logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 北海道

在住者が語る!北海道のおすすめ観光スポット20選





美味しい食材に広大な大地、自然をたくさん満喫できる北海道観光。

食で楽しむか、アクティビティで楽しむか、自然を満喫するか。
どのエリアに行っても空気も美味しく、素晴らしい観光スポットもたくさんありますが、しっかりと計画を立てて移動しなければ時間が足りなくなることでしょう。

そこで今回は、道央・道南・道北・道東の4エリアに分けた観光スポットについてご紹介していきたいと思います。

【目次】在住者が語る!北海道のおすすめ観光スポット20選

 

1ページ目 :

 

1.北海道のどのエリアを観光する?

2.北海道のおすすめ観光スポット5選【道北エリア】

2-1 宗谷総合振興局【稚内市:宗谷岬】

2−2 上川総合振興局【上川町:層雲峡】

2−3 上川総合振興局【美瑛町:青い池】

2-4 上川総合振興局【旭川市:旭山動物園】

2-5 宗谷総合振興局【礼文島】

3.北海道のおすすめ観光スポット5選【道東エリア】

3-1 釧路総合振興局【弟子屈町:摩周湖】

3-2 オホーツク総合振興局【斜里町:知床】

3-3 釧路総合振興局【釧路:阿寒湖】

3-4 釧路総合振興局【厚岸町:牡蠣】

3-5 十勝総合振興局【帯広:豚丼】

 

2ページ目 :

 

4.北海道のおすすめ観光スポット5選【道央エリア】

4−1 後志総合振興局【小樽:小樽運河】

4−2 後志総合振興局【小樽:青の洞窟クルーズ】

4−3 石狩総合振興局【札幌:定山渓温泉】

4−4 石狩総合振興局【札幌:大通公園】

4−5 後志総合振興局【ニセコ】

5.北海道のおすすめ観光スポット5選【道南エリア】

5−1 渡島総合振興局【函館:函館山】

5−2 渡島総合振興局【函館:道南いさりび鉄道】

5−3 胆振総合振興局【登別:登別温泉】

5−4 渡島総合振興局【松前町:松前城】

5−5 胆振総合振興局【苫小牧:ノーザンホースパーク】

 

1.北海道のどのエリアを観光する?

 

hokkaido01_1_29

 

非常に面積が大きい北海道。

一言で北海道に観光に行くと言っても、北から南までは相当な距離になります。

 

北海道在住の方は距離感もピンときますが、道外からの観光客の方は距離感がつかめず、移動時間を見誤って時間を大きく取られるなんて話しも聞かれます。

皆さんがよく聞く分け方は「道央」「道南」「道北」「道東」といった大分類の4つ分け方かと思いますが、まず基本となるのが「総合振興局」別に分ける分け方です。

 

札幌は「石狩」、函館は「渡島」、旭川は「上川」といった具合に、有名観光地も別の名の14のエリアで分けられます。

さらにここから、「道央」「道南」「道北」「道東」の4つに分けたのが、大分類による分け方です。

 

・「道央エリア」石狩、空知、後志
・「道南エリア」渡島、檜山、胆振、日高
・「道北エリア」上川、留萌、宗谷
・「道東エリア」網走、十勝、釧路、根室

 

こうした分け方はあくまでも一般的な分け方で、エリア分けにもいくつかのパターンが存在するため、どれが正解かというのはありません。

北海道を観光するポイントとなるのは、各エリアの特徴を意識して、自分に合いそうなエリアを知ることです。

では具体的に、各エリアにはどのような特徴や観光スポットがあるのかを見てみましょう。

 

 


2.北海道のおすすめ観光スポット5選【道北エリア】

 

hokkaido01_1_30

 

北海道の中心から北のエリアを「道北エリア」と呼び、「上川」「留萌」「宗谷」の3つの総合振興局が道北エリアに属します。

道北エリアの特徴としては、北海道らしい大自然と広い空、四季によって全く違う顔を見せる景色が特徴。

何度か訪れると、その景観の違いや魅力がわかる観光スポットが多いです。

 

2-1 宗谷総合振興局【稚内市:宗谷岬】

 

 

道北と言えば北海道の最北端、つまりは日本の最北端という事になります。

中でも最も最北端となるのが「宗谷岬」です。

 

宗谷岬には「日本最北端の地の碑」が建てられており、宗谷岬からわずか43kmの「サハリン(樺太島」」が見られます。

 

 

また、宗谷岬には以下のいくつかのモニュメントが建てられてます。

 

日本最北端(樺太を除いて)ということもあり、様々な物語がある宗谷岬。

事前にこうした物語について学んでいくと、より一層に宗谷岬を訪れるのが考え深いものになるかもしれません。

 

・宗谷岬音楽碑
・祈りの塔
・平和の碑
・宗谷海域海軍戦没者慰霊碑
・世界平和の鐘
・子育て平和の鐘
・間宮林蔵の立像
・ラ・ペルーズの碑
・宮沢賢治文学碑
・旧海軍望楼

 

最北端のグルメも

 

 

中でも、「間宮堂」のラーメンが有名で、ホタテ等の海産物を使ったラーメンが人気です。

ただし、冬期は休業となりますので注意が必要です。

 

名称:間宮堂
住所:稚内市宗谷岬4-1 平和公園内
電話番号:0162-76-2453
営業時間:10:00〜16:00
定休日:11月中旬〜4月中旬

 

2−2 上川総合振興局【上川町:層雲峡】

 

 

観光地としては温泉地としても有名な「層雲峡温泉」がありますが、層雲峡の魅力は何と言っても、四季によって様々な魅力が堪能できる美しい景色です。

 

春の層雲峡ではダイナミックな雪解けの景色や、新緑の景色がとても新鮮な気持ちにさせてくれます。

紅葉シーズンの層雲峡の景色と見比べてみるのもおすすめです。

 

夏の層雲峡は「大函」「小函」の絶景の峡谷が良いです。

約24kmの断崖絶壁の景色は、層雲峡ならではの自然を感じさせる絶景スポットとなっており、夏だけではなく紅葉シーズンでも足を運ぶ勝ちがありますよ。

 

秋には素晴らしい紅葉の景色が堪能できる層雲峡。

北海道内は層雲峡以外にも紅葉の美しい場所がたくさんありますが、層雲峡にある「紅葉谷」の紅葉は別格の美しさです。

 

往復1時間程の散策路もあり、「紅葉の滝」を目指せば紅葉と滝の美しい景色を堪能することが出来ます。

 

極寒の祭り「氷爆まつり」

 

 

冬の層雲峡温泉では「氷瀑まつり」がおすすめ。

 

道北の雪質は、道央や道南の雪質とは違い、パウダースノーというよりかは氷に近い雪質。

「氷瀑まつり」はそんな雪質を活かした氷の祭で、氷の雪像や滑り台、巨大な氷の洞窟、氷で作られた氷酒場などが楽しめます。

 

このように、四季折々の自然を満喫できるのが層雲峡の見どころで、層雲峡温泉を拠点に行動することで層雲峡の名所巡りが出来ます。

 

名称:層雲峡観光協会
住所:北海道上川町層雲峡温泉
アクセス:旭川からバスで110分
電話番号:(層雲峡観光協会) 01658-2-1811

 

2−3 上川総合振興局【美瑛町:青い池】

 

 

一昔前までは隠れスポットやパワースポットとして紹介されていた美瑛町にある「青い池」。

この池が発見されたのは意外と最近の話で、1997年にプロカメラマンによって偶然発見されたのが最初と言われています。

 

青い池は非常に神秘的な雰囲気を持つ池で、池の水は透明ながら、陽の光や季節によって池の水が青く見えることから、今や海外観光客も訪れる有名観光スポットとなりました。

 

iPhone等で知られる企業、Apple社が手がけるパソコンの「壁紙」に採用されたことでも、青い池の存在が知れ渡るきっかけになったとも言われています。

 

青い池は何故青い?

 

hokkaido01_22

 

青い池が「青く」見える正体は、池そのものに色が付いているわけではなく、池の水に混ざった「コロイド」と呼ばれる微粒子です。

 

このコロイド上の微粒子が太陽の光を散乱させ、私達の目で見ると「青く」見えているのです。

さらに、青い池の底に沈むイオウや石灰成分を含む石や岩が、光の散乱をさらに助長させ、より青い色に見えているわけです。

 

本来、青い池は泥流災害を防ぐ目的で作られた「池」の一つでした。

 

しかし偶然にも、この「池」は近隣の温泉地から流れるアルミニウムを含む水と、近隣を流れる川の水が合わさる場所にあり、この2種の水が混ざることで「コロイド」を生成していたのです。

 

温泉地からの水は、さらにイオウや石灰を含む水であったことから、より強い青色に見える「青い池」が作られたわけです。

 

人工的とも、自然とも言える形で形成されている青い池ですが、自然と一体となった、非常に幻想的な雰囲気を醸し出す観光スポットとなっています。
 

名称:青い池
住所:上川郡美瑛町白金
アクセス:JR美瑛駅より車で20分
営業時間:なし(冬期はライトアップ終了まで)
定休日:なし

 

2-4 上川総合振興局【旭川市:旭山動物園】

 

 

行動展示という動物の展示方法で一躍、全国的にも有名になった「旭山動物園」。

お子様連れでも、お子様連れでなくても旭川観光に訪れた際には、ぜひとも一度訪れてみて欲しい観光スポットです。

 

そして、カップルでの観光にも最適な旭山動物園。

 

8月中は「夜の動物園」、2月中は「雪あかりの動物園」と数日間は夜まで動物園が営業されており、普段では見られない動物たちの様子や、日中のイメージとはうってかわった動物園の様子を楽しむことが出来ます。

 

大きな 動物園 も楽しいですが、旭山動物園の楽しさはその独特な展示方法。

 

動物たちを「見る」という動物園から、動物たちの「行動を見る」という動物園。

今となっては珍しくなくなりましたが、行動展示の元祖とも言える旭山動物園は、今もなお進化を続けています。

 

行動展示に加え「混合展示」も

 

 

行動展示の代表でもある、旭山動物園を一躍有名にしたホッキョクグマの巨大プールで見るホッキョクグマのダイブは一見の価値あり。

また、日本では道東のみに生息する「タンチョウ」が見られたり、2013年に完成したカバ館では、深さ3mのプールを泳ぐ珍しいカバの姿を見ることも出来ます。

 

そして、現在は行動展示に加えて「混合展示」が注目です。

動物園では同種の展示が基本となりますが、混合展示は「クモザル」と「 カピバラ 」と言ったように、同じ地域に生息する異なる動物同士を展示する方法。

いかに自然に近い形で動物たちが生活し、その様子を魅せるかが、旭山動物園の最大の特徴となっています。

 

動物たちの生き生きとした様子や、動物たちの愛らしい姿を撮影しようと、シャッターチャンスを狙うのに意外と時間を要する観光スポットなので、1日がかりで予定を組むのをおすすめします。

 

名称:旭川市旭山動物園
住所:北海道旭川市東旭川町倉沼
アクセス:JR旭川駅からバスで40分
電話番号:0166-36-1104
開園時間:
(夏期)
4月29日~10月15日 9:30~17:15(入園は16:00まで)
10月16日~11月3日 9:30〜16:30(入園は16:00まで)
(冬期)
11月11日~4月8日)10:30~15:30(入園は15:00まで)
定休日:上記以外の期間(※平成29年度・平成30年度のスケジュール)年末年始

 

2-5 宗谷総合振興局【礼文島】

 

 

A post shared by Momo bambi (@maxbanbi) on

 

日本最北端まで来たら、日本最北端の離島も行くべき!

その離島が「礼文島」です。

 

東海岸はなだらかな地形と美しい海がひろがる景観ながら、西海岸は断崖絶壁の全く違った景観が広がる、国立公園にも指定された礼文島の景色。

「花の浮島 礼文」とも呼ばれる礼文島には、約300種類もの高山植物が咲き乱れ、礼文島独自の植生を見られることでも有名です。

また、礼文島の各地に残る遺跡には、縄文人の道具や貝のアクセサリーも出土していたり、その後の時代を生きていた方々の道具なども多数出土している場所です。

 

2012年には吉永小百合さんが主演する映画、「北のカナリアたち」のロケ地としても使われた礼文島。

現在は「カナリアパーク」として、ロケ地もそのまま展示されていますので、映画を見た方は観光スポットとしても楽しめるでしょう。

 

離島ならではの「うにとり体験」

 

hokkaido01_16

 

礼文島はやや大人の観光地というイメージも強いですが、お子様も楽しめる体験もたくさんあるのです。

 

中でも注目したいのが「うにとり体験」。

実際に漁師が使う「タモ」で、礼文島の海岸に生息するうにを獲る「うにとり」を体験することができ、獲ったうにも食べることができるという、礼文島ならではの体験が行なえます。

 

このほか「海藻クラフト体験」や「利尻昆布お土産づくり体験」など、北海道ならでは、さらには礼文島ならではの体験ができるので、お子様たちも十分楽しめるでしょう。

 

名称:礼文島
住所:北海道礼文郡礼文町大字香深村
アクセス:稚内港からフェリーで1時間55分
電話番号:0163-86-2655

 

 

3.北海道のおすすめ観光スポット5選【道東エリア】

 

hokkaido01_1_27

 

北海道観光というと札幌や函館などの観光スポットに集中しがちですが、よりリアルな北海道の自然を味わうならば、「道東エリア」は外せません。

道東エリアは「網走」「十勝」「釧路」「根室」の4つの総合振興局からなり、中でも世界自然遺産に登録された「知床」が有名な観光スポット。

札幌圏から道東エリアへの移動距離・移動時間がネックにはなりますが、自然を堪能したい方や道産の食材を食べたい方は、道東エリアがおすすめです。

 

3-1 釧路総合振興局【弟子屈町:摩周湖】

 

 

世界ではロシアの「バイカル湖」に次いで、世界第2位の透明度を誇る湖で知られる「カルデラ湖」の「摩周湖(ましゅうこ)」。

かつては世界1位の透明度を誇っていましたが、植物プランクトンの増加などによって世界第2位の透明度になりました。

 

「カルデラ湖」とは、簡単に言うと火山によって形成された湖のこと。

「カルデラ」とは火山によって作られた巨大なくぼみの事を指し、そこに湖ができているものを「カルデラ湖」と呼び、日本では「火山湖」と呼ばれる場合もあります。

 

年間100日以上が霧?「霧の摩周湖」

 

 

年配の方は1966年にヒットした「霧の摩周湖(歌:布施明)」という曲でもお馴染みですが、題名の通り、摩周湖は一年中「霧」がかかっている湖としても有名です。

その霧のかかりようから、摩周湖が一望出来るほどに見渡すことが出来たら、婚期が遅れるという都市伝説が生まれるほどなのです。

 

とはいえ、摩周湖を一望出来れば、その美しさに感動することでしょう。

「摩周ブルー」とも呼ばれる湖の色は、その日の天気や見る角度によっても青の深さが変わり、何度訪れてもまた違った色を楽しめます。

 

 

摩周湖を一望するには、

 

・摩周第一展望台
・摩周第三展望台
・裏摩周展望台
・カムイシュ島
・摩周岳

 

といった展望スポットがありますので、それぞれの展望台で違った摩周湖の景色を楽しむのも良いでしょう。

夏は霧の発生が多いですが、幻想的な摩周湖を見ることができ、冬は「摩周ブルー」が最も美しく見られる季節と言われます。

 

一年のうち、100日以上が霧に包まれている摩周湖。

どの季節も美しい景色が見られますが、好みの景色は人によって違うかもしれません。

 

名称:摩周湖
住所:北海道川上郡弟子屈町
アクセス:摩周駅からバスで20分
電話番号:(財)自然公園財団 015-483-2567

 

3-2 オホーツク総合振興局【斜里町:知床】

 

 

2005年にユネスコの世界自然遺産に登録された「知床」。

道東を観光するのであれば、今や外せない観光スポットとなりました。

 

知床の魅力は何と言っても、世界遺産に登録されただけある壮大な自然を満喫できるという点です。

「知床半島」では「海」「川」「陸」それぞれで生活する動植物が生存、知床半島だけで食物連鎖が成り立っており、人手の入っていない自然も残

された貴重な場所となっています。

 

 

また、世界的にも希少種とされる動植物も生存しており、「オオワシ」や「シマフクロウ」といった絶滅危惧種や、「オジロワシ」「ヒグマ」「エゾシカ」「トド」といった動物が見られます。

 

中でも「オオワシ」は世界で5,200羽ほど、シマフクロウは世界でも140羽ほどしか生存していない動物。

知床には333種類の動物・鳥が生存しており、上記に挙げた動物を見られるだけでも、知床に訪れる価値は十分にあるでしょう。

 

王道のコースは「知床五湖巡り」

 

 

知床を観光するのに王道となる観光コースは、知床の自然を間近に感じることの出来る「知床五湖」巡りです。

 

知床五湖は、「一湖」「二湖」「三湖」「四湖」「五湖」の五つからなる湖の名称。

知床五湖巡りルートは、この五湖を全長800mの原生林の中を歩きながら巡るルートです。

 

 

知床五湖へは、高架木道か遊歩道のいずれかのコースで巡ることが出来るので、世界遺産にもなった自然を間近で体験することができる、知床に訪れたら必ず行っておきたい場所となっています。

 

世界自然遺産に登録されている日本の観光地は、「知床」「白神山地」「屋久島」「小笠原諸島」の全部で4ヶ所。

世界自然遺産巡りをしている方も、初めての世界自然遺産の方も、大自然の雄大さに感動することでしょう。

 

名称:知床五湖
住所:北海道斜里郡斜里町遠音別村
アクセス:JR知床斜里駅からバスで約60分
電話番号:(知床五湖フィールドハウス)0152-24-3323

 

3-3 釧路総合振興局【釧路:阿寒湖】

 

 

「マリモ」という生物名を一度は耳にしたこともあるのではないでしょうか。

マリモは「阿寒湖」に生息する「藻」の一種で、漢字では「毬藻」と表記される生物。

 

マリモは漢字でも表記されるように「球状の藻」というイメージがありますが、実はマリモは球状の生物ではなく糸状の「糸状体」の生物で、一般的にイメージされる球状のマリモは、この糸状体の集合体なのです。

 

この「糸状体」のマリモに関しては阿寒湖の他、

 

・北海道:阿寒湖、シラルトロ湖、塘路湖、達古武沼、チミケップ湖
・青森県:左京沼、田面木沼、市柳沼、姉沼、内沼、小川原湖
・山梨県:山中湖、河口湖、西湖
・滋賀県:琵琶湖

 

上記に挙げられた湖でも確認できます。

しかし、「球状」に集合したマリモを見られるのは世界的にも「阿寒湖」とアイスランドの「ミーヴァトン湖」のみ。

 

また、マリモは日本の特別天然記念物としても指定されており、マリモ自体も絶滅危惧種(EN:Endangered)としてレッドリストに指定されている生物なのです。

オーストリアの「ツェラー湖」でもかつて、球状のマリモが生息していましたが、観光開発などの影響によって絶滅してしまった事を考えると、阿寒湖のマリモも他人事ではありません。

 

天然の「球状マリモ」を見るには?

 

 

前述のように、マリモは絶滅の危機に瀕している為、一般の方が天然のマリモを見ることは出来ません。

 

マリモの保護を目的としたものなので仕方がありませんが、それでも阿寒湖の天然の球状マリモが見たい!という方は、遊覧船に乗って阿寒湖に浮かぶ「チュウルイ島」へ行ってみましょう。

 

このチュウルイ島には「マリモ展示観察センター」が設置されており、入場料も無料で天然の球状マリモを観察することが出来るんです。

また、マリモについての詳しい生態を学ぶことや、世界各国のマリモも展示されているので、マリモについてじっくりと学ぶことが出来ます。

 

道東に来て自然を満喫するのも良いですが、こうして絶滅の危機に瀕する自然界の生物について学ぶことも、たまには良いのではないでしょうか。

 

名称:阿寒湖(チュウルイ島「マリモ展示観察センター」)
住所:北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉(チュウルイ島)
アクセス:阿寒湖まで:JR釧路駅から車で約75分
電話番号:(阿寒観光汽船)0154-67-2511
営業期間:4月29日〜11月30日まで(期間中は無休)
営業時間:遊覧船の運行時間内

 

3-4 釧路総合振興局【厚岸町:牡蠣】

 

 

北海道は食の宝庫としても有名ですが、ここ厚岸町の「牡蠣」は濃厚な甘みがある美味しい牡蠣の名産地としても知られます。

 

牡蠣は日本全国で養殖されている貝ですが、特に暖かい地域で育てられる牡蠣は成長が早く、収穫量も多いのが特徴。

日本で一番に収穫されるのが広島県の64%、次いで宮城県が11%のシェアを誇っています。(2014年のデータ)

 

一方、水温も低く成長が遅い厚岸産の牡蠣は、じっくりと時間をかけて育ち、たくさんの栄養を吸収しながら育つため、旨味や甘味が凝縮されているのが特徴です。

その秘密となるのが、厚岸町にある「厚岸湖」「厚岸湾」の存在です。

 

厚岸産の牡蠣は「厚岸湖」と「厚岸湾」を移動させ、自然の温度差を利用しながら養殖のタイミングをコントロールし、育てられてます。

特に厚岸湖は、淡水と海水が混じり合う「汽水湖」と呼ばれる塩分を多く含む湖で、美味しい牡蠣を育てるのに恵まれた環境となっているのです。

 

成長が遅いとはいえ、牡蠣の産卵時期を調節しながら育てられているため、厚岸産の牡蠣は一年中食べられるというのもポイントとなります。

 

牡蠣の乱獲と復活の歴史

 

 

厚岸町の牡蠣は、数百年前までは天然牡蠣の宝庫として有名な土地でした。

しかし、天然牡蠣の宝庫も乱獲によって牡蠣が枯渇してしまい、天然牡蠣が絶滅寸前の事態に陥ってしまうのです。

 

その後は宮城県産の牡蠣を仕入れ、「地まき式」と呼ばれる養殖法で牡蠣を育てていましたが、厚岸と宮城県の環境の違いからか、上手く育てることができませんでした。

 

そこで海外の養殖技術を取り入れるなどして、厚岸産の天然の牡蠣を復活させるべく生産を開始し、2000年には純厚岸産の牡蠣「カキえもん」を出荷できるまでになったのでした。

 

高い人気を誇る「カキえもん」は季節を問わず、いつでも美味しい牡蠣を堪能できる、厚岸を代表する特産品となっています。

 

 

厚岸を訪れた際には「道の駅 厚岸グルメパーク」に寄って、美味しい牡蠣を堪能してみてはいかがでしょうか。

 

名称:道の駅 厚岸グルメパーク
住所:北海道厚岸郡厚岸町字住の江2丁目2番地
アクセス:JR厚岸駅より車で5分
電話番号:0153-52-4139
営業時間:
(4月〜10月)9:00〜21:00
(11月〜12月)10:00〜19:00
(1月〜3月)10:00〜18:00
定休日:月曜日(4月〜6月、9月〜3月、年末年始)(7月〜8月は無休)

 

3-5 十勝総合振興局【帯広:豚丼】

 

 

道東 JR帯広駅に降り立って、小腹が減っていたらぜひ試しておきたいのが帯広の「豚丼」です。

 

全国的にも親しまれる「豚丼」ですが、実は道東地方では豚丼は郷土料理のひとつ。

帯広開拓が始まった1883年頃、4頭の豚から養豚が始められ、開拓民の栄養食として「豚肉」が親しまれるようになったのだとか。

 

現在では飲食チェーン店も豚丼をメニューに取り入れており人気のメニューとなっていますが、豚丼の元祖となっているのが帯広駅北口にある「元祖 豚丼のぱんちょう」。

そして、豚丼が作られるきっかけとなったのが、「道東の寒さ」と「うな丼」だったそうです。

 

こうして豚丼は帯広から拡がり、今や全国的に愛されるメニューになりました。

 

軒を連ねる帯広の豚丼専門店

 

 

こうしたルーツもあり、帯広では豚丼がローカルフードとして愛されていますが、さすがは豚丼の発信地とあって、帯広市内は以下のような豚丼専門店が軒を連ねています。

 

・ぶた丼のとん田
・十勝豚丼 いっぴん 帯広本店
・豚丼のぶたはげ
・ハゲ天 本店
・ぶたいち 帯広本店
・はなとかち
・ゆうたく
 

帯広民は月に1〜2回も豚丼を食べるというデータもあるようですが、さすがは豚丼の本拠地 帯広だけあって、豚丼を食べるのは店ではなく家庭料理として食べるのだとか。

 

帯広を訪れた際には、ぜひ観光の一つとして豚丼専門店を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

名称:元祖 豚丼のぱんちょう
住所:北海道帯広市西一条南11-19
アクセス:帯広駅前から徒歩3分
電話番号: 0155-22-1974
定休日:月曜、第1・3火曜(祝日の場合営業、翌日休、連休)
営業時間:11:00~19:00

 

 

ここまでは北海道の「道北エリア」、「道東エリア」をご紹介してきました。

好みの観光地があったでしょうか。

続いては「道央エリア」、「道南エリア」についてご紹介していきます。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(196)
北海道・東北(19)
  北海道(10)
  宮城(4)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(61)
  千葉(5)
  埼玉(4)
  山梨(3)
  東京(30)
  栃木(1)
  神奈川(15)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(28)
  三重(2)
  富山(1)
  愛知(5)
  新潟(3)
  石川(4)
  福井(1)
  長野(5)
  静岡(6)
近畿(33)
  京都(10)
  兵庫(8)
  和歌山(1)
  大阪(11)
  奈良(1)
  滋賀(2)
中国・四国(15)
  山口(2)
  岡山(3)
  島根(1)
  広島(4)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(25)
  大分(1)
  宮崎(1)
  沖縄(11)
  熊本(2)
  福岡(5)
  長崎(3)
  鹿児島(2)

国外エリア一覧

東南アジア(14)
ヨーロッパ(15)
東アジア・中国・台湾(8)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(6)
オセアニア(4)
アフリカ(1)
北米(6)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(138)
イベント情報(154)
ショッピング・買い物・お土産(153)
シーン別(218)
ビジネス・出張(99)
マナー(57)
ロケ地、舞台(100)
世界遺産(45)
乗り物・交通・アクセス(214)
宿・旅館・ホテル(94)
旅行準備(193)
歴史・豆知識(240)
温泉・スパ(77)
絶景(161)
聖地巡礼(22)
観光旅行(260)
言語・役立ちフレーズ(10)
食事・グルメ(205)
ランキング(126)
デート(168)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(99)
ツアー/旅程(16)
海水浴場・ビーチ・リゾート(17)

人気記事ランキング