logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 沖縄 > 沖縄本島

沖縄観光の決定版!沖縄旅行で必見の人気観光地33選!





国内はもちろん、海外からも観光地として人気の高い沖縄。
観光地ランキングでは常に上位に入っており、毎年多くの旅行客が訪れています。

沖縄は琉球王国であった名残あふれる建物や独特な文化が特徴的で、異国情緒あふれる地です。
世界遺産も多いので、一度は訪れたい観光スポットがたくさんあります。

また、沖縄は温暖な気候の元で育った珍しい動植物や、エメラルドグリーンのビーチといった大自然も魅力的です。
国内にいながらも非日常感を味わうことができる…そんな沖縄の旅行・観光スポットをご紹介していきます。

<沖縄本島北部の観光スポット>

 

1. 沖縄美ら海水族館(ちゅらうみすいぞくかん)

 

Churaumi-Okinawa

 

美ら海水族館の目玉はジンベイザメです。

なんとその大きさは世界最大級で全長8.7mもの大きさをしています。

高さ8.2m、幅22.5mもある世界最大級の巨大アクリルパネルから、サメやエイをはじめとした様々な魚たちを見ると、まるで自分が海の中にいるような気分を味わえます。

 

また、透き通るような綺麗な海に囲まれた美ら海水族館は、その地形を生かして自然本来の海に近い状態を保っており、ここでしか見ることの出来ない生き物たちも多数展示されています。

まさに、沖縄の綺麗な海ならではの貴重な水族館です。

館外には人気のイルカショーや体験プログラムがあったりと、大人から子供まで幅広く楽しめます。

 

沖縄美ら海水族館の観光情報

 

住所:沖縄県国頭郡本部町石川424

アクセス:那覇空港から車で約2時間

営業時間:8:30~18:30(夏期は20:00まで)

入館料:大人1,850円、高校生1,230円、小中学生610円

公式サイト:  沖縄美ら海水族館

 

 


2.  万座毛(まんざもう)

 

Manzamou-Okinawa

 

沖縄のリゾートエリア恩納村にある景勝地です。

琉球王朝時代に、ある王が「万人が座するに足る」と称賛したことが名前の由来と言われています。

 

その名の通り、眼下には綺麗な海が広がっており、沖縄の人気絶景スポットの1つです。

特に、夕暮れ時にはサンセットをひと目見ようと多くの観光客が訪れます。

 

また、岩の形が象に似ていることでも有名で、象の岩の頂上からは美しい景色を見ることができます。

ただし、高さの割に柵がない箇所がところどころあるので危ないです。

行かれる方は十分気を付けてください。

 

万座毛(まんざもう)の観光情報

 

住所:沖縄県国頭郡恩納村恩納

アクセス:那覇空港から車で約1時間15分/那覇バスターミナルから20番・28番・29番・120番・228番のいずれかを利用し、恩納村役場前バス停下車より徒歩約20分

駐車場:無料(50台)

営業時間:終日

 

 

3. 古宇利大橋

 

古宇利大橋

 

古宇利大橋は屋我地島と古宇利島をつなぐ大橋です。

両サイドに広がるエメラルドブルーの海の上を、小さな島に向かってまっすぐと伸びています。

展望スペースや歩道もあり、橋から見る海は絶景ですよ。

橋の全長は約2kmあり、無料で通行のできる橋の中では日本一の長さを誇ります。

 

古宇利大橋

 

橋の先の古宇利島には、CMでも使われ人気スポットとなった「ハートロック」があります。

かつて恋島とも呼ばれていた古宇利島で、2つに並んだハート型の岩を見ることが出来ますよ。

ぴったりと2つの岩が重なって、綺麗なハート型を見ることが出来たらいいことがあるかもしれません。

 

古宇利大橋の観光情報

 

住所:今帰仁村古宇利

アクセス:那覇空港より車で約2時間/路線バスは無いので観光バスがおすすめです

 

 


4. 今帰仁遺跡

 

今帰仁遺跡

 

那覇から車で1時間30分ほどを走ったところ、沖縄本島の北部に今帰仁遺跡はあります。

入口付近には猫ちゃんがたくさんいて癒されます。

観光客慣れしているのか、近づいても微動だにしません。

 

今帰仁遺跡

 

今帰仁遺跡は世界遺産にも登録されている立派なグスクです。

グスクとは御城のことを指します。

 

標高約100mのところにあるため、城の上からは雄大な景色を拝むことができます。

周囲は山に囲まれており、マイナスイオンがたっぷりで空気がおいしいですよ。

 

また、こちらの今帰仁遺跡ではウエディングも受け付けています。

沖縄で珍しい「世界遺産ウエディング」をしたいという方は検討してみてください。

 

今帰仁遺跡の観光情報

 

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊

営業時間:8:00~18:00 ※夏期延長時期(5月~8月)8:00~19:00

休業日:年中無休

入場料:大人400円、小中高生300円、小学生未満は無料

公式サイト:  今帰仁遺跡

 

 

5. 備瀬のフクギ並木

 

 

美ら海水族館付近にあるフクギ並木です。

約2万本のフクギがあなたを癒しの世界へと誘います。

 

フクギは、その強さから古くより防風林として沖縄で大切に育てられてきました。

並木のある備瀬エリアには、このフクギが家の周りを囲っており、防風としてだけではなく区画を作る役割も果たしています。

別名「福を呼ぶ木」とも言われているのです。

 

木々からの木漏れ日は気持ちを穏やかにし、気分を高揚させてくれますよ。

自然を感じながら散歩のスポットとして行ってみてください。

緑のトンネルは訪れる観光客を魅了し続けています。

 

備瀬のフクギ並木の観光情報

 

住所:沖縄県国頭郡本部町備瀬

 

 


6. 青の洞窟

 

青の洞窟

 

沖縄本島中部に位置する恩納村の真栄田岬に「青の洞窟」はあります。

国内外でも有名なダイビングスポットです。

名前の通り綺麗なブルーをしており、ダイビングで海中散歩をすることができます。

 

ダイビングはインストラクターが付き添ってくれる初心者向けのプランもあるので安心です。

いきなりダイビングは難しいそうという方は、気軽にスノーケリングをしてみると良いかもしれません。

運が良ければウミガメに出会える可能性がありますよ。

 

一度はこんな神秘的な世界が広がる場所に行ってみたいですよね。

普段は触れ合えないようなたくさんのお魚さんたちと交流することができます。

 

青の洞窟の観光情報

 

住所:沖縄県恩納村真栄田469-1

電話番号:098-982-5339

休業日:元旦

 

 

7. 大石林山

 

 

空をも突き刺すほどの勢いでそびえ立っている岩は圧倒的です。

この岩の正体は、2億年も前とされている石灰岩で、雨水などによって長い年月をかけて削られてきたものなのです。

石灰岩がこのように突出している状態をピナクルといい、中には10mもの石灰岩もあります。

自然の偉大さを思い知らされますよね。

 

大石林山付近の山々は昔から聖なる地とされてきました。

琉球王朝の歴史書には、祖神アマミキヨによって沖縄の中で最も早く創造された聖地であると伝えられています。

 

ツアーコースも種類豊富に用意されており、中でも「亜熱帯自然林コース」はガジュマルの木々を巡るおすすめのコースとなっています。

歴史のある自然にありふれた観光スポットですので、是非とも足を運んでみてください。

 

大石林山の観光情報

 

住所:沖縄県国頭村宜名真1241

電話番号:0980-41-8111

営業時間:9:00~17:00(4月~9月)、9:00~16:00(10月~3月)

定休日:なし

利用料:

一般:大人(高校生以上)820円、小人(4歳~中学生)520円
スピリチュアルツアー:大人(高校生以上)3,000円、小人(4歳~中学生)2,200円

所要時間:

バリアフリーコース:約25分
巨岩・石林感動コース:約40分
美ら海展望台コース:約30分
亜熱帯自然林コース:約30分
スピリチュアルツアー:約120分

公式サイト:  大石林山

 

 


8. 塩川(スガー)

 

 

日本おける天然記念物の中で、唯一「川」で選出されているのがこちらの塩川。

全長は300mほどと小さな川ですが、塩川は文字どおり塩水が流れているので非常に珍しいのです。

川で塩分を含む湧き水が源水となっているのは、世界に2つしかないと言われているので大変貴重な川です。

もう1つは西インド諸島のプエルトリコにあります。

 

塩川にしか見られない紅藻種のシオカワモッカもいたりと、お魚の観察もすることができます。

その他にはエビやカニもいたりと見ているだけでも楽しいですよ。

また、塩川は塩川ビーチへと続いており、地元民にも愛されています。

 

塩川の観光情報

 

住所:沖縄県本部町崎本部塩川原

アクセス:許田ICから車(一般道)で約40分

 

 

9. ター滝

 

ター滝

 

沖縄本島北部の大宜味村にター滝はあります。

観光スポットとしては良いですが、ター滝の入口からター滝までの道のりは人口の遊歩道がありません。

そのため、トレッキングのように訪れる際の格好には注意が必要です。

 

ゴツゴツとした石の上を歩いたり川の中に入ったりするので、濡れたり汚れても大丈夫な服装を用意しておきましょう。

また、小さなお子様をお連れの場合は危険なため控えておいた方が良いと思います。

安全に留意のできる方だけで行くようにしましょう。

 

簡単に行くことはできない分、ター滝を間近にすると圧巻です。

マイナスイオンもたっぷりで空気が澄んでいますよ。

 

ター滝の観光情報

 

住所:沖縄県国頭郡大宜味村字津波

 

 


10. 嵐山展望台

 

 

沖縄本島北部の名護市にあるのがこちらの嵐山展望台です。

展望台からは綺麗な羽地内海を見渡すことができます。

景色を眺めること以外にすることは特にありませんので、嵐山展望台をメインに観光に行くのではなく、何かを観光するついでに行くぐらいがちょうど良いかもしれません。

 

せっかく行くのであれば晴れた日をおすすめします。

そうでないと綺麗な景色も見れませんからね。

ドライブ途中の休憩場所として活用されるのも良いですよ。

 

嵐山展望台の観光情報

 

住所:沖縄県名護市呉我

アクセス:名護バスターミナルからバスで35分


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(400)
北海道・東北(35)
  北海道(20)
  青森(2)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(2)
  福島(1)
関東(135)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(65)
  神奈川(32)
  茨城(3)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(60)
  長野(10)
  新潟(6)
  富山(2)
  石川(7)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(15)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(57)
  滋賀(6)
  京都(13)
  大阪(17)
  兵庫(13)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(30)
  鳥取(1)
  島根(4)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(2)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(55)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(6)
  熊本(8)
  大分(8)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(17)
ヨーロッパ(33)
東アジア・中国・台湾(14)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(5)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(11)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(397)
イベント情報(290)
ショッピング・買い物・お土産(395)
シーン別(528)
ビジネス・出張(160)
ロケ地、舞台(165)
世界遺産(95)
乗り物・交通・アクセス(462)
宿・旅館・ホテル(161)
旅行準備(387)
歴史・豆知識(545)
温泉・スパ(139)
絶景(341)
聖地巡礼(29)
観光旅行(520)
食事・グルメ(432)
ランキング(452)
デート(431)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(336)
ツアー/旅程(155)
海水浴場・ビーチ・リゾート(53)

人気記事ランキング