logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 沖縄

沖縄観光では欠かせない!沖縄の絶品穴場グルメ15選





日本最大のリゾート観光地として大人気の沖縄。
独自の文化を築いた歴史をもち、本州にはない海外の離島のような雰囲気たっぷり。
その魅力に惹かれ、リピーターになる人が後を絶ちません。

もちろん、沖縄グルメも旅には欠かせない重要な要素!
文化と同じく、独自性豊かな食材や調理法を受け継いできた沖縄は、グルメ旅行と称して足を運ぶ人も多いほど。

今回は、その沖縄グルメをご紹介します。
エリアごとにわけて、地元民のお墨付きの超おすすめ穴場をピックアップ。
ぜひ沖縄旅の参考にしてくださいね!

【目次】沖縄観光では欠かせない!沖縄の絶品穴場グルメ15選

 

最初に知っておきたい、沖縄グルメの特徴とは

おすすめ沖縄穴場グルメ:本島編

1.紀乃川食堂

2.高江洲(たかえす)そば

3.ステーキハウス チャコオキナワ

4.キングタコス 金城本店

おすすめ沖縄穴場グルメ:石垣島編

5.とうふの比嘉

6.PUFFPUFF(プカプカ)

7.さよこの店

8.ミルミル本舗

おすすめ沖縄穴場グルメ:宮古島編

9.南樂(なんらく)

10.喜八(きはち)

11.古謝そば屋(こじゃそばや)

12.なかゆくい商店

おすすめ沖縄穴場グルメ:久米島編

13.スリーピース

14.ゆき

15.南島食楽園

沖縄の地元の食が満載!地元民御用達の穴場に行こう

 



最初に知っておきたい、沖縄グルメの特徴とは

 

 

冒頭でご紹介した通り、本州とは異なる独自性豊かな食文化を醸成してきた沖縄。

沖縄のなかでも、本島と離島ではまた違ったご当地グルメが楽しめるだけでなく、各離島ごとに異なる個性が特徴です。

 

本島・離島を問わず、代表的な料理のひとつが、そば。

本島のソーキそばを筆頭に、八重山諸島に属する石垣島の八重山そば、先島諸島に属する宮古島の宮古そばなど、麺や出汁に異なる味わいが感じられ、そばだけでも沖縄グルメめぐりができるのです。

 

ステーキやハンバーガーといったアメリカンフードをはじめ、ジェラートなど、海外が発祥の料理やスイーツが根づいているのも沖縄ならでは。

米軍基地の影響が大きいことに加え、八重山諸島は本州や本島より台湾に近い位置にあるため、日本でありながら日本ではない、異国に訪れたかのグルメ旅行を楽しむのにももってこいです。

 

また、昔ながらの食堂や定食屋が人気なのも沖縄の特徴といっていいでしょう。

伝統的な沖縄料理を提供しているお店が多いので、迷ったら食堂、定食屋に足を運んでみることをおすすめします。

 

 

おすすめ沖縄穴場グルメ:本島編

 

1.紀乃川食堂

 

 

沖縄家庭料理や定食をいただける「紀乃川食堂」。

地元民御用達で、口コミの評価を知り観光客も足を運ぶようになった食堂です。

沖縄の昔ながらののどかな雰囲気を残していて、ほっこりできます。

美ら海水族館の近くなので、観光帰りに立ち寄るのがいいかも。

 

座敷で、アットホームな店内には、近隣で働く人や観光客など、立場を問わずみんながホッとひと息つけるたいせつな場所といった印象。

いつ訪れても、心地よい空気を感じます。

つるつるした食感がクセになる「自家製ジーマーミ―豆腐」や、新鮮な海の幸を堪能できる「鯖の塩焼き定食」、お刺身はぜひご賞味あれ。

 

紀乃川食堂

 

名称 : 紀乃川食堂

住所 : 沖縄県国頭郡本部町字健堅603

アクセス : 那覇空港より車で約2時間

電話番号 : 0980-47-5230

定休日 : 月曜日

営業時間 : 11:00~18:00

営業時間 : 11:00~18:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ

 

2.高江洲(たかえす)そば

 

 

本州で発展したそばとはひと味違うのが、沖縄そばの魅力。

本島で沖縄そばを味わいたいのであれば、ぜひ「高江洲(たかえす)そば」へ。

多くの沖縄そば店のなかでも、地元民お墨付きのお店です。

 

もともと穴場として長らく人気だったものの、地元の評判のよさや、地元民の口コミで足を運んだ観光客からさらに口コミが広がり、いまではオープン前に列ができることも。

とはいえ、回転がよいお店なので、それほど待たずに入れます。

 

名物は、沖縄料理のゆし豆腐が入った「ゆし豆腐そば」。

同店が発祥として沖縄を代表する料理になったこともあって、原点とも呼べるこちらの「ゆし豆腐そば」は必ず食べておきたいメニューです。

 

高江洲(たかえす)そば

 

名称 : 高江洲(たかえす)そば

住所 : 沖縄県浦添市伊祖3-36-2

アクセス :

那覇空港より車で約50分
ゆいレール「古島」駅よりタクシー約7分

電話番号 : 098-878-4201

定休日 : 日曜日

営業時間 : 10:00~20:00(売り切れの際は早めに終了)

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ

 

3.ステーキハウス チャコオキナワ

 

 

米軍基地の影響から、街並みに異国情緒がただよい、多くのアメリカンフードが発展してきた沖縄。

ステーキもそのひとつで、本島では多くのステーキハウスがにぎわっています。

なかでも「ステーキハウス チャコオキナワ」は、地元民が通う穴場店として、那覇市街にひっそり佇む老舗のステーキハウス。

 

本当のステーキハウスの定番である、目の前で肉を焼き上げるのではなく、厨房で炭火焼きにしてサーブしてくれることが特徴。

ジューシーな肉の旨みを残しながらも、後味がよくペロリと食べられるステーキはやみつきになりそう。

特にランチがお得なので、お昼時に足を運んでみることをおすすめします。

 

ステーキハウス チャコオキナワ

 

名称 : ステーキハウス チャコオキナワ

住所 : 沖縄県那覇市松山1-6-22

アクセス : ゆいレール「県庁前」駅より徒歩10分

電話番号 : 098-868-6001

定休日 : 日曜日

営業時間 :

月~土/12:00~14:00
祝/17:30~21:30

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ

 

4.キングタコス 金城本店

 

 

沖縄の地元っ子のソウルフードのひとつ、タコライス。

本島では、中華マン感覚でコンビニでも販売されていますが、専門店でいただくのであれば「キングタコス 金城本店」は外せません。

 

同店のポイントは、ビッグサイズと辛めのタコライスソース。

ソースは注文品を受け取ってから自分でかけるので、かけすぎないように要注意!

いつもの調子でかけているうちに、辛くて食べられなくなった!なんてことになりかねませんよ。

店頭で食べきれないときは、テイクアウトもOK。

なお、店舗には駐車場が併設されていないため、近隣の駐車場をチェックしてからお出かけくださいね。

 

キングタコス 金城本店

 

名称 : キングタコス 金城本店

住所 : 沖縄県国頭群金武町字金武4244-4

アクセス : 沖縄バス「金城入口」停留所より徒歩5分

電話番号 : 090-1947-1684

定休日 : 年中無休

営業時間 : 10:30~24:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ

 

 


おすすめ沖縄穴場グルメ:石垣島編

 

5.とうふの比嘉

 

 

沖縄の郷土料理のひとつ、ゆし豆腐をいただける専門店といえば「とうふの比嘉」。

地元民が足しげくかよう名物店であり、口コミ人気も高い好評のお店です。

 

通りからちょっと奥まった立地のため、気をつけていないと見過ごしてしまうかも。

赤い看板を目印にして、その道を曲がって砂利道を進んだ先にある、とうふ製造所を併設した店舗が同店です。

 

できたてのゆし豆腐は、ふんわりとして、ほんのり風味豊か。

食感はやわらかく、優しい味わいなので、体調が優れないときにもよさそう。

定食メニューも豊富なので、ゆし豆腐といろいろとセットでいただくのが◎。

 

また、沖縄名物の調味料、辛子味噌やコーレーグースを加えて食べると、また味が変わってGOOD。

開放感あふれるのどかな専門店で、石垣島の地元の味をぞんぶんに堪能してみてくださいね。

 

とうふの比嘉

 

名称 : とうふの比嘉

住所 : 沖縄県石垣市字石垣570

アクセス : 「八重山病院」(1日3本の路線バスあり)より徒歩12分

電話番号 : 0980-82-4806

定休日 : 日曜日

営業時間 : 6:30~15:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ

 

6.PUFFPUFF(プカプカ)

 

 

石垣の海が一望できるカフェ「PUFFPUFF(プカプカ)」。

地元民がデートや女子会などで利用するカフェとして知られており、居心地のよい空間が人気です。

 

おすすめは、海が見えるテラス席。空席をねらってお出かけしてみては。

ソファ席やハンモックもあり、南国ムード満点。

ひとりでも立ち寄りやすい雰囲気がポイントです。

 

カフェごはんはもちろん、カクテルやビールをはじめとしたアルコールも豊富に用意されているので、夜のお出かけにもピッタリ。

おしゃれな石垣島を満喫してみてくださいね。

 

PUFFPUFF(プカプカ)

 

名称 : PUFFPUFF(プカプカ)

住所 : 沖縄県石垣市真栄里193-1

アクセス :

新石垣空港より車で20分
離島ターミナルより車で5分

電話番号 : 0980-88-7083

定休日 : 年中無休(ただし貸切時は除く)

営業時間 :

ハーフブッフェランチ/11:00〜15:00
カフェタイム/14:30〜17:00
ディナータイム/18:00〜21:30

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ

 

7.さよこの店

 

 

石垣島に訪れたら足を運んでおきたいサーターアンダギー専門店といえば、地元民がこぞって通う「さよこの店」。

年季を感じる店構えや、キッチュな看板、イラストなど、レトロキュートな雰囲気満載。

石垣島にいることを満喫できるお店のひとつといってもいいでしょう。

 

店内に並んだサーターアンダギーは、ほくほくの食感。

店頭から見える位置でサーターアンダギーをつくっており、その臨場感もたまりません。

八重山ののどかな風景のなかに広がる、沖縄で育まれたスイーツは、パン屋さんでいつものパンを買い求める感覚に似ているかも。

 

揚げたてのサーターアンダギーは、プレーン・シナモン・ヨモギ・カボチャ・黒糖を用意。

すべて1個60円というリーズナブルさもGOOD。

賞味期限が2週間ほどあるので、お土産用にするのにもピッタリ。

外はカリッ、中はしっとりの、サーターアンダギーを召し上がれ。

 

さよこの店

 

名称 : さよこの店

住所 : 沖縄県石垣市字登野城170

アクセス :

新石垣空港より車で20分
離島ターミナルより車で5分

電話番号 : 0980-83-6088

定休日 : 日曜日

営業時間 : 10:00〜売り切れ次第終了

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ

 

8.ミルミル本舗

 

 

異国文化を取り入れながら発展してきた沖縄は、ジェラートも定番スイーツのひとつ。

とりわけ、沖縄離島を代表する石垣島では、多くのジェラート専門店が立ち並んでいます。

そのなかでおすすめなのは「ミルミル本舗」。

新石垣空港内にも店舗が併設されていますが、ぜひ本店に足を運んでみて。

地元民に混じって買い求める臨場感まで味わえますよ。

 

立地のよさも本店の特徴。

広い海を一望できる丘の上にあり、晴天時には遠くまで見渡しながらジェラートをほおばることができます。

 

フレーバーは、島バナナ・紅芋・シークワーサー・ゲンキクール(八重山諸島の乳酸菌飲料)など、石垣島の個性を活かした味がズラリ。

ここに来れば八重山を満喫できるといっても過言ではありません。

観光疲れを癒やしてくれる爽やかな味わいをどうぞ。

 

ミルミル本舗

 

名称 : ミルミル本舗

住所 : 沖縄県石垣市新川1583-74

アクセス :

新石垣空港より車で30分
離島ターミナルより車で15分

電話番号 : 0980-87-0885

定休日 : 日曜日

営業時間 : 10:00〜日没

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ

 

                                                                                                                

おすすめ沖縄穴場グルメ:宮古島編

 

9.南樂(なんらく)

 

 

宮古島に訪れたら、まずは足を運んでおきたい南国ムード満点の居酒屋「南樂(なんらく)」。

地元っ子と観光客が肩を並べ、いつのまにやら楽しげに語らいながらお酒をくみかわす、なんて光景も日常茶飯事。

訪れる人を優しく出迎えてくれる、そんな雰囲気にあふれています。

 

宮古島名物の豚足「テビチ」や、かつおと海ぶどうがのった海鮮丼「ねこまんま」など、先島諸島らしいメニューがズラリ。

泡盛やオリオンビールなど、アルコールも沖縄名産のリストがそろっています。

メニューを眺めているだけで飽きないひとときが過ごせちゃいますよ。

 

外観や内装が、琉球っぽくもあり、台湾や中国っぽさを感じる要素もあり、なんとも明るくカラフルで楽しい。

沖縄料理とムードにたっぷりとひたりながら、心地よい夜を過ごしてくださいね。

 

南樂(なんらく)

 

名称 : 南樂(なんらく)

住所 : 沖縄県宮古島市平良字西里568

アクセス :

宮古空港より車で10分
平良港より車で5分

電話番号 : 0980-73-1855

定休日 : 不定休

営業時間 : 18:00〜24:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ

 

10.喜八(きはち)

 

 

沖縄にはそれぞれの島ごとで酪農を営んでおり、ジューシーな牛肉が食べられることでも知られています。

本州の著名ブランド牛に勝るとも劣らない味わいは、沖縄の食文化を支えてきました。

 

宮古島では宮古牛が親しまれており、なかでも「喜八(きはち)」は宮古牛専門の焼肉店として密かな人気店。

いまでは予約をしないと入店できない日もあるほど、口コミ人気がうなぎ登り。

地元民が太鼓判を押す、こだわりの宮古牛を提供しています。

 

宮古牛とは、宮古島で15ヶ月以上肥育をした黒毛和種をさし、こちらの「喜八(きはち)」ではその宮古牛を丸ごと1頭買いしているため、すべての部位をいただけることがポイント。

いままで食べたことがない部位の味覚に目覚めてしまうかも。

脂がのりながらも、クセがなく食べやすい。肉の旨みがじゅわっと広がる宮古牛をご堪能あれ。

 

喜八(きはち)

 

名称 : 喜八(きはち)

住所 : 沖縄県宮古島市平良字下里595

アクセス :

宮古空港より車で10分
平良港より車で5分

電話番号 : 0980-73-3859

定休日 : 月曜日

営業時間 : 18:00〜23:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ

 

11.古謝そば屋(こじゃそばや)

 

 

宮古そばを堪能したいのであれば、「古謝そば屋(こじゃそばや)」を外すことはできません。

昭和7年創業、宮古島でもっとも古い製麺所が営む宮古そば店で、中心街に近い位置で営業しています。

 

製麺店を併設しているため、地元民が次から次へと麺とスープを買い求める光景も風物詩。

地元民が通うお店にはずれはありません。

いまでは観光客も足を運ぶようになりましたが、にぎやかな人気店といった落ち着かなさとは無縁。

ホッとくつろげるのどかな雰囲気は、きっとツボにハマるはず。

 

具材は定番の、豚の角煮・かまぼこ・刻みネギ。

もちもちとして歯ごたえを感じる中太麺と、豚骨・かつお節・昆布を煮込んで仕上げた出汁がきいたスープの絡まり方は絶妙。

カラダがホッとする懐かしく優しい味で、胃にやさしくほっこりします。

 

古謝そば屋(こじゃそばや)

 

名称 : 古謝そば屋(こじゃそばや)

住所 : 沖縄県宮古島市平良字下里1517-1

アクセス :

宮古空港より車で10分
平良港より車で7分

電話番号 : 0980-72-3421

定休日 : 水曜日

営業時間 : 11:00~20:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ

 

12.なかゆくい商店

 

 

宮古島を代表するスイーツといえば、さんぱんびん。

宮古島の方言で砂糖の“さた”、揚げ菓子の“ぱんびん”で表した、サーターアンダギーの宮古バージョンの揚げ菓子をさします。

 

島内にさんぱんびんを扱う店舗は点在していますが、地元民が通うことで知られる専門店「なかゆくい商店」は、穴場のおすすめ店としてぜひ足を運んでみてください。

レトロな外観も愛らしく、記念の写メを残しておきたい気分になるお店です。

 

伊良部島に立地する同店は、沖縄の伝統食材の紅芋を使った「紅芋ぱんびん」が購入できることがポイント。

サーターアンダギーとほぼ同額の1個60円で手に入れられますよ。

 

揚げたてのカリッとした表面をちぎってみると、中から鮮やかな紫色が登場。

思わずビックリしてしまう逸品を求め、朝から足しげく通う地元っ子が多いほど。

15時ごろには売り切れてしまうことが少なくないそうなので、ぜひお早めに。

 

なかゆくい商店

 

名称 : なかゆくい商店

住所 : 沖縄県宮古島市伊良部字国仲57-3

アクセス :

宮古空港より車で10分
平良港より車で20分

電話番号 : 090-9476-3215

定休日 : 年中無休

営業時間 : 9:00~18:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ

 

 


おすすめ沖縄穴場グルメ:久米島編

 

13.スリーピース

 

 

久米島に訪れ、ホテルやショップ、ダイビング施設、タクシーなどで働く地元民に教えてもらい、足を運んだことからハマった人が続出している「スリーピース」。

看板のないお店で、最初はどこにあるのか迷ってしまうため、住所と位置を確認しながら訪問することをおすすめします。

 

久米島名物を提供する食堂感覚で利用でき、お酒まで呑めるため、仕事帰りの地元っ子たちが立ち寄ることでも知られています。

特におそばを中心に展開しており、なかでもイチオシは「ピリ辛味噌そば」。

「一度食べたら忘れられない」という観光客の声も多く、久米島に再訪した際には必ず再び足を運ぶというほど。

 

開店時間は、11時から17時まで。

短い時間しか営業していないため、ご注意を。

ゆる〜い雰囲気と、のどかな空気がクセになる、久米島のよさが詰まった食堂をお見逃しなく。

 

スリーピース

 

名称 : スリーピース

住所 : 沖縄県島尻郡久米島町字比嘉160-3

アクセス :

久米島空港より車で20分
兼城港より車で10分

電話番号 : 098-985-7037

定休日 : 火曜日

営業時間 : 11:00~17:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ

 

14.ゆき

 

 

懐かしい喫茶店風の外観と内装にココロくすぐられる、久米島の穴場定食店「ゆき」。

定食屋とはいえ、そばに力を入れており、なかでもソーキそばは地元民御用達の逸品として知られています。

定食も好評で、「なにを食べても美味しい」と語られるほど、安心感たっぷりのクオリティです。

 

なにしろホテルのフロントマンやタクシー運転手、各ショップスタッフなど、久米島グルメに詳しい地元っ子たちがこぞって名前をあげることからも、その実力と評判の高さは折り紙付き。

とはいえ、久米島らしく、肩ひじ張らずに、のどかでラフな雰囲気満載で営業しているスタンスがGOOD。

観光ナイズされていないこんな定食屋さんこそ、沖縄グルメを代表する存在なのです。

ぜひその目で、その舌で確かめてみてくださいね。

 

ゆき

 

名称 : ゆき

住所 : 沖縄県島尻郡久米島町字鳥島298

アクセス : 久米島空港より車で10分

電話番号 : 098-985-3919

定休日 : 不定休

営業時間 :

月/11:00〜18:00
火〜日・祝・祝前/11:00〜24:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ

 

15.南島食楽園

 

 

「久米島名物をひたすら堪能したい」という人におすすめなのが「南島食楽園」。

「久米島グルメで迷ったらここに足を運べば間違いなし」との地元民の太鼓判を得る超優良店で、観光客で連日にぎわうというより、地元の人たちと同じ空間を共有できる居酒屋です。

 

メニューを開くと、久米島でしか味わえない食材をたっぷりと使った料理が並びます。

なかでもおすすめは、「久米赤鶏の刺身」や「久米鶏の砂肝ニンニク炒め」「久米赤鶏のアヒージョ」「島豆腐の揚げ出し」。

いずれも久米島の名産品をつかっており、お酒のアテにもピッタリ。

沖縄の野菜を用いた料理も多く、海と山の幸が思う存分いただけます。

 

アルコールリストも豊富で、久米島や沖縄の銘酒をはじめ、めずらしい酒種もとりそろえています。

きっとお店を後にすることには「久米島グルメで迷ったらここに足を運べば間違いなし」の意味が理解できるはず。

「本当は誰にも教えたくない!」という声が多い、久米島の居酒屋を満喫してみてはいかがでしょうか。

 

南島食楽園

 

名称 : 南島食楽園

住所 : 沖縄県島尻郡久米島町字比嘉160-81

アクセス : 久米島空港より車で15分

電話番号 : 098-985-8801

定休日 : 木曜日

営業時間 : 17:30〜24:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ

 

 

沖縄の地元の食が満載!地元民御用達の穴場に行こう

 

 

沖縄旅行の目的に、マリンアクティビティや、ストレスリリースのおこもりステイとともに、沖縄グルメをあげる人が多い沖縄の食の世界。

特に、本州の味や食材に慣れている人にとって、見るもの、口にするものすべてが新鮮で、独自性豊かな深い味わいが楽しめる沖縄グルメにハマってしまう人が多いんです。

 

海の幸も山の幸も、どちらかといえば素材本来の味わいがしっかりと主張する濃い味の食材が多いことも、新たな魅力に目覚めさせてくれそう。

帰ってきてから、沖縄食材のお取り寄せをはじめる人も少なくないほど、沖縄の食は鮮烈なインパクトを残してくれます。

 

開放感あふれる土地柄もあいまって、リピーターになる人が多い沖縄だからこそ、グルメも思いきり楽しみたいところ。

とりわけ本島は、車じゃないと行きにくいお店も多く、ある程度、行きたいお店をピックアップし、計画を立てておくことをおすすめします。

そのうえで、その日の気分で、お気に入りを見つける感覚でふらりと歩いてみてはいかがでしょうか。

 

また、自分へのお土産に、多彩な調味料を買い求めておくことをお忘れなく!

沖縄グルメの根幹を支えるのは調味料と称されるほど、いつもの食材を沖縄風味に変えてくれるポテンシャルをもっているんです。

 

ぜひ日本最南端の離島リゾートで、美味しい食を満喫してくださいね!

 

格安航空券でお得にグルメ旅を楽しもう

 

旅行先でも美味しい食事を楽しみたいけれど、交通費や宿泊費を考えるとちょっと我慢してしまう、なんてことはありませんか?

でもせっかく訪れた地のご当地グルメや、有名店の味はぜひとも我慢せずに楽しみたいですよね。

そんなときには最安値保証をしてくれる予約サイトや、価格比較が出来るサービスを使って賢く旅行しましょう♪

 

 

 

▼関連記事

 

・  沖縄観光の決定版!沖縄旅行で必見の人気観光地をエリア別に総まとめ!

・  沖縄観光完全マスター!沖縄県南部・中部・北部のエリア別おすすめ観光スポット90選

・  沖縄のお土産10選!沖縄旅行の定番グルメ土産からレア土産まで!

・  沖縄の高級ホテル10選!南国沖縄の高級ホテルで素敵なリゾートを♪

・  宮古島、伊良部島の観光スポット10選! 今年の夏は沖縄の離島観光ならここ!

・  ここはまるで地中海?!沖縄の新リゾート瀬長島の魅力を徹底紹介!


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(422)
北海道・東北(36)
  北海道(20)
  青森(2)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(144)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(71)
  神奈川(35)
  茨城(3)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(62)
  長野(10)
  新潟(7)
  富山(2)
  石川(8)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(15)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(63)
  滋賀(6)
  京都(14)
  大阪(21)
  兵庫(14)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(57)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(6)
  熊本(9)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(18)
ヨーロッパ(35)
東アジア・中国・台湾(16)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(5)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(11)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(422)
イベント情報(301)
ショッピング・買い物・お土産(416)
シーン別(556)
ビジネス・出張(162)
ロケ地、舞台(167)
世界遺産(100)
乗り物・交通・アクセス(489)
宿・旅館・ホテル(165)
旅行準備(395)
歴史・豆知識(577)
温泉・スパ(143)
絶景(352)
聖地巡礼(29)
観光旅行(547)
食事・グルメ(458)
ランキング(481)
デート(455)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(362)
ツアー/旅程(169)
海水浴場・ビーチ・リゾート(54)

人気記事ランキング