logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 兵庫 > 神戸

神戸のお土産10選!人気の定番お菓子&スイーツたっぷりの神戸土産まとめ





神戸は、大阪、京都と並ぶ関西の3大観光地のひとつ。
3つの観光地はそれぞれ個性的で魅力的ですし、大阪を起点として1時間以内で京都と神戸にも到着するので、1~2日でまとめて周ることが可能なのも観光地としての魅力ですね。

その中でも神戸は、異国情緒が漂うおしゃれな街。
神戸ならではのファッションスタイルやセンスは全国的に有名です。

神戸土産といえば、お菓子とスイーツ。
昔から外国人が多く暮らしていたことから洋菓子の有名店が店を構えています。

他にも神戸牛や海産物など幅広くおすすめ神戸土産をご紹介します。

【目次】神戸のお土産10選!人気の定番お菓子&スイーツたっぷりの神戸土産まとめ

 

神戸のお土産選びのための基礎知識

神戸は洋風でおしゃれな街

神戸は人情味あふれるオープンマインドな街

神戸のお土産はお菓子とスイーツだけじゃない

神戸のお土産は三宮で買うのがおすすめ

三宮は神戸観光の拠店

三宮駅周辺で神戸のおすすめ土産が手に入る

1. フロインドリーブの「ミミ&クッキー」

2.  モンロワールの「リーフメモリー」

3. 神戸風月堂の「ゴーフル」

4. 神戸モリーママの「ラスク」

5. 神戸フランツの「魔法の壺プリン」

6. 観音屋の「デンマークチーズケーキ」

7. アンリ・シャルパンティエの「フィナンシェ」

8. 三宮一貫楼の「ぶたまん」

9. 内野海産の「いかなごのくぎ煮」

10. 辰屋の「牛肉 しぐれ煮・佃煮」

 

 

神戸のお土産選びのための基礎知識

 

gazou

 

神戸のお土産選びを成功させるためには、神戸の街について知っておく必要があります。

みなさんは神戸というに街にどういう印象をお持ちでしょうか。

 

神戸は洋風でおしゃれな街

 

神戸は洋風でおしゃれなムードが漂う街です。

観光名所として、北野異人館が有名ですが、神戸には古くから外国人が多く暮らしていました。

 

そのため、神戸の街には西洋風の文化が根付いています。

外国人は、お菓子やスイーツのレシピを日本に伝播して、西洋菓子の名店のルーツを作りました。

神戸を発祥の地として全国に拡大していったお菓子ブランドも数多く存在しています。

 

神戸は人情味あふれるオープンマインドな街

 

神戸が洋風でおしゃれな街であるという印象は、多くの方が持つイメージですよね。

一方で、センスのあるファッションや、芦屋などの高級住宅地のイメージから、神戸は高嶺の花で近寄りがたい存在に見られがちです。

でも実は、人情味あふれるオープンマインドな街なんです。

 

神戸の街の印象は、お菓子やスイーツにも息づいていて、優しいテイストや、パッケージの温かみのあるデザインで感じることができます。

おしゃれでセンスのあるパッケージの中に、おいしくて思わずにっこりしてしまう絶品の味わいが入っているのが神戸のお菓子とスイーツの特徴です。

 

神戸のお土産はお菓子とスイーツだけじゃない

 

神戸は、海の幸と山の幸が豊富な、関西圏でもグルメな食材がたくさんあるエリア。

全国的に有名なのが牛肉です。

神戸のお土産には、牛肉の味を凝縮した、しぐれ煮と佃煮がおすすめ。

歴史のある有名なお肉屋さんが、厳選した素材で作っています。

 

実は神戸の近海では、海産物がよく獲れます。

明石のタコやタイは有名です。

神戸地元の春の風物詩といえば、淡路周辺で獲れるいかなごのくぎ煮づくりがあります。

一般の家庭でも作られることが多く、春になると「いかなご炊いた?」とういうセリフが飛び交います。

いかなごのくぎ煮は、神戸伝統の味を持ち帰るお土産としておすすめです。

 

 


神戸のお土産は三宮で買うのがおすすめ

 

買い物

 

三宮は神戸観光の拠店

 

神戸のお土産を買う場所として三宮が適している理由に、三宮が神戸観光の拠店である点があります。

神戸観光の名所である北野異人館へは三宮駅から出ている巡回バスを利用するのが便利。

神戸観光 は、 大阪 京都 とセットで回るケースも多くなります。

大阪から来る場合も、向かう場合も電車乗り場の駅となります。

高速バスも三宮から多くでています。

 

三宮駅周辺で神戸のおすすめ土産が手に入る

 

三宮で神戸土産を探すなら、まずは「神戸そごう」。

神戸の有名店のお菓子やスイーツ、牛肉のしぐれ煮と佃煮、いかなごのくぎ煮などを手にすることができます。

JR神戸駅構内にあるお土産店舗「アントレマルシェ三ノ宮」でもお土産が揃っています。

 

1. フロインドリーブの「ミミ&クッキー」

 

 

神戸を代表する洋菓子のお土産に「ミミ」があります。

ミミはハートの形をしたパイ。

大きめの大ミミと小型の小ミミがあります。

 

神戸っ子におすすめのお土産を聞いたら、必ず名前があがるのがフロインドリーブのミミです。

神戸っ子に「ミミ食べた?」と言われると、「ミミ?」と聞き返してしまう個性的な名前。

 

ミミの名前の由来は、「耳」。

ハート形のパイですが、半分で切って見てみると、耳の形に見えますね。

 

フロインドリーブは、ドイツ人のハインリッヒフロインドリーブ氏が開業したお店。

ドイツでは豚の耳が縁起がいいとされているんです。

ミミは豚の耳をインスパイアーして作られているため、ミミと呼ばれています。

 

神戸っ子がミミをすすめる理由は、一度食べてみると分かります。

パイ生地をかじると、サクッとした食感とともに、やんわりと甘みが口いっぱいに広がります。

ハート形のパイは、日本全国でたくさんのお菓子屋さんが販売していますが、ミミは最もおいしいパイのひとつです。

 

フロインドリーブでは、ミミだけではなくクッキーもおすすめ。

バターとナッツがたっぷり練りこまれていて、種類も豊富です。

フロインドリーブのミミとクッキーは、神戸に行ったら必ず手に入れたいお菓子のお土産です。

 

 

フロインドリーブのパッケージには、三角屋根の家のイラストの中に、素朴なマークと文字が入っています。

レトロで素朴なデザインが、神戸の人情味あふれるオープンマインドな気質を良くあらわしていますね。

フロインドリーブのミミとクッキーは「神戸そごう」で買うことができます。

 

 


2.  モンロワールの「リーフメモリー」

 

 

品があり高級感が漂う神戸のお土産を探しているなら、「リーフメモリー」がおすすめ。

銀紙に包まれた袋を開けると、中から小さなリーフ型のチョコレートがあらわれます。

 

「リーフメモリー」の魅力は3つ。

1つ目は、かわいい銀紙の包。

箱を開けると、かわいい銀紙の袋があらわれます。

 

2つ目は、銀紙の包を開けた時の驚きです。

巾着状の包を開けると中から小さなチョコレートがあらわれます。

チョコレートは小さなリーフ型をしていて、手でつまむと楽しい気分になります。

 

3つ目は、バリエーション豊かなおいしいテイストです。

銀紙の袋の色は数種類あって、中にはテイストの違うチョコレートが3種類入っています。

小さなリーフ型のテイストの違うチョコレートをちょこちょこつまんで食べると、思わず微笑んでしまいます。

一粒一粒のチョコレートはとてもおいしくて、一度食べ始めると止まらなくなります。

 

 

「リーフメモリー」は、ライトグリーンの包み紙の中に、ライムグリーンとホワイトカラーの箱が入っています。

明るい印象の、品のある神戸土産のひとつです。

「リーフメモリー」は「神戸そごう」で買うことができます。

 

 

3. 神戸風月堂の「ゴーフル」

 

 

神戸風月堂は、1897年創業の神戸洋菓子のレジェンド的存在。

神戸のお土産として、全国的に有名です。

 

ゴーフルは、神戸風月堂を代表するお菓子。

フランスの焼き菓子をヒントに、日本の和菓子作りのテイストをプラスして試行錯誤の末出来上がりました。

 

大型の定番ゴーフルの他にも、ミニサイズのゴーフルがあります。

神戸の6つの風景をプリントした「神戸6景ミニゴーフル」は、神戸のお土産として最適です。

 

 

神戸風月堂の魅力は3つあります。

 

1つ目は、その形です。

今では類似品を含めて、全国で販売されているゴーフルですが、その形は独特です。

袋をあけてゴーフルがあらわれると、ワクワクした気分になります。

 

2つ目は、香りです。

ゴーフルからは、甘くて香ばしい独特の香りが漂ってきます。

ゴーフルの香りは、おいしさを予感させる前奏曲のようにふんわりと香ってきます。

 

3つ目は、食感とテイストです。

ゴーフルの最大の魅力は、サクッとした食感と、薄い生地にサンドイッチされたクリームのテイストです。

神戸風月堂 ゴーフルのクリームは、バニラ、ストロベリー、チョコレートの3種類。

口に入れると、生地とクリームがコラボして、おいしい味わいが口の中に広がります。

神戸風月堂 ゴーフルは、「神戸そごう」で買うことができます。

 

 


4. 神戸モリーママの「ラスク」

 

 

「神戸モリーママ ラスク」は、神戸のお土産の新定番として人気。

ブラックとレッドをベースとした印象的なパッケージと、硬めの本格的な食感が魅力です。

 

神戸モリーママ ラスクの販売開始は2007年で、老舗の多い神戸のお菓子の中では比較的新しい部類に入ります。

コンセプトは「甘い魔法」。

パッケージには、お菓子に幸せの魔法をかける小さな魔女のイラストがプリントされています。

ブランドカラーをブラックとビビットピンクに統一しておしゃれでかわいいイメージを発散します。

 

 

「神戸モリーママ ラスク」が神戸の土産に選ばれる理由に、テイストへのこだわりがあります。

お菓子作りの基本を素材と考えて、小麦粉、水、塩には、特にこだわっています。

 

小麦粉は最上級のものを厳選。

水は、世界的にも有名な、「神戸の天然水」を地下140メートルからくみ上げて使用しています。

塩は、うまみがありミネラルが豊富な「赤穂の塩」を使っています。

 

神戸らしいフランスパンベースの堅めに作られたラスクは、個性的な食感で他のラスクとの違いを表現しています。

「神戸モリーママ ラスク」は、JR三ノ宮駅にある「アントレマルシェ三ノ宮」で買うことができます。

 

 

5. 神戸フランツの「魔法の壺プリン」

 

 

 「 魔法の壺プリン」は、テレビや雑誌で話題の大人気神戸土産。

レッドベースにイカリのマークが印象的なセンスのある箱の中には、ブラウンのツボに入ったおいしいプリンが入っています。

 

テーストはショコラ、マロン、チーズケーキ、スイートポテトなど、定番やシーズン限定などバリエーション豊かです。

壺の中のプリンは、テイストのテーマによって多層の構成で作られています。

 

たとえば、「ショコラ」だと、1番上がチョコレートチョコレートガナッシュ、2番目がショコラクリーム、3番目が甘酸っぱいアクセントとしてフランボワーズピューレ、4番目がメインのとろとろショコラプリン、最後にチョコレートガナッシュといった組み合わせです。

多層構造で計算されたテーストは、食べるときに、ミックスされることで、贅沢な味わいを生みだします。

 

 

個性的なテイストを取り揃えているところが 神戸フランツ 魔法の壺プリンの特徴。

ベーシックな「魔法の壺プリン」は、ふんわりクリームがたっぷりのった下に、濃厚なとろとろカスタードプリン、壺の底にビターテイストのカラメルソースが入った構成。

スイートポテトテイストは、スイートポテトテイストのカスタードプリンの上に、蜜につけたサツマイモがのった濃厚な味わい。

「 魔法の壺プリン」は、定番テイストの他にシーズン限定商品が登場するのも楽しみです。

「神戸そごう」で買うことができます。

 

 


6. 観音屋の「デンマークチーズケーキ」

 

 

観音屋は神戸の元町にあるチーズケーキとチーズ料理のお店。

観音屋のお店には、西洋風のアンティーク調のレイアウトの中に、なんと観音様が奉られています。

チーズケーキがとてもおいしいと評判の店で、今では神戸のお土産の定番のひとつです。

 

「観音屋 デンマークチーズケーキ」は、ほかの店では味わえないオリジナル性の高いチーズケーキ。

スポンジケーキの上に、デンマークから直輸入された生チーズを素材にしたチーズがたっぷりのっています。

オーブントースターで3~5分程度温めると、上にのったチーズが溶け出します。

とろーり溶けたチーズがのったケーキを熱々で食べるのが「観音屋 デンマークチーズケーキ」の食べ方です。

 

 

「観音屋 デンマークチーズケーキ」のパッケージは、レッドにホワイトでデンマークの国旗をデザインしたおしゃれな箱。

ハンドルにさりげなくKOBEの文字が入っているところも、神戸土産に適しています。

箱を開けると、シルバーのアルミ皿にイエローのチーズケーキがのっていて、見た目も明るく華やかなお土産になります。

「観音屋 デンマークチーズケーキ」は、JR三ノ宮駅にある「アントレマルシェ三ノ宮」で買うことができます。

 

 

7. アンリ・シャルパンティエの「フィナンシェ」

 

 

アンリ・シャルパンティエ は、海外のメーカーと勘違いしてしまう程、完成度の高い西洋焼き菓子店です。

神戸に限らず日本全国の西洋焼き菓子の王者といっても過言ではない、貫禄のあるメーカー。

 

1969年神戸の阪神芦屋駅前にできた喫茶店がスタート。

最上級のおいしさを日々追求しています。

 

アンリ・シャルパンティエの焼き菓子の中で、最も人気があるのがフィナンシェ。

品格のある神戸土産に最も適しています。

フィナンシェは1975年発売から現在に至るまで、ずっと人気の商品。

レシピはアンリ・シャルパンティエのスピリッツ通り、最上級のおいしさを求め、何度も見直されています。

 

 

海外ブランドのように洗練されたパッケージもアンリ・シャルパンティエの魅力のひとつ。

3本のキャンドルマークは、お菓子を囲んで笑顔になるシーンの象徴。

神戸のハートウォーミングな土地柄を象徴するマークです。

アンリ・シャルパンティエ フィナンシェは、「神戸そごう」で買うことができます。

 

 


8. 三宮一貫楼の「ぶたまん」

 

 

お菓子とスイーツ以外の神戸土産としておすすめなのが、三宮一貫楼 ぶたまん。

大阪土産の551蓬莱の豚まんと並び、関西エリアで人気のお土産です。

 

ふわふわの皮を開けると、中には豚肉と玉ねぎをベースにした具が入っています。

三宮一貫楼 ぶたまんの人気の秘密は、たっぷり入ったジューシーな具。

具材は大きくて甘みがあります。

皮はやや固めで、食べ応えがあります。

 

 

豚さんのイラストが入った、オレンジとクリーム色をベースにしたパッケージもかわいいと評判です。

三宮一貫楼 ぶたまんは、JR三宮駅構内と阪神三宮駅の2店舗で買うことができます。

 

 

9. 内野海産の「いかなごのくぎ煮」

 

 

神戸っ子が、春になると話題にするのが「いかなごのくぎ煮」。

いかなごは、淡路島名産の小魚。

春にいかなご漁がおこなわれて、神戸では一般家庭でもいかなごのくぎ煮を作ります。

 

神戸の郷土料理であるいかなごのくぎ煮は、神戸のお土産としても思い出の品になりますね。

いかなごのくぎ煮は、神戸そごうの隣に建つ、ケイエスビル(そごう新館)5階にある「ひょうごふるさと館」で見つけることができます。

 

 

10. 辰屋の「牛肉 しぐれ煮・佃煮」

 

 

神戸で有名な食材といえば牛肉。

神戸というと海に面したおしゃれな街をイメージしますが、兵庫県全体で見てみると海岸線はごく一部で、日本海までのエリアは海のない山間部の割合が高いんです。

 

兵庫県は古くから高級牛肉の産地として有名です。

牛肉の産地である神戸の印象をお土産として持ち帰りたいと思ったら、しぐれ煮や佃煮が最適です。

 

牛肉を贅沢に使ったしぐれ煮や佃煮は、神戸そごうに店を出している、大井肉店でも購入する事ができます。

大井肉店は創業100年の老舗。

牛肉にこだわる名門肉店が作る、牛肉のしぐれ煮や佃煮

は神戸土産に最適です。

 

 

神戸三宮の街で買えるおすすめのお土産として、定番のお菓子とスイーツからスイーツ以外の豚まんや牛肉の佃煮までご紹介しました。

神戸はおしゃれな街でありながら、外から入ってきたものを寛容に優しく受け入れてきた街です。

北野異人館で暮らしていた外国人の人たちにとっても、神戸の街は生活の場所として馴染んでいたのでしょう。

明るくてオープンな神戸の街の印象は、今回選んだお土産に息づいています。

 

▼神戸お土産の関連記事

 

・  おすすめ神戸ランチ14選!元町・三宮の人気ランチ店まとめ

・  神戸のおすすめ観光スポット75選!異国情緒たっぷりの港町と、海と山の絶品神戸グルメを堪能!

・  神戸のおすすめデートスポット15選

・  神戸の観光地総まとめ!デートから旅行まで使える神戸観光地52選

・  元三宮住民の筆者がおすすめする、三宮観光におすすめのホテル10選!

・  神戸のホテルで贅沢な時間を過ごそう!神戸の人気ホテル15選


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(361)
北海道・東北(32)
  北海道(18)
  青森(2)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(1)
  福島(1)
関東(119)
  埼玉(7)
  千葉(9)
  東京(62)
  神奈川(26)
  茨城(2)
  栃木(5)
  群馬(4)
  山梨(4)
甲信越・北陸・東海(53)
  長野(10)
  新潟(4)
  富山(2)
  石川(6)
  福井(1)
  岐阜(4)
  静岡(14)
  愛知(7)
  三重(5)
近畿(53)
  滋賀(5)
  京都(13)
  大阪(17)
  兵庫(13)
  奈良(4)
  和歌山(1)
中国・四国(27)
  鳥取(1)
  島根(4)
  岡山(5)
  広島(8)
  山口(2)
  徳島(1)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(49)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(5)
  熊本(7)
  大分(7)
  宮崎(2)
  鹿児島(6)
  沖縄(13)

国外エリア一覧

東南アジア(17)
ヨーロッパ(33)
東アジア・中国・台湾(12)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(4)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(7)
アフリカ(2)
北米(10)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(338)
イベント情報(279)
ショッピング・買い物・お土産(345)
シーン別(465)
ビジネス・出張(157)
ロケ地、舞台(161)
世界遺産(92)
乗り物・交通・アクセス(423)
宿・旅館・ホテル(148)
旅行準備(361)
歴史・豆知識(484)
温泉・スパ(127)
絶景(308)
聖地巡礼(29)
観光旅行(476)
食事・グルメ(398)
ランキング(382)
デート(390)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(278)
ツアー/旅程(141)
海水浴場・ビーチ・リゾート(44)

人気記事ランキング