logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 岐阜

合掌の里・日本の原風景、白川郷の見どころとは?周辺の観光スポットや郷土料理のおすすめグルメも





白川郷の観光のメインは合掌造りの集落です。
日本の原風景を残した、まるでジオラマのような情景は非常に有名で一度は行ってみたい所ではないでしょうか。

世界遺産にも登録いるだけあり見どころが沢山あるため、どこを見たらよいか迷われるかもしれません。

そこでこの記事ではぜひおすすめしたいスポットを厳選してご紹介します。
また周辺の観光スポットや白川郷ならでのグルメスポットもご案内しますので、どうぞ参考にしてください。

【目次】合掌の里・日本の原風景、白川郷の見どころを総解説!周辺の見どころや郷土料理のグルメスポットも

 

1ページ目 :

 

白川郷とは?

白川郷への行き方は?

白川郷の歴史について

合掌造り・世界遺産について

 

<白川郷の見どころ…荻町エリア>

1. 和田家(わだけ)

2. 明善寺庫裏(みょうぜんじくり)郷土館

3. 野外博物館合掌造り民家園

4. 城山展望台

5. どぶろくの館

6. おおた桜

7. せせらぎ歩道

8. 荻町のイベント

 

<荻町以外のエリア>

1. 旧・遠山家民族館

2. 御母衣(みぼろ)ダム

3. 白川郷平瀬温泉

 

2ページ目 :

 

<白川郷周辺の観光スポットは?>

1. 白山白川郷ホワイトロード

2. 天生(あもう)峠・天生湿原

3. 牧歌の里

 

<白川郷周辺のグルメスポットは?>

1. お食事処「いろり」

2. 貴太の庄(きたのしょう)

3. 蕎麦庄「やまこし」

4. 喫茶「落人(おちゅうど)」

白川郷は見どころがいっぱい!

 

白川郷とは?

 

白川郷 合掌造り

 

まず白川郷とはどこを指すかについて、本記事では 岐阜県 の白川村をそう呼ぶことにします。

もちろん、観光では世界遺産にも登録されている合掌造りの集落(荻町地区)がメインですが、白川村のその他地区にも観光スポットがありますので、それらもご紹介します。

その白川村は岐阜県の北西部のコーナーにあり、 富山県 石川県 に接していますが、ほとんどが険しい山地で、その中を庄川が五箇山の方へ流れています。

 

 


白川郷への行き方は?

 

白川郷 展望台
荻町集落遠望

 

白川郷には鉄道は通っていませんので、バスや自動車で行くことになりますが、合掌造りの荻町地区までのアクセスは次の通りです。

 

名古屋・関西など名神高速道路方面から

 

  • バスの場合、 名古屋 バスセンターから高速バスで約2時間50分
  • 車の場合、名神高速道路の一宮JCTから東海北陸自動車道の白川郷ICまで約1時間50分、そこから約10分

 

金沢・富山など北陸自動車道方面から

 

  1. バスの場合、 金沢 駅東口からバスで約1時間15分、富山駅バスターミナルから約1時間25分
  2. 車の場合、北陸自動車道の小矢部・砺波JCTから東海北陸道の白川郷ICまで約30分、そこから約10分

 

高山から

 

  • バスの場合、高山駅バスターミナルから約50分
  • 車の場合、高山清見道路の高山ICから東海北陸自動車道の白川郷ICまで約30分、そこから約10分

 

 

白川郷の歴史について

 

白川郷 
荻町地区の自然: じゃらん

 

昔から飛騨国の庄川の流域を白川郷と呼び、現在の白川村辺りを下白川、上流の荘川や清見の一部を上白川としていましたが、上白川は高山市に合併したこともあり、残った白川村を白川郷と呼ぶことが多くなっています。

この白川郷や富山県の五箇山などは険しい山地で、有数の豪雪地帯であり、昔は陸の孤島あるいは秘境とも呼ばれるエリアでした。

そのため、他地域との交流は限られ合掌造りを含めて独特の風習・伝統が守られてきました。

交通事情は庄川沿いに国道156号線が開通し、その後御母衣ダムの建設などもあり道路が整備されていきますが、本格的に便利になるのは東海北陸自動車道の開通後のことでした(2008年全線開通)。

 

 


合掌造り・世界遺産について

 

合掌造りとは?

 

白川郷 合掌造り
合掌造りの屋根裏: Wikipedia

 

合掌造りは、白川郷や五箇山独特のもので、この地方の風土と深く結びついています。

つまり、狭い土地に大家族で住み、養蚕などを屋内でできる、しかも豪雪に耐える家屋が必要とされました。

 

これらをクリアするのが合掌造りの大きな家で、1階で居住し、2階・3階では養蚕などの作業が行われたものです。

構造的には、屋根の骨格を形作る木材を上で交叉させ手を合わせる形にし、切妻屋根にして、茅を葺くものです。

 

世界遺産登録など文化財保存の動き

 

白川郷 合掌造り
合掌造りの屋根の葺き替え: Wikipedia

 

合掌造りについては、昭和に入ってから関心がもたれ、ドイツ人の建築家ブルーノ・タウトがこの地域に合ったものと称賛したこともあって注目されるようになりました。

 

一方では、離村などで放棄される合掌家屋も出るようになり、また庄川流域に作られるダムで水没する所も出てきました。

そのために、合掌造りを保存する運動が起り、合掌造りを移築し現・野外博物館民家園が作られたり、国の重要文化財に登録されるなどの動きが出てきました。

 

さらに1975年には荻町集落が国の重要伝統的建物群保存地区として認められ、そのうえ1995年には五箇山と共に「白川郷と五箇山の合掌造り集落」としてユネスコの世界遺産として登録されました。

なお、荻町の合掌家屋の多くが、現在も住民がそこで生活をしていることも特徴で、世界遺産の中でも数少ない登録例となっています。

 

 

<白川郷の見どころ…荻町エリア>

 

白川郷 合掌造り
雪の荻町集落: じゃらん

 

白川郷の中でも見どころが集中しているのが荻町エリアで、重要伝統的建物保存群や世界遺産に登録されている建物が立ち並んでいます。

合掌造りの建物は全部では100棟ほどありますが、程度の良いものが60棟世界遺産に登録され、五箇山を含めて最も大きい集落となっています。

また、世界遺産には登録されていない屋外博物館合掌造民家園などもこのエリアにありますので、これらも含めてご紹介します。

 

荻町の各スポットまでの所要時間などは、せせらぎ公園駐車場の隣にある「総合案内所であいの館」を起点としていますのでご承知ください。

なお、このエリアの観光案内で聞きたいことがあれば同案内所にお尋ねください(電話番号:05769-6-1005)。

 

 


1. 和田家(わだけ)

 

白川郷 和田家
和田家外観: じゃらん

 

和田家は代々白川郷の名主や番所の役人などを務め、また煙硝(火薬)や生糸を扱って栄えた旧家ですが、国の重要文化財にもなるなど、白川郷を代表する合掌家屋です。

 

白川郷 和田家
屋根裏の蚕部屋: じゃらん

 

その建物は間口は14間、奥行き7間と大きく、築後300年以上経っても保存状態が良い家屋です。

現在も住人が生活していますが、1階と2階が公開されています。

 

白川郷 和田家
囲炉裏: じゃらん

 

また、囲炉裏には年中火が入れられており、その周りでくつろぐこともできるのも魅力です。

 

和田家の観光情報

 

住所 :岐阜県大野郡白川村荻町997(荻町集落の北側です)

アクセス :総合案内所から徒歩約15分、白川郷バスターミナルから約4分

電話番号 :05769-6-1058

定休日 :不定休

営業時間 :9:00~17:00

料金 :大人300円 子供150円

 

 

2. 明善寺庫裏(みょうぜんじくり)郷土館

 

白川郷 明善寺
明善寺庫裏: Wikipedia

 

明善寺は真宗の古刹で、本堂・庫裏・鐘楼すべてが茅葺きであり、合掌造りの寺として知られています。

特に庫裏は1817年に建立された5層の合掌造りで、1階の客間には庭園に面した回廊が設けられ、2階は郷土館になっていて、地元の農耕具・養蚕の道具などが展示されています。

 

白川郷 明善寺
明善寺鐘楼門: Wikipedia

 

その他、鐘楼門は珍しい茅葺きの2層で、またイチイの大木は岐阜県の天然記念物となっているなど、見所が沢山あります。

 

明善寺庫裏郷土館の観光情報

 

住所 :岐阜県大野郡白川村荻町679

アクセス :総合案内所から徒歩約5分

電話番号 :05769-6-1009

定休日 :不定休

営業時間 :4月~11月は8:30~17:00、12月~3月は9:00~16:00

料金 :大人300円 子供100円

 

 


3. 野外博物館合掌造り民家園

 

白川郷 民家園
民家園の風景: Wikipedia

 

民家園は、荻町の合掌集落から吊橋を渡った所にある野外博物館で、人は住んでいない展示用の施設ですので、遠慮なく見ることができます。

作られた経緯は、合掌造りが失われることから守るために、白川村が合掌家屋などをこの地に移築したことからです。

1968年に3棟を移築したのが始めで、その後も増加し体験施設も加えて現在に至っていますが、施設の総数は26棟の合掌造りがあり、そのうち9棟は岐阜県の重要文化財となっています。

 

白川郷 民家園
合掌造りの模型の展示: じゃらん

 

建物の種類は、主屋の他に板倉(穀物倉庫)や稲架小屋・馬小屋・唐臼小屋などがあり、様々な用途で合掌造りが用いられてきたことが分かります。

なお、この民家園の建物は、重要伝統的建物群保存地区や世界遺産の対象とはなっていませんが、本物の合掌造りであることに違いはありません。

 

白川郷 民家園
展示館内部: じゃらん

 

各種展示の他、4月中旬から10月下旬までの期間限定で予約制ですが、わら細工・ひで細工(ヒノキの薄板を利用)・そば打ちの体験学習ができます。

 

野外博物館・合掌造り民家園の観光情報

 

住所 :岐阜県大野郡白川村荻町2499

アクセス :総合案内所から徒歩約3分

電話番号 :05769-6-1231

定休日 :4月~11月までは無休、12月~3月までは木曜日、ただし祝日の場合は翌日

営業時間 :3月~11月までは8:40~17:00、12月~2月までは9:00~16:00

料金 :大人600円 小人400円

 

 

4. 城山展望台

 

白川郷 展望台
展望台からの風景: じゃらん

 

荻町の合掌集落を高台から見下ろすことができる展望台が2つありますが、2つ併せて城山展望台と呼ぶこともあります。

どちらも昔の山城の跡地に隣接していますが、白川郷の代表的な絶景を堪能できる大人気のスポットです。

 

白川郷 展望台
ライトアップの風景: じゃらん

 

一つは「天守閣展望台」ですが、この土地は「お食事処・天守閣」の私有地となっている所で、ただし展望台は一般に開放されていますのでお楽しみください。

もう一つは「城跡展望台」で、こちらは公の施設ですが、木が眺めの邪魔になるという声も聞かれますし、天守閣展望台のほうが無難かもしれません。

なお、こちらは冬季は閉鎖されます。

 

展望台までのアクセスは、雪のないときには徒歩で行くこともでき、総合案内所からは約30分、麓のバスターミナルから約20分となっているため、ハイキングとして楽しむのもオススメです。

 

白川郷 展望台
天守閣展望台付近: じゃらん

 

次にシャトルバス(白山タクシーが運行)で展望台に行く場合、和田家前にある白水園の南側から出発し、天守閣展望台近くに到着します。

時間帯は9時から16時まで、行き帰り共20分間隔で運行され、料金は片道中学生以上200円です。

 

次に車で行く場合、国道360号線で約1kmの所から右に入り展望台に進み、「天守閣」の駐車場を利用することもできますが、隣接する公営の無料駐車場も台数は少ないですが利用できます。

毎年1月から2月の週末などに荻町集落のライトアップが行われ、この展望台からの眺めや写真撮影が大人気です。

雪の危険性もありますので、そのときの交通は所定のシャトルバスのみとなり、人数も制限されます。

 

天守閣展望台の観光情報

 

住所 :岐阜県大野郡白川村大字荻町889(食事処天守閣)

アクセス :記事中に記載

電話番号 :05769-6-1728(食事処天守閣)

 

 


5. どぶろくの館

 

白川郷 どぶろく祭り
白川八幡神社: Wikipedia

 

白川郷では毎年秋に五穀豊穣や家内安全を願って「どぶろく祭り」が行われます。

どぶろくは伝統の製法により1月に各神社の酒蔵で仕込まれ、秋に神に供えられますが、お祭りの日には御神幸や獅子舞・民謡などが催されたうえ、一般にもどぶろくが振る舞われ、大変賑わいます。

 

それが行われる神社の一つが白川八幡神社で、その境内には常設の「どぶろくの館」があり、お祭りの模様が展示されていますので、独特のお祭りの様子をご覧ください。

 

白川郷 どぶろく祭り
どぶろくの館内部: じゃらん

 

なお、入館者には赤盃1杯のどぶろくが振る舞われます。

白川八幡神社のどぶろく祭りは2017年には10月14・15日に行われ、その他鳩谷八幡神社・飯島八幡神社も続いて行われましたが、2018年以降は現地(総合案内所など)にご確認ください。

 

どぶろくの館の観光情報

 

住所 :岐阜県大野郡白川村荻町 559

アクセス :総合案内所から徒歩約5分

電話番号 :05769-6-1655

定休日 :10月13日~16日、12月~3月

営業時間 :9:00~17:00

料金 :大人300円 小人100円

 

 

6. おおた桜

 

白川郷 おおた桜
おおた桜: Wikipedia

 

荻町の中央部にある本覚寺の境内にある1本桜ですが、珍しい八重咲きの桜で岐阜県の天然記念物に指定され、飛騨・美濃さくら三十三選にもなっています。

この桜は樹齢が200年以上で、花弁は90枚以上もある大型の八重桜で、もともと塩釜桜といわれてきましたが、1969年に桜などの植物の研究と写生をする太田洋愛が疑問に思い、専門家に鑑定を依頼しました。

 

白川郷 おおた桜
本覚寺入り口: じゃらん

 

その結果、新種であることが判明し、太田洋愛の名前から「オオタザク」と名付けられた珍種中の珍種です。

なお、本覚寺境内にはもう1本樹齢100年のおおた桜があります。

開花時期は例年5月中旬です。

 

おおた桜の観光情報

 

住所 :岐阜県大野郡白川村荻町813

アクセス :総合案内所から徒歩約5分

電話番号 :05769-6-1311 (白川村観光振興課)

拝観時間:自由

拝観料:無料

 

 

7. せせらぎ歩道

 

白川郷 であい橋
であい橋: じゃらん

 

荻町エリアは庄川を挟んで東側に荻町集落があり、西側にせせらぎ公園駐車場や合掌造民家園などがありますが、2つの吊橋で両岸を周遊できる遊歩道があり、「せせらぎ歩道」と呼ばれます。

上流側の橋は「であい橋」というロマンチックな名前で、長さが107mのコンクリート製吊橋で、「総合案内所であいの館」の近くにあります。

また、下流側の橋は手掘りの岩穴トンネルとつながっており、この辺りも趣のある景色となっています。

 

 

8. 荻町のイベント

 

荻町地区のオススメのイベントをご紹介しますので、旅行の時期などの参考にしてください。

なお、どぶろく祭りは前記「どぶろくの館」をご覧ください。

 

荻町集落のライトアップ

 

白川郷 ライトアップ
ライトアップされた合掌造り: じゃらん

 

雪の世界に合掌造りが浮かびあがる白川郷の冬の風物詩として大人気のイベントです。

期間は1月から2月の週末の4回程度しかありませんので、出掛ける場合は事前に日程など現地にご確認ください。

 

なお、2018年の実施日は1月21日(日)・1月28日(日)・2月4日(日)・2月12日(月)で、時間帯は17:30~19:30でした。

 

ライトアップされるときには集落内を散策することができる他、城山展望台から眺めるのも大変な人気ですが、雪もあり危険防止のため、シャトルバス以外での往来は禁止されています。

また、シャトルバスの整理券は村内の宿泊者を優先し、人数制限がある他、駐車場などの制約がありますので、詳しくは白川郷観光協会(電話番号:05769-6-1013)にお尋ねください。

 

合掌造民家園のライトアップ

 

 

合掌造民家園については前にご紹介しましたが、同園でもライトアップが行われます。

2018年以降の日程は同園(電話番号:.05769-6-1231)にお尋ねください。

 

一斉放水

 

白川郷 一斉放水
一斉放水の風景: じゃらん

 

合掌作りの家屋は茅葺きのため、防火対策が大変重要で、そのため集落内に約60の放水銃を設置しており、毎年10月下旬から11月上旬に放水訓練を実施しています。

合掌造りの屋根と放水が多数立ち上る光景は、観光の対象としても人気です。

 

もちろん、城山展望台ではカメラで狙う人が大勢集まってきます。

なお、2017年は10月29日に行われましたが、2018年以降については、白川村役場(電話番号:05769-6-1311)にお尋ねください。

 

 

<荻町以外のエリア>

 

1. 旧・遠山家民族館

 

白川郷 遠山家
旧・遠山家民俗館: Wikipedia

 

旧・遠山家住宅は、荻町の和田家住宅と共に国の重要文化財に登録される、白川郷を代表する合掌造りの家屋です。

荻町と離れた御母衣エリアにあるため、世界遺産には入っていませんが、4層建ての大きく立派な住宅で、ブルーノ・タウトや柳田国男なども訪ねており、合掌造りを世に紹介するきっかけとなったとも言われています。

 

主屋は1827年に建築され、1階には10もの部屋があり多いときは数十人が暮らしており、2階から4階は養蚕、階下では煙硝作りが行われていました。

 

白川郷 遠山家
屋根裏の作業場: じゃらん

 

1968年まで遠山家の人が住んでいましたが、その後白川村に移管され、白川村の生活に関する資料が展示される民俗館となっています。

また、いろり端で郷土食を頂くこともできます。

 

旧・遠山家民俗館の観光情報

 

住所 :岐阜県大野郡白川村御母衣125

アクセス :荻町地区から国道156号線を車で約15分

電話番号 :05769-5-2062

定休日 :水曜日ただし祝日の場合は前日、年末年始

営業時間 :10:00~16:00

料金 :大人300円 小人150円

 

 

2. 御母衣(みぼろ)ダム

 

白川郷 御母衣ダム
御母衣ダムのサイト: Wikipedia

 

御母衣ダムは、電源開発のために庄川を堰き止めて作ったダム湖です。

完成は1960年ですが、その工法は石と粘土で固めたロックフィル式で、高さが131m、幅が405mもあり、当時は東洋一の規模でした。

その様子はダムの下部にあるサイドパークから見ることができ、また「御母衣電力館」には建設の模様などが展示されています。

 

白川郷 荘川桜
荘川桜: Wikipedia

 

ダムは白川村から荘川村(現・高山市)にかかりますが、合掌造りを含む住宅の水没に対する反対運動や、荘川桜と呼ばれる巨木の移植などを伴いながら実行されたものです。

庄川桜は国道沿いの湖畔にあります。

 

御母衣ダムの観光情報

 

住所 :岐阜県大野郡白川村大字牧140-1 (ダムサイドパーク電力館・荘川桜記念館)

アクセス :荻町地区から車で約40分、東海北陸自動車道の庄川ICから約15分

電話番号 :05769-5-2012

定休日 :水曜日ただしゴールデンウィーク・夏休み・紅葉期間は無休、冬季(12月16日~3月14日)は閉鎖

営業時間 :9:00~16:00

料金 :無料

 

 

3. 白川郷平瀬温泉

 

白川郷 白山荘
合掌造りの白山荘: じゃらん

 

白川郷平瀬温泉は、荻町エリアから車で15分ほどの国道156号線沿いにあり、民宿が2軒、旅館が8軒、日帰り温泉が2軒あります。

その中で、唯一合掌造りの温泉宿の「白山荘」(上の写真)などを利用してはいかがでしょうか。

源泉は白山中腹から93℃もあるものを引き、掛け流しで利用でき、部屋数は4室だけですので、貸切に近い感じで滞在できます。

 

宿泊料は1人1泊2食付きで8,300円(税別)からです。

また、足湯を一般にも開放していますので、お立ち寄りもオススメです。

 

白山荘の観光情報

 

住所 :岐阜県大野郡白川村平瀬87

アクセス :荻町地区から車で約15分

電話番号 :05769-5-2114


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(303)
北海道・東北(29)
  北海道(18)
  宮城(6)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(100)
  千葉(7)
  埼玉(5)
  山梨(4)
  東京(52)
  栃木(4)
  神奈川(23)
  群馬(3)
  茨城(2)
甲信越・北陸・東海(45)
  三重(3)
  富山(2)
  岐阜(3)
  愛知(6)
  新潟(4)
  石川(5)
  福井(1)
  長野(7)
  静岡(13)
近畿(48)
  京都(13)
  兵庫(12)
  和歌山(1)
  大阪(15)
  奈良(4)
  滋賀(3)
中国・四国(23)
  山口(2)
  岡山(5)
  島根(2)
  広島(7)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(3)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(39)
  大分(5)
  宮崎(1)
  沖縄(13)
  熊本(5)
  福岡(6)
  長崎(4)
  鹿児島(5)

国外エリア一覧

東南アジア(14)
ヨーロッパ(32)
東アジア・中国・台湾(10)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(4)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(6)
アフリカ(2)
北米(9)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(269)
イベント情報(249)
ショッピング・買い物・お土産(286)
シーン別(377)
ビジネス・出張(147)
ロケ地、舞台(150)
世界遺産(86)
乗り物・交通・アクセス(353)
宿・旅館・ホテル(132)
旅行準備(332)
歴史・豆知識(396)
温泉・スパ(109)
絶景(259)
聖地巡礼(28)
観光旅行(412)
言語・役立ちフレーズ(26)
食事・グルメ(336)
ランキング(298)
デート(322)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(213)
ツアー/旅程(114)
海水浴場・ビーチ・リゾート(37)

人気記事ランキング