logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 香川

香川県の観光地23選!うどんだけで帰らないで!





香川県で観光といえば何を思い浮かべるでしょうか。

せっかく香川を旅行するなら、うどんだけではもったいない!
面積は日本最小ですが、魅力は日本最大級です。

海や山といった大自然、獲れたての海の幸を味わえる絶品グルメ、「世界の中心で愛を叫ぶ」のロケ地となった美しい町。
また、夏フェスが開催される大公園から現在アートの聖地まで。

デートも楽しめる定番の観光スポットから、穴場スポットまで盛りだくさん。
あらゆる魅力が詰まった香川での観光や旅行をたっぷりご堪能ください。

<中讃のおすすめ観光スポット>

 

高松市に次ぐ第二の都市・丸亀市を中心に、坂出市、善通寺市、宇多津町、綾川町、多度津町、琴平町、まんのう町が該当します。

金比羅宮や瀬戸大橋など見どころも多く、また有名うどん店が多いので、うどん店巡りをするなら欠かせないエリアです。

 

1. こんぴらさんと親しまれている「金比羅宮」

 

金比羅宮

 

古くから「さぬきのこんぴらさん」として親しまれているお宮で、海の神様が祀られています。

参道の長い石段は有名で、本宮まで785段、奥社までの合計は1368段にも及びます。

 

参道から奥社までの石段沿いには大門、五人百姓、そして国の重要文化財「書院」があります。

広い境内には国の重要文化財「旭社」など由緒ある建造物が点在するほか、宝物館などには第一級の美術品や文化財が陳列されています。

 

参道の両脇には土産物やうどんの店などが並び、周辺には、旧金毘羅大芝居(金丸座)や高灯籠など見どころも数多くあります。

参道に行くまでに美味しいものを堪能でき、まさに一石二鳥です!

映画のロケ地にもなりました。

 

1368段先にある御社まで行くと願いが叶う・・・?

 

金比羅宮

 

こんぴらさんはその階段の多さで有名です。

山の中腹に建てられているため、「本宮」までで785段、「奥社」まで行くと1368段もの階段を登らなくてはなりません。

そんな長いと疲れてしまいそうって思いますよね。

もし疲れてしまっても大丈夫です!

実は秘密兵器があるんです。

 

かごに乗ってお姫様気分はいかが?

 

表参道の石段登り口から大門までの365段は、時代劇に出てくるような駕籠で上り下りできます。

階段の上り下りなら揺れそうですが、乗り心地は思いの外安定しています。

 

駕籠だけで20kgもあり、人によっては合計で100kg近くにもなってしまいますが、男性二人で運んでくださいます。

上りと下りで料金が違い、往復すると割引もあるので要チェックです。

こんぴら参りの心強い味方である駕籠は、まるで時代劇のヒロインになったかのような気分を味わうことができます。

 

まるで異空間な金比羅街道

 

おいりソフト

 

階段の脇には、お店がたくさんあります。

今一番人気なのが「おいりソフト」です。

おいりとは、香川県西讃や愛媛県に伝わる伝統的なあられで、中は空洞になっています。

和三盆ソフトクリームの周りに、おいりがたくさん散りばめられていて、食感が良く癖になる味です。

 

金比羅宮の観光情報

 

住所:香川県仲多度郡琴平町892-1

TEL:0877-75-2121(金刀比羅宮)

公式URL:  金比羅宮

 

2. 金比羅山のおひざ元「こんぴら温泉」

 

 

金比羅のおひざ元なので、金比羅に立ち寄ったのであればぜひ入っておきたいのがこんぴら温泉。

施設やお宿によって泉質の違う 温泉 が楽しめるのも、大きな特徴と言えます。

中でもランド含有の単純放射冷鉱泉が多く、リューマチや病気の回復、ストレスで傷んだ体の回復などに効果があるとされています。

 

金比羅からも近いとあって、お参りを中心に周辺をじっくりと観光したいという方に特におすすめ!

こんぴら温泉には10箇所を超える温泉宿があり、お宿を中心にした周辺探索が可能です。

手荷物も預けられ、素敵なお宿に宿泊し、香川グルメに舌鼓を打って、温泉でのんびり…。

ちょっと贅沢で優雅な旅にうってつけの場所です。

 

なお、こんぴら温泉周辺はうどん発祥の地とも言われています。

周辺にあるうどん屋さんの味も、他県とは一味も二味も違った「香川の味」を堪能できますよ。

 

個性派ソフトクリームをご賞味あれ

 

 

こんぴら温泉では色々な美味しいものがありますが、ぜひチェックしたいのが「かまたまソフト」!

コーンの上に美味しそうな香川県産のうどんがこんなに…ではなく、これはうどんに見えるように機械を作って搾りだされているソフトクリームです。

 

ソフトクリームには少しショウガが入っているため、ジンジャー風味のソフトクリームとなっています。

お醤油を少し垂らしていることで、程よくしょっぱくて風味抜群。

乗っているネギですが、意外とソフトクリームとの相性が良く、シャキシャキとした食感が新しいです。

 

こんぴら温泉の観光情報

 

住所:香川県仲多度郡琴平町

アクセス:琴平駅から徒歩で5分~10分

電話番号:0877-75-3500

 

3. 高台からの眺めは最高「五色台」

 

 

香川は瀬戸内海に面していて、瀬戸大橋を望むことのできる県です。

五色台は香川県のほぼ中心に位置し、周囲には陰陽五色に由来した「紅ノ峰」「黄ノ峰」「青峰」「黒峰」「白峰山」があります。

 

名づけられた場所は名前と見た目も一致していて、紅ノ峰では紅葉が美しく、黄ノ峰は霜の影響で葉が黄色くなりやすく、青の峰は雪が降っても山が青々をしており、黒峰は黒い岩が目立ちます。

白峰山は暖かくなってもなかなか雪が消えないため、そのような名前が付けられています。

 

豊かな山の様子はいつ見ても清々しいのですが、やはり人気の時期は紅葉時。

山が色づき、見ごたえも十分です。

春になると桜も満開で、桜の時期も観光客が押し寄せます。

 

新名所!思い出桜

 

想い出桜

 

鬼無方面から五色台に向かっていく道にあり、道中も道の両サイドに桜が咲いています。

新名所といわれている思い出桜は大きな枝垂桜で、地元の方でも知らない人がいるほどの穴場。

といいたいのですが、昨今では思い出桜の美しさが徐々に広まってきていて、観光客だけではなく地元の方も足を運ぶスポットとなっています。

 

少し標高が高いため、温度差があり、防寒対策をしていくことをおすすめします。

駐車場には車がぎっしりとなっていることもしばしば。

夜はライトアップもされているので、昼間とは一味違う思い出桜を見ることができます。

 

五色台の観光情報

 

住所:香川県坂出市青海町ほか及び高松市

アクセス :

JR坂出駅からバスで25分→下車後徒歩で60分
坂出北ICから車で30分

電話番号:0877-44-5015

 

4. 四国といえばこの橋「瀬戸大橋」

 

瀬戸大橋

 

瀬戸大橋は、日本でも有数の有名な橋です。

瀬戸内海を跨ぐ大きな橋は、遠くからでも迫力抜群。

 

全長9,368mで、渡る前からドキドキです。

昭和63年に開通し、土曜日や指定の曜日等にはライトアップも行っています。

二層構造で作られていて、道路と鉄道を併用橋の分野では世界最長の長さを誇っています。

 

日本人の建築の素晴らしさを感じられる

 

瀬戸大橋

 

四国に上陸するのであれば、ぜひ使用したい瀬戸大橋。

夜景はもちろん、朝や昼も絶景です。

日本人の建築力のすばらしさが輝いている大橋といえます。

 

ただの移動手段として使用するだけではもったいない。

夜景はもちろん、渦潮も観ることができるかもしれないスポットです。

 

瀬戸大橋の観光情報

 

住所:香川県坂出市番の州緑町

公式URL:  瀬戸大橋

 

5. 瀬戸大橋が目の前に「与島パーキングエリア」

 

 

サービスエリアということで、大小さまざまの車がたっぷりと駐車できるスペースが確保されています。

海と瀬戸大橋も近いということで、パーキングエリアの建物も爽やかな雰囲気。

飲食店も入っており、休憩場として人気の高い場所となっています。

 

施設内では自家製のうどんを頂けるのも、うどん県香川の醍醐味といえます。

香川県のみではなく、四国4県で採れた新鮮な食材を使用しているので、食材の風味も豊かですよ。

うどん以外にもラーメンやジェラートも堪能できます。

 

飲食スポットとは別に、お土産エリアも充実!

ここでお土産を買い揃えるという方もいて、讃岐うどんを筆頭に、きびだんごや与島プラザ限定のバウムクーヘンも販売されています。

 

瀬戸大橋がこんなに近くに

 

与島

 

瀬戸大橋に近いパーキングエリアだからこそ堪能できるこの絶景!

海×瀬戸大橋の光景は、橋好きな方には堪らない場所となっています。

また、天候によってはきれいな空や白い雲の他にも、夕焼けや満天の星空、虹の浮かぶ雨上がりなども見ることができます。

 

与島パーキングエリアの観光情報

 

住所:香川県坂出市与島町字西方587番地

電話番号:0877-43-0502

飲食施設:

フードコート 8:00~21:00(土日祝7:30~21:30)
架け橋夢うどん 10:00~16:00(土日祝10:00~17:00)
カフェまりんちゃん 10:30~18:00

公式URL:  与島パーキングエリア

 

6. 四国最大のイルミネーション「まんのう公園」

 

mannnoukouenn

 

まんのう公園のイルミネーションは全国12位、四国で1位の人気の高いスポットです。

大切な人との思い出づくりやお子様と一緒に見に行くことにもオススメです。

 

ライトアップ時期は11月〜1月です。

イルミネーションだけでなく、通年で何万もの花が咲き誇っています。

夏は花火やキャンプなども楽しめます。

 

夏の一大イベント、MONSTER baSH

 

 

MONSTER baSH(モンスターバッシュ、通称モンバス)とは毎年夏に、まんのう公園で行われる夏フェスです。

フェス全体を包むピースフルな空気と緑豊かなロケーションは、来場者・出演者共に好評で、この空間がモンバスの醍醐味でもあります。

『空海』・『龍神』ステージのアーティストと、丘の上のお客さんが距離を超えて音楽で繋がることができるこの一体感が、モンバスならではの魅力ではないでしょうか。

 

緑茂る道を歩いた先には、ゆるりとくつろぎの音楽空間『茶堂』ステージがあります。

さらには、新エリア『MONSTER circus』という名の物販・飲食・ステージからなる複合エンターテインメントエリアも誕生しました。

4つのステージそれぞれに個性があり、『MONSTER baSH』としての楽しみ方の幅も無限です。

 

まんのう公園の観光情報

 

住所:香川県仲多度郡まんのう町吉野4243-12

TEL:0877-79-1700

 

7. アトラクションが楽しい「レオマリゾート」

 

レオマリゾート

 

オリジナルキャラクターやパフォーマーが総出演するパレードや、3Dプロジェクションマッピング、仮面舞踏会などエンターテインメントが充実しているテーマパークです。

また、最高速度75kmで走るジェットコースターや、直径50mの大観覧車など23種のアトラクションも楽しめます。

お仕事体験施設のごっこタウン(90分500円)や、中四国最大150万球のレオマ光ワールド、四季の花が咲き誇るレオマ花ワールド亜細亜の遺跡を忠実に再現したオリエンタルトリップエリアなど、家族揃ってたっぷり遊べます。

 

夏にはプールも最高!

 

約6,000平方メートルの敷地に中四国最長260mの流水プールや四国唯一の冒険プールがあります。

バケツスプラッシュやアクアデッキなど楽しい遊具がそろったキッズプールもあるので子どもたちは大喜びです。

2015年には波のプールもできました。

他にも大人気の3つのウオータースライダーを揃え、さらにステージではフラガールショーなどのエンターティメントもある楽しさいっぱいの新感覚プールです。

 

レオマリゾートの観光情報

 

住所:香川県丸亀市綾歌町栗熊西40-1

TEL:0877-86-1071

公式URL:  レオマリゾート

 

 


<西讃のおすすめ観光スポット>

 

中讃よりも西側の観音寺市、三豊市が該当します。

香川県を東讃と西讃の2エリアに分けた場合は、丸亀市や坂出市、善通寺市などが含まれます。

 

1. 香川にウユニ塩湖!?「父母ケ浜海水浴場」

 

uyunuennko kagawa

 

鏡張りの水面と言えば、ボリビアのウユニ塩湖が有名ですよね。

ウユニ塩湖並の鏡張りの水面を誇るスポットが、実は香川県にもあります。

地元の人しか知らない、とっておきスポットです。

特に夕方に行くと海が綺麗に反射し、まるでウユニ塩湖に来たかのような錯覚を覚えます。

 

父母ケ浜海水浴場の観光情報

 

住所:香川県三豊市仁尾町仁尾丁1323-4(父母ケ浜海水浴場)

TEL:0875-56-5880 (三豊市観光交流局)

 

2. 見た人がお金に苦労しないと言われる「銭形砂絵」

 

琴弾公園

 

観音寺市の一番の人気観光スポットと言えば、琴弾公園にある「銭形砂絵」です。

寛永10年(1633年)に藩主、生駒高俊公を歓迎するために一夜にして作られたと言われている砂絵。

東西122m、南北90m、周囲は345mという砂に描かれた巨大な「寛永通宝」は、見た人がお金に不自由しないと言われています。

 

琴弾公園の山頂展望台から全体を眺めたら、地上に行って近くで見るとその大きさに驚かされます。

砂絵の中には入れませんが、毎年春と秋に市民を中心に数百名によるボランティアによる砂ざらえを実施しています。

毎日、日没から夜10時までライトアップがされているので、夜に見るのもおすすめです。

 

銭形砂絵の観光情報

 

住所 :香川県観音寺市有明町

アクセス :JR観音寺駅より徒歩20分

電話番号 :0875-24-2150(観音寺市観光協会)

定休日 :無休

営業時間 :24時間

料金 :無料

 

3. マーガレットが咲き誇る「フラワーパーク浦島」

 

フラワーパーク浦島

 

フラワーパーク浦島は、三豊市の市営の花畑です。

季節ごとに様々な花を楽しめることで知られていますが、中でも一面が真っ白に埋め尽くされるマーガレットの美しさは格別。

マーガレットは4月上旬に開花しはじめ、見ごろは4月下旬頃から5月にかけて。

ピンクや赤のポピーの花の開花時期とも重なるので、場所によってはマーガレットとポピーが重なって咲く姿を見ることもできます。

 

ゴールデンウィークはかなりの人出で混雑するので、平日に訪れるのがベスト。

毎年5月の開花時期に合わせて、花摘み体験イベントが開催され、好きな花を摘む事が出来ます。(有料)

 

マーガレットの咲く前にはキンセンカが咲き誇り、また秋には一面のコスモス畑と、お花好き・写真好きにはたまらないスポット。

日の出から日没まで自由に見学出来て、入場料は無料です。

 

フラワーパーク浦島の観光情報

 

住所 :香川県三豊市詫間町積528-1

アクセス :豊中インターから約30分

電話番号 :0875-83-3639(花と浦島イベント実行委員会)

定休日 :無休

営業時間 :特に営業はしておらず、開園時間は日の出から日没まで(年中)

料金 :無料

 

 

<小豆島のおすすめ観光スポット>

 

淡路島に次いで瀬戸内海で2番目に大きな島・小豆島とその周辺の島々で、土庄町と小豆島町が該当します。

風光明媚で見どころがたくさんあり、時間があれば1泊でも良いので宿泊してゆっくり観光したいところです。

 

1. 恋人たちの聖地 「エンジェルロード」

 

エンジェルロード

 

エンジェルロードは、1日に2回しか見ることができない砂の道です。

大切な人と手をつないで渡ると、砂州の真ん中で天使が舞い降りてきて、願いを叶えてくれると言われているロマンティックな場所です。

「恋人の聖地」と言われており、何度も映画のロケ地として使われました。

 

エンジェルロードで願いを込めて・・・

 

エンジェルロード

 

実際にエンジェルロードに訪れ、結婚したカップルもいます。

潮が引くとあらわれる、このエンジェルロードで手をつないだ二人は将来結ばれると言われています。

そんなロマンティックな噂のある不思議な場所です。

あなたも大切な人を誘って、砂浜の散歩道を歩いてみませんか?

 

エンジェルロードの観光情報

 

住所:香川県小豆郡土庄町銀波浦(土庄港からバスで10分)

電話番号:0879-62-7004

 

2. 圧巻の大自然「寒霞渓(かんかけい)」

 

寒霞渓

 

香川県は瀬戸内海に面しており、瀬戸内海には日本一多くの島が存在します。

その中で一番大きく美しい山であるこの寒霞渓があるのが小豆島です。

 

奇岩怪石が続き、赤や黄色に色づいたカエデ、イワシデが、ごつごつした岩肌に映えます。

ハイライトは、紅雲亭から山頂を結ぶロープウェイからの空中見物となっています。

切り立った深い谷間をすり抜けるように通る約5分の空中散歩はスリル満点です。

 

ロープウェイに乗ってのんびりするのがおすすめ

 

寒霞渓ロープウェイ

 

ここのロープウェイは日本で唯一「空・海・渓谷」を一度に眺望できます。

車窓からは自生する植物が春の新緑・夏の碧・秋の紅葉・冬景色と四季折々に変化する様子が見えます。

また、そそり立つ奇岩を間近に深い渓谷を通ることができる寒霞渓からの景色はまさに絶景です。

スリルと感動の5分間をぜひ体感してみてください。

 

寒霞渓の観光情報

 

住所:香川県小豆郡小豆島町神懸通乙327-1

電話番号:0879-82-0904

 

3. 実写版!魔女の宅急便のロケ地「 小豆島オリーブ公園」

 

小豆島オリーブ公園

 

周囲をオリーブの木々で囲まれ、大きな風車が目をひく、日本とは思えないような風景。

約2,000本にもなるオリーブの木々が生い茂り、海とのコントラストが旅の思い出をよりいっそう美しくしてくれています。

道の駅はちょっと立ち寄って軽食をしたりお土産を買うような場所として利用するものが多いのですが、こちらの小豆島オリーブ公園は道の駅という名はついているものの、園内に宿泊施設も設けられています。

 

この美しいロケーションは、いろんな写真を撮りたくなる場所が多数!

それもそのはず、ここは実写版「魔女の宅急便」のロケ地なのです。

 

小豆島オリーブ園

 

また、園内で収穫されたオリーブオイルを中心とした商品を購入することができます。

若干価格は高めですが、オリーブオイルの他にも、オリーブを使用したハンドクリームや和風ドレッシング、食べるオリーブオイルなども販売されていますよ。

 

レンタルほうきで空が飛べる!?

 

 

魔女の宅急便のロケ地ということで、色々な撮影スポットがあります。

瀬戸内海とオリーブ畑、白いギリシャ風の風車に優しいオリーブ色のポスト…

 

しかし、それだけではありません。

魔女の宅急便といえば、魔女の代名詞でもあるほうきが印象的ですよね。

なんと撮影用のほうきが無料で貸し出されているのです。

 

ほうきにまたがるだけでもテンションが上がります。

ジャンプのタイミングを見計らって、シャッターを切ってもらいましょう。

家族、恋人、友人と大いに盛り上がり、帆毛では撮影することのできない写真もばっちり撮れて大満足すること間違いなし。

 

道の駅 小豆島オリーブ公園の観光情報

 

住所:香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1

アクセス:

オリーブバス「田ノ浦映画村線」に乗車バス停「サン・オリーブ」にて下車後徒歩約1分
「坂手線」「南廻り福田線」にて乗車バス停「オリーブ公園口」から徒歩約7分
土庄港より車で約25分

電話番号:0879-82-2200

営業時間:8:30~17:00

休園日:毎週水曜日・年末点検作業時

公式サイト:  道の駅 小豆島オリーブ公園

 

4. 映画のセットが体感できる「二十四の瞳映画村」

 

二十四の瞳ロケ地

 

小豆島にある、有名な観光スポット。

昭和初期の雰囲気の漂う小さな村は、映画「二十四の瞳」で使用されたセットが再現されています。

 

二十四の瞳ロケ地

 

ただセットがあるだけではなく、食事処やお土産を購入するお店、二十四の瞳のが上映されている映画館もアリ!

山と海に囲まれたのどかな場所なので、時間が過ぎるのはあっという間。

ゆったりとした時間の流れる空間で、癒されてください。

 

美味しくなつかしさを満喫

 

 

食事処では、昔懐かしい給食セットが販売されています。

それだけでなく、シフォンケーキ等の軽食や定食、丼ものまで幅広く問えり揃えられています。

映画を観てから観光に移ると、映画で登場したシーンも。

より一層楽しめるのではないでしょうか。

 

二十四の瞳映画村の観光情報

 

住所:香川県小豆群小豆島町田浦

アクセス:二十四の瞳映画村から徒歩1分

電話番号:0879-82-2455

営業時間:9:00~17:00(11月のみ8:30~17:00)

定休日:無休

料金:

大人:630円
中高生:320円
小学生:210円

公式URL:  二十四の瞳映画村

 

小豆島については、こちらの記事に詳しく書いてあるので、ぜひご一読ください。

→  小豆島のおすすめ観光スポット12選!グルメスポットやおすすめのお土産もご紹介

 

 

以上、香川県のおすすめ観光スポットをご紹介しました。

香川の魅力が、決してうどんだけではないことをお分り頂けたでしょうか。

ぜひ香川の魅力を満喫しに来てください。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(478)
北海道・東北(40)
  北海道(23)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(163)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(89)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(72)
  長野(11)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(18)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(75)
  滋賀(7)
  京都(24)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(62)
  福岡(9)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(15)

国外エリア一覧

東南アジア(19)
ヨーロッパ(46)
東アジア・中国・台湾(18)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(8)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(14)
中南米(3)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(491)
イベント情報(344)
ショッピング・買い物・お土産(453)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(116)
乗り物・交通・アクセス(565)
宿・旅館・ホテル(175)
旅行準備(413)
歴史・豆知識(669)
温泉・スパ(151)
絶景(408)
聖地巡礼(30)
観光旅行(626)
食事・グルメ(513)
ランキング(546)
デート(531)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(407)
ツアー/旅程(215)
海水浴場・ビーチ・リゾート(59)

人気記事ランキング