logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 韓国

韓国のおすすめ観光スポットまとめ!韓国で買い物や絶品グルメを満喫しよう





日帰りでも行ける、日本から一番近い外国「韓国」。
時差もなく、比較的安く行けるため、老若男女を問わず長年人気の旅行先です。

一度訪れるとその魅力の虜になり、一年に何度も足を運ぶ人もいるほど。
韓国の文化や歴史に触れられる観光スポットが豊富にあることや、コスメやファッションが充実しており、常にトレンドの最先端をいっているのも人気の理由の一つです。

今回は、そんな韓国の定番・穴場の観光スポットから、行ったらぜひ食べてほしい絶品グルメをご紹介します。
韓国旅行や観光をより楽しめる情報が盛りだくさんです。

【目次】韓国のおすすめ観光スポットまとめ!韓国で買い物や絶品グルメを満喫しよう

 

1ページ目 :

 

韓国について

韓国の基本情報

日本から韓国へのアクセスは?

韓国出入国に必要な書類は?

韓国の言語・公用語は?

<韓国・ソウルのおすすめ観光スポット>

1. 景福宮(キョンボックン)

2. Nソウルタワー

3. NANTA明洞劇場

4. 宗廟(チョンミョ)

<韓国・釜山のおすすめ観光スポット>

1. 海東竜宮寺

2. 梵魚寺(ポモサ)

3. 釜山タワー

4. チャガルチ市場

5. 国際市場(クッチェシジャン)

 

2ページ目 :

 

<韓国・慶州のおすすめ観光スポット>

1. 国立慶州博物館

2. 仏国寺(プルグッサ)

3. 石窟庵(ソックラム)

4. 大陵苑・天馬塚(デルンワン・チョンマチョン)

韓国料理を食べよう!

1. トッポギ

2. ダッカルビ

3. サムギョプサル

4. ビビンバ

5. プルコギ

6. チゲ

7. 韓国粥

 

3ページ目 :

 

韓国で買い物をしよう!

1. 明洞(ミョンドン)/ソウル

2. 梨大(イデ)/ソウル

3. 南大門(ナンデンムン)/ソウル

4. 釜田市場/釜山

5. 新世界デパート(シンセゲギャラリー)/釜山

韓国でお土産を買おう!

1. ハニーバターアーモンド/ポテトチップス

2. 韓国のり

3. LINE・KAKAOフレンズ商品

4. コスメ商品

5. スタバ限定商品

6. ポジャギ

週末海外はサクッと韓国へ!

 

 


韓国について

 

韓国

 

海を挟んで隣り合い、日本のご近所さんである「大韓民国」、通称「韓国」。

 

日本と同じ北半球の真ん中の緯度に位置していることもあり、四季がはっきりと分かれています。

夏は降水量が増え暑く、冬はあまり雨は降らないものの、気温はとても低いのが特徴です。

気候に関しては、夏は日本と比較的変わりませんが、冬はシベリア地方から流れ込む寒波の影響で冷え込みます。

 

最も冷えるといわれている1月には、河川の水が凍り、最低気温が氷点下15度を下回ったり、ときには最高気温が氷点下になることもあります。

寒さに慣れていない方は、過ごしやすい春か秋に行くのがおすすめです。

 

また、韓国は年間を通して空気が乾燥している傾向があります。

日本のように湿気が多くないことから、カラッとしていて快適ではあるものの、火の元には注意して過ごしましょう。

 

 

韓国の基本情報

 

韓国 情報

 

国名:大韓民国

国土:100,200km(日本の3分の1)

人口:5147万人(2017年現在)

民族:ほとんどが朝鮮民族

言語:韓国語(ハングル語)

宗教:仏教、プロテスタント、カトリック

日本との時差:なし

通貨:ウォン(KRW)

 

 


日本から韓国へのアクセスは?

 

飛行機 空

 

韓国は、飛行機と船で行くことができます。

 

まずは飛行機で行く場合ですが、日本から韓国までの航空便は多くの航空会社から直通便が出ています。

日本からの航空便は、羽田や成田といった関東地方をはじめ、 福岡 や新千歳、中部、関空国際空港など、日本全国から毎日運行しています。

 

成田からソウル間の飛行時間は、おおよそ3時間。

他の国内からの出発地でも、あまり飛行時間に差はありません。

 

飛行機以外の行き方は船(フェリー)があります。

船は、釜山行きのみの運行で、下関港、対馬、博多、大阪港が出発地です。

大型船でいくと、機内食で韓国料理が味わえたり、大浴場が設置してあったりと、道中も快適に過ごすことができますよ。

 

フェリーの運航時間は、福岡から韓国まででおおよそ3時間。

ただ、下関港や 大阪 からは10時間を優に超える運航時間になるため、旅行日程を考えて行くようにしてくださいね。

 

 

韓国出入国に必要な書類は?

 

空港

 

韓国に入国するときには、「入国カード」と「税関申告書」を1人につき1枚ずつ記入する必要があります。

 

飛行機の場合、機内で客室乗務員から手渡されることになるので、日本人だということをあらかじめ伝え、日本語で書かれている入国カードをもらいましょう。

「2枚も書かなければならない…!」と不安になる方もいるかもしれませんが、税関申告書についてはチェックを入れて署名するのみの簡単なものです。

2枚ともおおよそ5分ほどで完了するため、着陸する前に書き終わっておくとスムーズに入国することができるのでおすすめ。

 

また、日帰りのときにも、一般の旅行者と同じように入国カードと税関申告書の2枚を記入します。

日帰りの場合は「入国カード」と「税関申告書の滞在先欄」には書くことがないので、そのようなときは「Day trip」(日帰り旅行)と書いておきましょう。

 

 


韓国の言語・公用語は?

 

韓国 チマチョゴリ

 

韓国の公用語は、もちろん韓国語です。

字体は、ハングル文字が使われています。

日本人旅行者が行く明洞や市場などの定番観光スポットにいるほとんどの韓国人が、買い物をするときに使う簡単な日本語を話すことができます。

 

日本よりも丁寧な接客をしてくれるお店もあります。

市場やお店などでの値引き交渉は当たり前なため、日本語で「もう少し安く…!」などお願いしてみると応じてくれる場合も。

また、日本語が通じなくても、簡単な英語やジェスチャーでも十分くみ取ってくれる文化があるため、韓国語が全く読めない場合も怖がる必要はありません。

 

ちなみに、韓国語で「ありがとう」は「감사합니다(カムサハムニダ)」。

その他、「値引きしてください」は「깎아 주세요(カッカジュセヨ)」です。

積極的にコミュニケーションをとって、お得に買い物しましょう。

 

 

<韓国・ソウルのおすすめ観光スポット>

 

韓国と一言でいっても、観光名所はたくさん。

現在でも、アジアを代表する歴史的建造物が多く残っています。

ここでは、韓国の中でもソウルのおすすめ観光スポットをご紹介します。

 

1. 景福宮(キョンボックン)

 

韓国 景福宮

 

ソウルの観光スポットといえば、景福宮(キョンボックン)。

ビルなどが立ち並ぶ都会ソウルの中心地にあり、ソウル市内にある5つの王宮の中でも一番規模が大きいです。

その出で立ちは迫力満点で、李朝時代の歴史をそのまま表現しています。

 

景福宮は600年ほど前に建てられた王宮で、現在では韓国の史跡にも指定されている歴史的建造物です。

建物だけでなく、景福宮の中にも多くの文化財が並べられており、博物館も併設されているため見応えは抜群。

 

韓国伝統衣装の「チマチョゴリ」を着ていると、景福宮の入場料が無料になることから、宮内には韓服をきた観光客がたくさんいます。

景福宮の近くには韓服を安くでレンタルしているお店がいくつかあり、予約なしの当日レンタルもできるので、おしゃれをして訪れても良いでしょう。

 

チマチョゴリ 韓国民族衣装

 

また、期間限定で夜間公開もしています。

ライトアップされた景福宮は、昼とはまた違う表情で優美そのものです。

リピーターも多いスポットなので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

景福宮の観光情報

 

韓国名称:경복궁(キョンボックン)

住所(韓国語):서울시 종로구 세종로 1번지 1

住所(日本語):ソウル市 鍾路区(チョンノグ)世宗路(セジョンノ)1-1

電話番号:02-3700-3904

営業時間:9:00~18:00(3~5月、9~10月)、9:00~18:30(6~8月)、9:00~17:00(11~2月)

定休日:毎週火曜日

公式サイト:  景福宮

 

2. Nソウルタワー

 

Nソウルタワー

 

南山公園に位置する、ソウルのシンボル的存在の「Nソウルタワー」。

 

中心地から近く、人気観光スポット明洞の通りからもソウルタワーを見上げることができます。

高さは約270mで 東京タワー よりも高く、南山と合わせるとその高さなんと海抜497m。

 

そもそもNソウルタワーは、テレビやラジオの電波塔としての役割を担っており、韓国のあらゆるテレビ放送の電波を発信しています。

一般公開もされており、現在ではソウルの定番観光スポットといわれるまでになりました。

 

ソウルタワー 景色

 

天気の良い日はソウルの絶景を360度見まわすことができるので、観光客にはおすすめです。

ソウルの中心地から近いこともあり、アクセスもしやすいのも魅力的なポイント。

2012年より、環境保護のためにタクシーでの乗り入れが禁止されているため、Nソウルタワーに行くときにはバスもしくはケーブルカーで行くようにしてください。

 

ソウルタワーは、通称「恋人の聖地」とも呼ばれているカップルにおすすめの観光スポットでもあります。

韓国ドラマのロケ地としても有名で、「星から来たあなた」や「美しき日々」などで取り上げられました。

ドラマ内でもカップルが南京錠に愛をこめて、鍵をかける様子が描かれているんです。

それから、カップルは愛の南京錠をかけることで、永遠の愛を誓える場所として有名になったといわれています。

 

ソウルタワー 南京錠

 

南京錠には手書きのメッセージが書かれており、カップルだけでなく、恋の願掛けとして訪れる人も少なくありません。

メッセージには、英語や日本語などあらゆる言語のものが見受けられ、世界各国から観光客が訪れていることがわかります。

キーツリーに南京錠をかける行為自体は無料で、南京錠は現地調達することができ、付属品で油性ペンもついているため、ソウルタワーに行った際には願いを込めてみてはいかがでしょうか。

 

Nソウルタワーの観光情報

 

韓国名称:N서울타워(エンソウルトウォ)

住所(韓国語):서울특별시 용산구 용산동2가 산1-3

住所(日本語):ソウル特別市 龍山区 龍山洞2街 山1-3

電話番号:02-3455-9277

営業時間:23:00(土曜のみ24:00)

定休日:無休

公式サイト:  Nソウルタワー

 

3. NANTA明洞劇場

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by MARU/まる (@maru23_insta) on

 

韓国の伝統的リズムにのって、言語を使わずコミカルに魅せるエンターテインメントショーが行われているのが「NANTA明洞劇場」です。

キッチンが舞台になっており、その中で起こる出来事を面白おかしくパフォーマンスするショー。

韓国の伝統の「サムルノリ」のリズムに合わせて、テンポよく繰り広げられる芸には釘付けになること間違いなしです。

 

最初から最後まで、言語の壁を感じずに見ることができるので、外国人観光客の満足度はかなり高め。

舞台上のパフォーマーだけでなく、客席を巻き込んだ演出もあり、運がよければあなたもステージに招かれるかもしれません。

 

明洞劇場以外にも、ソウルだと弘大(ホンデ)や済州島(チェジュド)に専用劇場があります。

韓国以外でも アメリカ 中国 でも人気が広がってきているので、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

 

NANTA明洞劇場の観光情報

 

韓国名称:명동난타전용극장(ミョンドンナンタチョニョンクッチャン)

住所(韓国語):서울특별시 중구 명동2가 50-14, 3F

住所(日本語):ソウル特別市 中区 明洞2街 50-14, 3F

電話番号:02-739-8288

公演時間:

17:00~、20:00~(月~金)
11:00~、14:00~、17:00~、20:00~(土)
14:00~、17:00~、20:00~(日)

定休日:無休

 

4. 宗廟(チョンミョ)

 

宗廟

 

李朝時代の歴代王と王妃が祭ってある霊廟(そうびょう)が宗廟です。

伝統的な風貌と歴史的価値が認められ、1995年にユネスコ世界文化遺産にも認定されています。

当時のままといってもいいほど綺麗に残っている建物は、まさに圧巻です。

 

土曜日と毎月最終水曜日以外は、ガイドと同行しないと中を見ることができません。

また、ガイドの説明も当時の歴史の話しがほとんどのため、あらかじめ韓国の歴史について勉強しておくと話がより把握しやすく楽しめます。

 

宗廟付近は、緑が多く散歩をするだけでも気持ちいい場所です。

ソウルの中心部とは思えないほど落ち着いていて、野生のリスがちらほらいるほど。

 

韓国 リス

 

宗廟といっても、一つの建物だけではなく守僕房(スボッパン)、版位台(パンウィデ)など祭祀を行うために使用した数々の施設があるので、散歩がてらすべての施設をゆっくりと時間をかけて見てくださいね。

 

宗廟の観光情報

 

韓国名称:종묘(チョンミョ)

住所(韓国語):서울특별시 종로구 훈정동 1

住所(日本語):ソウル特別市 鍾路区 薫井洞 1

電話番号:02-765-0195

営業時間:9:00~18:00(2~5月、9~10月)、9:00~18:30(6~8月)、9:00~17:30(11~1月)

定休日:火曜(祝日は通常営業)

公式サイト:  宗廟

 

 


<韓国・釜山のおすすめ観光スポット>

 

釜山は、距離的には日本に最も近い町といわれているソウルよりも落ち着いた港町です。

釜山国際映画祭や、2002年に行われたワールドカップで知ったという方も多いのではないでしょうか。

「名前は聞いたことがあるけど何があるかイマイチわからない…」という方のために、ここからは釜山のおすすめ人気観光スポットを紹介していきます。

 

1. 海東竜宮寺

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Amazing places in Korea (@kankokubiyou) on

 

釜山市内から車で約30分ほど行ったところに位置する、願い事を叶えてくれるというお寺が「海東竜宮寺」です。

海東竜宮寺は、1397年に建てられ、現在では韓国を代表する三大観音聖地のひとつとして知られています。

 

本殿に向かう途中には銅銭占いがあり、石橋の上から仏が持つ器にコインを入れられたら願い事が一つ叶うんだとか。

訪れた方は皆さん一度は挑戦していますが、その難易度はなかなか高く、あちらこちらにお賽銭が散らばっているのがわかります。

海東竜宮寺で最も有名なのが、本殿にある高さ約10mの海水観音大仏で、そこから韓国の海を見守り続けているともいわれています。

 

地元の人たちにも深く信仰されている人気なお寺なため、平日でも地元の方たちを含め混んでいることが多いです。

釜山でお買い物するのも良いですが、せっかくなら立ち寄ってみてください。

海東竜宮寺は100段以上の階段があったり、海沿いにあるということから風が強いときは足場が悪くなるなど天候に左右されるので、行くときはスニーカーや歩きやすい履物で行くことをおすすめします。

 

海東竜宮寺の観光情報

 

韓国名称:용궁사(ヨングンサ)

住所(韓国語):부산광역시 기장군 기장읍 시랑리 416-3

住所(日本語):釜山広域市 機張郡 機張邑 侍郎里 416-3

電話番号:051-722-7744

公演時間:日の出~日没

定休日:無休

料金:無料

公式サイト:  海東竜宮寺

 

2. 梵魚寺(ポモサ)

 

ポモサ 韓国

 

梵魚寺は、韓国の仏教最大勢力をもつ曹渓宗のお寺です。

名前の由来は、お寺にも入っている魚からきたといわれています。

金井山には石の上に井戸があり、その井戸はいつもいっぱいの水で満たされていたとのこと。

水は黄金色をしており、中には天から舞い降りた魚が遊んでいたそうです。

 

そこで金色という山の名前と天にいた魚が遊んでいたことから、「梵魚寺」と名付けられました。

釜山にあるお寺の中でも歴史が深く、その出で立ちに心惹かれる人が多いことから釜山の観光スポットとしても人気です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Leo (@paochienchang) on

 

梵魚寺の周りは緑に囲まれており、静かな雰囲気が落ち着きます。

また、寺内の大雄殿、大雄殿の中にある三層石塔ともに、重要文化財に認定されている歴史的建造物です。

梵魚寺を見た後は、売店もあるのでキーホルダーなどの小物をお土産として買っても良いでしょう。

 

梵魚寺の観光情報

 

韓国名称:범어사(ポモサ)

住所(韓国語):부산광역시 금정구 청룡동 546

住所(日本語):釜山広域市 金井区 青龍洞 546

電話番号:051-508-3122

公演時間:9:30~18:00

定休日:無休

料金:無料

公式サイト:  梵魚寺

 

3. 釜山タワー

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by yumi (@yu_mi677) on

 

釜山のシンボルといえば、「釜山タワー」。

釜山にきて、釜山タワーに行かない人はいないほど定番の観光スポットです。

高さ120mから見える360度パノラマは圧巻の絶景で、釜山市内を一望できます。

 

釜山タワー 韓国

 

お昼と夜とでは全く違う表情が見れて、同じ場所で二度景色を楽しめるのも魅力の一つです。

龍頭山公園の中にある釜山タワーの他にも、釜山の歴史を知れる数々の銅像や石碑、花時計などまったりした時間を過ごせます。

釜山タワーの頂上までは、エスカレーターとエレベーターを使って行くことができますが、帰りは徒歩のみですので行くときは注意してくださいね。

 

また、毎週末は公園内で伝統舞踊が行われます。

釜山の重要無形文化財に認定されている民族遊戯や楽器の演奏などがあるので、前もって調べておくと貴重な演奏を直接聞けるかもしれません。

 

釜山タワーの観光情報

 

韓国名称:부산타워(プサンタウォ)

住所(韓国語):부산광역시 중구 광복동2가 1-2

住所(日本語):釜山広域市 中区 光復洞2街 1-2

電話番号:051-661-9393

公演時間:10:00~23:00(最終受付22:30)

定休日:無休

料金:釜山タワー入場料8000ウォン(大人)、6000ウォン(子供)

公式サイト:  釜山タワー

 

4. チャガルチ市場

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by yoshi44 (@yoshiyuki.sato) on

 

活気あふれる港町ならではの雰囲気が味わえるのが「チャガルチ市場」。

地下2階から7階にわたり、すべてが市場という圧巻の作りなんです!

 

毎日新鮮な魚が売り買いされており、その様子は迫力満点。

韓国の中でも最大級の大きさを誇る魚市場なので、すべて回りきるだけで半日はかかります。

日本でいう「豊洲市場」のようなところです。

 

早朝から開いているため、朝ごはんを食べにくる観光客もよく見られます。

市場で魚を買うと、指定の食堂で即時にさばき、刺身や煮つけにしてくれることもあるんだそう。

 

別途料理代はかかるものの約500円ほどなので、新鮮な魚をすぐに食べられると思えば安いですよね。

ただ、何人前かや味付けの要望によっては料金が変わってくるので、あらかじめ注文内容と料金を確認して調理してもらうと安心です。

 

チャガルチ市場の観光情報

 

韓国名称:자갈치시장(チャガルチシジャン)

住所(韓国語):부산광역시 중구 남포동4가 37-1

住所(日本語):釜山広域市 中区 南浦洞4街 37-1

電話番号:051-661-9393

公演時間:5:00~22:00

定休日:第1、3火曜日

公式サイト:  チャガルチ市場

 

5. 国際市場(クッチェシジャン)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @iam.yusan on

 

「国際市場」は、食べ物から衣料品、食器、化粧品など何から何まで揃っています。

早朝の営業開始から地元の人をはじめ、観光客など多くの人が押し寄せる人気観光スポットです。

まったりショッピングというよりは、お祭りのような雰囲気でとにかく活気があります。

 

スーツケースを持って回るのは少し大変なほどの人手と活気なので、手荷物は少なめにして行くのが良いでしょう。

現地でしか買えないようなアクセサリーや洋服はもちろん、小腹がすいたら屋台に寄り、食べ歩きもできるため、食も買い物も楽しめる良いとこどりのスポットといわれています。

歩いているだけで楽しめる場所なので、ぜひ本場の雰囲気を体感しに行ってみてください。

 

国際市場の観光情報

 

韓国名称:국쩨시장(ククチェシジャン)

住所(韓国語):부산광역시 중구 신창동4가, 국제시장 일대

住所(日本語):釜山広域市 中区 新昌洞4街, 国際市場 一帯

電話番号:051-242-8253

公演時間:10:30~19:30

定休日:無休


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(452)
北海道・東北(37)
  北海道(20)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(154)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(80)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(69)
  長野(10)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(16)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(67)
  滋賀(6)
  京都(17)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(58)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(7)
  熊本(9)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(18)
ヨーロッパ(38)
東アジア・中国・台湾(18)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(5)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(12)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(452)
イベント情報(320)
ショッピング・買い物・お土産(436)
ビジネス・出張(162)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(104)
乗り物・交通・アクセス(527)
宿・旅館・ホテル(169)
旅行準備(401)
歴史・豆知識(621)
温泉・スパ(147)
絶景(375)
聖地巡礼(30)
観光旅行(586)
食事・グルメ(487)
ランキング(516)
デート(491)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(385)
ツアー/旅程(183)
海水浴場・ビーチ・リゾート(55)

人気記事ランキング