logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 北海道 > 函館

函館で見逃せないお土産10選





北海道新幹線も開通して、観光客がどっと増えた北海道の函館。
最近では夜景や朝市に加えて、レンガ倉庫などレトロ地区の修復がどんどん進んでいます。

函館はまた、日本屈指のグルメタウンであります。
西洋文化がもたらしたエキゾチックな名物料理やお菓子と、魚介類のおいしい港町という、まったく違う顔を持つ街。
ですから、旅のお土産を買うにも困りません。

ここでは絶対にはずせないマストバイな函館土産を10選ご紹介します。
気になったものは是非買ってみて下されば、函館を愛する筆者として嬉しいです!

異国情緒の漂う、函館のお土産

 

函館 は、キリスト教文化の影響が日本の中でも特に濃い街です。

江戸末期から明治、大正、昭和初期にかけ、たくさんの外国人が函館にやって来て、多くの教会やレストランを作りました。

 

旧函館公会堂

 

写真はシンボル的な建物、旧函館公会堂です!

 

ハリストス正教会

 

坂の上の交差点に、カトリックとロシア正教とイギリスの教会の教会がずらりと並んでいますが、そのような光景はなかなか日本国内の他の都市では見ることができません!

本格派の外国文化が港や坂に満ち溢れています。

 

まず、今回はそんなエキゾチックな情緒漂うハイカラな函館ならではのお土産を3つ紹介します♪

どれもこれも外せないものばかりです!それではご紹介して行きます!

 

 

1.トラピスト・クッキー

 

 

トラピスト男子修道院は函館郊外の北斗市にある、厳格なシトー派の男子修道院です。

女性は門より中には立ち入ることができません。

フランス本国同様、厳選されたバターや小麦で院内で作られるトラピスト・クッキー。

 

それはトラピスト・バターやバター飴と並んで、教会の活動を支えるための、貴重な資金源なのです!

明治29年から創業し、専門の工場で作った発酵バターを使った本格派のクッキー。

 

函館ではみんな、子供のころからこれを食べています。

ちょっと甘くて、とてもこくがあり、最近は缶のデザインもカラーの修道院ですが、昔の白黒缶の時代から中身のテイストは変わりません。

 

ハイカラな函館のお土産としては、もっともおすすめの大定番です!

コーヒーや紅茶にもとても合います。

カフェ好きなお友達にもぴったりなお土産ではないでしょうか。

 

また、函館に観光に行ったときには、教会にもぜひ行ってみてくださいね!

教会前の並木はとてもきれいです。

 

トラピスト修道院は函館の中心部から少し離れています。

もし時間がない時には、代わりに女子修道院トラピスチヌ修道院見学はいかがでしょうか?

こちらは事前申し込みなしで、敷地の一部には入ることが可能です。

 

トラピスト男子修道院の基本情報

 

名称 : トラピスト男子修道院

英名 : Tobetsu Trappist Monastery

住所 : 北海道北斗市三ツ石392

アクセス :道南いさりび鉄道線 渡島当別駅から徒歩約20分

電話番号 : 0138-75-2139

注意点 :

見学は男性のみ毎週火曜日午後2時から限定1組(少人数)
事前に往復ハガキでの申し込みが必要

 

 


2.五島軒 函館カレー

 

 

函館の元町地区には、異国情緒たっぷりの建物がたくさんあります。

五島軒は、明治以来この地で営業を続けています。

フランス料理やロシア料理、イギリス料理の影響を受けて、いち早く本格派西洋料理をハイカラな函館市民のために提供していました。

筆者も高校生のころ、このレストランに連れて行かれて、大変緊張して食事をした記憶があります。

 

そんな五島軒でも特に有名なのが、「リッチ鴨カレー」に始まった、各種のカレーなのです。

天皇陛下と皇后様も楽しまれた伝統の味は、こくと滑らかさのある優しい味です。

この味は、函館お土産の定番、レトルトの「函館カレー」として味わうことができますよ!

北海道のお肉と野菜(たまねぎ、じゃがいも、にんじん)にこだわって作られています。

 

他にもこの元町地区のカレーと言えば、坂の下の電車通りにある「小いけ」も有名です。

また、カール・レイモンのハム、トンボロのくるみパンなど、おいしいものがたくさんあります。

 

教会群や公会堂などの建築、多くのカフェ、坂と港、レンガ倉庫と地ビールのビアホールなど、西洋レトロ好きにはたまらないものばかり。

ぜひゆっくりとこのエリアを訪問して見て欲しいと思います!美しい函館の風景もまた、ご自身の心のお土産となるでしょう!

 

五島軒の基本情報

 

名称 : 五島軒

英名 : Gotoken

住所 : 北海道函館市末広町4-5

アクセス :

市電 十字街電停から徒歩3分
JR 函館駅から徒歩25分

電話番号 : 0138-23-1106

定休日 : 1月~2月毎週月曜日定休

営業時間 :

11:30~14:30(L.O)
17:30~20:30(L.O)

料金 : \2,000-

 

 

3.チーズオムレット (ペイストリースナッフルス)

 

 

つい10年ほど前に、「函館に旅行に行ってくる」と言うと絶対買ってきて欲しい、でも日持ちしないからお土産にできないかも、というやりとりが定番だったのが、このペイストリースナッフルスのオムレットでした。

当時は 札幌 の人間にもなかなか手に入らない、なかば幻のお菓子だったのです。

現在ではさすがに入手ができないということはありませんが、やはり函館と言えばスナッフルスのチーズオムレット!というくらい大人気のお菓子です。

 

ふわっとした口どけで消えていくようになくなり、後には濃厚なチーズの残り香にうっとり。

北海道 の材料にこだわって作られていますので、ぜひとも試して頂きたいお菓子です。

 

他にもこのシリーズにはいくつかのタイプがあり、カナダのシロップを使ったメイプルオムレットも大人気♪

また、季節限定でイチゴ味のものが過去に出たりしています。

もしかしたらあなたが購入する時には思わぬ限定品がないか、チェックしてみましょう♪

 

スナッフルスの基本情報

 

名称 : スナッフルス

英名 : Pastry Snaffl's

住所 : 北海道函館市末広町13-9

アクセス : 市電 十字街電停より徒歩5分

電話番号 : 0138-27-1240

定休日 : 年中無休

営業時間 : 9:30~19:00

注意点 : 上記情報は金森洋物館店のもの

 

 


異国からといえば、ブラジルからの贈り物が函館に!

 

函館の歴史にはたくさんの外国人が関わっていますし、最近も「函館民族芸術祭」のように外国文化をウェルカムで受け付けます。

スペイン式のバルもどんどん増えています。

そんな函館にやって来た、ブラジルからの贈り物をひとつご紹介しますね。

 

 

4.コアップ・ガラナ

 

 

ガラナという飲み物をご存知でしょうか?

函館では良く飲まれているメジャーな飲み物ですが、きっと知らないという方も多いのではないでしょうか?

1950年代の後半、あのコカコーラが日本にやってくる!と思った飲料メーカーは、ブラジルの炭酸飲料ガラナを日本風にアレンジして対抗しようとしました。

 

最終的にはコカコーラの進出が遅かった北海道で、ガラナは生き残ったのです!

特に函館ではコアップガラナの人気が強く、それから長い間市民に愛され、いまや函館の個性的はお土産としても愛される存在となりました。

 

コカコーラより甘いけど、癖になる炭酸飲料です。

ガラナには健康に良い成分も含まれていますし、秋や冬の乾燥しがちなシーズンにも最適なお土産ですよ!

 

株式会社小原(製造元)の基本情報

 

名称 : 株式会社小原

住所 : 北海道亀田郡七飯町字中島29-2

アクセス : JR函館本線 大中山駅より徒歩10分

電話番号 : 0138-65-6545

 

 


そして函館の、海の幸のお土産編♪

 

函館漁港

 

異国情緒のあるお土産も良いけど、一方で函館は、道南屈指の大きな港町でもあります。

函館港のほかに専門の漁港があり、写真のように、電球をたくさんつけたいか釣り漁船が待機していますよ!

函館駅前の朝市や、大門の居酒屋群は、とても有名。

 

というわけで、魚介類のお土産もいくつかご紹介しますね。

函館は北海道といっても、南の比較的暖かいエリア。

 

太平洋や日本海のほか、津軽海峡やそれに続く陸奥湾、あるいは噴火湾など、近くには穏やかで魚介がすくすく育つ環境がたくさん。

名物は、まずなんといってもイカ、そして昆布。

 

それから根ボッケという回遊しない脂の乗ったホッケや、もちろんサケ、そして戸井のマグロなど目白押しなのです!

そんな多彩な函館の海産物、何をお土産で買えば良いのか、本当に迷います!

 

 

5.いくら醤油漬(トナミ食品)

 

 

いくら漬には北海道の各地域によって、それぞれ独自のスタイルがあります。

函館のいくらの特徴は、塩辛さが控えめであっさり食べやすい甘口の味付けのものが多く、特に関西では絶大な人気があるとのことです。

最近では健康志向を反映して、関東などそのほかの地域でも人気が出てきました。

 

いくらにはギンザケやベニザケを使う場合も多いのですが、函館で大人気のここ「トナミ食品工業」のいくらは、一味違います!

北海道エリアで取れた秋サケ(シロサケ)の卵を独自のたれに漬け込んだ食べやすいもので、生臭さなどはまったくありませんよ!

 

この500g梱包では、北海道式のご飯が見えないほどのいくら丼が6杯作れる計算なのです。

たっぷりですね!それが2梱包入っていますので、大切にしたいパーティやイベント用などにはうってつけの函館お土産ではないでしょうか?

 

もしすべてをいくら軍艦巻きにしたとすると、100貫分にもなるというから驚くしかありません!

約半年も保存可能な冷凍状態でのお届けですから、これは色々お役に立ちそうです。

 

トナミ食品工業株式会社の基本情報

 

名称 : トナミ食品工業株式会社

住所 : 北海道北斗市追分4丁目6番8号

アクセス : 道南いさりび鉄道線 東久根別駅より徒歩7分

電話番号 : 0138-48-1234 (本部)

 

 


6.がごめおぼろ昆布(梶原昆布店)

 

 

函館のお土産として強い人気があるのが、ここ梶原昆布店の商品。

北海道内、特に多数ある函館市内の漁港でも昆布に関しては、とても評判が高い南茅部産のものをメインに使っています。

真昆布の他にも、特にオススメしたいのが、「がごめ昆布」!

 

これは函館の近海でしか取れない種類で、特にネバネバが強いのです。

そこには健康成分フコイダンがぎっしり!

 

フコイダンは抗酸化、抗ガン作用などがあると言われ、日本よりはヨーロッパで研究が進んでいます。

函館のがごめ昆布もまた、実は世界中でかなり注目されているのです!


ネバネバが強いのでダシには向きません。

ご飯のお供としてとろろ昆布やおぼろ昆布ににするのが一般的。

 

とろろ昆布にとは、昆布を細かく繊維状にしたものです。

おぼろ昆布とは、カンナで削ったように薄く仕上げたものです。

 

函館名産のがごめ昆布を、ぜひご家族やお友達の健康のために、どうぞ!

函館特産の昆布を使ったお土産としては、例えばこの梶原昆布店では、昆布巻の他にも、昆布茶、昆布だし醤油、おやつ昆布など色々なものがありますよ!

もちろん、昆布そのものも日持ちのするお土産として大人気です。

 

株式会社梶原昆布店の基本情報

 

名称 : 株式会社梶原昆布店

住所 : 北海道函館市豊川町23番12号

アクセス : 市電 魚市場通電停より徒歩3分

電話番号 : 0138-83-2428

 

 

7.にしん昆布巻(マルキチ食品)

 

 

昆布専門店の梶原昆布店が作る各種の昆布巻きは、函館のお土産としても大人気。

地物のお魚を甘辛く煮付けて、肉厚の昆布で巻いたものです。

 

特ににしん昆布巻きは、昆布からにしんがどんとはみ出していてボリュームたっぷり♪

大切な人へのお土産に最適ではないでしょうか!

 

この商品を作っているマルキチ食品は大変珍しい、昆布巻がメインのブランドです。

函館市内の戸井にある小安漁港から一流の昆布を仕入れているので、味はばつぐん!

 

マルキチ食品株式会社の基本情報

 

名称 : マルキチ食品株式会社

住所 : 北海道函館市宇賀浦町18-10

アクセス : 市電 堀川町電停より徒歩10分

電話番号 : 0138-51-3316

 

 


8.松前漬け三種詰め合わせ(丸心)

 

 

松前漬けは、元々その名の通り、旧松前藩の城下町・松前で、大量に余った数の子を処理する方法として編み出されたのです。

今では信じられませんが、当時はにしんは肥料として用いられ、数の子をそのままでは食べる人もいませんでした。

そのため、少量のするめいかと昆布を入れて塩につけたのが、松前漬けのスタートです。

 

そのうちにしんがなかなか取れなくなったので、昆布とするめいかを増やして醤油ベースになってから、函館市民みんなに愛される、お土産の顔となりました♪

数の子を使ったトラッドな松前漬けの他にも、ホタテを使ったもの、カニを使ったもの、の合わせて3種類をまとめたセットをどうぞ!

 

株式会社丸心の基本情報

 

名称 : 株式会社丸心

住所 : 北海道函館市西桔梗町9番地2

アクセス : 道南いさりび鉄道線 七重浜駅より徒歩10分

電話番号 : 0138-48-6788

 

 

9.函館イカめし(山徳食品)

 

 

戦時中のお米が不足していた時代、なんとかお腹持ちが良い弁当を作ろうと、函館のお隣の森町で発明されたのがイカめしです。

もち米も混ぜていて甘辛く味付けをしたイカめしは、やがて森町だけではなく渡島地方の名産となりました。

 

函館のお土産としても有名になったイカめし、なんといっても函館漁港の近くにある山徳商店のものが有名です。

比較的小ぶりだけれども風味の良いスルメイカを主に利用しています。

そして色がとても濃く、味がお米にまでしっかり染み込んで茶色になっているのが特徴なのです♪

 

このお店では、他にも中に卵の入ったイカめし「イカたまくん」や、がごめ昆布を利用した商品も人気があります。

いずれも函館のお土産としては評判が良いものばかりなのです。

 

有限会社山徳食品の基本情報

 

名称 : 有限会社山徳食品

住所 : 函館市弁天町18-8

アクセス : 市電 函館どっく前徒歩2分

電話番号 : 0138-22-8755

 

 

10.いかの塩辛 飲兵衛(丸心)

 

 

するめいかを使った保存食、イカの塩辛は代表的な函館の味覚でもあります。

元々函館では「いか売り」という商売がありました。

 

早朝に取れたいかをリアカーで運んで売るのですが、そこで食べられるお刺身は胴体部分。

残ったいかの足やエンペラ(耳)を塩漬けにして保存食としました。

 

ご飯が限りなく食べられてしまう、旨味成分たっぷりのおかずにもなります。

現在では色々な塩辛が売られています♪こちらは厳選されたするめいかを利用し、とくにお酒にぴったりの相性の一品として知られています。

最近では西洋料理でも塩辛をアンチョビのように使うのが流行っているので、もしかしたら料理上手な方へのお土産としても喜ばれるかも知れません。

 

もし可能でしたら、ゆでたジャガイモにバターと塩辛を乗せて食べてみて下さい。

ジャガイモの香りがとてつもなく大きく広がるのです!

 

株式会社丸心の基本情報

 

名称 : 株式会社丸心

住所 : 北海道函館市西桔梗町9番地2

アクセス : 道南いさりび鉄道線 七重浜駅より徒歩10分

電話番号 : 0138-48-6788

 

 

素敵な函館のお土産は、その他にもたくさんあります!

 

その他にも函館のお土産には、おすすめしたいものがたくさんあります。

ラッキーピエロのハンバーガーはちょっと時間が持たないかもしれませんが、特製のマグカップなどはいかがでしょうか?

 

ハセストことハセガワストアのポークを使った焼き鳥弁当も、数時間で食べてしまう近場のお土産には絶対おすすめします!

食欲の秋には、函館に旅行し、その美味をお土産として買って、みんなで楽しみませんか?

 

▼関連記事

 

・  北海道のお土産10選!ロイズや六花亭など北海道のグルメお土産を厳選!


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(152)
北海道・東北(17)
  北海道(8)
  宮城(4)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(42)
  千葉(5)
  埼玉(3)
  山梨(3)
  東京(16)
  栃木(1)
  神奈川(11)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(20)
  三重(2)
  富山(1)
  愛知(3)
  新潟(3)
  石川(2)
  福井(1)
  長野(3)
  静岡(5)
近畿(26)
  京都(7)
  兵庫(7)
  和歌山(1)
  大阪(8)
  奈良(1)
  滋賀(2)
中国・四国(14)
  山口(2)
  岡山(3)
  島根(1)
  広島(3)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(18)
  大分(1)
  宮崎(1)
  沖縄(9)
  熊本(2)
  福岡(2)
  長崎(2)
  鹿児島(1)

国外エリア一覧

東南アジア(12)
ヨーロッパ(13)
東アジア・中国・台湾(6)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(6)
オセアニア(3)
アフリカ(1)
北米(5)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(112)
イベント情報(121)
ショッピング・買い物・お土産(111)
シーン別(166)
ビジネス・出張(74)
マナー(52)
ロケ地、舞台(78)
世界遺産(42)
乗り物・交通・アクセス(169)
宿・旅館・ホテル(77)
旅行準備(137)
歴史・豆知識(186)
温泉・スパ(65)
絶景(139)
聖地巡礼(16)
観光旅行(207)
言語・役立ちフレーズ(9)
食事・グルメ(155)
ランキング(75)
デート(126)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(67)
ツアー/旅程(10)
海水浴場・ビーチ・リゾート(12)

人気記事ランキング