logo

top

アウトドア派なら絶対欲しい!パタゴニアの定番フリース「レトロX」の魅力





パタゴニアの定番フリース「レトロX」シリーズ。
フリースの代名詞とも言われるパタゴニアにおいて、1,2を争う人気アイテムです。

ジャケットタイプとベストタイプがあり、いずれも非常に評価が高く、毎年シーズンになるとすでに売り切れて手に入らないこともしばしば。

本記事では、レトロXの機能性や高いデザイン性、またレトロXを使ったコーディネート紹介から洗濯方法まで、レトロXの魅力をまるっとご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】アウトドア派なら絶対欲しい!パタゴニアの定番フリース「レトロX」の魅力

 

パタゴニアの定番フリース「レトロX」

人気の秘密は「機能性バツグン」「超絶オシャレ」

「レトロX」はキャンプで大活躍

パタゴニアと言えばフリース、フリースと言えばパタゴニア

近年のフリースブームにおいて「手に入らない存在」に

一番人気は「ナチュラル」カラー

超絶おしゃれな「レトロX」を使ったコーデ

メンズ

レディース

プレミア価格の「レトロX」。買うタイミングは?お得な買い方ってあるの?

購入はパタゴニア直営店か正規取扱店、またはパタゴニアのネットショップで

レトロX、毎年の発売日は?

アウトレットで出会える可能性もなくはない

小柄な方・女性の方には「キッズサイズ」という選択肢も

「レトロX」の洗濯方法は?

洗濯時には「マイクロプラスチック」の排出を減らす工夫を

「レトロX」のサイズ感

「レトロX」は大きく分けて2種類のラインナップ

クラシック・レトロX・ジャケット

クラシック・レトロX・ベスト

パタゴニアには他にも様々な名作フリースが存在する!

R2ジャケット

メンズ・シンチラスナップTプルオーバー

ロス・ガトス・クルー

 

 

パタゴニアの定番フリース「レトロX」

 

Patagonia_01

 

冬になると街でもフィールドでも着ている方が多く、一度は目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

本記事では、そんな「レトロX」の人気の秘密に迫ります。

 

人気の秘密は「機能性バツグン」「超絶オシャレ」

 

retrox_14

 

パタゴニアの定番アイテムであるフリース「レトロX」。

人気の秘密は「機能性がバツグン」であることと「デザインが超オシャレ」ということ。

 

パタゴニアはフリースの性能に定評があり、ポリエステルの目が細かく保温力が高いのが特徴。

さらに、フリースの内側には防風性能を持つフィルム素材が張られており、フリースの弱点とも言える「通気性の良さ」についても克服しているのです。

これにより、アウターとして着ても暖かく過ごすことができます。

そうとはいえ、防風フィルム素材は中の水蒸気は発散するような仕組みにつくられているため、中がムレてしまうということもありません。

 

また、デザイン性の高さはパタゴニアらしいポイント。

ポケットの切り返しなどといったクラシックな見た目や、モコモコとしたどこかかわいい素材感が人気の秘密。

シャツでもカットソーでも、デニムでもチノパンでもカーゴパンツでも、合わせるアイテムを選ばず、カジュアルファッションへの相性が抜群なのです。

アウターとしてもインナーとしても使えるため、秋〜春にかけて欠かせないアイテムになります。

 

「レトロX」はキャンプで大活躍

 

「レトロX」シリーズは、普段使い〜キャンプでのアウトドア使用を想定して作られています。

機能性はもちろん高いですが、ファッション用途にもこだわってデザインされているのが嬉しいポイントです。

登山やスキーといったテクニカルな用途には、立体裁断を採用したり、伸縮性の高い素材をとりいれたりといった工夫がされている「R2ジャケット」や「R3ジャケット」がおすすめです。

 

パタゴニアと言えばフリース、フリースと言えばパタゴニア

 

r2_18

 

アウトドアブランド Patagonia(パタゴニア)

The North Face(ノースフェイス) 」とともに、アメリカを代表するアウトドアブランドとして世界中で高いシェアを誇っています。

 

パタゴニアにはいくつかの「定番」と言われるアイテムがあります。

リュックやジャケット、Tシャツや短パンなどがあげられますが、その中でもなんと言っても「フリース」はド定番のアイテム。

 

なんとパタゴニアは「フリース」を開発したブランドとしても知られています。

フリースブームもあり、ノースフェイスやエルエルビーンといったアウトドアブランドはもちろん、ユニクロやギャップなどのブランドもフリースを販売しています。

その元となったアイテムを初めて作ったのはパタゴニアであることは、紛れもない事実なのです。

 

近年のフリースブームにおいて「手に入らない存在」に

 

ここ数年極めて人気のアイテムになっており、発売開始するやいなやに売り切れてしまうモデルもあります。

その理由は90年代ファッションのリバイバルブームにもあります。

 

ナイキの「エア・マックス」のように、90年代を代表するファッションアイテムが人気となる中、同じくパタゴニアのフリースも人気に。

中でも、クラシックでかわいい印象を持つ「レトロX」シリーズは、合わせやすくおしゃれとあって非常に人気の高いアイテムです。

 

時期を逃してしまうと、アマゾンやオークションでも高額での取引となってしまいます。

レトロXを入手するためのタイミングについては後ほど解説します。

 

一番人気は「ナチュラル」カラー

 

retrox_13

 

レトロXシリーズは、毎年いくつかのカラー展開で発売されます。

ナチュラル、ブラック、ネイビー、ブラウン、カーキなどが定番カラーです。

 

ポケットの色で毎年カラーリングが微妙に変わるため、圧倒的に人気なのはナチュラルをベースとしたカラー。

発売直後すぐに売り切れてしまうことも多いので、特に「ナチュラルが欲しい!」という方は早めに購入することをおすすめします。

 

 

超絶おしゃれな「レトロX」を使ったコーデ

 

「レトロX」は、その汎用性の高さがウリ。

合わせるアイテムを選ばないため、一着持っておくと様々な着回しに使えます。

 

ここでは、そんなレトロXを使ったコーデをご紹介します。

定番アウトドアコーデから、カジュアルコーデ、ナチュラルコーデとしても使える万能性がおわかりいただけるかと思います。

 

メンズ

 

まずは定番のコーディネートから。

デニム、ニューバランスにパタゴニアのフリースといえば秋の定番のアメカジコーデです。

 

 

オーバーサイズのレトロXベストを用いたコーディネート。

シャツ・レトロXともにオーバーサイズでトレンドを抑えていますね。

ストリート感あるコーディネートにも、レトロXがばっちりハマっています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by SHUN (@so_wear) on

 

レトロXは、アウトドアではないこういったコーデにもハマるのがポイント。

ダメージジーンズ、白Tシャツ、ハイテクスニーカーといったアイテムのハズしとしてうまくコーディネートした例です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by KAITO (@kaichan1919) on

 

レディース

 

デニム×レトロXという組み合わせはレディースでも鉄板コーデ。

トップスはホワイト系でまとめ、デニムとのコントラストを効かせたメリハリあるコーディネートに仕上がっています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @mihona_hair on

 

ベージュのパンツにボーダーのトップスというナチュラルな組み合わせに、レトロXベストを組み合わせた例。

ちなみに、この方はキッズのレトロXを着用しているそう。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by flavor_koushi フレーバー 熊本 (@flavor__koushi) on

 

レトロXはメンズ・レディースともに販売されているので、こんなオソロコーデも。

一緒にレトロXを着てキャンプ、なんてとても素敵ですね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Yuma Ikenishi (@moya.43) on

 

 


プレミア価格の「レトロX」。買うタイミングは?お得な買い方ってあるの?

 

「レトロX」は人気商品のため、購入時期を逃してしまうと、カラーやサイズによってはアマゾンや楽天などではプレミア価格がついてしまうものもあります。

 

ここでは、そんなレトロXの「買うタイミング」をご紹介します。

また、少しでもレトロXを安く購入できるためのノウハウについても説明していきます。

 

購入はパタゴニア直営店か正規取扱店、またはパタゴニアのネットショップで

 

 

パタゴニアのレトロXを購入するなら、直営店か正規取扱店がおすすめ。

言わずもがなですが、実際に商品を見て試着してから購入するのがベストです。

 

ただ、人気のレトロXは在庫が薄い店舗も多く、実店舗で購入できない場合もあります。

そんな方にはパタゴニアの公式通販がおすすめです。

 

ネットショップの在庫は定期的に補充されます。

「在庫がない」と思っても、粘り強く見ていれば在庫が復活することがありますので、定期的に閲覧するのがおすすめです。

 

正規取扱店でないショップから購入するのは、金額も定価でない場合が多いですし、偽物をつかまされることも多くあります。

そうならないためにも、直営店、正規取扱店、公式通販からのご購入を強くおすすめします。

 

レトロX、毎年の発売日は?

 

毎年早々に売り切れてしまうレトロX。

寒くなってきてフリースが欲しいなと思った時には、全サイズ完売なんていうのもザラです。

 

気になる発売日ですが、毎年パタゴニアの秋冬アイテムは8月中旬〜下旬ごろに発売されています。

レトロXもそのタイミングで発売されているケースが多いので、「絶対欲しい!」という方は忘れずにチェックしましょう。

 

ただ、発売されて売り切れてしまっても、実店舗もネットショップも、初回生産分が全てではないようです。

何度かにわたって在庫は補充されていくので、発売日付近に手に入れられなかった方も諦めずに探してみることをおすすめします。

 

アウトレットで出会える可能性もなくはない

 

パタゴニアには日本に数店舗、アウトレット店舗があり、サンプル品やセール落ち品などを安く販売しています。

また、オンライン上でも定価より安くアイテムを販売しています。

 

いずれも割引率が高く、ものによっては中には50%オフといったお得なアイテムも。

人気商品であるレトロXがアウトレットに並ぶことは考えにくいですが、定期的にチェックしておけば、運命の一着に出会えるかもしれません。

 

小柄な方・女性の方には「キッズサイズ」という選択肢も

 

 

パタゴニアのアイテムは、どれもお世辞にも安いといえない商品ばかりです。

特にフリースなどであれば2万円を超えてきますし、「高級フリース」と揶揄されてしまうことも。

 

「できるだけ安くレトロXを購入したい」という方で、条件が合う方におすすめなのは「キッズサイズ」を購入するということ。

これはパタゴニア好きの中では有名な方法で、キッズサイズのXXLなどであれば女性の方や男性の方でも小柄な方であれば着れるサイズ感なのです。

 

例えば「レトロX・ジャケット」だと、メンズモデル・レディースモデルともに定価29,000円台。

結構高いと感じられる方も多いのではないでしょうか。

それに対して、キッズは19,000円台と2万円を切ってきます。

サイズがあればお得な選択肢ですね。

 

購入する際は、直営店で試着してからご購入されることをおすすめします。

 

 

「レトロX」の洗濯方法は?

 

パタゴニアのフリースは洗濯機で洗濯できるのもポイント。

2万円を超える高級衣料品とはいえアウトドアアイテムですから、ガシガシ使ってもタフな耐久性の高さも魅力の一つです。

洗濯する際はネットに入れて、丁寧に洗ってあげましょう。

 

洗濯時には「マイクロプラスチック」の排出を減らす工夫を

 

以前筆者がパタゴニアでフリースを購入した際には、洗濯時にはネットに入れ、洗濯が終わったらゴミ箱の上で払うという洗濯方法を紹介してもらいました。

近年「マイクロプラスチック」の影響が環境問題の大きなトピックとして注目されています。

 

目に見えないプラスチックが水中に溶け込み、環境を汚染し、我々の身体にも溜まっていくという問題です。

パタゴニアは、地球環境に配慮した企業としても知られています。

こういった細かな努力から地球環境を守っていきましょう。


「レトロX」のサイズ感

 

retrox_12

 

パタゴニアのサイズ感は意外と難しいのが正直なところ。

本国アメリカと同じ規格で作られたアイテムと、アジア用にパターンを見直して作られた「アジアン・フィット」の規格があります。

アメリカ規格のものはアジアン・フィットに比べると1サイズ大きいというのが筆者の感覚です。

 

例えば、身長165cmの筆者であれば、アメリカ規格のアイテムはXS、アジアン・フィットであればSをチョイスするとたいてい間違いありません。(ちなみに、ユニクロなどであればSを購入しています)

レトロXはアメリカ規格のアイテムのため、筆者はXSを購入しました。

 

そうとはいえ、これはあくまで目安。

サイズ感には個人差があるため、できれば店舗で実際に試着してみてからご購入されるのがベターです。

 

 


「レトロX」は大きく分けて2種類のラインナップ

 

レトロXは「クラシック・レトロX・ジャケット」と「クラシック・レトロX・ベスト」の大きく分けて2種類のラインナップがあります。

アウターとして着たいならジャケットタイプがおすすめですが、アウターの中に着たり、シャツと組み合わせたいならベストタイプがおすすめです。

メンズとレディースでカラーパターンが微妙に異なっています。

毎年カラーが変わるので、お気に入りのカラーがあるなら今年中にゲットしましょう。

 

クラシック・レトロX・ジャケット

 

 

一枚でアウターにしたい方には、ジャケットタイプの「クラシック・レトロX・ジャケット」がおすすめです。

裏地に防風のフィルム素材が張られているため風も通さないので、秋〜初冬までのアウターに最適です。

ネイビーといったカラーリングも揃っています。

 

retrox_07
ネイビー: 楽天市場

 

クラシック・レトロX・ベスト

 

retrox_10
メンズ: Amazon

 

retrox_09
レディース: Amazon

 

中に着るシャツと合わせてコーディネートしたいという前提なら「クラシック・レトロX・ベスト」が良いでしょう。

 

クラシック・レトロX・ベストはインナーに最適なフリースベスト。

腕の部分がアウターと干渉しないので、スマートに着こなすことができます。

 

また、秋にはもちろんアウターとして着るのもおすすめ。

体の中心部分を温めてくれるので、そこまで寒さを感じることも少ないですよ。

 

 

パタゴニアには他にも様々な名作フリースが存在する!

 

フリースの生みの親とも言える「パタゴニア」には、「レトロX」の他にも定番と言えるフリースが存在します。

 

「シンチラジャケット」をはじめカジュアルに使えるモデルから、「R2ジャケット」のように雪山登山にも対応できるテクニカルなモデルまで、用途別に様々なフリースがラインナップされています。

ご自身の用途に合ったフリースをチョイスすると良いでしょう。

 

R2ジャケット

 

 

 

パタゴニアフリースを代表するアイテムと言えば「R2ジャケット」です。

 

毛足の長いマイクロフリースで作られており、保温力は抜群。

その着心地はまさに「着る毛布」というべきアイテムです。

 

また、登山やウィンタースポーツでの使用を前提に作られており、体の動きに合った立体裁断を採用、また脇下などの可動域は伸縮性の高い素材でできています。

かといってテクニカルすぎる印象にもなっておらず、普段使いでもおしゃれに着こなせるのがポイントです。

 

レトロXは、その点ファッションを前提に作られているため、登山で使うには動きにくいのが難点。

日常使い〜アウトドアアクティビティと幅広く使うにはR2ジャケットがおすすめです。

 

メンズ・シンチラスナップTプルオーバー

 

 

パタゴニアフリースの原点ともいえるのが「シンチラ」シリーズ。

 

「レトロX」と同じくクラシックの名を冠していることもあり、普段使いのフリースとしてレトロXと人気を二分しているモデルです。

シンチラとは、フリースのかつての呼び名のこと。

パタゴニアが、世界で初めてフリースを開発した当時、「シンチラ」という名前で呼ばれていたのです。

 

シンチラシリーズの一番人気といえば、「シンチラスナップTプルオーバー」。

着心地の良いフリース素材で作られており、秋〜冬にかけてのマストアイテムです。

値段も14,000円台とリーズナブルなのもポイントです。

 

プルオーバーの他にも、ジャケットタイプもラインナップされています。

 

ロス・ガトス・クルー

 

 

2018年に新作フリースとして登場したのが「ロス・ガトス」シリーズです。

R2シリーズのように毛足の長いハイパイルのポリエステルフリース地でできており、保温力は抜群。

 

「ロス・ガトス・クルー」はパタゴニアのフリースの中でも珍しいクルーネックタイプ。

ポケットも3つついており、アウターとしても優秀です。

かわいいシルエットで、カットソーなどの上に着ることでコーディネートの主役になってくれますよ。

 

 

Patagonia(パタゴニア)の定番中の定番とも言える「レトロX」シリーズについてご紹介しました。

 

「クラシック・レトロX・ジャケット」「クラシック・レトロX・ベスト」と2種類のアイテムがありましたが、あなたはどちらが欲しいですか?

また、その他にも「シンチラジャケット」や「R2ジャケット」「ロス・ガトスジャケット」など様々な魅力的なモデルがありましたね。

 

パタゴニアのフリース人気は、いっときに比べると少し落ち着いた印象もありますが、それでもネット上で探してみるとまだまだプレミア価格がついているものも多く、根強い人気を誇るアイテムです。

 

決して安くはありませんが、耐久性も非常に高いので、一着購入すれば何年もにわたり着ることができますよ。

パタゴニアのフリースは迷っているうちに売り切れてしまうので、ぜひ早めにご購入することをおすすめします。

 

▼合わせて読みたい

 

・  アウトドアブランド、パタゴニアのイチオシ! 一着は持っておきたい「フリース」大特集!

・  パタゴニアの最強フリース「R2ジャケット」を徹底解剖!

・  パタゴニアのおすすめリュックを厳選!コーディネート例も紹介


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(831)
北海道・東北(56)
  北海道(30)
  青森(3)
  岩手(3)
  宮城(13)
  秋田(1)
  山形(4)
  福島(2)
関東(340)
  埼玉(14)
  千葉(30)
  東京(199)
  神奈川(65)
  茨城(8)
  栃木(11)
  群馬(6)
  山梨(7)
甲信越・北陸・東海(110)
  長野(15)
  新潟(9)
  富山(3)
  石川(17)
  福井(3)
  岐阜(12)
  静岡(31)
  愛知(13)
  三重(7)
近畿(124)
  滋賀(7)
  京都(55)
  大阪(32)
  兵庫(18)
  奈良(8)
  和歌山(4)
中国・四国(52)
  鳥取(3)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(15)
  山口(3)
  徳島(5)
  香川(7)
  愛媛(4)
  高知(2)
九州・沖縄(97)
  福岡(16)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(13)
  宮崎(5)
  鹿児島(13)
  沖縄(31)

国外エリア一覧

東南アジア(30)
ヨーロッパ(100)
東アジア・中国・台湾(23)
南アジア・インド・ネパール(6)
中近東(8)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(12)
オセアニア(12)
アフリカ(8)
北米(22)
中南米(12)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(680)
イベント情報(383)
ショッピング・買い物・お土産(581)
遊園地・テーマパーク(592)
ビジネス・出張(211)
ロケ地、舞台(215)
世界遺産(195)
乗り物・交通・アクセス(833)
宿・旅館・ホテル(239)
旅行準備(483)
歴史・豆知識(1029)
温泉・スパ(194)
絶景(588)
聖地巡礼(39)
観光旅行(1051)
食事・グルメ(672)
おすすめ/ランキング(920)
デート(796)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(445)
ツアー/旅程(255)
海水浴場・ビーチ・リゾート(78)
日帰り旅(106)
1泊2日(81)
寺院・神社・教会(112)
パワースポット(41)
ファミリー(184)
1人旅(176)
雨の日(33)
モデルコース(13)
メーカー/ブランド(8)

人気記事ランキング