logo

top > ミクロネシア・ハワイ・グアム > ハワイ

おすすめのハワイ土産とは?お菓子から女性も子供も喜ぶおしゃれなコスメ・雑貨・Tシャツまで!





ハワイは、日本人の海外旅行先として断トツの人気を誇るエリア。
常夏の気候と、湿度の少ないさらっとした空気に包まれながら、外国でありながら、英語が話せなくても何とかなるサポート体制の中で、魅力のスポットをまわることができます。

ハワイ観光とともに楽しみなのがショッピングとお土産選び。
ハワイの楽しい思い出は、お土産と一緒にたくさんの友達に伝えたいものです。

そこで今回は、女性も子供も喜ぶコスパのいい安いお菓子からおしゃれなTシャツ・雑貨までおすすめのハワイ土産10選を購入スポットとともに紹介します。

【目次】

 

ハワイのお土産は何がいい?

ハワイのお土産は定番を買えば間違いない

コスパのいいハワイのお土産を安く買うには大型スーパーが一番

女性や子供が喜ぶかわいいハワイ雑貨のお土産

ハワイの思い出におしゃれなTシャツのお土産

1. ホノルルクッキー

2. ハワイアンホースト マカダミアナッツチョコ

3. コナコーヒー

4. マカダミヤナッツ

5. ハワイアン・ハニー

6. Bath&BodyWorksのコスメ

7. ハワイアン ソープ

8.アイランドガール ハワイ キューティクルオイル

9. ハワイアンキルト

10. Tシャツ

 

ハワイのお土産は何がいい?

 

ハワイ

 

ハワイのお土産は定番を買えば間違いない

 

ハワイ   は世界的に有名な常夏の観光地。

お土産は、特別に珍しいものを探さなくても、ハワイの定番土産を選べば喜ばれる事は間違えありません。

お土産激戦区で定番と呼ばれるお土産は、それだけ上質の商品といえるのでしょう。

 

コスパのいいハワイのお土産を安く買うには大型スーパーが一番

 

ハワイの定番土産は、お菓子や雑貨が多いですが、うれしいことに単価は驚くほど高くありません。

そうはいっても、定番土産はコスパよく安くまとめ買いしたいものです。

 

そんな時おすすめなのが、ハワイの大型スーパーマーケット。

なかでも一押しなのが「ウォルマート」。

 

「ウォルマート」は24時間営業のアメリカの大手スーパー。

立地も便利で、ハワイに行ったら誰しも立ち寄る、アラモアナ・センターの山側出口から徒歩5分の場所にあります。

ウォルマートで、定番のお土産はほぼそろいます。

 

女性や子供が喜ぶかわいいハワイ雑貨のお土産

 

ハワイのお土産で女性や子供に喜ばれるのが、かわいいコスメや雑貨のお土産。

開放的で明るい印象をもったカラフルでかわいいアイテムがたくさんあります。

 

ハワイを代表する民芸品のひとつにハワイアンキルトがありますが、こちらもお土産に最適。

観葉植物の葉っぱや亀をデザインした、ハワイをイメージさせる可愛らしい小物がおすすめです。

 

ハワイの思い出におしゃれなTシャツのお土産

 

Tシャツもハワイのお土産におすすめのひとつ。

コスパが良くておすすめなのが「フルーツオブザルーム」のシンプルなTシャツ。

 

Tシャツ土産で定番なのが「クレイジーシャツ」。

バリエーション豊かな「88ティーズ」のTシャツもおすすめです。

 

 

他にもおすすめ出来るハワイのお土産は数え切れないほど沢山!

ここからはランキング形式で、ハワイのお土産おすすめ10選を紹介しましょう。

 

 


1. ホノルルクッキー

 

 

「ホノルルクッキー」は、おしゃれで、ちょっとリッチなイメージがあるクッキー。

ハワイのお土産として、いま最も代表的な定番になっています。

 

クッキーは、大きく分けて2種類。

チョコレートがコーティングされているクッキーと、そうでないもの。

 

チョコレートは、ビターチョコレート味、ミルクチョコレート味、ホワイトチョコレート味の3種類。

3種類ともしっとりとして甘く、これぞハワイのチョコというテイスト。

クッキーのサクッとした食感とチョコのしっとり感の相性が抜群です。

 

チョコがコーティングされていないクッキーには、パイナップル、マンゴー、コーヒーなどのハワイを代表するフレーバーがクッキーの中央にトッピングされています。

ホノルルクッキーは、チョコレート派と、チョコレートなし派で、好みが分かれるところ。

リクエストがない場合は、ミックスして買っていくのが良いでしょう。

 

 

ホノルルクッキーの魅力は、クッキーのデザインと、パッケージのデザイン。

クッキーは、いかにもハワイらしい、かわいいパイナップルのデザイン。

 

可愛らしいだけではなくて、上部の葉っぱのギザギザをつかむと、とっても食べやすいんです。

手に持った感じもちょうどいい重量感。

食べる前からおいしさが膨らんできます。

 

パッケージのデザインは、一様ではなく、さまざまな形状があります。

パイナップルの形や、サーフボードの形、丸形の箱から、袋入りや、中身が見えるクリアケースに入ったもの。

包装もクラシカルなものから、カラフルなフラワーがプリントされたものまで、バリエーション豊かです。

 

ワイキキでは、ヒルトンやハイアット・リージェンシーなどの有名ホテルや、ロイヤル・ハワイアン・センター、ワイキキ・ビーチ・ウォークなどのショッピングエリアに店舗があります。

もちろんアラモアナセンターにも店舗があります。

 

 

2. ハワイアンホースト マカダミアナッツチョコ

 

 

「ハワイアンホースト マカダミアナッツチョコ」は、贈って喜ばれるハワイのお土産の定番中の定番。

一目でハワイ土産だと分かる一品です。

コスパが良くて、喜ばれる。

ハワイのお土産に迷ったら、これを買っておけば間違えないお土産です。

 

しっとりと濃厚なハワイ特有のミルクチョコレートの中には、ハワイアンナッツの定番であるマカダミヤナッツが2粒はいっています。

口の中で、チョコレートとマカダミヤナッツのコラボを楽しんだり、まずはチョコレートを味わってから、マカダミヤナッツをコリっと噛んでみたり、食べ方もいろいろです。

 

チョコレートのコーティングが、一粒一粒異なるのものんびりした印象でハワイらしくいい感じです。

ブラウンベースにベージュ文字のパッケージも有名で、ハワイ土産として知らない人がいない一品。

 

ばらまき用に大量に買いたいお土産のひとつですので、まとめ買いをしたいものです。

そんな時には、ハワイの大型スーパーが一番。

 

アラモアナエリアの山側に位置する、「ウォルマート」に行けば、10箱セットのパッケージが手に入ります。

類似商品がたくさん出ていますが、定番の「ハワイアンホースト マカダミアナッツチョコ」は安心感があります。

 

ワイキキのお土産屋さんでも手に入りますが、他のばらまき土産も同時にまとめ買いをするなら、超大型のショッピングカートにどんどん入れ込んで買い物ができるウォルマートがおすすめ。

店内が、巨大なので、友達とあれこれ相談しながらでも、ゆっくりと自分のペースでも、快適に買い物ができるところも魅力です。

 

 


3. コナコーヒー

 

ko-hi-

 

ハワイというと、パイナップルなどの常夏のフルーツを思い浮かべるかもしれません。

実情をいうと、現在年々パイナップル畑は減少しているそうです。

一方で増えているのがコーヒー栽培です。

 

ハワイで栽培されるコーヒーの中でも最高級といわれているのが、「コナコーヒー」。

ハワイのみならず、世界的にも高品質のコーヒーであると絶賛されています。

アメリカ合衆国でコーヒーがとれるのは、実はハワイ州だけで、ホワイトハウスの公式晩餐会では、コナコーヒーが飲まれています。

コナコーヒーの名前の由来は、ハワイ島の南西部に位置するコナ地区で栽培されているためです。

 

ハワイの特産物であるコナコーヒーは、ハワイのお土産の定番となっています。

コナのコーヒー豆を使ったコナコーヒーは、ハワイの有名コーヒーメーカー各社が商品化しています。

 

 

「ライオンコーヒー」は、凛々しいイエローカラーのライオンの顔がプリントされたパッケージが印象的なコーヒーメーカー。

ハワイのコーヒーの代表的なブランドで、知名度は抜群。

 

ライオンコーヒーは、アメリカ全土でも最古のブランド。

ハワイのお土産としてインパクトが強い一品です。

 

深みのある、コクのあるテーストが味わい深く、ハワイのコーヒーらしさが味わえます。

独特の味わいはハワイのお土産におすすめです。

 

 

「ロイヤルコナコーヒー」は、ハワイで最も流通しているコーヒーブランドのひとつ。

ホテルやレストランで使用されることも多い有名ブランドです。

ハワイのお土産屋さんでも人気が高いブランド。

 

ゴールドをベースにしたパッケージには高級感があり、ロイヤルというネーミングも特別なコーヒーという印象を発散します。

テーストは、酸味と適度な苦みがあり、すっきりとした味。

ABCストアをはじめ、ハワイのお土産屋さんであれば、どこでも購入する事ができます。

 

 

「ホノルルコーヒー」は、ハワイで人気のコーヒーショップ。

2012年に日本にも店舗を出しています。

コナエリアの農場から直接取引した厳選した豆を使って、自社焙煎工場でロースト。

 

テイストは、フルーティーですっきりした味です。

モアナサーフライダーホテルの店舗や、アラモアナショッピングセンターのコーヒーショップで購入することができます。

 

 

4. マカダミヤナッツ

 

 

「マカダミヤナッツ」は、ハワイでとれる栄養価の高いナッツです。

硬くもなく、柔らかくもない、サクッとした独特の歯ごたえが特徴です。

噛んだ後に口の中に残る、ナッツ特有のまったりした感じが少なく、スナック感覚でどんどんつまめるナッツです。

 

「マカダミヤナッツ」は、ハワイのお土産の定番のひとつ。

「マカダミヤナッツ、マカダミヤナッツ」と呼んでいますが、ブランド名は、「マウロアナ」。

「マカダミヤナッツ」イコール、「マウロアナ」といえるほど有名です。

丸い小型のスカイブルーの丸い筒に、マカダミヤナッツの写真がプリントされたパッケージは、一目でハワイのお土産と分かる一品です。

 

 

「マウロアナ」のマカデミアナッツは、ハワイのお土産の定番として、ばらまき用に大量購入したいお土産のひとつです。

購入には、大型スーパーマーケットを活用したいところです。

アラモアナエリアにある「ウォルマート」に行けば、大型ショッピングカートを使って、容易に大量買いが可能です。

 

「マウロアナ」のマカデミアナッツは、テイストとパッケージのパターンが多いのも魅力。

テイストでは、定番の塩味の他にも、オニオンガーリック味やハニーロースト味があります。

パッケージでは、定番の缶入りの他に、小袋入りやミニパック入りなどがあり、大量のばらまき用お土産にも適しています。

 

 


5. ハワイアン・ハニー

 

 

南国の楽園であるハワイには、多種多様な植物が育ちます。

そんな環境で、ハワイでは植物の花からとれるハチミツが古くから作られてきました。

おいしいハワイアンハニーは、ハワイのお土産の定番になりました。

 

咲き誇る花の種類も豊富で、ハワイ固有の植物の花から個性的なテーストのハチミツがたくさんつくられています。

「マノア・ハニー・カンパニー」は、かわいいクマさんのボトルが印象的なハワイアンハニーの人気ブランド。

マノア・ハニー・カンパニーは、ハワイで咲く花のエリアに合わせて、10カ所以上異なる場所に蜂の巣箱を設置しています。

 

異なる花からは、異なるテーストのハチミツが出来上がります。

「マノア・ハニー・カンパニー」のおすすめテーストを3種類紹介しましょう。

 

「オヒア・レフア」は、ハワイ固有種のオヒアの木の花(レフア)の蜜からつくられたハワイアンハニー。

濃厚な味は、ハワイのグルメであるパンケーキに良く合います。

 

「マカデミアナッツ」は、その名のとおり、マカデミアナッツの花の蜜からつくられたハワイアンハニー。

ハチミツの甘みに、マカデミアナッツの風味がミックスされたテーストが魅力です。

 

「ペレズ・ゴールド」は、マノア・ハニー・カンパニーが、オアフ島に設置した異なる場所の巣箱からとれたハチミツをミックスしたハワイアンハニー。

ハワイに咲く花々の風味を一度に味わえる、人気のテーストです。

 

マノア・ハニー・カンパニーのハチミツは、KCCファーマーズ・マーケットで、複数のブースで味見しながら選ぶことができます。

 

 

「レアハワイアン オーガニックホワイトハニー」は、ホワイトのカラーがとても珍しい人気のハワイアンハニーです。

レアハワイアン オーガニックホワイトハニーは、ハワイ島に育つキアヴェの木の花の蜜からつくられるハワイアンハニー。

世界中で最高ランクのハチミツとして名高い逸品。

レアハワイアンは、ハワイ島にあるハチミツファクトリーブランドで、ハチミツづくりのすべての工程を行っています。

 

レアハワイアン オーガニックホワイトハニーは、無農薬で無低温殺菌のオーガニックなハチミツとして有名。

深みのあるナチュラルなテーストが人気です。

 

ハワイ島のレアハワイアンのファクトリーに行けば試食しながら、ハワイアンハニーが選べます。

ワイキキでは、ABCストアでも購入できます。

 

コスパ良く買いたいなら、ホールフーズというスーパーマーケットがおすすめ。

ホールフーズは、カハラモールにある、オーガニック製品のスーパーマーケット。

ナチュラル志向のハワイのセレブに人気で、ガイドブックでもよく紹介されているスポットです。

 

 

6. Bath&BodyWorksのコスメ

 

 

Bath&BodyWorksのコスメは、カラフルなカラーがハワイのお土産にピッタリ。

Bath&BodyWorksのコスメの魅力は3点。

 

1点目は、POPでカラフルはハワイらしいパッケージ。

ライトカラーをベースにフラワーやフルーツがプリントされたパッケージは見ているだけでも楽しい気分になります。

 

2点目は、香り。

Bath&BodyWorksのコスメは、フルーティーな香りが魅力。

種類も30種類以上あります。

 

3点目は、コスパがいいところ。

お土産に迷ったらBath&BodyWorksのコスメをまとめ買いをしておけば安心。

 

 

Bath&BodyWorksの店舗は、アラモアナセンターの2階ダイアモンドヘッドウイングの山側にあります。

ここに行けば、ハンドジェル、シャワージェル、ボディーローションなどたくさんのコスメを手にすることができます。

 

 


7. ハワイアン ソープ

 

 

ハワイアンソープもハワイのお土産の定番。

「アイランドソープ&キャンドルワークス」は、1984年にカウアイ島で創業したハワイアンソープファクトリーブランドの老舗。

ココナッツオイルが配合されたナチュラル志向のソープ。

パイナップル、パパイア、マンゴーなどハワイらしい香りなどたくさんの種類のハワイアンソープがそろっています。

 

「アイランドソープ&キャンドルワークス」の店舗は、ワイキキのロイヤルハワイアンセンターのB館1階。

クラシカルな店内に、かわいいアイテムがたくさん並んでいます。

 

 

「バンガローグローハワイルーファーソープ 」は、乾燥させたヘチマにオーガニックソープをしみこませて輪切りにしたハンドメイドのハワイアンソープ。

ルーファーとはヘチマの事。

ココナッツサンライズ、ホワイトジンジャー、レッドグアバ、トロピカルマンゴー、シーサイドピカケ、ピンクプルメリアの6種類。

オアフ島のパールシティーの名産品です。

 

バンガローグローハワイルーファーソープの魅力は、ヘチマが中に入っているというインパクトと、カラフルなカラー。

ハワイらしいナチュラルな印象も魅力です。

バンガローグローハワイルーファーソープ は、ABCストアで購入できます。

 

 

8.アイランドガール ハワイ キューティクルオイル

 

 

「アイランドガール ハワイ キューティクルオイル」は、本物のドライフラワーが入った見た目もかわいい、コスメ。

ABCストアで手ごろに買えるハワイ土産として人気です。

キューティクルオイルとは、爪に必要な油分を補給して、保湿することで爪のメンテナンスをするためのオイルです。

ラベンダー、ハイビスカス、ハニーサックル、ライラック、ジャスミン、スプリングブーケの6種類の香りがあって、ビンの中に入っているドライフラワーがPOPです。

 

 


9. ハワイアンキルト

 

 

ハワイアンキルトはハワイの伝統的な民芸品。

その昔、ハワイには布地自体がありませんでした。

ハワイでは木の皮を加工したものを身にまとっていたのです。

 

19世紀になって、宣教師が布教にハワイに渡ってきたときに、同時に布地を加工して洋服を身にまとうという習慣もハワイに入ってきました。

洋服のみならず、布地を加工した生活用品として、ハワイアンキルトは宣教師の妻たちからハワイに伝えられていったといわれています。

 

 

ハワイアンキルトのデザインのテーマは、パイナップルやモンステラの葉、ハイビスカスの花などの植物や、ハワイでは神聖な生き物とされているウミガメ。

ハワイらしいデザインと、カラフルなカラーリングがハワイのお土産として人気です。

 

 

ハワイアンキルトのアイテムは、ホノルルの街にあるお土産屋さんで手に取ることができます。

手ごろな価格のアイテムは、メイド・イン・フィリピン等で、ハワイメイドでないことが多いです。

ハワイのお土産は、どこで作られているかということを気にするよりも、どこで買ったかということのほうが意味があると思いますがいかがでしょう。

 

本格的なハワイアンキルトのお土産を求めるなら、シェラトンワイキキに入っている「モアナ・キルト」がおすすめです。

 

 

10. Tシャツ

 

 

Tシャツは、実用性のある人気のハワイ土産。

コスパと素材、着心地で選ぶなら、「フルーツ・オブ・ザルーム」のTシャツがおすすめ。

フルーツ・オブ・ザルームのTシャツは、アラモアナ地区にある大型スーパーマーケット「ウォルマート」で見つけることができます。

 

大人気のアイテムですので、目指していったカラーとサイズが売り切れているかもしれませんが、「ウォルマート」に行ったら必ずTシャツ売り場は覗いてみる価値があります。

 

「フルーツ・オブ・ザルーム」のTシャツは、日本のL・M・Sサイズよりもビックサイズです。

ビッグサイズは、シーズントレンドとマッチしていて魅力ですが、ピッタリしたコーデを目指す場合は、ワンサイズ小さいサイズでもいいかもしれません。

ただし、コットン100%ですので、多少縮みます。

 

 

「クレイジーシャツ」は、ハワイのお土産として定番のアイテム。

Tシャツ専門店だけに、生地も縫製も一流です。

 

クレイジーシャツといえば、クレイジーキャットのイラストがプリントされたアイテムが定番。

他にもハワイらしいイラストがプリントされたアイテムがたくさんあります。

 

クレイジーシャツは、ロイヤル・ハワイアン・センター、ワイキキ・ビーチウォーク、アラモアナセンターなどの大型ショッピングエリアに店舗があります。

 

 

POPでかわいらしいTシャツを探すなら、「88ティーズ」がおすすめ。

88ティーズの魅力は、バリエーションが豊富なところ。

店内はTシャツであふれています。

月に2枚は新作が登場しているとの事。

 

88ティーズの店舗はホノルルに2店舗。

カラカウア通りとクヒオ通りにあります。

 

 

ハワイのおすすめ土産として、 コスパのいいお菓子から女性も子供も喜ぶおしゃれなコスメ・雑貨・Tシャツまで10アイテムを厳選して紹介しました。

さすが、日本人の旅行先として断トツで人気ナンバーワンのハワイらしく、バリエーションに富んだお土産がそろいました。

 

ハワイのお土産の魅力は、明るくて楽しい雰囲気を発散するところ。

ナチュラルでのんびりした楽園の印象を伝えられるお土産がそろいました。

 

▼関連記事

 

・  ハワイ観光の決定版!グルメからホテルまで、ハワイ旅行に役立つ観光情報まとめ

・  ハワイで人気のパンケーキ店!有名店、おすすめ店をたっぷり15選ご紹介!


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(152)
北海道・東北(17)
  北海道(8)
  宮城(4)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(42)
  千葉(5)
  埼玉(3)
  山梨(3)
  東京(16)
  栃木(1)
  神奈川(11)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(20)
  三重(2)
  富山(1)
  愛知(3)
  新潟(3)
  石川(2)
  福井(1)
  長野(3)
  静岡(5)
近畿(26)
  京都(7)
  兵庫(7)
  和歌山(1)
  大阪(8)
  奈良(1)
  滋賀(2)
中国・四国(14)
  山口(2)
  岡山(3)
  島根(1)
  広島(3)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(18)
  大分(1)
  宮崎(1)
  沖縄(9)
  熊本(2)
  福岡(2)
  長崎(2)
  鹿児島(1)

国外エリア一覧

東南アジア(12)
ヨーロッパ(13)
東アジア・中国・台湾(6)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(6)
オセアニア(3)
アフリカ(1)
北米(5)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(112)
イベント情報(121)
ショッピング・買い物・お土産(111)
シーン別(166)
ビジネス・出張(74)
マナー(52)
ロケ地、舞台(78)
世界遺産(42)
乗り物・交通・アクセス(169)
宿・旅館・ホテル(77)
旅行準備(137)
歴史・豆知識(186)
温泉・スパ(65)
絶景(139)
聖地巡礼(16)
観光旅行(207)
言語・役立ちフレーズ(9)
食事・グルメ(155)
ランキング(75)
デート(126)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(67)
ツアー/旅程(10)
海水浴場・ビーチ・リゾート(12)

人気記事ランキング