logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 福島

福島旅行に外せない観光地17選!出身者が語るうつくしまの観光名所!





皆さんは福島にどのような印象をお持ちでしょうか。
観光地としてはあまり目立たないイメージがありませんか?

「うつくしま」と言われる福島は、雄大な自然と尊い歴史が残る観光名所や、若者も楽しめる娯楽スポットもあって見所が盛りだくさん。
2011年の東日本大震災で大きな被害を受けましたが、復興が進み、かつての元気な姿を取り戻そうとしています。

そんな熱い脚光を浴びる福島のおすすめ旅行・観光スポットを、浜通り出身の筆者が地域ごとに厳選しました。
本記事を参考に、ぜひ福島観光にいらしてくださいね。

【目次】福島旅行に外せない観光地17選!出身者が語るうつくしまの観光名所!

 

福島ってどんなところ?

福島観光・旅行のベストシーズンは?

<福島観光/浜通りのおすすめ観光スポット>

1. 相馬野馬追

2. 常夏の楽園スパリゾートハワイアンズ

3. アクアマリンふくしま

4. いわき市石炭・化石館

<福島観光/中通りのおすすめ観光スポット>

1. あぶくま洞

2. 三春滝桜

3. 安達太良山

4. 浄土平

5. 岳温泉

<福島観光/会津地方のおすすめ観光スポット>

1. 五色沼

2. 飯盛山

3. 鶴ヶ城

4. 大内宿

5. 塔のへつり

6. 会津鉄道

7. 喜多方ラーメン館

8. 会津武家屋敷

 

 


福島ってどんなところ?

 

 

福島県は東北地方の南部に位置しており、福島市が県庁所在地です。

また、広大な土地を持っていて、面積は 北海道 岩手県 に次いで第3位となっています。

 

このようにとっても広い福島。

実は地域が3つに分かれており、気候も全く違います。

浜通りは夏は涼しく、冬は暖かく、雪もほとんど降りません。しかし、盆地である中通りは夏は熱く、冬は寒さが厳しいです。

更に山側の会津地方も夏は涼しいですが、冬は雪国といわれる降雪量です。

また、3つの地方で方言や文化も異なります。同じ県なのにそれぞれの地方の個性があるので見所が多いのです。

 

 

福島観光・旅行のベストシーズンは?

 

fukushima-momiji

 

福島を訪れるなら初夏から秋がオススメです!

福島は広大な自然が最大の魅力です。

冬景色もとても魅力的ですが、中通りや会津地方の景色を目的で行く場合、降雪が激しいので、所々で通行止めや閉鎖される道もあります。

せっかくの楽しい旅行をガッカリしないように事前に調べて出かけるのが良いですね♪

 

それでは、ここからは具体的に福島のおすすめスポットを地方別に見ていきましょう。

まずは太平洋に面している、浜通り編をどうぞ♪

 

 


<福島観光/浜通りのおすすめ観光スポット>

 

浜通りとは、福島県の東側、太平洋に面した地域のことを指します。

北側は相馬市、南相馬市、双葉郡を中心とした相双(そうそう)エリア、南側はいわき市を中心としたいわきエリアという2つのエリアから成ります。

相双エリアは震災復興にいち早く取り組んだ地域でもあり、B級グルメとしてお馴染みの「なみえ焼きそば」が生まれた地でもあります。

伝統的なお祭りや映画「フラガール」の舞台となったスパリゾート、水族館など見どころも盛りだくさんです。

 

1. 相馬野馬追

 

somanomaoi

 

相馬野馬追は千年以上前から福島県の浜通り地方、南相馬市で行われている伝統的な神事です。

その様は、まるで戦国時代に紛れ込んだかのような迫力!

毎年全国から大勢の観光客が訪れます。

 

その歴史は、平将門までさかのぼります。

当主である相馬氏は、平将門が野生馬を敵に見立て、戦に備えて兵の演習を行っていたことが、今の 相馬野馬追の起源といわれています。

お祭りは毎年7月下旬の3日間行われます。

500騎以上の騎馬武者たちが、代々自身の家に受け継がれる鎧兜を身にまとい、街中を闊歩したのちに、決戦場である雲雀ヶ原を駆け抜けます。

最近では元々地元で飼育されている馬の他にも、引退した競争馬など、関東地方の各地から多くの馬が集まります。

戦国時代にタイムスリップしたかのような、甲冑競馬や騎馬武者達が神旗争奪戦が激しく繰り広げられ、その鬼気迫る迫力に圧倒されますよ!

 

 

A post shared by Miki Kurihara (@chestnut_miki) on

 

1日目、出陣式は南相馬市中村神社にて。

出陣の宴と準備が整うと大将が出陣を命じる。

 

 

A post shared by Yoshida Sayaka (@beeco0328) on

 

2日目、お行列。

決戦の地(南相馬市原町区の雲雀ヶ原(ひばりがはら))に向けていざ出陣!

 

nomaoi

 

2日目、決戦の地、雲雀ヶ原(ひばりがはら)にて甲冑競馬は息を呑む迫力。

駆け抜けろ!

 

 

A post shared by うた (@uta_toshi) on

 

3日目、野馬懸(のまかけ)南相馬市小高区小高神社にて。

裸馬を放ち、竹矢来に追い込まれる馬たち。

その中から勇猛な馬をえらび、「駒とり竿」でその馬に印をつけます。

 

清めを受けた白装束の「お小人」。

彼らは素手で馬を取り押さえ、最初に捕まえた馬を奉納します。

3日間にわたる相馬野馬追はクライマックスを迎えます。

 

相馬野馬追は、1978年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。

 

相馬野馬追の観光情報

 

住所 : 〒975-0051 福島県南相馬市原町区牛来字出口206-1

アクセス : メイン会場までJR常磐線「原ノ町駅」から臨時シャトルバス(2日目のみ運行)または車約10分

電話番号 : 馬野馬追執行委員会事務局(南相馬市観光交流課内) 0244-22-3064

開催場所 : 福島県南相馬市 雲雀ヶ原祭場地 ほか

開催期間 :詳細については公式サイトで確認して下さい。

料金 : 雲雀ヶ原祭場地入場券(当日)/大人1000円、中学生以下無料

公式URL :  相馬野馬追

 

おすすめご当地グルメ♡双葉食堂のラーメン

 

 

ラーメンの聖地といわれた南相馬市小高区。

現在は避難に伴い、営業しているお店は少ないですが、ハイレベルなラーメンの名店がたくさんありました。

隣県や、はては東京からも多くのファンが食べにくる南相馬市小高区の人気の 中華そば屋「双葉食堂」。

原発事故の影響で避難し、仮店舗で営業していましたが、元の場所で営業再開しました。

 

だしの香りがすごい!魚介系と動物系の旨みがしっかりきいています。

麺は結構なふんわりと軽い弾力の中細麺、食感もよくのどごしも良いです。

ネギ・チャーシュー・メンマ・青菜・海苔など昔ながらの具がのっていて、しっかりスープが絡みます。

あっさりなのにコクがあり由緒正しき日本のラーメンの味です!

近くを訪れたら、ぜひ寄ってみてくださいね♪

 

双葉食堂

 

住所 : 福島県南相馬市小高区東町1-96-1

アクセス :

JR常磐線「小高駅」下車徒歩5分
小高駅から218m

定休日 : 木曜日

営業時間 : 11:00~14:00頃、日曜営業

料金 : [昼] ~¥999

 


2. 常夏の楽園スパリゾートハワイアンズ

 

 

福島県いわき市にあるスパリゾートハワイアンズ。

その名の通り1年中常夏の国ハワイの気候を感じられるリゾート施設です。

あの大ヒット映画「フラガール」の舞台でもあります。

 

東京ドーム6個分の広い敷地に5つのテーマパークがあり、プールや温泉、本場のポリネシアンショーや女性に嬉しいリラクゼーション施設、ゴルフなどが楽しめます。

ハワイアンズ・ゴルフコースは、3コース・27ホールズ、パー108で初心者から上級者まで楽しめます!

また、ホテルも併設されており、宿泊者は無料送迎付きです。

 

東京駅、北千住駅、新宿駅、渋谷、池袋駅、横浜駅、さいたま新都心、大宮駅、千葉駅、立川駅、松戸駅、西船橋駅の往復の道のりが無料です。

お財布にも優しく、移動の手間も省けて嬉しいですね♡

 

 

館内へ入るとすぐ、そこはハワイ!

本場のフラガールのポリネシアンショーは必見です。

 

 

新アトラクションも続々と登場し、ウォーターパークはますますパワーアップ。

平成29年7月にオープンしたばかりのボディスライダー「ビッグアロハ」は、なんと全長283m、高低差40.5m 時速40Km/hと大迫力!

 

 

遊び疲れたら「江戸情話 与市」でのんびり温泉に浸かることもできます。

 

1日では遊び尽くせないので、お得な宿泊プランがおすすめです♪

デートでも友達同士でもファミリーでも楽しめること間違いなしの常夏の楽園です。

 

おすすめご当地グルメ♡ディッピンドッツアイス

 

 

こちらは、なんと-40度のつぶつぶサラサラの新感覚アイスです!

そして今まで感じた事の無い食感…食べてびっくりしますよ!

熱い常夏の空気の中、ほんのり甘くてきりっと冷たいアイスは最高♡

ハワイアンズ内ウォーターパークのルアウフードコート「アイスクリームショップ パオ 」にて取り扱いがあります。

ぜひお試しあれ♪

 

スパリゾートハワイアンズの観光情報

 

住所 : 福島県いわき市常磐藤原町蕨平50

アクセス :

常磐自動車道のいわき湯本ICより5分
無料送迎あり※首都圏各地より毎日運行中
東京 新宿 横浜 さいたま新都心 立川 千葉 渋谷 池袋 千葉 西船橋 松戸 北千住からの無料送迎バスがご利用頂けます。(宿泊者限定 事前予約となります)

電話番号 :

いわき予約センター 0570-550-550
代表・いわき予約センター(9:00~20:00)
東京予約センター 0570-550-500
東京予約センター 平日9:30~18:30 土曜9:30~12:30 日祝日休み

定休日 :

年中無休
※年に一度、法定点検全館メンテナンスの休みがあるため公式サイトで確認して下さい。

営業時間 :

夏休み8/6~16・20・21・27・28 8:00~22:15
8/17~19 8:30~22:15
8/1~5・22~26・29~31 9:00~22:15
9月平日 9:30~22:15
土日祝 9:00~22:15
10月以降平日 10:00~22:15
土日祝 9:00~22:15

※入場口の混雑状況により開館時間が早まる場合あり。
※最終入館時間は、閉館1時間前

料金 :

大人(中学生以上):3,500円 小人(小学生):2200円 幼児(3歳~):1,600円
時間帯による割引もあるので、公式サイトで確認して下さい。

公式URL :  スパリゾートハワイアンズ

 

3. アクアマリンふくしま

 

 

福島県いわき市小名浜にある「アクアマリンふくしま(ふくしま海洋科学館)」は、体験型の環境水族館です。

その名称のごとく、観光目的だけではなく、教育施設として、水生生物の環境事業も行っています。

熱帯魚や近海の魚達、美しい生きたキンメモドキや世界でも珍しく、アクアマリンでしか見ることができない深海生物の展示もあり、トドやゴマフアザラシなど動物たちも間近で見ることができます。

また、釣りやなど、広い世代が楽しめる参加体験イベントも毎日開催しており、お楽しみが盛りだくさん!

 

 

夏季限定ですが、敷地内にある蛇の目ビーチは裸足で磯遊び体験できます。

海の生き物達に実際に触ってみましょう♪

 

 

館内のメインである潮目の大水槽にある世界初採用の三角トンネル。

幻想的なコバルトブルーの水の中を歩きながら、360°を海の生き物達が美しく舞う様を間近で観察できます♪

まるで海底を散歩しているかのようです。

目で楽しんで、触れて、学びながら神秘的な海の中を楽しんでみてくださいね♪

 

アクアマリンふくしまの観光情報

 

住所 : 〒971-8101 福島県いわき市小名浜字辰巳町50

アクセス :

(1)泉駅からバスで15分、支所入口から徒歩で10分
(2)いわき湯本ICから車で20分

電話番号 : 0246-73-2525

定休日 : 年中無休

料金 :

大人:1,800円
高校生:900円
中学生:900円
小学生:900円
備考:団体割引20名から

営業時間 :

開園:3月21日~11月30日 9:00~17:30
開園:12月1日~3月20日 9:00~17:00
その他:GW、夏季、クリスマスは開館時間の延長あり ※入館は閉館の1時間前まで

公式URL:  アクアマリンふくしま

 


4. いわき市石炭・化石館

 

 

いわき市は昔、産炭地だったことをご存知でしょうか。

館内には当時発掘された恐竜の骨や岩石、茂木炭鉱まで完備されています。

 

生活館では、昭和の暮らしを再現!

戦後の炭住の共同炊飯所や世話所を再現していて、いわき温泉郷の歴史などについてにも触れることができる場所です。

その他にも、当時の炭鉱の貴重な映像も上映されていて、いわきの歴史の一部にしっかりと触れられる施設となっています。

 

 

迫力抜群の化石展示室!

化石だけでもこの迫力ですが、会場には音も加わってさらに雰囲気が増しています。

 

 

炭鉱再現はとても厳密に再現されています。

どれくらいの明るさでどんな作業環境だったのかなどを肌で感じられる空間です。

 

 

屋外にも遊ぶ施設があり、何と言っても注目なのがデゴイチです。

鉄道好きな方にはたまりませんね。

デゴイチとの写真撮影も可能です。

 

館内ではいわき市全体の観光案内も行われています。

この後どこに行こう?と悩まずに、まずは観光案内を眺めて次の目的地を定められますね。

 

いわき市炭鉱・化石館の観光情報

 

住所:〒972-8321 福島県いわき市常盤湯本町向田3-1

アクセス:

いわき湯本ICから車で約10分
湯本駅から徒歩約10分

電話番号:0246-42-3155

営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

休業日:第三火曜日と1/1

料金:

一般:650円
中・高・大学生:430円
小学生:320円
※20名以上で団体割引あり

公式サイト:  いわき市炭鉱・化石館

 

 

<福島観光/中通りのおすすめ観光スポット>

 

中通りは福島県の中央部、奥羽山脈と阿武隈山地に挟まれたエリアです。

周りを山に囲まれたこの地域は、豊かな自然で溢れていて、四季折々の美しさを堪能することができます。

また、福島県の空の玄関口・福島空港があるのもこのエリア。

飛行機で訪れる方は、旅行プランの最初か最後に中通り観光を入れると、効率よく福島観光を楽しめると思います。

 


1. あぶくま洞

 

syonyuseki

 

あぶくま洞…それは悠久の時が造り出した大自然のアート!

約8,000 万年という歳月をかけて創られました。

洞内は何と全長600m !洞内は全部見るのに40分ほどかかります。

洞内はひんやりとしてとても涼しく、鍾乳石の種類とは東洋一ともいわれています。

 

kannonzo

 

鍾乳石はしたたり落ちる地下水が長い時間をかけて創り上げられた造形美。

特徴的な鍾乳石には名前が付けられているので、ぜひチェックしてみてください♪

 

abukumado

 

なかでも、あぶくま洞内一の「滝根御殿」は舞台演出に使われる調光システムが導入され、

まるで月面飛行にきたかのような雰囲気を楽しめます。

 

神秘的な地底の世界で不思議探検を満喫してみてください♪

 

あぶくま洞の観光情報

 

住所 : 〒963-3601 福島県田村市滝根町菅谷東釜山1

アクセス : 神俣駅から車で10分

電話番号 : 0247-78-2125

定休日 : 年中無休

営業時間 : 営業時間:3月上旬~11月下旬 8:30~17:00 夏季期間は17:30まで

料金 :

大人:大人:1200円 高校生から
中学生:中学生:800円 中学生
小学生:小学生:600円 小学生

公式URL :  あぶくま洞

 

2. 三春滝桜

 

三春滝桜

 

田村郡三春町にある「三春桜」は、樹高は13.5m、根回りは11.3m、枝張りは幹から北へ5.5m、東へ11.0m、南へ14.5m、西へ14.0mという巨木。

大正11年10月、国の天然記念物の指定を受けた日本三大桜(根尾谷淡墨桜(岐阜県)、山高神代桜(山梨県)の一つです。

開花期は4月の中旬から下旬で、咲き流れる見事な桜の滝を見ようと全国から多くの観光客が訪れます。

 

三春桜

 

樹齢はおよそ1,000年以上と伝えられる紅枝垂桜。

満開時には、四方に伸びた枝から薄紅の桜の花が何かを訴えるように、狂おしいくらいに、迸るように咲き乱れます。

 

 

A post shared by @clicliclie on

 

夕暮れからライトアップされると、まるで燃えているような幽玄な桜。

昼の清々しい雰囲気とは一転、闇に浮かぶ姿は妖艶さがあり、今にも動き出しそうな大きな生き物のようですね。

 

周囲の農道にも桜や菜の花など、良い香りが立ち込めいます。

とにかく見渡す限り花、花、花!

日本を代表する滝桜とともに、日常ではなかなか見ることができない、田舎の原風景と美しい花のコラボーレションを存分に堪能してみてはいかがでしょうか?

 

三春滝桜の観光情報

 

住所 : 〒963-7714 福島県田村郡三春町大字滝字桜久保296

アクセス : 三春駅からバスで20分

電話番号 : 0247-62-3690

開花時期 : 4月中旬~下旬

料金 : 観桜料300円(高校生以上)

公式URL:  三春滝桜

 

3. 安達太良山

 

 

安達太良山(あだたらやま)は福島県中部にある活火山であり、日本百名山、新日本百名山、花の百名山およびうつくしま百名山にも選定されています。

標高1700、とんがった頂上のため、別名は「乳首山(ちくびやま)」と呼ばれています。

山の北は福島市、東は二本松市、南は郡山市にあたります。

安達太良山の魅力は、季節の花々や植物が咲き乱れる様を登山の途中でたっぷりと堪能できること、そして頂上から見える絶景の素晴らしさ!

その美しさは、かの有名な詩人の高村光太郎が智恵子抄で「頂上の上には本当の青い空がある」と詠ったほど。

 

安達太良山

 

福島に本当の空を見に行きませんか?

 

安達太良山の観光情報

 

住所 : 〒969-3101 福島県耶麻郡猪苗代町(二本松市、郡山市、大玉村)

アクセス : JR猪苗代駅からバスで35分(沼尻登山口)

電話番号 : 0242-62-2048

料金 : 無料

公式URL :  安達太良山

 

4. 浄土平

 

浄土平

 

浄土平(じょうどだいら)は、福島県福島市土湯温泉町鷲倉山(磐梯吾妻スカイライン中間地点)にある湿原です。

標高1600メートル。

一切経山、吾妻小富士、桶沼に囲まれ、一切経山の火山噴火でできた火山荒原と、オオシラビソなどの針葉樹林の原生林があり、また、沼や湿原も点在しており、亜高山の自然を楽しむことができます。

季節により花々が咲き乱れ、美しい景色を楽しむことができますよ♪

また、浄土平の名前の由来は吾妻小富士や一切経山に囲まれた鮮やかな花々に満ちた平坦地が、厳しい山道を歩んできた登拝者にとって極楽浄土のように思えたことから名付けられたとか。

 

 

絶景の紅葉は天狗の庭とも呼ばれています。

まるで絵巻物のような紅葉は10月中旬〜11月下旬が見頃です。

 

 

夜は星空がとても美しく全国の天文ファンが集う聖地として浄土平天文台があります。

 

季節だけでなく時間帯によって、まるで違う場所のように様々な景色を楽しるので、何度訪れても飽きる事はありません。

※冬季は積雪により危険なため閉鎖されます。

 

浄土平 浄土平ビジターセンターの観光情報

 

住所 : 福島県福島市土湯温泉町鷲倉山浄土平(磐梯吾妻スカイライン中間地点)

アクセス : JR福島駅西口下車、福島交通吾妻スカイライン方面行き定期バスで1時間10分、バス停:浄土平下車

電話番号 : 0242-64-2105(浄土平ビジターセンター)

営業時間 :9:00〜16:00(冬期休館)

公式URL :  浄土平ビジターセンター

 

5. 岳温泉

 

 

岳温泉は、坂上田村麻呂が発見したといわれている全国的にも珍しい酸性泉。

「岳温泉」という名前になるまでは、「湯日温泉(文政7年)」→「十文字岳温泉(文政8年から慶応4年)」→「深堀温泉(明治3年から明治36年)」と変遷があります。

 

これは、この温泉に山津波や時代の波による焼失などの災難が降りかかったからです。

幾度の災難を超えて今もなお観光客を迎え入れている岳温泉は、リピーターもたくさんいる独特の雰囲気を持っている温泉街です。

 

温泉 は乳白色で、安達太良山から引いた源泉かけ流し!

PH2.48と、先ほども触れましたが酸性泉となっています。

温泉そのものは滑らかな肌触りで、効能としては、五十肩・筋肉痛・神経痛・関節痛・慢性消化病・疲労回復・美肌効果などが挙げられます。

自然も豊かで、近くには安達太良スキー場もありますよ。

 

 

雰囲気たっぷりの入り口!

温泉への期待感が高まります。

 

 

乳白色の温泉は入り心地抜群!

腰痛などにも効果があり、温泉から出てもポカポカです。

 

 

春は桜並木が美しいですよ。

温泉に入る前や出た後の散策も楽しめます。

 

周辺には喫茶店があるので、朝からゆっくりと日帰り温泉を楽しむことも可能です。

たくさん遊んで宿泊するのならば、じっくり温泉に入って温まり、疲れを癒しましょう。

岳温泉のHPには散策マップがいくつか提示してしてあるので、事前にリサーチして岳温泉を満喫してくださいね。

 

岳温泉の観光情報

 

住所:964-0074 福島県二本松市岳温泉

アクセス:

二本松駅からバスで25分
二本松ICから車で15分

電話番号:0243-24-2310

公式サイト:  岳温泉

 

おすすめご当地グルメ♡ピーチソフトクリーム

 

 

浄土平レストハウス内で頂けるこちら桃のソフトクリーム。

福島は会津の名産の桃ををふんだんに使ったソフトクリームはふんわり優しい甘さでバニラとの風味が絶品!

散策に疲れた身体に優しく染み渡りますよ♡

他にも福島の名産品をたっぷりと使った食事やデザートがたくさんあるので、立寄った際には食べ比べしてみるのも良いですね♪

 

浄土平レストハウス フードコーナー ノーバ

 

住所 : 福島県福島市土湯温泉町字鷲倉山浄土平地内

電話番号 : TEL・FAX 0242-64-2100(冬期間 024-525-4080)

営業時間 : 9:00~16:30

料金 : 〜999円

注意点 : 夏時間あり

公式URL :  浄土平レストハウス

 

 

<福島観光/会津地方のおすすめ観光スポット>

 

福島県西部一帯を占めているのが会津地方です。

会津若松市や喜多方市を中心とした会津エリアと、南会津・桧枝岐・下郷などを中心とした南会津エリアから成ります。

会津地方も中通りと同じく自然豊かな地域で、猪苗代湖や五色沼といった水辺や、山々の季節の移ろいを楽しめます。

また、全国的にも有名な喜多方ラーメンが生まれたのも会津です。

ラーメン好きの方は、ぜひ本場の喜多方ラーメンを堪能してくださいね。

 

1. 五色沼

 

goshikinuma

 

五色沼は、おおよそ3.6キロに点在する湖沼郡で、色とりどりに変化する沼があるのが特徴です。

この辺りには毘沙門沼・弁天沼・青沼・赤沼・深泥沼など小規模のものを合わせると、数十にも及ぶ沼があります。

沼の水が緑・赤・青など様々な色合いになっているのは水中の植物や藻、山々から流れてくる火山性の水の影響だとか。

季節や、時間帯によって全く違う色に変化するので、何度でも訪れたくなりますね。

 

3.6キロに点在する湖沼郡をぐるりと気軽に歩けるトレッキングコースもあります。

ゆっくり歩いても1時間ほどで周れるので、オススメですよ♪

 

五色沼の観光情報

 

住所 : 〒966-0401 福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字湯平山

アクセス : 猪苗代駅からバスで25分

電話番号 : 0241-32-2349

料金 : 無料

公式URL :  裏磐梯 観光協会

 

おすすめご当地グルメ♡蕎麦古家(そばごや)」の檜原そば

 

 

本場の檜原そばを頂ける店「蕎麦古家(そばごや)」のもりそば!

お店の造りは真壁造りの古民家で、中には座敷があり、囲炉裏が設けられています。

こちらのお蕎麦は地元産の蕎麦粉を使用した石臼挽きの十割手打ちそばです。しっかりしたコシがあり、噛んだ瞬間そば粉の甘みと風味が広がるのでそば自体をそのまま食べても美味しいです。

1日10食限定の蕎麦羊かんもオススメです♡

人気店で売切れ必至です。訪れるさいには、電話予約をおすすめします!

 

蕎麦古家

 

住所 : 福島県耶麻郡北塩原村桧原字道前原1131-126

アクセス : 公式HP参照

電話番号 :

固定 0241-34-2160
携帯 080-5455-8473

定休日 : 火曜日・水曜日

営業時間 :

11:00~蕎麦がなくなり次第閉店
ランチ営業、日曜営業

料金 : ¥1,000~¥1,999

公式URL :  蕎麦古家

 

2. 飯盛山

 

iimoriyama

 

飯盛山は会津若松市の中心部から少し東側にある標高314mの山です。街中にあります。

白虎隊自刃の地としても有名ですね。

 

江戸時代後期、戊辰戦争に際して、会津藩で少年たちで構成される白虎隊と呼ばれる部隊が結成されました。

そのうち士中二番隊が敗走し撤退する際に飯盛山に逃れたのですが、そこから鶴ヶ城周辺の武家屋敷等が燃えているのを見て落城したと思い込み、もはや帰るところもないと若い命を自ら絶ってしまった地です。

 

iimoriyama

 

白虎隊士が通った戸ノ口堰洞穴。

かつては猪苗代湖の水を、会津地方に引くため掘られた洞穴ですが、主君の白の安否を確かめようとする一心で、冷たい水が溢れ流れる洞穴の中を、身を屈めながら、水流に足を取られながらも必死に進んだといわれています。

 

sazaedou

 

ひっそりと、線香の良い香りが漂い、たくさんのお墓があります。

 

iimoriyama

 

登山途中の石段からも飯盛山からは会津の街の様子が良く見えます。

若い彼らはここから鶴ヶ城を見て早まってしまったのですね…。

 

怒濤の時代を駆け抜けた白虎隊の若者たち。

彼らが残した足跡を辿ってみてはいかがでしょうか。

 

飯盛山の観光情報

 

住所 : 〒965-0003 福島県会津若松市一箕町八幡弁天下

アクセス : 会津若松駅からバスで15分

電話番号 : 0242-39-1251

料金 :無料

公式URL :  会津若松松市

 

飯盛山〜栄螺堂

 

飯盛山の中腹には、寛政8年(1796年)に建てられた栄螺堂(さざえどう)があります。その造りはまるで迷路!

二重らせん構造の斜路で、上りと下りで同じ道を通らず抜けられるという仕組みなのです。

日本では大変珍しい木造の建築物なのでぜひ登ってみてくださいね。

栄螺堂は平成7年(1995年)6月27日、国の重要文化財に指定されています。

 

sazae

栄螺堂(さざえどう)という名の異質な風格を漂わせるこの建物は、特異な造りで、上りと下りが絶対すれ違わない構造になっています。

 

栄螺堂の観光情報

 

住所 : 〒965-0003 福島県会津若松市一箕町八幡弁天下 飯盛山中腹

アクセス :

会津若松駅からハイカラさん・あかべぇ「飯盛山下」下車、徒歩5分
磐越自動車道:会津若松ICより約15分

電話番号 : 0242-22-3163

定休日 :無休

営業時間 :

8:15〜 日没  (4月〜12月)
9:00 〜16:00(1月〜3月)

料金 :大人400円、高校生300円、小中学生200円

公式URL :  栄螺堂

 

おすすめご当地グルメ♡白孔雀食堂のソースカツ丼

 

source-meet

 

創業以来継ぎ足されてきた伝統のソース味の名物カツ丼が看板メニューのお店。

地元じゃ有名な白孔雀食堂。ソース味のカツ丼が当たり前な会津若松市。

カツの大きさにきっと誰もがびっくり!!

完全にふたから、丼からたっぷりはみ出ています。その大きな何とカツは2枚!

 

脂身が取り除かれているので、意外にさっぱりしていて、甘辛いタレがたっぷりカツとキャベツに絡んでご飯も進みます。

女性でもぺろりと平らげてしまう美味しさです♡

絶対オススメの逸品です!

 

白孔雀食堂

 

住所 : 福島県会津若松市宮町10-37

アクセス :

JR磐越西線(郡山~会津若松)会津若松駅から「タクシー」がおすすめです。
会津若松駅からタクシーで4分(2km)

電話番号 :0242-27-2754

定休日 : 毎週月曜日 毎週金曜日(祝日の場合は営業)

営業時間 : [火~木・土・日・祝]11:00〜16:00

料金 : 昼:〜1,000円 夜: 〜2,000円

 

3. 鶴ヶ城

 

aizuwakamatsuzyou

 

鶴ヶ城(若松城)は『黒川城』から始まり、『鶴ヶ城』と名を変えた会津のお城は現在、「若松城」とも「会津城」などと呼ばれています。

その由来は、葦名直盛が造った「東黒川館」から、その後の領主により改築され、「黒川城」として現在の城の原型ができました。

文禄2年には天守閣を造られ、「鶴ヶ城」となりました。400年以上経った現在でも、この時代に築かれた石垣がほぼ当時の姿で残っています。

そして1611年、会津地方に大地震が発生し、石垣や天守閣が大きく傾いたため、城は改修され、ほぼ現在の姿の鶴ヶ城ができあがりました。

 

candle

 

現在の鶴ヶ城内は、国指定重要文化財、県指定文化財、市指定文化財など多数の会津を代表する文化財が展示される郷土博物館となっています。

 

tsurugajo

 

訪れたら必ず天守閣まで登ってみましょう。

お城の上から望む高い空と会津の街景色は必見ですよ!

 

鶴ヶ城(若松城)の観光情報

 

住所 : 〒965-0873 福島県会津若松市追手町1-1

アクセス : 会津若松駅からバスで10分

電話番号 : 0242-27-4005

定休日 :無休

営業時間 : 公開:8:30~17:00 入城は16:30まで

料金 :

大人:大人:410円 高校生以上410円/団体(30名以上) 360円
子供:子供:150円 小中学生150円/団体(30名以上) 135円
その他:その他:510円 麟閣共通入場券

公式URL :  鶴ヶ城

 

おすすめご当地グルメ♡抹茶と薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)

 

 

お城といえばお抹茶♪

鶴ヶ城内の天守閣のすぐ脇にある茶室で頂けます。

香り高い本場の抹茶と、無添加の丁寧にすりおろしたつくね芋と米粉の皮で小豆の皮を取り除き、炊きあげた皮むき餡の程よい甘さの薯蕷饅頭のうまさといったら…身体に染み渡ります!

茶室見学はお城の入場と共通券で販売されています。

鶴ヶ城を見学して疲れた足を休めつつ、郷愁にふけるには持ってこいの場所です。

 

茶室麟閣

 

住所 : 〒965-0873 福島県会津若松市追手町1−1 鶴ケ城内

電話番号 : 0242-27-4005

営業時間 : 8時30分~17時00分

料金 :

大人200円、小中学生無料
天守閣共通券 大人510円、小中学生150円
お抹茶 一席:600円(お菓子付) 

公式URL :  茶室麟閣

 

4. 大内宿

 

大内宿

 

大内宿の葺き屋根の民家は、江会津若松と日光、今市を結ぶ南山通り(会津西街道)の宿駅として需要な役割をしてきました。

江戸へ向かう旅人たちの必須の拠り所、宿場町として栄えました。

 

大内宿

 

寄棟造りの建物がきっちり道路と直角に並べられている様は、整然としていて見ていて気持ちよいほど。

こちらは昭和56年4月、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

 

大内宿

 

地元の素材がふんだんに使われている、自然派の食べ歩きグルメがそこかしこにあり目移りしてしまいます。

旅では食も大きな魅力の一つですよね♪

 

 

毎年2月第2土・日曜に、時代仮装行列などが開催される大内宿雪まつり。

1日目は夕方から雪灯篭、花火の打上げが行われ、積雪が多い中でも多くの観光客が訪れます。

雪に覆われた茅葺の建物群はまるで昔話の世界に迷い込んだように錯覚を起こすほど幻想的です。

 

大内宿の観光情報

 

住所 : 〒969-5207 福島県南会津郡下郷町大字大内

アクセス : 湯野上温泉駅から車で15分

電話番号 : 0241-68-3611

料金 : 無料

公式URL :  大内宿

 

おすすめご当地グルメ♡三澤屋の高遠そば

 

大内宿ねぎそば

 

ここに訪れたらぜひ食べて頂きたいねぎそば。

お椀にそばとおつゆ、そこに薬味があるって普通じゃない?

いえいえ、なんと太い白ネギをお箸のかわりにしておそばを頂くのです。

もちろんお箸のネギも食べれるので、薬味として最後まで食べちゃってください♪

意外とぺろりと食べられて、リピーターも多いです。

 

大内宿 三澤屋

 

住所 : 〒969-5207 福島県南会津郡下郷町大字大内字山本26-1

アクセス : 東北道西那須野塩原ICよりR400、R121経由、会津若松方面へ1時間30分

電話番号 :0241-68-2927

定休日 : 12月31日~1月1日

営業時間 : 10:00~16:00

料金 : その他:水そば1,260円、高遠そば1,050円、けんちんそば1,050円

公式URL:  三澤屋

 

5. 塔のへつり

 

 

大内宿から約20分の塔のへつりは国の天然記念物にも指定されている美しい渓谷です。

塔の形が立ち並ぶ断崖という意味から「塔のへつり」と呼ばれています。

浸食された岩肌が織りなす美しさは、100万年という悠久の時間をかけた自然の営みを感じることができます。

 

 

「塔のへつり駅」は茅葺の情緒あふれる趣のある美しい駅。

 

塔のへつり

 

塔の形をした断崖まで吊り橋がかけられていて、断崖内部を見学することもできますよ♪

太古からの大自然が造りたもうた芸術と澄んだ空気を身体いっぱいに感じてみてください。

 

塔のへつり 秋

 

また、季節によって違った景色を眺められるのも塔のへつりの見どころです。

秋になると周辺の木々が色づき、岩肌全体を鮮やかに染め上げます。

秋の短い期間しか見られない、自然の織り成す景色は圧巻です。

 

塔のへつりの観光情報

 

住所 : 〒969-5204 福島県南会津郡下郷町弥五島字下タ林

アクセス : 塔のへつり駅から徒歩で5分

電話番号 : 0241-69-1144

料金 : 無料

公式URL:  下郷町観光協会

 

6. 会津鉄道

 

会津鉄道

 

会津鉄道会津線は、西若松から会津高原尾瀬口間、57.4kmのローカル線です。

会津若松から西若松間はJR只見線へ全列車乗り入れ、会津田島からは、野岩鉄道・東武鉄道との相互乗り入れで、なんと東武浅草駅までの直通運転されています。

JR喜多方駅乗り入れ、東武鬼怒川温泉駅乗り入れなど、短時間の乗り継ぎで首都圏から会津を訪れることができます。

 

平成24年に東武日光駅に乗り入れができるようになり、会津と日光が直通運転で結ばれました。

全線全時間帯を通して、運転間隔はほぼ1時間に1本ですが、各駅のんびりと観光を楽しむにはもってこいですね。

また、車両ごとに特長があり、景色を楽しむなら「お座トロ展望列車」鬼怒川・日光へ行くなら「AIZUマウントエクスプレス号」会津田島駅から特急で浅草へ行くなら「特急リバティ会津」など、本数は少ないですが乗客の目的に多種多様に対応してしています。

 

会津鉄道

 

会津線には趣のある駅が点在します。

こちらは温野上泉駅は茅葺き屋根の駅舎が特長で、待合室の囲炉裏で火が焚かれており、とても風情がある駅です。

無料のお茶も頂くことができるので、囲炉裏を囲んでちょっと休憩、なんてのも旅の良い思い出になりそうですね。

桜の名所としても有名で、シーズン中は多くの見物客が降り立ちます。

 

 

トロッコ席、お座敷席、展望席とそれぞれ3つの異る車両で走る「お座トロ展望列車」。

春から秋のトロッコ席は窓がなく、真っ暗な中でトンネルシアターが上映されます。 

お座敷席は掘りごたつになっているので、ぐーっと足を伸ばしながら、持ち込んだみかんでも良し、お酒も頂けるので自宅感覚で過ごすことができちゃいます♪

 

そして、展望席は通常よりも高い位置にあり、リクライニングシートでゆったりと周囲の景色を楽しむことだできますよ。

なんとも至れり尽くせりの列車にびっくりです。

 

 

大内宿へ向かう道中「芦ノ牧温泉駅」には、ネコ駅長「バス」さんがいることで有名です。

にゃんともかわい駅長さんにもぜひ会いに行ってみてくださいね♪

 

会津線はドアの閉会も全て手動!

そして、滅多に見かけない無人駅もあります。

乗車方法は、そのまま電車に乗ったら、車内で行先を告げて車掌さんから切符を購入します。

 

しかし、ワンマン運転の時は、乗車時に整理券を取って、バスのように運賃箱に整理券と料金を自分で入れるスタイルです。

使用できるのは現金のみで、クレジットカード、各種ICカード乗車券は使えないので注意してくださいね。

ゆったりのんびり、ローカルの旅でお気に入りの場所を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

会津鉄道の観光情報

 

住所 : 〒965-0853 福島県会津若松市材木町一丁目3番20号

電話番号 : 0242-28-5885

運賃 : 大人140円〜

公式URL : 会津鉄道

 

7. 喜多方ラーメン館

 

 

ラーメン好きな方必見の喜多方ラーメン館!

喜多方ラーメンといえば、全国ある有名ラーメンの中にも数えられるグルメ。

喜多方ラーメン館では、喜多方ラーメンのことを知り、試食もできて、お土産として購入することもできます。

 

喜多方ラーメンの歴史は、大正末期から昭和初期に遡ります。

中国から来た少年がチャルメラを片手に支那そばを売り始めたことがルーツと言われており、醤油や味噌、清酒の製造な「蔵の街」として喜多方が写真家に取り上げられたことで知られていきます。

 

人気の増加に伴い、観光客の滞在時間を伸ばしてもらいたいという願いを込め、観光客の食事処としてラーメン屋がピックアップされて旅行雑誌やテレビ放送で紹介され、喜多方ラーメンの知名度が上がっていったと言われています。

このような歴史にも触れられ、喜多方ラーメンの魅力を体感できる場所が喜多方ラーメン館です。

 

 

店内にはラーメングッズがいっぱい!

ラーメンと一口に言ってもトッピングで味が変わってきます。

自分好みのトッピングを見つけてみてください。

 

 

なんと喜多方ラーメン館では試食ができちゃう!

気になるあのラーメンのお味は?確認して購入可能です。

 

 

ラーメン館で販売されているラーメンは実に40種類を超えています。

お土産にも自分にも色々なラーメンが購入できますよ♪

 

多様な種類が取り揃えられていて、喜多方ラーメンファンにはぜひ立ち寄ってもらいたいスポット!

喜多方ラーメンってそんなに種類があるの?と思っている方も、ぜひ足を運んでみてください。

 

喜多方ラーメン館の観光情報

 

住所:966-0821 福島県会喜多方市字梅竹7254-1

アクセス:公式サイトに詳細情報あり

電話番号:0241-21-1414

営業時間:10:00~17:30

定休日:12/31~1/1

公式サイト:  喜多方ラーメン館

 

8. 会津武家屋敷

 

武家屋敷 会津

 

会津武家屋敷は、飯森山がある会津若松市内の観光スポットです。

武家屋敷の姿をそのまま再現している施設内では、タイムスリップした気分で歴史散策を楽しめます。

 

広い場内には、屋敷や当時の様子を再現した展示から武器や道具まで揃っています。

駐車場も広く、車でのアクセスが便利です。

 

会津武家屋敷

 

屋敷の敷地内にある日本庭園では、季節ごとの景色を楽しめます。

秋になると木々が色付いた鮮やかな景色を眺められるのが魅力です。

 

また、当時の暮らしを体験できる農具や武器の展示もされています。

案内の音声ガイドや説明文もあるので、歴史に関して理解を深められる場所です。

弓矢を使って的を射るアトラクションもあり、大人から子供まで楽しめます。

 

会津武家屋敷の観光情報

 

住所 : 福島県会津若松市東山町大字石山字院内1

アクセス : JR会津若松駅から車で7分、観光バスで15分

電話番号 : 0242-28-2525

定休日 : 毎週木、金曜日、年末年始

営業時間 : 4月~11月 8:30~17:00  12月~3月 9:00~16:30

料金 : 一般850円、中高生550円、小学生450円

公式URL : 会津武家屋敷

 

 

福島の観光スポットやグルメをご紹介しました。

色々あった福島は今も復興中でがんばっています。

今回ご紹介したのは福島のほんの一部です。

 

福島はすばらしい場所ばかりですので、行かないのはもったいないです。

今度の休暇にぜひとも足を運んでみてください♪


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(551)
北海道・東北(44)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(8)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(193)
  埼玉(7)
  千葉(13)
  東京(113)
  神奈川(38)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(78)
  長野(11)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(24)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(91)
  滋賀(7)
  京都(38)
  大阪(23)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(34)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(4)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(74)
  福岡(14)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(9)
  宮崎(3)
  鹿児島(9)
  沖縄(20)

国外エリア一覧

東南アジア(24)
ヨーロッパ(63)
東アジア・中国・台湾(19)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(9)
オセアニア(10)
アフリカ(2)
北米(17)
中南米(5)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(560)
イベント情報(368)
ショッピング・買い物・お土産(478)
遊園地・テーマパーク(568)
ビジネス・出張(166)
ロケ地、舞台(171)
世界遺産(143)
乗り物・交通・アクセス(626)
宿・旅館・ホテル(182)
旅行準備(434)
歴史・豆知識(768)
温泉・スパ(153)
絶景(460)
聖地巡礼(31)
観光旅行(717)
食事・グルメ(547)
おすすめ/ランキング(641)
デート(599)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(433)
ツアー/旅程(242)
海水浴場・ビーチ・リゾート(65)
寺院・神社(11)
パワースポット(5)
ファミリー(23)
1人旅(22)
雨の日(8)
メーカー/ブランド(5)

人気記事ランキング