logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 宮崎

宮崎の観光地17選!地獄温泉にパワースポットに…モアイ?





宮崎県は「どげんかせんといかん」の方言で一躍有名になりました。
知名度や認知度は他の観光地に一歩譲る印象がありますが、何と言っても雄大な自然がすごいです。

天照大神の伝説の地であり、パワースポットがあることでも有名な場所。
もちろん、みやざき地頭鶏や太陽の玉子と言われるマンゴーなどのグルメも盛りだくさん。

本記事では、そんな魅力たっぷりの宮崎を延岡・高千穂・日向周辺、えびの・都城周辺、宮崎・青島・日南周辺と地域別にご紹介します。
これから宮崎に観光・旅行をされる方は是非とも参考にしてみてください。

【目次】宮崎の観光地22選!地獄温泉に古代宮殿に…モアイ?

 

1ページ目 :

 

常夏の南国・宮崎の魅力とは

宮崎といえば

宮崎ってどこにあるの?

宮崎のベストシーズンは?

<延岡・高千穂・日向のおすすめ観光スポット>

1. 高千穂峡

2. 天岩戸神社

3. 国見ヶ丘の雲海

4. 日向岬・馬ヶ背

 

2ページ目 :

 

<宮崎・青島・日南のおすすめ観光スポット>

1. サンメッセ日南

2. 飫肥城下町

3. 鵜戸神宮

4. 青島

5. 青島神社

6. 照葉大吊橋

7. 都井岬

8. 西都原古墳群

 

3ページ目 :

 

<えびの・都城のおすすめ観光スポット>

1. 生駒高原花の駅

2. 白鳥温泉上湯

3. 関之尾滝

4. えびの高原

5. 高千穂牧場

<観光と合わせて買っておきたい宮崎のおすすめ土産>

1. 宮崎マンゴーラングドシャ

2. 宮崎空港オリジナル 日向夏ドレッシング

3. 炭火焼レアー

4. 青島せんべい

5. 戸村のたれ

 

 



常夏の南国・宮崎の魅力とは

 

宮崎といえば

 

mango

 

某知事さんのPRのおかげか、マンゴーやみやざき地頭鶏が有名です。

同じ九州の他県と比べ、観光地としては少々マイナーな印象がある宮崎。

 

実は古事記や日本書紀に残る神話の地であるため、天安河原のような強力なパワースポットが点在します。

また、青島の鬼の洗濯岩など、自然が生み出した数々の絶景群が大きな魅力です。

 

宮崎ってどこにあるの?

 

 

宮崎県は九州南東部に位置しています。

県庁所在地は宮崎市です。

昭和の時代には、その南国情緒溢れる気候から、新婚旅行の地としてたくさんのカップルが訪れたそうです。

 

宮崎のベストシーズンは?

 

宮崎の春

 

宮崎のベストシーズンは「春、秋~冬」と言えます。

冬でも日中の最高気温の平均が13℃以上あるという温暖な宮崎。

宮崎の冬は晴れ間も多く乾燥しているので、最も快適に観光しやすい季節ではないでしょうか。

 

それに比べ春・秋の時期は少々雨が多いので、旅行前の天候のチェックはお忘れなく。

春〜夏の始めの梅雨時期は雨が集中的に降ります。

そして、夏〜初秋には台風シーズンとなるので、雨や自然災害に注意が必要です。

天気の良い時期が多い宮崎ですが、雨の季節には本当に多く降りますよ。

 

夏は日差しが痛いほど照りつけ、湿気により蒸し暑い状態が続きます。

まさに南国と言える気候なので、夏に観光したいという方はしっかりと熱中症対策をしてお出かけください。

 

 

<延岡・高千穂・日向のおすすめ観光スポット>

 

1. 高千穂峡

 

takachiho

 

高千穂峡はかつて阿蘇山の噴火で、火砕流が五ヶ瀬川に沿って流出したものが冷却されたために、柱状の懸崖になった渓谷です。

高いところで100m、平均80mの断崖が7km続いています。

さらに、遊歩道には神話に由来する「おのころ島」や「月形」「鬼八の力石」があり、神秘的な高千穂を存分に堪能できる宮崎一の観光スポットです。

1934年(昭和9)、国の名勝・天然記念物に指定されました。

 

日本の滝百選のひとつである真名井の

天村雲命(あめのむらくものみこと)という神が天孫降臨し、この地に水がなかったので水種を移したという伝説があります。

 

高千穂

 

高千穂へ来たらボートでの渓谷散策がおすすめです。

ボートからの眺めは壮大で、奥に進んでいくと大きな屏風岩群が立ち並び圧倒されます。

まるでジブリの一場面に出てきそうな苔群は、今にも精霊が顔を出してきそうな雰囲気ですよ。

 

高千穂峡の観光情報

 

住所 : 〒882-1101 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井御塩井

アクセス : 高千穂駅から車で7分

電話番号 : 0982-73-1212

営業時間 :

ボート営業時間 : 受付8:30~16:30夜間照明 、渓谷内の真名井の滝をライトアップ期間:7月中旬~9月上旬時間:日没~午後10時
料金 : ボート30分:大人2000円
駐車場 : 500円

公式URL :  高千穂町観光協会

 

高千穂の伝統芸「夜神楽」

 

夜神楽

 

高千穂の夜神楽(よかぐら)は、宮崎県西臼杵郡高千穂町に伝わる民俗芸能です。

氏神を民家に迎える神楽の総称で、毎年11月中旬から2月上旬にかけて行われます。

 

夜神楽の特徴は、面を着けず複数の舞い手で舞う「平手」であることです。

そほかに、御幣、鈴、扇、榊の小枝、刀、弓矢、たすきなどの小道具を手に持ちながら、比較的単調な動きを繰り返す舞が多いのも特徴のひとつとされています。

また、夜神楽はその昔、女性の手は借りずに男性のみで行っていたそうです。

現在は緩和されていますが、今でも正式な舞手「ほしゃ」は男性とされています。

 

高千穂神社では、1時間ほどの夜神楽が365日奉納されています。

高千穂に古くから伝わる、神々との時間を楽しむという文化をぜひとも目の前で体験してみてくださいね。

 

高千穂神社神楽殿の基本情報

 

住所 : 〒882-1101 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1037-10

アクセス : 高千穂バスセンターから車で3分

電話番号 : 0982-73-1213

定休日 : 11月22日、23日は毎年、高千穂神社の神楽まつりが行われるため、「高千穂神楽」は行いません。

営業時間 :

20:00~21:00まで(1時間)
※19:00から神楽殿にて受付
※当日受付のみ、メールや電話での事前予約は行っておりません。

料金 :

1人 700円
(※団体割引20名以上 1人600円)
※小学生まで無料

公式URL :  高千穂町観光協会

 

おすすめご当地グルメ:千穂の家のチキン南蛮

 

 

宮崎に来たら絶対食べたい一品はこちら。

ご存知チキン南蛮は、揚げたチキン胸肉にタルタルソースがかかっている料理です。

 

宮崎のチキン南蛮の一番の特徴は、ボリューム感たっぷりなのにしつこくないこと。

タルタルソースのおかげでこってりなイメージですが、さっぱりとした胸肉を薄めの衣で揚げてあり、甘酸っぱいタレのおかげで意外にもさっぱりぺろりと行けちゃいますよ。

お吸い物にそうめんが付いてくるのも宮崎風で良いバランスです。

 

千穂の家 (観光食堂)の基本情報

 

住所 : 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字向山62-1

電話番号 : 0982-72-2115

定休日 :年中無休

営業時間 : 9:00~17:00 ランチ営業、日曜営業

予約サイト・口コミ・クーポン:  食べログ

 

 

2. 天岩戸神社

 

天岩戸神社

 

天岩戸神社は、天岩戸神話に登場する天照大御神が隠れた「天岩戸」と呼ばれる洞窟を御神体として祀っています。

岩戸川をはさんで西本宮と東本宮があり、両社とも天照大御神が御祭神です。

川上には大昔、八百萬の神々が集まり相談をしたとされる天安河原もありますよ。

特に本宮は、足を踏み入れた瞬間の厳かな雰囲気で、強力なパワースポットであるのがわかるほど神聖な場所です。

 

天岩戸神社の観光情報

 

住所 : 〒882-1621 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字岩戸1073-1

アクセス :

高千穂バスセンターからバスで20分
高千穂バスセンターから車で10分

電話番号 : 0982-74-8239

営業時間 : 0982-74-8239

公式URL :  天岩戸神社

 

おすすめご当地グルメ:華幸望の高千穂牛ドッグ

 

 

高千穂に来たら食べて頂きたいのが、高千穂牛をたっぷり使ったドッグ。

バターの良い香りがする温かいコッペパンに、キャベツ、その上に高千穂牛の細切れ炒めがのっています。

お肉もたっぷりボリューミーですがあまりの美味しさにぺろりと平らげてしまう人が続出なんです。

散策して少し小腹が空いたらぜひともお試しあれ。

 

華幸望 (はなこうぼう)の基本情報

 

住所 : 宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸1082-21

電話番号 : 0982-76-1200

定休日 : 不定休

営業時間 : 10:00~17:00(ランチ営業、日曜営業)

予約サイト・口コミ・クーポン:  食べログ

 

 

3. 国見ヶ丘の雲海

 

 

国見ヶ丘は高さ513mの雲海の名所です。

雲海の見頃は秋の早朝、快晴で風の無い日の冷え込んだ日に姿を表します。

一面に漂う霧が、高千穂盆地やそびえ立つ山々を覆うように、まるで水墨画のような絶景が広がります。

ここから見える阿蘇五岳は、まるでお釈迦様が横たわる姿に似ていることから、「阿蘇の涅槃像」とも呼ばれています。

 

国見ケ丘

快晴の日は高千穂盆地が見渡せます。

 

 

神武天皇の孫である、建磐龍命(タテイワタツノミコト)が、 九州統治の際にここへ立ち寄り国見をされ、国見ヶ丘という名が付いたとか。

2011年にミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで一つ星を獲得した眺望を持つ国見ヶ丘。

秋に宮崎に旅行計画を立てるなら、この神聖な絶景を体験してみてください。

 

国見ケ丘の雲海の観光情報

 

住所 : 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字押方

アクセス : 高千穂バスセンターから車で15分

電話番号 : 0982-73-1212

シーズン :

9月末日~11月上旬
秋だけ見られる濃い朝霧。日の出~2時間後くらいまで楽しめる。

公式URL : 高千穂町観光協会

 

おすすめご当地グルメ:そば処銀橋の夜神楽そば

 

 

地元で人気の老舗そば処銀橋の夜神楽そばがおすすめです。

夜神楽そばは、温かい蕎麦の上にごぼうと地鶏を甘めに煮た物が乗っていて、めんはかなり太めの十割そばです。

見た目にかなりインパクトありますが、お出汁もしっかりきいていて、何度でも食べたくなるほど美味しい。

ここでしか食べられない逸品ですよ。

 

そば処 銀橋の基本情報

 

住所 : 高千穂町大字押方1248-2

電話番号 : 0982-72-2433

定休日 : 不定休

営業時間 : 11:00~17:00

予約サイト・口コミ・クーポン:  食べログ

 

 

4. 日向岬・馬ヶ背

 

 

日向岬は、日豊海岸国立公園内の最南端にある岬です。

「日向岬」と呼ばれる場所の中には、「伊勢ケ浜」「米の山」「芝生公園」「サンポウ」「クルスの海」、そして「馬ヶ背」と色々な名所があります。

 

自然豊かな場所と一言で片づけてしまうには非常にもったいない観光スポットで、切り立った崖から見る荒々しい波間や柱状節理のリアス式海岸は迫力満点。

波の状態はその日によって表情を変えますが、やはりおすすめは晴れの日です。

晴れていると波も穏やかで、絶景を楽しむことができます。

 

馬ヶ背へ向かうためには10~15分ほど歩くことになりますが、道がしっかりと整備されているので歩きやすくなっています。

そうとはいっても、まっすぐな道ばかりというわけではないため、運動靴やスニーカーでの訪問がおすすめです。

 

kurusunoumi

 

クルスの海の展望台からは、岩場が「十文字」となっています。

願いが叶う場所という言い伝えがあり、人気のスポット。

 

zeppeki

 

柱状岩は日本最大級。

この迫力は、ここでしか味わえません。

自然の力で切り出された無数の柱状の岩々…。

大自然のパワーを感じますね。

 

umagase

 

「馬ヶ背」という名前の由来は、岩肌の色が馬の毛色に似ているからだと言われています。

遊歩道を歩いていくと日向岬の最端に到着。

展望所までの道のりも、海の香りを楽しみながら歩いていけます。

 

 

馬ケ背展望所から見る景色は、ここまで歩いてきた人しか見ることのできない素晴らしい光景。

海風を感じつつ景色を眺めていれば、時間が経つのも忘れてしまいそうですね。

 

切り立った崖はまさに絶景です。

ここでしか見られない柱状岩は、ぜひ写真に収めておきたいポイントと言えます。

家族で訪れる際は、お子さんの手をしっかりと握って安全確保を行ってあげてくださいね。

 

日向岬・馬ヶ背の観光情報

 

住所:〒883-0001 宮崎県日向市大字細島

アクセス:日向市駅から車で15分

電話番号:0982-52-2111

 

おすすめご当地グルメ:大漁丸の海の幸

 

 

和食全般を楽しむことのできるレストランで、特におすすめなのが採れたての海の幸。

お刺身以外にもフライなどの料理も取り揃えられています。

 

日向灘を眺めつついただくお刺身は格別。

大漁丸ではビールの評判も良いため、お刺身と一緒にお酒もいただいて贅沢な時間を過ごしましょう。

 

お刺身や海鮮丼はボリュームもたっぷり。

女性で小食な方は食べきれるか不安という方もいるかもしれません。

そんなときは、複数の料理をお友達や家族とシェアして楽しんでくださいね。

 

いけすレストラン 大漁丸の基本情報

 

住所:〒883-0000 宮崎県日向市美々津町2255

アクセス:美々津駅から徒歩5分

電話番号:0982-58-0118

定休日:年始(詳しくはお問い合わせください)

営業時間:11:00~22:00

予約サイト・口コミ・クーポン:  食べログ


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(422)
北海道・東北(36)
  北海道(20)
  青森(2)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(144)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(71)
  神奈川(35)
  茨城(3)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(62)
  長野(10)
  新潟(7)
  富山(2)
  石川(8)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(15)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(63)
  滋賀(6)
  京都(14)
  大阪(21)
  兵庫(14)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(57)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(6)
  熊本(9)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(18)
ヨーロッパ(35)
東アジア・中国・台湾(16)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(5)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(11)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(422)
イベント情報(301)
ショッピング・買い物・お土産(416)
シーン別(556)
ビジネス・出張(162)
ロケ地、舞台(167)
世界遺産(100)
乗り物・交通・アクセス(489)
宿・旅館・ホテル(165)
旅行準備(395)
歴史・豆知識(577)
温泉・スパ(143)
絶景(352)
聖地巡礼(29)
観光旅行(547)
食事・グルメ(458)
ランキング(481)
デート(455)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(362)
ツアー/旅程(169)
海水浴場・ビーチ・リゾート(54)

人気記事ランキング