logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 福岡

博多には美味しい物がいっぱい!博多区で買うならコレで決まり!おすすめお土産13選!





福岡県福岡市博多区。
あれ、博多市じゃないの?という声を良く聞きますが、実は博多があるのは福岡市。
県外の方は福岡市中心地を全て博多と思う方が多いかも知れませんね。

お土産品を見ると、博多区以外のメーカーでも、博多の文字のオンパレード。
さすが食い倒れの街、博多には福岡には美味しい物が多いので、お土産品の数もかなり多いんですよ。

今回はちょっとこだわって、博多区にあるお店、会社のお土産のみをチョイスしてご紹介してみました。
博多にはうまかもんがいっぱい!これを選べば間違いなしというお土産13選です。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】博多には美味しい物がいっぱい!博多区で買うならコレで決まり!おすすめお土産13選!

 

博多のお土産にはどんな物があるの?

 

【博多銘菓】1. 博多 通りもん(明月堂)

【博多銘菓】2. 博多玉露まんじゅう

【博多銘菓】3. 鶴乃子(石村萬盛堂)

【博多銘菓】4. にわかせんぺい(東雲堂)

【博多銘菓】5. 博多ぽてと(二鶴堂)

 

【明太子】1. 味の明太子(ふくや)

【明太子】2. tubu tube (ふくや)

【明太子】3. めんツナかんかん

 

【グルメ】1. 博多とんこつ生ラーメン(博多一幸舎)

【グルメ】2. 博多もつ鍋(やまや)

【グルメ】3. 博多かしわの水炊き缶(内外実業)

 

【九州限定】1. ジャイアントプリッツ博多明太子(グリコ)

【九州限定】2. カントリーマームあまおう(森永)

 

 


博多のお土産にはどんな物があるの?

 

旅先や出張先でのお土産選びは楽しくもあり、時間がない場合などは少し大変だったりしませんか?

渡す相手の年代や嗜好によっても大きくチョイスが変わってくるのがお土産ですが、せっかくならば喜んでもらえる物をしっかり吟味して選びたいですよね。

 

今回ご紹介するのは、福岡市博多区で買えるおススメの博多土産です。

博多銘菓編・博多明太子編・博多グルメ編・ちょっと番外編の4タイプに分けてご紹介するので、ぜひお土産選びの参考にして下さいね。

 

 

【博多銘菓】1. 博多 通りもん(明月堂)

 

 

まずは定番中の定番からスタートです。

博多駅や福岡空港のお土産屋さんで必ず見かけるのが、明月堂の「博多 通りもん」です。

 

「通りもん」とは博多名物のお祭り「博多どんたく」の衣装に身をつつんで練り歩いている人の事をいうんですよ。

おそらく博多土産として一番知名度があるのも、この「博多通りもん」です。

上質な素材を使い丹念に練り上げられた白餡に、生クリームとバターを入れてしっとりと上品な甘さに仕上げています。

これをミルクの香りがするやさしい生地で包み込んで焼き上げたのが「博多 通りもん」。

 

伝統的な和菓子の製法に洋菓子の素材を活かしているのが、西洋和菓子と言われる所以です。

世界的なお菓子のコンテスト・モンドセレクションで17年連続金賞を受賞している実力派なので、安心してどなたにでも差し上げれるのが嬉しいですね。

博多駅のお土産店では試食を置いている所が多いので、ぜひ一度味わってみて下さいね!

 

 


【博多銘菓】2. 博多玉露まんじゅう

 

 

高級茶で知られる玉露の生産日本一は、福岡の八女市だってご存じでしたか?

山の斜面に茶畑があり、山の表面を太陽光が適度に遮られるので、旨み成分たっぷりの茶葉が育つのです。

そのため八女のお茶は、昔から天然の玉露茶として珍重されてきました。

濃厚で特有の甘味があり、渋みが少ないのが八女茶の特徴です。

 

奥八女の黒木町で丹精込めて育てられた玉露の生葉をペースト状にして、たっぷりと餡の中に練りこんで作ったのが、「博多通りもん」で有名な明月堂の「博多玉露まんじゅう」です。

餡の中に白い繊維が混じっている事がありますが、それは茶葉の繊維をそのまま活かしている証拠です。

餡には生クリームも使われているので、さらに旨味が深まっています。

 

お茶にもコーヒー、紅茶にも合うと人気の一品です。

通りもんもいいけど、明月堂の他のお菓子も食べてみたい、という方にイチオシです。

 

 

【博多銘菓】3. 鶴乃子(石村萬盛堂)

 

 

創業110年をこえる老舗「石村萬盛堂」の看板商品であり、博多のお土産の代名詞ともなっているのが銘菓「鶴乃子」です。

もともと鶏卵素麺を専門に作っていましたが、鶏卵素麺の材料に使うのは卵の黄身のみで白身が余ってしまうので、これに着眼して白身をマシュマロにして中に黄身餡を入れて作ったのが「鶴乃子」の始まりです。

柔らかなマシュマロの中から、優しい甘さの黄身餡がトロリと出てくる食感はぜひ一度味わうべき。

 

各地で類似品が出ていますが、このタイプのお菓子の元祖は「石村萬盛堂」です。

老舗の味を守る一方、新しい事にも挑戦する姿勢を持つ「石村萬盛堂」は洋菓子も得意。

洋菓子部門にも数々のヒット商品があります。

 

また、バレンタインのみだった30年前の日本市場に、3月14日にマシュマロを贈るマシュマロデーを提唱し、それがのちのホワイトデーになったんですよ。

目を引くまあるいたまご型の箱は2個入りから20個入りまであり、賞味期限は約14日です。

 

 


【博多銘菓】4. にわかせんぺい(東雲堂)

 

 

福岡県民にはテレビCMでおなじみの「にわかせんぺい」。

漢字では煎餅ですが、読み方はせんべいではなくて、せんぺい。

古くから博多の郷土芸能として庶民に親しまれてきた無形文化財「博多仁和加はかたにわか」に使用される、鼻の脇から目の上までを覆う長方形のお面をかたどったお菓子が、「にわかせんぺい」。

明治39年の創業の老舗「東雲堂」の看板商品です。


サイズは小・中・特大の3サイズで、平たいタイプと、丸みを帯びたタイプの2種類があり、平たいタイプは鶏卵が多めで、丸みを帯びたタイプは砂糖が多め。

どちらも見た目と違ってちょっと硬めのバリバリっとした歯ごたえがあり、シンプルな味わいながら癖になる味で、食べだしたら止まらない!と評判です。

子供が喜ぶおまけとして、お面がついているのですが、これをつけてSNSにあげるのはお約束。

 

せんぺい自体も表情色々なので顔にあててみてくださいね。

ドラえもんコラボバージョンも人気です。

賞味期限も60日と日持ちするので、お土産にピッタリですね。

 

 

【博多銘菓】5. 博多ぽてと(二鶴堂)

 

 

昭和27年創業の「二鶴堂」が工夫を凝らして作ったのが「博多ぽてと」です。

焼き芋の風味がありながら、焼き芋にはないしっとりとした柔らかさがあり、スイートポテトともちょっと違うスイーツです!

ゆっくり焼いて甘味を最大限まで引き出した焼き芋ペーストに、ホイップクリームを加えてまた焼き上げた逸品。

 

そのままはもちろん、冷蔵庫で冷やして冷たいスイーツとして、電子レンジやオーブントースターで温めてホクホクしっとりの温かいスイーツとしてと、楽しみ方は色々です。

日本茶にもコーヒーにも良く合う事は言うまでもありませんよね。

 

九州産の紫芋であるアヤムラサキを使った「紫芋ぽてと」との詰め合わせもおススメ。

もう一つの二鶴堂の看板商品は「博多の女(ひと)」で、小豆羊羹をバームクーヘンで包んだ一口サイズのお菓子です。

 

定番の誰からも喜ばれるお土産を探している方は、二鶴堂に行ってみましょう!

博多駅マイング、デイトス、福岡空港でも購入できますよ

 

 


【明太子】1. 味の明太子(ふくや)

 

 

福岡と言えば明太子、明太子と言えば福岡。

福岡空港でも、博多駅でも、観光地のお土産店でも、数多くのメーカーの明太子や、明太子関連商品がずらりと並びます。

その元祖と言えるのが、地元ファンも多い「ふくや」の明太子なんです!


戦時中の幼少期を韓国の釜山で過ごした川原俊夫氏は、庶民の味だったタラコのキムチ漬けの味が忘れられず、戦後引き揚げた博多の町で、その味を再現すべく創意工夫を重ねました。

そして昭和23年、妻と共に中洲の一角に構えた小さな食料店「ふくや」を創業。

日本で初めての「味の明太子」が売り出されたのは昭和24年の事でした。

 

スケトウダラの事を韓国語ではミョンテと言い、漢字で表すと明太、スケトウダラの子なので明太子となりました。

味の明太子の原料は、スケトウダラの卵巣。

これを独自の調味液に漬け込んで作り上げます。

 

韓国の味を日本人向けにアレンジした「味の明太子」は評判を呼びましたが、明太子が博多の名産になって欲しい、という川原氏の想いから特許を取らなかったので、次々と明太子を製造販売するメーカーが増えていき、その願い通り博多名物になったというわけです。

激辛口(どっから)辛口(レギュラー)中辛(マイルド)に、辛くない(のんから)など辛さのレベルが選べるのが嬉しいですね。

無着色タイプも人気です。

 

また型崩れした物や、大きすぎたり小さすぎたりする明太子を集めた家庭用明太子はボリューム、価格ともにとってもお得。

自宅用には家庭用明太子がおススメです。

 

 

【明太子】2. tubu tube (ふくや)

 

 

「ふくや」には数々の人気商品がありますが、中でも2013年の発売以来78万本以上も売り上げた、大ヒット商品がチューブ入り明太子tubu tube(ツブチューブ)です。

片手で簡単に開閉できるワンタッチキャップで使い勝手が良いと評判です。

プレーン、マイルド、スパイシーハバネロ味、スパイシーブラックペッパー味、和風だし味、バター味、とろろ、ゆず風味、バジル風味、ゴマ油風味など、味のバリエーションによって使い方も色々。

 

そのままご飯に、フランスパンに、焼きナスに、サンドイッチに、サラダに、パスタにとアイディアがたくさん浮かんできそうですよね。

普通の明太子はちょっと高いし持ち運びも大変だけど、何か明太子のお土産を買って帰りたいという方は、小さくて手軽で美味しいtubu tubeがおススメ!

お料理好きな方へのお土産にぜひどうぞ。

何本かセットにすると喜ばれますよ。

 

 


【明太子】3. めんツナかんかん

 

 

こちらも「ふくや」のヒット商品の一つ、ツナと明太子の最強コンビネーション「めんツナかんかん」です。

明太子はもちろんですが、ツナにも一切の手抜きはなし。

脂のノリが良くなる春から夏にかけて漁獲された、国産のびんながマグロだけを使用。

綺麗な白色のツナはホワイトミートと呼ばれ、口あたりが良い事から缶詰にするには最高級と言われています。

 

めんツナかんかんは3種類あり、「レギュラー」は明太子の味を損なわないように、癖のないさらっとした大豆油を使用。

誰にでも食べやすい、そしてお料理にも使いやすいスタンダードです。

「プレミアム」は、1缶の20%が明太子というたっぷりタイプで、漬け込み液と明太子の粒がツナに絡んで旨味がすごいと評判。

プレミアムのみまろやかな上質の綿実油を使用しています。

 

そして、辛党の方向けの「辛口」は2種類の唐辛子を使用し、口に入れた時の辛さと、後からじわりとくる辛さの2段階を楽しめるように仕上げています。

おススメはこの3種類がセットになったお試しセットです。

渡す方も貰う方も気兼ねが要らない、ちょっとしたお土産を探している方におススメです。

 

 

【グルメ】1. 博多とんこつ生ラーメン(博多一幸舎)

 

 

博多名物で博多とんこつラーメンを忘れるわけにはいきません!

星の数ほどあるラーメン店、どこが美味しいかは本当に人それぞれの好みに分かれます。

 

今回ご紹介するのは、海外進出も果たしている超有名店「博多一幸舎」です。

2つの羽釜でしっかり血抜きした大量の豚の頭、背骨、丸骨を骨が砕けるまで強火で炊き上げて、熟したスープに若いスープと骨を頻繁に入れ替えながら、味と旨みを凝縮させて仕上げたスープが特徴。

豚骨の脂と水が合わさる事で出来る、キメの細かい泡が本物の豚骨スープの証だと言います。

自社製麺工場を持ち、細麺でも小麦の香りやもっちり感を味わえる麺づくりにもこだわっています。

 

お店の味を極限まで再現したラーメンセットをお土産にいかがですか?

博多とんこつラーメンを食べた事がない方へも、博多とんこつラーメン好きな方へもおススメで安心の逸品です。

 

 

【グルメ】2. 博多もつ鍋(やまや)

 

 

博多での食事のお楽しみに、もつ鍋を選ぶ方も多いのではないでしょうか?

明太子で有名な「やまや」は、九州の郷土料理が美味しい事を全国の人に知って貰いたいとレストラン事業も展開しています。

 

中でも人気があるのが、全国に20店舗以上を展開する「博多もつ鍋やまや」です。

もつの中でも最も美味しいと言われる国産牛の小腸のみを贅沢に使用していて、口の中に広がるクリーミーな美味しさと、旨みと甘味、適度な歯ごたえにぷるぷるっとした食感を楽しむ事が出来ます。

 

味の決め手になるのは、絶品スープ!

「あごだし醤油味」は、長崎県産の焼きあごをベースにすっきりとした甘口に仕上げています。

また「こく味噌味」は、まろやかで上品な甘さの西京味噌と練りゴマを加えた深みのある味わいです。

 

お持ち帰りセットには、牛モツ、スープ、チャンポン麺、にんにく、唐辛子が入っています。

お好みでキャベツやニラをたっぷり足してぐつぐつ煮込めば、博多もつ鍋の出来上がりです!

 

博多駅マイングの店舗でも購入できますよ。

常温での持ち運びもOKなので、博多の味をぜひお土産にどうぞ!

 

 

【グルメ】3. 博多かしわの水炊き缶(内外実業)

 

 

最後にご紹介する博多の美味しい物は、福岡市民のソウルフードと言われている「かしわの水炊き」の缶詰です。

その前にかしわって何?という方も多いはず。

関西以西では聞きなれた言葉ですが、地鶏の羽が柏の葉っぱが紅葉した色に似ていたので、鶏肉をかしわと呼ばれるようになったのが由来。

博多区にある内外実業の「博多かしわの水炊き」の缶詰は、60年以上渡って愛され続けているロングセラー品です。

独自の製法でじっくりと作り上げた骨付き肉がゴロゴロ入った、コラーゲンたっぷりの濃厚スープです。

 

正統派の食べ方は、缶から鍋に移し、好みで骨付き肉も鍋に入れて、空になった缶で1杯から3杯の水を加えて煮立てせます。

この中に野菜、豆腐、鶏肉などお好みの具を入れて、煮あがったらポン酢、二杯酢などでいただきます。

野菜から水分が出るので、決して薄めすぎないようにして下さいね。

〆に卵を落とした雑炊を食べるのも忘れてはいけません。

 

スープストックとしての活用も大。

うどんのスープ、おでん、おじや、かしわご飯(炊きこみご飯)や九州名産のがめ煮(筑前煮)の出汁として使うと、濃厚スープのコクが加わって美味しさ倍増です。

6羽の鶏の絵もレトロで、歴史を感じさせる一品。

お料理好きな方へのお土産に喜ばれる事間違いなしですね。

 

 

【九州限定】1. ジャイアントプリッツ博多明太子(グリコ)

 

 

日本全国のご当地ジャンボプリッツの九州地区限定版は、辛子明太子を練りこんで焼き上げた明太子味!

そう、やっぱり明太子なんです。

小分けしやすい14袋入りなので、職場へのお土産にもおススメです。

 

普通のプリッツのつもりで噛むと驚くかも知れないほど硬めなのでご注意を。

明太子味の細かい赤い粉が振りかけられていて、これがリアル明太子のつぶつぶっぽくて美味。

 

もちろんピリ辛なので、お子様へはミッキーのパッケージが可愛いマヨネーズ仕立ての「ちっちゃなプリッツ明太子味」をどうぞ。

博多駅銘品蔵、福岡空港、キャナルシティTHe HAKATAのショップなどで購入できますよ!

 

 

【九州限定】2. カントリーマームあまおう(森永)

 

 

森永の大人気お菓子、カントリーマームからも、九州限定のフレーバーが登場しています。

甘酸っぱさが特徴のあまおう味です。

 

いちごのあまおうは福岡から誕生した品種で、高い糖度と程よい酸味が魅力。

サクッと軽いクッキー生地の中にはチョコチップが隠れています。

 

パッケージもさることながら、クッキー自体も淡いピンク色でとっても可愛いんです。

お土産として喜ばれること間違いなしです。

 

 

他にも高菜漬けなどのお漬物、イワシ明太子やサンマ明太子、明太子の皮で作った珍味に明太子味のおせんべいなど、喜ばれそうなお土産がいっぱいあります。

特に買いやすくておススメなのは、JR博多駅構内のデイトスにある「みやげもん市場」やマイングのマイング横丁などです。

試食もたくさん置かれているので、味見して納得して買えるのが嬉しいですね。

博多のうまかもん、見つけて下さいね!

 

▼関連記事

 

・  福岡の観光名所10選!福岡グルメから温泉まで楽しみつくす旅行スポットを厳選

・  福岡のお土産まとめ!明太子・ラーメン・スイーツまで博多駅と空港で買えるおすすめ土産10選


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(666)
北海道・東北(47)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(9)
  秋田(1)
  山形(4)
  福島(2)
関東(265)
  埼玉(9)
  千葉(15)
  東京(159)
  神奈川(59)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(6)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(90)
  長野(13)
  新潟(8)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(31)
  愛知(9)
  三重(7)
近畿(101)
  滋賀(7)
  京都(43)
  大阪(27)
  兵庫(15)
  奈良(6)
  和歌山(3)
中国・四国(41)
  鳥取(3)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(11)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(5)
  愛媛(2)
  高知(2)
九州・沖縄(81)
  福岡(15)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(12)
  宮崎(3)
  鹿児島(9)
  沖縄(23)

国外エリア一覧

東南アジア(28)
ヨーロッパ(84)
東アジア・中国・台湾(20)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(10)
オセアニア(11)
アフリカ(2)
北米(19)
中南米(8)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(607)
イベント情報(373)
ショッピング・買い物・お土産(513)
遊園地・テーマパーク(574)
ビジネス・出張(177)
ロケ地、舞台(189)
世界遺産(165)
乗り物・交通・アクセス(710)
宿・旅館・ホテル(202)
旅行準備(448)
歴史・豆知識(893)
温泉・スパ(169)
絶景(506)
聖地巡礼(31)
観光旅行(855)
食事・グルメ(584)
おすすめ/ランキング(748)
デート(673)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(435)
ツアー/旅程(246)
海水浴場・ビーチ・リゾート(69)
日帰り旅(27)
1泊2日(12)
寺院・神社・教会(49)
パワースポット(17)
ファミリー(85)
1人旅(90)
雨の日(19)
モデルコース(4)
メーカー/ブランド(5)

人気記事ランキング