logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 石川

石川の観光地10選





石川県の観光名所というと、真っ先に挙げられるのが金沢ではないでしょうか。

金沢が素晴らしいのは言うまでもないですが、石川県にはその他にもぜひ訪れてほしい観光スポットがたくさんあります!

今回は、能登、金沢、白山、加賀の各エリアごとにおすすめ観光地を10選ピックアップしました。
魅力あふれる石川県を、一緒に探っていきましょう!

◎石川県ってどんなところ?

 

sea

 

石川県は本州の真ん中、北陸地方の日本海側に位置する県です。

県人口は約115万人で、最も人口の多い金沢は北陸経済の中心地といわれています。

 

石川県と聞いて、金沢の城下町を思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

石川県は江戸時代、加賀藩のもと学問や文芸が奨励されたことから、城下町の金沢を中心に加賀の伝統文化が花開いた場所でもあります。

その名残は現代にもしっかりと残っていて、金沢は江戸時代の文明の足跡を辿れる日本随一の観光スポットとなっています。

 

そんな石川県ですが、もちろん金沢以外にも訪れたい観光スポットがたくさんあります!

石川県は大きく分けて、

 

・能登

・金沢

・白山

・加賀

 

の4つのエリアに分けることができ、エリアごとの特色もさまざま。

日本海に囲まれた能登から温泉地として人気の高い加賀まで、絶景、歴史、温泉、グルメと盛りだくさんに楽しむことができます。

 

知らないままはもったいない!

今回はそんな石川県の魅力を、エリアごとに10選ご紹介したいと思います。

 

 

◎能登エリア

 

能登半島とも呼ばれる能登エリアは、日本海に囲まれた自然豊かな場所。

自然の中に息づく神秘的な風景を、五感で楽しみましょう。

 


1.白米の千枚田(しろよねのせんまいだ)

 

senmai1

 

能登半島にある高洲山の裾野から海に向かって広がる広大な棚田です。

その大きさは約1.2ヘクタール。すこしイメージしにくいですが、坪数に換算して12,100坪。

50坪の土地でそこそこ大きい家が建つと考えると、相当広いことが分かります。

 

senmai2

 

「千枚」という名前が入っている通り、約1004枚分の田んぼが幾何学状に重なっています。

段々になっているのは、限られた土地でより多くのお米が収穫できるようにという先人の知恵。

棚田は耕運機が入りずらく使うことができないため、毎年田植えや収穫は地元の人々やボランティアで集まった人々を中心に、すべて人の手で行われています。

 

senmai

 

千枚田の先には青い日本海が広がり、天気の良い日は雄大な絶景を楽しむことができます。

一年中いつでも訪れることができますが、田植えから収穫までの4月~9月頃がおすすめ。

また、毎年10月には千枚田を約2万個のLEDライトで彩るイルミネーション「あぜのきらめき」が催され、収穫後にも楽しむことができます。

 

【白米の千枚田】

 

住所:〒928-0256 石川県 輪島市 白米町

電話番号:0768-23-1146(輪島市観光課)

公式URL: http://senmaida.wajima-kankou.jp/

アクセス:

①金沢駅より輪島特急バスで約120分、「輪島駅前」下車(乗り換え)
②下車した場所から北鉄奥能登バス「町野線」に乗車、「白米」下車

 

 

2.禄剛崎(ろっこうざき)

 

禄剛崎は、日本海に浮かぶ能登半島の最北端に位置する岬です。

岬には明治16年(1883年)に初点灯した禄剛埼灯台がそびえ立ちます。

 

 

白いドーム型の禄剛灯台は文化的・歴史的な価値の高さからAランクの「保存灯台」に指定され、また「日本の灯台50選」にも選ばれたこともある有名な灯台。

モダンな石造りのデザインを担当したのは、当時日本では珍しかったイギリス人技師のリチャード・ブラントン氏で、建築はすべて日本人技術者の手で行われました。

ヨーロッパのデザインと日本の技術力がうまく組み合わさった灯台は、一見の価値あり。

 

その他にも禄剛崎は海岸線に沿った約11kmに及ぶ「岬自然歩道」や、岬からその昔狼煙(のろし)をあげたといわれる「狼煙海岸」など、岬全体を楽しめるスポットがたくさんあります!

岬の絶壁から見える日本海に沈む夕日はまさに絶景です。

 

 

能登半島の最果て感が味わえるこんな立て札も。

 

【禄剛崎】

 

住所:〒927-1441 石川県 珠洲市 狼煙町

電話番号:0768-82-7776(珠洲市観光交流課)

公式URL: http://www.city.suzu.lg.jp/kankounavi/

アクセス:

能登空港より車で70分
北鉄奥能登バス 木の浦線バス停「狼煙」徒歩10分

 

 


3.輪島朝市(わじまあさいち)

 

 

能登に来たらはずせないのが「輪島朝市」です。

輪島市で朝8時~正午まで開かれるこの朝市は、「朝市通り」と呼ばれる約360mの通りになんと200店以上もの露店が所狭しと軒をつらねます。

露店で売られているのは日本海でとれた新鮮な魚介や、奥能登の地で育まれた野菜、加工食品や民芸品、さらには衣料雑貨品などバラエティーも豊富。

 

 

輪島朝市が生まれたのは平安時代といわれ、実に1000年以上の歴史を誇っています。

そして他の朝市と違うのは、露店を運営しているのはすべて女性だということ。

漁師町の女性や農家の女性が元気よく働くその姿は「亭主の一人や二人養えない女は甲斐性なし」と自負する能登の強くて人情味あふれる女性の姿を体現しています。

 

 

wajima

 

ちなみに、輪島朝市で売られているものは値札がついていないものも多いんだとか。

交渉次第でお得にお買い物ができるかも?

 

【輪島朝市】

 

住所:〒928-0001 石川県 輪島市 河井町朝市通り

電話番号:0768-22-7653(午前中のみ)

公式URL: http://asaichi.info/

時間:午前8時~正午

定休日:

毎月第2、第4水曜日と1月1日~1月3日
臨時休業あり

アクセス:

①のと鉄道穴水駅から能登中央バスで30分
②終点下車で徒歩10分

 

◎金沢エリア

 

金沢エリアは、江戸時代に加賀藩の歴代藩主をつとめた前田家のもと「加賀百万石の城下町」として日本の伝統文化が栄えた場所です。

ちなみに「百万石」とは、100万人の藩士を一年間食べさせることができるほど豊かな力があった、という意味なんだとか。

そんな城下町の風情が息づく金沢エリアのおすすめ観光スポットを見ていきましょう!

 

また 金沢の観光スポットに関してはこちら の記事もご参照下さい!

 

 


4.兼六園(けんろくえん)

 

kenrokuen

 

金沢でまず訪れたいのが「兼六園」。

水戸の偕楽園、岡山の後楽園と並ぶ「日本三大庭園」のひとつです。

延宝4年(1676年)に加賀藩の4代目藩主であった前田綱紀のもと、金沢城の外郭に造られたのがはじまりといわれています。

現在の形になったのは万延元年(1860年)、13代目藩主前田斉泰のときなんだとか。

兼六園がいかに長い歴史を持っているかがわかりますね。

 

kenrokuen

 

約11.7ヘクタールある広大な園内には徽軫灯篭(ことじとうろう)と呼ばれる兼六園を代表する灯篭や、毎年春に見事な花を咲かせる兼六園菊桜、冬に雪の塔をつくりだす唐崎松の雪吊など、丁寧に手入れされた庭園の美を体感することができます。

オールシーズン楽しめる観光スポットです。

 

【兼六園】

 

住所:〒920-0936 石川県金沢市兼六町1番4号

電話番号:076-234-3800

公式URL: http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/japanese/top.html

営業時間:

7:00〜18:00(10/16〜2月末日までは8:00〜17:00)

料金:

大人 310円
6歳以上18歳未満 100円 (要事前申込)
5歳以下・65歳以上 無料 (要証明書)
ガイド料  1,500円

アクセス:

①金沢駅前バス乗り場の東口3番、西口5番で乗車(約13分)
②「兼六園下・金沢城」バス停下車後、徒歩2分

 

 

5.ひがし茶屋街

 

chaya

 

城下町の風情を味わうなら絶対にはずせないのが「ひがし茶屋街」。

格子が外壁から突出した「出格子(でごうし)」と呼ばれる町屋が続く茶屋街を歩くと、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような気分になります。

平成13年(2001年)に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されて以降、その町並みを保存しようとする動きが続いています。

 

蕎麦や寿司などのごはん屋さんも営業しているので、ここでランチなんていうのも良いですね。

ちなみに、食べ歩きは禁止だそう。

100mほどのメインストリートには、雑貨や伝統工芸品などのお店の他に芸子さんが在籍する茶屋もあります。

日が暮れた頃には、芸子さんの三味線の音が聞こえてくるかも?

 

chaya

 

ひがし茶屋街の対岸には、主計町(かずえまち)茶屋街があります。

ひがし茶屋街よりはこじんまりとしていますが、浅野川大橋を渡るだけで行けてしまうので、もっと情緒を味わいたい人はこちらもおすすめ。

 

【ひがし茶屋街】

 

場所:〒920-0831 石川県金沢市東山

電話番号:076-232-5555

公式URL: http://www.hot-ishikawa.jp/

アクセス:北鉄バス・西日本JRバス「橋場町」下車、徒歩10分

 

 


6.金沢21世紀美術館

 

 

金沢21世紀美術館は、2004年10月9日にオープンした現代アートの美術館です。

円形のユニークなデザインの館内は、有料の展覧会ゾーンと無料の交流ゾーンに分かれています。

目で見るだけでなく五感で「体感」できるアートが数多く設置されていて、既成概念にとらわれない新しい美術作品を楽しむことができます。

 

pool1
Photo credit: ajari via Visualhunt / CC BY

 

 

特に人気なのがアルゼンチン生まれの芸術家、レルアンドロ・エルリッヒの作品である「スイミング・プール」です。

青一色に塗られた空間にかぶせられたガラスを通すと、まるで水中にもぐっているかのように錯覚するという不思議な作品。

館内からも、館外からも楽しめるアートです。

 

金沢市の中央に位置するこの美術館は、「まちに開かれた公園のような美術館」をコンセプトに建設されました。

そのコンセプト通り、誰でもいつでも立ち寄ることができる人々の憩いの場所として愛されています。

 

【金沢21世紀美術館】

 

住所:〒920-8509 石川県 金沢市 広坂1丁目2-1

電話番号:076-220-2800

公式URL: https://www.kanazawa21.jp/

営業時間:

10時00分~18時00分(展覧会ゾーン)
9時00分~22時00分(交流ゾーン)

定休日:

月曜日、年末年始(展覧会ゾーン)
年末年始(交流ゾーン)

アクセス:

①JR金沢駅東口バスターミナルより東口7〜10番、西口5番乗り場より、バス
②「香林坊(アトリオ前)」下車、徒歩約5分

 

 

◎白山(はくさん)エリア

 

石川県白山市から岐阜県大野郡白川村にかけてそびえ立つ白山は、富士山、立山と並ぶ日本三大名山のひとつ。

その白山を中心としたエリアでは、豊かで壮大な自然に身をゆだねるのがおすすめ。

絶景の数々に、心が洗われます。

 

 


7.姥ヶ滝(うばがたき)

 

taki

 

石川県の白山と岐阜県の白川郷をつなぐ有料山岳道路である白山白川郷ホワイトロード。

そこにある親谷の湯という露天風呂の向かい側に見えるのが「姥ヶ滝」です。

高さ約76m、幅100mという巨大な滝は、まるで老婆が白髪を振り乱しているように見えるとしてこの名が付けられました。

滝の下まで山岳道路が整備されているので、間近でその迫力を体験することができます。

 

姥ヶ滝の周辺には親谷の湯の他に足湯も設置されていて、山歩きで疲れた体を癒してくれるのが嬉しい。

白山白川郷ホワイトロードには他にもふくべの滝などさまざまな滝があり、全国から「滝マニア」が集まってくるのだとか。

平成2年(1990年)に「日本の滝百選」に選ばれました。

 

【姥ヶ滝】

 

住所:〒920-2324 石川県 白山市 中宮オの部9-2-1番地

電話番号:076-256-7341

公式URL: http://www.hot-ishikawa.jp/

営業期間:毎年6月上旬~11月10日(変更有り)

アクセス:

白山白川郷ホワイトロード内につき、自家用車利用(定期バス無し) 
白山ICから車で90分

 

8.手取渓谷(てどりきょうこく)

 

 

白山市を流れ日本海にそそぐ手取川を中心とした渓谷「手取川渓谷」では、約8kmにわたり深い緑が続いています。

手取川をはさむように約20m~30mの絶壁がつらなっていて、河には大小さまざまなユニークな形の岩が転がっています。

黄門橋や不老橋といった橋から見る渓谷の眺めは絶景との呼び声も高く、特に紅葉シーズンは渓谷の木々が赤く染まり息をのむ美しさなんだとか。

 

keikoku

 

実際に下まで降りることもできるので、歩きやすい靴で来るのがベスト。

毎年夏に開かれる「手取川ウォーターパーク」では、ラフティングを楽しむことができます。

 

【手取渓谷】

 

住所:〒920-2341 石川県 白山市 釜清水町~河原山町地内

電話番号:076-254-2011

公式URL: http://www.hot-ishikawa.jp/

アクセス:JR金沢駅より北鉄バス白峰行きで黄門橋バス停下車

 

◎加賀エリア

 

加賀エリアは、石川県随一の温泉郷として知られています。

また同時に、山中漆器や九谷焼など石川県の伝統工芸品が生まれたのもこのエリアだといわれています。

温泉で旅の疲れを癒しながら、加賀の歴史を感じましょう。

 

 

9.加賀温泉郷(かがおんせんきょう)

 

onsen

 

加賀温泉郷とは、山代温泉、山中温泉、あわづ温泉、片山津温泉という4つの温泉を総称したものです。

白山の恵みのもと生まれた4つの温泉地は、半径8kmの小さなエリアに集合しています。

開湯は約1300年前といわれ、10世紀以上にわたり多くに人々に愛されてきました。

特に松尾芭蕉や与謝野晶子など、詩文や書家に優れた文人墨客が多く訪れたといわれています。

 

onsen

 

4つの温泉は、効能もさまざま。

 

・山代温泉

かつて魯山人も訪れたという山代温泉。

「長寿の湯」といわれています。

 

・山中温泉

松尾芭蕉が足しげく通ったといわれる山中温泉。

「癒しの湯」として、地元の人々にも親しまれています。

 

・あわづ温泉

無色透明で肌に優しく、「美肌の湯」として知られています。

北陸地方で最も古い温泉なんだとか。

 

・片山津温泉

湖底から湧き出る片山津温泉は、湖を眺めながら入湯できる貴重な温泉。

「疲労回復の湯」として多く人々の疲れを癒しています。

 

それぞれの温泉地には魅力的な温泉宿が軒をつらね、どこに泊まろうか迷ってしまうくらい。

じっくりと宿選びをしたいエリアです。

 

【加賀温泉郷】

 

電話番号:

0761-65-1834(粟津温泉観光協会)
0761-74-1123(片山津温泉観光協会)
0761-77-1144(山代温泉観光協会)
0761-78-0330(山中温泉協会)

アクセス:

北陸新幹線(かがやき)にてJR加賀温泉駅
加賀市内には「加賀ゆのさと特急」「永平寺おでかけ号」などのバスも走行

公式URL: http://www.kaga410.com/

 

 

10.加賀伝統工芸村 ゆのくにの森

 

 

石川県の伝統を見て体験するなら、加賀伝統工芸村がおすすめ。

約13万坪の敷地内すべてが石川県の伝統工芸をモチーフにしたテーマパークになっています。

 

100年以上前に建てられたかやぶき屋根の古民家群がそのまま残っていて、古き良き日本の原風景を楽しみながら散策できます。

伝統工芸品を見るだけでなく、11の館で50種類以上の伝統工芸体験ができるのも魅力的。

石川県の伝統をより身近に感じることができます。

 

momiji

 

四季折々で表情を変える自然の中でたっぷりと石川県の魅力に浸る。

そんな体験はいかがでしょうか。

 

【加賀伝統工芸村 ゆのくにの森】

 

住所:〒923-0393 石川県 小松市 粟津温泉ナ-3-3

電話場号:0761-65-3456

公式URL: http://yunokuni.jp/mori/

営業時間:

9時00分~16時30分(GW・夏季期間は9時00分~17時00分)

定休日:年中無休(臨時休業あり)

料金:

入館料大人540円、中学生・高校生440円、小人(4歳以上)330円
体験は1080円から

アクセス:

JR加賀温泉駅より車で約20分
北陸自動車道加賀ICより車で約25分

 

 

10選におさまらない石川県の魅力

 

shiro

 

石川のおすすめ観光スポット10選をご紹介しました。

今回なんとか10選におさめたものの、紹介しきれなかった魅力的な名所が、石川県にはまだまだあります。

知れば知る程興味をそそられる場所といえるかもしれません。

メディアや旅行ガイドに載っていない自分だけの穴場を見つけるのもまた楽しいでしょう。

 

自然が豊かな石川県は、訪れる時期によって姿を変えます。

人間の手によって築き上げられた伝統と、自然によって生まれた濃厚な風景。

その2つが絶妙に混ざり合うのが石川県の魅力のひとつといえるかもしれませんね。

 

読んで頂きありがとうございました!


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(177)
北海道・東北(18)
  北海道(9)
  宮城(4)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(49)
  千葉(5)
  埼玉(3)
  山梨(3)
  東京(21)
  栃木(1)
  神奈川(13)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(24)
  三重(2)
  富山(1)
  愛知(4)
  新潟(3)
  石川(2)
  福井(1)
  長野(5)
  静岡(6)
近畿(32)
  京都(9)
  兵庫(8)
  和歌山(1)
  大阪(11)
  奈良(1)
  滋賀(2)
中国・四国(14)
  山口(2)
  岡山(3)
  島根(1)
  広島(3)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(24)
  大分(1)
  宮崎(1)
  沖縄(10)
  熊本(2)
  福岡(5)
  長崎(3)
  鹿児島(2)

国外エリア一覧

東南アジア(14)
ヨーロッパ(15)
東アジア・中国・台湾(8)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(6)
オセアニア(4)
アフリカ(1)
北米(5)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(125)
イベント情報(136)
ショッピング・買い物・お土産(138)
シーン別(197)
ビジネス・出張(93)
マナー(53)
ロケ地、舞台(87)
世界遺産(43)
乗り物・交通・アクセス(193)
宿・旅館・ホテル(89)
旅行準備(171)
歴史・豆知識(219)
温泉・スパ(74)
絶景(151)
聖地巡礼(17)
観光旅行(239)
言語・役立ちフレーズ(9)
食事・グルメ(186)
ランキング(106)
デート(145)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(93)
ツアー/旅程(10)
海水浴場・ビーチ・リゾート(14)

人気記事ランキング