logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 香川

香川県の観光地23選!うどんだけで帰らないで!





香川県で観光といえば何を思い浮かべるでしょうか。

せっかく香川を旅行するなら、うどんだけではもったいない!
面積は日本最小ですが、魅力は日本最大級です。

海や山といった大自然、獲れたての海の幸を味わえる絶品グルメ、「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地となった美しい町。
また、夏フェスが開催される大公園から現在アートの聖地まで。

デートも楽しめる定番の観光スポットから、穴場スポットまで盛りだくさん。
あらゆる魅力が詰まった香川での観光や旅行をたっぷりご堪能ください。

【目次】香川県の観光地23選!うどんだけで帰らないで!

 

1ページ目 :

 

<高松のおすすめ観光スポット>

1. 一歩一景を誇る大名庭園 栗林公園

2. 映画・世界の中心で愛を叫ぶのロケ地 「庵治町」

3. 飛行機が間近で見られる遊び場 「さぬきこどもの国」

4. 自分でうどんを作ろう!「中野うどん学校」

5. 源平合戦の古戦場「屋島」

6. 島全体がアート 「直島」

<東讃のおすすめ観光スポット>

1. たくさんの動物が出迎えてくれる「しろとり動物園」

2. 四国八十八か所巡り結願の寺「大窪寺」

3. 白砂青松の景勝地「津田の松原」

 

2ページ目 :

 

<中讃のおすすめ観光スポット>

1. こんぴらさんと親しまれている「金比羅宮」

2. 金比羅山のおひざ元「こんぴら温泉」

3. 高台からの眺めは最高「五色台」

4. 四国といえばこの橋「瀬戸大橋」

5. 瀬戸大橋が目の前に「与島パーキングエリア」

6. 四国最大のイルミネーション「まんのう公園」

7. アトラクションが楽しい「レオマリゾート」

<西讃のおすすめ観光スポット>

1. 香川にウユニ塩湖!?「父母ケ浜海水浴場」

2. 見た人がお金に苦労しないと言われる「銭形砂絵」

3. マーガレットが咲き誇る「フラワーパーク浦島」

<小豆島のおすすめ観光スポット>

1. 恋人たちの聖地 「エンジェルロード」

2. 圧巻の大自然「寒霞渓(かんかけい)」

3. 実写版!魔女の宅急便のロケ地「 小豆島オリーブ公園」

4. 映画のセットが体感できる「二十四の瞳映画村」

 

 


<高松のおすすめ観光スポット>

 

香川県の県庁所在地である高松市。

四国の玄関口でもある高松は、電車やバスなどの交通機関も充実しており、ホテルや飲食店も集まっているため旅行の基点におすすめです。

地域的には東讃になりますが、狭義の東讃とは少し違うというのが実情な上、別格感があるので高松市と直島を高松エリアとしてご紹介します。

 

1. 一歩一景を誇る大名庭園 栗林公園

 

栗林公園

 

日本に関する旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では、「わざわざ旅行する価値がある」を意味する三つ星に格付けされた庭園です。

日本を代表する大名庭園として国内外から高い評価を得ており、その美しい姿が引き継がれ守られています。

室町の手法を残す石組みの地をもとに、江戸時代、讃岐高松藩の歴代藩主により百年余りの歳月をかけて完成し、下屋敷として利用されていました。

現在では、特に重要な文化財庭園として国の特別名勝に指定されています。

 

お船遊び

 

 

栗林公園の歴代の藩主は、池に舟を浮かべ、移りゆく庭の景色を楽しんだと伝えられています。

その優雅さを訪れた人たちも味わえる和船が、公園内を運行しています。

船頭さんがお話ししてくれる舟遊びならではの見どころをはじめ、栗林公園に関する解説を聞きながら眺めると庭園の時間がまた格別なものになります。

 

周航する時間は約30分間で、庭園の歴史や季節の風景を解説しながら舟を進めてくれます。特に紅葉は絶景です。

のんびり舟で園内を周遊していると、江戸時代のお殿様(お姫様)になった気分に浸れます。

栗林公園を訪れたら体験しておきたい「観光の目玉」だといえます。

ちなみに、文化財指定の庭園で定期的に舟を運航するのは、ここ栗林公園の和舟が全国で初めてだそうです。

 

お舟遊びの観光情報

 

運航:1日に13~17便(季節により変動) 年中無休

定員:

船頭を除いて6人( ※ただし、3歳未満のお子様は乗船不可)
運航時間:9:00〜18:00(冬期は16:00まで運航)

料金:大人610円 小中学生300円 未就学時無料(※栗林公園の入場料が別途必要)

その他:

8:00~9:00の時間帯には貸し切りも受け付けるそうです。
「庭園の南側にある南湖で、茶会などが開かれる和風建築をみながら周遊する」「名物の橋の下をくぐる周遊」など特別なコースも用意されているそうです♪

 

江戸時代にタイムスリップしたかのよう「菊月亭」

 

 

特別名勝である栗林公園の中で、最も優美とされる建物です。

風や光を巧みに取り込んだ造りになっている茶屋です。

その場所で、抹茶や煎茶、昼食を楽しむことができます。

もともと歴代の藩主が使用した茶室で、江戸時代には「大茶屋」と呼ばれていたそうです。

 

玄関がなく、どこからでも出入りできるようにつくられています。

掬月亭という名前の由来は、唐の時代の詩に「水を掬すれば月手にあり」という一句から取ったものだそうです。

園内の中心的な建物で、ここからみえる南湖の景観は、「他に類を見ないすばらしい景観」と高く評価されています。

歴代藩主が愛してやまなかった場所で庭園の美しさと美味しい料理をゆっくり味わいたいですね。

 

栗林公園の観光情報

 

住所:香川県高松市栗林町1丁目20-16

TEL:087-833-7411

公式URL:  栗林公園

 

2. 映画・世界の中心で愛を叫ぶのロケ地 「庵治町」

 

 

2004年に公開された「世界の中心で愛を叫ぶ」は、観客動員数620万人を記録し、この年の実写映画No.1として“セカチュー”ブームを巻き起こしました。

そのロケ地が香川県の庵治町にあります。

 

主人公の朔太郎が回想する故郷のロケ地となったのが庵治の海と街並みです。

瀬戸内海の澄んだ海が登場人物の心象風景と重なり、数々の名場面を生みました。

今回はロケ地の中でも、特におすすめのスポットをご紹介します。

その場所に立てば、今も変わらず映画の世界が蘇ってきますよ。

 

映画の記憶をカムバック

 

 

セカチューファンなら絶対外せないのは、映画のロケセット「雨平写真館」を復元して新設された純愛の聖地庵治・観光交流館です。

併設されたカフェでは、庵治で採れた石を使った石臼挽きコーヒーが味わえるほか、映画撮影当時の写真や資料展示もあり、映画の余韻に浸りながらゆっくりお茶できます。

 

庵治町の観光情報

 

住所:高松市庵治町5824の4

TEL:087-871-1700

 

3. 飛行機が間近で見られる遊び場 「さぬきこどもの国」

 

 

全国に子どもの国はたくさんあれど、空港から1分の場所にあるのはさぬきこどもの国くらいではないでしょうか。

屋外の大型遊具はもちろん、屋内施設も充実していて、雨や霧が酷くても十分遊べます。

対象年齢も幅広く、赤ちゃんから小学生高学年や中学生まで楽しむことが可能。

子ども中心で1日遊べる施設です。

 

子ども中心とはいっても、今はもう使われなくなった飛行機の展示も行われているので、大人でも見ごたえはあります。

飛行機内のコクピットまで見学可能!

どんな風に飛行機が作られていて、コクピットからの眺めはどんな風になっているのかなども知ることができます。

 

また、毎日イベントも行われていて、もの作り体験もできます。

飲食スペースもあるため、ゆったりと遊べますよ。

 

飛行機の離着陸が間近で見学できる

 

 

さぬきこどもの国最大の特徴ともいえるのが、飛行機の離着陸が見られるということです。

時間が合えば、遊んでいる時に飛行機が下りてきます。

飛行機から発する音や、どんな風に離着陸するのかなど、興味深いポイントがたくさん。

 

子どもだけでなく、大人からも「おぉ~!」っと歓声が上がります。

大迫力の離着陸現場を、ぜひ見てみてください。

 

さぬきこどもの国の観光情報

 

住所:香川県高松市香南町由佐3209

アクセス: 

高松空港から車で1分
JR高松駅から車で35分

電話番号:087-879-0500

開園時間:9:00~17:00

休園日:12/29~1/1

料金:無料

公式サイト:  さぬきこどもの国

 

4. 自分でうどんを作ろう!「中野うどん学校」

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by さえ (@saeaka1225) on

 

テレビやマスコミでも取り上げられた人気のうどん学校です。

本場さぬきの手打ちうどんの作り方を、うどんティーチャーズが、粉を練るところから始まって、麺棒でのばし、茹でて食べるまでを、40~60分で伝授してくれます。

作った後は食べることができます。

 

自分で作って食べるうどんの味は思い出深いものになります。

香川に来た際はうどんを食べるだけでなく、作り方も習得してうどんマスターになってください。

 

中野うどん学校の観光情報

 

住所:香川県高松市成合町8番地

電話番号:087-885-3200

営業時間:9:00~17:00 ※年中無休

公式URL: 中野うどん学校

 

5. 源平合戦の古戦場「屋島」

 

屋島

 

約1400万年前の火山活動で噴出した溶岩が、水平に流れ出したことにより形成された緩やかな溶岩台地。

山頂が屋根のような形をしていることから「屋島」と名付けられました。

 

平安時代末期に日本各地で繰り広げられた源氏と平家の戦い、いわゆる源平合戦の中でも有名な「屋島の戦い」は、1185年に起きました。

海からの攻撃を想定して陣を構えていた平氏、そこへ二手に分かれて陸からの奇襲攻撃を仕掛けた源義経が率いる源氏軍。

そんな舞台となった屋島も、現在はドライブウェイが整備され、展望台、ハイキングコース、水族館、博物館、四国村、四国霊場八十八箇所第84番札所「屋島寺」など魅力的な場所がたくさんある人気の観光スポットになっています。

 

屋島

 

屋島の頂上には遊歩道が整備され、いくつもの展望台があります。

「獅子の霊巌(ししのれいがん)」展望台は、屋島三大展望台の1つで、瀬戸内の多島美が楽しめるスポット。

展望台の下に、海に向かって吠えている獅子のような形をした岩がある事から名付けられました。

高松市街地、女木島、男木島などが眺望でき、夜景の美しさには定評があります。

 

屋島の観光情報

 

住所 :香川県高松市屋島山上

アクセス :

琴電屋島駅より車で約10分、高松中央ICより車で約30分
JR屋島駅・琴電屋島駅より屋島山上シャトルバスで10~18分

電話番号 :087-841-9443(屋島山上観光協会)

営業時間 :ドライブウェイ開通時間6:30~22:00

公式URL :  屋島

 

6. 島全体がアート 「直島」

 

直島

 

瀬戸内海の小豆島に程近い「直島」は、現代アートが島中に点在するとても魅力的な島です。

一度訪れた人は虜になってしまうという話もあるほどです。

 

1990年代からベネッセによって、現代アートによる町づくりが行われてきました。

ここでしか見られない有名アーティストの作品は、3年に一度、国際芸術祭も開かれるほど世界的に注目を集めている場所です。

レンタサイクルで島の穏やかな雰囲気を味わいつつ、現代アートと島とのコラボレーションを楽しんでください。

 

草間彌生のかぼちゃでお出迎え

 

直島

 

宇野港からのフェリーは直島の玄関口である宮之浦港に到着しますが、その港でさっそくアートな洗礼を受けることになります。

草間彌生さんの作品「赤かぼちゃ」、もうひとつの黄色い「南瓜」と並んで直島のシンボル的な作品です。

 

豊島美術館

 

豊島美術館

 

瀬戸内海を望む豊島の小高い丘に、水滴を模した白い外観が目立つ美術館「豊島美術館」があります。

アーティスト・内藤礼と建築家・西沢立衛による誕生した自然と一体化した美術館です。

柱がない広大の広さと最高4.5mの空間に、2箇所の開口部から吹き抜ける自然な風や光、音を感じながら、 移り変わる時間と季節感を楽しめます。 

 

ここでしか見れない、まるで湧き出る泉のように現れる美しい作品が楽しめ、そこにいるだけで柔らかい水に包まれたような気分になります。

床には断続的に湧き上がるという地下水の水滴がついており、流れるのではなくフルフルと震えている状態がとても神秘的で美しく、心を奪われます。

 

直島の観光情報

 

住所:香川県香川郡直島町2249−40

電話番号:087-892-2299

公式URL:  直島町観光協会

 

人気上昇中の直島については、こちらの記事に詳しく書いてあるのでぜひご一読ください。

→  芸術の島・直島のおすすめ観光スポット12選!おすすめのグルメスポットやお土産もご紹介

 

 

<東讃のおすすめ観光スポット>

 

高松市より東の地域で、さぬき市、東かがわ市、三木町などが該当します。

やや過疎化が進んでいますが、高松市に近い三木町やさぬき市の志度町は、高松市のベッドタウンとして人気が高まっています。

 

1. たくさんの動物が出迎えてくれる「しろとり動物園」

 

 

動物とのふれあいコーナーやショーなどが充実していて、アットホームなムードの動物園です。

珍しいホワイトタイガーの展示を始め、約50種類、総勢300頭の動物を見ることができます。

家族でのお出かけはもちろん、デートや友達同士のお出かけでも楽しめること間違いなし。

餌の販売も行っていて、色々な動物と触れ合うことができます。

 

動物と人がたくさん触れ合える

 

しろとり動物園

 

動物との距離が近く、非常に自由度の高い動物園です。

時期が合えば、トラの赤ちゃんと触れ合うこともできますよ。

トラの赤ちゃんのふれあい時期とかみ合わなくても、他の動物とたくさん触れ合えます。

 

しろとり動物園の観光情報

 

住所:香川県東かがわ市松原2111番地

アクセス:JR讃岐白鳥駅から徒歩25分

営業時間:9:00~17:00(季節によって変更有)

休業日:無休

料金:

大人:1,300円(中学生以上の団体割引あり)
子ども:600円(3歳~小学生以下)

電話番号:0879-25-0998

 

2. 四国八十八か所巡り結願の寺「大窪寺」

 

大窪寺

 

四国八十八か所の88番札所、結願(けちがん)の寺「大窪寺」は、徳島県との県境に近い、矢筈山の中腹に位置しています。

早くから女性の入山が認められた為、女人高野と呼ばれていました。

 

近年、若年層や外国人にも人気がある四国八十八か所巡りとは、現在の香川県善通寺市で生まれた真言宗の開祖、弘法大師(空海)の足跡をたどり、八十八か所の霊場を巡拝すること。

全行程は1400kmにも及び、巡拝をする人のことをお遍路と呼んでいます。

1番札所から順に巡る順打ちが一般的ですが、88番から巡る逆打ちは、順打ち3回分のご利益があるとも言われています。

 

大窪寺の大師堂の地下では88霊場の「お砂」を集め、それぞれを踏みながらお参りすることで、実際にお遍路をした事と同じご利益があると言われている「お砂踏み」があります。

様々な理由で四国お遍路が出来ない人も、お遍路を身近に感じること、そして弘法大師との縁を結ぶ事が目的なので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

結願の寺として、お遍路を共にしてきた金剛杖や笠を奉納し供養をして貰うこともできます。

大窪寺は四国でも屈指の紅葉の名所としても知られていて、例年の見ごろは11月上旬です。

 

大窪寺の観光情報

 

住所 :香川県さぬき市多和兼割96

アクセス :

高松自動車道志度ICから県道141号、3号、国道377号経由で約30km
高松琴平電鉄長尾駅下車、タクシーで30分 

電話番号 :0879-56-2278

公式URL :  大窪寺

 

3. 白砂青松の景勝地「津田の松原」

 

津田の松原

 

紺碧の海に白い砂浜、そして美しい松林。

そんなコントラストが美しく、日本の渚100選にも選ばれている津田の松原。

約3000本の松が立ち並び、樹齢300年を超える老松や根上の松が約1kmに渡って続いています。

大正4年に「琴林公園」の名で県立公園に、のちに瀬戸内海国立公園にも指定され、さぬき市きっての景勝地として人気を集めています。

 

津田の松原

 

実は津田の松原は、恋愛成就や婚活にご利益があるパワースポットと言われています。

松林の中でも特に美しい7本の松は七福神の松と呼ばれ、全てを巡って七福神のご利益を授かりましょう。

 

次に、2本の松の根がしっかりと絡み合った縁結びの松に祈願し、最後に朱塗りの橋を渡ってみてください。

橋には2つの名前が付けられています。

まず最初に願い事を頭の中に描きながら「願い橋」を渡り、帰りは願い事が叶うようにと願をかけながら「叶い橋」を戻っていきます。

 

津田の松原の観光情報

 

住所 :香川さぬき市津田町津田

アクセス :JR讃岐津田駅より徒歩1分、津田東ICより車で約10分

電話番号:087-894-1114(さぬき市商工観光課)


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(478)
北海道・東北(40)
  北海道(23)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(163)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(89)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(72)
  長野(11)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(18)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(75)
  滋賀(7)
  京都(24)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(62)
  福岡(9)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(15)

国外エリア一覧

東南アジア(19)
ヨーロッパ(46)
東アジア・中国・台湾(18)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(8)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(14)
中南米(3)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(491)
イベント情報(344)
ショッピング・買い物・お土産(453)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(116)
乗り物・交通・アクセス(565)
宿・旅館・ホテル(175)
旅行準備(413)
歴史・豆知識(669)
温泉・スパ(151)
絶景(408)
聖地巡礼(30)
観光旅行(626)
食事・グルメ(513)
ランキング(546)
デート(531)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(407)
ツアー/旅程(215)
海水浴場・ビーチ・リゾート(59)

人気記事ランキング