logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 兵庫 > 神戸

神戸の観光地総まとめ!デートから旅行まで使える神戸観光地57選





異国情緒あふれる兵庫県神戸市。
北野異人館や南京町など、ユニークな観光スポットが特徴的です。

また、メリケンパークや摩耶山に見られるように、海と山を同時に楽しめる街として有名です。
有馬温泉や六甲山のような魅力的な観光地も盛りだくさん。

本記事では、地元民だからこそ教えられる神戸のおすすめ観光・デートスポットを紹介します。
子連れも楽しめる観光スポットもありますよ。

それでは、神戸のおすすめ観光・旅行スポットを詳しく見ていきましょう。
まだ知らなかった神戸の魅力を感じて頂けると思います。

【目次と神戸観光マップ】

 

 

神戸観光:神戸市はどんなところ?

神戸観光スポット:エリア分類

<神戸観光:三ノ宮・元町エリアのおすすめ観光スポット>

1. 神戸で一番活気にあふれるおすすめ観光スポット「南京町」

2. 神戸でちょっとしたヨーロッパ観光をするなら「旧居留地」

3. 神戸を一望できる「神戸市役所展望ロビー」

4. 神戸での縁結びには「生田神社」

5. 光の祭典ルミナリエの終焉会場「東遊園地」

<神戸観光:神戸ベイエリアのおすすめ観光スポット>

1. 港町神戸を象徴するおすすめ観光スポット「メリケンパーク」

2. 神戸と共に歩む博物館「神戸海洋博物館」

3. ショッピングにもアミューズメントにもなんでも揃っている「神戸ハーバーランド」

4. 多くの参拝客で賑わう「湊川神社」

5. 子供に大人気「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」

<神戸観光:新神戸・北野エリアのおすすめ観光スポット>

1. 新神戸駅から徒歩10分にあるおすすめ観光スポット「布引の滝」

2. アロマに包まれる「神戸市立布引ハーブ園」

3. 異国情緒あふれる神戸観光のシンボル「北野異人館街」

4. 登録有形文化財のお洒落なスタバ「スターバックスコーヒー 神戸北野異人館店」

5. 神戸の自慢である日本最古のモスク「神戸ムスリムモスク」

6. 永遠の愛を誓う場所「ビーナスブリッジ」

7. 池泉式庭園が見事な「相楽園」

8. 神戸港を見渡せる「神戸北野天満神社」

9. 大工さんの持ち物は不思議がいっぱい「竹中大工道具館」

<神戸観光:ポートアイランドエリアのおすすめ観光スポット>

1. 神戸を一望できる「ポートアイランド北公園」

2. 動物好きにはたまらない「神戸どうぶつ王国」

3. 子供も大人も楽しめる「バンドー神戸青少年科学館」

4. 世界で唯一のコーヒー専門博物館「UCCコーヒー博物館」

<神戸観光:灘・東灘エリアのおすすめ観光スポット>

1. 文化の復興のシンボル「兵庫県立美術館」

2. 忘れてはならないことはここに「人と防災未来センター」

3. 希少動物に出会える「神戸市立王子動物園」

4. お酒好きの方には特におすすめ「灘五郷」

5. マヨネーズ好きなら「キユーピー神戸工場」

6. ちくわとかまぼこを作ってみよう「てっちゃん工房」

<神戸観光:六甲山・摩耶山エリアのおすすめ観光スポット>

1. 神戸市内のパノラマが楽しめる「六甲ガーデンテラス」

2. マイナスイオンに癒される「六甲高山植物園」

3. 子連れファミリーにおすすめ「六甲山フィールド・アスレチック」

4. 神戸で一番癒されるおすすめ観光スポット「六甲山牧場」

5. 神戸の1000万ドルの夜景を楽しめるおすすめ観光スポット「摩耶山」

6. 安産祈願をするなら「摩耶山天上寺」

7. 世界の木々を観ることのできる「神戸市立森林植物園」

8. 四季で表情が変わる風景を楽しめる「六甲ケーブル」

9. オルゴールの世界にうっとり「六甲オルゴールミュージアム」

<神戸観光:兵庫・新開地・長田・新長田エリアのおすすめ観光スポット>

1. 大仏を拝むことのできる「能福寺」

2. 事代主大神が祀られている「長田神社」

3. 映画ファン必見「神戸映画資料館」

<神戸観光:須磨エリアのおすすめ観光スポット>

1. 源平ゆかりの古刹である「上野山福祥寺」

2. 四季折々の花々を楽しむことができる「須磨離宮公園」

3. スマスイの愛称で親しまれている「須磨海浜水族園」

<神戸観光:垂水エリアのおすすめ観光スポット>

1. 明石海峡大橋を臨む「舞子公園」

2. 舞子のノスタルジックな「移情閣(孫文記念館)」

3. 巨大な前方後円墳である「五色塚古墳」

<神戸観光:有馬エリアのおすすめ観光スポット>

1. 豊臣秀吉が愛した名湯は神戸にあり「有馬温泉」

2. 赤褐色の金泉を楽しめる「金の湯」

3. 無色透明の銀泉を楽しめる「銀の湯」

4. 紅葉の名所である「瑞宝寺公園」

<神戸観光:北神エリアのおすすめ観光スポット>

1. お花とアミューズメントが充実「道の駅 フルーツフラワーパーク大沢」

2. 神戸三田プレミアムアウトレット

3. 子供からお年寄りまで楽しめる「しあわせの村」

4. 農業体験のできる「あいな里山公園」

<神戸観光:西神エリアのおすすめ観光スポット>

1. ポッキー&プリッツの製造過程が見れちゃう「グリコピア神戸」

2. Made in KOBEの日本ワインが楽しめる「神戸ワイナリー」

最後に

 

 


神戸観光:神戸市はどんなところ?

 

神戸市は言わずと知れた兵庫県の県庁所在地で、人口は約150万人、政令指定都市となっています。

神戸市は昔から港町として栄えてきたため、多数の外国文化が流入。

日本でもまれに見る「世界」を感じられる都市となりました。

その異国情緒あふれる雰囲気は多くの観光客を魅了しています。

 

神戸の街を歩いていると、多くのエスニック料理店や雑貨店に出会うはずです。

ぜひ、気に入った店があれば寄ってみましょう。

 

神戸の地理的な特徴としては山と海が近いこと。

神戸の中心地、三宮では山から電車を使えば30分で海に着きます。

このため、山と海のレジャーが両方楽しめるのが神戸の自慢。

どちらも観光開発されているため、気軽に楽しむことができます。

 

kobe3

 

神戸のグルメといえば、神戸牛やケーキ、日本酒などがあげられますね。

神戸牛を使ったステーキやすき焼きは本当においしいです。

神戸牛は全国各地で食べられるようになりましたが、神戸で食べると美味しさも増すのではないでしょうか。

 

神戸のケーキは上品な甘さが特徴。

少し歩き疲れた時は、おしゃれなカフェに寄ってケーキを食べましょう。

 

また、神戸で忘れられない出来事といえば1995年に起きた阪神・淡路大震災。

神戸はこの地震により大打撃を受けました。

それでも住民の血の滲むような努力と全国からの援助により、完全に復興することができました。

 

そんなたくさんの魅力溢れる神戸をわかりやすくご紹介するべく、本記事ではエリア毎に分類して神戸の観光・デートスポットを記載していきます。

まずは神戸を下記のようにエリア分けし、各エリアの概要を解説します。

 

 

神戸観光スポット:エリア分類

 

ハーバーランド

 

神戸は海や山などの自然や高層ビル群が立ち並ぶ都会ありの何でも揃っている最高の観光・デートスポットです。

そんな神戸の観光・デートスポットをわかりやすくご紹介していくために、本記事では下記のように神戸をエリア分けします。

 

①三ノ宮・元町エリア

 

神戸の玄関口とも言えるのが三ノ宮・元町エリアです。

交通拠点である「三宮駅」を中心に、ランチ・ディナーが利用できるレストランやカフェだけではなく、ショッピングスポットも充実しています。

ここには神戸が凝縮されていますので、一日かけて観光やデートをするのに最適。

主要な観光、デートスポットとしては、南京町、生田神社、神戸市役所展望ロビーなどがあります。

 

②神戸ベイエリア

 

神戸駅付近を中心とした港町神戸を楽しめるエリアです。

海辺ということでクルージングもできますし、特に夜景が美しいので、デートには絶好のスポットが盛りだくさんです。

主要な観光・デートスポットとしては、メリケンパーク、ハーバーランド公園、湊川神社などがあります。

 

③新神戸・北野エリア

 

新神戸・北野エリアは、神戸開港後にたくさんの外国人がやってきており、旧宅が今でもあちこちに点在しています。

新幹線の発着駅である「新神戸駅」があるので、多くの観光客の玄関口となっており、人気の観光スポットです。

新神戸の背後には六甲山が広がっており、街からすぐに自然いっぱいの地域に行けるところも好ポイントですね。

主要な観光・デートスポットとしては、異人館、布引の滝、布引ハーブ園などがあります。

 

④ポートアイランドエリア

 

神戸で初めて人工島として生まれた「ポートアイランド」。

人工島の上には高層ビルやマンションなどが立ち並ぶモダンな都市となっています。

また、ポートランドの南の海上には神戸空港があり、神戸の空の玄関口となっています。

主要な観光・デートスポットとしては、神戸どうぶつ王国、ポートアイランド北公園、神戸市立青少年科学館などがあります。

 

⑤灘・東灘エリア

 

神戸の閑静な住宅街であり、観光は神戸の文化や暮らしを体感できるスポットが満載のエリアです。

灘五郷として知られているように灘は酒どころであり、最新技術を用いて震災の凄まじさや防災を伝えるための人と防災未来センターがある場所でもあります。

このように、神戸の人々の文化や暮らしが凝縮されたエリアであり、それらを学ぶために訪れるのもおすすめ。

主要な観光・デートスポットとしては、神戸市立王子動物園、灘五郷酒組合、人と防災未来センターなどがあります。

 

⑥六甲山・摩耶山エリア

 

自然が一杯な六甲山と摩耶山があることが最大の特徴のエリアです。

海よりも山派という方には間違いなくおすすめの観光スポットで、たくさんのマイナスイオンを浴びてリフレッシュできますよ。

また、六甲山や摩耶山などの高地から眺める神戸市外の夜景は「1000万ドルの夜景」と呼ばれており、デートスポットでは定番です。

主要な観光・デートスポットとしては、六甲ガーデンテラス、六甲高山植物園、天上寺などがあります。

 

⑦兵庫(新開地)長田・新長田エリア

 

下町の魅力が詰まっているのが兵庫・長田・新長田エリアです。

かつては貿易の中心であり、神戸一の繁華街でもあった兵庫は、今ではランチ・ディナー・カフェなどのグルメスポットがひしめく地域となっています。

また、長田周辺には漫画家にまつわるスポットが充実しています。

主要な観光・デートスポットとしては、能福寺、長田神社、鉄人28号などがあります。

 

⑧須磨エリア

 

兵庫県民にとって一番身近なビーチと言えば須磨浦海岸。

海水浴場や水族園、公園など、子連れも楽しめるレジャースポットがあるエリアです。

主要な観光・デートスポットとしては、須磨海水浴場、須磨海浜水族園、須磨離宮公園などがあります。

 

⑨垂水エリア

 

対岸には淡路島や明石海峡大橋が見える風光明媚なエリアです。

シーサイドでショッピングを楽しんだり、おしゃれなレストランやカフェでグルメを堪能できます。

主要な観光・デートスポットとしては、舞子公園、五色塚古墳などがあります。

 

⑩有馬エリア

 

国内のみならず、海外からも人気がある温泉、有馬温泉のあるエリア。

風情ある町並みには神社や仏閣も見受けられ、心身ともに疲れが癒されます。

ここに来たら有馬温泉はもちろんのこと、有馬でしか食べられないものや四季折々の景色を眺めることができるのが特徴です。

主要な観光・デートスポットとしては、金の湯、太閤湯、ねね橋などがあります。

 

⑪北神エリア

 

六甲山の北側に位置する北神エリア。

美しい自然が多く、山あいなのに交通の便が良い事から、ニュータウンとして発展してきました。

主要な観光・デートスポットとしては、フルーツフラワーパーク、しあわせの村、あいな里山公園などがあります。

 

⑫西神エリア

 

神戸市の西区にあるエリアで、のどかな田園風景、豊かな自然や広大な敷地を生かしたスポーツ施設などが見られます。

神戸市の新たな文化、教育の集積地としての期待がかかり、神戸市9区で現在最も人口が多いとされている地域です。

また、神戸の特産品である神戸ワインはここ西神エリアで造られています。

主要な観光・デートスポットとしては、グリコピア神戸、神戸ワイナリー(神戸市立農業公園)、如意寺などがあります。

 

 

それでは神戸のおすすめ観光地を具体的に確認していきましょう。

神戸にお気に入りの場所がきっと見つかると思います。

 

 


<神戸観光:三ノ宮・元町エリアのおすすめ観光スポット>

 

1. 神戸で一番活気にあふれるおすすめ観光スポット「南京町」

 

nankinmachi1

 

横浜、長崎と並んで日本三大中華街にあげられる神戸の南京町。

毎日、「おいしいよ、食べにおいで」という掛け声が飛び交います。

南京町も神戸の開港と同時に形成されました。

当時、中国人は旧居留地には居住できなかったので、仕方なくこの地に居を構えたのです。

 

南京町には中国の華僑の方々が経営するたくさんのお店がありますが、一番楽しいのはいろんな屋台に寄ること。

お店の方との交流を楽しみながら、いろんな中華料理を食べることがオススメです。

夏の暑い時期にはタピオカドリンクも出てきますので、夏のデザートもお楽しみに。

 

ところで、南京町には「中国」しかないと思っていませんか。

実は南京町にはトルコアイス店やフクロウカフェなどユニークなお店もたくさんあります。

ぜひ、時間をかけてじっくりと南京町を回ってください。

 

動物にたくさん出会えるおすすめスポット「南京町広場」

 

nankinmachi2

 

南京町の中心にあるのが南京町広場。

ベンチもあるので、お店で買った食べ物を広げて食べるには最適の場所です。

この南京町広場では、春節のときに数々のイベントが行われます。

とくに獅子舞は中国独特の文化を感じるのではないでしょうか。

 

南京町広場には数々の動物が隠れています。

これらの動物は十二支に出てくる動物なのです。

十二支の動物+神戸の王子動物園にあるパンダがいますので、どこにいるか探してみてくださいね。

 

南京町の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区栄町通

アクセス:JR阪神元町駅から南へ徒歩5分

営業時間:施設ごとに異なります

休業日:施設ごとに異なります

公式URL:  南京町商店街振興組合

 

 


2. 神戸でちょっとしたヨーロッパ観光をするなら「旧居留地」

 

kyoryuuchi1

 

北野異人館の料金をチェックして「高い」と思われる方も多いでしょう。

実は神戸には無料でヨーロッパ気分を味わえる観光スポットがあるんです。

それが旧居留地です。

 

旧居留地も開港と同時に外国人が居住したエリアで、イギリス人が設計した区画がそのまま残っています。

数々の洋館はお店として使われているので、ショッピングを楽しみながら、洋館も見ることができちゃうんです。

また、旧居留地では電線は地下に埋められているおかげで、都会にいながら気持ちのいい青空を見ることができます。

 

多くの建物はお店として利用され、高級ブティック店が入っています。

なかなか普通のお店では入手できないような高級な品が並んでいるので、ウィンドウショッピングを楽しむのもいいですね。

 

旧居留地で注目すべきイベントといえば光の祭典「ルミナリエ」。

「ルミナリエ」は毎年12月の初旬に旧居留地で行われます。

もともと、阪神・淡路大震災で亡くなった方への追悼の意味を込めて行われたのがイベントの始まりです。

毎年デザインが異なる電飾で人々に感動を与えています。

「ルミナリエ」開催中は大変混雑しますので、平日に行くことがポイント。

時間や日程も早めにいくといいですね。

 

旧居留地おすすめの観光スポット「旧十五番館」

 

kyoryuchi2

 

多くの洋館の中でイチオシは旧十五番館です。

旧居留地にあるほとんどの洋館は居留地が日本政府に返還された後の建物です。

旧十五番館は旧居留地で現存する建物では唯一、居留地時代に建てられた建物。

国の重要文化財の指定を受けていますので、ぜひお見逃しのないようにしてください。

 

神戸旧居留地の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区

アクセス:JR阪神元町駅から南へ徒歩10分

営業時間:施設ごとに異なります

休業日:施設ごとに異なります

公式URL:  神戸旧居留地

 

 

3. 神戸を一望できる「神戸市役所展望ロビー」

 

cityhall

 

神戸市役所1号館の24階にある観光スポットです。

無料で絶景を見られるということもあり、穴場スポットと言えます。

神戸は山があれば北、海があれば南という地理の特徴があります。

その通り北を見れば六甲山、南を見ればポートアイランドやメリケンパークを眺めることができます。

 

「神戸の夜景」を綺麗に見ることができる

 

 

昼時は見晴らしがよく神戸市内を眺めることができますが、夜も綺麗な光の街を見渡すことができます。

特に夜景はデートにぴったりです。

海側ロビーには神戸観光や国際交流に関するパネルが展示されています。

同フロアにはカフェやレストランも設けられていますので、観光と食事の両面を楽しむことができますよ。

 

神戸市役所展望ロビーの観光情報

 

住所:神戸市中央区加納町6-5-1

アクセス:三宮駅より南へ徒歩6分

電話番号:078-331-8181

営業時間:

平 日 8:15~22:00
土日祝 10:00~22:00

定休日:12月29日~1月3日

料金: 無料

公式URL:  神戸市役所

 

 


4. 神戸での縁結びには「生田神社」

 

生田神社

 

関西の中でも縁結びで有名なのがこちらの生田神社です。

ご縁を期待する方やカップルはもちろん、初詣などの参拝者が数多く訪れるスポットです。

 

「蘇る神」と呼ばれる生田神社

 

生田神社はこれまで1938年の神戸大水害、1945年の神戸大空襲、1995年の阪神・淡路大震災などの災害を乗り越えてきたことから「蘇る神」とも呼ばれています。

なんともご利益のありそうな神社ですよね。

 

また、女優の藤原紀香とお笑い芸人の陣内智則が結婚式をあげた場所として注目を集めました。

一般の方もこちらで挙式ができ、憧れる人が多い場所でもあります。

 

三ノ宮駅からも近くアクセスが良いので、是非ともご利益をもらいに参拝してみてはいかがでしょうか。

素敵なご縁にも繋がるかもしれません。

 

生田神社の観光情報

 

住所:神戸市中央区下山手通1丁目2-1

アクセス:JR三ノ宮駅、私鉄各線三宮駅より北へ徒歩10分

電話番号:078-321-3851

参拝時間:8:00~17:00

公式URL:  生田神社

 

 

5. 光の祭典ルミナリエの終焉会場「東遊園地」

 

神戸の都心部にある東遊園地は、日本初の西洋式運動公園「外国人居留遊園」とされています。

東遊園地は、外国人居留地に隣接しており、サッカー・野球などのスポーツが盛んに行われ、外国のスポーツが流行る起点にもなっていました。

ここまででもわかるように、遊園地と言えば一般的にアトラクションのあるところを想起されるかもしれませんが、東遊園地の遊園地は公園という意味合いです。

 

1995年に起きた阪神淡路大震災後は、追悼行事の中心地として東遊園地が活用されることが多くなりました。

毎年12月に開催される神戸の大人気イルミネーションである「ルミナリエ」の終焉会場としても知られています。

 

東遊園地

 

このように、東遊園地は地理的にも文化的にも神戸の中心として人々から愛されています。

そんな歴史ある公園に、是非とも訪れてみてはいかがでしょうか。

コンサートやマーケットも頻繁に行われていて活気のある場所です。

 

東遊園地の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区加納町6丁目

アクセス:JR三ノ宮駅、私鉄各線三宮駅より徒歩5分

電話番号:078-322-5420

公式URL:  東遊園地

 

 


<神戸観光:神戸ベイエリアのおすすめ観光スポット>

 

1. 港町神戸を象徴するおすすめ観光スポット「メリケンパーク」

 

merikenpark

 

神戸の発展は言うまでもなく神戸港からなり、現在ではアジアを代表する港として栄えています。

そんな神戸港でノンビリと楽しめるのがメリケンパークです。

 

メリケンパークからは神戸が誇る人工島、ポートアイランドや神戸空港が見えます。

見通しがよければ、関西空港なども見ることができます。

神戸港の景色を見ながら、ランチタイムをとるにもピッタリな場所。

 

メリケンパークの周辺には、おなじみのポートタワーと神戸海洋博物館があります。

神戸の景色を楽しみたい方はポートタワーに、神戸港の歴史を学びたい方は神戸海洋博物館に行くといいでしょう。

 

時間がある方はメリケンパークから船に乗って、神戸港や瀬戸内海を見学するのもおすすめです。

船からの景色は格別ですよ。

メリケンパークからは30分ごとに船が出航しています。

 

阪神・淡路大震災を今に伝える「神戸港震災メモリアルパーク」

 

 

メリケンパークに行くまでに、傾いた電灯を含むモニュメントがあります。

これは1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の記憶を後世に伝えるものです。

阪神・淡路大震災では、神戸港も甚大な被害を受けました。

モニュメントの横には被災状況を伝えるビデオや模型が展示されています。

地震のもつ破壊力を肌で感じられるスポットです。

 

メリケンパークの観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区波止場町2

アクセス:JR阪神元町駅から南へ徒歩10分

電話番号: 078-304-2500

公式URL:  メリケンパーク

 

 

2. 神戸と共に歩む博物館「神戸海洋博物館」

 

神戸海洋博物館

 

神戸開港120年記念事業の一環として「海から港から神戸が始まり、未来に船出する」をコンセプトに、1987年に開館した「神戸海洋博物館」。

帆船の帆と波をイメージした白いスペースフレームの大屋根が特徴です。

海・船・港に関するジオラマ模型、映像、グラフィック、航海計器、そして大小200以上の船形模型がゆったりとしたスペースに展示されています。

 

2006年からは、神戸港の歴史と共に歩んできた川崎重工業が「カワサキワールド」を併設展開しています。

新幹線の運転席、ヘリコプターの操縦席、フライトシュミレーターのような体験型の展示も多く、大人も子供も楽しめるのが魅力です。

神戸らしい博物館にも関わらず、そこまで混んでいない穴場的な観光スポットです。

 

神戸海洋博物館の観光情報

 

住所 :兵庫県神戸市中央区波止場町2-2

アクセス :JR/阪神電鉄「元町駅」から徒歩15分

電話番号 :078-327-8983

定休日 :月曜日(月曜日が祝日の場合は開館翌日振替休館)、年末年始

営業時間 :10:00~17:00(最終入館は16:30まで)

料金 :大人600円、小・中学生250円

公式URL :  神戸海洋博物館

 

 

3. ショッピングにもアミューズメントにもなんでも揃っている「神戸ハーバーランド」

 

神戸観光、デート

 

神戸市中央区のど真ん中に、なんでも揃っている再開発区域があります。

こちらは神戸ハーバーランドといい、神戸に来たら一度は訪れておくべきと言っても過言ではない場所です。

ショッピング、アミューズメント、グルメ、ウェディングとなんでも揃っており、とりあえず迷ったらここ!ですね。

 

一番のおすすめは夜の「ガス灯通り」

 

 

神戸でイルミネーションといったらガス灯通りです。

このガス灯通りですが、実は神戸ハーバーランド内にあるのです。

炎と光が待っている光景は非常に綺麗で、デートスポットにはここしかないといえるほどです。

神戸でどこへ行くか迷った方は、是非神戸ハーバーランドへ来てみてください!

 

神戸ハーバーランドの観光情報

 

住所:神戸市中央区東川崎町1丁目

アクセス:JR神戸駅中央口を南へ出てすぐ

電話番号:078-360-3639

公式URL:  神戸ハーバーランド

 

 

4. 多くの参拝客で賑わう「湊川神社」

 

湊川神社

 

こちらの湊川神社は、1336年の湊川の戦いにて足利尊氏に敗れて自害した楠木正成を祀っている神社です。

楠木正成は、鎌倉幕府を倒幕するために尽力した重要な人物です。

地元では楠公(なんこう)さんと呼ばれ親しまれています。

境内に宝物殿や神能殿、結婚式を行うことのできる楠公会館などがあります。

 

神戸においては生田神社と並ぶ神社の定番観光スポットであり、年末年始には多くの観光客で賑わいます。

湊川神社付近の湊川公園には、楠木正成像もありますよ。

 

後醍醐天皇に忠誠を誓って鎌倉幕府と戦い続けた楠木正成。

勤王家・尊王家として今もなお、その忠義は語り継がれています。

 

湊川神社の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区多聞通3−1−1

アクセス:

JR神戸線「神戸駅」より北へ徒歩3分
阪急・阪神・山陽線「高速神戸駅」すぐ
地下鉄山手線「大倉山駅」より南へ徒歩5分
地下鉄海岸線「ハーバーランド駅」より北へ徒歩5分

電話番号:078-371-0001

参拝時間:

【1月・2月】   6:30~18:00
【3月】       6:00~18:30
【4月・5月】   5:30~19:00
【6月・7月・8月】 5:00~19:30
【9月】       5:30~18:30
【10月】     6:00~18:00
【11月・12月】   6:30~17:30
※季節により異なりますので、ご注意ください。

公式URL:  湊川神社

 

 

5. 子供に大人気「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」

 

子連れの家族におすすめしたいのがアンパンマンミュージアムです。

対象は幼児向けですが、1歳以上から入場料1,500円がかかるのと、ベビーカーは入ることができないのでご注意ください。

子供に人気のアンパンマンキャラクターたちがお出迎えしてくれるので、子供は大はしゃぎしてくれるかもしれません。

おそらく、ミュージアム内では親御さんたちは子供の写真をひたすら撮影するという時間になりそうですね。

 

アンパンマンが登場する「やなせたかし劇場」

 

 

約15分ほどのステージですが、実際にアンパンマンが登場して曲に合わせて踊るといったお客様参加型となっているので、子供だけではなく大人も楽しめます。

その他、アンパンマングッズが販売されているショップがあり、ミュージアムでしか手に入らない商品も売っていますよ。

子供が主役になることがほぼ間違いない観光スポットですので、子連れの親御さんは足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

神戸アンパンマンこどもミュージアム&モールの観光情報

 

住所:神戸市中央区東川崎町1-6-2

アクセス:

JR神戸線「神戸駅」より徒歩8分
阪急・阪神・山陽線 「高速神戸駅」より徒歩13分
地下鉄海岸線「ハーバーランド駅」より徒歩8分

電話番号:078-341-8855

営業時間:10:00~18:00(最終入館17:00、ショッピングモール~19:00)

料金:1,500円(1歳以上) ※ショッピングモールは無料

公式URL:  神戸アンパンマンこどもミュージアム

 

 

<神戸観光:新神戸・北野エリアのおすすめ観光スポット>

 

1. 新神戸駅から徒歩10分にあるおすすめ観光スポット「布引の滝」

 

nunobiki

 

神戸の玄関口である新神戸駅からわずか徒歩10分で立派な滝が見られる観光スポットがあります。

それが布引の滝(ぬのびきのたき)です。

 

布引の滝は4つの滝から構成されており、その中でも目立つのは雄滝(おんたき)で、高さは4.3メートル。

なかなか立派な滝で「日本滝百選」にも選ばれています。

滝からはマイナスイオンを感じることができ、リフレッシュした気分に。

 

なお、雄滝から少し歩くと神戸市を一望できる「見晴らし展望台」に着きます。

こちらの展望台は新神戸駅から歩いても20分くらいで着きますので、お手軽に眺望を楽しむことができるスポットです。

 

オススメは新緑と紅葉の季節。

葉っぱの美しさが印象に残るはずです。

新幹線に乗る前に、少しだけ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

布引の滝の先にある「布引貯水池」

 

nunobiki-chosuichi

 

布引の滝より30分~1時間くらい歩くと、布引貯水池に到着します。

布引貯水池にあるダムは日本最古の重力式コンクリートダムで、国の重要文化財に指定されています。

 

また、布引貯水池の水は昔から「神戸ウォーター」として有名で、腐りにくい水として世界にその名が行き渡っています。

もちろん、「神戸ウォーター」を購入することもできます。

 

布引の滝の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区葺合町

アクセス:新神戸駅より北へ徒歩10分

電話番号:078-232-4411

公式URL:  神戸布引の滝

 

 

2. アロマに包まれる「神戸市立布引ハーブ園」

 

nunobikiherben

 

新神戸駅からのアクセスが良いのが、こちらの布引ハーブ園。

神戸には山と海が揃っているのですが、ハーブ園はまさに山の上にあるので眺めも最高です。

園内では神戸の景色を見下ろせるだけではなく、四季折々のハーブを見たり、ハーブティーを飲んだりすることができます。

 

 

冬には「ライトアップ」も

 

神戸市立布引ハーブ園では、クリスマスシーズンになるとライトアップもしています。

日中も夜も楽しめるなんて素敵な場所ですよね。

高さ約6mのクリスマスツリーや約3mのリースなどが登場して非常に豪華な仕上がりとなります。

クリスマスシーズンは、期間限定のカフェスイーツやレンストランでのランチ、ディナーを楽しむことができますので、タイミングが合えば是非行ってみてください。

家族連れでもカップルでも楽しめる観光スポットです。

 

神戸市立布引ハーブ園 の観光情報

 

住所:神戸市中央区北野町1-4-3

アクセス:新神戸駅より徒歩約5分

電話番号:078-271-1160

営業時間:

【春】3月20日~7月19日 10:00~17:00(土日祝は20:30まで)
【夏】7月20日~8月31日 10:00~20:30
【秋】9月1日~11月30日 10:00~17:00(土日祝は20:30まで)
【冬】12月1日~3月19日 10:00~17:00

料金:

<ロープウェイ乗車料>
大人   往復 1,500円  片道 950円
小中学生 往復 750円   片道 480円
※ロープウェイ乗車料に入園料も含まれます

公式URL:  神戸市立布引ハーブ園

 

 

3. 異国情緒あふれる神戸観光のシンボル「北野異人館街」

 

ijinkan

 

「神戸」といえば異国情緒あふれる都市で有名です。

そのような「異国情緒・神戸」の観光のシンボルが、ここ北野異人館街です。

 

神戸は明治時代に開港し、開港と同時に多くの外国人が神戸に押し寄せてきました。

これらの外国人がやがて北野に移り住んでいったのが、北野異人館街の始まりと言えます。

 

異人館街には18もの異人館があります。

全ての異人館を訪れるものいいですが、結構なコストがかかってしまうのが難点。

そこで、絶対に外すことができない異人館を紹介しましょう。

 

kazamidori

 

それは「風見鶏の館」です。

風見鶏の館はテレビやドラマでもおなじみだと思います。

こちらはドイツ人商人のトーマスさんが住んでいたのですが、もちろん、風見鶏の館の設計に携わったのもドイツ人。

そのため、外観からはどこかドイツの建物を連想させますね。

 

屋根についている風見鶏も単なる飾りではなくきちんとした意味があります。

風見鶏は魔除けの意味やキリスト教の発展を意味するのです。

 

このように歴史や意味を知った上で、異人館をまわると楽しいでしょう。

風見鶏の館は北野異人館の象徴をするスポットなので、ぜひお忘れなく。

 

北野異人館街の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区北野町

アクセス:阪急神戸三宮駅、JR三ノ宮駅から北へ徒歩15分~20分

電話番号:078-251-8360(北野観光案内所)

営業時間:施設ごとに異なります

休業日:施設ごとに異なります

入館料:

風見鶏の館 500円
<お得なパスポート>
・8館プレミアムパス 3,000円
・5館ハッピーパス  2,100円
・3館スマイルパス  1,400円
※その他各施設ごとに異なります

公式URL:  神戸北野異人館街

 

 

4. 登録有形文化財のお洒落なスタバ「スターバックスコーヒー 神戸北野異人館店」

 

北野異人館スターバックス

 

北野異人館街へ行ったらぜひ立ち寄っていただきたいのが、スターバックスコーヒー 神戸北野異人館店。

スターバックスコーヒーのコンセプトストアというと鎌倉や京都、富山が有名ですが、こちらの店舗も忘れていけません。

 

北野坂をのぼっていくと目に留まる、白とグリーンのコントラストが爽やかで可愛らしい外観の建物。

こちらのスタバは、国の登録有形文化財に指定されている「北野物語館」がそのまま店舗となっているのです。

 

北野物語館は1907年に建設された木造2階建ての住宅。

阪神・淡路大震災で壊滅的な被害を受け、その後取り壊される予定でしたが、神戸市が解体・保管し、2001年に現在の場所に再建されました。

そして2009年にスターバックスコーヒー店として生まれ変わり、新たな歴史が始まったのです。

 

 

店内は1907年の建設当初の造作が忠実に再現されているため、一歩足を踏み入れればタイムスリップしたかのような気分に。

ダイニングルームやゲストルームなども当時の面影そのままで、それぞれにあったアンティーク風の家具や調度品が配置されているんですよ。

異人館街の散策途中に、いつものスタバとは異なる特別な空間で、優雅なカフェタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

スターバックスコーヒー 神戸北野異人館店の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区北野町3-1-31

アクセス:三ノ宮駅、新神戸駅より徒歩11分

電話番号:078-230-6302

営業時間:8:00~22:00

定休日:不定休

予約サイト・口コミ・クーポン:  ぐるなび 食べログ

 

 

5. 神戸の自慢である日本最古のモスク「神戸ムスリムモスク」

 

神戸モスク

 

神戸には多くの宗教施設が存在します。

そんな神戸を象徴する観光スポットが神戸ムスリムモスクです。

 

このモスクが建てられたのは、日本最古となる1935年です。

モスク内では絨毯やアラビア文字が見られ、日本にいながらも別世界に来たような気分を味わえます。

タイミングが合えば、メッカの方角に向かってお祈りをしている人たちを見られるかもしれません。

なお、イスラーム教徒の方が親切にガイドをしてくれるため、観光をしながらイスラーム文化も学ぶことができますよ。

 

そして、神戸ムスリムモスクの前にあるお店にも注目してください。

こちらでは、トルコを中心にイスラーム圏の食材が販売されています。

もちろん、ここで購入して自宅で調理することも可能なので、ご自宅でイスラーム圏の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

神戸ムスリムモスクの観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区中山手通2-25-14

アクセス:三ノ宮駅から北西へ徒歩10分

電話番号: 078-231-6060

開館時間:

10:00~17:00
※金曜日の朝から13:30までは集団礼拝の時間なので見学をすることができません。

休館日:なし

公式URL:  神戸ムスリムモスク

 

 

6. 永遠の愛を誓う場所「ビーナスブリッジ」

 

神戸には夜景が綺麗に見える場所がたくさんありますが、その中でもビーナスブリッジはトップクラスの夜景スポットです。

ビーナスブリッジは、神戸の六甲山系に属する諏訪山の中腹に位置する8の字型の螺旋橋。

愛の女神を表す「ビーナス」が名前の由来となっており、恋愛成就のスポットとしても人気を集めています。

 

ビーナステラス

 

「誓いの鍵」でカップル仲をより深く

 

諏訪山展望台内の広場「ビーナステラス」には「愛の鍵モニュメント」というモニュメントがあります。

元々はビーナスブリッジの手すりに南京錠を付けるのが恋愛成就のおまじないでした。

 

しかし、それでは橋の景観が損なわれるということで、2004年にこちらのモニュメントが作られました。

また愛の鍵モニュメントに付けられた鍵たちは、後にメモリアルプレートとして形を変え、モニュメントの近くに埋められるそうですよ。

残念ながら、ビーナスブリッジで南京錠は販売されていないので、誓いの鍵を付けたいと考えているカップルさんは、事前に用意していきましょう。

 

神戸のパノラマを眺められ、誓いの鍵のようなカップル同士の雰囲気を盛り上げてくれるアイテムもあり、デートには絶好の場所です。

大切な人と素敵な時間を過ごしたい場合には是非行ってみてください。

 

ビーナスブリッジの観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区神戸港地方字前山

アクセス:JR三ノ宮駅、私鉄各線三宮駅より北へ徒歩10分

営業時間:終日開放

公式URL:  ビーナスブリッジ

 

 

7. 池泉式庭園が見事な「相楽園」

 

神戸のオアシスとも呼ぶべき相楽園は、JR元町駅からのアクセスが良いです。

お洒落な街である神戸から少し外れると、こんなにも自然に囲まれた空間があるなんて驚きですよね。

綺麗な日本庭園はツツジの観光名所としても知られています。

 

相楽園

 

元々は三田藩士であった小寺泰次郎が、幕末から明治維新に起こった混乱の中で困窮した三田藩を回復させるべく神戸で事業を興したことが始まりです。

事業は成功し、小寺は実業家として名を広め、私邸として相楽園を作りました。

 

相楽園は池泉回遊式を基本としており、その上で広場を設けるなど西洋文化を取り入れていることも伺えます。

重厚な正門と欧風建築の旧小寺家厩舎、保存のために移築された船屋形、旧ハッサム住宅が庭園の景観と調和しています。

風情のある佇まいは、そこにいるだけで心が落ち着きますね。

 

相楽園の観光情報

 

住所:神戸市中央区中山手通5-3-1

アクセス:JR元町駅より徒歩15分

電話番号:078-351-5155

営業時間:9:00~17:00(最終入園時間は16:30)

休園日:木曜日(祝祭日開園、翌日休園)

入園料:大人(15歳以上)300円  小人(小中学生)150円

公式URL:  相楽園

 

 

8. 神戸港を見渡せる「神戸北野天満神社」

 

 

ここ北野天満神社は、学問の神様として有名な菅原道真を奉っている神社です。

北野天満神社は高台に位置しているため、境内からは綺麗な神戸港を臨むことができます。

休憩用の椅子も用意されているので、神戸観光の息抜きとしても利用できる場所ですよ。

 

神戸北野天満神社

 

元々は平清盛が1180年に京都から神戸に都を移して福原の都をつくるにあたり、京都北野天満宮より誘致して祀ったと言われています。

北野天満神社が置かれてから、神社付近を「北野町」と呼ぶようになったそうです。

 

菅原道真が祀られているということもあり、北野天満神社には合格祈願に訪れる方が多く、合格祈願の書かれた絵馬もたくさんみられます。

受験や試験などを控えている方は、お願い事をしてみても良いかもしれません。

 

神戸北野天満神社の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区北野町3-12

アクセス:三ノ宮駅から徒歩で15分

電話番号:078-221-2139

参拝時間:7:00~17:00

公式URL:  神戸北野天満神社

 

 

9. 大工さんの持ち物は不思議がいっぱい「竹中大工道具館」

 

 

大工さんの使っている工具ってどんなものがあるのか、これはなかなか未知の世界ですよね。

ここでは、主に手道具といわれる大工道具の収集・保存、研究・展示がされています。

大工さんは家を建てる以外にも、神社やお寺の修復工事なども行います。

その時に用いる工具は、どれも一緒というわけではありません。

工具一つ取ってみてもかなりの種類があり、その数に感嘆の声があがります。

 

また、お寺や神社の修復には釘を使用しません。

木と木を組み合わせて行う修繕作業は、とてもきめ細やかな作業といえます。

匠の技で神社仏閣が修繕されているということを、改めて知ることができる展示も見応えがありますよ。

 

全国的にも珍しい施設なので、日本家屋が好きな方や大工さんの持ち物に興味がある方におすすめです。

入館料も比較的リーズナブルなので、急な雨などで立ち寄って見学してみるのも良いですね。

 

竹中大工道具館の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区熊内町7-5-1

アクセス:

JR・阪神・阪神「三宮駅」から徒歩18分
JR・阪神「元町駅」から徒歩約10分
市営地下鉄「県庁前駅」から徒歩5分

電話番号:078-242-0216

開園時間:9:30~16:30

休業日:月曜日・年末年始

料金:

大人 300円
高校生・大学生 200円
小中学生 100円

公式URL:  戸北野天満神社

 

 

<神戸観光:ポートアイランドエリアのおすすめ観光スポット>

 

1. 神戸を一望できる「ポートアイランド北公園」

 

ポートアイランド北公園

 

真っ赤な神戸大橋のたもとが北公園の中心地となっています。

北公園ではベンチに座りながら、潮風になびかれ神戸の街や六甲山を観ることができます。

また、夜にはイルミネーションに染まった神戸市街を眺めることができ、夜には絶景の夜景スポットとなるのでデートにぴったりです。

神戸港を往復する大型客船を見ることもでき、座っているだけでも飽きのこない観光スポットとなっています。

 

この北公園内にはランチやディナーを楽しめるようなレストランは併設されていないため、もしお昼時などにデートをするときはお弁当を持参してピクニックをすると良いかもしれません。

ベンチだけなく芝生の広場もあるので、天気が良ければ外で持ち寄りの食事をするのも楽しいです。

アクセスが良く絶景を眺めることのできる場所ですので、デートプランにこちらの観光スポットを加えてみてはいかがでしょうか。

 

ポートアイランド北公園の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区港島2丁目

アクセス:ポートライナー中公園駅より北へ徒歩8分

電話番号:078-304-2502

公式URL:  神戸ポートアイランド北公園

 

 

2. 動物好きにはたまらない「神戸どうぶつ王国」

 

animal

 

動物園ですが、動物だけではなくスイレンやベゴニアなどたくさんの花も鑑賞できる場所です。

園内は全天候型なので、雨の日でも楽しめる神戸の観光スポットとなっています。

大人気のアルパカやカピバラなどと触れ合うこともできるので、動物好きにはうってつけです。

 

ピンクの枕で寝るカンガルー「豆蔵」

 

 

神戸どうぶつ王国で一番有名な動物といえば、カンガルーの「豆蔵」です。

他のカンガルーが普通に寝ている中、豆蔵だけが枕を使って寝ています。

その姿はまるでおじさんのようと大人気ですので、豆蔵がピンクの枕で寝ている姿を見れると良いですね。

 

神戸どうぶつ王国 の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-9

アクセス:ポートライナー空港線「京コンピュータ前(神戸どうぶつ王国)駅」下車すぐ

電話番号:078-302-8899

営業時間:

平 日 10:00~17:00(入国締切16:30)
土日祝 10:00~17:30(入国締切17:00)

定休日:毎週木曜日(ゴールデンウィーク、お盆など繁忙期は除く)

料金:

大人(中学生以上)1,800円
小学生  1,000円
幼児(4・5歳)300円
シニア(満65歳以上)1,500円

公式URL:  神戸どうぶつ王国

 

 

3. 子供も大人も楽しめる「バンドー神戸青少年科学館」

 

正式には神戸市立青少年科学館ですが、バンドー神戸青少年科学館の愛称で親しまれています。

「科学館」というと堅苦しいイメージを持たれる方がいらっしゃるかもしれませんが、実際はそんなことはありません。

バンドー神戸青少年科学館は、神戸で唯一プラネタリウムがある科学館なので、大人も子供も楽しめますね。

雨の日の観光やデートにおすすめです。

 

「ハングライダー体験」ができる

 

 

「ふれる・つくる・つながる」をコンセプトにした館内では、様々なワークショップや体験型展示が用意されています。

その中でもハングライダーはおすすめです。

実際に自分の体で体験して学ぶことは楽しいですよね。

思わず子供よりも大人の方が楽しんでしまう可能性もある、楽しい科学館です。

 

バンドー神戸青少年科学館の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区港島中町7丁目7-6

アクセス:神戸新交通「南公園駅」より徒歩3分

電話番号:078-302-5177

営業時間:

月~木 9:30~16:30
金、土日祝、春休み、夏休み 9:30~19:00
※土日祝、春休み、夏休みのプラネタリウムの最終回は19:00から
※入館はいずれも閉館の30分前まで 

休館日:

水曜日(祝日の場合は翌日)、館内整理日、年末年始
※春休みと夏休みは無休

料金:

<展示室>
大人(18歳以上)600円  小学・中学・高校生 300円
<プラネタリウム>
大人(18歳以上)480円    小学・中学・高校生   210円

公式URL:  バンドー神戸青少年科学館

 

 

4. 世界で唯一のコーヒー専門博物館「UCCコーヒー博物館」

 

 

コーヒー好きなら是非とも訪れていただきたいのが「UCCコーヒー博物館」です。

館内では、コーヒーについて徹底的に学ぶことができ、貴重なコーヒーの焙煎体験や試飲もできますよ。

コーヒーの起源や文化、加工や流通方法など、コーヒーについて見分を広めましょう。

 

また、館内見学後にコンピュータクイズに挑戦すると、顔写真付きのコーヒー博士認定証が貰えますよ。

館内1Fにはカフェが設置されているので、色々な種類のコーヒーをゆっくり味わいたい人は利用されると良いと思います。

 

UCCコーヒー博物館の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区港島中町6丁目6-2

アクセス:神戸新交通「南公園駅」より徒歩1分

電話番号:078-302-8880

営業時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)・年末年始

料金:

大人(高校生以上)300円
シニア(65歳以上)150円
中学生以下 無料

公式URL:  UCCコーヒー博物館

<神戸観光:灘・東灘エリアのおすすめ観光スポット>

 

1. 文化の復興のシンボル「兵庫県立美術館」

 

 

「兵庫県立美術館」は、阪神・淡路大震災からの「文化の復興」のシンボルとして2002年に誕生しました。

美術館の設計は安藤忠雄氏です。

 

目の前に広がる海と、巨大迷路のようなユニークな外観が印象的です。

屋外にも彫刻作品が置かれ、建物と風景を一緒に楽しむ事が出来るのが魅力の一つ。

 

前身である近代美術館時代から、購入や受贈により収集した作品の数は約9000点にもおよびます。

内外の近代彫刻、近代版画、郷土ゆかりの美術、現代美術の4つがコレクションの大きな柱になっています。

興味深いテーマの特別展や、コンサートや映画上映など無料で楽しめるイベントも開催されているので、公式サイトから確認してくださいね。

 

兵庫県立美術館の観光情報

 

住所 :兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1-1

アクセス :

阪神電鉄 岩屋駅から徒歩で8分
JR灘駅から徒歩で10分
阪急電鉄王子公園駅から徒歩で15分
各三ノ宮駅よりバスで15分

電話番号 :078-262-0901

休館日 :月曜日(祝休日の場合は翌日)年末年始

営業時間 :10:00~18:00

料金 :大人500円 (特別展は別途)

公式URL :  兵庫県立美術館

 

 

2. 忘れてはならないことはここに「人と防災未来センター」

 

 

兵庫県立美術館からすぐ。

「人と防災未来センター」は、1995年に起きた約6,500名もの犠牲者が出た阪神・淡路大震災の記憶を未来に紡ぐための施設です。

悲しい震災を風化させないためにも、人と防災センターが建てられました。

 

施設内では阪神・淡路大震災の発生から復興までのプロセスが記録されており、実際に起きた悲惨な事態をありのままに学ぶことができます。

実際に私たちの身に震災が起きたらどうすれば良いかを考える大切な機会となりますので、観光と合わせて行ってみる価値は大いにありますよ。

自然災害はいつ誰の身に降り注ぐかわかりませんので、万全な準備を知識として身に付けておくことは大切です。

 

人と防災未来センターの観光情報

 

住所: 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2

アクセス:

阪神電鉄「岩屋駅」「春日野道駅」から徒歩約10分
JR「灘駅」南口から徒歩12分
阪急電鉄「王子公園駅」西口から徒歩約20分

電話番号:078-262-5050

営業時間:

【日・火~木】9:30~17:30(入館は1時間前まで)
【金・土】9:30~19:00(入館は1時間前まで)
【7月~9月】9:30~18:00(入館は1時間前まで)

入館料:

大人 600円
大学生450円
※高校生以下は無料

公式URL:  人と防災未来センター

 

 

3. 希少動物に出会える「神戸市立王子動物園」

 

神戸市立王子動物園

 

神戸市立王子動物園では、希少動物であるジャイアントパンダやコアラに出会うことができます。

この両方の動物が見られるのは日本で唯一王子動物園だけなので、動物好きなら必見のスポットですね。

余談ですが、パンダのしっぽの色は何色だと思いますか?

その答えが気になる方は実際にその目で確かめてみてください。

 

 

園内では約140種類の動物たちを観ることができ、「ホッキョクグマのドボンタイム」や「動物かみしばいとおはなし」などの楽しめるイベントも充実しています。

カップルで動物を見にデートに来ることはもちろん、子供から親御さんまで楽しめるので、子連れのファミリーにもうってつけの場所となっています。

 

神戸市立王子動物園の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市灘区王子町3-1

アクセス:

阪急「王子公園駅」より西へ徒歩3分
JR「灘駅」より北へ徒歩5分
阪神「岩屋駅」より北へ徒歩10分
神戸市バス90・92系統「王子動物園前」バス停下車すぐ

電話番号:078-861-5624

営業時間:9:00~17:00(11月1日~2月末日は16:30まで)

休業日:水曜日 年末12月29日から1月1日

入園料:大人(高校生以上)600円 ※中学生以下は無料

公式URL:  神戸市立王子動物園

 

※王子動物園の詳細は下記記事にまとめていますので、興味のある方は合わせてご覧になってください。

→  パンダやコアラと一度に会える!開放的な雰囲気が魅力の神戸市立王子動物園のアクセスや料金、みどころを紹介

 

 

4. お酒好きの方には特におすすめ「灘五郷」

 

nadasake

 

神戸は全国有数の日本酒の生産地。

お酒に適した宮水と山田錦、そして六甲おろしの組み合わせは数々の名酒を生み出してきました。

灘のお酒は昔から「男酒」と呼ばれ、キリっとした辛口の酒で有名です。

ちなみに、「女酒」は京都の伏見になります。

そのような辛口のお酒ですから、お刺身などとの相性が抜群です。

 

灘五郷は神戸市の灘区から西宮市までのエリアを指し、神戸市灘区、東灘区にはたくさんの酒造会社があります。

そして、それぞれの酒造会社にはお酒の歴史や作り方を紹介しる博物館が併設されています。

その中で一番オススメの博物館が浜福鶴吟醸工房。

タイミングがよければ、米治さんによるお酒に関する興味深いお話が聞けますよ。

 

また、それぞれの博物館にはオリジナル商品が多数販売されています。

ここでしか買えないものもありますので、ぜひお見逃しのないように。

 

灘五郷の観光情報

 

住所:神戸市灘区、東灘区

アクセス:

阪神、六甲ライナー「魚崎駅」から南へ徒歩10分
阪神「住吉駅」から南へ徒歩10分

電話番号: 078-841-1101(灘五郷酒造組合)

営業時間:施設によって異なります

休業日:施設によって異なります

公式URL:  灘五郷

 

 

5. マヨネーズ好きなら「キユーピー神戸工場」

 

 

正式名称はキューピーではなく、キユーピーだってご存知でしたか?

小さいュではなくて、大きなユです。

これはデザイン上の理由からきているそうです。

 

家族のお出かけに、ちょっと面白いデートに、工場見学はいかがでしょうか。

キユーピーの神戸工場では、2017年から工場見学が始まり、密かな人気になっています。

 

まずはホールにて野菜や卵の知識、キユーピーグループの物づくりへの想い、会社と商品の歴史を学びます。

次にマヨネーズやドレッシングの作り方、野菜についての映像鑑賞をします。

 

そして、いよいよ製造工程です。

容器にマヨネーズがどんどん注入されているところや、袋詰めなどの様子を見学します。

 

最後は楽しい試食タイムが待っています。

野菜スティックと共に、各種マヨネーズ、ドレッシングを味比べしましょう。

 

2016年にオープンした新しい工場で、海岸沿いにあるので眺めも抜群。

オートメーション化が進んでいるので、ロボットや機械が作業する様子は圧巻です。

見学は完全予約制で、マヨネーズコースとドレッシングコースがあり、所要は約1時間半ほど。

参加費は無料で、大人にはマヨネーズ、子供にはミニキューピーとミニマヨネーズのお土産付きなのは嬉しいですよね。

 

キユーピー神戸工場の観光情報

 

住所 :兵庫県神戸市東灘区深江浜町27-1

アクセス :

JR「甲南山手駅」からバスで20分(30系統 深江浜町方面行き 深江浜西下車)
阪神電鉄「深江駅」からバスで14分 (30系統 深江浜町方面行き 深江浜西下車)

電話番号 :078-411-6015

定休日 :日祝休・土曜不定休あり

営業時間 :見学時間:10:00~11:30、13:30~15:00(1日2回)

料金 :無料

公式URL :  キユーピー神戸工場

 

 

6. ちくわとかまぼこを作ってみよう「てっちゃん工房」

 

 

こちらも見学ができる観光スポットの「てっちゃん工房」です。

「てっちゃん、てっちゃん、かねてっちゃん。ちくわとかまぼこちょうだいな。へーいへーい、毎度ありがとさん♪」

このCMソングを口ずさめるのは、関西在住および出身の40代以上限定かもしれませんね。

 

すり身を使ってかまぼこやちくわを自分で作る事が出来る体験コースが人気です。

コースは所要90分でちくわとかまぼこを作るという本格派(1,200円)

もちろん、完成品はその場で食べる事もできますよ。

焼き立てアツアツのちくわは、目からうろこの美味しさだと評判です。

 

 

併設のショップでは、カネテツデリカフーズの商品、揚げたて天ぷら、てっちゃんキャラクターグッズを販売しています。

体験コースの時間に関しては、公式サイトでご確認くださいね。

 

てっちゃん工房の観光情報

 

住所 :兵庫県神戸市東灘区向洋町西5-8

アクセス :

JR「住吉駅」阪神電鉄「魚崎駅」より六甲ライナーに乗り換え。
「アイランドセンター駅」より徒歩15分

電話番号 :078-857-3453

定休日 :不定休

営業時間 :9:30~16:30

料金 :体験料金1,200円 体験工房の見学入場は108円

公式URL :  てっちゃん工房

 

 

<神戸観光:六甲山・摩耶山エリアのおすすめ観光スポット>

 

1. 神戸市内のパノラマが楽しめる「六甲ガーデンテラス」

 

rokko

 

神戸だけにとどまらず、日本でも有数の絶景を楽しめるのが六甲ガーデンテラスです。

展望スペースから臨むパノラマは素晴らしく、時間帯によって様々な表情を見せてくれます。

明石海峡・大阪平野・関西国際空港などを見ることができますよ。

レストランやカフェもあり、絶景だけではなくランチやディナーも楽しむことができるのがおすすめポイントです。

 

夜景は「1,000万ドルのきらめき」

 

六甲ガーデンテラス

 

六甲ガーデンプレイスは一日を通して楽しめるスポットですが、イチオシはやはり夜。

ここから見ることのできる夜景の美しさは「1,000万ドルのきらめき」と称されるほど。

デートスポットとしても大人気なので、大切な人と綺麗な景色を見たいものですね。

 

六甲ガーデンテラス の観光情報

 

住所:神戸市灘区六甲山町五介山1877-9

アクセス:六甲ケーブル山上駅より六甲山上バスで10分

電話番号:078-894-2281

営業時間:9:00~21:00

料金:無料

公式URL:  六甲ガーデンテラス

 

 

2. マイナスイオンに癒される「六甲高山植物園」

 

 

六甲高山植物園は、高山植物園として日本でもっとも古い歴史を持っており、1933年に開園されました。

園内では約1,500種類もの植物を栽培しています。

神戸という大都市の近郊で、こんなにも自然溢れる観光スポットがあるのはありがたいですよね。

 

「ロックガーデン」で高山植物を鑑賞する

 

5〜6月には、その名の通り岩場をモチーフにしたロックガーデンで、エーデルワイスなどの高山植物を鑑賞することができます。

マイナスイオンがたっぷりで心を癒したいという方にはうってつけの場所だと思います。

大人も子供も一緒になって鑑賞を楽しむことができますよ。

 

六甲高山植物園の観光情報

 

住所:神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150

アクセス:六甲ケーブル山上駅より六甲山上バスで10分

電話番号:078-891-1247

営業時間:

10:00~17:00(入園は16:30まで)
※3月中旬~11月中旬のみの営業

定休日:定休日無(9月に施設点検のため休園日あり)

予約・口コミ・クーポン:  じゃらん

公式URL:  六甲高山植物園

 

 

3. 子連れファミリーにおすすめ「六甲山フィールド・アスレチック」

 

 

六甲山フィールド・アスレチックは、子連れのファミリー向けの観光スポットです。

国立公園である六甲山の緑豊かな木々に囲まれて、たくさんアスレチックで体を動かすことができます。

アクティビティ好きな子供にはたまらない場所ですよね。

フィールド・アスレチックは全長約1kmもの本格的なコースで、40ものアスレチックポイントが待ち構えています。

 

子供が主役になれる場所だとは思いますが、親御さんも一緒に楽しむことができますよ。

一緒にアスレチックをすることで、親子の絆がより深まるかもしれません。

 

自然の中で運動をするのは気持ちが良いです。

是非、子供と一緒にレクリエーションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

六甲山フィールド・アスレチックの観光情報

 

住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98

アクセス:六甲ケーブル山上駅より六甲山上バスで10分

電話番号:078-891-0366

営業時間:

10:00~17:00(15:30受付終了)
※3月中旬~11月下旬のみの営業

定休日:木曜日(夏休み期間は無休)

料金:

大人(中学生以上)930円
小人(4歳~小学生) 510円

公式URL:  六甲フィールドアスレチック

 

 

4. 神戸で一番癒されるおすすめ観光スポット「六甲山牧場」

 

rokkomountain

 

次にご紹介するのは六甲山で1番人気といっても過言ではない観光スポット、六甲山牧場。

ここでは、羊や馬などの動物がノンビリと過ごしています。

羊と戯れると癒されること間違いなし。

 

また、羊のショーも見ることができ、牧羊犬がうまく羊を誘導するシーンは必見です。

子供限定になってしまいますが、乗馬の体験もできます。

 

「牧場」と銘打っているだけあって、手作りのカマンベールチーズも生産しています。

表面は白カビで覆われており、中はトロっとしています。

おいしくてパンによく合いますよ。

六甲山牧場ではチーズを「買う」だけでなく、製造体験もできます。

 

六甲山牧場の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町中一里山1-1

アクセス:六甲ケーブル山上駅からバスで15分

電話番号:078-891-0280

営業時間:9:00~17:00(4月~10月の土日祝、夏休みは17:30まで)

休業日:火曜日(11月~3月)、年末年始、1月の平日

入場料:大人 500円  小・中学生 300円  幼児 無料

公式URL:  六甲山牧場

 

 

5. 神戸の1000万ドルの夜景を楽しめるおすすめ観光スポット「摩耶山」

 

maya

 

神戸は函館、長崎と並んで「日本三大夜景」に挙げられるほど、夜景の美しい街で有名です。

ここまででご紹介してきている通り、美しい夜景が見られるスポットはいくつかありますが、一番のオススメは摩耶山の掬星台。

ぜひ、ケーブルカーとロープウェーを乗り継いで摩耶山に行きましょう。

 

掬星台からの神戸の夜景はあまりにも美しく、思わず言葉を失ってしまうのではないでしょうか。

カップルの方には特におすすめです。

 

なお、摩耶山では様々なイベントが行われています。

例えば、夜景のツアーや掬星台でのミニカフェなどが行われています。

摩耶山に本1冊を持って頂上付近で読書をするのも楽しいですよ。

 

夜景以外に様々な楽しみ方ができるのも摩耶山の特徴です。

また、摩耶山には646年に建てられた摩耶山天上寺もありますので、歴史好きの方は訪れて見てください。

 

摩耶山(掬星台)の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市灘区摩耶山町2−2

アクセス:

まやビューライン星の駅下車、なお星の駅からの最終は以下のとおり。
【春・秋】17:30(平日)、20:50(土日祝)
【夏】  20:50(全日)
【冬】  17:30(平日)、19:50(土日祝)

電話番号:078-861-2998(星の駅)

営業時間:

10:00~21:00(摩耶ケーブル)
10:00~20:50(摩耶ロープウェー)

定休日:火曜日(火曜日が祝日の場合翌日休園)

料金:

掬星台は入場無料
<まやビューライン>
大人(12歳以上)片道880円 往復1,540円
小人(6歳以上)  片道440円 往復770円

公式URL:  摩耶山

 

 

6. 安産祈願をするなら「摩耶山天上寺」

 

 

646年に、インドの高僧である法道仙人が開いたと言われています。

天上寺にはお釈迦様の聖母である摩耶夫人像が置かれおり、そのことから「摩耶山」と名付けられたそうです。

摩耶夫人像は、お釈迦様が厄年の時に作られ、一般的には公開されていない像として安置されています。

 

また、摩耶夫人像の前にある鐘に巻かれていた浄布を持ち帰った妊婦が、それを腹帯としてお腹に巻きつけたことから、安産のための腹帯が発祥した地としても知られています。

腹帯とは、妊婦さんが生後約5ヶ月目あたりから安産祈願を込めてお腹に帯を巻く風習のことで、この風習は日本特有のもので海外にはありません。

 

そのようなことから、天上寺は安産祈願・子授け・子育ての守護仏として知られており、安産祈願をする多くの妊婦さんが足を運んでいます。

安心して子供を産み、子育てをしたいと思っている親御さんは、天上寺を訪れるのもよいのではないでしょうか。

 

摩耶山天上寺の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-12

アクセス:まやビューライン「星の駅」より徒歩10分

電話番号:078-861-2684

参拝時間:9:00~17:00

公式URL:  摩耶山天上寺

 

 

7. 世界の木々を観ることのできる「神戸市立森林植物園」

 

神戸市立森林植物園

 

神戸市立森林植物園には、世界や日本の植物を問わず、約1,200種類もの木々を植栽展示しています。

10月下旬から11月下旬の紅葉シーズンには、38種類約3,000本もの紅葉が咲き誇り、幻想的な光景が目の前に広がりますよ。

園内にある長谷池周辺の紅葉スポットが特に見所で、数多くの観光客で連日賑わっています。

 

紅葉だけではなく、梅雨の時期には綺麗なあじさいを観ることができます。

四季折々の花や木々を楽しむことができるのも魅力的ですよね。

まるで世界各国を巡っているかのような感覚になる神戸市立森林植物園、目の保養になりますので是非とも行ってみてください。

 

神戸市立森林植物園の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市北区山田町上谷上字長尾1-2

アクセス:

北鈴蘭台駅から無料送迎バス
三宮駅から市バス25系統で約40分 「森林植物園前」下車

電話番号:078-591-0253

営業時間:

【開園】9:00~17:00(16:30受付終了)
【休園】水曜日(水曜日が祝日の場合翌日休園)

入園料:

大人(12歳以上)300円
小人(小・中学生)150円

公式URL:  神戸市立森林植物園

 

 

8.  四季で表情が変わる風景を楽しめる「六甲ケーブル」

 

 

ゆったりと進む六甲ケーブルで、ゆったりと六甲山を上ってみませんか?

六甲ケーブルは2種類のケーブルカーが走っていて、クラシカルでレトロな雰囲気を満喫できます。

ロープウェイとは違うケーブルカー独特の雰囲気を感じることができるのは、大人だけでなく子どもにとっても貴重な体験!

思い出に残ること間違いなしです。

 

六甲ケーブルカーの歴史は長く、昭和7年に第1号のケーブルカーが誕生しました。

その後も改良を重ね、現在では3代目となる「クラシカルタイプ」と「レトロタイプ」のケーブルカーが活躍しています。

 

「クラシカルタイプ」では外装の赤×緑のかわいらしさが目を引き、屋根がガラス張りになっていて、内装は椅子や床を木造にしており自然を満喫し易い空間になっています。

 

「レトロタイプ」は緑×オレンジの少しシックなイメージで、内装は阪神電車旧1形車と旧神戸市電を掛け合わせたようなどこ懐かしい雰囲気となっています。

床面にはカーペット、座面にはモケットを採用しているため、レトロ感が一層感じられます。

 

六甲山は四季折々、雰囲気をがらりと変えてくれます。

ケーブルカーで眺める自然の風景も、ケーブルカーに乗車する時期で全く違っているため何度でも楽しめますよ。

 

六甲ケーブルの観光情報

 

住所:兵庫県神戸市灘区高羽

アクセス:六甲ケーブル山上駅より六甲山上バスで10分

電話番号:078-861-5288

営業時間:7:10~21:10

料金(片道):

大人 590円
子ども 300円

公式URL:  六甲ケーブル

 

 

9.  オルゴールの世界にうっとり「六甲オルゴールミュージアム」

 

rokkomusicboxmuseum

 

オルゴールというと、自分でねじを回して綺麗な音色を楽しむイメージのものが多いかもしれません。

六甲オルゴールミュージアムでは、オルゴールの他に19世紀後半から20世紀初頭に作られた自動演奏楽器がたくさん集められています。

自動演奏楽器による演奏も定期的に行われていて、スタッフさんのガイドもついているため、とてもわかりやすくて聴きやすいのも魅力の一つ。

 

また、園内ではカフェやお土産屋さんもあるので、ゆったりとオルゴールの世界に浸ることができます。

その他にオルゴールの製作体験も充実しているため、自作のオルゴールをパートナーやお子さんと一緒に作って思い出を形に残すこともできます。

 

六甲オルゴールミュージアムの観光情報

 

住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-145

アクセス:「六甲山上駅」から六甲山上バス「オルゴール館前」下車 すぐ

電話番号:078-891-1284

営業時間:10:00~17:00(最終受付16:20)

休業日:

11月下旬~3月中旬の木曜日、12/31、1/1
※不定期に施設点検日があります

料金:

大人(中学生以上) 1,030円
小人(4歳~小学生) 510円

予約サイト:  じゃらん

 

 

<神戸観光:兵庫・新開地・長田・新長田エリアのおすすめ観光スポット>

 

1. 大仏を拝むことのできる「能福寺」

 

能福寺

 

日本三大仏の一つである「兵庫大仏」を拝むことができるのが、ここ能福寺です。

兵庫大仏の全長11mもあるその姿はまさに圧巻。

国内でも屈指の大仏を観ることのできる場所ですが、観光客が多くはないので穴場スポットとも言えます。

また、平清盛の遺骨が埋められているとも言われています。

 

こちらの兵庫大仏、実は太平洋戦争末期に金属回収で一度はなくなっており、現存しているのは、1991年に再建された二代目となります。

毎年5月9日〜10日には、大仏開眼を記念して「兵庫大仏まつり」が開催されています。

 

能福寺の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市兵庫区北逆瀬川町1-39

アクセス:JR兵庫駅から徒歩で10分

電話番号:078-652-1715

参拝時間:9:00~17:00

公式URL:  能福寺

 

 

2. 事代主大神が祀られている「長田神社」

 

 

長田神社には、商業や産業の神様である「事代主大神」が祀られています。

地元の人には「長田さん」という愛称で親しまれており、生田神社や湊川神社とならぶ、神戸では有名な神社の一つです。

 

2001年には御鎮座1800年を迎えました。

室町時代から続く「長田神社の追儺式」は有名で、国の指定無形文化財になっています。

 

この神事は7匹の鬼が松明の炎で災いを燃やし尽くし、太刀を用いて不吉を切り捨て、一年間の無病息災や安全祈願をするものとなっています。

参拝に来ている人たちは、松明の灰をかぶり、その燃え残りを家の入口に吊るすことで除災招福を願います。

節分祭とも言われ、毎年2月3日14:00から開始されるので、興味のある方は是非ともご覧になってください。

 

長田神社の観光情報

 

住所:神戸市長田区長田町3-1-1

アクセス:

阪神電鉄神戸高速線高速長田駅から徒歩で5分 
市営地下鉄長田駅(長田神社前)から徒歩で5分

電話番号:078-691-0333

参拝時間:

【4月~9月】5:00~18:00
【10月~3月】6:00~18:00
【授与所】9:00~16:00

公式URL:  長田神社

 

 

3. 映画ファン必見「神戸映画資料館」

 

 

映画発祥の地と言われる神戸。

2007年、新長田駅近くに小さな映画資料館がオープンしました。

映画ファンや専門家注目の全国でも珍しい民営の資料館では、膨大な映画フィルム、書籍、ポスターなどありとあらゆる映画関連のコレクションを見る事ができます。

 

他では見られない戦前の記録映画や劇映画、古い映写機など貴重な品々も多く、無料で楽しむ事が出来るのが嬉しいですね。

併設のミニシアターでは、週末に名画や最新のドキュメンタリーなどの上映があり、多くの映画ファンが集います。

 

シネマカフェチェリーでは、飲み物を注文すれば食べ物の持ち込みがOKです。

自由に見る事が出来るキネマ旬報のバックナンバー(70年代~最新)をめくりながら、のんびりとした時間を過ごしてみてください。

 

神戸映画資料館の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市長田区腕塚町5丁目5-1-201 アスタくにづか1番館2F

アクセス:JR新長田駅から徒歩5分

電話番号:078-754-8039 

営業時間:10:30~18:00

料金:入場無料

休館日:水曜日、木曜日

公式URL:  神戸映画資料館

 

 

<神戸観光:須磨エリアのおすすめ観光スポット>

 

1. 源平ゆかりの古刹である「上野山福祥寺」

 

正式名称は上野山福祥寺であるものの、あまりそう呼ばれる事はなく、通称の「須磨寺」の名前で知られています。

また、上野山福祥寺のある須磨は、源平合戦ゆかりの地としても知られています。

そのため、須磨寺には源氏物語ゆかりの若木の桜や平敦盛の首塚など、歴史的な観光すべきポイントがたくさんあります。

 

 

こちらの「源平の庭」は境内にあるもので、平敦盛と熊谷直実の一騎打ちのシーンを表しています。

モニュメントは等身大で再現されているため、迫力もありますよ。

 

神戸では初詣に須磨寺を訪れる人もいますし、デートスポットとして歴史を学びながら訪れる人もいます。

特に歴史好きにはたまらない観光スポットですね。

 

上野山福祥寺の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市須磨区須磨寺町

アクセス:須磨寺駅から徒歩で5分

電話番号:078-731-0416

拝観時間:8:30~17:00

公式URL:  上野山福祥寺

 

 

2. 四季折々の花々を楽しむことができる「須磨離宮公園」

 

須磨離宮公園は綺麗な花々が咲く巨大な公園です。

内部の構成は西洋式庭園を中心とした本園と、植物園の二つからなっています。

 

 

たくさんの色とりどりの花に囲まれており、秋には紅葉を眺めることもできます。

デートにも活用できますし、子供向けアスレチックもありますので、子連れでも十分に楽しめる観光スポットです。

 

須磨離宮公園

 

神戸に来た際は都心を楽しむのも良いですが、自然に囲まれて過ごすのも気分転換になって良いかもしれませんね。

お弁当を持ち寄ってピクニックをするのも楽しいでしょう。

花だけではなく、大きな噴水も見所です。

 

須磨離宮公園の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市須磨区東須磨1-1

アクセス:JR須磨駅・山陽電車 山陽須磨駅から路線バスで離宮公園前下車

電話番号:078-732-6688

営業時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)

料金:

大人(15歳以上・中学生を除く)400円
小人(小・中学生)200円

休園日:木曜(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/3)

公式URL:  須磨離宮公園

 

 

3. スマスイの愛称で親しまれている「須磨海浜水族園」

 

須磨海浜水族園

 

2017年に開業60周年を迎えた、神戸市立須磨海浜水族園(旧須磨水族館)は、神戸市民に愛され続けてきた水族園です。

神戸っ子なら、親子三代で子供の頃に訪れましたというのは当たり前。

それぞれの展示を自由に移動し、時には緑の中で休憩をしたりと、公園の中にいるようにのんびりして欲しいという意味で、1987年のリニューアル時に水族館から水族園に名称変更しました。

 

水族園の名物の一つが、幅25メートル、水量1200トンを誇る巨大水槽です。

この水槽で暮らすのは、シロワニやアジやエイ。

シロワニ、といってもワニではなくサメなんですよ。

正面から観察したら、二階にあがって上から水槽を見下ろして見てくださいね。

 

須磨海浜水族園

 

もう一つの名物はイルカパビリオンです。

イルカタッチや、迫力満点のイルカショーは、大人も子供も夢中になって楽しめます。

ラッコのパビリオンや、ふれあいプログラムなど楽しいアトラクションがいっぱいです。

 

須磨海浜水族園の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市須磨区若宮町1丁目3-5

アクセス:JR須磨海浜公園駅から徒歩5分

電話番号:078-731-7301

営業時間:9:00~17:00(GW、夏休みは夜間延長開園あり)

料金:大人1300円 中人(15歳~17歳)800円 小人(小・中学生)500円

休園日:3~11月 無休、12~2月 水曜 ただし年末年始、祝日は開園

公式URL:  須磨海浜水族園

 

 

<神戸観光:垂水エリアのおすすめ観光スポット>

 

1. 明石海峡大橋を臨む「舞子公園」

 

のんびりデートをしたいという方は、こちらの舞子公園がおすすめです。

公園内から明石海峡大橋や淡路島を眺めることができますよ。

 

海浜といえば兵庫県では須磨の浜が有名ですが、こちらの舞子の浜も名所です。

江戸時代には旅の休憩所として用いられていたそうです。

 

舞子公園

 

夜になると明石海峡大橋がライトアップされるため、暗くなってきた頃合いに行くと特に綺麗です。

もちろん、快晴時の光景も素晴らしいので、お好みに合わせて選んでみてください。

 

潮風に吹かれながら、観光スポットでもありデートスポットでもある舞子公園を散歩してみてはいかがでしょうか。

公園にはベンチや遊具もありますので、ちょうど良い息抜きになりますよ。

 

舞子公園の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市垂水区東舞子町2051

アクセス:JR舞子駅から徒歩で1分

電話番号:078-785-5090

公式URL:  舞子公園

 

 

2. 舞子のノスタルジックな「移情閣(孫文記念館)」

 

孫文記念館

 

大正4年に華僑の貿易商である呉錦堂が別荘として建てた美しい木造建築です。

後に八角形の中国式楼閣や付属棟が建てられ、1984年に日本で唯一、孫文を顕彰する「孫文記念館」が開設されました。

神戸に潜伏した孫文をかくまった川崎重工業の松方幸次郎との縁もあって、神戸の地に建てられ、孫文関連の著作、資料、遺品、胸像などが一般公開されています。

 

元々は舞子海岸にありましたが、2000年に舞子公園に移築されています。

シンボルとなる3階建ての八角堂からは、明石海峡大橋、須磨浦、六甲山系と美しい景色が望めます。

中に入ると、天井の彫物や調度品などが美しく、平成13年に国指定重要無形文化財に指定されています。

 

移情閣(孫文記念館)の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市垂水区東舞子町

アクセス:JR山陽電鉄舞子公園駅から徒歩3分

電話番号:078-783-7172 

営業時間:10:00~17:00

料金:大人300円、高校生以下無料

定休日:月曜日(月曜祝日の場合は翌日)、年末年始

公式URL: 移情閣(孫文記念館)

 

 

3. 巨大な前方後円墳である「五色塚古墳」

 

五色塚古墳は国の史跡として指定されており、出土された埴輪は国の重要文化財に指定されています。

歴史的価値の高い観光スポットで、別名は千壺古墳とも呼ばれています。

 

 

五色塚古墳は巨大な前方後円墳であり、墳丘長はなんと194mにもおよびます。

この大きさは全国では40位ほどの規模感ですが、兵庫県では最大級です。

ちなみに、埋葬されている人は明らかになっていませんが、周辺地域を占領していた豪族だと推測されています。

 

五色塚古墳からは明石海峡大橋も見ることもできますし、淡路島も近いです。

明石海峡大橋付近の観光スポットでは、舞子公園と合わせて行っておきたいところですね。

 

五色塚古墳の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市垂水区五色山4丁目

アクセス:JR山陽電鉄垂水駅から徒歩で10分

電話番号:078-707-3131

営業時間:9:00~17:00

定休日:月曜日

公式URL:  五色塚古墳

 

 

<神戸観光:有馬エリアのおすすめ観光スポット>

 

1. 豊臣秀吉が愛した名湯は神戸にあり「有馬温泉」

 

arima

 

神戸市にあり全国区で知られている温泉といえば有馬温泉。

あの豊臣秀吉も度々、有馬温泉を訪れ温泉を楽しみました。

有馬温泉の特徴は湯の成分にあり、有馬の湯は治療泉に指定されている9つの成分のうち7つが含まれています。

これは全国的に見ても、大変珍しいのです。

 

また、有馬温泉は「金泉」と「銀泉」に分けられます。

金泉は冷え性や湿しんに効果があり、一方、銀泉は高血圧や食欲増進に効果を発揮します。

神戸の中心地である三宮から1時間以内で来られるアクセスの良さも自慢です。

大阪からも有馬温泉への直通バスが出ています。

 

宿泊する時間の余裕がなくても、日帰りで温泉が楽しめるスポットがたくさんあります。

お気軽に有馬の名湯をお楽しみください。

 

有馬温泉のお土産には「有馬人形筆」を

 

 

有馬温泉には数々のお土産がありますが、オススメしたいのは有馬人形筆。

豊臣秀吉も驚嘆した「子宝授与」で知られている名品です。

有馬人形筆の特徴は美しい装飾にと、筆の先端にちょこんと付いている小さなお人形。

室町時代から生産されてきましたが、現在では生産しているのは「西田筆店」わずか1社のみ。

ご家族に喜ばれること間違いありませんので、ぜひ貴重な品をお買い求めください。

 

有馬温泉の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市北区有馬町

アクセス:神戸電鉄、有馬温泉駅すぐ

電話番号:078-904-0708(有馬温泉観光総合案内所)

営業時間:施設により異なります

休業日:施設により異なります

公式URL:  有馬温泉観光協会

 

 

2. 赤褐色の金泉を楽しめる「金の湯」

 

有名な公衆浴場である金の湯は、金泉と呼ばれている茶色に濁った温泉が湧き出ています。

先にも述べましたが、有馬温泉には金泉の他に銀泉があります。

銀泉は金泉とは対照的に、無色透明なところが特徴的です。

 

 

金の湯はご覧の通り非常に色が付いていて、体を入れても見えないぐらいに濁っています。

含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉といって、鉄分が含まれているため、その鉄分が空気にふれて酸化することで茶色い沈殿物が発生し、温泉が茶色く濁るそうです。

 

効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進があると言われています。

日頃の疲れを癒したいという方にとっては極楽浄土ですね。

 

金の湯の観光情報

 

住所:神戸市北区有馬町833

アクセス:神戸電鉄神戸電鉄有馬線有馬温泉から徒歩5分

電話番号:078-904-0680

営業時間:8:00~22:00(入館は21:30まで)

定休日:第2・4火曜日、1月1日

入浴料:大人 650円 小人 340円

公式URL:  金の湯

 

 

3. 無色透明の銀泉を楽しめる「銀の湯」

 

こちらは金の湯と対照的に無色透明な銀の湯です。

炭酸水とラジウム泉を使用しており、お肌がつやつやのすべすべになると女性に大好評の温泉です。

昔は有馬温泉の炭酸水はサイダーとして飲まれていました。

 

 

効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、痛風、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、やけどなどです。

せっかく有馬温泉に行くのであれば、金の湯と合わせて銀の湯にも行きたいですね。

都合よく定休日が重なっていないところもありがたいです。

 

銀の湯の観光情報

 

住所:神戸市北区有馬町1039-1

アクセス:神戸電鉄神戸電鉄有馬線有馬温泉から徒歩9分

電話番号:078-904-0256

営業時間:9:00~21:00(入館は20:30まで)

定休日:第1・3火曜日、1月1日

入浴料:大人 550円 小人 290円

公式URL:  銀の湯

 

 

4. 紅葉の名所である「瑞宝寺公園」

 

有馬温泉エリアにある瑞宝寺公園は、美しい紅葉で知られています。

毎年11月2日、3日には有馬大茶会が開かれ、予約なしでも紅葉を見ながらお茶と和菓子を堪能することができます。

茶会が開かれているのは、元々は豊臣秀吉が同じ場所で茶会を開催していたことによるものです。

 

瑞宝寺公園

 

また、瑞宝寺には豊臣秀吉が「いくら見ていても飽きない」と評した「日暮らしの庭」がありました。

その跡地が整備されて瑞宝寺公園となったのです。

その他には豊臣秀吉が愛用したと言われている石の碁盤が公園内にあります。

 

豊臣秀吉もお気に入りだった瑞宝寺公園に足を運んでみてはいかがでしょうか。

是非とも紅葉の季節である10月下旬から11月下旬に行って頂きたいです。

 

瑞宝寺公園の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市北区有馬町1749

アクセス:神戸電鉄有馬温泉駅から徒歩で15分

電話番号:078-904-0708

公式URL:  瑞宝寺公園

 

※合わせて読みたい:  兵庫の人気温泉14選 !有馬や城崎などの超有名どころから、ちょっぴりマニアックな温泉地まで!

 

 

<神戸観光:北神エリアのおすすめ観光スポット>

 

1. お花とアミューズメントが充実「道の駅 フルーツフラワーパーク大沢」

 

フルーツフラワーパーク

 

西洋のお城をモチーフとした建物にお庭。

そこに咲き誇る季節の花々の美しさは、園内に入った瞬間に目に入り、自然と笑顔になれます。

1993年に開園し、雨天時でも植物工場や温室などの施設も充実しています。

 

園内に咲く花の種類は、春が最も多くなっています。

そうとはいっても通年花が咲いているので、お花好きな方はぜひチェックしておきたいスポットです。

 

園内には別途料金を支払うことで、ゴーカートやパターゴルフを楽しむことができます。

パターゴルフは年齢問わず楽しめ、想像しているよりも体を使うので、良い運動なりますよ。

 

沢山遊んで体験などもした後は、温泉でゆっくりとくつろぐこともできます。

神経痛などに効果があり、温泉のみを求めて訪れるリピーターも少なくありません。

露天風呂を含めると、お風呂の種類は全9種類。

沢山遊んで疲れも癒せる、1日を通して楽しむことができる素敵な場所です。

 

道の駅 フルーツフラワーパーク大沢の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市北区大沢町上大沢2150

アクセス:六甲北有料道路大沢ICより1分

電話番号:078-954-1000

営業時間:10:00~18:00

入園料:無料(アミューズメントやフルーツ狩りには別途料金がかかります)

公式URL:  道の駅 フルーツフラワーパーク大沢

 

 

2. 神戸三田プレミアムアウトレット

 

kobemituipremiumoutlet

 

アウトレットは家族や恋人、友人と色々なお買い物ができて楽しいスポットの代表格とも言えます。

美味しいと噂の食べ物屋さんが入ったり、流行の最先端ブランドが入ったりと、色々話題は尽きないものです。

 

神戸三田プレミアム・アウトレットは、パサディナというアメリカ、ロサンゼルス郊外にある高級住宅地をイメージして作られています。

日常とは少し違う雰囲気でショッピングやスポーツなどを満喫できます。

 

西日本で最大級のアウトレットモールであり、店舗数は200店舗を超えています。

お気に入りブランドのお店が入っている可能性大で、期待感も高まりますよね。

ウインドウショッピングをするだけでも新たな発見ができるスポットとなっています。

 

最寄にはホテルなどの宿泊スポットもあります。

そのため、ゆったりとお買い物を楽しんでも宿に困ることはありません。

また、有馬温泉へのバスも通っており、たくさん遊んで少し足を伸ばせば、温泉に入れるというリッチな旅も楽しむことができますよ。

 

神戸三田プレミアムアウトレットの観光情報

 

住所:兵庫県神戸市北区上津台7-3

アクセス:

中国自動車道神戸三田ICから一般道を神戸方面へ車で3.5km
六甲北有料道路大沢ICより車で約1km
JR福知山線三田駅から神姫バス神戸三井プレミアム・アウトレット行きで20分、下車すぐ

電話番号:078-983-3450

営業時間:10:00~20:00

休業日:2月、第3木曜日

公式URL:  神戸三田プレミアムアウトレット

 

 

3. 子供からお年寄りまで楽しめる「しあわせの村」

 

 

神戸市の総合福祉ゾーンである「しあわせの村」。

広大な敷地には運動のできるアスレチック、BBQ場、キャンプ場、温泉などの様々な施設があります。

乗馬、テニス、アーチェリーなどといったスポーツも楽しむことができるので、子供から大人まで十分に遊ぶことができますよ。

 

みんなでバーベキューをしてわいわいするもよし、デートで自然を満喫するもよし、子連れで運動をするもよし。

たくさんの遊び方ができる観光スポットです。

 

しあわせの村の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市北区山田町下谷上字中一里山

アクセス:

<無料シャトルバス>
【神戸鈴蘭台郵便局正面 三鈴薬局前】から約15分 (火曜日以外毎日運行)
【北須磨団地I棟前ロータリー もしくは コープ名谷東側歩道(高架下)】から約20分 (月・木・土運行)
【地下鉄妙法寺駅前タクシーロータリー】から約15分(月・水・金・日運行)
<市営バス>
【JR 三宮駅】から市バス66系統で約30分
【JR 神戸駅】から阪急バス150系統で約35分
【JR 新長田駅】から(地下鉄 長田駅経由)市バス17系統で約45分
【地下鉄名谷駅】から市バス120系統で約30分

電話番号:078-743-8000

料金:各施設により異なります

公式URL:  しあわせの村

 

 

4. 農業体験のできる「あいな里山公園」

 

 

自然を満喫したいなら、こちらのあいな里山公園がおすすめです。

しあわせの村や、キーナの森と連携して運営をしており、農村体験や野草茶作りなどのプログラムを体感することができます。

体感できる里山体験の数々は、まるで田舎のおばあちゃん家のようです。

古民家も風情があって、どことなく懐かしさを感じさせてくれます。

 

子連れでも十分に楽しめるような遊びの森が併設されています。

ここでは大型のすべり台があるため、わんぱくなお子さんでも無邪気に遊びたくなると思いますよ。

 

あいな里山公園の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市北区山田町藍那字田代

アクセス:神戸電鉄粟生線「藍那駅」より徒歩20分

電話番号:078-591-8000

営業時間:

4月1日~8月31日:9:30~18:00
9月1日~10月31日:9:30~17:00
11月1日~2月末日:9:30~16:00
3月1日~3月31日:9:30~17:00
※入園時間は閉園の1時間前まで

休園日:年末年始(12月31日~1月1日)、2月の第3月曜日とその翌日

入園料:

大人(15歳以上)450円
シルバー(65歳以上)210円
小中学生 無料

公式URL:  あいな里山公園

 

 

<神戸観光:西神エリアのおすすめ観光スポット>

 

1. ポッキー&プリッツの製造過程が見れちゃう「グリコピア神戸」

 

 

グリコピア神戸は「食べることと遊ぶことは子供の二大天職である」と語った江崎グリコの創業者江崎利一の考えのもとに作られた見学施設。

3Dシアターやおなじみ「グリコのおもちゃ」約2600点の展示まで内容は盛りだくさん。

グリコのこれまでの歴史や、パッケージの変遷などを見るのもとても面白いですよ。

 

また、グリコピアはここ神戸と千葉、埼玉にあり、神戸と埼玉ではポッキーとプリッツの製造過程、千葉ではアイスの製造過程を見ることができます。

製造過程の見学については、事前予約が必要なのでご注意くださいね。

 

 

施設の外に展示されているワゴンはとっても可愛らしく、フォトジェニック。

訪れた際にはこちらのワゴンの前で旅の思い出の記念写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

 

そしてお帰りの際には、なんと!グリコのお菓子のお土産をいただけます。。

また、売店ではここでしか買えない商品もあるので、そちらも要チェックです。

 

グリコピア神戸の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市西区高塚台7丁目1 

アクセス:西神中央駅からバスで5分

電話番号:078-991-3693

営業時間:10:00~15:00

定休日:金曜日、お盆休み、年末年始

料金:無料

公式URL:  グリコピア神戸

 

 

2. Made in KOBEの日本ワインが楽しめる「神戸ワイナリー」

 

神戸ワイナリー

 

神戸市西区の豊かな自然の中にある神戸ワイナリーは、園内にワイン専用のぶどう園・醸造施設・工場・ワインショップなどを備える農業公園。

バーベキュー施設もあり、緑豊かな風景と自然の恵みを存分に味わうことのできるスポットです。

 

ここで造られている神戸ワインは、神戸ワイナリーの畑と市内の契約農家で収穫されたワイン専用ブドウで造られています。

このような日本産ブドウ100%でつくられたものは「日本ワイン」と呼ばれており、海外産の輸入ブドウで生産されたものが含まれる「国産ワイン」とは異なるそう。

気候風土に合わせた育て方や、収穫時期の見極めなどに徹底的にこだわった「神戸ワイン」は、ここで味わうもよし、お土産に買って帰るのもよしな素敵な逸品です。

 

また、こちらではワイナリーツアーも行っています。

15分程度の無料ツアーと1時間程度の有料ツアー(1,500円/名)の2種類があり、どちらもツアー終了後にはワインの試飲が待っていますよ。

※有料ツアーに関しては事前の予約が必要となってきますので、公式サイトにて詳細をご確認くださいね。

 

神戸ワイナリーの観光情報

 

住所:兵庫県神戸市西区押部谷町高和1557-1

アクセス:

神戸市営地下鉄西神中央駅より神姫バス20、75、80、81系統「農業公園」下車 ※土・日・祝日は神姫バス27系統(農業公園内まで乗り入れ)が便利です。 
北神戸線「前開インター」より西へ約10分

電話番号:078-991-3911

営業時間:9:00~17:00

定休日:なし ※年末年始及び2月の施設点検期間は休園

料金:無料

公式URL:  神戸ワイナリー

 

 

最後に

 

神戸観光

 

神戸は子連れでも、カップルでのデートでも、夏でも冬でも1年中、季節を問わずに楽しめる魅力あふれる街。

神戸には山があり、海もあり、その両方を簡単に行き来できる事も人気の理由の一つです。

 

神戸を制覇するには最低でも2日間は欲しいところですので、日帰りではなく、ぜひ宿泊して神戸をじっくりと旅行・観光してみてください。

もしかすると、今回ご紹介した神戸の観光スポット以外にも魅力的な場所を見つけられるかもしれません。

 

▼神戸観光の関連記事

 

・  神戸のおすすめデートスポット15選

・  神戸のお土産10選!人気の定番お菓子&スイーツたっぷりの神戸土産まとめ

・  神戸のホテルで贅沢な時間を過ごそう!神戸の人気ホテル15選

元三宮住民の筆者がおすすめする、三宮観光におすすめのホテル10選!


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(511)
北海道・東北(43)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(173)
  埼玉(7)
  千葉(12)
  東京(96)
  神奈川(37)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(76)
  長野(11)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(22)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(82)
  滋賀(7)
  京都(31)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(34)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(4)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(69)
  福岡(13)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(11)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(17)

国外エリア一覧

東南アジア(19)
ヨーロッパ(56)
東アジア・中国・台湾(19)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(9)
オセアニア(9)
アフリカ(2)
北米(17)
中南米(5)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(541)
イベント情報(368)
ショッピング・買い物・お土産(473)
ビジネス・出張(164)
ロケ地、舞台(170)
世界遺産(127)
乗り物・交通・アクセス(612)
宿・旅館・ホテル(178)
旅行準備(430)
歴史・豆知識(728)
温泉・スパ(152)
絶景(445)
聖地巡礼(30)
観光旅行(680)
食事・グルメ(537)
おすすめ/ランキング(595)
デート(577)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(427)
ツアー/旅程(242)
海水浴場・ビーチ・リゾート(64)

人気記事ランキング