logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 愛媛

愛媛観光おすすめ10選!道後温泉から愛媛ご当地グルメまで!





柑橘系果物の産地としてのイメージが強い愛媛県。
観光地としても、山にも海にも恵まれた温暖な気候で非常に魅力的な土地です。

歴史的な建物や重要文化財も多く、一方で壮大な高原や瀬戸内の島々もあり海のレジャーも楽しめます。

愛媛県は田舎へ進めば進む程、地元の人がのんびり生活されていて、松山の都会的なイメージとは別の顔を見せてくれる魅力に溢れた面白い県です。

おすすめの観光地を確認して、次の休みには愛媛旅行に行ってみませんか?

【目次と愛媛観光マップ】

 

 

1ページ目 :

 

愛媛観光:愛媛県ってどんなところ?

愛媛観光スポット:エリア分類

①東予

②中予

③南予

 

【東予】愛媛おすすめの観光地1:霧の森

【東予】愛媛おすすめの観光地2:しまなみ街道

【東予】愛媛おすすめの観光地3:タオル美術館

【東予】愛媛おすすめの観光地4:石鎚山

 

2ページ目 :

 

【中予】愛媛おすすめの観光地5:松山城

松山で食べたい宇和島鯛めし

【中予】愛媛おすすめの観光地6:道後温泉

【中予】愛媛おすすめの観光地7:北条鹿島

渥美清も愛した太田屋の鯛めし

 

3ページ目 :

 

【南予】愛媛おすすめの観光地8:伊予灘ものがたり

【南予】愛媛おすすめの観光地9:青島

【南予】愛媛おすすめの観光地10:四国カルスト

四国カルスト超絶品!チーズケーキ

 

 

愛媛観光:愛媛県ってどんなところ?

 

愛媛県と言えば、四国の左上に位置し、瀬戸内海に面した穏やかな南国のイメージではないでしょうか?

県庁所在地は松山市で、3000年の歴史を誇る道後温泉や松山城目当てに松山県域には多くの観光客が押し寄せます。

気候は、瀬戸内海側は温暖少雨な傾向があり、内陸部になると夏でも涼しく避暑地となっています。

瀬戸内海側には、広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ「しまなみ街道」があり、島々で遊ぶ事もでき海のレジャーも豊富です。

一方、内陸側は高原地帯となっており、ここは日本?なのかと思う、信じられない程美しい高原と清らかな空気で満たされた癒しの空間が広がっています。

海も山も、温泉も街も田舎も全て揃っているのが愛媛県なのです。

 

そして、ほっぺたが落ちる程の美味しい食べものに溢れているのも特徴です。

お魚は新鮮で美味しく、鯛めしは愛媛の名物ですね。

また、愛媛と言えばみかんや伊予柑、キウイを初めとする柑橘類のイメージも強いです。

温暖な気候と豊かな自然があってこそのものです。

 

 

愛媛県は、県民の間で大きく3つのエリア(東予・中予・南予)に分け親しまれています。

愛媛県内での天気予報も日々、3区で分けて表示されていますよ。

各エリア特有の自然や文化、観光などがあり、全て回るには最低2日はスケジュールを空けておきたいところです。

 

そういえば、イザナギとイザナミが国を作る際のお話に「伊予の国」って出てきますよね。

古事記の頃から伊予国と呼ばれ続けた愛媛県、奥深い魅力がたっぷりつまっていますよ。

 

本記事では、観光しやすいように、エリア別に見所を紹介していきます。

まずは、東予・中予・南予の3つのエリアの概要をまとめました。

 

 


愛媛観光スポット:エリア分類

 

①東予

 

四国中央市・新居浜市・西条市・今治市の4つの市全てが海に面した地域からなる東予エリア。

今治と言えば、今治タオルが有名ですよね。

広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ、しまなみ街道のある地域でもあり、愛媛と本州の玄関口です。

 

②中予

 

四国最大の人口をもつ松山市を中心とした地域で、松山市だけで愛媛の人口3分の1を占めています。

松山市、伊予市、東温市、上浮穴郡(久万高原町)、伊予郡(砥部町・松前町)からなる地域。

松山は気候も温暖で、台風の影響も少なく過ごしやすい地域です。

 

③南予

 

宇和島市、大洲市、八幡浜市、西予市の4つの市からならるのが南予地方。

気候は海に面した地域と内陸・山間部とでかなり相違がみられます。

とても田舎的で、雄大な自然の広がる地域です。

 

 

【東予】愛媛おすすめの観光地1:霧の森

 

霧の森は、四国の中央に位置し、香川から高知へ抜ける時に一瞬だけ愛媛になる、そんな土地「新宮村」にあります。

レストラン・茶室・温浴施設・茶フェ(カフェ)などを初めとする複合観光施設です。

 

 

近くには底が見えてしまう程透き通った清流・馬立川が流れ、春は新緑、夏は川遊び、秋〜冬にかけては静かなせせらぎを感じとれます。

ゆったりとした空気感で全身デトックスするような新鮮な空気を思いっきり吸いに訪れたいスポットでもあります。

 

 

そこで絶対に外してはならないのが、まずは新宮茶。

無農薬ゆえ、香りの高さは日本一と評されるほどです。

手もみ茶葉体験などもできるコーナーもあります。

 

 

そして、そんな新宮茶の香りを絶品スイーツとして味わえるのが地元で大人気の霧の森大福。

菓子工房でテイクアウトもできますが、街道茶店(茶屋)で食べる事もできます。

抹茶の緑が濃いので渋みが強いのかな?と思う見た目ですが、この渋みと香りが中のおもちとあんこと生クリームの甘みを引き締めてくれて、絶妙な美味しさ。

サイズも小ぶりなので、軽く食べられるところもいいです。

 

こんなに美味しいなら全国展開して欲しい!と心の底から思いますが、新宮の農薬を使わない貴重な抹茶のみを原料とし、かつ丁寧な手作業にて製造している為、大量生産が出来ないそうで、県外からも多くの人がこの大福を求めて来ていますが、製造が追いついていない状況だとか。

時々ネットでの抽選販売(なんと倍率100倍!)や百貨店の催事なども行うそうですが、基本的には愛媛県に行かないと食べられないご当地グルメです。

 

 

霧の森にはレストランもあります。

おすすめはおぼろ豆腐。

注文をうけてからにがりを入れる為、大豆本来の甘みをじっくり味わう事ができます。

新宮茶を練り込んだお茶の風味が抜群の霧の森茶そばも人気です。

その他、あめご、山菜など新宮村の山の幸や海の幸を存分に使った御前メニューもありますよ。

 

 

四国のど真ん中にある温泉。

森林浴をしながら入る露天テラスにはジャグジーも完備です。

ガラス張りの浴室と共に入る天然温泉は、極上のリラックスですね。

お肌もツルツルです。

 

 

日帰りが出来ない人は、コテージの利用を。

ロフトも付いていて、宿泊者専用の温泉もあり。

天然温泉で泉質は良く、食事前に温泉に浸かっておきたいですね。

自炊もありですが、食事は是非、霧の森レストランを予約しましょう。

 

霧の森高原の朝は霧から始まり、昼は瀬戸大橋、夜は満点の星空と1日を通して様々な景色を楽しめます。

涼しさを求めて、夏場は多くの人がBBQやキャンプ、パラグライダーなど遊びに来ます。

春は新緑、秋はすすきや紅葉の時期であったり一年通して様々な顔を見せてくれますよ。

※ただし、冬季は休業となります。

 

霧の森の観光情報

 

住所 : 〒799-0301 愛媛県四国中央市新宮町馬立 霧の森

アクセス :

最寄りの起点は高知道「新宮IC」
一般道経由の場合もまずは新宮ICを目指して、そこから1分。

電話番号 : 0570-07-3111

定休日 : 不定休

駐車場 : 20台有(無料)

公式URL :  http://kirinomori.co.jp/

 

 


【東予】愛媛おすすめの観光地2:しまなみ街道

 

 

しまなみ街道とは、広島県尾道市と愛媛県今治市の間にある、向島・因島・生口島・大三島・伯方島・大島などの島を結ぶ橋梁で、その間全10本の橋がかかっています。

 

 

橋を渡る際の景色は絶景です。

ドライブでは、まるで海の上を走っているかのような気分。

短い橋から長い橋まで1つ1つ渡って島々を超えていく達成感と好奇心の入り交じった気持ちで楽しめますよ。

 

 

ドライブ以外の楽しみ方としておすすめが、サイクリング。

日本初の海峡を横断できるサイクリングロードがあります。

レンタサイクルは、各島にあるレンタサイクルターミナルであれば乗り捨て自由。

海風と景色に癒されながら身体を動かすのは最高に気持ちがいいです!

全長約70キロととても長いので、島を決めてサイクリングを楽しみたいです。

体力に自信のない方は電動アシスト自転車もありますよ。(※ただし、この場合乗り捨て不可)

 

しまなみ街道おすすめの島その1〜伯方島

 

hakatajima_beach

 

伯方ICを降りてすぐの所にあるのが、伯方ビーチ。

伯方・大島大橋のたもとにあるビーチで、海水浴をしながら橋を眺める事ができます。

夕日と橋のコラボレーションもとても美しいですよ。

周囲は、島と海と橋に囲まれ、そして何より空いていて静か!

夏場の海水浴場と言えば混んでいるのがつきものですが、この海は空いている上に波がないので迷子の心配もなく、安心して子供達を遊ばせられます。

 

hakatajima_sea

 

見てください、この透明度。

筆者が行った時は、ハゼやトビウオ、メダカのような?小魚らが泳いでいて、素手で捕まえて遊べる程沢山いました。

珊瑚礁とは違った雰囲気の透明度で、これもまた最高です。

砂浜も小さな貝殻の欠片のような浜なので、砂のべたつき感が薄く居心地がよかったです。

シャワーや更衣室も完備。

クジラやイルカと触れ合う事が出来る「ドルフィンファーム」という施設もありますよ。

 

伯方島の観光情報

 

住所 : 今治市伯方町叶浦甲1668-1

アクセス : 伯方島IC を降りて約1分 

電話番号 : 0897-72-1500

定休日 : なし

営業時間 : 7月上旬~8月下旬(海水浴)

駐車場 : 有(普通車300台・大型16台・身障者5台)・無料

公式URL : http://www.go-shimanami.jp/spot/?a=198

 

 

しまなみ街道おすすめの島その2〜大三島

 

 

伯方島で海水浴を楽しんだ後は、お隣の大三島へ移動しましょう。

そこには、かの有名な伯方の塩の工場があります。

塩の製造工程を詳しく見る事ができる貴重な施設。

アニメーションで塩が出来るまでを説明してくれるスペースもあるので、子供も楽しめますよ。

館内を一通り回ったら、地元で人気の伯方の塩を使ったソフトクリームにトライしてください。

大粒の塩を使ったフルール・ド・セルを最後にトッピングしてくれて、食べた事のない食感が楽しめます。

同じく、フルール・ド・セルを使った珈琲もあります。

伯方の塩にあうようにブレンドされた珈琲をアイスとセットで是非試してみてください。

珈琲通は、お塩を入れるらしいですよ。

 

伯方産業 大三島工場の観光情報

 

住所 : 〒794-1305 愛媛県今治市大三島町台32 (マーレ・グラッシア隣り)

アクセス : しまなみ海道・大三島ICから車で15分

電話番号 : 0897-82-0660

定休日 : 年末年始 (12/28~1/7)、盆休 (8/13~17)、地方祭ほか

営業時間 : 9:00~15:30 (見学は16:00まで)

料金 : 無料

公式URL : http://www.hakatanoshio.co.jp/factory/

 

 

工場見学の後は、そのすぐお隣にある海洋温浴施設、マーレグラッシア大三島へ。

海の恵みを心と身体で感じ、活力を高めるというタラソテラビー(海洋療法)を取り入れたリラクゼーション施設です。

ミネラル成分も豊富で、海が見える露天風呂、歩行浴、内湯には潮風呂、ジェットバスなど様々な種類のお風呂があります。

海から見える瀬戸内海は絶景で「幸せ〜」と思わず口からこぼれてしまいますよ。

 

マーレグラッシア大三島の観光情報

 

住所 : 〒794-1304 愛媛県今治市大三島町宮浦5902

アクセス :

しまなみ海道・大三島ICから車で15分
JR今治駅からバスで60分(大三島行き急行バスにて「宮浦農協」下車、徒歩10分)

電話番号 : 0897-82-0100

定休日 : 水曜日、2月第1火〜木曜日(水曜日が盆・12月25日〜1月5日・GWの場合は営業)

営業時間 : 10:00〜20:30

料金 : 大人500円、小人(3歳〜小学生)250円、3歳未満無料、心身障害者400円

駐車場 : 60台

公式URL : http://www.oideya.gr.jp/spa/area_shimanami/maregracia.htm

 

 

【東予】愛媛おすすめの観光地3:タオル美術館

 

 

山の中を進むと大きなお城のような建物が出て来て、まるでヨーロッパの宮殿のような世界が広がっています。

タオル美術館というと、地味で素朴なイメージを持つかもしれませんが、タオル文化を発信する施設は、世界でもここだけという今治らしいユニークな美術館でリピーターも多いです。

 

 

コットンロードでは、織り機がタオルを織る様子を見られます。

タオルを作る為の糸で作られたカラフルな渡り廊下があったり、色々と楽しいです。

 

 

タオルアートも面白く、ムーミンのイラストが織り込まれた絵画のような大きなタオルや、キャラクターのオブジェなど見ているだけでテンションが上がります。

細かな作業で作られたタオルは虫眼鏡でじっくり観察する事も出来るんですよ。

タオルで作られた巨大なケーキやソフトクリームなど、アートとタオルの世界をじっくり堪能する機会はなかなかここ以外ではないような気がします。

 

 

ヨーロピアン調の庭園や落ち着いたレストランもあるので、疲れたらお茶を。

お庭は夕方になるとイルミネーションがとても綺麗です。

 

様々なタオルのお土産販売もされています。

キズものといっても分からない程のものがB級品として割安購入出来たりもするので自宅で使うならおすすめですよ。

 

タオル美術館 ICHIHIROの観光情報

 

住所 : 〒799-1607 愛媛県今治市朝倉上甲2930

アクセス :

今治インターから車で約15分
東予丹原インターから車で約10分
道後から国道317号線経由で約1時間

電話番号 : 0898-56-1515

定休日 :年中無休 ※ただし1月第3・第4火曜日のみ、館内メンテナンスのため休館日

営業時間 :

9:30~18:00(ギャラリー見学は閉館30分前まで)
※毎週土曜日、連休(最終日は除く)は開館時間を20:00まで延長
(1月2月のみ、延長営業は19:00までとなります。)

料金 :

大人800円、高校生600円、中学生600円、小学生400円
身障者割引400円、高齢者(65才以上)割引500円 ※団体割引あり

公式URL : http://www.ichihiro.co.jp/art/

 

 


【東予】愛媛おすすめの観光地4:石鎚山

 

石鎚山は標高1982メートルあり、愛媛県西条市と久万高原町の境に位置する西日本最高峰で日本百名山の1つです。

初心者には安心のロープウェイもあり、岩壁を鎖で登る上級者が楽しめるコースなど様々です。

 

 

日本七霊山の1つである石鎚山からの景色を見てみたい。

でも、登る自信ないし・・・という初心者には嬉しいロープウェイがおすすめです。

石鎚山中腹1,450メートルにある石鎚神社へは、ロープウェイ下車後リフトに乗り、徒歩10分程で着きます。

雄大な自然を一気に上がると、気温差に驚きます。

途中、山頂がある天狗岳などを拝む事もできますよ。

晴れた日には、瀬戸内海や中国地方まで見渡せる最高のハイキングコースです。

 

 

鎖場も、試しの鎖(74メートル)、一の鎖(33メートル)、二の鎖(65メートル)、三の鎖(67メートル)と4カ所あります。

一の鎖が最も短い為、鎖場初心者が試す場合はこちらが良いと思います。

体力筋力に自信のない方は危険なので迂回路を使用してくださいね。

つい冒険心を掻き立てられがちですが、安全第一です。

 

 

登山口から歩いて約4時間、石鎚山・弥山(1974メートル)の頂上に到着です。

山小屋やトイレがあり、広い平地もあるので休憩場所としても適しています。

目の前に見える天狗岳は、ここから徒歩約15分。

 

 

西日本最高峰!

といっても、そこへ行くには天狗の助けがなければ行けないのではないかと思ってしまう程、険しい道のりです。

弥山から鎖を使って尾根へ、そこから人一人分を残した急斜面の路や道なき道という岩壁をよじ登ったり、逆側は断崖絶壁の路を行きます。

人間の小ささと同時に自然の脅威を感じずにはいられません。

登山経験の浅い方は安全のため絶対に、絶対にチェレンジしないでください。

 

石鎚山の観光情報

 

住所 : 〒793-0215 愛媛県西条市西之川下谷甲81番地

アクセス :

松山市内より(伊予小松IC下車) 約1時間30分
高松市内より(伊予西条IC下車) 約2時間
徳島市内より(伊予西条IC下車) 約2時間30分

電話番号 : 0897-59-0331

料金 :

往復乗車券大人:1950円、小人(小学生)980円
その他人数に応じた団体割引あり

営業時間:季節や時期により異なる

公式URL : http://www.ishizuchi.com/

 

 

雄大な自然に圧倒されますよね。

そんな驚きが、実はまだまだあるんです!

次のページでは、愛媛の都会、中予エリアの歴史的な施設などを中心にご紹介します。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(196)
北海道・東北(19)
  北海道(10)
  宮城(4)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(61)
  千葉(5)
  埼玉(4)
  山梨(3)
  東京(30)
  栃木(1)
  神奈川(15)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(28)
  三重(2)
  富山(1)
  愛知(5)
  新潟(3)
  石川(4)
  福井(1)
  長野(5)
  静岡(6)
近畿(33)
  京都(10)
  兵庫(8)
  和歌山(1)
  大阪(11)
  奈良(1)
  滋賀(2)
中国・四国(15)
  山口(2)
  岡山(3)
  島根(1)
  広島(4)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(25)
  大分(1)
  宮崎(1)
  沖縄(11)
  熊本(2)
  福岡(5)
  長崎(3)
  鹿児島(2)

国外エリア一覧

東南アジア(14)
ヨーロッパ(15)
東アジア・中国・台湾(8)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(6)
オセアニア(4)
アフリカ(1)
北米(6)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(138)
イベント情報(154)
ショッピング・買い物・お土産(153)
シーン別(218)
ビジネス・出張(99)
マナー(57)
ロケ地、舞台(100)
世界遺産(45)
乗り物・交通・アクセス(214)
宿・旅館・ホテル(94)
旅行準備(193)
歴史・豆知識(240)
温泉・スパ(77)
絶景(161)
聖地巡礼(22)
観光旅行(260)
言語・役立ちフレーズ(10)
食事・グルメ(205)
ランキング(126)
デート(168)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(99)
ツアー/旅程(16)
海水浴場・ビーチ・リゾート(17)

人気記事ランキング