logo

top > 東南アジア > タイ > プーケット

プーケットの観光地14選!タイ旅行では欠かせない定番ビーチリゾート





日本だけでなく、欧米でも注目されているアジアのスーパーリゾート、それがタイのプーケット。

プーケットは、タイの首都バンコクから飛行機で1時間20分で到着する、タイ南部の島です。

このプーケット島は、タイ最大の島でもあり、エメラルドグリーンの美しい海と真っ白な砂浜があることから、「アンダマン海の真珠」とも呼ばれています。

世界中から、毎年600万人以上の人が観光のために訪れるプーケットのおすすめ観光スポットを、TABI CHANNEL編集部独自の目線で紹介します。

プーケットのおすすめ観光・旅行スポットその9:プーケット・オールドタウン

 

Phuket old town

 

プーケット・オールドタウンとは?

 

プーケットは、日本の江戸時代以前より栄えてきた、由緒ある街です。

 

16世紀には、中国とインドの貿易の中継地として、17世紀になるとポルトガルとの貿易で栄えます。

そして、東西の文化が交差する街としてプーケットの旧市街は発展しました。

その後、19~20世紀にかけては、すずの貿易で大変繁栄しました。

 

プーケット・オールドタウンは、中国とポルトガルの影響を受けた特徴のある建物(シノポルトガルスタイルと呼ばれる建築物)が保存されており、往年の繁栄の名残を今に残す地区です。

 

プーケット・オールドタウンの魅力って?

 

プーケット旧市街地の最大のおすすめポイントは、100年以上前に建てられた建築物です。

こうした美しい建築物を目の前に観光することによって、歴史ロマンにひたることができます。

 

しかも、オールドタウンには昔ながらの中国系の商店やインド系のレストランだけでなく、地元の若者にも人気のあるお店がたくさんあります。

たとえば、お洒落なタイシルクの店や土産物店、レストランやカフェなどです。

加えて、ライトアップされた夜の旧市街は、昼とは違う幻想的な美しさで観光客を魅了してくれます。

 

文化の東西だけでなく、新旧も併せて楽しめるプーケット・オールドタウンは、観光の際にぜひ立ち寄りたいおすすめスポットの一つです。

 

プーケット・オールドタウンの情報

 

【名称】 プーケット・オールドタウン(Phuket old town)

【住所】 Thalang Road, Phuket Town, Phuket

【営業時間】 24時間

【料金】 無料

【定休日】 無休

 

プーケットのおすすめ観光・旅行スポットその10:プラ・プッタミングモンコン

 

Phra Buddha Ming Mongkhol Sattha

 

プラ・プッタミングモンコンとは?

 

ここは、通称「ビッグブッダ」として知られている観光名所です。

この仏像は、シャロン地区とカタ地区の中間地点にあるナッカード山の山頂にそびえる巨大な建造物です。

大きさは、高さ45メートル、幅25メートルです。

その大きさはわかりにくいですが、高さにすると14,5階建てのマンションの高さとほぼ同じです。

幅は、小学校のプールの長さほどもあります。

 

建立のきっかけは、2004年に起きたスマトラ島沖地震でした。

その際、ここプーケットも大きな被害を受けましたが、その後の島や海の安全を祈願して、この仏像の建立が始まりました。

驚いなのは、これほどの大きさの仏像の作成に必要な多額の資金すべては、なんとこれをすべて寄付で賄っているそうです。

タイ人の信仰心の厚さには、驚きます。

 

プラ・プッタミングモンコンの魅力って?

 

こちらの仏像は、なんとすべてが大理石でできています。

正確には、大理石の板を表面すべてに張り付けています。

そのため、その白さがとても美しく、一度観光の際に訪れて生で観てみることをおすすめします。

 

また、仏像の表情はどこか優しそうに見えることから、日本の仏像とビッグブッダの表情の違いを比較しながら見学するのも、とても興味深い体験です。

歴史や文化に興味のある方には、絶対におすすめしたいプーケットの観光スポットです。

 

ビッグブッダのお隣には、真鍮製のゴールデンブッダなるものも建立されています。

この絶妙なコントラストも、観光客の目を楽しませてくれます。

そして、高台に建つ仏像からは、とてもきれいな景色が楽しめます。

ここから眺めるシャロン湾やプーケットタウンの景色は、まさに最高!の一言です。

建築物に興味がない方も、この景色を見に行ってみることをおすすめします。

 

プラ・プッタミングモンコンの情報

 

【名称】 プラ・プッタミングモンコン(Phra Buddha Ming Mongkhol Sattha)

【住所】 42/14 Theokasattree Rd.,Moo.2,T. Rassda, A.Muang, Phuket

【営業時間】 7:00〜21:00

【料金】 寄付

【定休日】 無休

 


プーケットのおすすめ観光・旅行スポットその11:ワット・シャロン寺院

 

Wat Chalong

 

ワット・シャロン寺院とは?

 

この寺院は、正式名称を「チャイタララーム寺院」という、プーケット最大のお寺で非常に有名です。

プーケットタウンとパトンビーチから、車でおよそ30分という場所にあるため、立地的にもとても観光客にとって便利な場所にあります。

 

この寺院の正式な建立時期などは不明ですが、一説によると1837年、プーケットがすずの産業で大変にぎわっていた時代と言われています。

その日から今日まで、プーケットの信仰の中心として、地元の人はもとよりタイ全土や外国人の観光客から崇められてきた寺院は、プーケットの深い歴史を垣間見られるおすすめのスポットです。

 

このお寺の本堂には、1876年にプーケットで起こった中国移民の反乱を制圧した人物として知られる二人の高僧、ルアン・ポー・チャムとルアン・ポー・チャングが祀られています。

プーケットに住む信者は、この二人の僧侶には不思議な力が備わっていると信じており、彼らの像に金箔を張り付け、ハスの花や線香をお供えするようです。

 

ワット・シャロン寺院の魅力って?

 

この寺院は、まず日本では見ることができない建築物です。赤や金などの色とりどりでカラフルな建造物は、観光客にとても強い印象を与える建物です。

 

建物のつくりも、非常に興味深いです。

タイ独特の建物というよりは、若干中国の影響を受けているため、文化の融合をここでも楽しむことができます。

また、仏塔は南部、中央と北部建築が混ざったスタイルであることも、訪れる人を楽しませてくれるポイントの一つです。

宗教にかかわりなく、建築のスタイルを楽しむことができるこちらの寺院は、観光におすすめです。

 

加えて、観光で訪れた人もお寺を見物するだけでなく、お坊さんに経をあげてもらったり、花や線香を寄進したりすることが可能です。

花や線香は、この寺で購入することができますから、事前の準備も必要ありません。

パワースポット巡りをされる方は、こちらの寺のお参りもおすすめです。

 

ワット・シャロン寺院の情報

 

【名称】 ワット・シャロン寺院(Wat Chalong)

【住所】 Chaofa Road (West) Chalong Phuket,Phuket Town, Phuket

【営業時間】 7:00〜17:00

【料金】 お供え用の代金

【定休日】 無休

 

プーケットのおすすめ観光・旅行スポットその12:プーケットファンタシー

 

Phuket FantaSea

 

プーケットファンタシーとは?

 

プーケットの西岸のカマラ地区にオープンした、プーケット初かつ最大のカルチャー・テーマパーク、それがプーケットファンタシーです。

このテーマパークは140エーカー、東京ドーム約12個分という巨大な土地に作られた施設で、プーケットの文化や雰囲気を味わうことができると評判の観光スポットです。

 

こちらの施設では、カルチャーショーや、ビュッフェレストラン、民族衣装を着ながらの写真撮影スポットなどの、数多くのアトラクションが用意されています。

また敷地全体は、かつて存在した「カマラ王朝」をイメージして作られ、王国の神話にちなんでタイの文化や古典舞踊などを楽しめるショーが開催されています。

 

プーケットファンタシーの魅力って?

 

このプーケットファンタシーでは、動物と人間が入り混じるショーが行われます。

これは、スケールも大きくとてもダイナミックなショーです。

また、アクロバットショーもあるので、小さなお子さんと一緒に行っても、家族みんなで楽しむことができます。

まさに南国ならではの雰囲気を楽しめるショーは、観光の際に必ず行きたいおすすめスポットです。

 

しかし、見所はショーだけではありません。

愛らしい小象やトラの赤ちゃんと、またきらびやかなタイ舞踊衣装の美女たちと記念撮影ができ、旅の思い出の一枚を増やすことができます。

また施設内ではそのほかにも、像の上に乗って歩くこともできます。

エレファントライドの際には、カメラを渡すと撮影してくれます。

 

レストランの食事は、本場のタイ料理です。

デザートの果物は、南国ならではのジューシーでとってもおいしいフルーツがたくさんあります。

お友達や家族といったグループでの観光にとてもおすすめです。

 

プーケットファンタシーの情報

 

【名称】 プーケットファンタシー(Phuket FantaSea)

【住所】 99 Moo3 Kamala Beach, Kathu, Phuket

【営業時間】 17:30〜23:30

【料金】 各プランにより異なります(ショーのみで1,800バーツ)

【定休日】 木曜日

 


プーケットのおすすめ観光・旅行スポットその13:プロムテープ岬

 

Laem Phromthep

 

プロムテープ岬とは?

 

プーケット島最南端に位置するこの岬は、プーケットを訪れた観光客が必ず訪れると言われるほどの観光スポットです。

プーケットで一番はもとより、タイ国内でも一番美しい夕日が見られる場所とも言われています。

 

この岬がおすすめ観光地であるのは、もう一つ別の理由もあります。

それは、プーケットを取り囲むアンダマン海の碧い水平線の彼方を一望できるからです。

近くの小さな島々も併せて見られる絶景スポット、としても有名です。

 

また、こちらの岬にはヒンズー教の神様の像が祀られています。

地元では、どんな願いでも一つかなえてくれるといわれており、パワースポットとしても人気です。

 

プロムテープ岬の魅力って?

 

夕方に到着して夕日が沈んでいく姿を見るのは定番の観光ですが、やはりおすすめです。

水平線のかなたに沈んでいく太陽は、実にダイナミックで自然の素晴らしさに驚嘆すること間違いありません。

 

ツアーの関係で、プロムテープ岬を昼間に訪れることもありますが、夕日が見られなくても、ここへ来た甲斐は十分にあります。

旅行中のゆったりした雰囲気で水平線を見つめていると、地球の大きさやその形が丸いということを再認識できます。

これだけでも、ここに観光に来てよかったと思えます。

 

サンセットを見ても見なくても満足できるプロムテープ岬は、たいへんおすすめの観光スポットの一つです。

 

プロムテープ岬の情報

 

【名称】 プロムテープ岬(Laem Phromthep)

【住所】 Rawai,Mueang Phuket,Phuket

【営業時間】 24時間

【料金】 無料

【定休日】 無休

 

プーケットのおすすめ観光・旅行スポットその14:ウィークエンドマーケット

 

ウィークエンドマーケットとは?

 

週末のみ開催されるウィークエンドマーケット。

観光客向けのナイトマーケットではなく、現地の人向けのナイトマーケットです。

そのため、値段は元々安くあまり値切り交渉は出来ません。

タイの人のディープな生活を垣間見ることが出来るところが魅力ですね。

 

ウィークエンドマーケットの魅力って?

 

食べ物や日用品はもちろん、洋服やお土産も売ってます。

土日の17時ころからぽつぽつと営業が始まり、20時ころには人でいっぱいです。

マーケットの近くにはタクシー乗り場もあるため、帰りも心配ありません。

ただ、タクシーと言っても、メーターのない普通の自家用車だったりします。

前に値段をきちんと確認した方が無難です。

行先も間違われないように入念に伝えてくださいね!

 

 

17時くらいからお店がオープンし始めます。

 

 

マーケット内には簡易レストランも多くあります。

タイ料理はもちろん、シーフードも楽しめます。

 

 

日用品店の片隅にタイシルクの山が!

プーケット各地で目にするお土産です。

様々な柄があり、他の人と被らないのでお勧めです。

沢山買うと割引してくれるかも?!

 

ウィークエンドマーケットの情報

 

【名称】 Phuket Weekend Market

【住所】 Chao Fa West Road, Phuket

 

 

南国の楽園プーケットは世界有数の観光地であり、紹介しきれないほどのたくさんの観光スポットがあります。

是非とも、然の宝庫プーケットへ旅行して休暇を楽しまれてください。

体も心もリフレッシュできますよ。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(196)
北海道・東北(19)
  北海道(10)
  宮城(4)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(61)
  千葉(5)
  埼玉(4)
  山梨(3)
  東京(30)
  栃木(1)
  神奈川(15)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(28)
  三重(2)
  富山(1)
  愛知(5)
  新潟(3)
  石川(4)
  福井(1)
  長野(5)
  静岡(6)
近畿(33)
  京都(10)
  兵庫(8)
  和歌山(1)
  大阪(11)
  奈良(1)
  滋賀(2)
中国・四国(15)
  山口(2)
  岡山(3)
  島根(1)
  広島(4)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(25)
  大分(1)
  宮崎(1)
  沖縄(11)
  熊本(2)
  福岡(5)
  長崎(3)
  鹿児島(2)

国外エリア一覧

東南アジア(14)
ヨーロッパ(15)
東アジア・中国・台湾(8)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(6)
オセアニア(4)
アフリカ(1)
北米(6)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(138)
イベント情報(154)
ショッピング・買い物・お土産(153)
シーン別(218)
ビジネス・出張(99)
マナー(57)
ロケ地、舞台(100)
世界遺産(45)
乗り物・交通・アクセス(214)
宿・旅館・ホテル(94)
旅行準備(193)
歴史・豆知識(240)
温泉・スパ(77)
絶景(161)
聖地巡礼(22)
観光旅行(260)
言語・役立ちフレーズ(10)
食事・グルメ(205)
ランキング(126)
デート(168)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(99)
ツアー/旅程(16)
海水浴場・ビーチ・リゾート(17)

人気記事ランキング