logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 新潟

新潟県の観光名所10選





おいしいものがいっぱいの新潟県。
そんなウマい!は海と山に挟まれた雄大な自然が作り出しているのです。

自然が作っているのは食べ物だけでなく、他では見られない絶景の数々。
今回はそんな新潟県の多くの観光スポットの中から特に外せない定番観光名所10選をご紹介します。

【妙高・上越・糸魚】新潟の観光名所5:妙高高原

 

観光スポットがいっぱい

 

 

スキーと温泉を楽しめる街として栄えてきた妙高。

実はそれ以外にも国立公園や壮大な滝などおススメの観光スポットが多数存在しているのです。

日本百名山に選ばれる妙高山の豊富な自然が観光客を楽しませてくれます。

妙高高原の嬉しいところはいつ行っても、その時々のアクティビティや景観を楽しめるというところ。

行くたびに表情を変えるスポットには、つい何度も足は運びたくなる魅力があります。

 

年中アクティビティを楽しめる

 

 

広大な自然のなかでスキーを楽しめるリゾート地として名高い妙高高原。

しかしここで楽しめるアクティビティはそれだけではありません。

四季折々の豊富な自然が楽しめる妙高山は、初心者から上級者まで登山を楽しめる山として人気です。

全国に48か所ある「森林セラピー基地」としても認定されており、リラックス効果が認められています。

高山植物の宝庫を目的に、夏から秋にかけて大勢の登山客がこの地を訪れるのです。

 

いつ行っても豊富な自然を堪能できる

 

 

年中美しい自然の絶景を見せてくれる妙高高原。

しかしその中でも特におすすめなのが秋の紅葉シーズン。

日本屈指の紅葉の名所として知られる「大田切渓谷」は見ものです。

鮮やかに染まる黄色や赤はまるでペンキで塗ったかのよう。

渓谷の中には温泉街もあり、温泉に浸かりながらの紅葉狩りも楽しめます。

見逃してはいけないのは渓谷の中でも一番の名所「惣滝」。

日本の滝百選にも選ばれており、高さ80mから流れ落ちる豪快な眺めは圧巻です。

 

妙高高原

 

名称 : 妙高高原

住所 : 妙高市大字田口291-1(妙高市観光協会)

電話番号 : 0255-86-3911(妙高市観光協会)

営業時間 : 10:00 ~ 17:00(妙高市観光協会)

公式URL : http://www.myoko.tv/  (妙高市観光協会)

 

 

【妙高・上越・糸魚】新潟の観光名所6:ヒスイ海岸

 

国産パワーストーンの産地

 

 

遥か昔から特別な力があると信じられてきたパワーストーン・翡翠(ヒスイ)。

実はその翡翠の原産地ともいえるのが新潟県糸魚川地方なのです。

糸魚川市にあるその名も「ヒスイ海岸」では今でも無料で翡翠の原石を拾うことができるのです。

しかし翡翠が拾えるのは海水浴場でもあるため、翡翠目的で行くとしたら海水浴シーズン以外がおススメです。

この海岸に来たら食べて行って欲しいのが「タラ汁」。

もとは漁師たちが食べていたものだったようですが、郷土料理として地元で愛されています。

近くには「タラ汁」を出しているお店が多数あるので食べ比べてみるのもいいですね。

 

フォッサマグナミュージアム

 

 

翡翠に興味を「フォッサマグナミュージアム」がおススメです。

日本では緑色として馴染みのある翡翠ですが、実はその色のバリエーションは豊富。

ここフォッサマグナミュージアムでは多様なヒスイの原石を見ることができます。

またヒスイの特性、どのように作られてきたのかということまで勉強することができるのです。

ヒスイだけでなく日本列島ができた時の大地の裂け目「フォッサマグナ」をテーマにした博物館でもあります。

なんと日本最初の“世界ジオパーク認定施設”なのです。

鉱石や化石に興味があるという人にもぜひおすすめですよ。

 

ヒスイ文化の発祥地「長者ヶ原遺跡」

 

 

5000年も前に縄文人がヒスイを加工していたと言われるのが「長者ヶ原遺跡」と「寺地遺跡」。

遺跡のそばにある「長者ヶ原考古館」では遺跡の全体像を知ることもできます。

出土したもから古代の人がどのような道具を使い、どのようにヒスイを加工してきたのかということも展示されています。

その加工行程によって磨かれた石斧は当時、国内のトップブランドだったと言われています。

 

ヒスイ海岸

 

名称 : ヒスイ海(宮崎・境海岸)

住所 : 富山県下新川郡朝日町宮崎及び境

アクセス :

■あいの風とやま鉄道越中宮崎駅から徒歩1分
■北陸自動車道朝日ICから車で約15分

電話番号 : 0765-82-0768(宮崎海岸観光組合)

駐車場 : あり

料金 : 無料

公式URL : http://www.town.asahi.toyama.jp/kankojouhou/

 

 

【湯沢・魚沼】新潟の観光名所7:星峠の棚田

 

大河ドラマでも使われた名勝

 

 

新潟ゆかりの名将、直江兼続を主人公とした大河ドラマ「天地人」。

その天地人のオープニングムービーで使われたことで一躍有名になったのが「星峠の棚田」。

米の名産地である新潟を代表する田園風景ともいえます。

ドライブでも散歩でものどかな風景を楽しむことができます。

そしてせっかく日本一の田んぼを訪れたからには米を食べずには帰れませんl。

近くにある「道の駅クロステン」では生産者自慢の素材を使った、ここでしか食べられないメニューを味わえます。

 

おススメは春と秋

 

 

いつ来ても自然の恵みを感じられるスポットですが、おススメはなんといっても春から秋までの耕作シーズン。

春には田んぼに張られた水がまるで鏡のように田舎の風景を映し出します。

雲の多い日には幻想的な風景を楽しむことができますよ。

そして実りの秋には黄金に輝く稲穂を見ることができます。

夕日が染め上げる風景はまるで名画のような美しさです。

 

運がよければ見れる雲海

 

 

春と秋に訪れて欲しいもう一つの理由は、運がよければ「雲海」が見れるから。

高度の高い場所から下を見た時に雲が海のように見える雲海。

ここ星峠の棚田でも寒暖差の激しい春と秋には雲海が発生する確率が高いのです。

特に旅館「まつだい芝峠温泉 雲海」の展望露天風呂「雲海の湯」は雲海を見るためにあるようなもの。

遠くまで広がる雲の海から見える山々は一生に一度は見たい絶景です。

 

星峠の棚田

 

名称 : 星峠の棚田

住所 : 十日町市峠

アクセス :

●ほくほく線「まつだい駅」より車で約20分
●関越自動車道「六日町IC」より国道253号線を車で約1時間
●北陸自動車道より「上越IC」より国道253号線を車で約1時間

電話番号 : 025-597-3000(十日町市観光協会まつだい事務所)

駐車場 :

●普通車:20台
●大型車:1台

営業時間 : 通年

注意点 :

※水鏡の時期(特に早朝)は混み合いますのでご注意ください
※積雪時は除雪をしないため車の進入ができません

 

 

【湯沢・魚沼】新潟の観光名所8:秋山郷

 

日本を代表する秘境

 

 

日本の秘境百選に選ばれている「秋山郷」。

新潟県と長野県にまたがるエリアで、新潟県側には8つの集落が存在しています。

交通や通信が不便で、その上豪雪地帯であったことも手伝って独特な文化が残されていると言われています。

湯量が豊富な温泉郷としても知られていて、各集落には独自の源泉があります。

訪れた際には湯比べをしてみるのもいいかもしれません。

日本の原風景があちこちに残っています。

 

毎日水が入れ替わる池

 

 

特におすすめのスポットは龍の伝説が残る「竜ヶ窪の池」。

一日になんと約43,000tもの水が湧き出ているといわれています。

湧き出る水は池全体の水の量を超えており、一日ごとに池の水が入れ替わっていることになります。

つまり池の中の水は常に新鮮でキレイなままです。

全国名水百選にも選ばれており、飲み水としても人気です。

自由に持ち帰ることができるので、訪れる際にはペットボトルなどを持参するのがおススメですよ。

 

まるで遺跡のような田んぼ

 

 

新潟に多く存在する棚田ですが、その中で一風変わった棚田がここ秋山郷にあります。

秋山郷の奥地「結東(けっとう)地区」にある石垣田。

もともとは石が多くて開墾が難しいとされていたこの地区。

しかし、度重なる飢饉への対策として田んぼを作ることになりました。

そこで開墾の邪魔だった石を逆に利用して石垣を使った田んぼを作ったのです。

高さのある石垣はなんと3mにもおよび、まるで古代遺跡のようだと言われています。

秘境の中にあるためかよく知られていない石垣田ですが、全国農村景観百選にも選ばれるほどの景勝なのです。

特に6月には石垣をキャンドルで灯すイベントもあるので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

秋山郷

 

名称 : 秋山郷

アクセス :

●JR飯山線「津南駅」より車で約40分
●関越自動車道「塩沢石打IC」または「越後川口IC」より車で約60分

電話番号 : 025-765-5585(津南町観光協会)

公式URL : http://tsunan.info/page_top/top.php (津南町観光協会)


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(68)
北海道・東北(10)
  北海道(4)
  宮城(2)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  青森(1)
関東(19)
  千葉(2)
  埼玉(2)
  山梨(1)
  東京(6)
  栃木(1)
  神奈川(5)
  群馬(1)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(10)
  三重(2)
  富山(1)
  新潟(1)
  石川(2)
  福井(1)
  長野(2)
  静岡(1)
近畿(11)
  京都(3)
  兵庫(3)
  大阪(3)
  滋賀(2)
中国・四国(8)
  山口(2)
  岡山(1)
  島根(1)
  広島(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(7)
  宮崎(1)
  沖縄(4)
  長崎(1)
  鹿児島(1)

国外エリア一覧

東南アジア(12)
ヨーロッパ(12)
東アジア・中国・台湾(5)
南アジア・インド・ネパール(0)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(4)
オセアニア(3)
アフリカ(1)
北米(5)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア(66)
イベント情報(57)
ショッピング・お土産(49)
シーン別(90)
ビジネス・出張(16)
マナー(19)
ロケ地(47)
世界遺産(33)
乗り物・交通(92)
宿・旅館・ホテル(31)
旅行準備(52)
歴史・豆知識(102)
温泉・スパ(27)
絶景(87)
聖地巡礼(11)
観光旅行(116)
言語・役立ちフレーズ(3)
食事・グルメ(74)
ランキング(5)
デート(58)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(11)

人気記事ランキング