logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 新潟

新潟旅行のおすすめ観光スポット22選!エリア別に見どころを紹介!





新潟県は日本海に面し、冬にはたくさんの雪が降り積もります。
そんな新潟県の山間部には、雪が多く降る県ならではのスキー場や人気温泉地といった豊富な観光スポットがあります。

都市部は山間部に比べて積雪も少なく、新潟タウンをはじめ市内の中心エリアにも多くの見どころがあるのも特徴です。
新潟県は、近海で獲れる海鮮やB級グルメ「イタリアン」、ブランド米「コシヒカリ」など、グルメにも恵まれています。

そんな見所満載の新潟県の観光スポットを厳選して紹介していきます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】新潟旅行のおすすめ観光スポット22選!エリア別に見どころを紹介

 

新潟県ってどんなところ?

新潟の個性豊かなご当地グルメ!

新潟県の観光地・エリア別紹介!

<新潟タウンエリアのおすすめ観光スポット>

1. 古町商店街

2. 新潟市水族館 マリンピア日本海

3. 萬代橋(ばんだいばし)

4. 白山神社

<弥彦・三条エリアのおすすめ観光スポット>

1. 職人の街・燕三条

2. 五合庵

3. 弥彦公園

4. 弥彦神社

<長岡・月岡・寺泊エリアのおすすめ観光スポット>

1. 月岡温泉

2. 新発田城(じばたじょう)

3. 悠久山公園(ゆうきゅうざんこうえん)

4. 寺泊水族博物館

<佐渡エリアのおすすめ観光スポット>

1. 尖閣湾揚島遊園

2. トキの森公園

3. 佐渡金山遺跡

4. 宿根木

<上越・妙高エリアのおすすめ観光スポット>

1. 高田城

2. 妙高高原(いもり池)

3. シャルマン火打スキー場

<越後湯沢のおすすめ観光スポット>

1. 越後湯沢温泉

2. 湯沢フィッシングセンター

3. GALA湯沢スキー場

 

 


新潟県ってどんなところ?

 

 

新潟県は、穏やかな自然が溢れ、一年を通してさまざまな季節ごとの景色や自然を使ったアクティビティを楽しめる場所です。

日本の東北・北陸地方に位置する新潟県は、 東京都 から新幹線で約1時間30分とアクセス便利な立地から、他県から多くの観光客が訪れます。

北から南まで広い面積の県ですが、公共交通機関も発達し、住みやすい上に観光の際も移動が便利なところです。

 

冬になると雪が多く積もる山間部では、豊富な積雪量を生かしたスキー、スノーボードといったスノースポーツを楽しめます。

積雪量豊富な新潟県のスキー場では、上質だといわれるサラサラのパウダースノーを体感できるものおすすめポイントです。

 

新潟 弥彦駅

 

広大な平野を抱え、自然に恵まれた土地柄、佐渡、新潟、魚沼など県内の各地で米作りが盛んに行われています。

観光の際は、飲食店で県内グルメと共に、「コシヒカリ」をはじめとする新潟ブランド米をいただきましょう。

 

また、県庁所在地でもある新潟市は、日本海側の都市の中で初めて政令都市に選ばれた場所です。

農業が盛んな田園都市としてだけでなく、日本海側の政治、経済の拠点となる国際都市としても注目されています。

 

 

新潟の個性豊かなご当地グルメ!

 

甘みのあるトマトソースが味の決め手!「イタリアン」

 

新潟県 イタリアン

 

新潟県民のソウルフードともいわれるB級グルメ「イタリアン」。

1959年に新潟県の喫茶店「みかづき」で考案されたこの料理は、もやしなどの具材と共に炒めた中華麺に甘みのあるトマトソースをかけた一品です。

西洋料理のパスタに新潟ならではのアレンジを加えた味は、どこか懐かしさを感じることができます。

 

魚介をふんだんに使った「海鮮丼」

 

海鮮丼 新潟

 

日本海に面した土地柄、新潟県では新鮮な魚介類を飲食店でいただけます。

新潟県内の居酒屋、寿司屋、和食店で味わえるグルメが「海鮮丼」。

さまざまな具材を宝石のように散りばめた賑やかな見た目は見ているだけで食欲をそそられます。

「のどぐろ丼」など、高級魚をたっぷり使った丼ぶりもあるので、観光の際はいただきましょう。

 

麺のつなぎに布海苔を使ったご当地そば「へぎそば」

 

 

新潟県を代表するご当地グルメの一つが「へぎそば」です。

「へぎそば」には、麻糸を紡ぐ際に使われる布海苔を麺のつなぎとして使われています。

へぎと呼ばれる器に盛り付けられたそばの、優しいそばの香り、つるっとしたのどごしの良さを感じましょう。

 

▼新潟のグルメ関連記事

新潟のおすすめグルメ12選!新潟駅周辺で食べられるお店を厳選して紹介

新潟駅周辺のおすすめランチ10選!新潟に来たら食べておきたいグルメが満載

北陸随一のラーメン王国!新潟駅近郊のラーメン店10選!

 

 


新潟県の観光地・エリア別紹介!

 

スキー場や温泉地をはじめ、縦に長い県の端から端までさまざまな観光スポットがある新潟県。

そんな新潟県の観光スポットを下記の6つのエリアに分けて紹介していきます。

 

  1. 新潟タウンエリア
  2. 弥彦・三条エリア
  3. 長岡・月岡・寺泊エリア
  4. 佐渡エリア
  5. 上越・妙高エリア
  6. 越後湯沢エリア

 

エリアごとに新潟の魅力あふれる観光スポットを紹介していくので、新潟観光の際は参考にしてください。

 

 

<新潟タウンエリアのおすすめ観光スポット>

 

 

新潟県の中心都市、新潟タウンエリアは、JR、新幹線、バスといった公共交通機関を使ってアクセス便利な立地にあります。

大きなシンボルにもなっている「萬代橋」からの四季折々の眺め、商店街や神社といった見所が豊富です。

 

市内にはビジネスホテルからラグジュアリーな高級ホテルまで豊富な宿泊施設も!

新潟観光の拠点として利用したいエリアです。

 


1. 古町商店街

 

古町

 

JR新潟駅から歩いて10分程の場所にあるのが「古町商店街」です。

アーケードの商店街にはどこかレトロな雰囲気を観光客に感じさせます。

周辺にはビジネスホテルなどの宿泊施設、居酒屋からカフェまで飲食店も豊富なので観光の拠点にしましょう。

 

ニワトリカフェ

 

古町商店街の中ほどにある「ニワトリカフェ」では、思わず写真を撮りたくなるようなフォトジェニックな飲み物、料理が満載です。

観光で歩き疲れた時の一休みにおすすめ!

ラテアートは日によって描かれる動物が違うそうです。

 

新潟 古町 ドカベン

 

商店街のシンボルとなっているのが、有名野球漫画「ドカベン」のキャラクターたちをモチーフにした銅像。

至る所に点在している銅像達と記念撮影を取るのもおすすめの楽しみ方です。

主人公のドカベンをはじめ、生き生きとしたキャラクターたちの銅像は見ているだけでも元気が出てきます。

 

古町商店街の基本情報

 

 

住所 : 新潟市中央区古町通

マップ: Googleマップ

アクセス : JR新潟駅から徒歩10分

定休日 : 店舗によって異なる

営業時間 : 店舗により前後

公式URL : 古町商店街

 

 

2. 新潟市水族館 マリンピア日本海

 

 

JR新潟駅からバスに乗って15分程の場所にある「新潟市水族館 マリンピア日本海」は、450種類、2万点もの水生生物を展示している 水族館 です。

日本海側最大級ともいわれる多様な生物の展示、近未来的な外観、内装が大人から子供までワクワクした気分にさせてくれます。

 

水族館の入り口付近では、定期的に入れ替わる屋台や出店が出ている時もあります。

小腹が空いたときや、家族で訪れた時の子供のおやつに丁度良いお菓子や料理をいただきましょう。

 

 

水族館の内部に入ると、あえて照明を落としたムーディーな空間が広がります。

ゆらゆら泳ぐクラゲ水槽、神秘的な雰囲気の大型水槽の中を優雅に泳ぐ魚達の姿を見れば癒されます。

 

カメやエイといった大型の魚から、小さな熱帯魚まで水槽の中にはさまざまな生物がいます。

魚好きの方は、自分好みの魚を探してみるのもおすすめの楽しみ方です。

 

 

屋外のプールでは、ダイナミックなイルカショーが定期的に開催。

水しぶきをバサッと上げながら空中に飛び上がるイルカの躍動感に圧倒されます。

そんな迫力ある姿だけでなく、飼育員と戯れる可愛い姿とのギャップも楽しんでください。

 

新潟市水族館 マリンピア日本海の基本情報

 

                                                         

 

住所 : 新潟県新潟市中央区西船見町5932-445

マップ: Googleマップ

アクセス : JR新潟駅からバスで20分、北陸自動車道「新潟西IC」から車で20分

電話番号 : 025-222-7500

定休日 : 年末年始・3月の第1木曜日とその翌日

営業時間 : 9:00~17:00

料金 : 大人1,500円、小・中学生600円、子供400円

公式URL :  新潟市水族館 マリンピア日本海

 

 


3. 萬代橋(ばんだいばし)

 

 

JR新潟駅から古町方面に向かう途中に見える大きな橋が「萬代橋」。

全長は300mを超える大きな橋と緩やかに流れる川が印象的な観光スポットです。

その美しさと威厳ある佇まいから、多くの新潟市民から親しまれています。

 

新潟市のど真ん中にありながら、自然を感じられる景勝地としておすすめ。

晴れた日には記念撮影をするにはもってこいの絶景を橋の周辺で眺められます。

 

萬代橋

 

川沿いには遊歩道があり、橋から降りて川を鑑賞しながらの散歩を楽しめます。

川沿いでは新潟市にまつわるアーティストの展示やライトアップなどのイベントが行われる時もあるので、観光の際に足を運んでみましょう。

ライトアップイベントの幻想的な雰囲気は、恋人や夫婦のデートにもおすすめです。

 

萬代橋 朱鷺メッセ

 

川沿いには、観光客や地元民が使える豊富な施設があります。

「朱鷺メッセ」で、ライブなどの催し物が開かれ、多くの人で賑わう施設です。

その近くには、日本海が近い新潟らしい海産物を買ったり、食べたりできる「にぎわい市場ピアBandai」、新潟市内を一望できる「ばかうけ展望台」といった設備もありますよ。

 

萬代橋の基本情報

 

 

住所 : 新潟県新潟市中央区

マップ: Googleマップ

アクセス : JR新潟駅から徒歩10分

電話番号 : 025-244-2159

公式URL : 萬代橋

 

 

4. 白山神社

 

新潟 白山神社

 

新潟タウンエリアにひっそりと佇んでいる パワースポット がこちらの神社です。

街を歩いていると大きな赤い鳥居が目に入るので、比較的迷わずたどり着けます。

 

1000年前後の歴史があるともいわれるこちらの神社は、一歩足を踏み入れると周辺の街とは違う静かな空間が広がります。

境内にあるご神木の「むすびの銀杏」は、恋する人の縁結びだけでなく、子宝に恵まれるご利益もあるといわれています。

 

白山神社 新潟

 

神社の境内には、大きな池と日本庭園があります。

植物が生い茂る屋根のついた橋をくぐると冒険しているような気分にもさせられます。

神社の中にありながら春夏秋冬、季節ごとの景色を楽しめるのが魅力です。

 

白山神社

 

神社に入って真っすぐ直進していくと本堂が見えてきます。

その周辺ではお守りやおみくじも販売されているので、お土産の購入や運試しをしてみましょう。

 

白山神社の中で見逃しがちなのが、本堂の左手にある地下道を通っていくエリアです。

ひっそりと一目から隠されるように佇んでいるこの場所には、パワースポットの一つである「白山くくり石」があります。

直接手を触れることで、神山のご利益を受けられるそうです。

観光の際は見逃さず足を運んでみましょう。

 

白山神社の基本情報

 

 

住所 : 新潟県新潟市中央区一番堀通町1-1

マップ: Googleマップ

アクセス : JR白山駅から徒歩15分、JR新潟駅万代口からバスで15分、タクシーで10分

電話番号 : 025-228-2963

定休日 : 年中無休

営業時間 : 拝観自由

公式URL :  白山神社

 

 


<弥彦・三条エリアのおすすめ観光スポット>

 

 

弥彦・三条エリアは、山々や森林に囲まれた自然豊かな場所です。

豊かな自然の中にひっそりと佇む「弥彦神社」、手作りの工芸品が並ぶ職人の街「燕三条」といった観光スポットを巡りましょう。

 

自然豊かな場所ながら新潟市から電車で1時間前後でアクセスできるのも大きな魅力です。

人が作り出した建築や工芸、芸術品、自然が織りなす美しい景色をこのエリアでは楽しめます。

 

1. 職人の街・燕三条

 

 

三条エリアの中の燕三条と呼ばれる地域は、伝統工芸や職人芸が光る工芸品を町中の至る所で購入できます。

街の中には、工芸品を作る工房や工場が豊富にあり、その中には実際に物づくり体験ができる場所も!

 

明治35年創業の「野田製造所」では、工場内の機械や工具を使ったモノづくり体験ができます。

初めての方や手先が器用でない方もマンツーマンで教えてもらえるので安心です。

自分だけのオリジナルの一品を作ってみましょう。

 

 

燕三条の街の中にはさまざまな工芸品を扱う会社や工房があり、普段では中々挑戦できない陶芸体験も燕三条では行えます。

「村木陶芸製作所」では、小さな子供から大人まで、自分だけの陶器を作れるのです。

 

電動ろくろを使ったり、手作業で作ったりとさまざまな方法で陶器づくりにチャレンジできるのも嬉しいポイントです。

その他にも、さまざまな工芸品を街の中で購入できるので、新潟観光でお土産探しに迷ったときは足を運んでみましょう。

 

燕三条の基本情報

 

 

住所 : 新潟県三条市内

マップ: Googleマップ

アクセス : JR燕三条駅から徒歩すぐ

公式URL :  燕三条

 

 

2. 五合庵

 

 

弥彦・三条エリアの中でも、穴場的な観光スポットとしておすすめなのが「五合庵」。

中心街から少し離れた場所に位置するこちらの庵は、禅を感じられる静かな佇まいです。

全国各地の寺で修業を重ねた良寛という僧侶が約20年の歳月を過ごしたといわれています。

 

こちらの庵は周辺を豊かな自然に恵まれ、春には咲き誇る花、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪が降り積もる情緒あふれる景色を眺められます。

近くには「国上寺」と呼ばれるお寺もあるので、合わせて足を運んでみましょう。

 

五合庵の基本情報

 

 

住所 : 燕市国上地内

マップ: Googleマップ

アクセス : JR分水駅からタクシーで10分、北陸自動車道三条燕ICから車で30分

電話番号 : 0256-97-3758

営業時間 : 拝観自由

公式URL : 五合庵

 

 

3. 弥彦公園

 

弥彦公園

 

「弥彦公園」は、周囲を自然に囲まれた広大な敷地の公園です。

新潟の中心地から車や電車で2時間前後の場所にあり、紅葉の時期には多くの人が訪れる観光スポットでもあります。

JR弥彦駅を降りてから5分程歩くと見えてくる自然豊かなこの公園は、新潟県でも有数のパワースポット「弥彦神社」の通り道でもあります。

 

公園の中には高台の見晴らしの良い場所に向かう坂道があり、そこを登った先に見えてくるのが写真の橋です。

橋の周辺にはモミジやイチョウの木も多く、秋に訪れれば朱色の橋と鮮やかな紅葉をセットで楽しめます。

 

弥彦公園

 

広い弥彦公園の中には、小さな子供でも楽しめるアスレチックもあります。

森林の中にある澄んだ空気の公園で、子供と共に遊べる子連れの両親にもおすすめの場所です。

遊具の高さはそこまで高くなく、滑り台も比較的緩やかな傾斜なので、安全に遊べます。

 

弥彦公園

 

弥彦公園をぐるっとい一周していると、まるで異世界に迷い込みそうな神秘的な雰囲気のトンネルもあります。

街灯が立ち並ぶトンネル手前の道で周辺の木々と合わせて情感ある景色を楽しみましょう。

 

外から写真を撮りたくなるような堅牢なトンネルの中は、オレンジ色の明かりで照らされています。

自然散策に加え、神秘的でどこかレトロな光景を楽しめるのもこの公園の魅力です。

 

弥彦公園の基本情報

 

 

住所 : 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦

マップ: Googleマップ

アクセス : JR弥彦駅から徒歩5分

電話番号 : 0256-94-3154

営業時間 : 散策自由

公式URL : 弥彦公園

 

 

4. 弥彦神社

 

弥彦神社鳥居

 

新潟県の弥彦神社は、全国に数ある神社の中でも、出雲大社などと並ぶ格式高い神社です。

神社が作られたのは2018年時点で、およそ1300年も昔だといわれています。

新潟市民からは「おやひこさま」という愛称で親しまれているこちらの神社は、縁結びの力があるパワースポットです。

恋愛や結婚に悩みを抱えている方は足を運んでみましょう。

 

弥彦神社 橋

 

赤い鳥居をくぐった際には、木々に囲まれた静かな参道が続きます。

澄んだ空気の参道の途中には、坂もあるので足元に気を付けながら歩を進めましょう。

 

境内には、神様しか通れないといわれる「玉の橋」と呼ばれる川にかかる橋があります。

見ているだけでご利益があるともいわれているので、しっかりと足を止めて鑑賞しましょう。

 

弥彦神社 重かる石

 

弥彦神社を訪れたときに忘れずに足を運んでほしい場所が「重軽の石」です。

こちらの石は、願い事を唱えながら持ち上げると、願いが叶う時は軽く、難しい時は重くなるといわれています。

石を持った人によって感覚が異なるそうなので、運試しに持ち上げてみましょう。

それなりの重さはあるので、腰や腕を痛めている人は注意しながら持ち上げるのをおすすめします。

 

 

弥彦神社の最も奥にあるのが神社の拝殿です。

重厚感のある建築は見ているだけでも圧倒されます。

パワースポットとしても名高いこちらの神社に来た際には、しっかりお参りしておきましょう。

拝殿の周囲にはお土産やお守りを買える場所もあります。

 

弥彦神社の基本情報

 

 

住所 : 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2

マップ: Googleマップ

アクセス : JR弥彦駅から徒歩15分

電話番号 : 0256-94-2001

定休日 : 年中無休

営業時間 : 拝観自由

公式URL : 弥彦神社

 

 

<長岡・月岡・寺泊エリアのおすすめ観光スポット>

 

 

長岡・月岡・寺泊エリアの特徴は、城下町として栄えていた長岡周辺をはじめ、レトロな中にも趣を感じられる町並みです。

一昔前の面影や歴史を感じさせる温泉地「月岡温泉」に足を運べば、 温泉 に浸かって日頃の疲れを忘れられます。

その他にも豊富な海産物を味わえる寺泊の街など見所豊富なエリアで、グルメに観光と遊び尽くしましょう。

 

1. 月岡温泉

 

 

月岡温泉は、国内随一の含有量を誇る硫黄泉で、その泉質から美肌効果が期待できる 温泉 です。

お湯につかると肌がつるっとするので、その効用を肌で感じられます。

そんな美肌の温泉と越後山脈麓の静かな環境を求めて、女性客も多い場所なので、女性の一人旅にもおすすめの温泉地です。

 

温泉の色は通常時、透き通るようなエメラルドグリーンですが、天候により7色に変わるともいわれています。

美肌効果の他にも、抗菌作用、保温効果などが期待できる厳選かけ流しの温泉に浸かって体を癒しましょう。

 

 

月岡温泉内には、散策を楽しめる温泉街ならではのスポットが数多くあります。

温泉街の中ほどにある足湯は、常時無料で開放されているので、寒い冬に冷えた足を暖め、旅で疲れた足を癒しましょう。

 

足湯の他にも、女性観光客が多い観光地らしく縁結びスポットもあります。

「温泉の杜」と呼ばれる場所で、お地蔵さまに温泉をかけて縁結びを祈願しましょう。

すぐそばには、飲める温泉や観光の記念に温泉手形をかけられる場所もあります。

なんとも言えない香り、味の温泉は自称、日本一まずい温泉というだけのパンチの効いた味わいです。

 

 

月岡温泉の中には、新潟ならでは一品を購入できる場所が多くあります。

「新潟地酒 Premium SAKE 蔵KURA」という施設では、米どころ、酒どころとして有名な新潟地酒90種が集結。

 

それぞれお酒は試飲可能なので、自分好みの一杯を探してみましょう。

試飲した地酒の数々は購入可能なのでお土産にもおすすめ。

 

月岡温泉の基本情報

 

 

住所 : 新潟県新発田市月岡温泉

マップ: Googleマップ

アクセス : JR豊栄駅からシャトルバスに乗り20分、JR新潟駅から車で45分

電話番号 : 0254-32-3151

公式URL :  月岡温泉

 

 

2. 新発田城(じばたじょう)

 

 

月岡エリアにある「新発田城」は別名「あやめ城」とも呼ばれる平地の です。

要塞としての役割も果たす山間部の城と異なり、当時の政治や経済の中心となるために平地に建てられています。

そのため比較的電車や車でアクセスしやすい場所にあるのが、観光スポットとしての魅力です。

 

そんなこちらの城は、真冬には真っ白な雪化粧を施され、春には桜が咲き誇る美しい景色を鑑賞できます。

特に春の表門と桜を一度に楽しめる光景には目を奪われると思います。

 

 

広大な敷地の新発田城の中でも一番目を引く場所が「三階櫓」です。

全国的に見ても珍しいといわれる3階建ての櫓は、天守閣の代わりを果たしていたといわれます。

その荘厳な外観は見ているだけで圧倒される迫力です。

近くによってその外観を楽しむのはもちろん、遠くからカメラを使って全体を写真に収め、旅の思い出にするのもおすすめ!

 

 

夜になると昼間とは違った顔を見せてくれるのがこの城の魅力です。

桜が開花している春の期間限定のライトアップでは、ピンク色の桜と共に城全体が夜空に照らし出されます。

夜桜鑑賞と夜の幻想的な城を一度に楽しめる春のライトアップにもぜひ足を運んでみましょう。

 

新発田城(しばたじょう)の基本情報

 

                                                             

 

住所 : 新潟県新発田市大手町6

マップ: Googleマップ

アクセス : JR新発田駅から徒歩20分、日本海東北自動車道 聖籠新発田I.Cより車で10分

電話番号 : 0254-22-9534

定休日 : 12月から3月の冬季

営業時間 : 9:00~17:00

料金 : 無料

公式URL :  新発田城

 

 

3. 悠久山公園(ゆうきゅうざんこうえん)

 

 

長岡エリアにある悠久山というなだらかな山には、自然を生かしたのどかな雰囲気の公園があります。

そんな「悠久山公園」は、桜の名所としても知られ、公園内にはソメイヨシノ、シダレザクラといった多様な桜が植えられている景勝地です。

 

暖かい春になると地元の方が多く訪れるお花見スポットとして多くの人で賑わいます。

観光で春に足を運んだ際は、その華やかな景色を鑑賞しましょう。

夏には新緑、秋には紅葉と季節によってさまざまな景色が見られるのが魅力です

 

 

この公園の中にある「長岡市悠久山小動物園」では、動物たちが生き生きと活動しています。

自然散策だけでなく、普段触れ合えない動物達に出会えるのもこの公園の大きな魅力です。

 

猿山にいる猿たちは、エサを求める猿、くつろぐ猿など一匹ずつ行動が違うので、見ていて飽きません。

2008年からは、新潟県のシンボル的な動物、トキの近縁種「クロトキ」の飼育もなされているので、珍しいその姿を鑑賞しましょう。

大人から子供まで楽しめるおすすめスポットです。

 

 

公園内には立派な佇まいの神社もあり、自由に拝観できます。

深く神道に通じていたといわれる、長岡藩3代藩主、牧野忠辰によって造られたこちらの神社は、戦火に包まれても燃えることなく、当時のままの姿を残しています。

「お山」の愛称で長岡市民から崇拝の対象とされてきた悠久山の神社に足を運んで、お参りを楽しむのも良いですよ。

 

悠久山公園の基本情報

 

 

住所 : 新潟県長岡市御山町

マップ: Googleマップ

アクセス : JR長岡駅東口からバスで15分、関越自動車道「長岡IC」から車で30分

電話番号 : 0258-39-2230

営業時間 : 常時開放中

公式URL : 悠久山公園

 

 

4. 寺泊水族博物館

 

 

JR寺泊駅からバスに乗って10分程の場所にある「寺泊水族博物館」では、熱帯、寒帯問わずさまざまな地域の魚類を展示しています。

海の上にポカっと浮かぶ秘密基地のような外観にも好奇心をそそられる場所です。

周囲を海に囲まれた絶好のロケーションを楽しみましょう。

 

全3Fの水族館の最上階は展望フロアとなっているので、真っすぐな水平線やどこまでも続く青々とした海を鑑賞できます。

ベビーカーや車いすの方でも移動が安心のエレベータもあるので、幅広い世代の方が楽しめる観光スポットです。

 

 

水族館内の一階では、大きな回遊水槽でダイバーによる餌付けショーが行われています。

小さな水槽に目を向けると、色鮮やかな熱帯の魚やタツノオトシゴといった小魚たちの姿も!

2Fには魚と触れ合えるタッチングプールもあるので、ふれあいを楽しみましょう。

展望階にある珍しい生き物がいる特別展示室も忘れずに足を運んでおきたい場所です。

 

寺泊水族博物館の基本情報

 

                                                            

 

住所 : 新潟県長岡市寺泊花立9353-158

マップ: Googleマップ

アクセス : JR寺泊駅からバスで10分、北陸自動車道三条燕ICから車で35分

電話番号 : 0258-75-4936

定休日 : 不定休(HPにて確認)

営業時間 : 9:00~17:00

料金 : 大人700円、中学生450円、小学生350円、幼児200円

公式URL : 寺泊水族博物館

 

 

<佐渡エリアのおすすめ観光スポット>

 

 

佐渡エリアは、新潟県の北西に浮かぶ佐渡島観光を満喫できるエリアです。

離島ですが、新潟タウンエリアから船を使って2時間前後でたどり着けます。

 

島の中には、穏やかな雰囲気の海水浴場、本物のトキを鑑賞できる「トキの森公園」といった新潟ならではの雄大な自然を生かした観光地があります。

その他にも、情ある街並みや金山跡地など、歴史好きの心をくすぐる観光スポットがある場所です。

 

1. 尖閣湾揚島遊園

 

 

「日本の渚百選」にも選ばれた、国内でも屈指の景勝地が「尖閣湾揚島遊園」です。

目の前に見える雄大な断崖絶壁と海を一度に楽しめます。

カメラを持っている方は、角度や撮る場所によって異なる景色を写真に収めてみましょう。

 

映画のロケ地になったことでも知られ、現在でも記念碑やパネルが展示されています。

その他にも、展望台や観光船など、さまざまな楽しみ方ができるスポットです。

 

 

普段は穏やかな景色を眺められる渚ですが、風の強い日には自然の厳しさを感じられる景色が広がります。

ザバッと音を立てて岸壁に打ち付ける波は迫力満点です。

訪れた日の天候や気候条件によって変わる景色を楽しみましょう。

 

 

この園から出ている「海中透視船」は、佐渡島の海をぐるっと巡るだけでなく、海中の魚の様子を覗き見れます。

スイスイと海の上を進んでいく遊覧船の窓際に立てば、爽やかな潮風が!

海中の中を泳ぐ魚と同じ目線を楽しめる海中窓からの景色も大きな見所です。

 

運行は3月から11月の中旬となっているので、冬に観光に行く方は注意をしましょう。

15分間隔で基本的に運行していて、待ち時間が少ないのもおすすめポイントです。

 

尖閣湾揚島遊園の基本情報

 

                                                              

 

住所 : 新潟県佐渡市北狄1561

マップ: Googleマップ

アクセス : 佐渡島両津港から車で45分

電話番号 : 0259-75-2311

定休日 : 年中無休

営業時間 : 8:00~17:30(季節により前後)

料金 : 大人550円、子供280円

公式URL : 尖閣湾揚島遊園

 

 

2. トキの森公園

 

 

佐渡島の中央付近にあるこの公園には、絶滅危惧種にも指定されている「トキ」が飼われています。

国内でも滅多に見られない貴重なトキの姿をゆっくりと鑑賞できる場所です。

 

広大な敷地の園内には、トキたちがいる「トキふれあいプラザ」、トキのはく製や生態にまつわる資料が展示されている「トキ資料展示館」といった施設があります。

資料館を覗けば、トキの新しい魅力やトキの置かれている現状をグッと知れるのでおすすめです。

 

 

「トキふれあいプラザ」は、しっかりと環境を整えられた中で安全に暮らすトキの姿をじっくりと鑑賞できます。

程よい広さのケージの中を飛んだり、歩いたりしているトキは運が良ければ目の前まで来てきれることも!

 

またケージの外の公園内の自然の中にもトキはいます。

野生さながらの空間でのびやかに生きる姿をそっと見守りましょう。

観覧する際の注意として、餌付けや直接触れ合おうとする行為はトキに負担になるので、行わないようにしましょう。

綺麗な自然に囲まれた環境、その中に生きる時をそっと見守るのがおすすめの楽しみ方です。

 

 

トキにまつわるグッズやゆるキャラもこの公園の中にはいます。

トキをモチーフにしたゆるキャラ「サドッキー」は、丸々としたフォルムの愛くるしさが魅力です。

一緒に記念撮影も取れるので、旅の思い出を残しましょう。

園内にはオリジナルグッズも豊富にあるので、お土産にもできます。

 

トキの森公園の基本情報

 

 

住所 : 新潟県佐渡市新穂長畝383-2

マップ: Googleマップ

アクセス : 佐渡島両津港から車で20分、小木港から車で40分

電話番号 : 0259-22-4123

定休日 : 毎週月曜日(3月~11月までは無休)、年末年始

営業時間 : 8:30~17;30

料金 : 大人400円、子供100円

公式URL :  トキの森公園

 

 

3. 佐渡金山遺跡

 

 

佐渡島の中でも400年を超える歴史を誇り、ユネスコの世界遺産暫定リストにも載せられている場所が「佐渡金山遺跡」です。

名前の通り、江戸時代には金や銀を採掘する金山として、幕府の重用財源となっていました。

その後段々と衰退していったこの場所ですが、2018年時点でもその姿を残し、重厚感ある外観で訪れる人を出迎えてくれます。

 

金山として機能していない現在では、遺跡として毎日その中を見学できます。

佐渡島の自然の中に佇む廃坑や建築から当時の人々の暮らしを感じましょう。

 

 

佐渡銀山内部の至る所に、金銀の採掘をしていた金山の名残が感じられます。

現在のスキーリフトの元になったともいわれるリフト後からは、過去から現在に繋がれる技術を感じましょう。

写真に撮りたくなるような自然と人工の建築が一体となったアートな空間もこの金山の魅力です。

 

 

外から眺めるだけでなく、実際に金山の内部を探索するコースもあります。

「道遊抗」と呼ばれる当時の姿を残したままの洞窟のような道をワクワクしながら探索しましょう。

どこまでも続くような長い真っすぐの公道を歩いていると、金山が使われていた昔の雰囲気を感じ取れます。

 

 

炭鉱の中には、じっと見入ってしまうような実際に使われていた機械も!

今はさび付いて使われていない機械や建物がどこか趣を感じさせます。

それぞれの産業遺産についてしっかり解説や説明書きが付いているので安心です。

 

佐渡金山遺跡の基本情報

 

 

住所 : 新潟県佐渡市相川地区

マップ: Googleマップ

アクセス : 佐渡島両津港から車で60分、小木港から車で60分、赤泊港から車で60分

電話番号 : 0259-74-2389

定休日 : 主に年中無休(見学コースによって異なる)

営業時間 : 8:00~17:30分(季節により前後あり)

料金 : 大人900円、子供450円

公式URL : 佐渡金山遺跡

 

 

4. 宿根木

 

 

佐渡島にある宿根木とは、江戸時代に船の寄港地として栄えた場所です。

船板壁家屋という昔ながらの作りで建てられた家屋が多く残っている景観の街は、散策スポットとしておすすめです。

伝統的建造物群保護地区にも指定されています。

約1kmにも及ぶ独特の景観を楽しみましょう。

 

 

宿根木の中を歩いていると水路が現れます。

その昔、寄港地として栄えていた名残を水路や建物から感じられるのも魅力の一つです。

レトロな雰囲気の街並みは歩くだけでなく、写真に残したくなる独特の景観と情緒があります。

 

 

当時の人々の暮らしを色濃く反映した宿根木には、数多くの文化財もあります。

見応えのある街を歩いていると、入り組んだ迷路のような作りに驚かされることも。

小さな路地や脇道が多く、迷っても宝探しをしているかのようなワクワク感を感じられるのがおすすめポイントです。

 

宿根木の基本情報

 

                                                            

 

住所 : 新潟県佐渡市宿根木

マップ: Googleマップ

アクセス : 佐渡島両津港から車で70分、小木港から車で10分

電話番号 : 0259-27-5000

営業時間 : 終日見学自由

公式URL : 宿根木

 

※合わせて読みたい: 佐渡のおすすめ観光スポット12選!金山跡・トキ鑑賞からミシュラン2つ星の景勝地まで見どころ満載

 

 

<上越・妙高エリアのおすすめ観光スポット>

 

 

上越・妙高エリアは、縦に長い新潟県の中でも南西部に位置しています。

その中心都市、上越市は新潟県の中でも3番目の人口を誇る大都市で、多くの人で賑わいを見せています。

 

緑あふれる妙高高原をはじめ、澄み渡るような空気のなかリラックスして過ごせる観光スポットが豊富です。

上越市内にある観光スポットや高原リゾート、自分好みの観光を楽しみましょう。

 

1. 高田城

 

 

上越市の名所の一つ高田城は、新潟県の史跡に選ばれる観光スポットです。

徳川家康の六男、松平忠輝公の居城として建てられた高田城の跡地には、やぐらや緑あふれる公園が広がっています。

周辺にはスポーツ施設や子供たちが遊べる遊具、芸術に触れられる多様な施設があり、城と合わせて観光を楽しみましょう。

 

 

高田城の大きな見所の一つが、見ごたえのある「三重櫓」です。

外観を忠実に再現された櫓の中は、1.2Fが城にまつわる展示室、3Fの最上階は市内を一望できる展望台となっています。

高田城公園の豊かな自然と澄み渡るような青空は、見ているだけで癒されます。

甲冑や古文書などの展示も歴史好きにおすすめです。

 

 

高田城は新潟県の中でも屈指の桜の名所です。

高田城やその周辺には、4000本にも及ぶ桜が植えられていて、春にはそれらが一斉に咲き誇る華やかな景色が広がります。

観光客も多く訪れる「「高田城百万人観桜会」は、高田城で行われるおすすめイベントの一つです。

夜になって三重櫓と共にライトアップされた高田城の幻想的な風景を楽しみましょう。

 

高田城の基本情報

 

                                                               

 

住所 : 新潟県上越市本城町6-1

マップ: Googleマップ

アクセス : キ鉄・妙高はねうまライン高田駅からバスで10分 、上信越自動車道 上越高田ICから車で10分

電話番号 : 025-526-5111

定休日 : 月曜日、年末年始(観桜会、夏休み期間中は無休)

営業時間 : 9:00~17:00(夜桜観桜会中は21:009

料金 : 無料

 

 

2. 妙高高原(いもり池)

 

 

上越・妙高高原エリアの中でも、ゆったりと自然散策を楽しみたい方におすすめの場所が「妙高高原」です。

広々とした公園の中にある「いもり池」と呼ばれる大きな池には、水芭蕉の群生地としても知られています。

 

大きな池の周辺には500mほどの遊歩道もあり、自然の中をピクニック気分で歩けます。

また、晴れた日には標高2000mを超える妙高山をくっきりと視界に捉えられるので、その景色を求めて写真愛好家も多く訪れるそうです。

池に浮かぶ水芭蕉、透き通るような水に反射して写る青空に妙高山を一度に鑑賞できるおすすめスポットに足を運んでみましょう。

 

 

緑豊かな公園では季節ごとの景色を楽しめます。

特におすすめしたいのが周辺の木々が赤やオレンジ色に色付き始める秋です。

池の周りの木々が鮮やかな色合いになった秋は、思わず写真を撮りたくなるような景色を暗唱できます。

 

池にある遊歩道はバリアフリーも行き届いているので、お年寄りや体が不自由な方が安心して楽しめるのも嬉しい点です。

森林セラピーロードにも指定されているこの場所で、日頃の疲れを癒しましょう。

 

妙高高原(いもり池)の基本情報

 

                                                               

 

住所 : 新潟県妙高市関川

マップ: Googleマップ

アクセス :JR妙高高原駅からバスで10分のいもり池入口下車、上信越道 妙高高原ICより5分

電話番号 : 0255-86-4599

定休日 : 年中無休

営業時間 : 9:00~17:00(妙高高原ビジターセンター)

料金 : 無料

公式URL : 妙高高原

 

 

3. シャルマン火打スキー場

 

 

新潟県には数多くのスキー場があります。

夏は高原リゾート、冬はスキーリゾート地として人気が高い上越・妙高エリアにあるこちらスキー場では、非圧雪のふわふわパウダースノーの中を滑れます。

サラッとした雪質でクッション性が高いパウダースノーは、上級者から初心者まで滑りやすい上質な雪です。

 

コースは、初心者、中級者、上級者向きのコースに分けれているので、自分好みのコースを選んで滑りましょう。

上級コースに近づくほど平均傾斜がきつくなり、カーブや道幅の狭いコースが増えていきます。

安全に滑りたい方は初心者コース、スリリングなランディングを楽しみたい方は、上級コースに向かうのがおすすめです。

 

 

リフトで麓からグングン登って行った山頂付近からは、白い雪に包まれた周辺の山を鑑賞できます。

真っ白な雪に包まれた白銀の世界は、冬のスキー場ならではの景色です。

澄んだ雪山の空気と美しい景色を楽しみながらのスノースポーツは身も心も癒してくれます。

 

スキー用具やウエアといったものは、スキー場内でレンタルできるので安心です。

装備を持っていない方はもちろん、手ぶらで観光を楽しみたい方は利用しましょう。

 

シャルマン火打スキー場の基本情報

 

                                                           

 

住所 : 新潟県糸魚川市西飛山1821

マップ: Googleマップ

アクセス : えちごトキめき鉄道能生駅から車で30分、北陸道能生ICから車で(県道246号経由)

電話番号 : 025-568-2244

定休日 : スキーシーズン中無休

営業時間 : 8:30~16:30(気候やリフトにより前後)

料金 : 1日リフト券:大人4,000円、子供3,000円、シニア3,000円

公式URL : シャルマン火打スキー場

 

 

<越後湯沢のおすすめ観光スポット>

 

 

文豪、川端康成が書いた小説「雪国」の舞台にもなったといわれる越後湯沢。

このエリアは、標高の高い山々が多く、冬場にはスキーリゾートとして多くの人が訪れる場所です。

JR新幹線の駅からバスや車で10分程の場所にゲレンデが豊富にあるのも大きな魅力。

 

2018年時点で800年を超える歴史を持つ「越後湯沢温泉」をはじめ、スキー場の周辺にある温泉施設で旅の疲れを癒せます。

レジャー、温泉、自然、3拍子揃ったエリアで観光を楽しみましょう。

 

1. 越後湯沢温泉

 

 

越後湯沢エリアは、冬のスキーリゾートして国内の多くの人から親しまれている場所です。

雪が降りしきるゲレンデだけでなく、このエリアには温泉街としての顔もあります。

 

有名な小説家、川端康成の雪国の舞台となったといわれる温泉街は、どこか懐かしいレトロな雰囲気です。

新幹線が開通し、昔ながらの風情とリゾート地、二つの顔を持つ観光スポットとなっています。

 

 

風情のある宿と大きなホテルなど、さまざまな宿泊施設があるエリアなので、一年を通して観光を楽しめます。

スキーシーズンになると、どの宿やホテルも予約でいっぱいです。

その時期の観光を考えている方は、早めにホテルを予約しましょう。

公営、民営の外湯も温泉街には豊富にあるので、観光の際に日帰り入浴も楽しめます。

 

 

越後湯沢温泉の一番の見どころといえるのが温泉です。

弱アルカリ性の優しいお湯は、体を暖めたり、疲れを取ったりする効果があるといわれています。

ホテルや宿によっては、貸し切り温泉もあるので、周囲を気にせずリラックスしながら温泉を楽しみましょう。

周辺でレジャーをした後の日帰り入浴もおすすめです。

 

越後湯沢温泉の基本情報

 

                                                           

 

住所 : 新潟県南魚沼郡湯沢町

マップ: Googleマップ

アクセス : JR上越新幹線 越後湯沢駅下車、関越自動車道湯沢ICから車で5分

電話番号 : 025-785-5505

公式URL : 越後湯沢温泉

 

 

2. 湯沢フィッシングセンター

 

 

湯沢フィッシングパークは、越後湯沢駅から比較的近い場所にある観光施設です。

こちらでは、ルアーやエサを使った釣りだけでなく、池の中にジャブジャブと入っていって魚のつかみ取りを楽しめます。

豊かな自然に囲まれた環境で、魚と触れ合いながらアウトドアを楽しみましょう。

 

釣り用具を持っていない方には、レンタル竿、レンタルルアーの貸し出しが行われています。

観光で余分な荷物を持ちたくない方も安心して釣りを楽しめます。

 

 

都市部の釣り堀は、大きないけすを使ったものが多いですが、越後湯沢エリアの緑豊かな環境を生かしたこちらの釣り堀は、300mに及ぶ渓流で釣りを楽しめます。

釣れる魚の中には40cmを超える大物もいるそうです。

 

初めて釣りをする方は、魚がエサやルアーに噛みついた瞬間の感触、自分で魚を釣れた時の喜びなど、さまざまな体験ができます。

自分で釣った魚は、釣り場のそばで炭火焼にしていただきましょう。

 

湯沢フィッシングパークの基本情報

 

                                                          

 

住所 : 新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽6191-512

マップ: Googleマップ

アクセス : JR上越新幹線 越後湯沢駅から観光周遊バスで10分(夏休みのみ)、定期バスで15分、関越自動車道 湯沢I.Cより車で10分

電話番号 : 025-787-3911

定休日 : 12月から4月中旬にかけての休園日(シーズン中無休)

営業時間 : 9:00~17:00(10月中旬以降 8:30~16:30)

料金 : 釣り場2,400円、つかみ取り活け200円

公式URL : 湯沢フィッシングパーク

 

 

3. GALA湯沢スキー場

 

 

GALA湯沢スキー場は、JR上越新幹線の駅から直結というアクセス便利なスキー場です。

冬のスキーシーズンには、広大なゲレンデを求めて県内外から多くの人が訪れます。

 

広いゲレンデの中には、小さな子供でも遊べる雪遊びコーナーもあるので、子供連れの家族も安心して利用可能です。

レンタル用具も充実しているので、自前の用具を持っていない方でもスキーを十分に楽しめます。

 

 

ゲレンデに出ると一面真っ白な銀世界が広がります。

ゲレンデで登った頂上付近からは、越後湯沢エリアを一望できる景色を楽しめます。

 

ゲレンデ内のコースは、初級、中級、上級のコースがバランスよく配置され、幅広い世代の人が楽しめる作りです。

初めてスキーを滑る方は、スキー場内で行われているスキースクールに参加しましょう。

実力別に合わせて丁寧なレッスンをしてくれるので、滑りがグングン上達しますよ。

 

GALA湯沢スキー場の基本情報

 

 

住所 : 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢字茅平1039-2

マップ: Googleマップ

アクセス : JR上越新幹線ガーラ湯沢駅直結、関越自動車道湯沢ICから車で5分

電話番号 : 025-785-6543

定休日 : 5月中旬から12月中旬

営業時間 : 8:00~17:00(気候のより前後あり)

料金 : 一日リフト券:大人4,600円、子供2,300円、シニア3,700円

公式URL : GALA湯沢スキー場

 

 

新潟県のおすすめ観光スポットをエリア別に紹介してきました。

新潟県は縦に長く、広いのでエリアごとにさまざまな観光スポットがあります。

冬のスキーや温泉、都市部の観光スポット巡りなどテーマを決めて観光するのもおすすめです。

 

まだまだ紹介しきれていない魅力が沢山ありますが、今回紹介した観光スポットが旅行やお出かけの参考になれば幸いです。

ぜひ実際に足を運んで自然豊かな新潟県の魅力を体感してみてください。

 

▼合わせて読みたい

・  新潟のお土産10選!新潟県民がおすすめ土産を厳選!

・  新潟県の観光地22選!新潟県民が有名スポットとご当地グルメを厳選!

・  新潟県のおすすめホテルを地域別に12選ご紹介!上越・中越・下越に佐渡のホテルまで

・  新潟県の観光名所10選


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(666)
北海道・東北(47)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(9)
  秋田(1)
  山形(4)
  福島(2)
関東(265)
  埼玉(9)
  千葉(15)
  東京(159)
  神奈川(59)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(6)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(90)
  長野(13)
  新潟(8)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(31)
  愛知(9)
  三重(7)
近畿(101)
  滋賀(7)
  京都(43)
  大阪(27)
  兵庫(15)
  奈良(6)
  和歌山(3)
中国・四国(41)
  鳥取(3)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(11)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(5)
  愛媛(2)
  高知(2)
九州・沖縄(81)
  福岡(15)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(12)
  宮崎(3)
  鹿児島(9)
  沖縄(23)

国外エリア一覧

東南アジア(28)
ヨーロッパ(84)
東アジア・中国・台湾(20)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(10)
オセアニア(11)
アフリカ(2)
北米(19)
中南米(8)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(607)
イベント情報(373)
ショッピング・買い物・お土産(513)
遊園地・テーマパーク(574)
ビジネス・出張(177)
ロケ地、舞台(189)
世界遺産(165)
乗り物・交通・アクセス(710)
宿・旅館・ホテル(202)
旅行準備(448)
歴史・豆知識(894)
温泉・スパ(169)
絶景(506)
聖地巡礼(31)
観光旅行(856)
食事・グルメ(585)
おすすめ/ランキング(749)
デート(673)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(435)
ツアー/旅程(246)
海水浴場・ビーチ・リゾート(69)
日帰り旅(27)
1泊2日(12)
寺院・神社・教会(49)
パワースポット(17)
ファミリー(85)
1人旅(90)
雨の日(19)
モデルコース(4)
メーカー/ブランド(5)

人気記事ランキング