logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本

北海道から関東、関西、九州まで!日本全国のおすすめサファリパーク10選





北は北海道から、南は九州まで!
全国にあるサファリパークで、中でもおすすめ度の高いものを比較・解説します!

普段はなかなか会うことの出来ないライオンやトラ、ゾウやキリンなどの大型動物達を間近で見られるのはもちろんのこと。
うさぎやモルモットなどとの小動物とのふれあいゾーンや、肉食獣への餌やり体験など、様々な体験型施設が併設されています。

また広大な敷地を活かして、遊園地や水族館などのレジャー施設を併設しているところもあり、朝から晩まで飽きることなく楽しむことの出来るサファリパークも沢山ありますよ。

【全国のおすすめサファリパーク:目次】

 

<北海道エリアのサファリパーク>

おすすめのサファリパークその1〜ノースサファリ札幌( 北海道 )

おすすめのサファリパークその2〜サホロベアマウンテン(北海道)

<東北エリアのサファリパーク>

おすすめのサファリパークその3〜岩手サファリパーク( 岩手県 )

おすすめのサファリパークその4〜東北サファリパーク( 福島県 )

<関東エリアのサファリパーク>

おすすめのサファリパークその5〜群馬サファリパーク( 群馬県 )

おすすめのサファリパークその6〜那須サファリパーク( 栃木県 )

おすすめのサファリパークその7〜富士サファリパーク( 静岡県 )

<近畿エリアのサファリパーク>

おすすめのサファリパークその8〜姫路セントラルパーク( 兵庫県 )

<中国・九州エリアのサファリパーク>

おすすめのサファリパークその9〜秋吉台自然動物公園サファリランド( 山口県 )

おすすめのサファリパークその10〜九州自然動物公園アフリカンサファリ( 大分県 )

 

<北海道エリアのサファリパーク>

 

おすすめのサファリパークその1〜ノースサファリ札幌( 北海道

 

 

広大な土地を持つ北海道の 札幌 だけあって、なかなかワイルドでプレミアムな体験ができるサファリパーク。

通常のサファリパークでは物足りない!という方にはおすすめです。

ちなみに別名、日本一危険な動物園とも言われています。。

でも、逆に言えば日本一動物と近くで触れ合える動物園とも言えるかも。

 

 

キリン の餌やり体験1つとっても、檻の中にはいって直接あげる事ができます。

写真は期間限定で行われている、キリンと一緒に朝食を食べようプランです。

鷹とお散歩なんてコースも。

 

 

また、怖いもの知らずさんは、世界最大の 犬種 アイリッシュ・ウルフハウンド とお散歩体験もいかがでしょう。

なにせ、立ち上がると女性の背丈より高い、子犬と比べると、もはや犬なのか猛獣なのかと思ってしまうほどの見た目。

力も強いので、一緒に散歩できるのは16歳以上の腕力に自信のある方です。

 

 

アナコンダに手袋の上から噛まれる体験も。

その他、巨大ワニ、ピラニア、大トカゲなどここはアマゾンか!

と突っ込みたくなる強烈な体験が待ってます。

もちろん怖いもの知らずな来場者が希望すれば。。ですが。

 

 

餌やり体験も充実していて、通常近づく事の難しいなまけものへの餌やりだったり、ライオンへのダイレクトな餌やり&肉球タッチなども。

動物園では遠目で眺めているだけだったモノ達を間近で観察できるのは嬉しいです。

筆者は、あざらしとチューやきつねやペンギンを抱っこするソフトなもので十分満腹です。

 

ベンガルトラと犬が一緒の檻で生活しているなんて場所も。

観ているこちらは妙な汗がでますが、とても仲良しだそうですよ。

 

 

動物だけでなくアクティビティも充実していて、人気ナンバー1は水陸両用車にのってのジャングル探検。

迫力があって面白いです。

DTVシュレッダーと呼ばれる超小型の戦車のような形に立ち乗りして移動するセグウェイのような乗り物、木々の間に縄を張ってそこをターザンのように移動するジップラインなど、遊びエリアも豊富にあるので終日過ごせます。

 

 

冬は、人気の犬ぞり体験や雪上バナナボートなど、季節毎に変わるアクティビティは北海道の自然がなせる技です。

 

 

フードもハードです。

ゲテモノメニューがあり、バッタや黄金虫、サソリ、ヤモリ、クロコダイルアームの素揚げなど。

勇気のある方は、試してみてください。。

 

 

園内には至所に注意書きが。

そんなスリリングな体験が待っています。

勿論、かわいい 小動物 や赤ちゃん動物達も出迎えてくれますよ。

 

ノースサファリサッポロ

 

住所 : 〒061-2273  北海道札幌市南区豊滝469-1

アクセス : 【JR札幌駅から約40分】(地下鉄)札幌駅→(地下鉄:南北線)真駒内駅→(じょうてつバス)真駒内駅→豊滝小学校前→無料シャトルバス→NSS

電話番号 : 011-596-5300

定休日 : 不定休

営業時間 :

10:00~17:00 が基本。
ただし、季節により変更あり。
最終入園時間 閉園1時間前。

料金 :大人(中学生以上)¥1500 子供(小学生以下)¥500 3歳以下無料

駐車場 :バイク¥100 乗用車¥500 大型車・バス¥1000

 

 

おすすめのサファリパークその2〜サホロベアマウンテン(北海道)

 

 

エゾヒグマと言えば、日本では北海道だけに生息している野生動物。

広大な敷地内に、野生に近い状態で生活しているエゾヒグマを観察できる熊メインのサファリパークです。

熊好きさんにはたまらない施設ですね。

子連れにもおすすめですよ。

 

 

周遊の方法は、ベアウォッチングバスに乗ってヒグマに接近するコースか、森の中に高く設置された遊歩道を歩き大自然の空気に触れながらヒグマ探しをするコース。

バスは全面鉄格子で守られていて、熊の力の威力を感じます。

運転手さんのお話も面白いですよ。

熊がのびのび生活している姿は癒されます。

 

 

ガラス貼りの施設では、丸太で遊んだり、ニジマスを追いかけたり、熊同士喧嘩していたり、観ていて飽きない熊の行動観察ができます。

洞窟はヒグマの避暑地。

夏場は順番待ちする熊もいるそうです。

 

 

そうかと思えば、人間に気がつき、まるで「遊ぼう〜」と言わんばかりにガラスを叩いて呼びかけてくれたり。

エゾヒグマは国内に生息する陸上動物の中で最大の動物。

そんなヒグマをガラス越しに接するだけで、迫力満点ですね。

野生の生態に近い熊の行動を間近で観られるのは面白いです。

 

 

エゾヒグマは3種類に分けられ、大陸が地続きの時代に、北米・シベリア・モンゴル地方から現在の北海道の地に移動してきたと考えられています。

折角行くなら、クマに関しての豆知識を仕入れてから会うと感動も一塩です。

お子様がいる方は、子供の自由研究にもいいですね!

 

サホロ ベアマウンテン

 

住所 : 〒081-0039  北海道上川郡新得町狩勝高原

アクセス : JR新得駅から車で約15分

電話番号 : 0156-64-7007

定休日 : 不定休。※冬季間休業

営業時間 : 9:00~16:00 (最終入場 15:20)

料金 :

入場券 大人¥1836 子供・シニア¥1080
バス付入場券 大人¥2,916 子供・シニア¥2,160

駐車場 : 有り 600台 無料

 

 


<東北エリアのサファリパーク>

 

おすすめのサファリパークその3〜岩手サファリパーク( 岩手県

 

 

山間の抜けた見晴らしの良い場所にある岩手県のサファリパーク。

平日は混んでいないので、マイペースに動物達との時間を過ごせます。

 

 

ここの面白い所は、お仕事体験ができること。

獣医さんになって、聴診器で実際の心臓の音を聞いてみたり、草食動物の身体の仕組みを教えてもらったり。

飼育委員さんになって、トラやライオンの檻のお掃除をした後はエサを作って実際にあげてみたり。

なかなか出来ない経験ができそう。

日程限定なので、スケジュールをチェックしてから行きましょう。

 

 

象ライド。

象の背中に乗って、象の村を一周したり、餌やり体験ができます。

象に乗りながら、バスケットボールをゴールに入れるなど芸も披露してくれますよ。

 

 

園内は、バスで周遊します。

バスの中で動物用のエサが販売されているので、是非購入を。

自分の手からエサを食べる動物は迫力満点。

人に慣れていて、キリンがバスの近くに顔を寄せて来てくれたり、エサをもらおうとバスにずっとついてくるけなげな子もいます。

 

 

ワルツやサンバの曲に合わせて踊るフラミンゴショーも。

ハードな芸もあり、観ていて飽きません。

触れ合い広場には、きつねや などいて抱っこできます。

 

岩手サファリパーク

 

住所 : 〒029-3311  岩手県一関市藤沢町黄海字山谷121-2

アクセス : 一ノ関駅から車で45分

電話番号 : 0191-63-5660

定休日 :不定休

営業時間 : 平日8:30~17:00 土日祝日8:00〜17:00 最終入園時間16:20 ※冬季期間は 8:30~16:30

料金 :

入園料金 大人(中学生以上)¥2500 小人(3歳〜小学生以下)¥1500 シニア¥1500
バス料金 大人¥600 小人¥400

 

 

おすすめのサファリパークその4〜東北サファリパーク( 福島県

 

 

昭和のレトロな雰囲気漂うサファリパーク。

そこが、逆に不安をかき立てる要素で、動物との触れ合いに迫力を追加演出してくれているような気分に。

サファリパーク自体は山全体がパークで、他に猿の動物園や白いワニがいる館などもありますよ。

 

 

自家用車でも回れますが、おすすめしません。

ここの草食動物達はとにかく食べ物にどん欲。

群れとなって車の周りでエサを待ち続けます。

いえ、獲物を狙い車に襲いかかってきます。

圧巻の迫力で自家用車だと色々と考えて退散してしまいますが、レンタカーなら傷や恐怖心など考えず、スリルを存分に楽しめますね。

 

 

猿舎も餌を購入すると飼育員さんが親切にもお猿を頭や肩の上に乗せてくれます。

連れて帰りたくなる程、愛らしいです。

猿やフラミンゴ、アザラシのショーも丁寧なつくりで、大人も子供も楽しめますよ。

象に乗る事の出来る象ライドもあります。

レンタカーやエサ代やらお金はかかりますが、少し足すとより一層サファリパークを充実したものにできます。

 

 

ホワイトライオンも目玉の1つ。

1980年代にヨハネスブルクから2頭のホワイトライオンが、東北サファリパークに来ました。

その後、多くの赤ちゃんが生まれ世界各地へ行っています。

珍しい、そして美しいホワイトライオンを是非観てください。

ホワイトゼブラや、ホワイト蛇、ホワイトワニ、ホワイトおおかみなど、ホワイト縛りの動物を観る事ができるのも大きな魅力です。

 

東北サファリパーク

 

住所 : 〒964-0088  福島県二本松市沢松倉1

アクセス : 二本松駅より塩沢温泉行き乗車 → 東北サファリパーク前下車 (約20分)

電話番号 : 0243-24-2336

定休日 : 不定休

営業時間 : 平日8:30〜17:00 土日祝日8:00〜17:00

料金 : 大人¥2900 子供(3歳以上小学生以下)¥1800 シニア¥2100

台車 :

普通車(5人乗り)¥1,500  ワゴン車(8人乗り)¥2,000
※GW期間中台車の貸し出し無し

 

 

<関東エリアのサファリパーク>

 

おすすめのサファリパークその5〜群馬サファリパーク( 群馬県

 

 

規模は関東圏においてはそこまで大きくはないサファリパークですが、その分凝縮して楽しめる、そんなパークです。

 

 

見所は、絶滅の恐れが最も高い近絶滅亜種に指定されているスマトラ象。

野生ではインドネシアのスマトラ島のみに生息しています。

その象を日本では唯一、ここでだけ観る事ができます。

 

 

周遊方法は4種類。

一番おすすめは餌やりバスで、草食動物だけでなくライオンなど肉食動物への餌やりもバスの中からできます。

人気につき、終日満席になる事もあるので、希望される方は早めに行かれる事をおすすめします。

また、係員が運転するレインジャーツアーでは、自家用車では入れないオフロードや動物ぎりぎりの所まで走ってくれます。

リアルな説明も聞けて楽しいですよ。

その他、通常の周遊バス、そしてマイカーと選べます。

 

 

動物ゾーンの途中、車を停めて歩いて見て回るウォーキングサファリがあります。

ヤギ やラマ、羊や鹿などにエサをあげられるようになっています。

ウサギ が放し飼いになったスペースもあり、子供達には人気です。

 

カピパラ の餌やりや解説などもしてくれ、ごわごわした毛並みを触ったりして、温厚な性格に身を以て触れる事ができます。

ガラス越しにはトラやオオカミも見られるのですが、展示が工夫されていて、毛並みや肉球などよく見えると評判です。

 

 

動物ゾーンは一度出てしまうと再入場には入園料が再び必要になります。

ですが、コースの最終出口付近に再度コースを最初から見られるように入口付近に戻るルートも用意されています。

一度しか回れないサファリもある中で、嬉しいサービスですね。

 

サファリパークのすぐお隣に小さな子供でも遊べる遊園地もあり。

動物に触れ合った後のおねだりは必須ですね。

そして、お腹が空いたらレストランサバンナへ。

ダチョウやワニの肉など食べられるメニューも中にはあるんですよ。

動物を見た後に頂く覚悟があればですが。。。笑

 

群馬サファリパーク

 

住所 : 〒370-2321  群馬県富岡市岡本1番地

アクセス : 上州富岡駅からタクシーで約15分

電話番号 : 0274-64-2111

定休日 : 水曜日

営業時間 :

3月〜10月 9:30 ~ 16:00 (17:00 閉園)
11月〜2月 9:30 ~ 15:30 (16:30 閉園)

料金 :

入園料金:高校生以上¥2700  3歳〜中学生¥1400
餌やりバス¥1300
サファリバス¥500
レインジャーツアー¥1300

駐車場:有り ¥300

 

 

おすすめのサファリパークその6〜那須サファリパーク( 栃木県

 

 

周遊方法は、全部で3種類。

価格の安い順にマイカー、サファリバス、レンタカーとあり、いずれかを選べます。

どれを選んでも、草食動物への餌やりが出来、間近で観察出来るので面白いです。

とにかく、動物達がエサを狙って車やバスに当たってくるので、窓ガラスは驚く程、よだれでベチョベチョ。

そんな方の為に、¥500洗車場も出口付近で設備されているので、マイカーでも帰りは安心です。

ただし、傷は覚悟の上です。。

筆者も過去に一度バンパーをライオンに噛まれ、ライオンも噛んだものの牙がささって抜けなくなってしまい、お互い迫力のある悲しい思いをした記憶があります。

 

 

おすすめは、ナイトサファリ。

バスに乗り込み園内を走りますが、昼間では分からない夜の動態を見る事ができます。

暗闇の中から現れた、夜行性のトラやライオンに会うと、ハラハラドキドキ。

夜でもキリンを初めとする草食動物への餌やり体験ができます。

 

更に価格も割安!

通常大人は、¥2800の入園料に+¥1100のバス代が入りますが、ナイトサファリは¥2400で入る事ができます。

スリルがある上に安いとなれば、絶対一押しですよね。

 

 

そして、那須サファリパークのいい所は、周辺にレジャー施設が豊富な事もあげられます。

サファリの後は(もしくは“前”は)トリックアートの美術館へ行ったり、那須ハイランドパークで遊んだり、お菓子の城でパティシエ体験。

加えて、天然温泉にりんどう湖など選びきれない程のレジャーに溢れています。

サファリ自体そんなに大きな施設でないので、出向く際はその他のレジャーをセットで計画するといいでしょう。

 

那須サファリパーク

 

住所 : 〒325-0303  栃木県那須郡那須町高久乙3523番地

アクセス : 東北道那須ICより那須街道で約15分

電話番号 :0287-78-0838

定休日 :不定休

営業時間 :

平日8:30~17:00
土・日・祝日8:00~17:00
※ナイトサファリ開催日18:30~21:00
※GW/夏期期間8:00〜17:30
※冬季期間 8:30〜16:30
※入園受付は30分前迄

料金 :

入園料金:大人(中学生以上)¥2600  小人(3歳〜小学生)¥2100 +バス・レンタカー代など各種あり
ライオンバス:入園料金+大人¥1100 小人¥600
サファリレンタカー:¥2000〜
ナイトサファリ: 大人¥2100 小人¥1600

駐車場 : 有り 350台 無料

 

 

おすすめのサファリパークその7〜富士サファリパーク( 静岡県

 

 

関東圏では一番規模の大きいサファリパークです。

園内各所から見える、富士山をバックにした動物はとてもフォトジェニック。

 

 

日本では他に例をみない取り組みとして、水中で泳ぐ象を観察できる「水中象」をガラス張りの環境から見る事ができます。

上空から川を渡る象を映像で見た頃がある人も、水中の様子は珍しいのではないでしょうか。

体重3t以上もある象の泳ぐ姿は、足の使い方や呼吸方法、鼻の動きの様子まで興味津々。

象が泳ぐ時間帯は全て象のお心次第。

なんとか、訪れたタイミングで見てみたいものです。

 

 

周遊方法はジャングルバスに乗るか、マイカーでの移動。

バスは金網張りなので、熊・ライオン・草食動物へのエサやりが出来ます。

もう1つがウォーキングサファリ。

サファリゾーンの外側の整備された歩道を森林浴しながら歩きます。

途中、動物へのエサあげも可能なので、事前に餌やり時間をチェックの上、行く事をおすすめします。

コースは約2.5キロで4歳以上が対象です。

 

 

ミニチュアホースに乗って、パレードを行うイベントも。

ポニー、馬車、カートなど、まるで中世の世界は子供達の憧れ。

対象年齢は、3歳〜小学生まで。

乗馬して行進する子供とポニーの姿はとてもキュートです。

写真はホースのお世話&お散歩です。

 

 

ミニチュア競馬も。

ポニーよりも小さな馬、ミニチュアホースが力強く走り回るレース姿に、大人も子供も大興奮。

勝ち馬投票権は1枚100円です。

 

 

食事は4つのレストランと、テイクアウトコーナー、パン屋があります。

パン屋では手作りパン体験ができ、オリジナルの動物型のパンを作って楽しめますよ。

流石規模も大きいだけあって、大人から子供まで楽しみ方も色々です。

 

富士サファリパーク

 

住所 : 〒410-1231  静岡県裾野市須山2255-27

アクセス :

東名高速 御殿場インターから約18km・25分(東京方面から)
東名高速 富士インターから約22km・35分(名古屋方面から)

電話番号 : 055-998-1315

定休日 : 年中無休

営業時間 :

3月16日~9月30日 9:00~17:00
10月1日~10月31日 9:00~16:30
11月1日~3月15日 10:00~15:30

料金 :

昼サファリ:大人(高校生以上)¥2700 子供(4歳〜中学生)¥1500シニア¥2000
ナイトサファリ:¥1700 (3歳以下無料)

注意点 : 有り 無料

 

 


<近畿エリアのサファリパーク>

 

おすすめのサファリパークその8〜姫路セントラルパーク( 兵庫県

 

甲子園球場48個分もの広大な敷地内にあるサファリパーク。

その敷地内にはサファリパークの他にも遊園地、プール、アイススケートなどがあり、年間通して楽しむ事ができます。

サファリだけでなく他の施設も面白いので、合わせて1日中楽しめます。

 

 

サファリパークの周遊方法は、ガラス窓ごしに観察するサファリバスかマイカーで巡るドライブスルーサファリ。

その後、徒歩で餌やりなどを楽しみながら進むウォーキングサファリへ移動します。

中でも熊の餌やりは必見。

仁王立ちになり、様々なポーズを取ってエサをおねだりします。

実際、これをベッキング行動と言うらしく、エサ欲しさにそのような行動をするそうです。

 

 

ウォーキングサファリで動物と触れ合った後は、山頂と山麓間をゴンドラに乗って、上空から動物達を眺めるスカイサファリへ。

マイカーで来た人は、停めてある駐車場へこのまま戻れます。

ドライブスルーサファリ→マイカーを駐車→ふれあいコーナー→ウォーキングサファリ→ゴンドラで駐車場へ戻る。

というイメージです。

 

 

サファリ以外のアクティビティも豊富で、夏は、種類豊富なウォータースライダーや“ふわふわ泡まみれ”など子供から大人まで楽しめるプールがあり、360度自然に囲まれた環境で西日本最大のものです。

冬は白亜の城の中でアイススケートを楽しめ、気分はまるでプリンス&プリンセス。

 

 

アトラクションも、幼児が乗れるものからかなりスリリングなジェットコースターまで、色々あります。

そして、このアトラクションは平日はほぼ貸し切り状態です。

姫路からバスで40分程で平日は空いていますが、夏シーズンになるとプールとセットで訪れる人が急激に増えますよ。

 

姫路セントラルパーク

 

住所 : 〒679-2121  兵庫県姫路市豊富町神谷1436-1

アクセス : JR姫路駅から神姫バスにて30分

電話番号 : 079-264-1611

定休日 : 不定休

営業時間 :

夏季10:00~18:00、冬季10:00~16:30
休祝日9:30〜18:00
受付終了は、閉園1時間前まで

料金 :

入園料金: 大人¥3500 小人(小学生)¥2000 幼児(3歳〜)¥1200
サファリバス:1席¥800

 

 

<中国・九州エリアのサファリパーク>

 

おすすめのサファリパークその9〜秋吉台自然動物公園サファリランド( 山口県

 

 

山口県のお山のど真ん中、広大な大自然の中にポツンと佇むサファリパークです。

 

 

ここの特徴は車から降りずにそのまま入園し、最初から最後までマイカーで回る事のできる事。

平日はとても空いていて、マイカーで回っていても係の人が餌やりをし、車の近くへ動物を誘導してくれます。

土日でも走る台数はそこまで多くないので、二車線使って余裕をもって見学できます。

間近に近寄ってくるトラ、コロコロした身なりで可愛らしい小熊、並走するダチョウなどなど。

 

 

レストランはバイキング形式で、ガラス越しにレッサーパンダを眺めながら頂けます。

メニューはカレーや定食などで、値段の割に味が美味しかったです。

 

おすすめポイントの1つ、営業時間内であれば何度でもサファリパークへ行く事ができます。

ただし、この最終受付時間がとても早い!

4月〜9月は16:15まで、10月〜3月であれば15:45までです。

筆者はこれに気がつかず、1周し終えた後、隣接する遊園地で遊び、その後2周目に入ろうとした所、受付のおばちゃんに、「もう、終わっちゃったのよ〜。ごめんねえ〜」と、とても申し訳なさそうに言われ、結局1周しか出来ませんでしたので要注意です。

 

遊園地も平日はとても空いています。

どの乗り物も貸し切りといった所でしょうか。

昭和な雰囲気いっぱいの乗り物はある意味スリルがあって面白いです。

 

karusuto_kogen

 

そして、ここをオススメする最大の理由は、近くに秋吉台のカルスト高原があること。

まるでスイスかと思うような光景が広がっていて、このサファリに来たら車で絶対に立ち寄ってもらいたい場所です。

ここは日本なのかと思う程、圧巻の迫力ですよ。

 

akioshido_shonyudo

 

有名な鍾乳洞、秋芳洞〜サファリパークへは車で20分程と近いので、合わせて行かれる事をおすすめします。

その間にカルスト高原も見られるので、サファリ×秋芳洞×カルスト高原でどっぷり山口の大自然に浸ってみてはいかがでしょうか。

 

秋吉台自然動物公園サファリランド

 

住所 : 〒754-0302  山口県美祢市美東町赤1212

アクセス :

JR山陽本線新山口駅からバスで60分
中国自動車道美祢東JCT~絵堂ICから車で3分

電話番号 :08396-2-1000

定休日 : 不定休

営業時間 : 4月~9月 9:30~17:00 、10月~3月 9:30~16:30

料金 :

入園料金:大人(中学生以上)¥2400  小人(4歳以上)¥1400  シニア(65歳以上)¥2100
餌やりバス:1席¥1100

駐車場:有り 無料

 

 

おすすめのサファリパークその10〜九州自然動物公園アフリカンサファリ( 大分県

 

福岡から2時間、九州唯一のサファリパークです。

安心院高原の真ん中にあり、特に見晴らしのいい場所を選ばなくても動物の写真に絶景が映り込みます。

約6kmのサファリロードをマイカーやジャングルバスで巡る「動物ゾーン」と、ウサギや モルモット などの小動物とふれあうことができる「ふれあいゾーン」のエリアに分けられています。

 

 

動物ゾーンのおすすめの周遊方法はジャングルバス。

ライオンを初めとする肉食動物は勿論、珍しい所でバッファローも近づいて来てくれて、餌やりが出来るんです。

特に早朝は動物達もお腹が空いているのか、抜群の食いつき方です。

一方、マイカーだと自分のペースで動物を見られて、網越しじゃない写真が撮れる等のメリットもあるので、比較して好みの方を選びましょう。

 

 

バスについてくるラクダ。

中東ですが、なぜかアフリカンな雰囲気漂っています。

月や星空の下、ナイトサファリでラクダに出会えたら素敵なんだろうな。

面白い所で、お土産コーナーの1店舗では、ケニアやタンザニアから直輸入した土産品が販売されています。

なんともサファリ感満載なここでしか手に入らないレアグッズがあるので、こちらも覗いてみてくださいね。

 

camp_imag

 

アフリカンサファリ内にはキャンプ場も併設。

毎年、GW中と夏休み期間のみオープンしています。

テント付きなので自分で張る手間はナシ。

清潔なトイレやシャワーもあり、お子様連れでも安心です。

動物ゾーンと接しているので、鳴き声が聞こえる事も。

まさに、サバンナに野宿する気分です。

宿泊料金は、大人¥6500 小人(4歳以上)¥4500ですが、この中にはサファリの入園料、サファリバス乗車料、ナイトサファリ料など含まれているのでとってもお得なんです。

 

jigoku_onsen_img

 

キャンプをした翌日は、別府ならではの温泉を堪能して帰ってみてはいかがでしょうか。

キャンプ場から車で15分程の距離にありますよ。

 

九州自然動物公園アフリカンサファリ

 

住所 : 大分県宇佐市安心院町南畑2-1755-1

アクセス :

【電車】JR「別府」駅より亀の井バス「アフリカンサファリ・安心院」行きで1時間「アフリカンサファリ」停下車すぐ
【車】佐別府道路「速見」ICより国道500号経由6km10分

電話番号 : 0978-48-2331

定休日 : 不定休

営業時間 : 3月〜10月9:00~17:00 11月~ 2月10:00~16:00

料金 :

入園料金: 大人(高校生以上)¥2,500 小人(4才~中学生)¥1,400
ジャングルバス:大人(高校生)¥1100 小人(4才〜中学生)¥900

駐車場:有り 無料

 

 

一重にサファリパークと言っても、それぞれに違いやおすすめポイントが異なり園の努力が感じられます。

絶滅危惧種の繁殖に力を入れているサファリパークもあり、なるべく自然の形でという思いも随所にあります。

あたたかな触れ合いを求めて訪れたいスポットです。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(196)
北海道・東北(19)
  北海道(10)
  宮城(4)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(61)
  千葉(5)
  埼玉(4)
  山梨(3)
  東京(30)
  栃木(1)
  神奈川(15)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(28)
  三重(2)
  富山(1)
  愛知(5)
  新潟(3)
  石川(4)
  福井(1)
  長野(5)
  静岡(6)
近畿(33)
  京都(10)
  兵庫(8)
  和歌山(1)
  大阪(11)
  奈良(1)
  滋賀(2)
中国・四国(15)
  山口(2)
  岡山(3)
  島根(1)
  広島(4)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(25)
  大分(1)
  宮崎(1)
  沖縄(11)
  熊本(2)
  福岡(5)
  長崎(3)
  鹿児島(2)

国外エリア一覧

東南アジア(14)
ヨーロッパ(15)
東アジア・中国・台湾(8)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(6)
オセアニア(4)
アフリカ(1)
北米(6)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(138)
イベント情報(154)
ショッピング・買い物・お土産(153)
シーン別(218)
ビジネス・出張(99)
マナー(57)
ロケ地、舞台(100)
世界遺産(45)
乗り物・交通・アクセス(214)
宿・旅館・ホテル(94)
旅行準備(193)
歴史・豆知識(240)
温泉・スパ(77)
絶景(161)
聖地巡礼(22)
観光旅行(260)
言語・役立ちフレーズ(10)
食事・グルメ(205)
ランキング(126)
デート(168)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(99)
ツアー/旅程(16)
海水浴場・ビーチ・リゾート(17)

人気記事ランキング