logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 東京

下北沢の観光スポット15選!個性溢れるお店に荘厳な雰囲気の神社まで





東京都の世田谷区にある下北沢は、多くの雑貨店や古着店が軒を連ね、学生やインテリア、洋服好きな人から注目を集めている場所です。
東京都の中心部から小田急線で10分前後とアクセスも良く、ショッピングにデート、観光まで幅広い楽しみ方ができます。

劇場やライブハウス、ギャラリーも街の中に数多くあり、アートや文化の発信地にもなっています。
店主が独自のセレクトで商品を選んだ古本店、ユニークな雑貨を集めたお店など、個性的なお店も豊富です。

本記事では下北沢観光の見どころを厳選して紹介していきます!

【目次】下北沢の観光スポット選!個性溢れるお店に荘厳な雰囲気の神社まで!

 

1ページ目 :

 

下北沢を楽しむために知っておきたいこと:下北沢ってどんな街?

1:早朝限定の楽しみ!『下北沢シャッターギャラリー』

2:新進気鋭の劇団公演とレトロな雰囲気!『ザ・スズナリ』

3:スズナリと並ぶ有名劇場『本多劇場』

4:掘り出し物に出会えるかも!元は本屋の雑貨店『下北沢ヴィレッジヴァンガード』

5:街中にある静かなお寺『真竜寺』

6:有名画家の卵との出会いも!『ギャラリーhana』

7:店主のセレクトが光る『古書店ビビビ』

8:坂道の先にある穴場スポット『森巖寺(しんがんじ)』

 

2ページ目 :

 

9:広い境内の土地神様を祭る神社『北澤八幡神社』

10:若手バンドを発掘しよう!『シェルター』

11:元お風呂屋さんの古着店!『NEW YORK JOE EXCHANGE』

12:スカッと爽やか!レモネード専門店『レモネードbyレモニカ』

13:まさに雑貨や衣服の百貨店!『東洋百貨店』

14:懐かしの映画から意外と知らない名作まで『下北沢トリウッド』

15:下北沢観光憩いの場『下北沢ケージ』

サブカルの聖地!個性あふれる下北沢の街を楽しもう!

 


下北沢を楽しむために知っておきたいこと:下北沢ってどんな街?

 

下北沢 通り

 

東京都の世田谷区にある下北沢は、古着、音楽、アート、演劇など、特有のサブカルチャーを発信し続けている街です。

駅の南口と北口にはそれぞれ大きな商店街が広がり、飲食店や洋服店など、さまざまなお店があります。

 

駅北口の商店街は、ブランド品からヴィンテージまで幅広いジャンルの服を集めた古着店が並び、店主のセレクトが光る個性的な雑貨店も数多くあるのが特徴です。

駅南口の商店街には、飲食店や雑貨店が所狭しと並び、少し駅を離れると穴場のスポットが見つかるエリアとなっています。

街の中心街から離れた場所に向かえば、ひっそりと佇む神社やお寺に出会えることも!

 

そんな下北沢の定番から地元民が足を運ぶ穴場まで、グッと厳選したおすすめ観光スポットを紹介するので、お出かけの際は、参考にしてみてください。

 

 

1:早朝限定の楽しみ!『下北沢シャッターギャラリー』

 

下北 シャッター1

 

下北沢駅北口に広がる、「下北沢一番商店街」には、早朝の早い時間帯しか見られない光景があります。

それが、店舗のシャッターにアートを描いた「下北シャッターギャラリー」です。

各店舗が閉まってからオープン準備が始まり、シャッターが開くまでの時間だけ、各店舗のシャッターに描かれたアートを鑑賞できます。

 

シャッターアートはサブカルチャ―の聖地ともいわれる下北沢らしいユニークな取り組みです。

写真のシャッターは、綺麗に描かれた花はもちろん、共に描かれたキャラクターの愛らしさに目を奪われます。

 

下北シャッター2

 

独創的な配色、個性的なキャラクターが描かれた絵は思わず足を止めて眺めてしまいます。

一歩歩くたびに、まったく違う世界観の絵を眺められるので、飽きることなく街歩きを楽しめますよ。

 

下北 シャッター3

 

店舗の壁一面を使って絵が描かれている場合もあります。

また、お店とシャッターアートがリンクしている場所も多々あるので、シャッターアートを見ながらどんなお店なのかを想像するのもおすすめの楽しみ方です。

11時前後には完全にほとんどのお店が開店するので、朝の8時から9時あたりが観光で足を運ぶならねらい目。

 

下気多シャッター4

 

「下北シャッターギャラリー」の他にも、壁一面に動物の絵を描いた駐車場を発見。

可愛い動物たちが描かれた明るい雰囲気の駐車場には、車を使っていなくとも惹かれます。

 

下北シャッターギャラリーの観光情報

 

住所 : 東京都世田谷区北沢2-37-18

アクセス : 小田急線下北沢駅北口から徒歩2分

電話番号 : 03-3468-2933

定休日 : 店舗に準じる

営業時間 : 店舗に準じる

料金 : 無料

公式URL :  下北シャッターギャラリー

 

 


2:新進気鋭の劇団公演とレトロな雰囲気!『ザ・スズナリ』

 

スズナリ 外観

 

駅北口から徒歩5分、劇場経営者の本多一夫の「演劇を志す若者に活動の場を提供したい」という思いから生まれたのが「ザ・スズナリ」です。

どこかレトロな雰囲気を漂わせる劇場ですが、下北沢が演劇の街といわれるきっかけになった劇場で、多くの演劇を志す若者を支えてきました。

 

劇場内部には200人超の人数を一度に収容できるほどのスペースがあります。

客席と舞台の距離が近く、演技を間近で楽しめるのも魅力の一つです。

 

スズナリ

 

劇場の横には、その日公演中の舞台に関するチラシやタイムテーブルが載せられているので、気になる舞台を見つけたらチケットを購入して観劇してみましょう。

自分好みの劇団や未来の有名俳優の卵を探してみるのもおすすめの楽しみ方です。

 

スズナリ 横丁

 

劇場の1Fにあたる場所には、どこか懐かしい雰囲気の飲食店が並びます。

このエリアは「スズナリ横丁」と呼ばれ、1980年代のレトロな路地裏のような情緒を感じさせます。

思わず写真を撮りたくなるような場所です。

 

ザ・スズナリの観光情報

 

住所 : 東京都世田谷区北沢1-45-15

アクセス : 小田急線下北沢駅北口から徒歩5分

電話番号 : 03-3469-0511

定休日 : 公演に準じる

営業時間 : 11:00~22:00

料金 : 公演に準じる

公式URL: ザ・スズナリ

 

 

3:スズナリと並ぶ有名劇場『本多劇場』

 

スズナリ

 

駅北口から徒歩3分、駅のすぐそばにある大きな劇場が「本多劇場」です。

下北沢の数ある劇場の中でも一番の規模、386席というキャパシティの大きなこちらの劇場は、有名俳優が出演する演劇が多く行われています。

 

意外と知られていないのが、劇場の地下駐車場には有名人の手形を集めた「星々の手形」というエリア。

車で来館した方以外でも訪ねられるので、劇場を訪れた際は足を運んでみましょう。

 

本多劇場 1F

 

劇場の1F部分にあたるスペースは、「マルシェ本多劇場」と呼ばれ買い物を楽しめます。

2018年時点でマルシェには、本屋さんから始まり、数多くのユニークな雑貨を取り揃えていることでも知られる「ヴィレッジバンガード」が入っています。

お店の前には種類豊富なガチャガチャも!


 

本多劇場 ちらし

 

本多劇場から歩いて1分程の場所には、現在上映中の作品、次回上映作品の案内板があります。

下北沢を観光で訪れた際に、公演内容を確認して改めて観劇に訪れるのも良いですね。

 

本多劇場の観光情報

 

住所 : 東京都世田谷区北沢二丁目10-15

アクセス : 小田急線下北沢駅北口から徒歩3分

電話番号 : 03-3468-0030

定休日 : 公演に準じる

営業時間 : 13:00~最終公演19:00

料金 : 公演に準じる

公式URL : 本多劇場

 

 


4:掘り出し物に出会えるかも!元は本屋の雑貨店『下北沢ヴィレッジヴァンガード』

 

ヴィレバン 下北

 

駅北口から徒歩2分、各地に店舗のある雑貨店「ヴィレッジヴァンガード」ですが、こちらの下北沢店は特にサブカルチャーの聖地だけあり、商品のエッジや店員さんの書くポップの個性がユニークと評判です。

店舗の入り口から「エキセントリックブックストア!」と書かれたパンクなポップで訪れた人を出迎えてくれます。

店頭で売られているサンダルや入口すぐのカットソーなど、洋服店に入ったかと間違うような商品のラインナップも見所です。

 

ビレバン 本

 

こちらのお店は元々は名古屋にある本屋さんがスタートしたお店。

そのため、店内のエリアの一角には絵本から漫画、小説、実用書までさまざまなラインナップの本が並んでいるのも魅力です。

 

店員さんの本紹介ポップ付きで、個性的な本が並べられているので、意外な一冊に出会えることも!

読書好きにもおすすめのお店です。

 

ビレバン 便利

 

店内を歩いていると、パーティーグッズから面白系のグッズまで、バラエティ豊かな商品があります。

その中には実用性のある水筒やタンブラーなどの商品もあるので、自分が必要としていたグッズや掘り出し物を探してみるのも良いですね。

宝探し気分で掘り出し物の商品を探してみましょう。

 

ビレバン ティッシュ

 

一見、売れにくいように見えるティッシュケースも、店員さんのポップの力があれば不思議と魅力的な一品に見えくるから不思議です。

ケースの重厚感と「インテリアをぶち壊す」というインパクト抜群のポップが商品の魅力を引き立てています。

その他にも、意外な角度からのツッコミや商品紹介があり、それを見ているだけで楽しめるお店です。

 

ヴィレッジヴァンガード下北沢の観光情報

 

住所 : 東京都世田谷区北沢2-10-15マルシェ下北沢1F

アクセス : 小田急線下北沢駅北口から徒歩2分

電話番号 : 03-3460-6145

定休日 : 年中無休

営業時間 : 10:00~24:00

公式URL : ヴィレッジヴァンガード下北沢

 

 

5:街中にある静かなお寺『真竜寺』

 

真竜寺 外観

 

駅北口から徒歩5分、下北沢の街中にひっそりと佇む静かなお寺です。

街並みに溶け込むようにあるお寺なので、一見見つけにくい穴場スポット。

こちらに普段は安置されている大きな天狗を使った「しもきた天狗祭り」は、「世田谷百景」にも選ばれています。

 

真竜寺 本堂

 

小さな境内ですが、下北沢の中心地にあるとは思えないほど、静かで荘厳な空間です。

入口から見て正面奥に見えるのが本堂。

 

お寺に来たからには、しっかり挨拶をしてお参りを済ませましょう。

境内には大きな木があり、木陰での一休みもできます。

 

真竜寺 お地蔵様

 

境内にはお地蔵さまもいるので忘れずにお参りしてくださいね。

入り口付近には、お稲荷様も祭られています。

敷地こそ小さいものの、お寺としての見どころや魅力は豊富なおすすめスポットです。

 

真竜寺の観光情報

 

住所 : 東京都世田谷区北沢2-36

アクセス : 小田急線下北沢駅北口から徒歩4分

電話番号 : 03-3467-5966

定休日 : 拝観自由

営業時間 : 拝観自由

料金 : 無料

公式URL : 真竜寺

 

 


6:有名画家の卵との出会いも!『ギャラリーhana』

 

ギャラリーhana 外観

 

駅北口から徒歩5分、商店街の一角にある小さなギャラリーです。

こちらでは、定期的に内容が入れ替わる個展を鑑賞できます。

 

白を基調としたシンプルな内装が、飾られている絵の魅力を最大限に引き出している印象。

アートや文化の発信地としても有名な下北沢らしい観光スポットです。

 

ギャラリーhana 展示

 

展示の内容や作者は定期的に入れ替わります。

その時々で違った作品に出会えるものこのギャラリーの魅力です。

ギャラリー内では、ポストカードなど気軽に買えるグッズもあるので、観光の思い出に購入してみましょう。

 

ギャラリーhanaの観光情報

 

住所 : 東京都世田谷区北沢3-26-2

アクセス : 小田急線下北沢駅北口から徒歩5分

電話番号 : 03-6380-5687

定休日 : 展示に準じる

営業時間 : 11:00~19:00

料金 : 展示に準じる

公式URL : ギャラリーhana

 

 

7:店主のセレクトが光る『古書店ビビビ』

 

古書ビビビ

 

駅北口から徒歩5分、「ザ・スズナリ」から比較的近い場所にある古書店です。

こちらのお店には、有名作家の作品から、古典文学、絵本まで幅広いジャンルの本が取り揃えられています。

 

店内には所狭しと本たちが並べられているので、自分好みの一冊を探してみましょう。

古書店ながら、現役で活躍している作家の本も数多く取り揃えられているので、古本店初心者の方でも気軽に入れます。

 

古書ビビビの観光情報

 

住所 : 東京都世田谷区北沢1-40-8 土屋ビル1F

アクセス : 小田急線下北沢駅から徒歩5分

電話番号 : 03-3467-0085

定休日 : 火曜日

営業時間 : 12:00~21:00

公式URL : 古書ビビビ

 

 


8:坂道の先にある穴場スポット『森巖寺(しんがんじ)』

 

森巖寺 入口

 

駅南口から徒歩8分、閑静な住宅街を通り抜け、坂道を進んだ先にあるお寺が「森巖寺」です。

下北沢の中心エリアから少し離れた場所にあるこちらのお寺は、「淡島の灸の森巌寺」として世田谷100景にも認定されています。

 

その建立は1600年の前半と歴史あるお寺なので、レトロスポットや歴史好きな方にもおすすめな観光スポットです。

お寺の中には、幼稚園があり子供たちの明るい声が聞こえる雰囲気も魅力といえます。

 

森巖寺 境内

 

境内を歩いていくと、丁寧に境内全体を表示したMAPがあります。

こちらのMAPを見ながら回れば、どこが本堂で、どこがその他のお堂なのか混乱せずにお参りができます。

境内はそれなりに広く、一周回ると見応えがあるのもおすすめポイントです。

 

森巖寺本堂

 

こちらのお寺の本堂は2度の災害に合いながらも形を残した歴史あるものです。

現在の本堂は昭和39年に作られたもの。

 

本堂の奥に安置されているのは「阿弥陀如来・観音菩薩・勢至菩薩」三体の像です。

観光で訪れた際は、お参りをしてそのご利益にあやかりましょう。

 

森巖寺 淡島堂

 

江戸時代の天保7年に作られたという歴史あるお堂が「淡島堂」です。

こちらは大黒様、医療と医薬の神の少彦名神を祭り、大人から子供まで訪れた人にご利益を授けてくれるといわれる パワースポット です。

 

重度の腰痛を持ち参拝に訪れた人があっという間に痛みが消えたという逸話も残されています。

健康から商売繁盛まで、さまざまな願いを叶えてくれるそうなので、この場所に来たらお願いをしてみましょう。

 

森巖寺(しんがんじ)の観光情報

 

住所 : 東京都世田谷区代沢3-27-1

アクセス : 小田急線下北沢駅南口から徒歩8分

電話番号 : 03-3421-1730

定休日 : 拝観自由

営業時間 : 拝観自由

料金 : 無料

公式URL : 森巖寺


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(469)
北海道・東北(38)
  北海道(21)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(162)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(88)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(71)
  長野(10)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(18)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(72)
  滋賀(7)
  京都(21)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(61)
  福岡(9)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(18)
ヨーロッパ(43)
東アジア・中国・台湾(18)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(8)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(12)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(477)
イベント情報(331)
ショッピング・買い物・お土産(445)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(109)
乗り物・交通・アクセス(549)
宿・旅館・ホテル(173)
旅行準備(408)
歴史・豆知識(652)
温泉・スパ(149)
絶景(395)
聖地巡礼(30)
観光旅行(610)
食事・グルメ(502)
ランキング(534)
デート(515)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(400)
ツアー/旅程(201)
海水浴場・ビーチ・リゾート(56)

人気記事ランキング