logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 山梨

山梨旅行はこれで完璧!県内全域からエリア別におすすめ観光スポット30選を厳選!





富士山をはじめ多くの山々に囲まれ、自然豊かな山梨県。

独自の歴史や食文化が息づいている魅力的な場所でもあります。
また、モモやブドウなど果物の一大生産地としても知られています。

そんな山梨県の観光スポットは、定番の富士五湖や昇仙峡、八ヶ岳エリアだけではありません。
今回は、あまり紹介されることのなかったエリアを含め、県内全域から選りすぐりの観光スポットを厳選しました。

地元の人しか知らない穴場スポットも多数網羅しています。
バラエティーに富んだ山梨県の観光スポットをたっぷり満喫してみてください。

【目次】山梨旅行はこれで完璧!県内全域からエリア別におすすめ観光スポット30選を厳選!

 

1ページ目 :

 

「甲斐の国」山梨県ってどんなところ?

郷土の英雄・武田信玄

山梨のグルメ

山梨のグルメ①:ほうとう

山梨のグルメ②:吉田のうどん

山梨のグルメ③:忍野八海のそば

山梨のグルメ④:甲府鳥もつ煮

山梨の観光地・エリア別分類

大月・都留エリア

石和・勝沼・西沢渓谷エリア

甲府・昇仙峡エリア

清里・小淵沢・韮崎エリア

富士川流域・南アルプスエリア

富士山・富士五湖エリア

大月・都留エリアのおすすめ観光スポット1:山梨県立リニア見学センター(都留市)

大月・都留エリアのおすすめ観光スポット2:猿橋(大月市)

大月・都留エリアのおすすめ観光スポット3:岩殿山(大月市)

大月・都留エリアのおすすめ観光スポット4:桂川ウェルネスパーク(大月市)

大月・都留エリアのおすすめ観光スポット5:道志渓谷(道志村)

 

石和・勝沼・西沢渓谷エリアのおすすめ観光スポット1:笛吹川フルーツ公園(山梨市)

石和・勝沼・西沢渓谷エリアのおすすめ観光スポット2:石和温泉郷(山梨市)

石和・勝沼・西沢渓谷エリアのおすすめ観光スポット3:西沢渓谷(山梨市)

石和・勝沼・西沢渓谷エリアのおすすめ観光スポット4:勝沼ぶどうの丘(甲州市)

 

2ページ目 :

 

甲府・昇仙峡エリアのおすすめ観光スポット1:武田信玄公銅像(甲府市)

甲府・昇仙峡エリアのおすすめ観光スポット2:武田神社(甲府市)

甲府・昇仙峡エリアのおすすめ観光スポット3:甲斐善光寺(甲府市)

甲府・昇仙峡エリアのおすすめ観光スポット4:信玄堤公園(甲斐市)

甲府・昇仙峡エリアのおすすめ観光スポット5:昇仙峡(甲府市)

 

清里・小淵沢・韮崎エリアのおすすめ観光スポット1:山梨県立フラワーセンター・ハイジの村(北杜市)

清里・小淵沢・韮崎エリアのおすすめ観光スポット2:銀河鉄道展望公園(韮崎市)

清里・小淵沢・韮崎エリアのおすすめ観光スポット3:尾白川渓谷(北杜市)

清里・小淵沢・韮崎エリアのおすすめ観光スポット4:清里高原・清泉寮(北杜市)

清里・小淵沢・韮崎エリアのおすすめ観光スポット5:白州・尾白の森名水公園べるが(北杜市)

 

富士川流域・南アルプスエリアのおすすめ観光地1:身延山・久遠寺(身延町)

富士川流域・南アルプスエリアのおすすめ観光地2:七面山・敬慎院(早川町・身延町)

富士川流域・南アルプスエリアのおすすめ観光地3:秘境・赤沢宿(早川町)

富士川流域・南アルプスエリアのおすすめ観光地4:秘温・奈良田温泉(早川町)

富士川流域・南アルプスエリアのおすすめ観光地5:大門碑林公園(市川三郷町)

 

3ページ目 :

 

富士山・富士五湖エリアのおすすめ観光スポット1:富士五湖(山中湖村・富士河口湖町・身延町)

①山中湖(山中湖村)

②河口湖(富士河口湖町)

③西湖(富士河口湖町)

④本栖湖(富士河口湖町・身延町)

⑤精進湖(富士河口湖町)

富士山・富士五湖エリアのおすすめ観光スポット2:西湖こうもり穴(富士河口湖町)

富士山・富士五湖エリアのおすすめ観光スポット3:杓子山(富士吉田市・都留市・忍野村)

富士山・富士五湖エリアのおすすめ観光スポット4:新倉山浅間公園(富士吉田市)

富士山・富士五湖エリアのおすすめ観光スポット5:さかな公園(忍野村)

富士山・富士五湖エリアのおすすめ観光スポット6:忍野八海(忍野村)

 

「甲斐の国」山梨県ってどんなところ?

 

御坂峠富士山
御坂峠からの富士山:Photo by hogeasdf on Visual Hunt / CC BY

 

山梨県の旧国名は「甲斐(かい)の国」~今でも甲斐という表現は市町村名ほか地名にも多く使われ、この地に深く浸透しています。

「甲州街道」など甲州という言葉も甲斐の国を意味しています。

甲斐がここ山梨を指すようになった歴史は、遠く大和時代にまで遡るとされ、山の峡(カヒ=間)、つまり山々間に由来するという説が有力です。

 

甲斐=山の峡といわれるように山梨県は富士山、南アルプス、八ヶ岳など周囲を2000mを超える山々に囲まれており、県内の8割が山岳地帯で占められています。

そのため可住地面積は全国45位と低くなっています。

現在山梨県は13市5郡8町6村の市町村から構成されており、甲府市が県庁所在地となっています。

気候的には甲府を有する「甲府盆地」は、夏の暑さと冬の寒さがともに顕著ですが、全体的には年間降水量が少なく日照時間が長いのが特徴です。

 

地理的には中部地方に属しますが、行政区分的には関東地方(首都圏)に含まれるという珍しい県です。

首都圏(都心)から山梨県を訪れるには、電車ではJR中央本線、マイカーでは中央高速道路を利用するのが最も一般的なルートとなっています。

 

山梨ブドウ
特産のブドウ:Photo by t-mizo on Visual hunt / CC BY

 

「フルーツ王国」の別名を持つほど果樹栽培が盛んな県で、特にモモとブドウの生産量は日本一を誇ります。

しかし、県名にある「梨」はほとんど栽培されていません。

 

ちなみに「山梨」の名前は、かつて甲斐の国に存在した山梨郡(現在の山梨市、甲州市周辺)に由来しています。

この周辺が平坦な土地だったことから「山ならす(山平らす)」から「やまなし」に転化し、梨の字を当てはめたとの説が有力です。

 

 


郷土の英雄・武田信玄

 

武田信玄像
武田信玄像: Wikipedia

 

山梨を語るにあたって、絶対に外せない人物は「武田信玄」です。

山梨の代表的銘菓・信玄餅をはじめとして信玄に因んだ物品は数知れず・・・。

郷土食・ほうとうも信玄が考案した陣中食だったとか、温泉を探し当てたとか・・・真偽はともかく、現地ではカリスマ的な人気を誇る英雄となっています。

そこで武田信玄という人物について簡単におさらいしておきましょう。

 

川中島・信玄と謙信一騎打ち
川中島合戦・信玄と謙信一騎打ち: Wikipedia

 

武田信玄(1521-1573)は最も有名な戦国大名のひとりです。

「風林火山」の旗印と、白い毛のついた兜「諏訪法性兜」はこの人を代表するシンボルになっています。

 

最初は武田晴信を名乗り、のち出家して徳栄軒信玄に改名しました。

平安時代から続く名門・甲斐源氏嫡流の武田家嫡男として生まれ、21歳の時に父信虎を追放して当主の座に就きました。

抜群の軍事的才能で隣国信濃を攻略、やがて終生のライバルとなる越後の上杉謙信とは「川中島の合戦」で激戦を繰り広げます。

北条氏、今川氏とも抗争し、最盛期には本国・甲斐のほか信濃、上野、駿河、遠江と広大な領地を獲得しました。

織田信長も信玄と戦うことを恐れ、信玄の機嫌を損ねないように苦心したといわれます。

 

しかし、最終的には信長と対立、元亀3年(1572年)将軍・足利義昭の信長討伐に応じる形で京都に進軍を開始します。

遠州・三河・美濃・尾張へ発向して、存命の間に天下を取つて都に旗をたて、仏法・王法・神道・諸侍の作法を定め、政をただしく執行はんとの、信玄の望み是なり 」~上洛に際して信玄はこう述べたといわれます。

信長を斃したあとに、信玄が天下を統一しようと考えた定かではありませんが、この言葉からは天下への野望が伺えます。

武田軍は圧倒的な強さを誇り、「三方ヶ原の戦い」では後の天下人・徳川家康を完膚なきまでに打ち破っています。

 

ところが、途中で発病し、上洛途上の信濃駒場で病死してしまいました。

既に嫡男・義信は亡く、かつて敵対した信濃諏訪氏の血筋を引く四男・諏訪勝頼が本家の後継者となります。

 

信玄の跡を継いだ勝頼は勇敢な武将でしたが、父・信玄を超えることができず国力は衰退、離反者が相次ぎ、ついに天正10年(1583年)天目山で自刃し、名門武田氏は滅亡します。

余談ですが武田氏を滅ぼした織田信長・信忠父子も、わずか3か月後に本能寺で滅ぼされることになりました。

 

信玄
武田信玄: Wikipedia

 

武田信玄は軍事の天才というばかりでなく、領国経営の才能も抜群でした。

川の氾濫を防止するために堤防を造り、同時に新田の開墾も行っています。

これが今も残る「信玄堤」であり、住民は安心して生活することができるようになったともいわれています。

「人は石垣、人は城・・・」と例え、人材を重用して城を築かなかった話も有名です。

 

信玄に壊滅的な敗北を喫した徳川家康も信玄を深く崇敬し、武田流の軍学を導入すると同時に、武田遺臣を家臣として採用しています。

また、自身の息子・信吉を当主として武田氏の再興をもくろみましたが、信吉の早世により実現しませんでした。

 

信玄が山梨で愛され、崇敬される理由として、下記の理由が考えられるでしょう。

 

  • 甲斐に栄光の時代をもたらしたこと。
  • 現在にも受け継がれる優れた治世。
  • 天下を目指す直前に病死した悲劇性。
  • 最後の大戦となった三方ヶ原の戦いで、徳川家康をコテンパンにしたこと。
  • 信玄亡き後、武田氏があっけなく滅んでしまった悲劇。

 

 

山梨のグルメ

 

山梨県はご当地グルメが豊富、特に麺類はバラエティに富んでいます。

山梨を訪れたら是非食べてみたいグルメを紹介します。

 

山梨のグルメ①:ほうとう

 

ほうとう不動
ほうとう不動・東恋路店: 食べログ

 

山梨の郷土食として最もポピュラーな存在ながら、県外ではなかなか食べられないグルメが「ほうとう」です。

武田信玄が陣中食として考案し、自らの「宝刀」で具材を刻んだなんて話が伝わっていますが、その原型は奈良時代位からあったともいわれています。

 

ほうとうは、小麦粉を原料としたうどんに近い麺類で、ざっくりと切った太麺が特徴です。

特にかぼちゃを具材とし、味噌仕立ての汁で煮込んだ鍋で提供されます。

県内では至る場所で食べられますが、観光客目当てのお店では、具材にクマ肉やすっぽんを使用しているところもあるようです。

 

山梨のグルメ②:吉田のうどん

 

山崎屋うどん
山崎屋うどん: 食べログ

 

吉田のうどんは、富士吉田市を中心に食べられる郷土料理です。

硬くて非常にコシの強い麺が特徴であり、お店で提供される麺のほとんどが自家製麺です。

味噌と醤油をブレンドしたつゆが主流ですが、お店によっては味噌だけだったり、醤油だけだったりと違いがあります。

 

具材は生産地が近くにあるためキャベツが定番、肉は馬肉を使用しています。

富士吉田市内で頒布されている「うどん店舗マップ」で店舗情報を知ることができます。

ほとんどのお店が民家だったりして、閉店時間が平均14:00と早いので、ランチを兼ねて早めに訪れることをおすすめします。

 

山梨のグルメ③:忍野八海のそば

 

忍野八海そば
忍野八海名泉そば: 食べログ

 

名勝・忍野八海は富士山の湧水が豊富な名水の里です。

この名水を使用したそばは絶品で、忍野八海を訪れたら必ず食べておきたい逸品です。

ぜひおすすしたいのが、忍野八海の入口付近に複数ある「製麺所」で試食すること。

 

もちろんお土産として購入することが前提となりますが、無料でそばを味わうことができます。

試食といっても一人前以上あり、これだけでお腹いっぱいになります。

 

山梨のグルメ④:甲府鳥もつ煮

 

奥藤
奥藤本店: 食べログ

 

甲府市が誇る「B級グルメグランプリ」優勝料理として認知度がアップしているのが、この「甲府鳥もつ煮」です。

鶏の内臓(砂肝、レバー、きんかんなど)を砂糖と醤油で甘く煮込んでいます。

昭和25年ごろ、甲府市内のそば店で考案されたといわれ、現在ではそば店だけでなく市内の多くの飲食店で味わうことができます。

お酒のおつまみにも最適です。

 

 


山梨の観光地・エリア別分類

 

山梨県の領域は、「甲斐の国」の時代からほとんど変わっていません。

ただ、同じ県内でも地域によって、気候や風土に違いがあります。

そこで今回、下記の6つのエリアに分けて紹介したいと思います。

 

1.大月・都留エリア (東部)

2.石和・勝沼・西沢渓谷エリア (中央東部)

3.甲府・昇仙峡エリア (中央部)

4.清里・小淵沢・韮崎エリア (北部・北西部)

5.富士川流域・南アルプスエリア (南部。南西部)

6.富士山・富士五湖エリア(東南部)

 

各エリアの特徴、観光シーズンや概略をまとめましたので、参考にしてみてください。

 

大月・都留エリア

 

猿橋
猿橋:Photo by hogeasdf on Visual hunt / CC BY

 

山梨県東部に位置するこのエリアは、古くから甲州街道の宿場町として栄えてきた場所です。

東京・神奈川からのアクセスも良好で、JR中央本線の駅や中央高速道路のICも整っています。

気候的には降水量が少なく、晴天の日が多いなどの特徴があります。

 

神奈川県 との結びつきが強く、このエリアを流れる桂川は、神奈川県内に入ると「相模川」と名を替え、相模湾に注ぎます。

道志村は横浜市の水源地・・・一時期横浜市への編入が検討されたことがあります。

キャンプ場も多く、アウトドアを存分に楽しめるエリアです。

 

新緑や紅葉など四季を通じて楽しめますが、春先から夏にかけては特におすすめです。

日本三大奇橋「猿橋」もこのエリアにあります。

 

該当する自治体・・・大月市・都留市・上野原市・丹波山村・小菅村・道志村

 

石和・勝沼・西沢渓谷エリア

 

塩山モモ
塩山・モモの花:Photo by revelyrist on Visual Hunt / CC BY-SA

 

山梨県のほぼ中央部にあたるこのエリアは、山梨県の名前の由来になった旧・山梨郡に該当します。

このエリアは「フルーツ王国やまなし」を代表する場所で、勝沼はブドウの一大産地、ワイナリーも多く存在します。

ブドウだけでなく、塩山や春日居は全国的にも有名なモモの産地・・・観光果樹園が多く、山梨で果物狩りを楽しむなら最適のエリアです。

 

石和温泉は、ブドウ畑から湧き出た県を代表する温泉郷・・・他にも三富温泉郷や塩山温泉郷など温泉も充分楽しめます。

このエリアを訪れるなら、モモとブドウの果物狩りが楽しめる夏場がおすすめです。

 

西沢渓谷は国内でも有数の渓谷美を誇ります。

通行禁止となる冬期を除けば、新緑や紅葉とスリーシーズン楽しむことができます。

 

該当する自治体・・・笛吹市・甲州市・山梨市

 

甲府・昇仙峡エリア

 

 

山梨県の中心エリアであり、各方面からのアクセスが良好です。

甲府市内には、武田信玄および甲斐武田氏の遺構が多く残っていて、歴史ファンにはたまらない場所です。

美術館や博物館、公園も充実しています。

 

夏は暑く、冬は寒い盆地気候のため、春先か秋に訪問するのが最適かもしれません。

特に4月上旬は世界一の大名行列といわれる「信玄公まつり」が開催されます。

甲府郊外の昇仙峡は国内屈指の渓谷美を誇ります。

四季を通じて楽しめますが、特に紅葉シーズンは絶景です。

 

該当する自治体・・・甲府市・中央市・甲斐市・昭和町

 

清里・小淵沢・韮崎エリア

 

八ヶ岳
八ヶ岳連峰:Photo by yamakidoms on VisualHunt.com / CC BY-SA

 

長野県 に近く県北西部の当エリアは、雄大な南アルプスを臨む高原リゾートの地として知られています。

有名な八ヶ岳をはじめ、一時期大ブームとなった清里高原など澄んだ空気と、冷涼な気候が魅力です。

避暑地として夏場の訪問が一番おすすめです。

 

冬場には「サンメドウズ清里スキー場」など本格的なスキー場も設置されています。

山梨県内では都心から最も離れていますが、人気のあるエリアのひとつです。

 

該当する自治体・・・北杜市・韮崎市・南アルプス市

 

富士川流域・南アルプスエリア

 

久遠寺山門
久遠寺三門

 

山梨県南部に位置するこのエリアは、最も観光地化されていないエリアとなります。

山梨の観光ガイドブックなどで紹介されるページ数も多くありません。

 

その中でも最大の観光地といえば、日蓮宗総本山の「身延山久遠寺」でしょう。

身延山と七面山はパワースポットとしても有名で、巡礼者だけでなくハイカーでもにぎわう場所です。

山頂からの眺めは絶景で、条件が整えば「ダイヤモンド富士」に出会うことができます。

 

日本で一番人口の少ない町である早川町は、秘境とよぶにふさわしい場所・・最奥の奈良田地区は、隔絶された独自の方言をもつといわれます。

甲府からのローカル線・身延線に揺られて、のんびりと旅してみるのも面白いでしょう。

久遠寺のしだれ桜と、紅葉が楽しめる春先と秋がベストシーズンです。

 

該当する自治体・・・身延町・南部町・早川町・市川三郷町・富士川町

 

富士山・富士五湖エリア

 

大石公園
河口湖・大石公園:Photo by revelyrist on VisualHunt / CC BY-SA

 

このエリアは一番人気の高い観光エリアといえます。

富士五湖とその周辺スポット、忍野八海、富士急ハイランドなど観光が充実しています。

富士五湖はそれぞれに趣があり、富士山を背景に桜や紅葉、新緑などオールシーズン楽しむことができます。

 

富士山の雄姿も間近に見ることができて、その迫力に圧倒されると思います。

先述した山梨の麺類グルメも、このエリアに集中しています。

都心からも近いため気軽に訪問できるエリアです。

 

該当する自治体・・・富士河口湖町・富士吉田市・鳴沢村・山中湖村・忍野村・西桂村

 

なお、山梨県の観光情報については、下記の記事でも紹介されていますので、ぜひとも参考にしてみてください。

→  山梨の人気観光地12選!山梨のおすすめグルメスポットやお土産も

 

それではさっそく山梨県の観光地を紹介していきましょう!

 

 

大月・都留エリアのおすすめ観光スポット1:山梨県立リニア見学センター(都留市)

 

リニア
実物のリニアと記念撮影: じゃらん

 

本物のリニアを見学でき、体験できる・・・山梨県立リニア見学センターはそんな贅沢を叶えてくれる施設です。

リニア中央新幹線はまだ実験途中ですが、実現した場合時速500キロのスピードで、東京~大阪間を約1時間で結ぶことになります。

 

ここでは2003年に世界最速記録(時速581キロ)を樹立した試験車両「MLX01-2」の実物や超電導磁石の実物を展示しています。

2階には超電導実験コーナー、磁力浮上、走行を体感できるミニリニア、リニアのしくみ解説コーナーがあり、3階にはリニアの500キロ走行を体感できるシアター、全長17メートルの大型ジオラマなどを展示しています。

ミュージアムショップでは、ここでしか購入できないレアなグッズを購入することができるので、マニアにはたまらない場所となっています。

カップルでも子供連れでも充分楽しめるスポットです。

 

山梨県立リニア見学センターの観光情報

 

 

名称 : 山梨県立リニア見学センター

住所 : 山梨県都留市小形山2381

アクセス :

JR大月駅より「リニア見学センター」行バスにて15分
中央高速勝沼ICより30分

電話番号 : 0554-45-8121

定休日 : 月曜日 祝日の翌日 年末年始

営業時間 : 9:00-17:00(最終入館16:30)

料金 : 大人420円 高校生310円 小中学生200円

 

 


大月・都留エリアのおすすめ観光スポット2:猿橋(大月市)

 

猿橋
猿橋: じゃらん

 

高速道路の渋滞情報でよく耳にする機会が多い猿橋。

葛飾北斎や歌川広重の浮世絵にも描かれ、「日本三大奇橋」に数えられる名勝です。

 

大月市の桂川に架かる長さ31m、幅3.3mのそれほど大きくない木橋ですが、その構造が非常に珍しいのです。

水面からの高さが31mと深く、橋脚が建てられないため、両岸からはね木によって橋を支えています。

そのはね木は4層にもおよび、通行することも可能です。

橋と周囲の自然環境との調和が美しいことから、昭和7年には国の名勝に指定されています。

 

この橋がいつ頃造られたか詳細は不明ですが、大和時代の推古天皇の時代(600年位)との伝説があります。

百済の志羅呼という渡来人が、猿が互いに体を支えあって橋をつくり、川を渡っているのを目撃して造ったとされています。

周辺には3000本のアジサイが植えられている遊歩道と公園も設置されており、渓谷美とともに美観をたのしむことができます。

秋の紅葉も美しい場所です。

 

猿橋の観光情報

 

 

名称 : 猿橋

住所 : 山梨県大月市猿橋町猿橋

アクセス :

JR猿橋駅より徒歩20分
中央道・大月ICから約15分

 

 

大月・都留エリアのおすすめ観光スポット3:岩殿山(大月市)

 

岩殿山
岩殿山山頂: じゃらん

 

岩殿山は、標高634m・・・東京スカイツリーと同じ高さの山です。

大月市の象徴として、市民の憩いの場として地元では大変親しまれています。

 

この山の中腹にある丸山公園の展望台から見える富士山は、日本一美しいといわれるほどの絶景です。

3000本もの桜が植えられており、春先には桜の名所としても知られています。

この丸山公園から山頂までは30分ほど、山頂からはパノラマの絶景が楽しめますよ。

登山道は整備されていてファミリーでも楽しめますが、もの足りない人は鎖場のある道から大岩壁・稚児落としまでの本格的登山を満喫してみましょう。

 

この岩殿山・・・戦国時代には岩殿山城がありました。

丸山公園内にある「岩殿ふれあいの館」は、この岩殿山城をイメージしています。

天然の要害での武田氏の家臣・小山田氏が居城していましたが、あるエピソードで歴史に名を残すことになります。

 

天正10年(1582年)織田信長の侵攻によって敗北濃厚になった武田勝頼を、小山田信茂がこの城に誘います。

信茂の言葉を信じた勝頼は甲府を捨て、岩殿山城に向かいますが信茂は裏切って城に入れず、逆に攻撃を仕掛けます。

この裏切りが決定打となり勝頼は天目山で自害し、名門・武田氏の滅亡を招いてしまいました。

小山田信茂はこの「功績」をもって織田家に仕えようとしますが、褒美をもらうどころか処刑されてしまいます。

その理由はなんと・・・大恩ある主君・武田勝頼を裏切ったから!

 

岩殿山の観光情報

 

 

名称 : 岩殿山

住所 : 山梨県大月市賑岡町強瀬81-1(丸山公園)

アクセス :

JR大月駅から徒歩で約25分
中央車道大月ICから約10分

 

 


大月・都留エリアのおすすめ観光スポット4:桂川ウェルネスパーク(大月市)

 

桂川ウェルネスパーク
大型滑り台: じゃらん

 

桂川ウェルネスパークは、山梨県東部地域を丘の上に設置された総面積42ヘクタールにも及ぶ広大な公園です。

「西ゾーン」「中央ゾーン」「東ゾーン」の3つのゾーンに大別され、自然豊かな敷地内では散策だけでなく、農業体験やBBQも楽しむとこができます。

中央ゾーンにある子ども公園には、大型滑り台や丸太木登り、水遊びができるコーナーなど、親子でも楽しめるスポットが充実しています。

 

富士山や丹沢の山々も一望でき、ロケーションは抜群です。

嬉しいことに入場無料なだけでなく、駐車場も無料で利用でき、1日たっぷり楽しめる・・・満足度の高い公園です。

 

桂川ウェルネスパークの観光情報

 

 

名称 : 桂川ウェルネスパーク

住所 : 山梨県大月市富浜町鳥沢8438

アクセス :

【電車】JR鳥沢駅よりタクシーで約10分(徒歩約40分)
JR中央本線・富士急行線「大月」駅よりタクシーで約20分
【車】
中央自動車道「上野原」ICより約40分、または「大月」ICより約25分

電話番号 : 0554-20-3080

定休日 :

園内遊具、駐車場は年中無休
他は施設により異なる

営業時間 : 施設により異なる

料金 : 無料

 

 

大月・都留エリアのおすすめ観光スポット5:道志渓谷(道志村)

 

道志渓谷
道志渓谷:Photo by hogeasdf on Visual hunt / CC BY

 

道志村は山梨県の東南端神奈川県境に位置し、南側に北丹沢山塊と北側に道志山脈が走り東西に28キロ、南北に4キロと細長い形状をしています。

その中央を山伏峠に発する清流・道志川が流れ、 まるで葉脈のように幾つもの沢が注ぎ込み渓流美を形成しています。

この村では、自然の芸術品ともいえる美しい滝や,源頼朝伝説が残る『的様』を訪ねたり、「赤道を越えても腐らない水」と言われた清流道志川での川遊びやヤマメ・イワナ・アユなどの釣りが満喫できます。

道志渓谷は紅葉の美しい場所としても有名であり、10-11月中旬には錦秋の渓谷美を味わえます。

 

道志村は村内に30か所のキャンプ場があるアウトドアの聖地です。

都心からも近く、それぞれに趣があるため、キャンプ目的で訪ねる人が非常に多いところです。

神奈川県横浜市とは水源地として固い絆で結ばれており、「横浜市道志区」編入が真剣に検討されたほど・・・。

横浜市民には各種優待サービスが受けられる特典があります。

 

道志渓谷の観光情報

 

 

名称 : 道志渓谷

住所 : 山梨県南都留郡道志村竹之本

アクセス :

中央道都留ICから車で30分
中央道相模湖ICから車で40分

 

 


石和・勝沼・西沢渓谷エリアのおすすめ観光スポット1:笛吹川フルーツ公園(山梨市)

 

笛吹川フルーツ公園
笛吹川フルーツ公園: じゃらん

 

山梨県内のこちらのエリアは、果樹栽培が盛んなところ・・・そこでフルーツをコンセプトに開設されたのが「笛吹川フルーツ公園」です。

園内は果物、花であふれており、山梨名産のモモ・ブドウばかりでなく四季折々の鑑賞用の果物や花を楽しむことができます。

屋外遊具や、水あそびができるアスレチック施設のほか、雨天時でも楽しめる「わんぱくドーム」も設置されていて、子供連れでも充分楽しめますよ。

 

笛吹川フルーツ公園の夜景
笛吹川フルーツ公園の夜景:Photo by hide10 on Visualhunt / CC BY

 

この笛吹川フルーツ公園、展望が美しい場所としても知られており、晴れた日には富士山の眺望を臨むとができます。

また夜景の美しさは格別で、ここから臨む甲府盆地の夜景は「新日本三大夜景」にも数えられるほどです。

2007年には「恋人の聖地」にも認定されました。

園内にはホテルや温泉施設まであり、露天風呂に浸かりながら眺める夜景は最高です。

 

笛吹川フルーツ公園の観光情報

 

 

名称 : 笛吹川フルーツ公園

住所 : 山梨県山梨市江曽原1488

アクセス :

JR山梨市駅よりタクシー7分
中央道「一宮御坂」IC「勝沼」ICより30分

電話番号 : 0553-23-4101

定休日 : 年中無休

営業時間 :

24時間利用可能
※くだもの館・わんぱくドームは、9:00-17:00

料金 : 無料(一部有料あり)

 

 

石和・勝沼・西沢渓谷エリアのおすすめ観光スポット2:石和温泉郷(山梨市)

 

石和温泉郷
石和温泉・笛吹童子像: じゃらん

 

山梨を代表する温泉として有名です。

温泉の歴史は比較的新しく、昭和36年(1961年)にブドウ畑から突如湧出されたのが最初です。

隣接する春日居温泉と日の出温泉と「石和温泉郷」を形成しており、湯量の多さは毎分2000L(ドラム缶10本分)にも及びます。

 

泉質はアルカリ性単純温泉、温度は49℃とやや高めで、神経痛・筋肉痛・関節痛・打ち身・慢性消化器病・冷え性・疲労回復・痛風などに効能があります。

最初に温泉が湧出した場所は、現在JRAの「ウィンズ石和」になっており、「石和温泉発祥之地」の碑が建っています。

 

川中島合戦絵巻
川中島合戦絵巻:Photo by chacrebleu on VisualHunt / CC BY-SA

 

石和温泉は温泉以外にも様々な楽しみ方があります。

春には「川中島合戦絵巻」、夏には花火大会や鵜飼い、秋にはワイン作り、冬は冬花火など盛りだくさん。

周辺に果樹園が多いため、果物狩りやワインを楽しむことができます。

 

石和温泉郷の観光情報

 

 

名称 : 石和温泉郷

住所 : 山梨県笛吹市石和町内

アクセス :

JR石和温泉駅から徒歩3分
中央道「一宮御坂」ICより10分

 

 

石和・勝沼・西沢渓谷エリアのおすすめ観光スポット3:西沢渓谷(山梨市)

 

紅葉の西沢渓谷
紅葉の西沢渓谷: じゃらん

 

西沢渓谷は、秩父多摩甲斐国立公園内に位置し国内屈指の渓谷美を誇る景勝地です。

笛吹川の源流域にあり、奥秩父最後の秘境ともよばれています。

 

巨大な花崗岩を清流が浸食してできた渓谷は、天然の芸術のようで、原生林を流れる渓流がいくつもの滝を作り、神秘的な魅力に満ちあふれています。

「日本の滝百選」にも選ばれた名瀑・七ツ釜五段の滝を筆頭に、三重の滝、竜神の滝、恋糸の滝、貞泉の滝などさまざまな滝が織りなす渓谷美は、まさに圧巻です。

 

この地域が開発されたのは昭和37年と比較的新しく、西沢と東沢の接点である「ナレイ沢」から、地元の有志10人あまりの手により開発が始められたのが最初です。

現在は遊歩道が整備され、渓谷ならではの四季の変化が楽しめます。

特に5月のシャクナゲや秋の紅葉の時期は絶対おすすめのシーズンです。

 

七ツ釜五段の滝
名瀑・七ツ釜五段の滝: じゃらん

 

西沢渓谷は森林浴のリラックス効果が実証され、森林セラピー基地に認定されているほか、「平成の名水百選」「森林浴の森100選」「水源の森百選」などにも選定されています。

ちなみに西沢渓谷から分岐して「東沢渓谷」が存在しますが、こちらは基本的に道がなく、沢登りの経験のないハイカーは遭難の恐れがあるため原則立ち入り禁止になっています。

 

西沢渓谷の観光情報

 

 

名称 : 西沢渓谷

住所 : 山梨県山梨市三富川浦

アクセス :

【電車】JR「山梨市駅」または「塩山駅」より西沢渓谷入口行きバスで60分
【車】中央自動車道・勝沼ICよりR140経由「雁坂トンネル」方面へ車で約50分

 

 

石和・勝沼・西沢渓谷エリアのおすすめ観光スポット4:勝沼ぶどうの丘(甲州市)

 

ぶどうの丘
勝沼ぶどうの丘: じゃらん

 

勝沼はブドウの一大名産地として全国的にも知られています。

「勝沼ぶどうの丘」は360℃ブドウ畑に囲まれた小高い丘の上にあります。

 

この丘は「南アルプスの山々や甲府盆地が一望できるスポット」と評価され、恋人の聖地としての選定を受けています。

また県下でも有数の夜景の素晴らしいスポットでもあります。

 

ワインカーヴ
地下ワインカーヴ: じゃらん

 

地下のワインカーヴ(貯蔵庫)には年2回の審査会をパスした甲州市推薦の約200銘柄のワインが並び、試飲しながら購入することができます。

試飲は専用の器・タートヴァン(1100円)を購入すれば、試飲用ワインが飲み放題と、ワイン好きにはたまらない内容になっています。

 

展望ワインレストランでは、すばらしい眺望を楽しみながら、勝沼ワインとワインにぴったりの料理を楽しめます。

温泉施設「天空の湯」は、寝湯・ミストサウナを併設した本格的温泉・・・露天風呂で大パノラマを楽しみながら心身ともリラックスできます。

 

勝沼ぶどうの丘の観光情報

 

 

名称 : 甲州市勝沼ぶどうの丘

住所 : 山梨県甲州市勝沼町菱山5093

アクセス :

JR中央本線「勝沼ぶどう郷」駅から徒歩20分
中央自動車道勝沼ICから約10分

電話番号 : 0553-44-2111

定休日 : 年中無休

営業時間 : 8:00-20:00(施設により異なる。)


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(217)
北海道・東北(25)
  北海道(16)
  宮城(4)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(67)
  千葉(5)
  埼玉(4)
  山梨(4)
  東京(32)
  栃木(1)
  神奈川(18)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(32)
  三重(2)
  富山(1)
  愛知(6)
  新潟(3)
  石川(4)
  福井(1)
  長野(5)
  静岡(8)
近畿(36)
  京都(11)
  兵庫(8)
  和歌山(1)
  大阪(13)
  奈良(1)
  滋賀(2)
中国・四国(17)
  山口(2)
  岡山(4)
  島根(1)
  広島(5)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(26)
  大分(1)
  宮崎(1)
  沖縄(12)
  熊本(2)
  福岡(5)
  長崎(3)
  鹿児島(2)

国外エリア一覧

東南アジア(14)
ヨーロッパ(16)
東アジア・中国・台湾(9)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(6)
オセアニア(5)
アフリカ(1)
北米(6)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(152)
イベント情報(170)
ショッピング・買い物・お土産(177)
シーン別(242)
ビジネス・出張(121)
マナー(62)
ロケ地、舞台(116)
世界遺産(47)
乗り物・交通・アクセス(240)
宿・旅館・ホテル(102)
旅行準備(221)
歴史・豆知識(269)
温泉・スパ(84)
絶景(172)
聖地巡礼(23)
観光旅行(286)
言語・役立ちフレーズ(14)
食事・グルメ(231)
ランキング(157)
デート(195)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(124)
ツアー/旅程(27)
海水浴場・ビーチ・リゾート(21)

人気記事ランキング