logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 京都

嵐山の観光・デートスポット10選!定番から穴場まで嵐山の観光とグルメを徹底解説!





嵐山は、山や川のある名勝地でさらに桜や紅葉、数多くの由緒ある寺院や神社などがある日本の代表的な観光地ですね。
また修学旅行で京都観光と合わせて、訪れた方も多いと思います。

人気観光地だけに、雑誌やネットで観光の情報も沢山出ていますが、見所が多いだけどこに行ったらよいか迷われる方も多いかもしれませんね。

この記事ではゆっくり観光したりデートする場合におすすめしたい所や楽しみ方をまとめてみました。
嵐山の歴史やグルメの情報もご紹介していますので、参考にして楽しんでいただければ幸いです。

【目次】嵐山の観光・デートスポット10選!定番から穴場まで嵐山の観光とグルメを徹底解説!

 

嵐山ってどのエリアを指すの?

嵐山の魅力はなに?

変化に富みながらバランスのとれた自然の美

寺院・神社とのコラボレーション

桂川の名前のいろいろ

嵐山の歴史

平安時代以前は秦氏を中心に開発

平安時代から室町時代/貴族の影響や寺院建立など

江戸時代以降/交通網の充実

嵐山観光・デートのスポット(1):渡月橋

嵐山観光・デートのスポット(2):天龍寺

嵐山観光・デートのスポット(3)竹林の小径

嵐山観光・デートのスポット(4):野宮神社

嵐山観光・デートのスポット(5):亀山公園

嵐山観光・デートのスポット(6):祇王寺

嵐山観光・デートのスポット(7):大覚寺

嵐山観光・デートのスポット(8):トロッコ列車

嵐山観光・デートのスポット(9):法輪寺

嵐山観光・デートのスポット(10):華厳寺(鈴虫寺)

おまけ:嵐山のグルメスポットおすすめしたい5選

嵐山のグルメのおすすめ(1):湯豆腐の竹仙(ちくせん)

嵐山のグルメのおすすめ(2):うなぎの廣川

嵐山のグルメのおすすめ(3):ゆばチーズの良弥(よしや)

嵐山のグルメのおすすめ(4):洋菓子のマールブランシュ嵐山店

嵐山のグルメのおすすめ(5):コーヒーならアラビカ京都・嵐山店

嵐山エリアは魅力のスポットがいっぱい

 

嵐山ってどのエリアを指すの?

 

嵐山俯瞰
嵐山から嵯峨野方面の風景/ じゃらん

 

京都市には年間5700万人近くの観光客が訪れていますが、行き先でみると清水寺と嵐山・嵯峨野がトップを争っています。

ですから、数字の上でも嵐山・嵯峨野は 京都 の中で、あるいは全国的にも有数の人気観光地といえますね。

 

また、おそらく多くの方が修学旅行などで訪れたことがあるのではないでしょうか。

ところで「嵐山とはどこを指すのか?」と問われるとちょっと戸惑われるかもしれませんね。

 

実際は「嵐山」という標高382mの山があります。

場所は大堰川・桂川の右岸(下流に向かって右)の、川岸から数百メートルの所にあり、かなり勾配のきつい山となっています。

 

この嵐山の麓には「嵐山」を付した町名が西京区の中にあり、行政上は右岸が嵐山となります。

なお阪急電車の嵐山駅も右岸の西京区にあります。

 

嵐山キモノフォレスト

 

行政区分とは違って、観光などでは大堰川・桂川の左岸(右京区となります)も含めて嵐山と呼ぶのが一般的になっています。

なお、左岸の右京区には嵐山という地名はなく、行政上は嵯峨といわれますが、例えば京福電鉄(嵐電)の嵐山駅やJR山陰本線の嵯峨嵐山駅があり、また嵐山小学校というものもあります。

 

さらに、大堰川・桂川から近くにある天龍寺はもちろんですが、嵯峨野にある大覚寺辺りまでを含めて嵐山と呼ぶことが多いといえます。

つまり、観光的には渡月橋の周辺一帯を「嵐山」あるいは「嵐山・嵯峨野」と呼んでいます。

従って本記事でもそのように使うこととし、広義での嵐山の観光・デートスポットやグルメ情報をご紹介します。

 

 


嵐山の魅力はなに?

 

変化に富みながらバランスのとれた自然の美

 

 

嵐山の代表的な光景としては渡月橋が挙げられますが、下流側から眺めた場合に川と橋と山の構図が美的に非常に優れているといわれています。

背景の山も高過ぎず、上手く視界に収まっているようです。

また、「嵐山」の山には永年にわたり桜やモミジが植えられていますが、勾配が急なために1本1本が遠くからでも見えやすく、桜や紅葉の見栄えを効果的にしているといわれています(このことはNHKテレビのブラタモリでも取り上げられていました )。

 

嵐山レンタル

 

さらに、渡月橋の付近は低地で開放的ですが、嵐山には高台がありそこからの眺めも絶景となっています。

具体的には、左岸には亀山公園があり、昔はむしろ嵐山を愛でるスポットとしてはこちらが人気であったようです。

 

また、右岸の法輪寺からも眺望が楽しめます。

そのうえ、自然の美としては保津川渓谷がありトロッコ電車や保津川下りで楽しむなど変化に富んでいます。

 

寺院・神社とのコラボレーション

 

嵐山寺

 

よく知られているように、嵐山エリアには天龍寺、常寂光寺、大覚寺、野宮神社など数多くの寺院や神社があります。

それぞれが古い歴史を持っており、多くの人が参拝に訪れますが、同時に多くの寺院・神社の境内あるいはその周辺に桜やモミジ、竹林、苔などがあり、四季を通じて楽しませてくれます。

 

嵐山はこれらが京都郊外の地に共存し、コラボレーションすることで、観光的にも魅力的なエリアとなっているのではないでしょうか?

もちろん、古い伝統的なものだけでなく博物館や近代的な商業施設もあり、何回訪ねても楽しませてくれるエリアです。

 

 

桂川の名前のいろいろ

 

嵐山川舟

 

嵐山の中心部を流れる桂川ですが、景観や観光などの面でも重要な要素ですね。

ところで「桂川」については、実はさまざまな名称、通称がありますので確認しておきましょう。

 

よくいわれるのは、「渡月橋から上流が大堰(おおい)川で、下流が桂川」というものです。

また、大堰川(大井川と表記される例もあります)については、亀岡から嵐山まで保津峡がありこの間は保津川といわれますが、これらは通称で地図など公式の名称はすべて「桂川」となっています。

 

この記事では基本的には通例に従って、渡月橋から上流を大堰川(一部は保津川)、渡月橋から下流を桂川と呼ぶこととします。

なお、桂川の下流は鴨川、木津川、宇治川と合流し、大阪府との境界付近から淀川となります。

 

 


嵐山の歴史

 

観光スポットなどを訪れる前に、嵐山の歴史を確認した方が理解しやすいと思われますので、簡単にご紹介します。

 

平安時代以前は秦氏を中心に開発

 

 

古代の桂川は氾濫を繰り返していたようですが、奈良時代より前に渡来人といわれる秦氏一族がこの辺りに入植し、治水にも力を入れていました。

治水の一部としては川に堰(せき)を造り、その痕跡も残っているようですが、そのことが「大堰川」という名前の由来になっているという説もあります。

 

そして、秦氏は松尾、嵯峨、太秦などを地盤として勢力を強め、また松尾大社を秦氏の氏神として創建するなどしましたが、秦氏は嵐山の初期の開発の功労者と考えられます。

なお、嵐山の地名については大堰川の中洲のことを「アラスダ」と呼んでいたようで、アラスダの山が嵐山に転じていったという説もあります。

 

平安時代から室町時代/貴族の影響や寺院建立など

 

 

古くから嵐山辺りの風景が優れていることが知られていましたが、特に平安時代には貴族が大堰川の左岸(右京区側)に別荘を作るようになりました。

特に有名なのは嵯峨天皇の離宮で、後に大覚寺となりましたが、文化的にも活動の拠点となっていたようです。

 

当時の景観で人気の一つは大堰川の左岸にある小倉山(その一部を亀山ともいいます)方面で、紅葉の見事さが賞されており、例えば平安時代に詠まれた和歌で『小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ…貞信公』でも有名です。

この和歌は後に藤原定家により百人一首に採り入れられましたが、定家の小倉山荘で編纂されたため小倉百人一首と呼ばれています。

 

それほど小倉山方面は文化的活動に縁が深いといえます。

寺院・神社については平安時代以前からも野宮神社とか松尾大社などがありましたが、貴族の別荘が増えるなどして、徐々に寺社が建立されていきました。

 

嵐山天龍達磨
天龍寺/ じゃらん

 

特に影響の大きいものは天龍寺で、これは鎌倉時代のことですが後嵯峨天皇の子である亀山天皇の離宮が造られ、室町時代に天龍寺となったものです。

両天皇も嵐山エリアの歴史に影響しており、まず後嵯峨天皇については、嵐山の山には桜が少なかったために、吉野の桜を移植させたと伝えられています。

 

この地が渡月橋を含め得て後に天龍寺の所領となり明治初期まで続きましたが、それが廃止されたために桜も荒れてしまったといわれています。

これに対しては、関係者の努力で復活させ現在に至っています。

 

また、亀山天皇は渡月橋を、「天の月を渡しているようだ」とのことから渡月橋と命名し、一層人気のスポットとなっていきました。

このように平安時代以降は天皇ほか貴族の影響、さらにそれに関係する寺社の影響で嵐山エリアが開発、発展していったといえます。

 

江戸時代以降/交通網の充実

 

 

それとは別に、大堰川の水利については江戸時代初期に大掛かりな改修が行われ、丹波方面から木材を大量に筏で運べるようになり、二条城の造営に役立てるなど、経済・交通の面でも発展していきました。

明治以降の近代的な交通の歴史としては、まずJR山陰本線の嵯峨嵐山駅の前身の嵯峨駅が1897年に設けられました。

 

次に京福電鉄嵐山線(通称嵐電)の嵐山駅はその前身が1910年に開通し、桂川の右岸では阪急電鉄の嵐山駅が 大阪 ・ 神戸 方面の玄関口として、1928年に開通しました。

このような交通網などインフラが整備されて嵐山エリアは現在の姿に発展してきましたが、観光的には天龍寺のなどのある桂川の左岸地区に多くの人が集まっています。

右岸のほうは山が迫っていることもあって、左岸と較べると人出が少ないといえるようです。

 

 

嵐山観光・デートのスポット(1):渡月橋

 

やっぱり嵐山の風景のシンボル

 

 

渡月橋(とげつきょう)は、桂川に架かる橋で、渡月橋を含めた風景は嵐山の代表的な景観です。

正確には桂川の中洲と左岸とを結んでおり、橋の長さは155mありますが、桂川はこの付近では西から東へ流れていますので、渡月橋は南北に架かっています。

 

最初の橋は9世紀に架けられ、その後架替も行われていますが、現在地よりは少し上流にありました。

現在の橋は1934年に造られ基本はコンクリート製で、ただし景観に配慮して欄干は木造になっていますが、車両なども通行する主要道路となっています。

いずれにせよ、修学旅行や一般観光客のほとんどが一度は渡月橋に足を運んでいると思われますが、ゆっくり楽しみたい所ですね。

 

ゆっくり楽しむには

 

 

渡月橋は嵐山観光の中心的なスポットですから、季節によっては大変混雑します。

ゆっくり観光したい、デートを楽しみたい方には時期や時間、場所を考える必要があります。

 

渡月橋は渡るにしても、ゆっくり過ごすためには橋から少し離れると少し静かなスペースも見つかると思います。

上の写真は右岸の中の島公園からのものですが、対岸の橋から少し上流から水面を眺めるのが好きという方もみえますので、参考にしてください。

紅葉のころも大変な賑わいとなりますが、早朝に行くとか少し離れた所にはゆっくりできる所もあるはずです。

 

 

次に夜でもOKならば、月夜を狙って渡月橋が渡月橋たるゆえんを体験するのはいかがでしょうか?

前記のように亀山天皇が「天の月を渡すような橋」ということから渡月橋と命名しましたが、上の写真のような光景にひたることもできます。

ただし、天候が良くないと台無しになりかねませんので、月がない場合のプランが必要かもしれませんね。

 

 

渡月橋周辺がライトアップされるときがあり、幻想的な世界が広がりますので、タイミングが合えばぜひご覧ください。

まず春の桜のころ(3月下旬から4月上旬)にライトアップされ周辺の夜桜が楽しめます。

 

また、冬は「京都・嵐山花灯路」というイベントが天龍寺方面なそも含めて行われます。

2017年は12月8日(日)から17日(日)の17時から20時30分まで行われますので、お楽しみください。

 

 

京都の冬は厳しいといわれますが、写真のような渡月橋の雪景色に巡りあえることもあります。

付近のお店で温かいものでも召し上がるなどして出掛ける価値があると思いますが、いかがでしょうか?

 

渡月橋の基本情報

 

名称:渡月橋 

英名:TOGETUKYOU

住所:京都市右京区 

アクセス :JR山陰本線嵯峨嵐山駅から徒歩約15分、京福電鉄嵐山駅から徒歩約8分、阪急電鉄嵐山駅から徒歩約10分

電話番号:075-213-1717(京都市観光協会) 

 

 


嵐山観光・デートのスポット(2):天龍寺

 

何回でも行きたい京都五山の第一

 

 

天龍寺(てんりゅうじ)は1339年に足利尊氏の開基、夢想疎石(国師)の開山により創建された臨済宗の寺院です。

その場所は前記のように亀山天皇の離宮のあった所で、後醍醐天皇の菩提を弔うために建立されるなど朝廷とゆかりが深い寺院です。

 

このように、ときの権力者と密接な関係にあり、京都五山の中でも第一(南禅寺は別格)といわれるほどになり、嵐山の山の方まで含めた広大な寺領と多数の伽藍を誇る寺院となりました。

そして歴史的文化的価値から「古都京都の文化財」として世界遺産にも登録されるなどし、嵐山エリアで1・2を争う観光スポットとなっています。

 

 

天龍寺には数多くの見どころがありますが、代表的な例だけご紹介します。

まずは法堂(はっとう)ですが、ここは住持が説法するお堂で、特に有名なのは天井に描かれた雲龍図です(撮影禁止のため写真は掲載できません)。

 

なお、雲龍図は以前からありましたが、現在の図は加山又造画伯によって1997年に制作され、高い評判を呼んでいますので、ぜひご覧ください。

雲龍図の公開日は通常は土・日・祝日ですが、春夏秋には連日公開する期間があります。

 

次の見どころは、夢想疎石が造った池泉回遊式庭園です(この項の初めの写真ご参照)。

これは嵐山や亀山を借景としたに日本庭園の代表的なもので、国の史跡、特別名勝に指定されていますので、お堂などに座ってゆっくり鑑賞したい所です。

さらに庫裏も見ておきたい所で、建物が白壁とそれに配した縦横曲線の梁や柱などで美しいものであるうえ、中に達磨が描かれた大衝立も有名です。

 

 

天龍寺の見どころとしては桜と紅葉もおすすめです。

桜は境内に200本ほどありますが、中でも多宝堂(後醍醐天皇像を祀るお堂)前のしだれ桜が人気です。

 

紅葉は境内の至る所に見事な光景が展開されますが、前記の曹源池庭園は変化もあり特におすすめです。

桜と紅葉は人気があるだけ相当混雑しますので、その覚悟でお出掛けください。

 

デートなどでゆっくり楽しむには?

 

 

桜や紅葉のころは大変賑わいますので、ゆっくりするのは難しいですが、それでもその時期に行くのなら朝一番(開門は8時30分)に出掛けましょう。

ただし、天龍寺は夜間入場、ライトアップは今までのところやっていません。

 

次に天龍寺の境内は広く、メインを外れたいろいろな場所、角度から楽しむことができますので、賑わうシーズンでも美しさを発見することができます。

また、桜や紅葉という主役級ではなくても、天龍寺にはさまざまな花が年間を通して咲いており、目を向ければ優しく迎えてくれますので、百花苑などで探してみてください(上の写真は一例です)。

 

さらに精進料理のお店「篩月(しげつ)」が境内にあり、予約もできますので、ゆっくりされてはいかがでしょうか。

メニューは3000円から7000円で、電話番号は075-882-9725です。

 

天龍寺の基本情報

 

名称:天龍寺

英名:TENRYUJI 

住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

アクセス:京福電鉄嵐山駅からすぐ、JR嵯峨嵐山駅から徒歩約13分

電話番号:075-881-1235 

定休日:年中無休 

拝観時間:8:30~17:30、ただし10月21日~3月20日は17:00まで 

拝観料:庭園は高校生以上500円、諸堂は300円追加 

 

 

嵐山観光・デートのスポット(3)竹林の小径

 

京都らしさを感じさせる散策路

 

嵐山竹林px

 

竹林(ちくりん)の小径は嵯峨野で人気が集中しているスポットです。

場所は大河内山荘から野宮神社に至る小径(ただし公道です)となっています。

 

その途中に天龍寺の北門がありますので、天龍寺の拝観を済ませて出ると竹林の小径に入ります。

「その長さはどのくらい?」ですが、大河内山荘から野宮神社までは400mほどでこれがメインですが、実はその先のJR山陰本線の北まで竹林がありますので、その辺りまで含めると800mほどということもできます。

 

嵐山竹林力車

 

日本中の各地に竹林がありますが、なぜかここの竹林は京都らしさを感じさせるスポットとして大勢が訪れるスポットとなっています。

写真のように手入れされていて風情がありますし、他所とはひと味もふた味も違うようですね。

映画やドラマでもよく使われることも人気に影響しているかもしれませんね。

 

ゆっくり楽しむには

 

デートなどでは静かな雰囲気でゆっくり歩きたいところですが、シーズンは相当の人出がありますので、できれば早朝のしっとりしたときに訪ねたい所です。

また、写真のように人力車で回るのも最高で、いろいろな説明も聞かれますので、できたら体験したいですね。

 

 

竹林の小径は公道ですので、夜間も通ることはできますが、普段は真っ暗で妖怪でも出そうな雰囲気です。

ただし、京都・嵯峨花灯路のときはライトアップされ、まさに幻想的は世界となりますのでおすすめです。

2017年は12月8日(日)から17日(日)の17時から20時30分まですが、相当混雑しますので、そのつもりでお出掛けください。

 

竹林の小径の基本情報

 

名勝:竹林の小径

英名:BAMBOO GROVE

住所 :京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町

アクセス :JR山陰本線嵯峨嵐山駅から徒歩約17分、京福電鉄嵐山駅から約12分

電話番号 :075-213-1717(京都市観光協会) 

 

 


嵐山観光・デートのスポット(4):野宮神社

 

源氏物語の舞台/縁結びの神様として人気

 

 

野宮神社(ののみやじんじゃ)は、前記の竹林の小径のほとりに静かに佇む神社です。

御祭神は野宮大神(天照大神)で、創建は不詳ですが、809年という言い伝えもある古い神社です。

 

天皇の皇女・女王が天皇の代理、つまり「斎宮」として伊勢神宮に仕えるとき、身を清めるために1年間籠もられたとされる神社で、そのためか全体の造り、雰囲気も比較的素朴で、清楚な感じとなっています。

建物的には黒色の鳥居と柴垣に囲まれているのが特徴ですので、ご覧ください。

 

平安時代に紫式部によって書かれた「源氏物語」の第10帖「賢木(さかき)」には野宮神社が舞台として登場します。

また、謡曲にも採り入れられているなど文化的にゆかりある神社です。

 

デートには恋愛成就の願掛けを

 

 

この神社のご利益は恋愛成就・縁結び、子宝安産、学問などといわれ、上の写真の「神石(亀石とも)」をなでると年内に願いが叶うと伝えられていますので、どうぞお祈りください。

 

野宮神社の基本情報

 

名称 :野宮神社

英名 :NONOMIYAZINZYA

住所 :京都府京都市右京区嵯峨野々宮町1

アクセス :京福電鉄の嵐山駅から徒歩約10分、JR山陰本線の嵯峨嵐山駅から徒歩約10分

電話番号 :075-871-1972

定休日 :年中無休

拝観時間 :9:00~17:00

拝観料:無料

 

 

嵐山観光・デートのスポット(5):亀山公園

 

紅葉の名所/保津川の絶景

 

 

亀山公園は大堰川左岸にあり、正式名称は嵐山公園亀山地区といいます。

なお、嵐山公園は三つに分かれていて、他の二つは右岸の中之島地区の公園とその下流の東公園です。

 

亀山公園は小倉山の南麓にありますが、亀山天皇などを火葬した所ということなどから公園として整備されています。

小倉山一帯は紅葉の名所として知られ、亀山公園もその通り至る所で紅葉が楽しめますが、さらに亀山公園の名所は上の写真のように展望台(川からの高さ約40m)で、保津川の絶景を望むことができます。

 

 

また、紅葉だけではなく桜の季節も対岸の山などに大きなスケールで楽しむことができます。

 

デートなどで楽しむには

 

 

紅葉のころはかなり人出も多くなりますが、広い公園ですので、それなりにゆっくり楽しむことができます。

さらに、ここは小倉百人一首の編纂地で、歌碑が49首設置されていますので、文学や「かるた」に興味がある方でしたら、歌碑を巡るのもおすすめです。

 

亀山公園の基本情報

 

名称 :嵐山公園・亀山地区(通称:亀山公園)

英名 :KAMEYAMA PARK

住所 :京都府京都市右京区嵯峨亀ノ尾町

公園入り口までのアクセス :JR山陰本線嵯峨嵐山駅から徒歩約20分、京福電鉄嵐山駅から徒歩約14分、麓から展望台まで約30分

電話番号 :075-701-0124(京都府土木事務所)

定休日 :年中無休

 

 


嵐山観光・デートのスポット(6):祇王寺

 

悲恋の舞台の尼寺/しっとりとして女性に人気

 

 

祇王寺(ぎおうじ)は大覚寺派の尼寺で、もともとは昔からあった往生院の境内に創建されました。

その後往生院は廃れ、その後を祇王寺が継いでおり、往生院祇王寺という名称になっています。

 

祇園寺にまつわる話としては、平家物語に登場しますが、平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が後に仏御前に愛を奪われたために、母娘と共にこにに逃げ込み庵を結んだ所として知られています。

そのような悲劇の尼寺として、草庵(上の写真)、入り口、庭、彼女たちのものといわれる墓碑などが、静かに佇んでおり、特に女性たちの愛好のスポットとなっています。

 

 

また、祇王寺の庭園は上の写真のように苔が密生しており、西芳寺と共に苔寺としても有名です。

西芳寺は拝観には予約が必要ですが、祇王寺は常時公開されていますので、お楽しみください。

 

 

秋には紅葉で別の装いとなり四季を通して、きめ細やかな美しさを見せてくれますので、デートなどでゆっくりお楽しみください。

 

祇王寺の基本情報

 

名称 :往生院祇王寺

英名 :GIOUJI

住所 :京都市右京区嵯峨鳥居本小坂町32

アクセス :JR山陰線嵯峨嵐山駅から徒歩約20分、京福電鉄嵐山駅から徒歩約20分

電話番号 :075-861-3574

拝観時間 :9:00~17:00

拝観料 :大人300円、大覚寺と共通券は600円、祇王寺~大覚寺は徒歩約25分

 

 

嵐山観光・デートのスポット(7):大覚寺

 

凝縮された美を楽しめる!

 

 

大覚寺(だいかくじ)は正式名称を「旧嵯峨御所大本山大覚寺」といい、これからも分かるように嵯峨天皇が造られた離宮が前身となっています。

そこに空海がお堂を造ったのが寺院となる起源とされますが、大覚寺としては嵯峨天皇が崩御後に離宮を廃止し、876年に寺院として創建されました。

 

本堂は五大堂で五大明王を御本尊としています。

そのほか建造物は、宸殿(重要文化財)や正寝殿(堂)、御影堂などがあり、さらに国宝や重要文化財の文書や画像、仏像などが多数あるなど見どころ満載です。

 

 

境内にある大沢の池(上の写真)は、中国の洞庭湖をイメージして造られた日本最古の林泉式庭園として国の名勝となっています。

周囲が約1kmある大きな庭園で、農業の灌漑にも利用されたといわれますが、堤の桜を含めて四季を通して見る人の心を癒やすスポットとなっていますので、ご覧ください。

 

 

境内には多数の桜やモミジなどがあり、大勢が訪れますが、その他大覚寺では季節に応じてさまざまな行事が行われます。

まず春には、いけばな嵯峨御流の華道祭があり、大沢の池での「竜頭鷁首(りゅうとうげきしゅ、げき=水鳥の名前)舟」など平安様式のイベントも楽しめます。

 

夏は「宵弘法」があり、大沢の池を舞台に送り火や灯篭流し(上の写真)などが行われます。

また、秋には「観月の夕べ」があり、2017年は中秋の名月お前後の10月4日~6日に行われます。

 

これは、大沢の池に竜頭鷁首船を浮かべ観月会が行われ、乗船券を買って乗船できますので、ぜひこの幽玄な行事を体験してみてください。

早めに行けば券は購入できるようです。

 

2017年は11月10日から12月3日まで、夜間特別拝観も行われます。

その他にもいろいろな行事がありますが、とにかく大覚寺では非常に美的なイベントも多く行われていますので、タイミングを合わせられたらデートなどでも最高のときが過ごせます。

 

大覚寺の基本情報

 

名称 :旧嵯峨御所大本山大覚寺

英名 :DAIKAKUJI

住所 :京都府京都市右京区嵯峨大沢町4

アクセス :JR山陰本線嵯峨嵐山駅から徒歩約20分、京福電鉄嵐山駅から徒歩約25分

電話番号 :075-871-0071

定休日 :年中無休、ただし内拝できない日あり

拝観時間 :9:00~17:00

拝観料 :大人500円、大沢の池は200円

 

 

嵐山観光・デートのスポット(8):トロッコ列車

 

絶景をトロッコから/保津川下りも最高!

 

 

嵯峨野トロッコ列車は、京都市嵐山と亀岡市を結ぶ観光列車で、JRの旧山陰本線の鉄道を利用して、JR西日本の子会社によって運営されています。

ほぼ保津川の渓谷に沿って運行され、渓谷美と季節によって桜や紅葉などを堪能できますので、大人気です。

 

 

距離は片道約7.3kmで、時速25kmくらいでゆっくり走り、25分ほどで到着するという短い列車旅ですが、ほとんどの人が満足しているようです。

列車の基本スケジュールは1時間に1本ですが、利用者が多いシーズンには臨時に増発されます。

 

 

デートなどには前売りを!

 

デートなどで利用するのもおすすめですが、シーズンは相当混雑しますので、前売りを予約するのがベターです。

全国の緑の窓口や旅行代理店で1か月前から発売され、運賃は大人620円です。

 

嵯峨野トロッコ列車の基本情報

 

名称 :嵯峨野トロッコ列車

英名 :SAGANO ROMANTIC TRAIN

トロッコ嵯峨駅住所 :京都府京都市右京区右京区嵯峨天龍寺車道町 嵯峨天竜寺車道町

アクセス :JR山陰本線嵯峨嵐山駅に隣接

電話番号 :075-861-8511(嵯峨野観光鉄道株式会社)

営業時間 :トロッコ嵯峨駅始発9:01、トロッコ亀岡駅終発17:40

 

保津川下りもおすすめ

 

 

トロッコ列車で亀岡へ行かれたら、帰路は保津川下りを楽しんではいかがでしょうか?

トロッコ亀岡駅からは馬車で行くこともでき、変化に富んだ楽しみ満載のコースとなります。

馬車の所要時間は約25分です。

 

亀岡から渡月橋の手前の船着き場まで概ね1時間30分ほどで、水位により前後しますが、急流に揺られながら両岸の渓谷美や桜・紅葉を満喫するのはまたとない経験となりますね。

料金は大人4100円です。

さらに、ラフティングも楽しむことができますので、下記舟下りと同じところに電話でお尋ねください。

 

保津川下りの基本情報

 

名称 :保津川下り

英名 :HOZUGAWA RIVER RIDE

住所 :京都府亀岡市保津町下中島2

アクセス :トロッコ亀山駅から馬車で約25分、バスで約15分

電話番号 :0771-22-5846(保津川遊船企業組合)

営業時間 :通常期は9:00発~15:30発まで概ね1時間ごとに運行、冬季は不定期となります。

 

 

嵐山観光・デートのスポット(9):法輪寺

 

十三参りや舞台からの眺望も見どころ

 

 

法輪寺は桂川の右岸、嵐山の山の中腹にあります。

713年に行基菩薩によって建立された堂塔が元ですが、868年に法輪寺と改められました。

 

御本尊は虚空蔵菩薩のため、通称は虚空蔵法輪寺とか嵯峨の虚空蔵さんなどと呼ばれています。

建物などは応仁の乱で消失し、江戸時代に復興した歴史があります。

 

本堂や多宝塔にお参りできますが、ユニークなお社として「電電宮(でんでんぐう)」があります。

これは電気電波関係の神をお祀りするもので、関係業界から篤く信仰されています。

法輪寺は桂川の左岸地区に較べるとやや人出が少なく、特別な時を除いてゆっくりできますので、お楽しみください。

 

 

デートなどの楽しみ方

 

法輪寺で有名なものの一つは、「十三参り」で、数え年の13歳になると成人の儀式として虚空蔵菩薩にお参りし、智慧を授けてもらうものです。

地元だけでなく関西一円からもお参りされる行事となっており、春は3月13日から5月13日の間、秋は10月から11月までとなっていますので、写真のように着物姿のお嬢さんにお目にかかるかもしれません。

 

次の楽しみ方ですが、ここには清水寺にも匹敵する舞台があり、上の写真もそこからのものですが、桂川から嵯峨野方面を一望することができます。

一般の観光客にはあまり知られていないようですので、穴場といえます。

特に京都五山の送り火が見られるポイントでおすすめです。

 

さらに、京都・嵯峨野花灯路のときは、例年プロジェクションマッピングでライトアップされ幻想の世界が出現します。

2017年は内容は分かりませんが、12月8日(金)から17日(日)までライトアップされることになっていますので、チャンスがあればご覧ください。

 

法輪寺の基本情報

 

名称 :法輪寺

英名 :HORINJI

住所 :西京区嵐山虚空蔵山町

アクセス :阪急電鉄の嵐山駅から徒歩約5分、JR山陰線嵯峨嵐山駅から徒歩約15分

電話番号 :075-862-0013

定休日 :年中無休

拝観時間 :9:00~17:00

拝観料:自由参拝

 

 

嵐山観光・デートのスポット(10):華厳寺(鈴虫寺)

 

鈴虫の音と説法に癒やされるお寺

 

 

華厳寺というよりは鈴虫寺というユニークな名前で知られる臨済宗の寺院です。

場所は桂川の左岸、嵐山の観光エリアとしては南側にあり、南隣りには苔寺(西芳寺)があります。

 

江戸時代の創建で、庭園も四季折々の美しさを感じさせてくれる所です。

鈴虫説法ということで、一年を通して鈴虫の音色を聞くことができ、それと共に説法を聞く、静かなときを過ごすことができますので、参加されてはいかがでしょうか?

 

 

鈴虫寺の御本尊は大日如来ですが、地蔵菩薩も安置されており、そのお姿の入ったお守りが上の写真の「幸福御守」として授けられています。

願いが叶うと特に女性に人気となっていますので、デートなどでも求められてはどうでしょうか。

 

華厳寺の基本情報

 

名称 :華厳寺(鈴虫寺)

英名 :KEGONJI(SUZUMUSITERA)

住所 :京都府京都市西京区松室地家町31

アクセス :阪急電鉄松尾大社前駅から徒歩約15分、JR山陰線嵯峨嵐山駅からバスで約15分

電話番号 :075-381-3830 

定休日 :年中無休

拝観時間 :9:00~17:00

拝観料 :大人500円(茶菓付き)

 

 

おまけ:嵐山のグルメスポットおすすめしたい5選

 

ここまでは嵐山の観光やデートのスポットをご案内しましたが、それに欠かせないお食事処やカフェなどの情報をご紹介します。

嵐山にはすぐれたお店が沢山ありますが、その中から観光やデートにふさわしい5つのお店をご紹介します。

 

嵐山のグルメのおすすめ(1):湯豆腐の竹仙(ちくせん)

 

清涼寺の境内でゆっくり頂ける京料理

 

 

竹仙は嵯峨釈迦堂と親しまれる清涼寺の広大な境内にあります。

清涼寺は国宝の釈迦如来像や壮大な仁王門(上の写真)のある名刹ですので、参拝かたがた竹仙の料理を楽しんではいかがでしょうか。

もっとも参拝なしで、竹仙さんだけ行かれる方もいるようです(境内は自由参拝です)。

 

 

外観はこんな感じで、普通のレストランとは一味違う雰囲気で嵐山を楽しむことができます。

 

 

竹仙は湯豆腐を中心にする伝統的な京料理の老舗ですので、観光やデートで京料理も味わいたい方にはおすすめです。

京料理にはもちろんかなり高級なお店もありますが、ここでは比較的リーズナブルな範囲で頂けます。

 

なお、お豆腐は嵯峨豆腐の森嘉のものを使っており、京都の人も満足する料理といわれています。

おすすめの料理は上の写真の「ゆどうふおきまり」で、これは昼だけのメニューですが是非とも食べてみてください。

 

内容は食前酒・八寸・ごま豆腐・湯豆腐・あえ物・炊き合わせ・油物などですが、湯どうふは形がしっかりしているのに滑らかで絶品という声もあります。

なお、値段は税別3500円です。

他のメニューは「ゆどうふおきまり、生ゆばお造り付き」で4000円、懐石料理(4500円~7000円、いずれも税別)などがあります。

 

 

食事の他にも単品で三色麩まんじゅう(上の写真)や抹茶、アイスクリーム(あいすくりん)なども頂けますので、気軽に利用できます。

 

竹仙の店舗情報

 

住所 :京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46番地、釈迦堂清凉寺内

アクセス :JR山陰本線嵯峨嵐山駅から徒歩約12分、京福電鉄嵐山駅から徒歩約15分

電話番号 :075-871-6561

定休日 :木曜日(4月、10月、11月は無休)

営業時間 :昼食10:00~17:00、夕食は10名以上の予約のみ

 

 

嵐山のグルメのおすすめ(2):うなぎの廣川

 

嵐山を眺めながら西日本一のウナギをどうぞ!

 

 

京都でウナギ?と思われる方もいるかもしれませんが、西日本一ではないかとの声もあるくらいの名店ですので、ウナギを食べて嵐山観光のエネルギーを補充してはかがでしょうか?

廣川は天龍寺から近くにあり、人気がありますのでタイミングによっては並ぶこともありますが、予約も可能です。

 

創業は50年ほど前ですが、ルーツは埼玉県で江戸時代に開業しており、秘伝のタレは当時から継ぎ足しで使っているとのことです。

また、ウナギは国産で各地の上質のものを選別しています。

なお、建屋は平成の数寄屋造りで、庭もあり2階(予約)からは嵐山をながめられますので、ハッピーなひとときを過ごせる所です。

 

 

メニューは単品ではウナギ丼(2100円)、ウナ重(2900円)、ドジョウ柳川(1500円)などがあり、コース料理ではウナ重定食(3900円)などがあります。

嵐山観光・デートに京都のウナギもきっと想い出に残ることでしょう。

 

廣川の店舗情報

 

住所 :京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町44-1(天龍寺斜め向かい)

アクセス :京福電鉄嵐山駅から徒歩約4分、JR山陰本線嵯峨嵐山駅から徒歩約8分

電話番号 :075-871-5226

定休日 :原則月曜日

営業時間 :11:30~14:30、17:00~21:00

 

 

嵐山のグルメのおすすめ(3):ゆばチーズの良弥(よしや)

 

新名物を歩きながらでもたべられる

 

 

渡月橋の北詰め近くにある良弥本通り店の「ゆばチーズ」をご存じですか?

今人気のファストフードで、嵐山新名物ともいわれていますので、まだの方はぜひ味わってみてください。

揚げたてのあつあつを食べながら嵐山をそぞろ歩くのも、旅先ならですね。

 

良弥というお店は、グループに数店舗がありますが嵐山本店は渡月橋から少し下流で本格的な京都嵯峨料理を出しています。

そして、ご紹介する本通り店は2階が喫茶で、1階は軽食処となっていて、本店で出すメニューの一部やゆばチーズなどを戴くことができます。

 

 

おすすめする「ゆばチーズ」は魚のすり身にチーズなどの具材を湯葉で包んで蒸し、軽く揚げたものですが、材料の食感と味が絶妙と大好評になっています。

チーズの他に蟹、明太子、卵などのバリエーションがあり、これらは料理人によって手作りされその場で揚げられのも嬉しいものですね。

値段は「ゆばチーズ」が300円で、他は250円から300円です。

 

良弥本通り店の店舗情報

 

住所 :京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町1-1

アクセス :京福電鉄嵐山駅から徒歩約5分

電話番号 :075-872-0481

定休日 :年中無休

営業時間 :10:00~17:00

 

 

嵐山のグルメのおすすめ(4):洋菓子のマールブランシュ嵐山店

 

嵐山限定の茶々棒などの食べ歩きもどうぞ!

 

 

嵐山の観光・デートのコースにスイーツを入れてはいかがでしょうか?

渡月橋から天龍寺に向かう手前にマールブランシュ嵐山店があり、大変人気となっています。

マールブランシュは京都北山に本店があり、全国的に展開する洋菓子の店ですが、京都駅店などでも大変混雑しています。

 

 

嵐山店には嵐山だけの限定品があり、その一つが上の写真の「茶々棒(360円)」です。

これはエクレアの生地に抹茶のソフトクリームが載っていますが、さくっとした食感と抹茶風味のマイルドなソフトが絶妙で、食べ歩きアイスとして売られていますので、ぜひお試しください。

 

他の限定品をご紹介すると、「茶の菓(5枚入り680円)」はホワイトチョコを入れた濃茶のラングドシャでマイルドに仕上げたスイーツです。

さらに、「月のマカロン」も限定品でありますし、もちろん嵐山限定でないものも多数揃えられています。

 

マールブランシュ嵐山店の店舗情報

 

住所 :京都市右京区嵯峨天龍寺門前嵐山昇龍苑1F

アクセス :京福電鉄嵐山駅から徒歩約1分、渡月橋から

電話番号 :075-862-5656

定休日 :年中無休

営業時間 :10:00 - 17:00

 

 

嵐山のグルメのおすすめ(5):コーヒーならアラビカ京都・嵐山店

 

渡月橋を目の前にするおしゃれなコーヒーショップ

 

 

嵐山散策も終りに近づき、コーヒーが恋しくなる方もいるかと思います。

そこでご紹介するのが、「%アラビカ京都・嵐山店」で、この会社は京都に3店舗を展開し、コーヒーの専門性・美味しさはもちろんですが、お店のおしゃれさ、優れたラテのテクニックで大変注目されています。

コーヒーへのこだわりは、ハワイにコーヒー農園を持ち、ラテの世界チャンピオンが店長をするなどにも現れています(ただし店長は一つの店専任かどうかは不明です)。

 

 

嵐山店は写真でご覧のように大変おしゃれで、明るく素敵な雰囲気です。

なお、このお店は店内の座席がレンタルルームとして4席分ありますが、1時間2000円の有料席ですので、ほとんどの方は外のベンチか付近の桂川の岸辺などでコーヒーを飲むことになります。

 

 

世界一のエスプレッソが飲めると大人気ですが、メニューの例はシングルオリジンのカフェラテのショートが500円、同じくエスプレッソが350円、アメリカーノが400円などがあり、他にレモネードなどもあります。

 

アラビカ京都・嵐山店の店舗情報

 

住所 :京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-47

アクセス :JR山陰線嵯峨嵐山駅から徒歩約15分、京福電鉄嵐山駅から徒歩約5分、阪急電鉄嵐山駅から徒歩約15分

電話番号 :075-748-0057

定休日 :不定休

営業時間 :8:00~18:00

 

 

嵐山エリアは魅力のスポットがいっぱい

 

 

ここまで嵐山エリアの観光・デートスポットをご紹介してきましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。

お分かりのように嵐山は古くから景勝地であり、また桜や紅葉の名所として聞こえ、さらに由緒ある寺院や神社が数多くあるエリアですが、この記事ではその一部ご紹介しました。

それでもすべてを見て回れないかもしれませんが、好きな所をピックアップして、記事で書いたような楽しみ方も参考にしてお出掛けいただければ幸いです。

 

また、おすすめのグルメも少しですがご紹介しましたので、参考にしてください。

ただ、人出が多いことでも有名なエリアですので、ゆっくり観光するのなら時間帯やシーズンを少しずらすなど弾力的にプランするのもおすすめです。

 

▼関連記事

 

・  京都の旅館10選!京都旅行を満喫出来るおすすめ宿を格安から高級まで値段別に

・  高級ホテルで思いっきり贅沢な京都旅を!京都のラグジュアリーホテル9選

・  京都お土産10選!京都の魅力満載のおすすめグルメ土産!


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(196)
北海道・東北(19)
  北海道(10)
  宮城(4)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(61)
  千葉(5)
  埼玉(4)
  山梨(3)
  東京(30)
  栃木(1)
  神奈川(15)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(28)
  三重(2)
  富山(1)
  愛知(5)
  新潟(3)
  石川(4)
  福井(1)
  長野(5)
  静岡(6)
近畿(33)
  京都(10)
  兵庫(8)
  和歌山(1)
  大阪(11)
  奈良(1)
  滋賀(2)
中国・四国(15)
  山口(2)
  岡山(3)
  島根(1)
  広島(4)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(25)
  大分(1)
  宮崎(1)
  沖縄(11)
  熊本(2)
  福岡(5)
  長崎(3)
  鹿児島(2)

国外エリア一覧

東南アジア(14)
ヨーロッパ(15)
東アジア・中国・台湾(8)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(6)
オセアニア(4)
アフリカ(1)
北米(6)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(138)
イベント情報(154)
ショッピング・買い物・お土産(153)
シーン別(218)
ビジネス・出張(99)
マナー(57)
ロケ地、舞台(100)
世界遺産(45)
乗り物・交通・アクセス(214)
宿・旅館・ホテル(94)
旅行準備(193)
歴史・豆知識(240)
温泉・スパ(77)
絶景(161)
聖地巡礼(22)
観光旅行(260)
言語・役立ちフレーズ(10)
食事・グルメ(205)
ランキング(126)
デート(168)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(99)
ツアー/旅程(16)
海水浴場・ビーチ・リゾート(17)

人気記事ランキング