logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 神奈川 > 横浜

横浜に旅行へ行くならここ!横浜のおすすめ観光・グルメスポット65選!





横浜と言うと赤レンガ倉庫、山下公園、元町、みなとみらい地区、多くの方が訪れる中華街などが定番の観光地ですよね。

でもそれだけじゃ勿体ないのが横浜。開港時代の華やかな時代を感じるモダンレトロな建造物、遊覧船から眺めるベイエリアのイルミネーションや夜景など魅力的な観光スポットがたくさんあります。

今回は横浜市内を5つのエリアに分けておすすめ観光スポットをご紹介します。
初めての方もリピーターの方もこの記事を見て「横浜に行きたい!」と思って頂けるように、心を込めて書いていますので、ぜひ参考にして下さいね。

元町・山手エリア

 

開港当時外国人居留地としてひらかれた山手は、港を見下ろす小高い丘の上に位置する抜群のロケーション。

今も当時の邸宅は歴史的建造物として大切に保護されており、山手西洋館めぐりが人気です。

 

 


36.港の見える丘公園

 

 

横浜港を見下ろす丘の上にある「港の見える丘公園」は、昭和37年(1962年)にイギリス海軍病院の跡地を整備して作られた公園で、山下公園と並び、横浜の顔と言える公園です。

横浜ベイブリッジを望む絶好のロケーションで、デートスポットとしても人気があり、日本の都市公園100選にも選出されています。

ちょっと変わったネーミングは、昭和22年のヒット曲「港が見える丘」からきていて、公園内には歌碑が建てられています。

2016年に緑化工事が終わり、バラ園がグレードアップし、「イングリッシュローズガーデン」としてリニューアルオープンしています。

バラの見ごろは5月中旬から6月中旬と、10月中旬から11月中旬なので、ぜひこの時期に訪れてみて下さいね。

 

港の見える丘公園の基本情報

 

名称 :港の見える丘公園

住所 :〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町114

アクセス :

JR京浜急行・根岸線「石川町駅」より徒歩20分
横浜高速鉄道みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩5分

定休日 :年末年始(フランス山含む) イギリス館 毎月第2水曜 山手111番館 毎月第4水曜

 

 

37.横浜市イギリス館

 

 

昭和12年(1937年)に、上海の大英工部総署の設計により建てられた英国総領事公邸で、広い敷地と建物の規模などから、東アジアの公邸の中でも上位に格付けされていた事が伺えます。

1階には客間、食堂が並びテラスは広い庭に繋がっています。

2階は寝室や化粧室があり、窓からは美しい庭や港の眺望を楽しむ事が出来ます。

昭和44年(1969年)に総領事が本国に引き上げた際に公邸の土地と建物が競売にかけられ、横浜市が買収し、港の見える丘公園の施設として「横浜市イギリス館」の名が付けられホールや会議室が整備されました。

1990年には横浜市指定有形文化財に登録されています。

平成14年(2002年)にリニューアルし、資料展示室などが設けられ、2階の展示室と復元された寝室などが一般見学できるようになりました。

 

横浜市イギリス館の基本情報

 

名称 :横浜市イギリス館

住所 :〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町115-3

アクセス :

JR京浜東北・根岸線「石川町」より徒歩20分
横浜高速鉄道みなとみらい線「元町中華街駅」より徒歩7分
JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より神奈中バス11系統「港の見える丘公園前」下車すぐ

電話番号 :045-623-7812

定休日 :第4水曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12/29~1/3)

営業時間 :9:30~17:00(7・8月は~18:00)

料金 :入場無料

 

 


38.山手111番館

 

 

大正15年(1926年)に、アメリカ人ラフィン氏の邸宅として建てられ、その住所から「山手111番館」と呼ばれるようになりました。

設計したのは、後でご紹介するべーリックホールと同じく、J.Hモーガンです。

 

横浜を中心に多くの作品を残した彼の代表作と言われているのが、この山手111番館です。

横浜市は平成8年に敷地を買収し、建物の寄贈を受けて、改修工事を行った後、平成11年から一般公開しています。

赤い瓦屋根に白壁が明るい雰囲気で、スパニッシュスタイルと呼ばれています。

館内には、昭和初期の洋館の雰囲気を持つ家具を配置してあり、1階ホールでは印象的なシャンデリアも見られます。

ローズガーデンから入る近い部分はカフェコーナーとして利用されているので、ローズガーデンを眺めながらタイムスリップ気分でのティータイムはいかがですか?

 

山手111番館の基本情報

 

名称 :山手111番館

住所 :〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町111

アクセス :

JR京浜東北・根岸線「石川町駅」より徒歩20分
横浜高速鉄道みなとみらい線「元町中華街駅」より徒歩7分
JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より神奈中バス11系統「港の見える丘公園前」下車徒歩1分

電話番号 :045-623-2957

定休日 :第2水曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12/29~1/3)

営業時間 :9:30~17:00(7・8月は~18:00)

料金 :入場無料

 

 

39.エリスマン邸

 

 

生糸貿易商シーベルヘグナー商会の横浜支配人を務めていたフリッツ・エリスマン氏の私邸。

エリスマン邸は大正14年(1925年)から翌年にかけて山手町127番地に建てられました。

設計を手がけたのは、近代建築の父と言われるチェコ人の建築家アントニン・レーモンドです。

 

レーモンドの師匠でもあった世界的建築家、フランク・ロイド・ライトの手法や影響も随所に見られます。

昭和57年にマンション建築の為に解体されましたが、平成2年に現在の場所に移築復元されています。

1階の応接室、リビングダイニング、サンルームなどが公開されていて、厨房だった部分は現在カフェコーナーになっていて、元町公園を一望しながら美味しいケーキが頂けますよ。

 

エリスマン邸の基本情報

 

名称 :エリスマン邸

住所 :〒231-0861 横浜市中区元町1-77-4

アクセス :

JR京浜東北・根岸線「石川町駅」より徒歩15分
横浜高速鉄道みなとみらい線「元町中華街駅」より徒歩10分
JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より神奈中バス11系統「元町公園前」下車徒歩1分

電話番号 :045-211-1101

定休日 :第2水曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12/29~1/3)

営業時間 :9:30~17:00(7・8月は~18:00)

料金 :入場無料

 

 


40.べーリック・ホール

 

べーリックホール

 

イギリス人の貿易商B.Rべーリック氏の邸宅として、昭和5年(1930年)に建築されました。

第二次世界大戦前まで使用されたのち、昭和31年に遺族より、宗教法人カトリックマリア会に寄付され、後にセント・ジョセフ・インターナショナルスクールの寄宿舎として使用されていました。

戦前に建てられた山手の西洋住宅の中では群を抜いた大きさで、設計を手がけたのは、アメリカ人建築家のJ.Hモーガンです。

モーガン氏は山手111番館や、根岸競馬場など横浜に多くの建築物を残しています。

横浜市は、平成13年に建物の所在する用地を元町公園の拡張区域として買収し、建物は宗教法人カトリックマリア会から寄付を受け、改修工事に取り掛かったのち、平成14年から建物と庭園を一般公開しています。

 

ベーリック・ホールの基本情報

 

名称 :ベーリック・ホール

住所 :〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町72

アクセス :

JR京浜東北・根岸線「石川町駅」より徒歩15分
横浜高速鉄道みなとみらい線「元町中華街駅」より徒歩10分
JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より神奈中バス11系統「元町公園前」下車徒歩2分

電話番号 :045-663-5685

定休日 :第2水曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12/29~1/3)

営業時間 :9:30~17:00(7・8月は~18:00)

料金 :入場無料

 

 

41.外交官の家

 

外交官の家

 

明治43年(1910年)に東京都渋谷区南平台に建てられた明治政府の外交官、内田定槌氏の邸宅を横浜市が内田氏の孫から寄贈を受けて移築復元した物です。

設計したのは、アメリカ人建築家のJ.M.ガーディナー。

展望室となる塔屋がついた木造2階建てで、1階はホールを中心に、大広間、小広間、北側に食堂、2階には書斎、主寝室、寝室があります。

 

室内は家具や調度品がされていて、当時の外交官の暮らしが良くわかります。

当時のガスストーブやステンドブラス、家具類なども残されていて、歴史を感じさせる品々ばかりです。

付属棟にはカフェがあり、街並みを眺めながらケーキやコーヒーを楽しめておススメです。

 

外交官の家の基本情報

 

名称 :外交官の家

住所 :〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町16 山手イタリア山庭園内

アクセス :

JR京浜東北・根岸線「石川町駅」より徒歩5分
JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より神奈中バス11系統「イタリア山庭園前」下車徒歩2分
横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」より神奈中バス11系統「イタリア山庭園前」下車徒歩2分

電話番号 :045-662-8819

定休日 :第4水曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12/29~1/3)

営業時間 :9:30~17:00(7・8月は~18:00)

料金 :入場無料

 

 


42.大佛次郎(おさらぎじろう)記念館

 

 

横浜に生まれ、横浜を最も多く描いた作家と言われる大佛次郎(1897~1973)の記念館は、港の見える丘公園の展望台の南側にあります。

没後、遺族から蔵書や愛用品の寄贈を受けて昭和53年(1978年)に開館しました。

代表作には「パリ燃ゆ」「天皇の世紀」「赤穂浪士」「鞍馬天狗」などがあり、開化期の横浜を愛情込めて描いた名作「霧笛」や「幻燈」も名作として知られています。

 

猫は生涯の伴侶と語ったほどの愛猫家で、いつも数十匹の猫に囲まれていた生活の中から、童話「スイッチョ猫」が誕生しました。

絵本原画を始め、愛用していた猫の手あぶり火鉢や、収集していた猫の置物などの猫コレクションも展示されています。

横浜を愛し、横浜を描き続けた作家の世界に触れ、閲覧室やサロンでくつろぎの時間を過ごして見ませんか?

 

大佛次郎記念館の基本情報

 

名称 :大佛次郎記念館

住所 :〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町113

アクセス :

JR京浜東北・根岸線「石川町駅」より徒歩20分
横浜高速鉄道みなとみらい線「元町中華街駅」より徒歩8分
JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より神奈中バス11系統 「港の見える丘公園前」下車徒歩3分

電話番号 :045-622-5002

定休日 :毎週月曜日(祝休日の場合は翌平日)、年末年始、展示替等の臨時休館あり

営業時間 :10:00~17:30 (10月~3月は17:00まで)

料金 :大人:200円 中学生:100円 小学生:100円

 

 

43.岩崎博物館

 

 

明治初頭、この地には劇場「ゲーテ座」がありました。

シェークスピアの「ハムレット」など、西洋人による生の西洋演劇に触れる事が出来る唯一の劇場として人気があったと言われています。

大正12年、関東大震災により崩壊し、その後昭和50年代までその正確な位置や資料が不明のままでしたが、昭和53年の発掘調査により、明治31年頃の写真や復元図が見つかり、ゲーテ座の跡地に、学校法人岩崎学園横浜洋裁学院(現、横浜カレッジ)の創立50周年記念行事の一環として、昭和55年に服飾関係の資料や収集品を展示する博物館が誕生したのです。

記念として、1階部分に山手ゲーテ座も作られ、月に一度のペースでクラッシックを中心としたサロンコンサートを開催しています。

古代エジプトから現代までの衣裳シルエットのモデルや、服飾装飾品、香水瓶、ガレ、ドームのガラス工芸品やミュシャの作品など、美しい物が好きという方にピッタリのコレクションです。

 

観光客に人気なのは、ドレス体験コーナー(女性向け、有料)です。

16世紀から19世紀までのクラッシックなスタイルのドレスを着てみたいと思いませんか?

春夏、秋冬の2シーズンで各10着と毎月変わるスペシャルドレス1着が用意されています。

所要時間は15分から20分程度で、オリジナルフレームに入った写真1枚付き、横浜山手の可能記念にいかがですか?

 

岩崎博物館の基本情報

 

名称 :岩崎博物館

住所 :〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町254

アクセス :

JR京浜東北・根岸線「石川町駅」より徒歩15分
横浜高速鉄道みなとみらい線「元町・中華街駅」より徒歩3分
JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より神奈中バス11系統「港の見える丘公園前」下車徒歩1分

電話番号 :045-623-2111

定休日 :月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

営業時間 :9:40~18:00(最終入館時間17:30)

料金 :大人:300円 中学生、小学生:100円

 

 


横浜市中心エリア:桜木町・野毛

 

ここからは、中区とはお別れして、西区、神奈川区、保土ヶ谷区にある観光地をご紹介しましょう。

みなとみらいから桜木町駅をはさんで反対側は、みなとみらいとはうって変わって庶民的な雰囲気の飲食店が多く、特に野毛エリアは大道芸人の街として知られ、毎年秋には大道芸人祭りが開催されています。

 

 

44.野毛山動物園

 

 

昭和24年に野毛山公園を会場とした日本貿易博覧会で、会場の一部にキツネやタヌキなどの動物を展示したのが始まりで、昭和26年に動物園と遊園地を両方楽しめる野毛山遊園地が誕生しました。

誰でも気軽に訪れる事が出来て、小さな子供が初めて動物と触れ合える場所になりたい、そして市民がくつろげる憩いの場所になろうというコンセプトのもとに、何と入場無料!

 

ライオンやトラ、キリン、シマウマという大型動物からモルモットやうさぎなどの小動物、爬虫類、魚類など合わせて約80種類の生き物が展示されていて、見ごたえがあります。

いくつかの動物の食事タイムが看板で案内されているので、その時間を目指していくとお子さんも喜びますね。

モルモットやハツカネズミ、ヒヨコなどと触れ合える「なかよし広場」は子供たちに特に人気があります。

 

野毛山動物園の基本情報

 

名称 :野毛山動物園

住所 :〒220-0032 神奈川県横浜市西区老松町63-10

アクセス :

JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より徒歩15分
京浜急行線「日の出町駅」より徒歩10分
JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より横浜市営バス89系統「野毛山動物園前」下車すぐ

電話番号 :045-231-1307

定休日 :月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始12/29-1/1 (但し、5月・10月は無休)

営業時間 :9:30~16:30 ※最終入園は16:00まで

料金 :入場無料

 

 

45.横浜にぎわい座

 

 

「横浜にぎわい座」は、横浜の大衆芸能の伝統を受け継ぐ演芸場として、2002年、野毛町ににオープンしました。

かつて寄席や芝居小屋が並び連日華やいでいたという横浜で、伝統を受け継ぎながら新しい芸能を生み出す場として作られ、毎月1日から15日に若手、ベテラン問わず落語独演会や漫才、マジックなど様々な公演を行っています。

 

2代目となる館長は、生まれも育ちも横浜の桂歌丸氏。

館内では歌丸氏のパネルと一緒に写真を撮れるコーナーもあるんですよ。

気軽に寄席の雰囲気を味わいたい方はぜひ訪れてみて下さいね。

 

横浜にぎわい座の基本情報

 

名称 :横浜にぎわい座

住所 :〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町3-110-1

アクセス :

JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より徒歩3分
横浜高速鉄道みなとみらい線「馬車道駅」より徒歩12分
京浜急行線「日ノ出町駅」より徒歩7分

電話番号 :045-231-2525

定休日 :不定休(保守点検のため、臨時に休館日を設ける事あり)

営業時間 :10:00~22:00 ※上演時間は公演により異なる

料金 :公演により異なる

 

 

46.そごう美術館

 

 

横浜の新しい都市づくり計画である「みなとみらい21計画」の先駆者的な役割を担い、1985年に開店したそごう横浜店の中には様々な文化施設が備えられています。

中でもより地域文化に貢献し、広く世界にも目を向けようというコンセプトから、百貨店における博物館としては日本で初めてとなる「そごう美術館」が誕生したのです。

鈴木伸太郎の油彩、水彩約200点を収蔵の中心として、分野を問わず幅広く国内外の作品を企画展で紹介しています。

入り口にはルノワール作の「勝利のヴィーナス像」が置かれています。

企画展に合わせて、セミナーやワークショップ、ミニコンサートが行われたりと、気軽に美術に触れる事が出来るスペースとしてファンの多い美術館です。

 

そごう美術館の基本情報

 

名称 :そごう美術館

住所 :〒220-8510 神奈川県横浜市西区高島2-18-1(そごう横浜店6階)

アクセス :「横浜駅」東口より徒歩3分

電話番号 :045-465-5515

定休日 :不定休 ※展示替期間および、そごう横浜店の休業日

営業時間 :10:00~20:00(入館は閉館の30分前まで) ※展覧会最終日は17:00閉館の場合あり

料金 :企画展により異なる

 

 

47.日産グローバル本社ギャラリー

 

 

日産グローバル本社の1階部分には、現在販売されている車だけではなく、日産の歴代の名車や輸出用車、レーシングカーなどの展示があり、ゆったりとしたスペースの中で見学ができるようになっています。

試乗できる車種も多く、購入目的ではなくても気軽に試乗できる雰囲気なので、色々試しちゃいましょう。

 

キッズスペースが充実していて、ペーパークラフトで車を作ったり、絵本を読んだり、トミカやブロックが置いてあるので自由に遊ぶ事ができます。

ミニカーや小物類、バッグなど普段はあまり見かける事がないような日産オリジナルグッズの販売もあるので必見です。

週末には各種ファミリーイベントも良く行われているので、ホームページでチェックして下さいね。

 

日産グローバル本社ギャラリーの基本情報

 

名称 :日産グローバル本社ギャラリー

住所 :〒220-8686 神奈川県横浜市西区高島1-1-1

アクセス :

JR・京急線 横浜駅中央通路から東口に進み徒歩7分(はまみらいウォーク先)
みなとみらい線 新高島駅より徒歩5分(3番出口)

電話番号 :045-523-5555

定休日 :不定休

営業時間 :10:00~20:00

料金 :入場無料


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(484)
北海道・東北(40)
  北海道(23)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(164)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(90)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(72)
  長野(11)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(18)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(77)
  滋賀(7)
  京都(26)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(65)
  福岡(10)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(11)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(16)

国外エリア一覧

東南アジア(19)
ヨーロッパ(46)
東アジア・中国・台湾(19)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(8)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(14)
中南米(3)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(496)
イベント情報(346)
ショッピング・買い物・お土産(455)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(116)
乗り物・交通・アクセス(568)
宿・旅館・ホテル(175)
旅行準備(413)
歴史・豆知識(676)
温泉・スパ(151)
絶景(412)
聖地巡礼(30)
観光旅行(633)
食事・グルメ(519)
ランキング(550)
デート(536)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(409)
ツアー/旅程(218)
海水浴場・ビーチ・リゾート(59)

人気記事ランキング