logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 静岡 > 熱海

熱海の観光スポット14選!おすすめ観光・ツアープランやお土産も





静岡で温泉旅行と言えば、熱海が思い浮かぶという人も多いと思います。
しかし、温泉以外に熱海と言われて何が思い浮かびますか?

意外と熱海の観光スポットは思い付かないと思います。
でもご安心ください!熱海には温泉以外の観光スポットもたくさんあります。

熱海を旅行するなら温泉はもちろんのこと、せっかくなら他の観光スポット巡りもしてみませんか?

本記事では熱海のおすすめ観光スポットを中心に、観光プランやお土産も紹介していきます。
カップルや子供連れで熱海観光を楽しんでください。

【目次】熱海の観光スポット14選!おすすめ観光プランやお土産も

 

1ページ目 :

 

熱海はどんなところ?

熱海のおすすめ観光スポット

<歴史に触れる観光スポット>

1. 來宮神社

2. 熱海城

3. 起雲閣

4. 伊豆山神社

5. 走り湯

<自然を楽しむ観光スポット>

1. 熱海遊覧船サンレモ

2. アカオハーブ&ローズガーデン

3. 初島アイランドリゾート

4. 熱海サンビーチ

<アートを楽しむ観光スポット>

1. 熱海トリックアート迷宮館

2. MOA美術館

3. Studio iiro

<デートにおすすめ観光スポット>

1. 熱海海上花火大会

2. あいじょう岬

 

2ページ目 :

 

<おすすめ日帰り温泉&足湯>

1. HOTEL MICURAS

2. 秀花園 湯の花膳

3. 家康の湯

<お土産購入&グルメスポット>

1. ラスカ熱海

2. 熱海仲見世通り商店街

3. 熱海駅前平和通り

熱海で購入できるおすすめのお土産

常盤木羊羹店 總本店

熱海プリン

熱海駅から行く熱海観光プラン

1. 熱海駅〜熱海仲見世通り商店街

2. 熱海仲見世通り商店街〜熱海サンビーチ

3. 熱海サンビーチ〜熱海港〜初島アイランドリゾート

4. 常盤木羊羹店 總本店〜熱海駅前平和通り

5. 家康の湯〜ラスカ熱海

6. ラスカ熱海で熱海海上花火大会観覧

おわりに

 

 

熱海はどんなところ?

 

熱海

 

熱海は 静岡県 の最東部にあり、 神奈川 のすぐ隣にあります。

温泉地として有名なので、たくさんの温泉旅館や日帰り温泉施設があり、湯治に来るにはもってこいな場所です。

東京 からもすぐ行くことができるので、都会の疲れを癒やすにもちょうどいいですね。

国際観光文化都市として指定されており、観光を中心とした産業が主軸になっていて観光しやすいので、熱海へ観光に出かけてみませんか?

 

 


熱海のおすすめ観光スポット

 

本記事では、熱海にあるおすすめの観光スポットを6つのジャンルに分けてご紹介します。

 

<熱海の歴史に触れる観光スポット>

 

1. 來宮神社

 

kinomiya

 

來宮神社は来福・縁起の神として古くから信仰されています。

「節分祭」や「大楠祭」などのお祭りがあったり、結婚式を行うこともできます。

來宮神社は意外と広く、うどんが好評のお休みどころもありますよ。

 

kusunoki

 

来宮神社のご神木「大楠」は国指定天然記念物に選定されており、樹齢2千年を超えるほどの大木。

約24米の幹を1周すると寿命が1年伸びるという言い伝えが有名で、とても人気が高いです。

 

來宮神社の観光情報

 

住所:静岡県熱海市西山町43-1

アクセス:

来宮駅から徒歩約5分
熱海駅から徒歩約18分

電話番号:0557-82-2241

開頭時間:9:00~17:00(※ご祈祷の受付は16:30まで)

公式サイト: 來宮神社

 

2. 熱海城

 

熱海城

 

地下1階から6階まであり、施設内には お城 らしからぬ「無料遊戯施設」という名のゲームセンターや、1階バルコニーにはジェット付足湯があります。

潮風が気持ちよく吹き抜ける中、大島や伊豆半島を眺めながら足湯に入浴できます。

これも、熱海ならではの設備ですね。

その他にしっかりとお城らしい「武家文化資料館」や「江戸体験コーナー」もあります。

 

熱海城の観光情報

 

住所:静岡県熱海市熱海1993

アクセス:熱海駅から車で約10分

電話番号:0557-81-6206

営業時間:9:00〜17:00(最終入館16:30)

定休日:年中無休

入場料金:

大人 900円
小・中学生 450円
4〜6歳 300円

公式サイト:  熱海城

 

3. 起雲閣

 

kiunkaku

 

熱海市指定有形文化財に指定されている起雲閣。

大正・昭和の浪漫を残す建築様式で建てられており、熱海三大別荘の一つとして賞賛されています。

別荘から旅館として生まれ変わった際には、山本有三、太宰治など多くの文豪に愛されていたとか。

 

kiunkaku

 

また、2014年に放送されたNHKの朝ドラ「花子とアン」では、九州の石炭王である嘉納伝助の屋敷として使われました。

日本家屋の美しさや、世界各地の装飾や様式を融合させた独特な建築物はとても見応えがありますよ。

 

起雲閣の観光情報

 

住所:静岡県熱海市昭和町4-2

アクセス:

熱海駅より徒歩20分
熱海駅から伊豆箱根バス「起雲閣」下車すぐ

電話番号:0557-86-3101

営業時間:9:00~17:00 (入館は16:30まで)

定休日:毎週水曜日 (水曜日が祝祭日の場合は開館*臨時休館日有り)

入館料:

【一般】
大人 510円、高・中学生 300円
【市民、団体、障がい者】
大人 410円、高・中学生 200円

公式サイト:  起雲閣

 

4. 伊豆山神社

 

 

鎌倉幕府初代将軍となる源頼朝と北条政子の恋の舞台として有名な神社がここ、伊豆山神社。

江戸時代には伊豆大権現と呼ばれ、徳川家康も参拝に訪れた歴史のある神社です。

伊豆 という地名の発祥地でもあるんですよ。

 

 

境内でひときわ目立つのが、手水舎にある「赤白二龍」。

伊豆山神社のシンボルで、赤龍は火の力、白龍は水の力を操る温泉の守護神で、夫婦和合や縁結びの象徴ともされています。

 

伊豆山神社の観光情報

 

住所:静岡県熱海市伊豆山708-1

アクセス:

熱海駅より徒歩30分
熱海駅からバス 伊豆山神社線で7分 「伊豆山神社前」下車

電話番号:0557-80-3164

参拝時間:24時間可能(授与所は9:00~16:00)

公式サイト:  伊豆山神社

 

5. 走り湯

 

 

伊豆山神社にほど近いところにあるのが、「走り湯」。

約1,300年前に発見された日本でも珍しい横穴式源泉で、日本三大古泉の一つです。

山中から湧き出した湯が海岸に飛ぶように走り落ちる様から 「走り湯」と名付けられました。

洞窟内は出入り自由で、走り湯の入り口から20mほどの場所に、源泉を引き込んだ足湯もありますよ。

 

走り湯の観光情報

 

住所:静岡県熱海市伊豆山604-10

アクセス:

熱海駅より徒歩25分
熱海駅からバス 伊豆山神社線で5分 「蓬初橋」下車

電話番号:0557-81-2631  (伊豆山温泉観光協会)

営業時間:24時間(足湯の利用時間は9:00~16:00)

公式サイト:  走り湯

 

 


<熱海の自然を楽しむ観光スポット>

 

1. 熱海遊覧船サンレモ

 

 

全長15m、定員53人の遊覧船。

遊覧船の名前ですが、熱海市の姉妹都市であるイタリア共和国リグーリア州インペリア県にある港町「サンレモ」が由来になっています。

 

sanremo

 

甲板ではカモメの餌付けをすることができます。

また、海中展望室がついているので、船内から普段見ることができない海の中の様子を見ることができます。

 

サンレモの乗船場の近くには「サンレモカフェ」が営業しています。

運行日の9時30分〜16時にオープンしており、サンレモ乗船券の提示でビールまたはドリンクが割引になるので、乗船後にぜひ寄りたいですね。

 

熱海遊覧船サンレモの観光情報

 

住所:静岡県熱海市渚町10-9

アクセス:熱海駅より徒歩約13分

電話番号:0557-52-6657

乗船料金:

大人(中学生以上)1200円
小人(3歳以上小学生まで)600円
3歳未満無料
ペット無料

運行時刻:10:00、10:40、11:20、12:00、13:00、13:40、14:20、15:00、15:40

遊覧時間:約30分

公式サイト:  熱海遊覧船サンレモ

 

2. アカオハーブ&ローズガーデン

 

アカオハーブ&ローズガーデン

 

アカオハーブ&ローズガーデンは、自然の丘陵地を活かした海を借景とした雄大な花の楽園です。

12のテーマガーデンに分かれており、立体感ある独特の景観を評価され、2015年6月の世界バラ会議では最高賞の優秀庭園賞を受賞しています。

園内は地中海やヨーロッパを思わせるような絵になる美しい景観にプラスして日本庭園もあったりと、見どころもたくさん。

また、ハーブガーデンにはハーブせっけん作りなどができる「ハーブ工房」もありますよ。

 

アカオハーブ&ローズガーデンの観光情報

 

住所:静岡県熱海市上多賀1027-8

アクセス:熱海駅から東海バス 網代方面行き 約15分「アカオハーブ&ローズガーデン」下車すぐ

電話番号: 0557-82-1221

営業時間:9:00~17:00(入園は16:00まで)

定休日:12月・1月の毎週火曜日(※12/29~1/3は営業)

入園料金:

大人1,000円
※5/15~6/10は1,300円
小人500円
※5/15~6/10は600円

公式サイト:  アカオハーブ&ローズガーデン

 

3. 初島アイランドリゾート

 

hatsushima

 

熱海から船で30分ほどで着くことができる島「初島」にある施設です。

アスレチックパークの「アドベンチャーアイランドVOTAN(ボウタン)」や大海原を見ながら温泉に入浴できる「島の湯」など、1日中楽しめてしまう施設が盛り沢山です。

天気が良い日に入浴する「島の湯」は開放感があり、筆者はストレスフリーで入浴できました。

 

また、初島は 猫島 といわれることもあるほど、猫がいることで有名です。

歩いていると人懐っこい猫が出てくることもあるので、猫好きの人には特におすすめです。

 

初島アイランドリゾートの観光情報

 

住所:静岡県熱海市初島初島1113

アクセス:初島港から徒歩約15分

電話番号:0557-67-2151

公式サイト:  初島アイランドリゾート

 

4. 熱海サンビーチ

 

サンビーチ

 

白い砂浜が長く続くビーチです。

夏は特に多くの観光客で賑わいます。

 

また、熱海海上花火大会では絶好の花火の観覧スポットになります。

夜にはライトアップされるので、近隣のホテルに泊まっているのであれば夜のお散歩におすすめです。

 

熱海サンビーチの観光情報

 

住所:静岡県熱海市東海岸町

アクセス:熱海駅より徒歩約12分

電話番号:0557-86-6218(維持管理室)

公式サイト:   熱海サンビーチ

 

 

<熱海のアートを楽しむ観光スポット>

 

1. 熱海トリックアート迷宮館

 

trickart

 

平面画なのに目の錯覚で立体的に見えてしまう、とても不思議なアートが楽しめます。

作品の前で撮影をすれば面白い写真が撮れるので、いい思い出になりますよ。

定期的に観覧無料の猿回しイベントも行われているので、トリックアートと一緒に見られるといいですね。

入場券は熱海城にて販売しているので、熱海城とセットで行くことをおすすめします。

 

熱海トリックアート迷宮館の観光情報

 

住所:静岡県熱海市熱海1993

アクセス:熱海駅より車で約10分

電話番号:0557-82-7761

営業時間:9:00〜17:00(最終入場16:30)

定休日:年中無休

料金:

大人900円
小・中学生450円
4〜6歳300円

公式サイト:  熱海トリックアート迷宮館

 

2. MOA美術館

 

moa美術館

 

昭和57年に開館した美術館です。

館内の設計にこだわっており、世界的に活躍する現代美術作家の杉本博司氏や、建築家の榊田倫之氏が主宰する「新素材研究所」がロビーエリアや展示スペースの設計を手掛けています。

 

MOA美術館の面白いところは、美術品の展示だけではなく「児童作品展」や「スクールプログラム」など、さまざまな美術に関する教育を行っているというところです。

そのような活動を行っているので、地域に密着した美術館でもあります。

館内にはカフェやレストランがあるので、食事をすることもできますよ。

 

MOA美術館の観光情報

 

住所:静岡県熱海市桃山町26-2

アクセス:熱海駅から車で約5分

電話番号: 0557-84-2511

営業時間:9:30〜16:30(最終入館16:00)

休館日:木曜日(祝日の場合は開館)

観覧料:

一般1600円
高大生1000円
小中生無料

公式サイト: MOA美術館

 

3. Studio iiro

 

 

アートを見て楽しむ以外におすすめしたいのが、Studio iiroの吹きガラス体験。

数百パターンもの配色がある中で、世界に一つだけのオリジナル作品が作れます。

 

旅の思い出づくりやお土産にもぴったり。

作品の受け取りは翌日以降になりますが、郵送も可能なので取りにいくのが難しい場合でも安心ですね。

 

Studio iiroの観光情報

 

住所:静岡県熱海市伊豆山579-41

アクセス:

熱海駅より徒歩約20分
熱海駅からバス伊豆山神社線 「伊豆山中央」下車すぐ
熱海駅から車で5分

電話番号:0557-88-1160

営業時間:10:00~18:00

定休日:不定休

体験料金:お一人様 3500円

公式サイト:  Studio iiro

 

 


<熱海のデートにおすすめな観光スポット>

 

1. 熱海海上花火大会

 

atami_hanabi

 

テレビや雑誌で紹介されることが多い花火大会です。

1952年から開催されている歴史ある花火大会で、年間に10回以上開催されています。

夏だけではなく、春夏秋冬問わずに行われているのが嬉しいですね。

 

有料でメッセージ花火を打ち上げることもできるので、大事な日にとっておきのサプライズをすることができます。

メッセージ花火は先着順で開催時期が限られていますので、お早目の申込みをおすすめします。

 

熱海海上花火大会の観光情報

 

打上げ場所:熱海湾(熱海港7.5m岸壁~海釣り施設)

電話番号:0557-85-2222(熱海市観光協会)

開催時間:

春 20:20~20:45
夏 20:20~20:50 
秋 20:20~20:45
冬 20:20~20:45

 

2. あいじょう岬

 

 

熱海ロープウェイで登った先にある人気のデートスポットです。

絵馬をかけることができるのですが、普通の絵馬とは違う部分があります。

それは、絵馬に錠前と鍵が2つ付いていることです。

願い事をしながら鍵をかければ、その鍵は2人の大切な思い出に。

ぜひカップルで訪れて下さいね。

 

あいじょう岬の観光情報

 

住所:静岡県熱海市和田浜南町8-15

アクセス:アタミロープウェイ山頂駅からすぐ

電話番号:0557-81-5800

定休日:無休

公式サイト:  あいじょう岬


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(369)
北海道・東北(32)
  北海道(18)
  青森(2)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(1)
  福島(1)
関東(121)
  埼玉(7)
  千葉(9)
  東京(62)
  神奈川(27)
  茨城(2)
  栃木(5)
  群馬(4)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(56)
  長野(10)
  新潟(5)
  富山(2)
  石川(7)
  福井(1)
  岐阜(4)
  静岡(14)
  愛知(7)
  三重(6)
近畿(55)
  滋賀(6)
  京都(13)
  大阪(17)
  兵庫(13)
  奈良(4)
  和歌山(2)
中国・四国(28)
  鳥取(1)
  島根(4)
  岡山(6)
  広島(8)
  山口(2)
  徳島(1)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(49)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(5)
  熊本(7)
  大分(7)
  宮崎(2)
  鹿児島(6)
  沖縄(13)

国外エリア一覧

東南アジア(17)
ヨーロッパ(33)
東アジア・中国・台湾(13)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(4)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(7)
アフリカ(2)
北米(10)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(349)
イベント情報(280)
ショッピング・買い物・お土産(355)
シーン別(477)
ビジネス・出張(158)
ロケ地、舞台(161)
世界遺産(92)
乗り物・交通・アクセス(432)
宿・旅館・ホテル(150)
旅行準備(363)
歴史・豆知識(497)
温泉・スパ(128)
絶景(316)
聖地巡礼(29)
観光旅行(485)
食事・グルメ(405)
ランキング(394)
デート(397)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(288)
ツアー/旅程(147)
海水浴場・ビーチ・リゾート(45)

人気記事ランキング