logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 東京 > 上野/浅草

モネにゴッホ!ピカソまで!国立西洋美術館の著名な名画や見どころを紹介!





国立西洋美術館は、東京都台東区上野にある美術館です。
一年を通して展示されている常設展の絵画、あるテーマに沿った絵画や作品を期間限定で展示する特別展など、見どころは満載です。

展示作品の中には、モネ、ゴッホ、ピカソなど、美術の教科書に作品が載るような有名画家たちの作品も。
フランスの建築家、ル・コルビュジエによって建築された建物は、世界遺産にも登録され、絵画と共に大きな見所の一つとなっています。

そんな国立西洋美術館の魅力をグッと掘り下げて紹介していきます。

【目次】モネにゴッホ!ピカソまで!国立西洋美術館の著名な名画や見どころを紹介!

 

国立西洋美術館ってどんなところ?

国立西洋美術館の利用情報

国立西洋美術館へのアクセス

国立西洋美術館の歴史

美術館好きから初めての方も楽しめる!国立西洋美術館の見どころをご紹介

1. キリスト教がテーマの絵画

2. 小企画展

3. ロダンの彫刻作品

4. 有名画家たちの作品

5. 絵画の他にも見所満載『美術館内の施設』

6. 特別展

国立西洋美術館周辺のグルメスポットを紹介!

1. 鳥光圀

2. パークサイドカフェ

3. 三代目 たいめいけん

国立西洋美術館周辺の観光スポットを紹介!

1. 上野恩賜公園

2. 上野動物園

3. 国立科学博物館

芸術を身近に感じられる国立西洋博物館に行こう!

 

 


国立西洋美術館ってどんなところ?

 

国立西洋美術館

 

国立西洋美術館は、 東京都 台東区 上野 にある美術館です。

館内では、フランス政府から寄贈された、印象派画家たちの作品を中心とした絵画を鑑賞することができます。

絵画の他にも、「考える人」などで著名な彫刻家であるロダンの作品を、館内・建物前に広がる庭で見られるのが魅力です。

 

国立西洋美術館は、自然豊かな上野恩賜公園内にあり、JR上野駅から徒歩2分とアクセス便利な点も嬉しいポイントです。

館内に目を向けると、世界遺産にも認定されている重厚感と品格を感じさせる建築に思わず目を奪われます。

広い敷地の館内は、多目的トイレが備わり、段差も少ないので、幅広い年代の方が安心して利用できる作りです。

 

ゴッホやピカソといった有名画家の貴重なコレクションが揃い、ミュージアムショップ、レストランなどの施設も備わる国立西洋美術館。

観光やお出かけで、足を運びたくなるような情報を美術館に何度も通う筆者が紹介していきます。

美術館に足を運んだことがない方や、初めて国立西洋美術館を訪れる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

国立西洋美術館の利用情報

 

国立西洋美術館 館内

 

国立西洋美術館の入場料は、一般500円、大学生250円、18歳未満、65歳以上、心身に障害のある方とその付添者1名は無料となっています。

チケットを買う際に、窓口で年齢な身分を証明するものを求められるので、用意しておきましょう。

 

また毎月第2、第4土曜日と金・土曜日の17時以降は、常設展示のみ無料で美術館内に入場できるのも嬉しいポイントです。

その他にも国際博物館の日、文化の日は常設展示入場無料です。

不定期で開かれる特別展(企画展)は、その都度入場料が変わるので、特別展HPにアクセスして料金を確認しましょう。

特別展の料金には、常設展の入場料も含まれます。

 

利用時間は、基本的に9:30~17:30です。

GWなどの長期休暇時や夏季休業時期、プレミアムフライデー時には開館時間が21:00まで延長します。

毎週金・土曜日も20:00時まで開館しているので、仕事終わりに美術館を訪ねられるのが嬉しい点です。

 

館内にある施設の内、お土産を買えるミュージアムショップ、食事を楽しめるカフェすいれんは、利用無料です。

美術館営業中は、誰でも利用できるので足を運んでみましょう。

 

 


国立西洋美術館へのアクセス

 

                                                

 

国立西洋美術館は、JR上野駅をはじめ、さまざまな路線からアクセスできる便利な立地にあります。

美術館には、専用の駐車場が備えられていません。

観光地として人気ある上野エリアにあるので、周辺の駐車場も数に限りがあり、アクセスの際は電車を使うことをおすすめします。

 

電車でのアクセス方法

 

  • JR上野駅公園口から徒歩2分
  • 京成電鉄京成上野駅から徒歩7分
  • 東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅から徒歩8分

 

 

国立西洋美術館の歴史

 

国立西洋美術館

 

国立西洋美術館は、株式会社川崎造船所の社長、松方幸次郎氏の松方コレクションを中心とした、絵画が展示されている美術館です。

一度は フランス の手に渡ったコレクションですが、フランス側が日本に西洋美術館を作ることを条件に返還を約束。

それに応える形で、フランス人設計士、ル・コルビュジエを招き、建設された美術館が国立西洋美術館です。

 

1959年に美術館が開館して以来、多くの人が訪れる上野駅周辺でも人気の観光スポットに。

開館20周年の1979年には、ル・コルビュシェの弟子、前川國男が設計した地上2階、地下2階の新館が開館しました。

1997年には、本館前庭の地下に企画展示室がオープンし、それ以降、特別展は企画展示室で行われています。

 

2016年には、「ル・コルビュジエの建築作品」として世界遺産に認定されました。

開館から50年が過ぎた現在でも、随時新しい所蔵作品が増え、足を運ぶたびに新しい顔を見せくれるのも魅力です。

そんな国立西洋美術館の見どころを掘り下げて紹介していきます。

 

 


美術館好きから初めての方も楽しめる!国立西洋美術館の見どころをご紹介

 

国立西洋美術館 庭

 

フランス印象派の絵画を中心に、さまざまな作品に触れられる国立西洋美術館。

絵画の他にもレストラン、ミュージアムショップなど見所は豊富です。

そんな美術館の絵画の楽しみ方、ぜひ見てほしいスポットや作品を紹介していきます。

美術館を訪れる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

1. キリスト教がテーマの絵画

 

キリスト 絵画

 

聖三位一体、聖母マリア、聖ヨハネと寄進者 」と呼ばれるこちらの絵画は、妻と娘の幸福を祈るためにその夫が協会に寄贈した絵画です。

絵の上部にはキリスト、その下には、母、娘が横たわっています。

絵画を通して、その絵画が描かれた背景や宗教観を知れるのが美術館の大きな魅力の一つです。

絵の隣には、筆者や作品の名前、絵の解釈を記している案内板はあるので、絵に詳しくない方でも安心して絵画鑑賞を楽しめます。

 

キリスト捕縛

 

キリストの捕縛 」の捕縛と呼ばれるこちらの絵画は、絵に登場する登場人物の表情に注目するのがおすすめです。

キリストを捉えようとしている兵士たちの中、右端のキリストは何とも言えない落ちついた表情に見えます。

作品を見た人それぞれに感想を持てるのが絵画の良いところです。

 

国立西洋美術館 照明 デート

 

国立西洋美術館の館内は、非常に広く開放感があります。

建築そのものが世界遺産となっているので、キリスト教や当時の宗教観を表す絵画を眺めながら、柱や建物そのものの作りを楽しみましょう。

重厚感と気品を感じさせる空間、あえて照明の落とされたムーディーな部屋もあり、デートで訪れるのもおすすめです。

 

 


2. 小企画展

 

小企画展

 

常設展示の中で見落としがちなスポットが小企画展です。

特別展とは別に、常設展示の中にあるテーマに沿った作品が集められています。

こちらは一定期間で展示が入れ替わるので、美術館を訪れた際は見逃さないようにしましょう。

 

シャガール

 

小企画展の作品も、有名画家や作家の作品がずらっと並びます。

こちらはフランス人画家、マルク・シャガールの作品です。

生前毒舌家としても知られていたシャガールは、ピカソに対しても辛らつな批評をしていたそうです。

そんなピカソとシャガールの作品が国立西洋美術館で、同じように展示されているのにも面白みを感じられます。

 

国立西洋美術館 小企画

 

青い壁に、小さな絵画が綺麗に並べられている展示方法にも芸術を感じさせます。

絵は額縁とセットで初めて魅力が引き出されるとも言われますが、壁の色合いや魅せ方も大切なのだなと思わせられる光景です。

展示室の中は静かで、真剣に絵と向き合えます。

 

ミロ 絵画

 

小企画展の中でも、画家ごとに全く異なる世界観の絵画を眺められます。

こちらはジョアン・ミロという画家の絵画です。

絵を描いたミロは抽象的な絵を描くことで知られています。

 

初めて見る方は一度立ち止まって考えてしまうような不思議な魅力を持った絵です。

ちなみにこちらの作品は、太陽と星を記号として表しているとのこと。

大きなキャンパス一面に描かれた記号は、見る人に迫るような力強さも感じさせます。

 

 

3. ロダンの彫刻作品

 

考える人

 

国立西洋美術館の中には、19世紀フランスを代表する彫刻家、オーギュスト・ロダンの作品が展示されています。

数あるロダン作品の中でも、印象的なのが「 考える人 」です。

テレビ番組やCMなどでも取り上げられるこちらの彫刻は、認知度も高く、ぜひ見ておきたい彫刻の一つといえます。

一点を見つめ考え込む彫刻の姿は、見る人に静かに何かを訴えかける迫力があります。

 

国立 ロダン

 

美術館の前庭は、無料で誰でも入場できます。

観光やお出かけの際に、時間が取れず館内をゆっくり見て回れない方は、前庭の彫刻だけでも見ていくのをおすすめします。

近代彫刻の父とも呼ばれるロダンの今にも動き出しそうな彫刻の数々を鑑賞しましょう。

 

館内 彫刻

 

館内にも彫刻は展示されています。

彫刻の展示室前にある大きな窓からは、美術館の中庭を眺められます。

景観豊かなこちらの部屋は思わず長居したくなる一室です。

 

うずくまる女

 

うずくまる女 」という名前の彫刻です。

彫刻だからこそ切り取れる、人の一瞬の動きや表情をさまざまな角度から鑑賞できます。

作品の正面、斜め、下など、角度によって見え方や表情すら違って見えるのが彫刻鑑賞の魅力です。

 

 


4. 有名画家たちの作品

 

モネ 睡蓮

 

国立西洋美術館の中でも一番の見どころといえるのが、フランス印象派画家の作品です。

その中でも特に世界的な認知度も高く、数ある作品の中でも目玉となっているのがクロード・モネ「 睡蓮 」。

こちらの作品は、自宅の庭をモネが描いたものだそうです。

睡蓮が浮かぶ美しい水面に思わず引き込まれそうになります。

 

カラーコーディネーター資格を筆者が受験した際、一番惹かれた画家がモネです。

印象派の画家は、抽象的な表現、実際に存在している光景や色合いを再現しようと試みていました。

その中でモネは数多くの作品の中で、水面のゆらめきを追求した画家です。

モネにしか出せない水面の表現をぜひ鑑賞して確かめてみてください。

 

ゴッホ 

 

印象派の画家たちの次に現れたのがポスト印象派と呼ばれる画家たちです。

中でも有名な画家と言えばフィンセント・ファン・ゴッホ。

そんなゴッホが描いた作品も、こちらの美術館に展示されています。

 

ばら」 は、ゴッホ特有の力強くも柔らかさを感じさせるタッチで描かれています。

ゴッホは日本の浮世絵にも強く興味を示した、日本にゆかりある画家です。

生前は評価されなかったゴッホの絵が、こうして日本の美術館に飾られていることに縁を感じさせられます。

 

ピカソ

 

誰もが一度は聞いたことのある有名画家、パブロ・ピカソの作品もこちらの美術館に展示されています。

ピカソと言えばこちらの作品のように、キュビズムといわれる抽象的な絵画をイメージする方も多いはずです。

実はピカソはデッサンの達人であり、精巧な絵画を書かせても右に出るものはいないレベルで絵が綺麗な画家!

 

あえて崩して書くことで、見る人にインパクトを与えているのがキュビズムという技法です。

ちなみにピカソは生きているうちに、巨万の富を得たビジネスマンとしての才能もあり、世間の目や求められてるものを見分ける力に長けていたと言われています。

 

 

5. 絵画の他にも見所満載『美術館内の施設』

 

カフェ すいれん

 

国立西洋美術館の中には、立ち寄りたい施設や利用したい設備があります。

その一つであるカフェすいれんは、美術館の絵画にちなんだ食事メニューをいただけるレストランです。

 

中庭が目の前に広がる開放的な座席に座り、ゆっくりと休憩するのもおすすめ!

営業時間は、美術館が閉館する15分前までとなっています。

 

ミュージアムショップ

 

ミュージアムショップは、美術館で展示されている作品にちなんだお土産を購入できます。

クロード・モネの描いたすいれんをモチーフにした香水など、普段使いできるお土産も豊富です。

ブックコーナーには、美術の歴史やデッサンのやり方など、絵画にまつわる本が置かれています。

旅や観光の思い出にお土産を購入したい方は、立ち寄ってみましょう。

 

館内 椅子

 

美術館内を歩いていると、疲れを感じる時もあるはずです。

そんな時は、展示室の至る所にある椅子に座って休憩しましょう。

展示室内の床は、フラットになっているため、足が不自由な方や車いすの方も安心して利用できます。

 

ロッカー

 

国立西洋美術館の館内には、荷物を預けられるロッカーもあります。

観光をしていて手荷物がたくさんある際は利用しましょう。

 

 

6. 特別展

 

特別展 国立西洋美術館

 

国立西洋美術館では、あるテーマに沿った作品を期間限定で展示する特別展が開催されます。

一年を通して、常時内容やテーマを変えながら、普段日本では見られない作品を鑑賞できるのが大きな魅力です。

2018年時点では、スペインの有名画家、ベラスケスの作品を中心に、プラド美術館の作品を鑑賞できる「プラド美術館展」が行われています。

 

プラド美術館展

 

ミュージアムショップでは、特別展の開催中しか買えない貴重なグッズが並びます。

Tシャツなどの衣服から缶バッジ、ポストカードなど、さまざまな商品が並ぶので自分好みのものを見つけましょう。

 

 

国立西洋美術館周辺のグルメスポットを紹介!

 

国立西洋美術館 グルメ

 

国立西洋美術館観光の前後で食事を楽しめるグルメスポットを紹介していきます。

JR上野駅から歩いてすぐのお店、美術館周辺の飲食店からおすすめのお店を厳選!

筆者が実際に足を運んで本当に良いと思えるところだけを集めました。

 

 

1. 鳥光圀

 

鳥光圀

 

鳥光圀は、JR上野駅公園口から徒歩4分、国立西洋美術館から徒歩6分のお店。

上野の森さくらテラスという商業施設内の地下1Fにある穴場の焼き鳥料理店です!

ランチの看板メニューの一つ「光圀丼」1,080円(税込)は、ねぎま、つくね、ささみ、せせりの4種類の焼き鳥を一度に楽しめます。

 

鳥光圀

 

ふわふわの食感のつくね、噛むたびに旨みが溢れるささみ、香ばしく焼かれたねぎま、プリッと弾力のあるせせり、それぞれの異なる食感、味の違いを楽しみましょう。

おろしタレ、醤油ダレ、わさび載せと、それぞれ部位ごとにタレや薬味が違うのもおすすめポイントです。

 

鳥光圀のグルメ情報

 

住所 : 東京都台東区上野公園1-54 B1F

アクセス : 国立西洋美術館から徒歩6分

電話番号 : 03-5826-4740

定休日 : 上野の森さくらテラスに準じる

営業時間 : 11:30~23:30(ランチは11:30~14:00)

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ ぐるなび  

 

 

2. パークサイドカフェ

 

パークサイドカフェ

 

国立西洋美術館から徒歩2分、 博物館 のすぐそばにあるカフェです。

上野恩賜公園内という自然豊かな恵まれた環境の中にあるので、テラス席で食事をするのがおすすめ!

開放的な外の風に当たりながら食事や休憩をしましょう。

 

 

お腹が空いて食事で訪れた際におすすめの料理が「森のガーデンサンド」1,590円(税込)です。

サラダ、デザ―ト、スープ、フルーツにこんがりと表面を焼かれたオープンサンドを味わえます。

オープンサンドやサラダの具材は、季節によって異なるので、その時々で旬の食材を使ったサンドイッチをいただきましょう。

 

パークサイドカフェのグルメ情報

 

住所 : 東京都台東区上野公園8-4

アクセス : 国立西洋美術館から徒歩2分

電話番号 : 03-5815-8251

定休日 : 年中無休

営業時間 : 10:00~21:00(土・日・祝日のみ9:00~)

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ ぐるなび

 

 

3. 三代目 たいめいけん

 

 

国立西洋美術館から徒歩5分、上野駅のエキュート内にある洋食店です。

日本橋に本店を構える老舗洋食店の味を上野でもいただけます。

ランチメニューの「オムハヤシライス」1,250円(税込)は、ふわとろに仕上げられたオムライスに、お店自家製のハヤシソースをたっぷりかけた一品です。

ハヤシソース特有のコクと野菜の甘みが口いっぱいにふわっと広がります。

 

三代目 たいめいけんのグルメ情報

 

住所 : 東京都台東区上野7-1-1 エキュート上野 3F

アクセス : 国立西洋美術館から徒歩5分

電話番号 : 03-5826-5622

定休日 : 年中無休

営業時間 : 7:00~23:00(日・祝日は22:30まで)

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ ぐるなび ホットペッパーグルメ

 

※合わせて読みたい:  上野グルメ20選!贅沢美食から下町グルメまで上野の人気グルメスポットを一挙ご紹介

 

 

国立西洋美術館周辺の観光スポットを紹介!

 

不忍池

 

国立西洋美術館周辺は、広大な自然の上野恩賜公園をはじめ、数々の観光名所があります。

その中から特におすすめの場所をご紹介するので、観光の参考にしてみてください。

自然あふれる上野エリアならではの観光地ばかりです!

 

 

1. 上野恩賜公園

 

上野恩賜公園1

 

国立西洋美術館がある上野恩賜公園は、美術館に足を運んだなら合わせて散策を楽しみたい観光スポットです。

公園内には季節によってさまざまな草木が茂り、暑い夏にも木陰が多いので、快適に散歩を楽しめます。

中央付近にある大きな池の周りは、季節を問わずのどかな雰囲気で、リラックスして過ごせるのが魅力です。

 

不忍池

 

上野恩賜公園のすぐ隣には、不忍池と呼ばれる大きな池があります。

都心にあるとは思えない広い湖の周りを歩くだけでも、心地よい気分にさせられる観光名所です。

 

デートでこの場所を訪れた場合は、池の奥に足漕ぎボートを貸し出してくれる場所もあるので、思い出作りに乗ってみるのもおすすめ!

池の周りには、不忍池弁天堂、下町風俗資料館などの観光名所もあり見どころ満載です。

 

桜 上野

 

上野恩賜公園は、桜の名所としても知られています。

公園内は春になると多くの花見客で賑わうので、春に美術館を訪れた方は、桜も合わせて鑑賞しましょう。

見渡す限りピンク色の花びらで満たされる光景は、思わず息を飲むほど圧巻です。

 

上野恩賜公園の観光情報

 

住所 : 東京都台東区上野公園5-20

アクセス : JR上野駅公園口から徒歩3分、京成本線 上野駅から徒歩3分

電話番号 : 03-3828-5644

定休日 : 年中無休

営業時間 : 5:00~23:00

料金 : 無料

公式URL : 上野恩賜公園

 

 

2. 上野動物園

 

上野動物園

 

上野動物園は、パンダを見られる動物園として人気を博しています。

パンダの中でも、赤ちゃんパンダを目当てに多くの人が訪れる観光スポットです。

 

2018年時点で、パンダの赤ちゃんシャンシャンが生まれたため、パンダグッズ、パンダポストなども現れ、街中がパンダ一色に。

動物園に入る前から、街に溶け込むパンダを探すのも楽しみ方の一つです。

 

寂しげな猿

 

動物園の中にはさまざまな動物がいます。

こちらの猿は、少しへそを曲げてしまったのか観光客に背を向けたまま。

訪れた日によってさまざまな顔を動物たちが見せてくれるので、何度足を運んでも飽きない場所です。

 

鳥類

 

上野動物園の中には、鳥類も数多く展示されています。

フクロウのように小型の鳥、フラミンゴのように迫力ある大きな鳥まで、さまざまな鳥たちに出会えます。

オリに近づくときは鳥が驚かないように、静かに近づいて鑑賞しましょう。

 

上野動物園の観光情報

 

住所 : 東京都台東区上野公園9-83

アクセス : JR上野駅公園口から表門まで徒歩5分

電話番号 : 03-3828-5171

定休日 : 年末年始・月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日が休み)

営業時間 : 9:00~17:00

料金 : 大人600円、シニア300円、中学生200円

 

※合わせて読みたい:  パンダだけじゃない!上野動物園の見どころまとめ

 

 

3. 国立科学博物館

 

国立科学博物館

 

国立科学博物館は、国立西洋美術館のすぐ裏手にある博物館です。

徒歩2分程でたどり着けるので、筆者はいつも上野の美術館、博物館巡りをする際、合わせて足を運んでいます。

常設展示だけでも、かなりの展示物があり、国立西洋美術館と合わせると一日観光を楽しめるほど魅力満載です。

無料の屋外エリアにSLや大きな鯨の像があるので、フラッと立ち寄ってみるのもおすすめ。

 

原始人 人形

 

国立科学博物館の中には、日本館、地球館に分かれた沢山の展示物を鑑賞できます。

展示物の中には、本物と見間違えてしまうほどの、リアリティ溢れる人形、標本も!

原始人の人形のそばには、自分が現代人の展示になり切れる撮影スポットもあります。

 

国立科学博物館 鶏

 

普段何気なく接している生物の生態や進化の歴史について、展示を通して学べるのが国立科学博物館の魅力です。

動物、恐竜、昆虫など、小さな子供がワクワクするような展示もあり、学びながら幅広い世代の人が楽しめます。

自分でボタンを押したり、触ったりすることでイベントが起きる展示もあり、主体的に展示物を鑑賞できるのもおすすめポイントです。

 

国立科学博物館の観光情報

 

住所 : 東京都台東区上野公園7-20

アクセス : JR上野駅公園口から徒歩5分、東京メトロ上野駅から徒歩7分、京成本線 京成上野駅から徒歩7分

電話番号 : 03-3822-0111

定休日 : 月曜日(祝日の場合その翌日が休館日)、年末年始

営業時間 : 9:00~17:00(GWや夏休み期間など特別な時期は延長)

料金 : 常設展示 大人・大学生620円

 

※合わせて読みたい:  上野の学んで遊べる観光スポット!『国立科学博物館』の見どころを紹介!

 

 

芸術を身近に感じられる国立西洋博物館に行こう!

 

国立西洋美術館 絵

 

東京都の上野というさまざまな路線が通り、アクセス便利なエリアに国立西洋美術館はあります。

都心部にあるとは思えない広大な敷地の館内には、ピカソ、ゴッホ、モネをはじめ、多くの画家の絵が収容されています。

 

絵画の他にも、館内の名画になぞらえた料理をいただける、カフェすれいんやミュージアムショップといった見所が満載です。

館内はバリアフリーな作りになっているので、体が不自由な方も安心して来館できます。

上野観光に訪れた際は、ぜひ足を運んで絵画や彫刻の鑑賞を楽しみましょう。

 

※合わせて読みたい:  上野のおすすめ観光スポット17選!上野動物園から美術館、寺社仏閣まで勢ぞろい!


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(522)
北海道・東北(43)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(181)
  埼玉(7)
  千葉(12)
  東京(102)
  神奈川(38)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(76)
  長野(11)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(22)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(83)
  滋賀(7)
  京都(31)
  大阪(22)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(34)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(4)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(70)
  福岡(14)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(11)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(17)

国外エリア一覧

東南アジア(23)
ヨーロッパ(59)
東アジア・中国・台湾(19)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(9)
オセアニア(9)
アフリカ(2)
北米(17)
中南米(5)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(547)
イベント情報(368)
ショッピング・買い物・お土産(474)
遊園地・テーマパーク(565)
ビジネス・出張(165)
ロケ地、舞台(170)
世界遺産(133)
乗り物・交通・アクセス(617)
宿・旅館・ホテル(179)
旅行準備(431)
歴史・豆知識(738)
温泉・スパ(153)
絶景(451)
聖地巡礼(30)
観光旅行(689)
食事・グルメ(539)
おすすめ/ランキング(609)
デート(580)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(430)
ツアー/旅程(242)
海水浴場・ビーチ・リゾート(64)
寺院・神社(3)
パワースポット(1)
ファミリー(5)
1人旅(5)
雨の日(3)
メーカー/ブランド(2)

人気記事ランキング