logo

top

ボディバッグのおすすめ商品まとめ!ボディバッグを使ったコーディネートも解説





流行のファッションアイテム「ボディバッグ」。
ウェストバッグとショルダーバッグの中間のようなアイテムで、アウトドアに旅行にそして普段使いに便利なアイテムです。

そんなボディバッグですが、最近まで「ダサい」という不名誉なレッテルを貼られていました。
ただ、近年海外セレブが愛用するなど世界的なブームも後押しし、おしゃれなアイテムがたくさん登場しています!

本記事では、そんなボディバッグを使ったコーディネートの紹介から、ナイキやポーター、ノースフェイスなどのおすすめブランドまで紹介していきます。

【目次】ボディバッグのおすすめ商品まとめ!ボディバッグを使ったコーディネートも解説

 

人気の「ボディバッグ」って?

「ボディバッグ=ダサい」イメージはもう古い!

ショルダースタイルは超便利!

旅行やアウトドアに便利な仕様のものも多い

革・レザーのものはコーディネートのアクセントになりやすい!また、セレブも愛用中!

ボディバッグを使ったコーディネート紹介!

メンズ

レディース

キッズ

ボディバッグのおすすめブランド・おすすめアイテム一挙紹介!

NIKE(ナイキ)「ヘリテージヒップバック」

NEW ERA(ニューエラ)「ウエストバッグ」

PORTER(ポーター)「タンカー ボディバッグ」

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)「グラニュール」

Patagonia(パタゴニア)「ライトウェイト・トラベル・ミニ・ヒップ・パック」

Patagonia(パタゴニア)「Stormfront Sling」

GREGORY(グレゴリー)「Switch Sling」

GREGORY(グレゴリー)「テールメイト」

BRIEFING(ブリーフィング)「TRIPOD」

CHUMS(チャムス)「ファニーパックスウェットナイロン」

KELTY(ケルティ)「ミニファニー」

KELTY(ケルティ)「オーバルショルダー」

 

 


人気の「ボディバッグ」って?

 

近年流行の収納アイテム「ボディバッグ」。

ショルダーバッグの一種でありつつも、財布やスマートフォン・鍵など必要最低限の荷物を入れるのにぴったりのサイズ感、身体に沿うスマートなシルエットが特徴のバッグです。

本記事では、そんなボディバッグのコーディネートやおすすめブランド、おすすめアイテムについて徹底紹介していきます。

 

「ボディバッグ=ダサい」イメージはもう古い!

 

一昔前まで「ボディバッグ」といえば「ダサい」という印象があったのは事実です。

これは、ボディバッグそもそものデザインが「子供っぽい」「オヤジっぽい」というものが中心で、おおよそ「おしゃれ」「スタイリッシュ」といった言葉からはかけ離れていたことが原因でした。

 

ところが、スマートフォン・財布など、必要最小限のものを持ち歩くという需要は年々増え、 サコッシュ ウェストポーチ のようなこぶりな収納アイテムが軒並みブームに。

このブームに乗っかって「ボディバッグ」にもスポットが当たり、アウトドアメーカーからはハイテク・スタイリッシュなモデルが、ハイファッションブランドからはモードなモデルが発売されるに至ったのです。

例えば、クラッチバッグも同様「ダサい」というレッテルを長年貼られていましたが、ここ最近ではモードなクラッチバッグを着こなす人が増え、トレンドアイテムの一つにもなりました。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

THE OUTLETS HIROSHIMA FUKUNARY 店長タムラです。 春を間近に感じるずいぶんと温かい穏やかな日曜日!お散歩したい🌷🐝…というわけで少しだけお外で撮影📷してのお写真でポスト☆ * 今日は3月末で廃盤品のクラッチバッグ。 在庫も残りわずかになってきたこちらのアイテムは、バレーボール🏐でお馴染みの「MIKASA」の国際公式球生地を使用で、ちょっとしたお出かけに便利なクラッチバッグ。 必要最低限のお荷物をスタイリッシュかつスマートに持ち運べます。 * 中に納めている手持ち紐を出すとA4サイズがすっぽり入るトートバッグとしても利用できる2WAY仕様です。シーンに応じて使い分け出来ます。 * 新生活にむけて、春に向けておススメのコーディネートです◎ ぜひTHE OUTLETS HIROSHIMA FUKUNARYで合わせてみてくださいね(^^) * -- #FUKUNARY #MIKASA #HIROSHIMA #THEOUTLETSHIROSHIMA #GARMENT #FACTORY #present #GIFT #madeinjapan #madeinhiroshima #fashion #design #JAPAN #SHOP #volleyball #bag #clutch #clutchbag #ファッション #バッグ #バレー #クラッチバッグ

FUKUNARY THE OUTLETS HIROSHIMA さん(@fukunary.toh)がシェアした投稿 -

 

後ほど紹介するコーディネートを見ても、ボディバッグをおしゃれに着こなしている方ばかりですよ。

 

ショルダースタイルは超便利!

 

ボディバッグのポイントは「超便利」なこと。

肩からかけるスタイルのため、取り回しがとても楽なのです。

いちいち下ろして前に回してくる必要があるリュックだとこうはいきません。

ショルダーバッグよりもボディに密着するスマートシルエットが特徴的なアイテムが多く、かさばらないのも使いやすさの一つと言えます。

 

旅行やアウトドアに便利な仕様のものも多い

 

ボディバッグは、いわば従来の「ウェストポーチ」と「ショルダーバッグ」の中間のようなアイテムです。

アウトドアブランドからも数多くラインナップされており、作りがしっかりしておりガシガシ使い倒しても壊れない丈夫なものが多いのが嬉しいポイント。

ストラップもしっかりとした素材のものが多いので、海外旅行にもピッタリのアイテムですね。

 

革・レザーのものはコーディネートのアクセントになりやすい!また、セレブも愛用中!

 

ボディバッグには、革やレザーを使ったものもあります。

通勤時の使用やフォーマルな用途にもおすすめです。

また、ボディバッグにはカジュアルブランドだけでなく、ハイファッションブランドから発売されているものもあります。

 

BALENCIAGA(バレンシアガ)「エクスプローラー ベルトバッグ」

 

 

例えば、こちらはフランス・パリ発のハイファッションブランド「BALENCIAGA(バレンシアガ)」のボディバッグ。

中古品ながら80,000円弱と、かなりのハイプライスです。

 

COACH(コーチ)「チャールズ パック」

 

 

こちらは同じくハイファッションブランド「COACH(コーチ)」のボディバッグです。

ちなみに、こちらの商品は並行輸入品。

正規価格よりかなりお買い得となっていますが、こういったお得な並行輸入品には偽物も多いので、購入は要注意。

ネット通販であれば、公式ストアから購入することをオススメします。

ハイファッションブランドのボディバッグは海外セレブが愛用するなど世界的にファッショントレンドにもなりつつあり、今後の展開に目が離せません。

 

 

ボディバッグを使ったコーディネート紹介!

 

アウトドアにルーツを持つアイテムでありながら、メンズ・レディースでも幅広いコーディネートに合わせられることがおわかりいただけるかと思います。

また、かわいいのがキッズサイズのアイテム。

大人用とお揃いで購入すれば、かわいくコーデが決まりますよ。

 

メンズ

 

春や夏などのシンプルなコーデに、スタイリッシュなボディバッグはとても映えます。

ボディバッグといえばアウトドアなイメージがあるかもしれませんが、ストリートスタイルにもマッチします。

 

 

こちらは革靴・コートとキレイめコーデの中にボディバッグを取り入れたコーディネート。

どんなコーディネートとも合うのがボディバッグの良いところです。

 

 

レディース

 

まずは定番の「ノースフェイス」のボディバッグからご紹介。

スリムなスタイリッシュなデザインは、スタイルを選びません。

貴重品がキレイにまとまるサイズ感もおすすめポイントです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【THE NORTH FACE】 . 〜NEW ARRIVAL〜 . Granule NM71905 ¥3,700+tax color:K.FO.DH.MK . 財布や携帯電話など、日常の身の回りの小物の収納に便利な1.5L容量のスリムなウエストバッグです。 身体にフィットするシンプルなデザインに仕上げ、ウォーキングやちょっとしたランニングといったアクティブな動きを妨げません。 内部には、小物の仕分けに便利なメッシュディバイダ―とキークリップを装備。 背面にジッパーポケットを設けています。 . 2月17日(日)より発売を開始いたしますので、詳細に関しましては下記をご確認下さい。 . ●発売日当日の商品のご購入はお一人様、一色あたり、一点限りとさせていただきます。 ●発売日当日の商品のお取り置き、お取り寄せ、代引発送はお受け致しかねます。 ●お電話での在庫状況のお問い合わせに関しましては大変混雑する事が予想され、対応出来かねる時間帯もございます。予めご了承下さい。 ●本投稿へのコメントやメッセージによるお問い合わせへのお応えは致しかねます。 .
皆様のご来店をお待ち申し上げております。 . #thenorthface #tnfjp #tnf_oita #ザノースフェイス #ノースフェイス #トキハわさだタウン #わさだタウン #Granule #グラニュール #ウエストバッグ #ボディバッグ

tnf_oita さん(@tnf_oita)がシェアした投稿 -

 

大きめのボディバッグは、存在感を発揮しコーディネートの中に「締まり」を出してくれるのでおすすめ。

一眼レフだって入ってしまうサイズ感なので、旅行にも便利ですよ。

 

 

キッズ

 

サイズの小さいボディバッグはキッズにもおすすめ。

「パタゴニア」のボディバッグを使ったこだわりコーデをご紹介します。

 

 

 


ボディバッグのおすすめブランド・おすすめアイテム一挙紹介!

 

ここからは、おすすめボディバッグをご紹介していきます。

アウトドアなものからフォーマルなもの、ポシェットサイズのものからA4サイズが入るもの、ビビッドなカラーからアースカラーまで、たくさんのバリエーションがラインナップされていますよ。

 

NIKE(ナイキ)「ヘリテージヒップバック」

 

 

世界一のスポーツブランドの一つである「NIKE(ナイキ)」のボディバッグも定番アイテム。

ナイキのアイテムの特徴は、スポーツブランドらしいスタイリッシュさ。

 

スポーツだけでなく、ストリートやカジュアルにも合わせやすいのがポイントです。

この「ヘリテージヒップバッグ」はスタイリッシュながら、ぼってりとしたシルエットが特徴。

よりかわいく、コーディネートにも合わせやすい印象に仕上がっています。

 

3Lというサイズ感は、ペットボトルや長財布などが収納可能と、日常使いにとても使いやすいサイズ。

スポーティースタイルとバツグンに相性が良いので、ジョギングの小物入れとしてもおすすめです。

 

NEW ERA(ニューエラ)「ウエストバッグ」

 

 

1920年アメリカで創業、公式のメジャーリーグキャップを唯一手がけるブランドとして知られる「NEW ERA(ニューエラ)」。

メンズ・レディース問わず、ストリートと相性の良いデザイン性が人気のブランドです。


そんなNEW ERAもボディバッグをラインナップしています。

このバッグのポイントは、やはりNEW ERAらしい「ファッション性の高さ」。

ストリートやカジュアルスタイルに非常に合わせやすいので、タウンユースではおしゃれに決まりますよ。

 

PORTER(ポーター)「タンカー ボディバッグ」

 

 

日本が誇る鞄メーカー「吉田カバン(PORTER)」。

この「タンカー ボディバッグ」は、ポーターのコレクションの中でも一世を風靡した「タンカーシリーズ」にラインナップされています。

「タンカーシリーズ」とは、ミリタリージャケット「MA-1」を彷彿とさせる優しい肌触りのナイロン生地が特徴で、35年にも渡るベストセラーなシリーズなのです。

 

この「タンカー ボディバッグ」はスマートな見た目をしていながらマチのある立体構造を採用しており、しっかりとした容量を持つのが特徴。

また、ショルダーベルト部のコインポケット、背面のセキュリティポケットなど、細かいポケットも充実しているのが特徴です。

 

なお、これはタンカーシリーズ全般に言えることでもありますが、メンズ・レディースともに合わせやすいのが嬉しいポイント。

ポーターの中でもトレンドに左右されない「定番」アイテムなので、一つ持っておくと長く使うことができますよ。

 

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)「グラニュール」

 

 

アウトドアブランドの代表的存在である「 THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) 」。

アウトドアブランドながら山っぽさはそこまでなく、街でも使えるようなスタイリッシュなデザインが人気のブランドです。

 

そんなノースフェイスの「グラニュール」は13×36×5.5cmと薄型のボディバッグ。

財布・ケータイ、鍵など必要な荷物だけを携帯するのに最適なサイズとなっています。

スマート・スタイリッシュなため、アウトドアだけでなくストリートやカジュアルと合わせてもばっちりハマるデザイン性の高さは、さすがノースフェイスといったところです。

 

Patagonia(パタゴニア)「ライトウェイト・トラベル・ミニ・ヒップ・パック」

 

 

ノースフェイスと並ぶアウトドアの定番ブランドといえば「 Patagonia(パタゴニア) 」。

ヒップバッグとして販売されている「ライトウェイト・トラベル・ミニ・ヒップ・パック」は、肩からかけるボディバッグ・スタイルにもおすすめです。

 

この「ライトウェイト・トラベル・ミニ・ヒップ・パック」の特徴は、使わないときは小さくたたんでコンパクトに収納できること。

商品名にある通りトラベルにオススメで、街に着いてリュックをホテルに預けてぶらぶらする、などのとき大活躍しますよ。

 

生地がぺらぺらで耐久性が心配、と思ってしまいがちですが、そこはさすがはアウトドアブランドパタゴニア。

本体は70デニールのリップストップナイロンながら、擦れることの多い底部には210デニールのダブルリップストップナイロンが採用されており、耐久性にも配慮されています。

 

Patagonia(パタゴニア)「Stormfront Sling」

 

 

パタゴニアには、大型でテクニカルなボディバッグがラインナップされています。

この「Stormfront Sling」は、容量なんと20リットルの、なんと「完全防水」仕様の大型ボディバッグ。

TPU(サーモプラスチック・ポリウレタン)素材で作られており、ジッパーは止水ジッパーを採用するなどして、頑丈かつ防水性が高いのが特徴となっています。

完全防水のため、沈めても中に水が入ってこないというのは驚きの仕様ですよね。

 

「Stormfront Sling」は釣りや自転車などのアクティビティにおすすめ。

釣りのためのギアを入れて渓流へ入ったり、自転車通勤で雨の中走っても中身が濡れることなく良いですよ。

 

GREGORY(グレゴリー)「Switch Sling」

 

 

登山用バックパック専門メーカー「 GREGORY(グレゴリー) 」には、縦型のボディバッグ「Switch Sling」がラインナップされています。

縦型仕様はショルダーがけとして使いやすいほか、5Lという大きめの容量ながらスマートなシルエットに見せる効果もあります。

 

GREGORY(グレゴリー)「テールメイト」

 

 

「Switch Sling」も使い勝手が良いのですが、個人的にオススメなのが定番ボディバッグ「テールメイト」。

その歴史は長く、なんと初めて発売されたのは30年前というのですから驚きです。

 

しっかりしたベルト・丈夫な生地で作られており、アウトドアや毎日のヘビーデューティーにも最適。

メインポケットとサイドにファスナーが一つあるのみという非常にシンプルな構造なので、とても使いやすいのです。

 

容量3.5LのコンパクトなXSと、一眼レフも入る大容量、8LのSの2モデルでの展開。

非常に丈夫なバリスティックナイロンを用いたミリタリー仕様のモデルもおすすめです。

 

BRIEFING(ブリーフィング)「TRIPOD」

 

 

防弾チョッキにも使われる1000Dのバリスティックナイロン生地、米軍採用の規格を満たした「ミルスペック」仕様、もちろんアメリカメイド「MADE IN USA」、日常にはあまりにもオーバースペックな仕様が人気の「 BRIEFING(ブリーフィング) 」。

ブリーフィングには、ビジネスや日常、アウトドアにも使えるアイテムが多くラインナップされています。

 

このボディバッグ「TRIPOD」もブランドを代表するアイテムの一つ。

スタイリッシュかつ、ミリタリーライクで無骨なデザインで、どんなコーディネートに合わせてもしっかり決まるのが魅力的なアイテムです。

 

17,000円台と今回紹介するボディバッグの中では比較的高額な部類に入りますが、ガシガシ使っても壊れないのがブリーフィングのイイトコロ。(米軍に採用されうるスペックを満たしているのですから、当然といえば当然ですね。)

中途半端に安いボディバッグをいくつか使い回すことを考えると、ブリーフィングの「TRIPOD」の方がお得とも言えそうです。

 

CHUMS(チャムス)「ファニーパックスウェットナイロン」

 

 

アウトドア・カジュアルの代表的ブランドである「 CHUMS(チャムス) 」。

ノースフェイスのような「ガチ登山」向けのブランド向けではなく、キャンプやフェス、そしてタウンユースにちょうどいい、ゆるくてかわいいプロダクトを中心にリリースしているブランドです。

 

この「ファニーパックスウェットナイロン」も、チャムスらしいカジュアルに使いやすいかわいいデザイン・あたたかい素材感がポイントの製品。

チャムスといえばスウェットというイメージが強い方も多いと思いますが、このボディバッグもスウェット生地で作られています。

 

また、ファスナーにはチャムス創業のきっかけとなったメガネストラップ「リテイナー」のデザインが踏襲されており、「わかるひとにはわかる」アイテム。

アウトドア好きなら、ニヤッとしてしまうプロダクトに仕上がっていますよ。

 

KELTY(ケルティ)「ミニファニー」

 

 

1952年アメリカ・南カリフォルニアで創業した老舗バックパックメーカー「 KELTY(ケルティ) 」。

ケルティーの良いところは、アウトドアにも耐えうるスペックを持ちつつも、ハイテクにならずクラシックなトーンを貫いており、カジュアルに使いやすいというところ。

風合いがあり、かつ500デニールと丈夫な素材「コーデュラナイロン」を採用したクラシックなデザインのパック類を製造しているのが特徴です。

 

ブランドを代表するアイテム「ミニファニー」は、ウェストポーチ型のオーソドックスなフォルムのボディバッグです。

容量5Lという大きさの割に、シルエットのキレイさがあいまってスマートに見えるのがミニファニーの特徴。

500mlペットボトルなども平気で入るのが普段使いには嬉しいポイントです。

 

KELTY(ケルティ)「オーバルショルダー」

 

 

同じくケルティーの「オーバルショルダー」。

空豆のようなかわいいシルエットが特徴的で、レディースユースにおすすめしたい一品。

デザインがかわいいだけでなく使いやすいのもポイントで、メインのポケットの中には仕切りがあり、小物を仕分けるのにとても便利です。

 

また、バッグのフロント・背面にもファスナーがあるため、スマートフォンなど取り出し頻度が高いものを入れておくことができます。

ショルダーストラップは取り外し可能なので、カバンの中で化粧品を入れておくなどのためのポーチとしても活躍します。

 

さらに、12色ものカラバリを展開しているため、コーディネートにも取り入れやすいのも魅力。

おすすめポイントが盛りだくさんの「オーバルショルダー」は、個人的にはイチオシのアイテムです。

もはやボディバッグではなくショルダーバッグだという意見もありますが・・・

 

 

財布やスマートフォン、鍵といった必要最低限のアイテムを一つにまとめて入れられる「ボディバッグ」。

一つ持っておけば、普段使いにとても便利です。

前に回せばセキュリティ対策もばっちりなので、海外旅行にもぴったりのアイテムと言えます。

 

ファッショントレンドアイテムのため、デザインもカラーも豊富にあり、最近ではA4サイズ程度の大きいサイズのものもラインナップされているので、ご自身の好みに合うものがきっと見つかるはず。

本記事を読んでボディバッグに興味を持ったあなたは、ぜひ一度探してみてください!


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(478)
北海道・東北(40)
  北海道(23)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(163)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(89)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(72)
  長野(11)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(18)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(75)
  滋賀(7)
  京都(24)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(62)
  福岡(9)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(15)

国外エリア一覧

東南アジア(19)
ヨーロッパ(46)
東アジア・中国・台湾(18)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(8)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(14)
中南米(3)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(491)
イベント情報(344)
ショッピング・買い物・お土産(453)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(116)
乗り物・交通・アクセス(565)
宿・旅館・ホテル(175)
旅行準備(413)
歴史・豆知識(669)
温泉・スパ(151)
絶景(408)
聖地巡礼(30)
観光旅行(626)
食事・グルメ(513)
ランキング(546)
デート(531)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(407)
ツアー/旅程(215)
海水浴場・ビーチ・リゾート(59)

人気記事ランキング