logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 兵庫 > 神戸

神戸の観光地総まとめ!デートから旅行まで使える神戸観光地52選





異国情緒あふれる兵庫県神戸市。
北野異人館や南京町など、ユニークな観光スポットが特徴的です。

また、メリケンパークや摩耶山に見られるように、海と山を同時に楽しめる街として有名です。
有馬温泉や六甲山のような魅力的な観光地も盛りだくさん。

本記事では、地元民だからこそ教えられる神戸のおすすめ観光・デートスポットを紹介します。
子連れも楽しめる観光スポットもありますよ。

それでは、神戸のおすすめ観光・旅行スポットを詳しく見ていきましょう。
まだ知らなかった神戸の魅力を感じて頂けると思います。

【目次と神戸観光マップ】

 

 

1ページ目 :

 

神戸観光:神戸市はどんなところ?

神戸観光スポット:エリア分類

 

<神戸観光:三ノ宮・元町エリア>

1. 神戸で一番活気にあふれるおすすめ観光スポット「南京町」

2. 神戸でちょっとしたヨーロッパ観光をするなら「旧居留地」

3. 神戸を一望できる「神戸市役所展望ロビー」

4. 神戸での縁結びには「生田神社」

5. 光の祭典ルミナリエの終焉会場「東遊園地」

 

<神戸観光:神戸ベイエリア>

1. 港町神戸を象徴するおすすめ観光スポット「メリケンパーク」

2. ショッピングにもアミューズメントにもなんでも揃っている「神戸ハーバーランド」

3. 多くの参拝客で賑わう「湊川神社」

4. 子供に大人気「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」

 

2ページ目 :

 

<神戸観光:新神戸・北野エリア>

1. 新神戸駅から徒歩10分にあるおすすめ観光スポット「布引の滝」

2. アロマに包まれる「神戸市立布引ハーブ園」

3. 異国情緒あふれる神戸観光のシンボル「北野異人館街」

4. 登録有形文化財のお洒落なスタバ「スターバックスコーヒー 神戸北野異人館店」

5. 神戸の自慢、日本最古のモスク「神戸ムスリムモスク」

6. 永遠の愛を誓う場所「ビーナスブリッジ」

7. 池泉式庭園が見事な「相楽園」

8. 神戸港を見渡せる「神戸北野天満神社」

9. 大工さんの持ち物は不思議がいっぱい「竹中大工道具館」

 

<神戸観光:ポートアイランドエリア>

1. 神戸を一望できる「ポートアイランド北公園」

2. 動物好きにはたまらない「神戸どうぶつ王国」

3. 子供も大人も楽しめる「バンドー神戸青少年科学館」

4. 世界で唯一のコーヒー専門博物館「UCCコーヒー博物館」

 

3ページ目 :

 

<神戸観光:灘・東灘エリア>

1. お酒好きの方は特におすすめ「灘五郷」

2. 忘れてはならないことはここに「人と防災未来センター」

3. 希少動物に出会える「神戸市立王子動物園」

 

<神戸観光:六甲山・摩耶山エリア>

1. 神戸市内のパノラマが楽しめる「六甲ガーデンテラス」

2. マイナスイオンに癒される「六甲高山植物園」

3. 子連れファミリーにおすすめ「六甲山フィールド・アスレチック」

4. 神戸で一番癒されるおすすめ観光スポット「六甲山牧場」

5. 神戸の1000万ドルの夜景を楽しめるおすすめ観光スポット「摩耶山」

6. 安産祈願をするなら「摩耶山天上寺」

7. 世界の木々を観ることのできる「神戸市立森林植物園」

8. 四季で表情が変わる風景を楽しめる「六甲ケーブル」

9. オルゴールの世界にうっとり「六甲オルゴールミュージアム」

 

4ページ目 :

 

<神戸観光:兵庫(新開地)・長田・新長田エリア>

1. 大仏を拝むことのできる「能福寺」

2. 事代主大神が祀られている「長田神社」

3. 映画ファン必見「神戸映画資料館」

 

<神戸観光:須磨エリア>

1. 源平ゆかりの古刹である「上野山福祥寺」

2. 四季折々の花々を楽しむことができる「須磨離宮公園」

3. スマスイの愛称で親しまれている「須磨海浜水族園」

 

<神戸観光:垂水エリア>

1. 明石海峡大橋を臨む「舞子公園」

2. 巨大な前方後円墳である「五色塚古墳」

 

5ページ目 :

 

<神戸観光:有馬エリア>

1. 豊臣秀吉が愛した名湯は神戸にあり「有馬温泉」

2. 赤褐色の金泉を楽しめる「金の湯」

3. 無色透明の銀泉を楽しめる「銀の湯」

4. 紅葉の名所である「瑞宝寺公園」

 

<神戸観光:北神エリア>

1. お花とアミューズメントが充実「道の駅 フルーツフラワーパーク大沢」

2. 神戸三田プレミアムアウトレット

3. 子供からお年寄りまで楽しめる「しあわせの村」

4. 農業体験のできる「あいな里山公園」

 

<神戸観光:西神エリア>

1. ポッキー&プリッツの製造過程が見れちゃう「グリコピア神戸」

2. Made in KOBEの日本ワインが楽しめる「神戸ワイナリー」

神戸観光:最後に

 

 

神戸観光:神戸市はどんなところ?

 

神戸市は言わずと知れた兵庫県の県庁所在地で、人口は約150万人、政令指定都市となっています。

神戸市は昔から港町として栄えてきたため、多数の外国文化が流入。

日本でもまれに見る「世界」を感じられる都市となりました。

その異国情緒あふれる雰囲気は多くの観光客を魅了しています。

 

神戸の街を歩いていると、多くのエスニック料理店や雑貨店に出会うはずです。

ぜひ、気に入った店があれば寄ってみましょう。

 

神戸の地理的な特徴としては山と海が近いこと。

神戸の中心地、三宮では山から電車を使えば30分で海に着きます。

このため、山と海のレジャーが両方楽しめるのが神戸の自慢。

どちらも観光開発されているため、気軽に楽しむことができます。

 

kobe3

 

神戸のグルメといえば、神戸牛やケーキ、日本酒などがあげられますね。

神戸牛を使ったステーキやすき焼きは本当においしいです。

神戸牛は全国各地で食べられるようになりましたが、神戸で食べると美味しさも増すのではないでしょうか。

 

なお、神戸のケーキは上品な甘さが特徴。

少し歩き疲れた時は、おしゃれなカフェに寄ってケーキを食べましょう。

 

また、神戸で忘れられない出来事といえば1995年に起きた阪神・淡路大震災。

神戸はこの地震により大打撃を受けました。

それでも住民の血の滲むような努力と全国からの援助により、完全に復興することができました。

 

そんなたくさんの魅力溢れる神戸をわかりやすくご紹介するべく、本記事ではエリア毎に分類して神戸の観光・デートスポットを記載していきます。

まずは神戸を下記のようにエリア分けし、各エリアの概要を解説します。

本記事であなたも神戸観光博士になれること間違いなし!

 

 


神戸観光スポット:エリア分類

 

神戸観光、デート

 

神戸は海や山などの自然や高層ビル群が立ち並ぶ都会ありの何でも揃っている最高の観光・デートスポットです。

そんな神戸の観光・デートスポットをわかりやすくご紹介していくために、本記事では下記のように神戸をエリア分けします。

 

①三ノ宮・元町エリア

 

神戸の玄関口とも言えるのが三ノ宮・元町エリアです。

交通拠点である「三宮駅」を中心に、ランチ・ディナーが利用できるレストランやカフェだけではなく、ショッピングスポットも充実しています。

ここには神戸が凝縮されていますので、一日かけて観光やデートをするのも良いですよ。

主要な観光、デートスポットとしては、南京町、生田神社、神戸市役所展望ロビーなどがあります。

 

②神戸ベイエリア

 

神戸駅付近を中心とした港町神戸を楽しめるエリアです。

海辺ということでクルージングもできますし、たくさんの魚介を味わうことだってできます。

特に夜景が美しいので、デートには絶好のスポットが盛りだくさんです。

主要な観光・デートスポットとしては、メリケンパーク、ハーバーランド公園、湊川神社などがあります。

 

③新神戸・北野エリア

 

新神戸・北野エリアは、神戸開港後にたくさんの外国人がやってきており、旧宅が今でもあちこちに点在しています。

新幹線の発着駅である「新神戸駅」があるので、多くの観光客の玄関口となっており、人気の観光スポットです。

新神戸の背後には六甲山が広がっており、街からすぐに自然いっぱいの地域に行けるところも好ポイントですね。

主要な観光・デートスポットとしては、異人館、布引の滝、布引ハーブ園などがあります。

 

④ポートアイランドエリア

 

神戸で初めて人工島として生まれた「ポートアイランド」。

人工島の上には高層ビルやマンションなどが立ち並ぶモダンな都市となっています。

また、ポートランドの南の海上には神戸空港があり、神戸の空の玄関口となっています。

主要な観光・デートスポットとしては、神戸どうぶつ王国、ポートアイランド北公園、神戸市立青少年科学館などがあります。

 

⑤灘・東灘エリア

 

神戸の閑静な住宅街であり、観光は神戸の文化や暮らしを体感できるスポットが満載のエリアです。

灘五郷として知られているように灘は酒どころであり、最新技術を用いて震災の凄まじさや防災を伝えるための人と防災未来センターがある場所でもあります。

このように、神戸の人々の文化や暮らしが凝縮されたエリアであり、それらを学ぶために訪れることは非常に有用なことです。

主要な観光・デートスポットとしては、神戸市立王子動物園、灘五郷酒組合、人と防災未来センターなどがあります。

 

⑥六甲山・摩耶山エリア

 

自然がいっぱいな六甲山と摩耶山があることが最大の特徴のエリアです。

海よりも山派という方には間違いなくおすすめの観光スポットで、たくさんのマイナスイオンを浴びて心を綺麗に浄化することができます。

また、六甲山や摩耶山などの高地から眺める神戸市外の夜景は「1000万ドルの夜景」と呼ばれており、デートスポットでは定番です。

主要な観光・デートスポットとしては、六甲ガーデンテラス、六甲高山植物園、天上寺などがあります。

 

⑦兵庫(新開地)長田・新長田エリア

 

下町の魅力が詰まっているのが兵庫・長田・新長田エリアです。

かつては貿易の中心であり、神戸一の繁華街でもあった兵庫は、今ではランチ・ディナー・カフェなどのグルメスポットがひしめく地域となっています。

また、長田周辺には漫画家にまつわるスポットが充実しています。

主要な観光・デートスポットとしては、能福寺、長田神社、鉄人28号などがあります。

 

⑧須磨エリア

 

兵庫県民にとって一番身近なビーチと言えば須磨浦海岸。

海水浴場や水族園、公園など、子連れも楽しめるレジャースポットがあるエリアです。

主要な観光・デートスポットとしては、須磨海水浴場、須磨海浜水族園、須磨離宮公園などがあります。

 

⑨垂水エリア

 

対岸には淡路島や明石海峡大橋が見える風光明媚なエリアです。

シーサイドでショッピングを楽しんだり、おしゃれなレストランやカフェでグルメを堪能できます。

主要な観光・デートスポットとしては、舞子公園、五色塚古墳などがあります。

 

⑩有馬エリア

 

国内のみならず、海外からも人気がある温泉、有馬温泉のあるエリア。

風情ある町並みには神社や仏閣も見受けられ、心身ともに疲れが癒されます。

ここに来たら有馬温泉はもちろんのこと、有馬でしか食べられないものや四季折々の景色を眺めることができるのが特徴です。

主要な観光・デートスポットとしては、金の湯、太閤湯、ねね橋などがあります。

 

⑪北神エリア

 

六甲山の北側に位置する北神エリア。

美しい自然が多く、山あいなのに交通の便が良い事から、ニュータウンとして発展してきました。

主要な観光・デートスポットとしては、フルーツフラワーパーク、しあわせの村、あいな里山公園などがあります。

 

⑫西神エリア

 

神戸市の西区にあるエリアで、のどかな田園風景、豊かな自然や広大な敷地を生かしたスポーツ施設などが見られます。

神戸市の新たな文化、教育の集積地としての期待がかかり、神戸市9区で現在最も人口が多いとされている地域です。

また、神戸の特産品である神戸ワインはここ西神エリアで造られています。

主要な観光・デートスポットとしては、グリコピア神戸、神戸ワイナリー(神戸市立農業公園)、如意寺などがあります。

 

 

それでは神戸のおすすめ観光地を具体的に確認していきましょう!

神戸にお気に入りの場所がきっと見つかると思います。

 

 

<神戸観光:三ノ宮・元町エリア>

 


1. 神戸で一番活気にあふれるおすすめ観光スポット「南京町」

 

nankinmachi1

 

横浜、長崎と並んで日本三大中華街にあげられる神戸の南京町。

毎日、「おいしいよ、食べにおいで」という掛け声が飛び交います。

南京町も神戸の開港と同時に形成されました。

当時、中国人は旧居留地には居住できなかったので、仕方がなくこの地に居を構えたのです。

 

南京町には中国人が経営するたくさんのお店がありますが、一番楽しいのはいろんな屋台に寄ること。

中国人の方との交流を楽しみながら、いろんな中華料理を食べることがオススメです。

夏の暑い時期にはタピオカドリンクも出てきますので、夏のデザートもお楽しみに。

 

ところで、南京町には「中国」しかないと思っていませんか。

実は南京町にはトルコアイス店やフクロウカフェなどユニークなお店もたくさんあります。

ぜひ、時間をかけてじっくりと南京町を回ってください。

 

動物にたくさん出会えるおすすめスポット「南京町広場」

 

nankinmachi2

 

南京町の中心にあるのが南京町広場。

ベンチもあるので、お店で買った食べ物を持ってきて食べるには最適の場所です。

この南京町広場では、春節のときに数々のイベントが行われます。

とくに獅子舞は中国独特の文化を感じるのではないでしょうか。

 

ところで、南京町広場には数々の動物が隠れています。

これらの動物は十二支に出てくる動物なのです。

十二支の動物+神戸の王子動物園にあるパンダがいますので、どこにいるか探してみてくださいね。

 

南京町の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区栄町通

アクセス:JR阪神元町駅から南へ徒歩5分

営業時間:施設ごとに異なります

休業日:施設ごとに異なります

公式URL:  南京町商店街振興組合

 

 

2. 神戸でちょっとしたヨーロッパ観光をするなら「旧居留地」

 

kyoryuuchi1

 

北野異人館の料金をチェックして「高い」と思われ方も多いでしょう。

実は神戸には無料でヨーロッパ気分を味わえる観光スポットがあるのです。

それが旧居留地です。

 

旧居留地も開港と同時に外国人が居住したエリアで、イギリス人が設計した区画がそのまま残っています。

数々の洋館はお店として使われているので、ショッピングを楽しみながら、洋館も見ることができちゃうんです。

また、旧居留地では電線は地下に埋葬されているおかげで、都会にいながら気持ちのいい青空を見ることができます。

 

多くの建物はお店として利用され、高級ブティック店が入っています。

なかなかふつうのお店では入手できないような高級な品が並んでいるので、窓からウインドウショッピングするのもおもしろいでしょうね。

 

旧居留地で注目すべきイベントといえば光の祭典「ルミナリエ」。

「ルミナリエ」は毎年12月の初旬に旧居留地で行われます。

もともと、阪神・淡路大震災で亡くなった方への追悼の意味を込めて行われたのがイベントの始まりです。

毎年デザインが異なる電飾で人々に感動を与えています。

「ルミナリエ」開催中は大変混雑しますので、平日に行くことがポイント。

時間や日程も早めにいくといいですね。

 

旧居留地おすすめの観光スポット「旧十五番館」

 

kyoryuchi2

 

多くの洋館の中でイチオシは旧十五番館です。

旧居留地にあるほとんどの洋館は居留地が日本政府に返還された後の建物です。

旧十五番館は旧居留地で現存する建物では唯一、居留地時代に建てられた建物。

国の重要文化財の指定を受けていますので、ぜひお見逃しのないようにしてください。

 

神戸旧居留地の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区

アクセス:JR阪神元町駅から南へ徒歩10分

営業時間:施設ごとに異なります

休業日:施設ごとに異なります

公式URL:  神戸旧居留地

 

 


3. 神戸を一望できる「神戸市役所展望ロビー」

 

cityhall

 

神戸市役所1号館の24階にある観光スポットです。

無料で絶景を見られるということもあり、穴場スポットと言えます。

神戸は山があれば北、海があれば南という地理の特徴があります。

その通り北を見れば六甲山、南を見ればポートアイランドやメリケンパークを眺めることができます。

 

「神戸の夜景」を綺麗に見ることができる

 

 

昼時は見晴らしがよく神戸市内を眺めることができますが、夜も綺麗な光の街を見渡すことができます。

特に夜景はデートにぴったりです。

海側ロビーには神戸観光や国際交流に関するパネルが展示されています。

同フロアにはカフェやレストランも設けられていますので、観光と食事の両面を楽しむことができますよ。

 

神戸市役所展望ロビーの観光情報

 

住所:神戸市中央区加納町6-5-1

アクセス:三宮駅より南へ徒歩6分

電話番号:078-331-8181

営業時間:

平 日 8:15~22:00
土日祝 10:00~22:00

定休日:12月29日~1月3日

料金: 無料

公式URL:  神戸市役所

 

 

4. 神戸での縁結びには「生田神社」

 

 

関西の中でも縁結びで有名なのがこちらの生田神社です。

ご縁を期待する方やカップルはもちろん、初詣などの参拝者が数多く訪れるスポットです。

 

「蘇る神」と呼ばれる生田神社

 

生田神社はこれまで1938年の神戸大水害、1945年の神戸大空襲、1995年の阪神・淡路大震災などの災害を乗り越えてきたことから「蘇る神」とも呼ばれています。

なんともご利益のありそうな神社ですよね。

 

また、女優の藤原紀香とお笑い芸人の陣内智則が結婚式をあげた場所として注目を集めました。

一般の方もこちらで挙式をあげられることが多く見られます。

 

三ノ宮駅からも近くアクセスが良いので、是非ともご利益をもらいに参拝してみてはいかがでしょうか。

素敵なご縁にも繋がるかもしれません。

 

生田神社の観光情報

 

住所:神戸市中央区下山手通1丁目2-1

アクセス:JR三ノ宮駅、私鉄各線三宮駅より北へ徒歩10分

電話番号:078-321-3851

参拝時間:8:00~17:00

公式URL:  生田神社

 

 


5. 光の祭典ルミナリエの終焉会場「東遊園地」

 

神戸の都心部にある東遊園地は、日本初の西洋式運動公園「外国人居留遊園」とされています。

東遊園地は、外国人居留地に隣接しており、サッカー・野球などのスポーツが盛んに行われ、外国のスポーツが流行る起点にもなっていました。

ここまででもわかるように、遊園地と言えば一般的にアトラクションのあるところを想起されるかもしれませんが、東遊園地の遊園地は公園という意味合いです。

 

1995年に起きた阪神淡路大震災後は、追悼行事の中心地として東遊園地が活用されることが多くなりました。

毎年12月に開催される神戸の大人気イルミネーションである「ルミナリエ」の終焉会場としても知られています。

 

東遊園地

 

このように、東遊園地は地理的にも文化的にも神戸の中心として人々から愛されています。

そんな歴史ある公園に、是非とも訪れてみてはいかがでしょうか。

コンサートやマーケットも頻繁に行われていて活気のある場所です。

 

東遊園地の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区加納町6丁目

アクセス:JR三ノ宮駅、私鉄各線三宮駅より徒歩5分

電話番号:078-322-5420

公式URL:  東遊園地

 

 

<神戸観光:神戸ベイエリア>

 


1. 港町神戸を象徴するおすすめ観光スポット「メリケンパーク」

 

merikenpark

 

神戸の発展は言うまでもなく神戸港からなり、現在ではアジアを代表する港として栄えています。

そんな神戸港でノンビリと楽しめるのがメリケンパークです。

 

メリケンパークからは神戸が誇る人工島、ポートアイランドや神戸空港が見えます。

見通しがよければ、関西空港なども見ることができます。

神戸港の景色を見ながら、お昼ご飯をたべるのが一番いい過ごし方でしょうか。

 

メリケンパークの周辺には、おなじみのポートタワーと神戸海洋博物館があります。

神戸の景色を楽しみたい方はポートタワーに、神戸港の歴史を学びたい方は神戸海洋博物館に行くといいでしょう。

 

時間がある方はメリケンパークから船に乗って、神戸港や瀬戸内海を見学するのもおすすめです。

船からの景色は格別ですよ。

メリケンパークからは30分ごとに船が出航しています。

 

阪神・淡路大震災を今に伝える「神戸港震災メモリアルパーク」

 

 

メリケンパークに行くまでに、傾いた電灯を含むモニュメントがあります。

これは1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災の記憶を後世に伝えるものです。

阪神・淡路大震災では、神戸港も甚大な被害を受けました。

モニュメントの横には被災状況を伝えるビデオや模型が展示されています。

地震のもつ破壊力を肌で感じられるスポットです。

 

メリケンパークの観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区波止場町2

アクセス:JR阪神元町駅から南へ徒歩10分

電話番号: 078-304-2500

公式URL:  メリケンパーク

 

 

2. ショッピングにもアミューズメントにもなんでも揃っている「神戸ハーバーランド」

 

神戸観光、デート

 

神戸市中央区のど真ん中に、なんでも揃っている再開発区域があります。

こちらは神戸ハーバーランドといい、神戸に来たら一度は訪れておくべきと言っても過言ではない場所です。

ショッピング、アミューズメント、グルメ、ウェディングとなんでも揃っており、とりあえず迷ったらここ!ですね。

 

一番のおすすめは夜の「ガス灯通り」

 

 

神戸でイルミネーションといったらガス灯通りです。

このガス灯通りですが、実は神戸ハーバーランド内にあるのです。

炎と光が待っている光景は非常に綺麗で、デートスポットにはここしかないといえるほどです。

神戸でどこへ行くか迷った方は、是非神戸ハーバーランドへ来てみてください!

 

神戸ハーバーランドの観光情報

 

住所:神戸市中央区東川崎町1丁目

アクセス:JR神戸駅中央口を南へ出てすぐ

電話番号:078-360-3639

公式URL:  神戸ハーバーランド

 

 

3. 多くの参拝客で賑わう「湊川神社」

 

 

こちらの湊川神社は、1336年の湊川の戦いにて足利尊氏に敗れて自害した楠木正成を祀っている神社です。

楠木正成は、鎌倉幕府を倒幕するために尽力した重要な人物です。

地元では楠公(なんこう)さんと呼ばれ親しまれています。

境内に宝物殿や神能殿、結婚式を行うことのできる楠公会館などがあります。

 

神戸においては生田神社と並ぶ神社の定番観光スポットであり、年末年始には多くの観光客で賑わいます。

湊川神社付近の湊川公園には、楠木正成像もありますよ。

 

後醍醐天皇に忠誠を誓って鎌倉幕府と戦い続けた楠木正成。

勤王家・尊王家として今もなお、その忠義は語り継がれています。

 

湊川神社の観光情報

 

住所:兵庫県神戸市中央区多聞通3−1−1

アクセス:

(1)JR神戸線「神戸駅」より北へ徒歩3分
(2)阪急・阪神・山陽線「高速神戸駅」すぐ
(3)地下鉄山手線「大倉山駅」より南へ徒歩5分
(4)地下鉄海岸線「ハーバーランド駅」より北へ徒歩5分

電話番号:078-371-0001

参拝時間:

【1月・2月】   6:30~18:00
【3月】       6:00~18:30
【4月・5月】   5:30~19:00
【6月・7月・8月】 5:00~19:30
【9月】       5:30~18:30
【10月】     6:00~18:00
【11月・12月】   6:30~17:30
※季節により異なりますので、ご注意ください。

公式URL:  湊川神社

 

 

4. 子供に大人気「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」

 

子連れの家族におすすめしたいのがアンパンマンミュージアムです。

対象は幼児向けですが、1歳以上から入場料1,500円がかかるのと、ベビーカーは入ることができないのでご注意ください。

子供に人気のアンパンマンキャラクターたちがお出迎えしてくれるので、子供は大はしゃぎしてくれるかもしれません。

おそらく、ミュージアム内では親御さんたちは子供の写真をひたすら撮影するという時間になりそうですね。

 

アンパンマンが登場する「やなせたかし劇場」

 

 

約15分ほどのステージですが、実際にアンパンマンが登場して曲に合わせて踊るといったお客様参加型となっているので、子供だけではなく大人も楽しめます。

その他、アンパンマングッズが販売されているショップがあり、ミュージアムでしか手に入らない商品も売っていますよ。

子供が主役になることがほぼ間違いない観光スポットですので、子連れの親御さんは足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール の観光情報

 

住所:神戸市中央区東川崎町1-6-2

アクセス:

(1)JR神戸線「神戸駅」より徒歩8分
(2)阪急・阪神・山陽線 「高速神戸駅」より徒歩13分
(3)地下鉄海岸線「ハーバーランド駅」より徒歩8分

電話番号:078-341-8855

営業時間:10:00~18:00(最終入館17:00、ショッピングモール~19:00)

料金:1,500円(1歳以上) ※ショッピングモールは無料

公式URL:  神戸アンパンマンこどもミュージアム


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(338)
北海道・東北(31)
  北海道(18)
  青森(1)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(1)
  福島(1)
関東(110)
  埼玉(5)
  千葉(8)
  東京(59)
  神奈川(24)
  茨城(2)
  栃木(4)
  群馬(4)
  山梨(4)
甲信越・北陸・東海(51)
  長野(9)
  新潟(4)
  富山(2)
  石川(6)
  福井(1)
  岐阜(4)
  静岡(14)
  愛知(7)
  三重(4)
近畿(51)
  滋賀(4)
  京都(13)
  大阪(16)
  兵庫(13)
  奈良(4)
  和歌山(1)
中国・四国(27)
  鳥取(1)
  島根(4)
  岡山(5)
  広島(8)
  山口(2)
  徳島(1)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(41)
  福岡(7)
  佐賀(1)
  長崎(4)
  熊本(5)
  大分(5)
  宮崎(1)
  鹿児島(5)
  沖縄(13)

国外エリア一覧

東南アジア(16)
ヨーロッパ(33)
東アジア・中国・台湾(10)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(4)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(7)
アフリカ(2)
北米(10)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(313)
イベント情報(270)
ショッピング・買い物・お土産(322)
シーン別(430)
ビジネス・出張(154)
ロケ地、舞台(160)
世界遺産(92)
乗り物・交通・アクセス(395)
宿・旅館・ホテル(142)
旅行準備(354)
歴史・豆知識(448)
温泉・スパ(120)
絶景(293)
聖地巡礼(29)
観光旅行(451)
食事・グルメ(373)
ランキング(353)
デート(364)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(254)
ツアー/旅程(134)
海水浴場・ビーチ・リゾート(42)

人気記事ランキング