logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 神奈川 > 湘南

江ノ島観光はこのコースで決まり!江の島のおすすめスポット15選





神奈川県の湘南といえば海水浴場として人気ですよね。
ですが「湘南=海水浴場」ではないんです!

その理由は湘南を代表する観光地、江ノ島。
「日本三大弁財天」に数えられる江島弁財天が祀られていることでも知られています。
江ノ島から臨む美しい海はもちろんのこと、その他にも人気の観光名所や美味しい名物料理など、海水浴以外にもたくさんの楽しみ方があるんです。

本記事では、そんな魅力たっぷりの江ノ島でオススメの、1日観光モデルコースをご紹介します!

【目次】江ノ島観光はこのコースで決まり!江の島のおすすめスポット15選

 

参詣、観光、食べ歩き。。。全部楽しむなら江ノ島へGO!

江ノ電に乗って江ノ島に行こう!

移動式パン屋さん Street Cafe reto

南国風の雑貨屋さん Little JJ

橋を渡り、いざ江ノ島へ!

海産物のお土産を買うなら貝作

活気溢れる弁天仲見世通り

せんべいにタコが!?

江ノ島神社を参詣

サムエル・コッキング苑でのんびり

江ノ島サムエル・コッキング苑の基本情報

湘南で大人気のデートスポット、江ノ島シーキャンドル

日本初のパンケーキ専門店 LON CAFE

和食なら富士見亭

龍に会える洞窟、岩屋

絶景を望める稚児ケ淵

カップルに大人気!恋人の丘

小腹が空いたらようかんタイム

噴水池とオリンピックの意外な関係?

ヨットハーバーもオリンピックに関わっている?

エスカーを使えば楽チン!

「江の島1dayパスポート」で江ノ島観光をもっと楽しもう!

 

参詣、観光、食べ歩き。。。全部楽しむなら江ノ島へGO!

 

 

江ノ島は、 神奈川 県藤沢市の南部400mほどに位置する島です。

以前は連絡船に乗ったり、干潮の時にのみ現れる砂の道を歩いたりして島と対岸を行き来していましたが、現在は橋が架けられており、徒歩はもちろん車でも渡ることができます。

 

江ノ島には日本三大弁財天に数えられる江ノ島弁財天が祀られており、日頃から、国内外問わず大勢の参拝客が訪れています。

また参詣のみでなく、観光や食べ歩きを目的に訪れる人も多い、湘南で人気のスポットです。

ロケ地としてもよく使われているので、「江ノ島プリズム」や「陽だまりの彼女」など、映画やドラマを見て江ノ島に興味を持った方もいるのではないでしょうか?

 

ただ、お店や絶景ポイントが多く見どころ満載なので、1日では周りきれないこともあると思います。

そこで今回は、江ノ島を効率よく周ることができる江ノ島の1日観光のモデルプランをご紹介します!

 

実際に筆者が江ノ島に足を運び、見どころをチェックしてきました!

観光スポット以外にも、オススメのお食事どころやおみやげ屋さんなども紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 


江ノ電に乗って江ノ島に行こう!

 

江ノ電

 

まず、電車で江ノ島へ向かう際は、小田急線の「片瀬江ノ島駅」と江ノ島電鉄線の「江ノ島駅」を利用するのが便利です。

ちなみにオススメは江ノ電です。

 

江ノ島からは小田急線の駅よりも少し距離が離れていますが、江ノ電のレトロでかわいい見た目の他にも、余分に歩く価値がある素敵な理由が2つあるんです!

 

1つめは江ノ電の車窓から見える景色です。

江ノ電には海岸沿いを走る区間があるため、電車から美しい湘南の海や江ノ島を一望することができます。

青空を反射してキラキラと光る海や、夕日に照らされた神秘的な江ノ島など、江ノ電からの景色は江ノ島観光をさらに盛り上げてくれること間違いなし。

 

江ノ島駅

 

2つめの理由は、江ノ島駅から江ノ島へ続く橋までの道、その名も「すばな通り」です。

すばな通りなんて不思議な名前の由来、気になりますよね?

湘南藤沢ウォーキング協会によると、すばなは感じで「洲鼻」と書くそうで、「川が運んで来た土砂が堆積してできた洲の先端」という意味から名付けられたそうです。

 

すばな通りは10分から15分ほどで歩けますが、その短い距離に魅力いっぱいのお店がいくつも建ち並んでいるんです。

歴史を感じる和菓子屋さんやオシャレなレストランなど、様々なお店が目を引きますが、今回はその中でも特にオススメの2店舗をご紹介します。

 

江ノ電の基本情報

 

名称 : 江ノ島電鉄

英名 : Enoshima Electric Railway

アクセス : 藤沢駅もしくは鎌倉駅

 

 

移動式パン屋さん Street Cafe reto

 

street cafe reto

 

江ノ島駅を出ると真っ先に目に入るお店がこの移動式パン屋さん、Street Cafe retoでしょう。

写真からも分かる通りサーフボードをメニュー表代わりにしており、さすがサーファーの聖地湘南らしいですね!

 

ワゴン車のうしろの部分を陳列棚にして、菓子パンや惣菜パン、サンドイッチなど、他のパン屋さんに負けない豊富な種類の手作りパンを販売しています。

さらにパンだけでなく、クッキーやコーヒー、紅茶などもあり、ワゴン車の隣にはテーブルとイスも用意されているので、晴れた日にホッと一息つくのにぴったりの場所です。

 

江ノ島に向かいながら食べ歩きしたい!という人にも、パンがひとつひとつビニール袋に個包装されているので食べ歩きがしやすく人気なんです。

ちなみに筆者はメロンパンをいただきました。

 

cafe reto

 

ふわふわのパン生地と優しい甘さで、あっという間に食べてしまいました。

ぜひ江ノ島に行く際は小腹を空かせて向かい、Street Cafe retoのパンで江ノ島探訪をスタートさせてみてください。

 

Street Cafe retoの基本情報

 

名称:Street Cafe reto

住所 :251-0037 神奈川県藤沢市片瀬海岸1-3-7

アクセス:江ノ島電鉄線「江ノ島駅」の改札を出て目の前

営業時間 : 毎日 10:00〜18:00

料金 : ¥100〜

 

 


南国風の雑貨屋さん Little JJ

 

Little JJ

 

江ノ島駅と橋の入り口のちょうど半分ほどのところにあるのが、色とりどりの水着やアクセサリーが目を引く雑貨屋さん、Little JJです。

お店の前の駐車スペースにところ狭しと置かれたカラフルな雑貨のおかげで、すばな通りのここだけ。 バリ かどこかの南国の雰囲気で包まれています。

 

ワンピースやサンダル、Tシャツなどに加えて、ピアスやネックレスといったアクセサリー類など、オシャレを楽しみたい人にはうってつけのお店です。

もちろん身につけるものだけでなく、時計やランプ、おもちゃなどもお店の中にたくさん並んでいるので、南国風の雑貨がきになる人やかわいい置き物たちに癒されたいなんて人も、ぜひLittle JJに立ち寄ってみてください。

 

Little JJ

 

Little JJの基本情報

 

名称:Little JJ

住所 : 251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸1丁目11-28

アクセス :

江ノ島電鉄「江ノ島駅」より江ノ島方面へ徒歩4分
小田急線「片瀬江ノ島駅」より徒歩5分

電話番号 : 0466-86-5368

定休日 : 不定休

営業時間 :

夏季:08:00~19:00
冬季:10:00~17:00

料金 : ¥100〜

駐車場 : 付近に有料駐車場あり

 

 

橋を渡り、いざ江ノ島へ!

 

江ノ島弁天橋

 

いよいよ橋を渡って江ノ島へ向かいます。

橋は歩行者用と自動車用の二つが架けられていて、それぞれ江ノ島弁天橋、江ノ島大橋と呼ばれています。

左右に広がる海の景色と薫りを楽しみながら400m弱ある弁天橋を渡りきると、ついに江ノ島に到着です!

 

 


海産物のお土産を買うなら貝作

 

貝作

 

弁天橋を渡り終えるとさっそく目に入ってくるのが魚介類の食品を専門に販売しているお店、貝作です。

アジの開き、イカの塩辛、かまぼこなど、ハズレのないお手頃価格のおみやげがずらりと並んでいます。

 

さらにおみやげコーナーの隣では、磯焼きの良い香りが食欲をそそります。

イカやハマグリなど新鮮な魚介類をその場でグリルで焼いてくれる磯焼きコーナーは貝作でも特に人気です。

また、2階と3階では湘南ならではの新鮮な食材を使用した丼ぶりや定食が食べられます。

お腹いっぱい食べたい人、食べ歩きをしたい人、お土産を買いたい人、全員にオススメの貝作に足を止めてみてはいかがでしょうか?

 

貝作

 

貝作の基本情報

 

名称 : 貝作

住所 : 251-0036 神奈川県藤沢市江ノ島3丁目20

電話番号 : 0466-22-3759

定休日 :不定休

営業時間 :

月曜日から金曜日:10:00〜19:00
土曜日、日曜日:10:00〜20:00

料金 : ¥100~

駐車場:あり

注意点:宴会等はお電話にて予約してください。

 

 

活気溢れる弁天仲見世通り

 

弁天仲見世通り

 

貝作を後にし江ノ島の大通りを進むと、すぐに鳥居が出迎えてくれます。

この大通りは「弁天仲見世通り」と呼ばれ、通りの両側におみやげ屋さんやお食事どころが立ち並ぶとても活気溢れる場所です。

いつ行っても大勢の観光客で賑わっている弁天仲見世通りですが、多くの人が手にしている食べ歩きフードがあるんです。

 

せんべいにタコが!?

 

 

それがこちら。

江ノ島の食べ歩きベスト3に入るであろう、あさひ本店の「丸焼きタコせんべい」。

江ノ島に行くと、必ずこのタコせんべいを持った人を目にするほどの人気ぶりです。

 

作り方はいたって簡単。

タコとせんべいの素を鉄板に敷いたら、上からもう一枚の鉄板でプレスすると、あっという間にタコがペタンコのおせんべいに変身を遂げてしまいます。

子供からお年寄りまで幅広い世代の人が、タコが丸ごと閉じ込められた、このエキゾチックで香ばしい江ノ島名物を食べてみようと、日々お店の前で長蛇の列を作っているんです。

ちなみにタコの他にもエビやクラゲもあるので、興味がある方はそちらにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

あさひ本店の基本情報

 

名称 : あさひ本店

住所 : 251-0036 神奈川県藤沢市江の島1丁目4-10

アクセス :弁天橋より徒歩5分

電話番号 : 0466-23-1775

定休日 : 木曜日

営業時間 : 9:00~18:00

 

 


江ノ島神社を参詣

 

江ノ島神社

 

さて、弁財天仲見世通りを抜けると、真っ赤な鳥居が姿を現します。

江ノ島神社への入り口です。

こちらの神社は辺津宮(へつみや)、中津宮、奥宮の3つから成っており、ご祭神は、天照大神(あまてらすおおみかみ)と須佐之男命(すさのおのみこと)が誓約をした時に生まれた三姉妹の女神様なんだそうです。

 

  • 辺津宮の田寸津比賣命(たぎつひめのみこと)
  • 中津宮の市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)
  • 奥津宮の多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)

 

鳥居をくぐり階段を上り続けると辺津宮にたどり着きます。

辺津宮の境内の奉安殿には、八臂弁財天、そして日本三大弁財天に数えられており裸弁財天とも呼ばれる「妙音弁財天」が祀られています。

縁結びや芸道上達など、妙音弁財天のご利益を求めて毎日参拝に訪れる人が後を絶ちません。

 

辺津宮

 

さらに島の奥へ進んで行くと、中津宮があります。

朱色の社殿がとても美しいですね。

 

中津宮

 

奥津宮に祀られているのは三姉妹の神様の長女で、安らかに海を守る神様と言われているそうです。

社殿の手前にある拝殿の天井に描かれているのは、亀の絵。

ですがこれ、ただの亀ではないんです。

どの角度から見てもこちらを睨んでいるように見える「八方睨みの亀」なんです。

奥津宮まで参詣した際は忘れずに、この八方睨みの亀が本当にあなたから目を離さないか試してみてください。

 

八方睨み

 

江ノ島神社の基本情報

 

名称 : 江ノ島神社

英名 : Enoshima Shrine

住所 : 251-0036 神奈川県藤沢市江の島2丁目3-8

電話番号 : 0466-22-4020

営業時間 : 8:30〜17:00

 

 

サムエル・コッキング苑でのんびり

 

サムエルコッキング苑

 

江ノ島の山の頂上あたりに位置するのが江ノ島サムエル・コッキング苑です。

イギリス人貿易商のサムエル・コッキングさんが、江ノ島に住んでいた際に植物園を造ったのが始まりです。

現在は、和洋折衷でありつつ南国の雰囲気も持ち合わせた植物園として観光客の人気を集めています。

中には芝生の広場やツバキ園、カフェや売店なども充実しており、一休みするのにはうってつけの場所となっています。

 

江ノ島サムエル・コッキング苑の基本情報

 

名称 : 江ノ島サムエル・コッキング苑

英名 : Enoshima Samuel Cocking Garden

住所 : 251-0036 神奈川県藤沢市江ノ島3丁目3-28

営業時間 : 9:00〜20:00

料金 : 

大人:¥200
小人:¥100
注意点 : 最終入場19:30

 

 

湘南で大人気のデートスポット、江ノ島シーキャンドル

 

シーキャンドル

 

サムエル・コッキング苑の中にある灯台「江ノ島シーキャンドル」は、特にカップルから人気がある観光スポットです。

その理由は、季節ごとにテーマが変わるシーキャンドルのライトアップです。

無数のライトに照らされて幻想的に光るシーキャンドルで一緒に時を過ごせば、二人の距離もぐっと近づくこと間違いなしです。

 

また、シーキャンドルは日中も多くの観光客で賑わっています。

江ノ島のてっぺんから見る海や街並み、そして富士山は、一見の価値ありです。

なので日中に行くのもオススメですし、遅くまで滞在できる方には一番最後にシーキャンドルに行っていただいても良いと思います。

 

江ノ島シーキャンドルの基本情報

 

名称 : 江ノ島シーキャンドル

英名 : Enoshima Sea Candle

住所 : 251-0036 神奈川県藤沢市江ノ島3丁目3-28

定休日 : 年中無休、ただし悪天候の場合は安全のため営業を中止する場合もあります。

営業時間 : 9:00〜20:00

料金 : 

大人:¥500
小人:¥250
注意点 : 最終入場19:30

 

 

日本初のパンケーキ専門店 LON CAFE

 

 

サムエル・コッキング苑の中にあるカフェの1つが「LON CAFE 湘南江の島本店」です。

LON CAFEは日本で初めてパンケーキ専門のお店として誕生したことで有名です。

今や日本中で流行しているパンケーキ専門店を、LON CAFEがここ江ノ島で始めたなんて、なんだかすごくないですか?

ふわふわ、とろとろのパンケーキを、草花に囲まれた植物園の中で食べるなんて贅沢をしてみてはいかがでしょう?

 

LONCAFE 湘南江の島本店

 

名称 : LONCAFE 湘南江の島本店

住所 : 神奈川県藤沢市江ノ島2丁目3-38

電話番号 : 0466-28-3636

定休日 :年中無休

営業時間 : 10:00〜20:00

料金 : ¥500~

注意点 : ラストオーダー19:30

 

 


和食なら富士見亭

 

富士見亭

 

パンケーキより和食の方がいい!という方には「富士見亭」をオススメします。

サムエル・コッキング苑から歩いて5分ほどのところにあるこの料理屋さんは新鮮な海の幸をふんだんに使った定食や丼ぶりで人気です。

 

特に江ノ島名物のしらすをたっぷりと使った「生しらす丼」は店の看板メニューです。

また、店の奥は窓が大きく、景色がとても良いです。

特に天気が良い日には、富士山や伊豆諸島を見ながら食事をすることもできます。

 

富士見亭の基本情報

 

名称 : 富士見亭

住所 : 251-0036 神奈川県藤沢市江の島2丁目5-5

電話番号 : 0466-22-4334

定休日 : 荒天の場合のみ

営業時間 : 9:00~日没

料金 : ¥500~

 

 

龍に会える洞窟、岩屋

 

 

ついに来ました、江ノ島の最奥部にある岩屋洞窟です。

岩屋洞窟は奥行きが152mもある海食洞窟で、富士山の氷穴に通じているという言い伝えがある第1岩屋と、龍神伝説の地といわれる第2岩屋から成っています。

江ノ島信仰の発祥であると信じられている岩屋洞窟では、弘法大師や日蓮上人などが修行をしたという話や、鎌倉幕府将軍の源頼朝が奥州藤原氏の征伐を祈願しに岩屋にやって来たという話もあるほどです。

洞窟の中は外に比べてかなり静かで暗く、初めは少し怖いと感じる方もいるかもしれません。

ただ、ろうそくで照らされた洞窟内を歩いているうちにすぐ恐怖は消え、神秘的な世界に魅了されること間違いなしです。

洞窟の奥で待っている「龍」に出会えるのもお楽しみに。。。

 

実は筆者が江ノ島を訪れたのは、ちょうど台風が本州を直撃した次の日でした。

なので海が荒れていたために江ノ島岩屋への通路が封鎖されてしまっていました。残念!

こんなこともあるので、江ノ島を訪れる際はぜひ天候に注意してください。

 

江ノ島岩屋の基本情報

 

名称 : 江ノ島岩屋

住所 : 251-0036 神奈川県藤沢市江ノ島2丁目5

営業時間 :

1月 9:00~16:00
2月 9:00~17:00
3月 9:00~17:00
4月 9:00~17:00
5月 9:00~18:00
6月 9:00~18:00
7月 9:00~18:00
8月 9:00~19:00
9月 9:00~18:00
10月 9:00~17:00
11月 9:00~16:00
12月 9:00~16:00

料金 :

大人:¥500
小人:¥200

 

 

絶景を望める稚児ケ淵

 

 

江ノ島で一番奥の岩屋まで行ったら、Uターンして帰路につきましょう。

ですが江ノ島から出る前に、まだ、あともう何箇所かオススメしたいスポットがあります!

そのうちの1つはここ「稚児ケ淵」です。

 

稚児ケ淵とは、岩屋の手前に広がっている隆起現象で生まれた海食大地のことで、稚児ヶ淵という名前は、かつて稚児がここから身を投げたことから付けられたという悲しい名前です。

ただその名前とは裏腹に、富士山の反対側に沈んでいく夕陽と、打ち寄せるたびにしぶきを上げて砕けていく波が組み合わさり絶景を作り出しています。

実は「かながわの 景勝50選」にも選ばれている絶景ポイントなんです。

 

稚児ケ淵の基本情報

 

名称 : 稚児ケ淵

住所 : 251-0036 神奈川県藤沢市江ノ島2丁目5-2

 

 

カップルに大人気!恋人の丘

 

恋人の丘

 

カップルで江ノ島へ行くのであれば、この場所は外せません。

ここ「恋人の丘」には「龍恋の鐘」と呼ばれる鐘があり、ここで一緒に鐘を鳴らしたカップルはずっと一緒に居られると言われています。

 

なぜそのような話が広まったのかというと、江の島に伝わる、天女と龍の恋物語が関係しているのです。

かつて、現在の 鎌倉 に住んでいた五つの頭を持つ龍が、その地域の村人を苦しめていたそうです。

 

しかしある日、海が荒れると島(現在の江の島)が海から現れました。

さらに天から美しい天女(江ノ島弁財天)が舞い下りてきて、 龍はその天女に一目惚れをします。

天女に結婚を求めたものの、自らの行いの悪さを理由に断られてしまった龍は、心を入れ替え良い龍となったそうです。

そしてついに天女と龍は結ばれました。という、江ノ島に古くからつたわる伝説がこの恋人の丘、そして龍恋の鐘を生んだのです。

 

「陽だまりの彼女」といった恋愛映画の撮影で使われたこともあるこの丘には、絶えずカップルたちが鐘を鳴らしに訪れています。

また龍恋の鐘の周りのフェンスは、ご覧の通り、カップルたちの名前が書かれた南京錠でびっしりと埋め尽くされています。

 

恋人の丘

 

恋人の丘の基本情報

 

名称 : 恋人の丘

英名:Ryuren Bell of Love

住所 : 251-0036 神奈川県藤沢市江ノ島2丁目2-5

電話番号:0466-24-4141

営業時間:毎日 8:30-17:00

 

 

小腹が空いたらようかんタイム

 

中村屋

 

さて、もうすぐ江ノ島観光も終わります。

なんとなく小腹が空いてきてはいませんか?

 

そんなときにオススメしたいのが、中村屋羊羹店の「江ノ島名物元祖海苔ようかん」です。

食べ歩きがしやすいように、細く切られてた海苔ようかんが棒に刺されて出てきます。

 

ようかん

 

中村屋羊羹店は1902年に創業し、今年でなんと115年目を迎えた老舗のようかん店で、ようかんの他にもまんじゅうも多くの人から好まれています。

海苔ようかんの、江ノ島らしい磯の香りを感じながら江ノ島散策なんて、いかがですか?

 

中村屋羊羹店の基本情報

 

名称 : 中村屋羊羹店

住所 : 251-0036 神奈川県藤沢市江ノ島2丁目5-25

アクセス : 江ノ島シーキャドルより徒歩2分

電話番号 : 0466-22-4214

定休日 : 不定休

営業時間 : 9:00〜18:00

料金 :¥100~

 

 

噴水池とオリンピックの意外な関係?

 

オリンピック記念噴水

 

江ノ島を後にする前に、江ノ島の歴史を感じる観光スポットに最後に足を運んでみましょう。

弁天仲見世通りを下り右に曲がると、ブロンズ像に囲まれた噴水を見ることができます。

 

噴水の中央に設置されたブロンズ像は弁財天で、その周囲には4体の西洋・東洋の女性像が設置されています。

この噴水は「オリンピック記念噴水池」と呼ばれ、1964年に開催された東京オリンピックを記念して作られました。

 

実は1964年のオリンピックの際に国立競技場から分火された聖火が江ノ島に運ばれていたのです。

今でも、噴水池の近くに当時使用された聖火台が建っているんです。

江ノ島はオリンピックに関係があったんですね。

 

現在、噴水池の前では日によって異なるパフォーマンスが行われている日もあり、運が良ければ三味線の演奏などを楽しむことができるかもしれません。

一休みする観光客やお年寄りの憩いの場として、また子供達の遊び場として、江ノ島内外の方から愛されている場所です。

 

オリンピック記念噴水池の基本情報

 

名称 : オリンピック記念噴水池

英名 : Olympic Memorial Park

住所 : 251-0036 神奈川県藤沢市江ノ島1丁目1

アクセス:弁財天仲見世通りより徒歩1分

 

 

ヨットハーバーもオリンピックに関わっている?

 

ヨットハーバー

 

余談ですが、オリンピック記念噴水池からもう少し先に進むと、江ノ島ヨットハーバーがあります。

このヨットハーバーは、日本で初めての競技用ハーバーとして整備され、1964年の東京オリンピックでセーリング会場として使用されました。

なるほど、だから江ノ島にオリンピック記念噴水池や聖火台があるんですね。

 

そして、来たる2020年の東京オリンピックでも江ノ島ヨットハーバーでセーリングが開催される予定です!

50年以上の時を経て、同じ場所で同じ競技のオリンピック会場として使われることになるとは、なんとも感慨深いものがありますね。

時間と体力に余裕があれば、江ノ島を後にする前に、そんな3年後のオリンピック開催地を覗きに江ノ島ヨットハーバーに少し立ち寄ってみるのも良いかもしれません。

 

江ノ島ヨットハーバーの基本情報

 

名称 : 江ノ島ヨットハーバー

英名 : Enoshima Yacht Harbor

住所 : 251-0036 神奈川県藤沢市江ノ島1丁目12-2

アクセス : 弁財天仲見世通りより徒歩6分

電話番号 : 0466-22-2128

営業時間 : 毎日 7:30〜19:00

料金 : 使用目的により異なります。公式ウェブサイトを参照してください。

 

 

エスカーを使えば楽チン!

 

エスカー

 

江ノ島は予想以上に高低差があり、階段や坂の上り下りが大変な場合があります。

そこで活躍するのがエスカーです。

エスカーは、1959年に国内初の屋外エスカレーターとして登場して以来、高低差46mを4分程度で上れることから小さな子供を連れた家族やお年寄りなど、江ノ島を訪れる多くの人に頼りにされています。

 

 

「江の島1dayパスポート」で江ノ島観光をもっと楽しもう!

 

江ノ島の海

 

ここまで、たくさんの観光スポットを紹介してきましたが、そのうちのいくつかは入園や利用にお金がかかります。

いろいろ見て周りたいし美味しいものもいっぱい食べたい!けど、できるだけお金は節約したい。。。そんな方に朗報です!

江ノ島を1日観光する際におすすめなのが「江の島1dayパスポ-ト」、通称「eno=pass」です。

 

「江の島1dayパスポ-ト」とは、サムエル・コッキング苑や岩屋など、この記事で紹介した観光スポットに加え、スパや 水族館 など江ノ島周辺の観光施設をお得に利用することができるパスなんです。

パスは藤沢市の観光センターや江ノ島の島内で購入可能で、大人は1000円、子供は500円で1日中使用できます。

本来ならサムエル・コッキング苑、展望灯台、岩屋、エスカーの4つで1,350円かかるのですが、江の島1dayパスポ-トを使えば350円もお得に。

 

しかも島内のお食事どころやおみやげ屋さんで割引があったり、江ノ島から歩いて15分ほどの新江ノ島水族館でも入館料が10%割引されるんです。

他にも嬉しい特典がいっぱいの江の島1dayパスポ-トを事前に購入して、江ノ島観光をお得に楽しんでくださいね!

 

江ノ島1Dayパスポートの基本情報

 

名称 : 江ノ島1Dayパスポート

英名 : eno=pass

販売場所・時間 :

藤沢市観光センター・片瀬江の島観光案内所・江ノ島エスカー1区乗り場
3月~10月:9:00〜15:00
11月~2月:9:00〜14:00

特典 :

・1日何回でも利用可能(①江の島エスカー ②サムエル・コッキング苑 ③江の島シーキャンドル ④江の島岩屋)
・島内の飲食店、土産物店等の協力店において割引特典 (1店舗につき1000円以上利用で5%オフ)
・新江ノ島水族館 入館料10%オフ
・江の島アイランドスパ 入場料10%オフ
・江島神社奉安殿 拝観料割引

料金 : 大人:1000円
小人:500円

 

 

江ノ島の魅力や見どころが伝わったでしょうか。

この記事が皆様の楽しい江ノ島1日観光の参考になれば幸いです!


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(196)
北海道・東北(19)
  北海道(10)
  宮城(4)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(61)
  千葉(5)
  埼玉(4)
  山梨(3)
  東京(30)
  栃木(1)
  神奈川(15)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(28)
  三重(2)
  富山(1)
  愛知(5)
  新潟(3)
  石川(4)
  福井(1)
  長野(5)
  静岡(6)
近畿(33)
  京都(10)
  兵庫(8)
  和歌山(1)
  大阪(11)
  奈良(1)
  滋賀(2)
中国・四国(15)
  山口(2)
  岡山(3)
  島根(1)
  広島(4)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(25)
  大分(1)
  宮崎(1)
  沖縄(11)
  熊本(2)
  福岡(5)
  長崎(3)
  鹿児島(2)

国外エリア一覧

東南アジア(14)
ヨーロッパ(15)
東アジア・中国・台湾(8)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(6)
オセアニア(4)
アフリカ(1)
北米(6)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(138)
イベント情報(154)
ショッピング・買い物・お土産(153)
シーン別(218)
ビジネス・出張(99)
マナー(57)
ロケ地、舞台(100)
世界遺産(45)
乗り物・交通・アクセス(214)
宿・旅館・ホテル(94)
旅行準備(193)
歴史・豆知識(240)
温泉・スパ(77)
絶景(161)
聖地巡礼(22)
観光旅行(260)
言語・役立ちフレーズ(10)
食事・グルメ(205)
ランキング(126)
デート(168)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(99)
ツアー/旅程(16)
海水浴場・ビーチ・リゾート(17)

人気記事ランキング