logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 香川

香川県の観光地18選!うどんだけで帰らないで!





皆さん、香川県で観光といえば何を思い浮かべますか?

せっかく香川に旅行するなら、うどんだけではもったいない!
面積は日本最小ですが、魅力は日本最大級です。

海や山といった大自然、獲れたての海の幸を味わえる絶品グルメ、「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地となった美しい町。
また、夏フェスが開催される大公園から、現在アートの聖地まで。

デートも楽しめる定番の観光スポットから、穴場スポットまで盛りだくさん。
あらゆる魅力が詰まった香川での観光をたっぷりご堪能ください。

10. 飛行機が間近で見られる遊び場 さぬきこどもの国

 

 

全国に子どもの国はたくさんあれど、空港から1分の場所にあるのはさぬきこどもの国くらいではないでしょうか。

屋外の大型遊具はもちろん、屋内施設も充実していて、雨や霧が酷くても十分遊べます。

対象年齢も幅広く、赤ちゃんから小学生高学年や中学生まで楽しむことが可能。

子ども中心で1日遊べる施設です。

 

子ども中心とはいっても、今はもう使われなくなった飛行機の展示も行われているので、大人でも見ごたえはあります。

飛行機内のコクピットまで見学可能!

どんな風に飛行機が作られていて、コクピットからの眺めはどんな風になっているのかなども知ることができます。

 

また、毎日イベントも行われていて、もの作り体験もできます。

飲食スペースもあるため、ゆったりと遊べますよ。

 

飛行機の離着陸が間近で見学できる

 

 

さぬきこどもの国最大の特徴ともいえるのが、飛行機の離着陸が見られるということです。

時間が合えば、遊んでいる時に飛行機が下りてきます。

飛行機から発する音や、どんな風に離着陸するのかなど、興味深いポイントがたくさん。

 

子どもだけでなく、大人からも「おぉ~!」っと歓声が上がります。

大迫力の離着陸現場を、ぜひ見てみてください。

 

さぬきこどもの国の観光情報

 

住所:香川県高松市香南町由佐3209

アクセス: 

高松空港から車で1分
JR高松駅から車で35分

電話番号:087-879-0500

開園時間:9:00~17:00

休園日:12/29~1/1

料金:無料

公式サイト:  さぬきこどもの国

 

 


11. 最後は自分でうどんを作ろう!中野うどん学校

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Rebecca Li (@rebeccabcli) on

 

テレビやマスコミでも取り上げられた人気のうどん学校です。

本場さぬきの手打ちうどんの作り方を、うどんティーチャーズが、粉を練るところから始まって、麺棒でのばし、茹でて食べるまでを、40分~60分で伝授してくれます。

作った後は食べることができます。

 

自分で作って食べるうどんの味は思い出深いものになります。

香川に来た際はうどんを食べるだけでなく、作り方も習得してうどんマスターになりませんか。

 

中野うどん学校の観光情報

 

住所:香川県高松市成合町8番地

電話番号:087-885-3200

営業時間:9:00~17:00 ※年中無休

公式URL:  中野うどん学校

 

 

12. 四国といえばこの橋「瀬戸大橋」

 

瀬戸大橋

 

瀬戸大橋は、日本でも有数の有名な橋です。

瀬戸内海を跨ぐ大きな橋は、遠くからでも迫力抜群。

 

全長9,368mで、渡る前からドキドキです。

昭和63年に開通し、土曜日や指定の曜日等にはライトアップも行っています。

二層構造で作られていて、道路と鉄道を併用橋の分野では世界最長の長さを誇っています。

 

日本人の建築の素晴らしさを感じられる

 

瀬戸大橋

 

四国に上陸するのであれば、ぜひ使用したい瀬戸大橋。

夜景はもちろん、朝や昼も絶景です。

日本人の建築力のすばらしさが輝いている大橋といえます。

 

ただの移動手段として使用するだけではもったいない。

夜景はもちろん、渦潮も観ることができるかもしれないスポットです。

 

瀬戸大橋の観光情報

 

住所:香川県坂出市番の州緑町

公式URL:  瀬戸大橋

 

 


13. 瀬戸大橋が目の前に 与島パーキングエリア

 

 

サービスエリアということで、大小さまざまの車がたっぷりと駐車できるスペースが確保されています。

海と瀬戸大橋も近いということで、パーキングエリアの建物も爽やかな雰囲気。

飲食店も入っており、休憩場として人気の高い場所となっています。

 

施設内では自家製のうどんを頂けるのも、うどん県香川の醍醐味といえます。

香川県のみではなく、四国4県で採れた新鮮な食材を使用しているので、食材の風味も豊かですよ。

うどん以外にもラーメンやジェラートも堪能できます。

 

飲食スポットとは別に、お土産エリアも充実!

ここでお土産を買い揃えるという方もいて、讃岐うどんを筆頭に、きびだんごや与島プラザ限定のバウムクーヘンも販売されています。

 

瀬戸大橋がこんなに近くに

 

与島

 

瀬戸大橋に近いパーキングエリアだからこそ堪能できる、この絶景!

海×瀬戸大橋の光景は、橋好きな方には堪らない場所となっています。

また、天候によってはきれいな空や白い雲の他にも、夕焼けや満天の星空、虹の浮かぶ雨上がりなども見ることができます。

 

与島パーキングエリアの観光情報

 

住所:香川県坂出市与島町字西方587番地

電話番号:0877-43-0502

飲食施設:

フードコート 8:00~21:00(土日祝7:30~21:30)
架け橋夢うどん 10:00~16:00(土日祝10:00~17:00)
カフェまりんちゃん 10:30~18:00

公式URL:  与島パーキングエリア

 

 

14. 島全体がアート 直島

 

直島

 

瀬戸内海の小豆島に程近い「直島」は現代アートが島中に点在するとても魅力的な島です。

一度訪れた人は虜になってしまうという話もあるほどです。

 

1990年代からベネッセによって、現代アートによる町づくりが行われてきました。

ここでしか見られない有名アーティストの作品は、3年に一度、国際芸術祭も開かれるほど世界的に注目を集めている場所です。

レンタサイクルで島の穏やかな雰囲気を味わいつつ、現代アートと島とのコラボレーションを楽しみませんか?

 

草間彌生のかぼちゃでお出迎え

 

直島

 

宇野港からのフェリーは直島の玄関口である宮之浦港に到着しますが、その港でさっそくアートな洗礼を受けることになります。

草間彌生さんの作品「赤かぼちゃ」、もうひとつの黄色い「南瓜」と並んで直島のシンボル的な作品です。

 

豊島美術館

 

豊島美術館

 

瀬戸内海を望む豊島の小高い丘に、水滴を模した白い外観が目立つ美術館『豊島美術館』があります。

アーティスト・内藤礼と建築家・西沢立衛による誕生した自然と一体化した美術館です。

柱がない広大の広さと最高4.5mの空間に、2箇所の開口部から吹き抜ける自然な風や光、音を感じながら、 移り変わる時間と季節感を楽しめます。 

 

ここでしか見れない、まるで湧き出る泉のように現れる美しい作品が楽しめ、そこにいるだけで柔らかい水に包まれたような気分になります。

床には断続的に湧き上がるという地下水の水滴がついており、流れるのではなくフルフルと震えている状態がとても神秘的で美しく、心を奪われます。

 

直島の観光情報

 

住所:香川県香川郡直島町2249−40

電話番号:087-892-2299

公式URL:  直島町観光協会

 

人気上昇中の直島については、こちらの記事に詳しく書いてあるのでぜひご一読ください。

  芸術の島・直島のおすすめ観光スポット12選!おすすめのグルメスポットやお土産もご紹介

 

 


15. 恋人の聖地 エンジェルロード

 

エンジェルロード

 

天使の通り道エンジェルロード

 

エンジェルロードは、1日に2回しか見ることができない砂の道です。

大切な人と手をつないで渡ると、砂州の真ん中で天使が舞い降りてきて、願いを叶えてくれると言われているロマンティックな場所です。

「恋人の聖地」と言われており、何度も映画のロケ地として使われました。

 

エンジェルロードで願いを込めて・・・

 

エンジェルロード

 

実際にエンジェルロードに訪れ、結婚したカップルもいます。

潮が引くとあらわれる、このエンジェルロードで手をつないだ二人は将来結ばれると言われています。

そんなロマンティックな噂のある不思議な場所です。

あなたも大切な人を誘って、砂浜の散歩道を歩いてみませんか?

 

エンジェルロードの観光情報

 

住所:香川県小豆郡土庄町銀波浦(土庄港からバスで10分)

電話番号:0879-62-7004

 

 

16. 圧巻の大自然 寒霞渓(かんかけい)

 

 

200万年の歳月が作り出した日本三大渓谷美

 

香川県は瀬戸内海に面しており、瀬戸内海には日本一多くの島が存在します。

その中で一番大きく美しい山であるこの寒霞渓があるのが小豆島です。

 

奇岩怪石が続き、赤や黄色に色づいたカエデ、イワシデが、ごつごつした岩肌に映えます。

ハイライトは、紅雲亭から山頂を結ぶロープウェイからの空中見物となっています。

 

切り立った深い谷間をすり抜けるように通る約5分の空中散歩はスリル満点です。

 

ロープウェイに乗ってのんびりするのがオススメ

 

 

ここのロープウェイは日本で唯一、『空・海・渓谷』を一度に眺望できます。

車窓からは自生する植物が春の新緑・夏の碧・秋の紅葉・冬景色と四季折々に変化する様子が見えます。

またそそり立つ奇岩を間近に深い渓谷を通ることができる寒霞渓からの景色はまさに絶景です。

スリルと感動の5分間をぜひ体感してみてください。

 

寒霞渓の観光情報

 

住所:香川県小豆郡小豆島町神懸通乙327-1

電話番号:0879-82-0904

 

 


17. 新鮮なオリーブがたくさん!道の駅 小豆島オリーブ公園

 

 

周囲をオリーブの木々で囲まれ、大きな風車が目をひく、日本とは思えないような風景。

約2,000本にもなるオリーブの木々が生い茂り、海とのコントラストが旅の思い出をよりいっそう美しくしてくれています。

道の駅はちょっと立ち寄って軽食をしたりお土産を買うような場所として利用するものが多いのですが、こちらの小豆島オリーブ公園は道の駅という名はついているものの、園内に宿泊施設も設けられています。

 

この美しいロケーションは、いろんな写真を撮りたくなる場所が多数!

それもそのはず、ここは実写版「魔女の宅急便」のロケ地なのです。

 

小豆島オリーブ園

 

また、園内で収穫されたオリーブオイルを中心とした商品を購入することができます。

若干価格は高めですが、オリーブオイルの他にも、オリーブを使用したハンドクリームや和風ドレッシング、食べるオリーブオイルなども販売されていますよ。

 

レンタルほうきで空が飛べる!?

 

 

魔女の宅急便のロケ地ということで、色々な撮影スポットがあります。

瀬戸内海とオリーブ畑、白いギリシャ風の風車に優しいオリーブ色のポスト…。

 

しかし、それだけではありません。

魔女の宅急便といえば、魔女の代名詞でもあるほうきが印象的ですよね。

なんと撮影用のほうきが無料で貸し出されているのです。

 

ほうきにまたがるだけでもテンションが上がります。

ジャンプのタイミングを見計らって、シャッターを切ってもらいましょう。

家族、恋人、友人と大いに盛り上がり、帆毛では撮影することのできない写真もばっちり撮れて大満足♪

 

道の駅 小豆島オリーブ公園の観光情報

 

住所:香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1

アクセス:

オリーブバス「田ノ浦映画村線」に乗車バス停「サン・オリーブ」にて下車後徒歩約1分
「坂手線」「南廻り福田線」にて乗車バス停「オリーブ公園口」から徒歩約7分
土庄港より車で約25分

電話番号:0879-82-2200

営業時間:8:30~17:00

休園日:毎週水曜日・年末点検作業時

公式サイト:  道の駅 小豆島オリーブ公園

 

 

18. 映画のセットが体感できる「二十四の瞳映画村」

 

二十四の瞳ロケ地

 

小豆島にある、有名な観光スポット。

昭和初期の雰囲気の漂う小さな村は、映画「二十四の瞳」で使用されたセットが再現されています。

 

ただセットがあるだけではなく、食事処やお土産を購入するお店、二十四の瞳のが上映されている映画館もアリ!

山と海に囲まれたのどかな場所なので、時間が過ぎるのはあっという間。

ゆったりとした時間の流れる空間で、癒されて下さい。

 

二十四の瞳ロケ地

 

美味しくなつかしさを満喫♪

 

 

食事処では、昔懐かしい給食セットが販売されています。

それだけでなく、シフォンケーキ等の軽食や定食、丼ものまで幅広く問えり揃えられています。

映画を観てから観光に移ると、映画で登場したシーンも。

より一層楽しめるのではないでしょうか。

 

二十四の瞳映画村の観光情報

 

住所:香川県小豆群小豆島町田浦

アクセス:二十四の瞳映画村から徒歩1分

電話番号:0879-82-2455

営業時間:9:00~17:00(11月のみ8:30~17:00)

定休日:無休

料金:

大人:630円
中高生:320円
小学生:210円

公式URL:  二十四の瞳映画村

 

小豆島については、こちらの記事に詳しく書いてあるので、ぜひご一読ください。

→  小豆島のおすすめ観光スポット12選!グルメスポットやおすすめのお土産もご紹介

 

 

以上、香川県のオススメ観光スポットをご紹介させて頂きました。

香川の魅力が、決してうどんだけじゃないことを分かって頂けたでしょうか。

ぜひ香川をいっぱい満喫しに来てくださいね!


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(452)
北海道・東北(37)
  北海道(20)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(157)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(83)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(69)
  長野(10)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(16)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(67)
  滋賀(6)
  京都(17)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(58)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(7)
  熊本(9)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(18)
ヨーロッパ(39)
東アジア・中国・台湾(18)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(5)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(12)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(452)
イベント情報(320)
ショッピング・買い物・お土産(436)
ビジネス・出張(162)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(104)
乗り物・交通・アクセス(527)
宿・旅館・ホテル(169)
旅行準備(401)
歴史・豆知識(621)
温泉・スパ(147)
絶景(375)
聖地巡礼(30)
観光旅行(586)
食事・グルメ(487)
ランキング(516)
デート(491)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(385)
ツアー/旅程(183)
海水浴場・ビーチ・リゾート(55)

人気記事ランキング