logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 長崎

長崎のおすすめ温泉9選!人気の温泉宿や日帰り温泉もまとめてご紹介





普段の仕事や勉強の疲れを癒したい方におすすめなのが「温泉」。

九州・長崎県には、一度行くとまた行きたくなるような個性豊かな温泉が多いのが特徴です。
また、かつて外国人の保養所としても栄えたこともあってか、おもてなしの心が溢れる宿が多いのも魅力の一つ。

本記事では、そんな心も身体も癒される長崎県の温泉を長崎で生まれ育った筆者がご紹介します。
長崎ならではの温泉をはじめ、長崎市から日帰りで行けるお手軽な温泉や旅館も合わせて取り上げます。

長崎観光や旅行の際の参考にしてみてください♪

緊急事態宣言の発令、及び新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけになられる前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】長崎のおすすめ温泉9選!人気の温泉宿や日帰り温泉もまとめてご紹介

 

 <長崎県・雲仙市のおすすめ温泉>

1. 雲仙温泉

2. 小浜温泉

<長崎県・島原市のおすすめ温泉>

1. 島原温泉

2. 口之津温泉

<長崎県・平戸市のおすすめの温泉>

1. 平戸温泉

2. 平戸千里ヶ浜温泉

<長崎県・佐世保市のおすすめ温泉>

1. ハウステンボス天然温泉

2. 西海橋温泉

<長崎県・長崎市のおすすめ温泉>

稲佐山温泉

長崎の景色を眺めながら、温泉でのんびりした時間を過ごそう♪

 

 

 <長崎県・雲仙市のおすすめ温泉>

 

長崎県の中でも、「温泉といえば…」で最初に思い浮かぶのが「雲仙」です。

雲仙は、長崎市から車でおよそ1時間半の距離に位置し、言わずと知れた温泉の名所。

ここでは、長崎県・雲仙市の温泉とおすすめの宿を紹介していきます。

 

1. 雲仙温泉

 

雲仙温泉 長崎

 

「九州の軽井沢」と呼ばれる温泉リゾート地に位置するのが、およそ350年もの歴史を誇る「雲仙温泉」です。

別名「雲仙地獄」とも言われ、およそ30あまりの地獄(穴)から噴き出す煙と硫黄の香りは、温泉地に来た実感が湧きます。

地の底からあふれ出す熱気は、まさに地獄そのもの。

 

この地獄とも言われる湯けむりは、雲仙温泉の目の前にある「橘湾にあるマグマ溜り」とされています。

マグマ溜りから発生したガスが化学反応によって熱湯に代わり、熱湯が沸騰することでできたガスが、この地獄温泉の噴気となって現れているんだそうです。

 

雲仙温泉の泉質は、強酸性の硫酸系。

湧き上がる地獄部分の温度はおよそ120℃にものぼり、「炭酸ガス」や「硫黄水素ガス」を含みます。

硫黄には外的損傷に効く殺菌効果が期待できるため、「しもやけ」や「湿疹」など皮膚病全般に効果的と言われています。

 

雲仙温泉のおすすめ宿は「青雲荘」

 

 

雲仙温泉から車でおよそ20分の位置にある「青雲荘」は、小地獄から湧き出る乳白色の源泉かけ流し露天風呂を堪能することができます。

傾斜地を活かして作られた露天風呂は、外から見ると宙に浮いたように見える外観。

日差しをしっかりと浴びながら、目の前にある森林からはせせらぎを聴くことができるリラックス効果抜群の温泉です。

 

 

青雲荘には、これらの露天風呂の他にも、歩いて5分の位置に小地獄温泉館があります。

歴史深い趣の館は1731年に開かれ、かつては吉田松陰も訪れたとされる、温泉マニアにはたまらない名湯です。

古びているものの、当時の面影を残す木造建築はタイムスリップしたような感覚を味わえます。

 

 

その他、夕食には長崎和牛を使った陶板焼きや、新鮮な魚介類を使ったメニューを思う存分楽しむことができるんです。

地産地消をモットーに、長崎の風土を感じれる山海の幸を余すことなく堪能してくださいね。

 

青雲荘

 

 

住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙500‐1

アクセス:長崎自動車道、諫早ICより国道34及び57号雲仙方面へ約50分

電話番号:0957‐73‐3273

予算:約13,000円~(大人1名)

温泉:雲仙温泉

その他:駐車場あり(有料)

予約サイト:  じゃらん

 

2. 小浜温泉

 

小浜温泉

 

小浜温泉は、雲仙市内にある温泉地の一つで、放熱量は日本一と言われる今アツいスポットです。

橘湾を目の前に臨む海辺の温泉街は、天気の良い日は長崎半島を一望することができます。

また、周辺には数多くの旅館や宿が立ち並び、毎日多くの観光客で賑わいを見せます。

長崎の町の特徴でもある傾斜地と、海辺という立地を活かして建てられた小浜温泉の旅館は、どこに宿泊しても絶景を楽めるのが魅力です。

 

2010年には、小浜マリンパーク内に日本一の長さを誇る足湯「ほっとふっと105」ができ、ドライブの休憩や温泉の合間の休憩としても親しまれるように。

この足湯も橘湾を一望でき、足を温めながら見る沈む夕日は格別です。

 

また、小浜温泉は別名「子宝温泉」とも言われており、国民保養温泉にも指定されています。

この日本一の放熱量を活かして作られた温泉卵や蒸し料理も、小浜温泉ならではの人気料理です。

その他にも、およそ30箇所から湧き出る豊富な湯量と立ち込める湯気は、温泉情緒をより一層盛り上げてくれます。

 

泉質は食塩泉。

効能はリウマチや冷え性、筋肉痛などに効果的とされています。

慶安時代には、医師の「頴川入徳」が小浜温泉を訪れ、医療にも効果的だと伝えたことから小浜温泉の湯治効果は全国に広まりました。

 

小浜温泉のおすすめ宿は「海辺の宿 つたや旅館」

 

 

「日本夕景100選」にも選ばれている宿「海辺の宿 つたや旅館」。

5つの絶景を眺められる貸切露天風呂があり、すべて入り放題という贅沢利用ができるのが特徴です。

 

朝や昼は橘湾のまっさらな青い海を、夕暮れ時には赤く染まる空、夜には何も邪魔をするものがない満天の星空を堪能できます。

特におすすめは夕暮れ時。

海に映った太陽と徐々に沈んでいく夕日は、一度見たら忘れられないほど息を呑む美しさです。

 

 

5つの露天風呂の他にも150坪の大浴場があり、ジャグジーや寝湯、サウナ、水風呂など施設も豊富です。

旅館の目の前には「ほっとふっと105」があるので、ちょっとお散歩がてらに足湯に行くのもおすすめ。

全室窓側の部屋はどこから見ても景色を一望でき、満足度も高いですよ。

 

 

夕食は、見た目も味も楽しめる海の幸を使った料理が人気です。

長崎漁港で仕入れた新鮮な魚を、お刺身や煮物、焼き物として提供し、旅館ならではの会席料理で楽しむことができます。

 

海辺の宿 つたや旅館

 

 

住所:長崎県雲仙市小浜町北本町907

アクセス:長崎自動車道、諫早ICより国道57号雲仙方面を車で約50分

電話番号:0957‐74‐2134

予算:約10,000円~(大人1名)

温泉:小浜温泉

その他:駐車場あり(有料)

予約サイト:  じゃらん

 

 

<長崎県・島原市のおすすめ温泉>

 

長崎市内から車で、東におよそ1時間半行ったところに位置する長崎県島原市。

雲仙市同様、湯量豊富な湧き水が特徴で、水の都としても盛んです。

ここからは、島原市の名湯をご紹介します。

 

1. 島原温泉

 

島原温泉 長崎

 

長崎県南東部の半島に位置する「島原市」。

島原温泉が湧き出ているのは、島原を代表するスポット「島原城」のふもとです。

島原城はかつて城下町として栄えた場所で、現在も格式高い景観を残しています。

湧き水付近には、有明海と島原九十九島が一望できるように作られた旅館や宿が点在し、工夫された旅館が数多く並ぶ光景は魅力的なポイントです。

 

「島原温泉」の最大の特徴は、全国でも珍しい「温泉集中管理」方式を採用しているところ。

「温泉集中管理」とは、その名の通り一点に温泉の湯を集め管理し、そこから周辺のホテルや旅館、個人宅に配給する方式のことです。

管理元は全部で3箇所あります。

 

また、島原温泉はお風呂だけではなく、飲用としても効果があると言われており、無色透明なお湯は飲みやすく地元の方たちからも人気です。

市内にはおよそ7箇所ほど無料の飲泉所が用意されているので、観光客でも気軽に味わうことができます。

 

泉質は炭酸水素塩泉で、中性な水質は肌にも優しく、切り傷や火傷など外的損傷にも効果を期待できます。

島原市の歴史深い街並みも一緒に楽しみたい方にはおすすめの温泉地です。

 

島原温泉のおすすめ宿は「ホテル 南風楼」

 

 

有明海を望む景色が魅力の「ホテル 南風楼」。

大自然に囲まれた立地を活かしたサービスを多く取り揃えているのが特徴です。

無料で楽しめる特典は、およそ34にも及びます。

その中には、ちびっこ向けのキッズプールや快適なテラスでグランピング、天然芝を用いたドッグラン、室内ゲームの数々、ヤギとのふれあいなど、とにかくいろんな楽しみ方ができます。

 

 

2015年1月には「KaZeDog」がオープンし、愛犬と一緒に泊まれるようになりました。

部屋からは直接ドッグランに行けるので、部屋でゆっくりしながらワンちゃんとも思いっきり遊ぶことができるのは魅力的なポイントです。

 

 

黄金色の源泉かけ流し湯が注がれる露天風呂は、有明海を一望でき、贅沢な時間を過ごすことができます。

天気の良い日は、美しい眉山を臨め、海との境界線を感じさせないインフィニティプールのような温泉はリゾート地さながら。

遮るものがないので、ささやかな波音と心地よい潮風を感じながら、癒しのひと時を味わってみてください。

 

ホテル 南風楼

 

 

住所:長崎県島原市弁天町2‐7331‐1

アクセス:JR諫早駅から車で約1時間/島原港から車で5分

電話番号:0957‐62‐5111

予算:約10,000円~(大人1名)

温泉:島原温泉

その他:駐車場あり(有料)

予約サイト:  じゃらん 楽天トラベル

 

2. 口之津温泉

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by M☺︎☺︎ (@djidronegirls88) on

 

島原市の南部に位置する南島原にある温泉が「口之津(くちのつ)温泉」です。

2009年、日本で最初にジオパークに登録されたのが島原半島で、特徴的な地形をしています。

口之津温泉は白浜海水浴場の隣にあり、晴れている日は海の雄大な自然も同時に満喫することができます。

澄んだ空気は、いるだけでもリラックス効果があり、都会の雑然とした世界から休暇にくる人も少なくありません。

 

長崎名物のカステラから派生したスイーツ「かす巻き」や「島原手延べそうめん」など島原名物の発祥地も口之津で、お土産にもってこいです。

口之津温泉のすぐそばには、400頭ものイルカをホーエルウォッチングできる早崎海峡や、壮大な渦潮を観察できる口之津港があります。

温泉以外のアクティビティからも目が離せないスポットです。

 

口之津温泉の泉質は塩化物泉。

塩分を主成分で、日本の温泉では比較的多い泉質です。

冷え性や循環器障害に効果的があると言われています。

飲用することもできますが、辛味が強く、塩分濃度がさらに濃いと苦く感じられることもあるため注意してください。

 

口之津温泉のおすすめ宿は「しらはまビーチホテル」

 

 

目の前に白浜海水浴場が見渡せる、海に面したホテルです。

見た目は少し古びたホテルなものの、浴室は大浴場と天然のかけ流し露天風呂を完備。

湧き出る温泉と口之津の大自然を堪能できます。

 

浴場からは水平線に沈む太陽を見渡せ、天草灘や有明海も一望することができ、リラックス効果は抜群です。

海水浴場が目の前ということもあり、夏場は子連れで宿泊する方も多いよう。

 

しらはまビーチホテル

 

 

住所:長崎県南島原市口之津町甲2829‐1

アクセス:長崎市から車で1時間半

電話番号:0957‐86‐3030

予算:約7,000円~(大人1名)

温泉:口之津温泉

その他:駐車場あり(無料)

予約サイト:  じゃらん

 

 


<長崎県・平戸市のおすすめの温泉>

 

長崎県の北部に位置する「平戸市」。

九州でも最北端にあたり、本土の平戸島をはじめ、その周辺にはおよそ40ほどの島があります。

かつては貿易町として栄えた平戸ならではの温泉をご紹介します。

 

1. 平戸温泉

 

長崎 平戸温泉

 

「美人の湯」として有名なのが「平戸温泉」です。

温泉の中では比較的新しい温泉で、およそ18年前にお湯がひかれるようになりました。

 

平戸温泉のお湯は無色透明で、臭いもなく、とろみのある肌触りが特徴。

泉質は弱アルカリ性ナトリウム炭酸水素塩泉で、神経痛や皮膚炎、冷え性に効果的と言われています。

 

平戸は、かつて日本で初めてイギリスやオランダなどといった外国と貿易を始めた都市で、現在もなお異国情緒の豊かさ残る景観です。

街の至る所に教会が立ち並び、世界遺産候補としても知られている潜伏キリシタン史跡が残っています。

温泉だけではなく、これらの歴史探索も平戸をめぐる上では欠かせない要素の一つです。

 

平戸温泉のおすすめ宿は「平戸海上ホテル」

 

 

雄大な平戸の海を臨める「平戸海上ホテル」。

西洋と貿易をしていた元祖として、和風と洋風のどちらも取り入れた風土が特徴です。

エントランスを抜ければ、かつての異人たちがいた航海時代にタイムスリップしたかのような感覚を味わえます。

部屋は全室オーシャンビューで、海辺ならではのホテルを堪能することができますよ。

 

 

ホテル内の浴場には、「大浴場」「海望露天風呂」「個室展望風呂」「個室貸し切り露天風呂」の4つを準備。

「大浴場」は別名「水族館大浴場」とも呼ばれており、大浴場の中のライトアップされた大型水槽ではたくさんの魚や亀が優雅に泳いでいます。

その中でも、長生きの亀が3匹泳いでおり、すべての亀に出会えたら幸せになれるとの噂もあります。

 

 

「じげもん」とは、長崎弁で地元のものという意味があります。

平戸海上ホテルは、平戸のじげもんを豊富に使っているんです。

厳選された「平戸牛」、平戸の美しい海水を使って作った「天然塩」、平戸市で養殖された「平戸夏香鰤」、平戸で養殖された「平戸ロマン(しいたけ)」など地元尽くし。

その他にも、様々な海の幸、山の幸を使った絶品揃いが人気を集めています。

 

平戸海上ホテル

 

 

住所:長崎県平戸市大久保町2231‐3

アクセス:長崎自動車道武雄北方IC→R498→伊万里経由R204車で90分

電話番号:0950‐22‐3800

予算:約10,000円~(大人1名)

温泉:平戸温泉

その他:駐車場あり(無料)※先着60台

予約サイト:  じゃらん 楽天トラベル

 

2. 平戸千里ヶ浜温泉

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ★SMY★ (@blaq.s.s.selfish) on

 

澄んだ青が空と一体化している海の近くに湧く温泉が「平戸千里ヶ浜温泉」です。

平戸千里ヶ浜温泉は、平戸市川内町にある温泉で、温泉地とは思えないリゾート感漂う印象。

この温泉を楽しめるのは1つのホテルのみなので、ガヤガヤした温泉地が苦手な方や、ゆっくりとした時間を過ごしたい方にはもってこいです。

 

温泉の目の前はプライベートビーチになっているため、夏は海で泳ぐことができたり、付近を散歩するだけでも楽しめます。

400坪を誇る温泉の広さは西九州最大級の面積で、サウナや海を一望できる大浴場、薬湯などがあり、バラエティ豊かな温泉を満喫できるんです。

 

泉質はナトリウム炭酸水素塩泉で、肌にも優しく、多少のとろみを感じられます。

効能は神経痛や慢性の消化器系、皮膚病などに効果的が期待できます。

温泉地だと思わせない、まるで南国に来たかのようなリゾート気分を堪能できるスポットです。

 

平戸千里ヶ浜温泉のおすすめ宿は「ホテル蘭風」

 

 

平戸の海を独り占めできるホテルが「ホテル蘭風」です。

海に面したホテルは、他のホテルにはない圧巻の光景で、目の前には白い砂浜と青い海が広がります。

ほとんどの部屋が海を見渡せるオーシャンビューになっており、時間の移り変わりによって変化する景色も見どころの一つです。

 

また「露天風呂客室」が20室もあり、一般的なホテルよりもとても多め。

部屋に露天風呂があることで、いつでもゆっくり温泉を満喫することができるのは魅力的ですよね。

 

 

ホテル蘭風の温泉の入浴時間はなんと24時間いつでも大丈夫です。

遮るものがない「インフィニティ展望露天風呂」は、海との境目が感じられない不思議空間で、夕暮れに入浴すれば太陽が水平線に沈んでいく絶景を見ることができます。

また、この「インフィニティ展望露天風呂」は、平戸で唯一、自家源泉の濁り湯を採用しています。

美肌効果も期待できるのは、女性には嬉しいポイントです。

 

 

館内には、無料で楽しめるレジャーやリラックスできる施設が多くあります。

お子さんから人気なのは、キッズプールを兼ね備えたキッズパークや子供用のボルダリング、漫画コーナーなど。

カラオケは19時までなら何時間でも無料で使え、卓球や足湯など、大人でも十分満喫できるのが嬉しいポイントです。

その他、有料サービスにはゲームコーナーがあり、一泊では足りないほど充実した施設にお子さんも喜ぶことでしょう。

 

ホテル蘭風

 

 

住所:長崎県平戸市川内町55

アクセス:博多・福岡空港から片道1000円のシャトルバス用意

電話番号:0570‐550‐480

予算:約7,500円~(大人1名)

温泉:平戸七里ヶ浜温泉

その他:駐車場あり(無料)

予約サイト:  じゃらん 楽天トラベル

 

 

<長崎県・佐世保市のおすすめ温泉>

 

全国的にも知名度が高い都市、佐世保市。

現在でもなお異国文化が感じられる場所で、多くの観光客が訪れています。

ここでは、そんな和と洋が融合した佐世保の温泉についてご紹介します。

 

1. ハウステンボス天然温泉

 

 

長崎を代表する観光スポット「 ハウステンボス 」の地下に湧く温泉が「ハウステンボス天然温泉」です。

数ある長崎の温泉の中でもトップレベルの人気で、ハウステンボスを利用者を中心に親しまれています。

 

黄金色の湯と水素を配合した湯の2種類が特徴で、2019年4月22日にリニューアルオープンすることが決まっています。

ハウステンボス天然温泉のパワーアップに、さらなるファンが増えること間違いなしでしょう。

 

お湯には人工の炭酸泉やナノ風呂、電気風呂など珍しい温泉が並び、それに加えて2種類のサウナを完備。

貸切露天風呂はプライベートを重視していることから、本館よりも少し離れた位置にあり、ゆっくりとした時間の流れを感じられます。

 

泉質はナトリウム、カルシウム、塩化物泉で、一般的な温泉といえるでしょう。

効能は筋肉痛や関節痛に効果的とされています。

ハウステンボス園内にある温泉ではないので、ハウステンボスに行かない方もぜひ気軽に立ち寄ってみてくださいね。

 

ハウステンボス天然温泉のおすすめ宿は「ホテルオークラJRハウステンボス」

 

 

佐世保市まできたら、ぜひハウステンボス専用のホテルに泊まるのがおすすめです。

「ホテルオークラJRハウステンボス」は、独自の天然温泉「琴乃湯」も湧いており、ハウステンボス内で味わえる唯一の温泉となっています。

 

 

泉質はナトリウムや塩化物泉、カルシウムで、鉄分やマンガンを多く含んでいます。

鉄分が多い泉質の温泉は、浸かることで皮膚を通じて鉄分が身体に吸収され、女性特有の貧血に効くと言われています。

また、塩化物泉はぐっすり眠れると人気で、観光疲れの身体も癒してくれます。

 

食事は、季節ごとによって様々な特典やイベントを準備。

両親への記念日には、賀寿プランで特別なコースを堪能、記念日や誕生日など特別な日にお祝いできるサプライズプランなどがあります。

 

 

ホテル周辺には、国立公園に指定されている「西海パールシーリゾート」や全国的にも有名な「佐世保バーガー」など、ハウステンボス以外にも楽しめる要素が盛りだくさんです。

少し足を延ばせば、日本を代表する磁器発祥の地「有田」や平戸の城下町を堪能できる「平戸」、車で1時間ほどで「長崎市内」にも行ける好立地。

上質なサービスとより多くの温泉を楽しみたい方にはおすすめです。

 

ホテルオークラJRハウステンボス

 

 

住所:長崎県佐世保市ハウステンボス町10

アクセス:西九州自動車道 大塔ICより車で15分/長崎空港よりバスで70分/JR博多駅より特急ハウステンボス号で110分

電話番号:0956‐58‐7111

予算:約10,000円~(大人1名)

温泉:ハウステンボス天然温泉・琴の尾温泉

その他:駐車場あり

予約サイト:  楽天トラベル

 

2. 西海橋温泉

 

長崎 西海橋 温泉 観光

 

長崎県佐世保市にある「西海橋温泉」は、平成5年にお湯を引いた比較的新しい温泉地です。

名前の由来にもなっている「西海橋」とは、西彼杵半島と佐世保市をつなぐ役割を担っており、全長は316mと大迫力。

アーチ状の橋は、建設当時は東洋一とも評されていました。

 

橋の下を眺めると、針尾瀬戸のとうず湖にいくつものうず潮を見ることができます。

このうず潮は日本三大急潮とも呼ばれており、その様は見事です。

西海パールラインに沿ってかけられた橋には展望スペースもあり、その圧巻の光景を見に来る人も少なくありません。

 

西海橋温泉の泉質は塩化物泉で、典型的な温泉同様、塩分を多く含むのが特徴です。

お湯に濁り気などは一切なく、無色透明、無臭。

効能は筋肉痛やリウマチ、胃腸秒などにも効果的とされており、婦人科系にも効くと言われています。

 

西海橋のおすすめ宿は「西海橋コラソンホテル」

 

 

西洋の宮殿に来たかのような感覚を味わえるのが「西海橋コラソンホテル」です。

白を基調とした上品な建物は、米軍基地がある佐世保ならではのアメリカナイズされた文化が色づいています。

 

敷地面積も広大で、心も身体も開放されるような心地の良さです。

近隣には、車でおよそ15分の位置にハウステンボスがあり、無料送迎バスも随時運行しています。

 

 

ホテル自体は洋風造りなものの、西海橋温泉のお湯をしっかり味わえる大浴場や、オーシャンビュー露天風呂も完備されているのは魅力的なポイントですよね。

また、女性専用風呂には大理石でできた浴室もあり、適温に調節された大理石は寝っ転がっても冷たくないので、寝そべってリラックスするのもおすすめです。

 

 

「西海橋コラソンホテル」といえば、料理の豊富さも多くのリピーターを続出させる理由と言われています。

夕食には和会席から和洋会席などをはじめ、単品メニューにも対応しており、コースにとらわれず好きなものを好きなだけ食べることができるんです。

海の幸を使った料理は西海産の鮮魚を使い、今まで見たことのない創作料理は目でも舌でも楽しめます。

 

西海橋コラソン

 

 

住所:長崎県佐世保市針尾東町2523‐1

アクセス:西九州自動車道大塔ICより国道202号線20分

電話番号:0956‐58‐7001

予算:約7,500円~(大人1名)

温泉:西海橋温泉

その他:駐車場あり(無料)

予約サイト:  楽天トラベル

 

 


<長崎県・長崎市のおすすめ温泉>

 

長崎県の中心部にあたる「長崎市」。

グラバー園や出島、オランダ坂、軍艦島など、全国的にも有名な歴史建造物が多く点在しているスポットです。

そうとはいえ、温泉地というイメージを持っている方は少ないのではないでしょうか。

ここでは、長崎市にある貴重な温泉を紹介していきます。

 

稲佐山温泉

 

稲佐山温泉 長崎

 

日本三大夜景、新世界三大夜景にも選出されている、長崎の夜景を一望できる稲佐山にある温泉が「稲佐山温泉」です。

稲佐山温泉は、長崎市内では貴重な100%源泉でできた温泉の一つで、333mの高さにある宿泊施設の地下から沸いているんだそう。

坂が多い長崎の立地を活かした施設は、長崎の夜景の美しさを最大限に引き出し、長崎市民からも愛されているスポットです。

 

稲佐山温泉の泉質は単純温泉。

単純温泉というと効能がないと思われがちですが、そんなことはありません。

温泉の定義である源泉温度25℃以上を保ちつつ、刺激物質が少ない温泉とも言えるんです。

 

敏感肌の方や皮膚が薄い子ども、温泉初心者さんなどに優しい、湯あたりを起こしにくい泉質。

効能としては、神経痛や便秘、肩こりに効果が期待できます。

好立地ながらも、本格的な天然温泉を楽しめるのは稲佐山温泉ならではの魅力です。

 

稲佐山温泉のおすすめ宿は「大江戸温泉物語 長崎ホテル清風」

 

 

高台に位置する「大江戸温泉物語 長崎ホテル清風」は、長崎自慢の夜景を思う存分堪能することができます。

世界遺産の産業遺産23のうち、8つが長崎市内にあったり、洋風建築のグラバー園、オランダ坂、軍艦島の発着所までも近く観光もしやすい場所です。

 

 

全客室で夜景が見られることはもちろん、3階と11階にある露天風呂では270°の大パノラマで時間によって変わりゆく長崎の景色を一望。

露天風呂では遮るものがなく、解放感あふれる作りで、天気の良い日は満天の星空も一緒に楽しむことができます。

 

大浴場も一面ガラス貼りで、絶景を楽しめる仕組みとなっています。

1日で何回も入りたくなる温泉です。

 

 

長崎ならではの四季折々の食事が楽しめるのも、ホテル清風の魅力の一つです。

常に出来立ての料理が提供されるブュッフェスタイルで、季節ごとによってメニューは変わります。

和洋中すべて取り揃えているため、料理の幅も広く、そのとき食べたいものを食べられる贅沢さがあります。

 

大江戸温泉物語 長崎ホテル清風

 

 

住所:長崎県長崎市大島町523

アクセス:ながさき出島有料道路終点より稲佐山登山口方面へ約13分

電話番号:050‐5213‐4754

予算:約12,000円~(大人1名)

温泉:稲佐山温泉

その他:駐車場あり(無料)

予約サイト:  じゃらん

 

 

長崎の景色を眺めながら、温泉でのんびりした時間を過ごそう♪

 

長崎 温泉

 

今回は、長崎県内で人気の温泉を厳選して紹介しました。

坂が多い長崎は、その傾斜を活かした温泉が数多くあります。

温泉に入る時間によっても、見える景色は表情を変えます。

そんな長崎の温泉でゆっくりとした時間を過ごしてみてくださいね。

 

▼合わせて読みたい

 

・  長崎の観光地35選。長崎旅行で欠かせない人気観光地を厳選

・  長崎のおすすめ土産10選 !定番のカステラから名物グルメやガラス細工の雑貨まで

・  異国情緒あふれる長崎の旅で使いたい!長崎のおすすめホテル14選


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(633)
北海道・東北(46)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(9)
  秋田(1)
  山形(4)
  福島(1)
関東(246)
  埼玉(8)
  千葉(14)
  東京(148)
  神奈川(54)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(87)
  長野(12)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(30)
  愛知(9)
  三重(7)
近畿(96)
  滋賀(7)
  京都(40)
  大阪(26)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(37)
  鳥取(3)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(9)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(4)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(81)
  福岡(15)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(12)
  宮崎(3)
  鹿児島(9)
  沖縄(23)

国外エリア一覧

東南アジア(26)
ヨーロッパ(76)
東アジア・中国・台湾(20)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(10)
オセアニア(10)
アフリカ(2)
北米(18)
中南米(7)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(592)
イベント情報(369)
ショッピング・買い物・お土産(500)
遊園地・テーマパーク(571)
ビジネス・出張(173)
ロケ地、舞台(183)
世界遺産(156)
乗り物・交通・アクセス(676)
宿・旅館・ホテル(194)
旅行準備(447)
歴史・豆知識(858)
温泉・スパ(162)
絶景(486)
聖地巡礼(31)
観光旅行(812)
食事・グルメ(566)
おすすめ/ランキング(713)
デート(655)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(435)
ツアー/旅程(242)
海水浴場・ビーチ・リゾート(68)
日帰り旅(11)
1泊2日(2)
寺院・神社(35)
パワースポット(13)
ファミリー(75)
1人旅(75)
雨の日(18)
メーカー/ブランド(5)

人気記事ランキング