンプルなフォルムが特徴的。

キャンプに持ち出す際は割れないように気を付けてくださいね。

 

玄人向け"コーヒーで楽しむカクテル"

 

キャンプの夜はお酒でしっぽりと焚き火を囲むのが定番。

おやつの時間に立てたコーヒーが残っているなら、コーヒーとお酒でカクテルを楽しんでみてはいかがでしょうか。

香り高くほろ苦いコーヒーはお酒との相性がよく、様々なカクテルのベースとなっています。

 

例えば、アイリッシュコーヒーがその代表格。

ティースプーン1杯の砂糖を入れたワイングラスに、ホットコーヒーをグラスの2/3、アイリッシュウィスキー1ショットグラスいれ、そこに生クリームを浮かべたもの。

ホットでもアイスでも楽しめるので、冬でも夏でも寝る前の一杯としておすすめです。

 

本格的なワイングラスは破損の可能性も高いので、アウトドア用にプラスチックでできたワイングラスがおすすめです。

GSI(ジーエスアイ)のプラスチック製ワイングラスは、ステムとグラスを取り外せる仕様になっており、持ち運びしやすいのがポイントです。

 

GSI (ジーエスアイ):ネスティング ワイングラス

 

 

 

ここまでいけば、キャンプコーヒーマイスター。

朝はエスプレッソ、昼はアイスコーヒー、おやつの時間にドリップコーヒー、最後はアイリッシュコーヒーで〆。

あなたの役割は、キャンプ場でのコーヒー担当になること間違いありません。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(522)
北海道・東北(43)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(181)
  埼玉(7)
  千葉(12)
  東京(102)
  神奈川(38)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(76)
  長野(11)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(22)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(83)
  滋賀(7)
  京都(31)
  大阪(22)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(34)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(4)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(70)
  福岡(14)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(11)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(17)

国外エリア一覧

東南アジア(23)
ヨーロッパ(59)
東アジア・中国・台湾(19)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(9)
オセアニア(9)
アフリカ(2)
北米(17)
中南米(5)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(547)
イベント情報(368)
ショッピング・買い物・お土産(474)
遊園地・テーマパーク(565)
ビジネス・出張(165)
ロケ地、舞台(170)
世界遺産(133)
乗り物・交通・アクセス(617)
宿・旅館・ホテル(179)
旅行準備(431)
歴史・豆知識(738)
温泉・スパ(153)
絶景(451)
聖地巡礼(30)
観光旅行(689)
食事・グルメ(539)
おすすめ/ランキング(609)
デート(580)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(430)
ツアー/旅程(242)
海水浴場・ビーチ・リゾート(64)
寺院・神社(3)
パワースポット(1)
ファミリー(5)
1人旅(5)
雨の日(3)
メーカー/ブランド(2)

人気記事ランキング