logo

top

アウトドアサンダルのおすすめ10選!キャンプでも街でも大活躍





アウトドアのマストアイテムとも言える「アウトドアサンダル」。
ホールド力が高く履き心地も良いため、マリンスポーツのためのウォーターシューズやキャンプでのフィールドシューズとしてはもちろん、タウンユースやトラベルユースにも最適です。

本記事では、おすすめのアウトドアサンダルをブランド別に紹介します。

ノースフェイスやモンベルといったアウトドアブランドから、チャコやテバ、キーンといった定番サンダル、さらにはルナサンダルといったマニアックなサンダルまで一挙に取り上げます。

本ページに掲載のリンク及びバナーには広告(PR)が含まれています。


 

 

軽量・高機能なアウトドアサンダルはフィールドにマスト!

 

アウトドアサンダル おすすめ

 

軽量でグリップ力が高く、頑丈なアウトドアサンダル。

足の甲までカバーしてくれるものから、ストラップで締め付けるタイプ、鼻緒で固定するものなど様々なモデルがラインナップされています。

 

夏キャンプのアウトドア・アクティビティはもちろん、例えば登山においてもアウトドアサンダルはおすすめ。

テントや山小屋についた後も登山靴を履き続けるのはストレスですよね。

 

そんなときに、軽量なアウトドアサンダルを一つ持っておくと、リラックスした時間を過ごすことができます。

 

 

アウトドアサンダルの選び方

 

アウトドアサンダル_川遊び

 

アウトドアサンダルにも様々な種類や形、デザインがあるため、どれを選んで良いのか迷ってしまうもの。

まずは、自分の用途にぴったりのアウトドアサンダルの選び方をチェックしておきましょう。

 

シーンに合わせて形状を選ぼう

 

アウトドアサンダルは大きく分けて3種類。

それぞれ形状や機能性が違うため、自分の使い方や目的に合ったものを選んでください。

 

フィット感があり歩きやすい「ストラップタイプ」

 

 

アッパーや足首部分をベルトでホールドする「ストラップタイプ」は、フィット感が高いサンダルを探している方におすすめ。

自分の足の形にぴったりとフィットさせることができるので、安定感があり歩きやすさも抜群です。

水場や岩場などで着用したいときにも向いています。

 

つま先が解放されているため、サンダルのなかでももっとも軽量なタイプ。

抜け感のあるおしゃれをしたいときにも重宝され、夏の清涼感のあるファッションにはもちろん、ソックスを合わせれば一年中履くことができます。

 

着脱が簡単!履き心地のよい「クロッグ(スリッポン)タイプ」

 

 

履きやすさ・脱ぎやすさを重視したいなら、かかと部分がない「クロッグ(スリッポン)タイプ」。

さっと履いて出かけられるので、テント泊や旅行はもちろん、トレーニング後のリラックス用サンダルとしても活躍してくれます。

ソールに厚みがあるタイプが多いため、ゆったりとした履き心地のサンダルがほしい方にもぴったりです。

 

つま先が覆われているデザインは、素足はもちろんソックスとの組み合わせ方次第でさまざまなテイストのファッションに合わせられます。

トレンド感のあるスポーツMIXコーデを楽しみたいときにも使いやすいデザインです。

 

足元を保護できてアクティブに動ける「シューズタイプ」

 

 

つま先~アッパー部分まで足全体を覆うことができる「シューズタイプ」は、アクティブなシーンでの着用に向いています。

しっかりとホールド感がありスニーカー感覚で履けるので、長時間のランニングやウォーキングでも疲れにくいのが特徴。

一般的なアウトドアサンダルに比べて肌の露出部分が少ないため、足場の不安定な岩場などで足元を保護したいときにも使えます。

 

ハイテクスニーカーに近い形状でタウンユースしやすいデザイン。

ボトムスを選ばずに履くことができ、合わせるだけでトレンド感のあるおしゃれを楽しむことができますよ。

 

通気性 or グリップ力?機能性もチェック

 

 

アウトドアシーンで使うなら、その機能性はしっかりと確認しておきたいもの。

汗をかきやすい夏場や海・川などの水場で履きたい場合には、メッシュ素材や露出の多い形状のような通気性のよいサンダルを選びましょう。

濡れても滑りにくいため安定感があり、蒸れにくいので快適に履き続けることができます。

 

また、歩きやすさを重視するならソールに厚みがあるデザインを、足場が不安定な場所で履く場合にはグリップ力の高さをチェック。

厚底デザインはトレンド感があるため、タウンユースとしても最適です。

 

 


靴下を合わせられるのがトレンド?おしゃれなコーデ紹介

 

chaco_15

 

ビーチサンダルや、ビルケンシュトックのようなスリッポン型サンダルと異なり、アウトドアサンダルはそのグリップ力の高さと履き心地の良さが魅力的。

フィールドではもちろん、普段使いにもぴったりなのです。

 

また、近年流行しているのが靴下とアウトドアサンダルとの組み合わせ。

靴下のバリエーションで気軽にコーディネートを変えられることから、夏には欠かせないファッションアイテムですよ。

 

ここでは、そんなアウトドアサンダルを使ったコーディネートをご紹介します。

靴下を合わせたファッショナブルなものから、フェスで御用達のアウトドアファッション、さらにキッズのかわいいコーデまでおしゃれコーディネートが盛り沢山です。

 

メンズ

 

Chaco(チャコ)のアウトドアサンダルを用いたコーデ。

涼し気なシャツでアウトドア感を軽減し、コーデのバランスを整えています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by きよっぷる (@kiyopple) on

 

アウトドア好きだけでなく、ファッション好きにまで人気を誇るキーンの「ユニーク」。

全身を白で揃えたモードな服装にも合います。

 

 

レディース

 

近年人気急上昇中のモンベルのサンダルを用いたアウトドアコーデ。

 

モンベルのサンダルは、靴下+サンダルというスタイルで着用できるのが魅力です。

帽子・エプロン、そしてサンダルと、アースカラーで揃えたおしゃれコーデですね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ゆーか☺︎🌿 (@yuuca__mp) on

 

メンズコーデでもご紹介したキーンの「ユニーク」。

こういったきれいめコーデにも合う汎用性の高さが魅力です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by kumika (@kumika_iiio2) on

 

キッズ

 

アウトドアサンダルの多くは、キッズサイズも揃えているのが魅力的。

親子でお揃いなんて素敵ですよね。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by wash (@wash0798451802) on

 

 

ブランド別におすすめの人気アウトドアサンダルを紹介

 

ここからはブランド別におすすめのアウトドアサンダルを紹介していきます。

 

アウトドアブランド最大手とも言えるThe North Face(ノースフェイス)やColumbia(コロンビア)から、定番のChaco(チャコ)やTeva(テバ)、「走るサンダル」として知名度を高めつつあるLuna Sandals(ルナサンダル)まで、様々なサンダルがありますよ。

 

KEEN(キーン)

 

登山靴やアウトドアシューズを展開しているアメリカのブランド「KEEN(キーン)」ですが、サンダルも同社の定番アイテム。

足の甲までしっかりとカバーしてくれる堅牢性が魅力で、フェスに行けば必ずと言っていいほど目にします。

 

キーンの魅力は、その性能の高さだけでなくファッション性の高さにもあります。

キーンらしいぼてっとしたかわいいデザインに加え、ビビッドなカラーリングは差し色としても使いやすいのです。

 

足の甲までカバーしてくれ、肌の露出面積を減らしてくれるため、街履きにも使いやすいのも魅力的。

 

ニューポート エイチツー

 

アウトドアサンダル ニューポート エイチツー
メンズ: 楽天市場

 

アウトドアサンダル ニューポート エイチツー
レディース: 楽天市場

 

「ニューポート」はキーンが2003年に創業した当時からある定番中の定番モデル。

つま先から足の甲までしっかり守ってくれるため、普段履きやトラベルはもちろんキャンプやライトハイクまで対応できて、ウォーターシューズとしても使えてしまうマルチシューズです。

 

ニューポート エイチツー(メンズ)の商品情報

 

価格:15,400円(税込)

サイズ:25cm~28cm

 

 

ニューポート エイチツー(レディース)の商品情報

 

価格:15,400円(税込)

サイズ:22.5cm~26cm

 

 

 

ユニーク

 

 

 

ナイロンコードを編んで作られたかのようなフォルムが特徴的な「ユニーク」。

ニューポートと並ぶ定番サンダルです。

 

独特なフォルムはスタイリッシュなファッションにも合わせやすく、ファッショニスタからの支持もアツいというのですから驚きですよね。

 

ユニーク(メンズ)の商品情報

 

価格:14,300円(税込)

サイズ:25cm~31cm

 

 

 

ユニーク(ウィメンズ)の商品情報

 

価格:14,300円(税込)

サイズ:22.5cm~28cm

 

 

 

ヨギ アーツ

 

outdoorsandals_05
メンズ: 楽天市場

 

outdoorsandals_06
レディース: 楽天市場

 

キャンプや日常使いに、手軽に履けるスリップオンタイプのサンダルをお探しの方におすすめなのが「ヨギ アーツ」。

もちろん、KEENが作ったスリップオンですから、ソールは頑丈に作られています。

 

キャンプ場をはじめゴツゴツした岩場などを歩くことも可能です。

 

ヨギアーツ(メンズ)の商品情報

 

価格:9,680円(税込)

サイズ:25cm~31cm

 

 

 

ヨギアーツ(レディース)の商品情報

 

価格:8,580円(税込)

サイズ:23cm~36cm

 

 

Chaco(チャコ)

 

おしゃれアウトドアサンダルの代表格と言えば「Chaco(チャコ)」。

コーディネートとして先ほどご紹介したサンダル+靴下履きを流行らせたブランドです。

 

チャコの魅力は、バツグンの耐久性とグリップ力、そしてそのシンプルなフォルム。

耐久性やグリップ力の高さは、本国アメリカでキャニオニングのスタッフがウォーターシューズとして着用していることからも分かる通り。

 

また、シンプルで洗練されたデザイン性は高く評価されており、有名セレクトショップでも取り扱われているほどです。

 

Z1 Classic

 

アウトドアサンダル Z1 Classic
メンズ: 楽天市場

 

outdoorsandals_08
レディース: 楽天市場

 

チャコの定番といえば「Z1 Classic」。

一本のストラップとソールでできたシンプルな構造が、定番とされる理由でしょう。

 

靴下を合わせることもでき、コーディネートにも幅を持たせられるのがポイント。

とても頑丈に作られており、ループはもちろん切れることなどなく、ソールもタフで何シーズンかにわたって履くことができます。

 

Z1 Classic(メンズ)の商品情報

 

価格: 12,100円(税込)

サイズ:7(25cm)~11(29cm)

 

 

 

Z1 Classic(レディース)の商品情報

 

価格: 12,100円(税込)

サイズ:5(22cm)~8(25cm)

 

 

 

Z2 Classic

 

 

 

Z1と同じ形状ですが、親指部分にループがついてより安定感を増したのが「Z2 Classic」。

フィット感がアップすることで、ウォータースポーツなどの激しいアクティビティにも対応してくれます。

 

グリップ力の高いアウトソールは、濡れた場所でも滑りにくいのが特徴です。

 

Z2 Classic(メンズ)の商品情報

 

価格: 12,100円(税込)

サイズ:7(25cm)~11(29cm)

 

 

 

Z2 Classic(レディース)の商品情報

 

価格: 12,100円(税込)

サイズ:5(22cm)~8(25cm)

 

 

 

※Chacoの関連記事:  アウトドアサンダルの「Chaco(チャコ)」!フェスやキャンプをはじめ普段履きに使える

 

Teva(テバ)

 

アウトドアサンダルの代表として挙げられることが多いのが、これまでご紹介したKEEN(キーン)とChaco(チャコ)、そしてここで紹介する「Teva(テバ)」です。

この3つはアウトドアサンダルの3強ブランドといっても良いでしょう。

 

Tevaはストラップ型であることから、よくChacoと比較されることが多いサンダルです。

Chacoとの違いは、Chacoはストラップを締め付けることで足に固定するのに対し、Tevaはストラップをベルクロで止める方式になっているということ。

 

また、Chacoの定番「Z1 Classic」が一足430gというのに対して、Tevaの定番である「ハリケーン」は283gと半分以下。

履いているとあまり重さは感じませんが、持ち運びを前提に考えるならTevaの方が優れていると言えます。

 

ハリケーン XLT2

 

 

 

シンプルなベルクロストラップと、足にフィットするソールでできたテバの名作が「ハリケーン XLT2」です。

テバの魅力は、フィット感、クッション性が高いソールにあります。

 

履いて走ることができるほどのソールなので、アウトドアだけでなくタウンユースやトラベルユースにもおすすめ。

また、ベルクロストラップは着脱がしやすいのがポイントです。

 

ハリケーン XLT2(メンズ)の商品情報

 

価格:10,780円(税込)

サイズ:25cm~29cm

 

 

 

ハリケーン XLT2(レディース)の商品情報

 

価格:11,880円(税込)

サイズ:22cm~25cm

 

 

 

mont-bell(モンベル)

 

国産アウトドアブランド最大手である「mont-bel(モンベル)」。

リーズナブルな価格設定と国産ならではのクオリティの高さで人気のブランドです。

そんなモンベルのサンダルも定番中の定番アイテム。

 

人気の秘密は「軽さ」。

169gという軽さは、登山にも気軽に持っていける軽さなのです。

人気のカラーは夏になるやいなや売り切れてしまうことも多いので、気になる方は要チェックですよ。

 

シンプルなS字のストラップが印象的な「ソックオンサンダル」、かかとのついた「ロックオンサンダル」、鼻緒がついた「スリップオンサンダル」の3種類がラインナップされています。

 

ソックオンサンダル

 

 

モンベル独自のストラップ構造が特徴的な「ソックオンサンダル」。

 

非常に軽いため持ち運びやすく、リゾートなど旅行用としても最適なサイズ感。

ソックス+サンダルのコーディネートもおしゃれに決まる、シンプルなデザインが魅力です。

 

ソックオンサンダルの商品情報

 

価格: 3,850円(税込)

サイズ:XS~XXXL

 

 

 

※モンベルの関連記事:  コスパよし!履き心地よし!デザインよし!モンベルの「サンダル」徹底紹介!

 

The North Face(ノースフェイス)

 

世界のアウトドアマーケットを席巻しているのは、なんといっても「The North Face(ノースフェイス)」。

アウトドアに興味がなくても、その名前は必ず知っていることでしょう。

 

そんなノースフェイスですが、アウトドアサンダルもあります。

ノースフェイスらしいスタイリッシュなデザインは、フェスでのアウトドアコーデから街履きでのスタイリッシュなファッションまで、コーディネートを選びません。

 

ウルトラストレイタム

 

 

2か所のストラップでホールド感を調整できる独自デザインの「ウルトラストレイタム」。

 

衝撃吸収性に優れた「エクストラフォーム」という素材をソールに採用し、長時間の歩行も楽々。

ノースフェイスらしいスタイリッシュなデザイン、タウンユースに使いやすいカラーリングはさすがの一言です。

 

ウルトラストレイタムの商品情報

 

価格:8,580円(税込)

サイズ:22cm~29cm

 

 

 

※The North Faceの関連記事:  アウトドアの「王道ブランド」! THE NORTH FACE(ノースフェイス)を徹底解説

 

 

Columbia(コロンビア)

 

ビビッドなカラーリングとかわいいデザインで人気の「Columbia(コロンビア)」。

フェスやキャンプの定番ブランドです。

 

コロンビアのサンダルの魅力は、コロンビアらしいデザイン性の高さ。

また、総合ブランドらしく、タウンユースからアウトドアコーデまで対応できるラインナップになっているのも嬉しいポイントです。

 

クスコピア

 

 

ユニークなデザインが印象的なコロンビアの「クスコピア」。

 

かかとをホールドして履くことも、スリッパのようにして履くこともできるという2WAY仕様というのは、他のアウトドアサンダルにはないポイントのひとつ。

クライミングロープをモチーフにしたデザインはアウトドアアイテムと相性抜群です。

 

クスコピアの商品情報

 

価格:3,960円(税込)

サイズ:23~28cm

 

 

 

※Columbiaの関連記事:  アウトドア初心者の方にぴったり!「コロンビア」のおすすめアイテム11選

 

Luna Sandals(ルナサンダル)

 

アメリカの「Luna Sandals(ルナサンダル)」は言うなれば「アウトドアサンダル界の異端児」。

ランニングシューズを履いて走るのが当たり前というランニングシーンにおいて、より自然な走り方をとベアフット・ランニングを提唱して生まれたアイテムです。

 

つまり、ルナサンダルは「走れるサンダル」。

シンプルな鼻緒に、用途に応じたビブラムのソールが貼られたサンダルで、マラソンからトレイルランニングまで走れてしまうという代物なんです。

 

Mono Winged Edition(モノ ウィングドエディション)

 

 

しっかりしたビブラム「モノフレックス」ソールを採用しているのが「Mono Winged Edition」。

 

普段使いからキャンプ、ウォータースポーツとルナサンダルの中では最も汎用性の高い「MONO」モデルに、耐久性が加わったニューモデル。

サイドのベルト部分にプラ素材を使用することでフィット感がアップし、様々な足の形の人でも履きやすい設計となっています。

 

モノ ウィングドエディションの商品情報

 

価格:13,200円(税込)

サイズ:22cm~31.5cm

 

 

 

※Luna Sandalsの関連記事:  キャンプや登山で大活躍!ルナサンダルで「裸足ラン」を楽しもう

 

 

アウトドアのマストアイテム「アウトドアサンダル」をご紹介しました。

街で履きたいおしゃれサンダルからウォータースポーツで使いたいタフなモデル、またトレイルランニングまで楽しめるモデルなど様々ありましたね。

 

アウトドアサンダルは一足持っておくと、ちょっと出かけるときからキャンプまで、たくさんの用途で活躍します。

単純なビーチサンダルよりも履き心地も良いので、夏に欠かせない相棒になることでしょう。

 

※アウトドアファッションの関連記事:  アウトドアファッション入門&おすすめブランド・定番商品紹介!


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(921)
北海道・東北(69)
  北海道(35)
  青森(4)
  岩手(4)
  宮城(14)
  秋田(1)
  山形(5)
  福島(6)
関東(389)
  埼玉(15)
  千葉(32)
  東京(229)
  神奈川(79)
  茨城(8)
  栃木(11)
  群馬(6)
  山梨(9)
信越・北陸・東海(116)
  長野(16)
  新潟(9)
  富山(4)
  石川(17)
  福井(4)
  岐阜(13)
  静岡(31)
  愛知(14)
  三重(8)
近畿(135)
  滋賀(8)
  京都(57)
  大阪(36)
  兵庫(20)
  奈良(8)
  和歌山(6)
中国・四国(54)
  鳥取(3)
  島根(5)
  岡山(9)
  広島(15)
  山口(3)
  徳島(5)
  香川(7)
  愛媛(5)
  高知(2)
九州・沖縄(102)
  福岡(19)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(13)
  宮崎(5)
  鹿児島(14)
  沖縄(32)

国外エリア一覧

東南アジア(34)
ヨーロッパ(105)
東アジア・中国・台湾(24)
南アジア・インド・ネパール(7)
中近東(9)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(15)
オセアニア(12)
アフリカ(9)
北米(23)
中南米(14)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(719)
イベント情報(383)
ショッピング・買い物・お土産(615)
遊園地・テーマパーク(597)
ビジネス・出張(233)
ロケ地、舞台(219)
世界遺産(205)
乗り物・交通・アクセス(884)
宿・旅館・ホテル(281)
旅行準備(519)
歴史・豆知識(1091)
温泉・スパ(208)
絶景(624)
聖地巡礼(42)
観光旅行(1139)
食事・グルメ(705)
おすすめ/ランキング(1034)
デート(848)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(451)
ツアー/旅程(258)
海水浴場・ビーチ・リゾート(83)
日帰り旅(133)
1泊2日(107)
寺院・神社・教会(141)
パワースポット(47)
ファミリー(233)
1人旅(210)
雨の日(48)
モデルコース(19)
メーカー/ブランド(8)
シーシャバー/カフェ(17)

人気記事ランキング