logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 神奈川 > 横浜

横浜に旅行へ行くならここ!横浜のおすすめ観光・グルメスポット65選!





横浜と言うと赤レンガ倉庫、山下公園、元町、みなとみらい地区、多くの方が訪れる中華街などが定番の観光地ですよね。

でもそれだけじゃ勿体ないのが横浜。開港時代の華やかな時代を感じるモダンレトロな建造物、遊覧船から眺めるベイエリアのイルミネーションや夜景など魅力的な観光スポットがたくさんあります。

今回は横浜市内を5つのエリアに分けておすすめ観光スポットをご紹介します。
初めての方もリピーターの方もこの記事を見て「横浜に行きたい!」と思って頂けるように、心を込めて書いていますので、ぜひ参考にして下さいね。

【目次】横浜に旅行へ行くならここ!横浜のおすすめ観光・グルメスポット65選! 

 

1ページ目 :

 

みなとみらいエリア(+中区全般):中央地区

1.横浜ランドマークタワー

2.横浜美術館

3.MARK ISみなとみらい

4.Orbi Yokohama (オービィ横浜)

5.三菱みなとみらい技術館

6.原鉄道模型博物館

7.臨港パーク

8.ぷかりさん橋

みなとみらいエリア(+中区全般):新港地区

9.よこはまコスモワールド

10.横浜ワールドポーターズ

11.カップヌードルミュージアム横浜

12.横浜みなとみらい万葉倶楽部

13.横浜みなと博物館

14.帆船日本丸

15.横浜赤レンガ倉庫

16.MARINE & WALK YOKOHAMA

17.横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

18.汽車道

 

2ページ目 :

 

みなとみらいエリア(+中区全般):山下公園エリア

19.山下公園

20.日本郵船氷川丸

21.横浜人形の家

22.横浜マリンタワー

23.横浜港大さん橋 国際客船ターミナル

24.シルク博物館

みなとみらいエリア(+中区全般):中華街エリア

25.横浜中華街

26.横浜關帝廟(よこはまかんていびょう)

27.横浜大世界

28.横浜博覧館

29.ヨコハマおもしろ水族館/赤ちゃん水族館

関内・馬車道・伊勢佐木町エリア

30.日本大通り

31.横浜市開港記念会館

32.横浜開港資料館

33.横浜税関庁舎

34.ニュースパーク(日本新聞博物館)

35.日本郵船歴史博物館

 

3ページ目 :

 

元町・山手エリア

36.港の見える丘公園

37.横浜市イギリス館

38.山手111番館

39.エリスマン邸

40.べーリック・ホール

41.外交官の家

42.大佛次郎(おさらぎじろう)記念館

43.岩崎博物館

横浜市中心エリア:桜木町・野毛

44.野毛山動物園

45.横浜にぎわい座

46.そごう美術館

47.日産グローバル本社ギャラリー

 

4ページ目 :

 

横浜市北部エリア

48.新横浜ラーメン博物館

49.日産スタジアム

50.日産ウォーターパーク

51.新横浜スケートセンター

52.こどもの国

53.横浜市歴史博物館

54.RAKU SPA 鶴見

55.横浜ベイブリッジ

横浜市西部エリア

56.よこはま動物園ズーラシア

57.こども自然公園

横浜市南部エリア

58.横浜・八景島シーパラダイス

59.三井アウトレットパーク横浜ベイサイド

60.神奈川県立金沢文庫

61.横浜市立金沢動物園

62.称名寺

63.海の公園

64.横浜市電保存館

65.はまぎん こども宇宙科学館

 

横浜市内を大きくみなとみらいエリア、横浜中心エリア、横浜北部エリア、横浜南部エリア、横浜西部エリアの5つのエリアに分けてご紹介します。

まずは、観光地がぎゅっと集まっているみなとみらいエリアからのスタートです。

 

 


みなとみらいエリア(+中区全般):中央地区

 

埋立地に計画的に作られた みなとみらい21 には、オフィスビル、ショッピングモール、ホテル、美術館など近代的な建物が立ち並びます。

横浜の観光地の多くが、このみなとみらい21内か周辺に集まっているので、移動もとても便利。

みなとみらい地区プラス中区全般をご紹介するとかなりのボリュームになるため、細かくエリア分けしてご紹介しますね。

 

1.横浜ランドマークタワー

 

 

みなとみらいのシンボルというよりも今や横浜のシンボル的な存在なのが1993年に誕生した「横浜ランドマークタワー」です。

地上70階、高さ296mという高層ビルで、2014年大阪の天王寺に高さ300mの「あべのハルカス」が出来るまでは、日本で一番高いビルとして知られていました。

 

下層部にはショッピングやお食事が楽しめるランドマークプラザがあり、その上にはタワーダイニング、クリニックフロア、8階以上はオフィスビル、52階から67階までは「横浜ロイヤルパークホテル」、そして69階が展望フロアの「スカイガーデン」になっています。

ランドマークプラザ1階のサカタノタネガーデンスクエアに毎年登場する巨大なクリスマスツリーも大人気です!

 

横浜ランドマークタワーの基本情報

 

名称 :横浜ランドマークタワー

住所 :〒220-8120 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1

アクセス :

JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より徒歩5分
横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩3分
横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」より徒歩5分

電話番号 :045-222-5015

定休日 :年中無休

営業時間 :11:00~21:00 ショッピング  11:00~22:00 カフェ&レストラン

 

スカイガーデン展望台からの絶景を見に行こう!

 

 

ランドマークタワー69階、高さ273m地点に位置する「スカイガーデン」からは眼下に広がるみなとみらい21の360度のパノラマと、視界が良ければ東京タワー、東京スカイツリー、新宿副都心、伊豆半島方面、房総半島方面、そして富士山まで広大な景色を楽しむ事が出来ます。

2階ロビーから日本最高速を誇るエレベーターで約40秒で到着します。

 

スカイガーデンには、ソフトドリンクからビール、カクテル、軽食まで楽しめるスカイカフェがあり、全面ガラス張りのペアシートが人気。

平日の夜限定で、2ドリンクとおつまみがついたペアシート予約プランがあるので、ホームページをチェックして下さいね(クリスマス、お正月など適応外の日もあります)。

また、タワーショップでは、ランドマークや横浜にちなんだ約600アイテムものオリジナルグッズを販売していますので、お土産チェックをお忘れなく。

 

スカイガーデンの基本情報

 

名称 :スカイガーデン

住所 :〒220-8120 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1-1(ランドマークタワー69F)

アクセス :

JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より徒歩5分
横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩3分
横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」より徒歩5分

電話番号 :045-222-5030

定休日 :年中無休

営業時間 :10:00~21:00(最終入場:20:30)※毎週土曜日及び特別期間は22:00まで(最終入場:21:30

料金 :

大人:1000円
高校生:高校生:800円
中学生:中学生:500円
小学生:小学生:500円
幼児:幼児:200円 4歳以上
その他:800円 65歳以上

 

ランドマークタワーの足元にも注目! ドックヤードガーデン(旧横浜船渠第2号ドック)

 

 

ランドマークタワーの足元、地下一階にあたる場所にあるのが「ドッグヤードガーデン」です。

現存する商船用石造りドッグとしては、最も古い「旧横浜船渠第2号ドックを復元したもので、国の重要文化財にも指定されています。

全長約107m、上端の幅約29mという大きさを活かしてライブ、コンサートやイベントのスペースとして使われています。

夜間はライトアップされて、ロマンチックな雰囲気になるので、ぜひデートの際には訪れてみて下さい。

最近は人気のプロジェクションマッピングも行われていますよ。

 

 


2.横浜美術館

 

 

派手めな商業施設が多いみなとみらいで、大人が落ち着いた時間を過ごせる場所と言えば、ここ「横浜美術館」があげられるでしょう。

開館は1989年、丹下健三氏デザインによるシンメトリーが美しい外観と、吹き抜けの開放感があるギャラリーには7つの展示室、10万冊以上の蔵書を誇る美術情報センター、アトリエなどがあります。

 

コレクションは横浜開港期の19世紀後半から現代にかけての日本と主にヨーロッパの作品約9800点で、下村観山や横山大観などの日本画家、ダリ、マグリット、セザンヌ、ピカソなど。

明治期の浮世絵版画も素晴らしいと評判です。

ミュージアムショップは明るく広々としており、オリジナルグッズを含む1000以上のアイテムが美しく並べられていて見ているだけで楽しくなりそう。

 

伝統的な料理と新しい時を融合させ、新しいフレンチを味わえるレストラン、ブラッスリー・ティーズ・ミュゼでは気軽なランチから本格コースまで楽しめます。

芸術とグルメの日、そんな1日があってもいいですね。

 

横浜美術館の基本情報

 

名称 :横浜美術館

住所 :〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1

アクセス :

JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より徒歩10分
横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」3番出口からマークイズみなとみらい<グランドガレリア>経由、徒歩5分
横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」より徒歩10分

電話番号 :045-221-0300

定休日 :木曜日、年末年始

営業時間 :10:00~18:00(入館は17:30まで)

料金 :展覧会によって異なります。

 

 

3.MARK ISみなとみらい

 

 

A post shared by masa_fuku1 (@masa_fuku1) on

 

MARK IS(マークイズ)は、2013年にオープンした、横浜高速鉄道「みなとみらい駅」直結の都心型ショッピングモールです。

地下4階、地上6階のモールには、ファッション、スポーツ、インテリア雑貨、レストランなど約190もの多種多様な店舗がはいり、そのターゲットは子育て世代からその親世代までの3世代。

広々とした空間と、館内のあちこちにソファやテーブルなどが置かれ、休憩スペースの充実をはかっています。

 

屋上には「みんなの庭」と呼ばれる果樹園、菜園スペースがあり、収穫体験イベントなどが行われています。

5階には大自然を体感し、臨場感あふれる体験が出来るエンターテーメントミュージアム「オービィ横浜」もあり人気です。

地下4階で駅とつながっているので、雨の日でも濡れずに移動できるのが嬉しいですね。

 

MARK IS みなとみらいの基本情報

 

名称 :MARK IS (マークイズ)

住所 :〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目5番1号

アクセス :

みなとみらい駅(みなとみらい線)直結
JR・市営地下鉄「桜木町駅」から動く歩道を利用し、徒歩8分

電話番号 :045-224-0650(代)

定休日 :不定休

営業時間 :店舗により異なる

 

 


4.Orbi Yokohama (オービィ横浜)

 

 

A post shared by Kubota Sachi (@ssaaaaachi) on

 

MARK IS(マークイズ)の5階には、世界初と言われる大自然超体験ミュージアム「Orbi Yokohama (オービィ横浜)」があります。

セガとBBC EARTHの共同プロジェクト世界1号の施設で、大型湾曲スクリーンに空撮映像を映し、地球上の様々な大陸の映像を楽しめる「アースクルージング」や、等身大の動物たちを巨大スクリーンに映し出し動物について学べる「アニマルペディア」など、圧倒的なスケールで地球、生命の魅力を体感できる、新しい形のミュージアムです。

また、16種類の小動物が展示されている「アニマルスタジオ」では、一部の動物に触る事ができ、特に子供たちに大人気です。

 

オービィ横浜の基本情報

 

名称 :オービィ横浜

住所 :〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目5番1号 MARK IS みなとみらい 5F

アクセス :

みなとみらい駅(みなとみらい線)直結
JR・市営地下鉄「桜木町駅」から動く歩道を利用し、徒歩8分

電話番号 :045-319-6543

定休日 :MARK IS みなとみらいに準ずる

営業時間 :月~木 9:00~21:00(最終入館 20:00)金~日・祝・祝前日 9:00~22:00(最終入館 21:00)

料金 :大人800円 中・高生500円 小学生・シニア300円

 

 

5.三菱みなとみらい技術館

 

 

「三菱みなとみらい技術館」は、最先端の科学技術を楽しく遊びながら学べる、参加体験型のテクノロジーミュージアムです。

館内は、航空宇宙、海洋、環境・エネルギーなど7つのゾーン、2フロアから成り、本物のロケットエンジン、原子炉や飛行機の模型の展示など見て学ぶ物だけではなく、深海潜水調査船のシュミレーターや、ヘリコプターのコックピットに乗り込んでのフライトシュミレーターも楽しめます。

 

一番人気は初の国産ジャンボジェット機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の操縦体験です。

先着順の為に土曜、日曜には1時間以上待つ事もあるので、平日の午後が狙い目です。

操縦は意外に難しいので、無事にランディングできるのは3~4割程度というので、ぜひ頑張ってみて下さいね。

ミュージアムショップでは、MRJグッズや宇宙食、実験用キットなど珍しい物が販売されているので覗いて見ましょう。

 

三菱みなとみらい技術館の基本情報

 

名称 :三菱みなとみらい技術館

住所 :〒220-8401 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-3-1 三菱重工横浜ビル

アクセス :

横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩3分
JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より徒歩8分
横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」より徒歩8分

電話番号 :045-200-7351

定休日 :火曜日(祝日の場合は翌日)

営業時間 :10:00~17:00(入館は16:30まで)

料金 :

大人:500円
高校生:300円
中学生:300円
小学生:200円
65歳以上は無料

 

 


6.原鉄道模型博物館

 

 

「原鉄道模型博物館」は、世界的に有名な鉄道模型製作、収集家の原信太郎氏の膨大なコレクションを公開している博物館です。

アメリカのスミソニアン博物館からの依頼も断った原氏が、名を冠した博物館の場所に選んだのは日本の鉄道発祥の地、横浜でした。

 

一番の見どころは室内ジオラマとして世界最大級の面積を持つ「いちばんテツモパークジオラマ」です。

一周約70m、線路数は6本、総延長が450mで、モデルとしているのはヨーロッパの風景で、駅舎はフランスのリヨン駅をイメージしています。

いつまで見ていても見飽きない特別な空間に時間が経つのを忘れてしまうかも?

 

他にも原氏が収集した一番切符のレプリカや、アンティーク鉄道玩具など珍しい展示も必見。

小さなお子さんが休憩できるスペースには、プラレールや鉄道関連の絵本がいっぱい。

規模は大きくはないですが、親子連れでたっぷり楽しめる博物館です。

 

原鉄道模型博物館の基本情報

 

名称 :原鉄道模型博物館

住所 :〒220-0011 横浜市西区高島一丁目1番2号 横浜三井ビルディング2階

アクセス :

横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島駅」より徒歩 2分
「横浜駅」より徒歩 5分

電話番号 :045-640-6699

定休日 :毎週火曜日(祝日の場合は翌営業日に振替)、年末年始、施設保守点検期間

営業時間 :10:00~17:00 (最終入場時間 16:30)

料金 :大人 1000円、中学・高校生 700円、小人(4歳以上)500円

 

 

7.臨港パーク

 

 

A post shared by Ayaka Ito (@ayaka13in13) on

 

「臨海パーク」はみなとみらい21エリアの海沿いに整備された公園で、その敷地面積はエリア最大。

ランドマークや横浜港を一望でき、ベイブリッジ、鶴見のつばさ橋、大さん橋なども見え、特に夜景スポットとしても人気があります。

遊具があるような公園ではなく、良く手入れされた芝生公園でのんびりするのが醍醐味です。

お天気が良い日にお弁当とレジャーシートを持って出かけましょう!

園内には飲み物や軽食が買える売店もあるので、手ぶらでも大丈夫ですよ。

 

臨海パークの基本情報

 

名称 :臨海パーク

住所 :〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

アクセス :

横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩5分
横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島駅」より徒歩10分
JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より徒歩15分

電話番号 :045-221-2155

 

 


8.ぷかりさん橋

 

 

可愛らしい名前の「ぷかりさん橋」ですが、正式名称は「みなとみらい桟橋・海上旅客ターミナル」で、1991年に日本初の浮体式ターミナルとしてオープンしました。

2本の桟橋と客船ターミナルからなり、プレジャーボートや官庁の船舶が係留され、水上バスのシーバスや、マリーンルージュやマリーンシャトルなどの遊覧船が発着しています。

利用料を払えば個人所有のプレジャーボートも使用可能。

 

客船ターミナルは1階が切符売り場と待合室、2階はヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル直営のレストラン「海鮮びすとろピア21」になっています。

四方を海に囲まれて食事が出来るので、雰囲気抜群、デートにもピッタリです。

 

ぷかりさん橋の基本情報

 

名称 :ぷかりさん橋

住所 :〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目地先

アクセス :JR根岸線桜木町駅より徒歩15分、又はみなとみらい線みなとみらい駅より徒歩7分 

営業時間 :9時~21時、2階レストラン11時~22時(LO21時)

 

みなとみらいエリア(+中区全般):新港地区

 

9 .よこはまコスモワールド

 

よこはまコスモワールド

 

みなとみらいと言えば、大観覧車がシンボルの遊園地コスモワールド!

「ワンダーアミューズ・ゾーン」、「ブラーノストリート・ゾーン」そして、「キッズカーニバル・ゾーン」の3つのゾーンからなる、世界で初めての画期的な都市計画から生まれた未来志向の都市型立体遊園地です。

水中に突っ込んでいくスリルが味わえるジェットコースターから、小さなお子さんでも楽しめる乗り物まで31のアトラクションがあり、大人から子供まで楽しめちゃいます。

入園料が無料で、乗り物ごとに乗り物券を買うシステムなので、遊園地の雰囲気を楽しみたい、観覧車だけ乗りたい、時間がないので少しだけ楽しみたい、という方には便利ですね。

 

乗り物目的、という方は公式ホームページに乗り物券の割引クーポンがあるので、プリントアウトして行きましょう。

一番人気の大観覧車コスモクロック21は、高さ112.5m、一周約15分、みなとみらい全体がライトアップされている夜に乗るのがおススメです。

2016年にフルカラーLEDを導入し、約1670もの色の演出が可能になりました。

ロマンチックな雰囲気の中で、一番上に到達した時に告白するとハッピーが続くとか。

 

イチオシは、約4分間隔でやってくる足元まで透明なシースルーゴンドラです。

全部で4つしかないので、週末の夜などは混むかも知れませんが、待ってでも乗ってみて下さいね。

かなり特別な雰囲気を味わえますよ。

 

よこはまコスモワールドの基本情報

 

名称 :よこはまコスモワールド

住所 :〒231-0001神奈川県横浜市中区新港2-8-1

アクセス :JR京浜東北線桜木町駅から徒歩で10分 みなとみらい駅から徒歩で2分

電話番号 :045-641-6591

定休日 :木 2・3・6・9・12・1月(祝日の場合は翌日)4・5・7・10・11月は第2木曜日休(祝日の場合は翌日)

営業時間 :

11:00~21:00 3月中旬~11/30(土日祝日は22:00まで)
11:00~20:00 12/1~3月中旬(土日祝日は21:00まで)

料金 :入園無料(各施設ごとに料金要)

 

 

10 . 横浜ワールドポーターズ

 

 

「ワールドポーターズ」はその名の通り、アメリカ、中南米、イタリア、ドイツなど世界各国のショップやレストランが多く、中でも1階にあるハワイアンタウンは、ハワイ雑貨、ファッション、スイーツを扱うお店が並び人気です。

ウクレレライブやフラダンスショーなどのイベントも時折行われているので、ハワイ好きなら要チェックですよ。

2階、3階は主にファッション、4階はインテリアを中心とした、ホーム&リビングワールド、5階には景色を見ながらお得にバイキング料理を楽しめるフェスタガーデンなどのレストラン、6階はリラクゼーション&インテリアと個性的なショップがずらり。

映画館やアミューズメントコーナー、屋上にはヨーロッパ生まれのニュースポーツ、バーンゴルフ場もあり、大人から子供まで1日楽しめるおススメの大型ショッピングモールです。

 

横浜ワールドポーターズの基本情報

 

名称 :横浜ワールドポーターズ

住所 :〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-2-1

アクセス :

JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より徒歩10分
横浜高速鉄道みなとみらい線「馬車道駅」より徒歩5分
横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」より徒歩10分

電話番号 :045-222-2000

定休日 :年2回(2月・9月)

営業時間 :店舗により異なる

 

 

11.カップヌードルミュージアム横浜

 

 

世界の食の歴史を変えたとまで言われるインスタントラーメン、その発祥が日本だという事を知らない人も多いかも知れません。

世界初のインスタントラーメンである「チキンラーメン」を誕生させた「安藤百福」の研究小屋を再現や、アニメーションシアターで、チキンラーメンの歴史を勉強したあとは、さあ実際に自分で作ってみましょう。

「チキンラーメンファクトリー」(要予約、別料金)では小麦粉を捏ねるところから、瞬間油熱乾燥法で揚げる工程を体験できちゃうんですよ。

最後にお土産も貰えて大満足。

チキンラーメンの大ヒットの後、仕事でアメリカに行った安藤百福は関係者がチキンラーメンをちぎってマグカップに入れて食べているのを見て閃き、後にカップヌードルの開発につながったんですよ。

 

「マイカップヌードルファクトリー」では、12種類の具材と4種類のスープからのチョイスで、自分だけのカップヌードルを作る事ができます。

味の組み合わせは5460通りと言うから、まさにマイカップヌードルですね。

チキンラーメンファクトリーは、電話かホームページからの予約がおススメ。

マイカップヌードルファクトリーは先着順ですが、ローチケにて入館料と体験料を合わせたチケットも販売しています。

最後にミュージアムショップで、オリジナルグッズを買って帰りましょう!

 

カップヌードルミュージアム横浜の基本情報

 

名称 :カップヌードルミュージアム横浜

住所 :〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-3-4

アクセス :

JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より徒歩12分
横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」、「馬車道駅」より徒歩8分
横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」より徒歩12分

電話番号 :045-345-0918

定休日 :火曜日 (祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始

営業時間 :10:00~18:00 (入館は17:00まで)

料金 :大人500円 高校生以下無料(館内の一部施設は別途料金必要)

 

 

12.横浜みなとみらい万葉倶楽部

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by nami (@highbridgewave) on

 

都市の温泉郷をコンセプトに全国展開している万葉倶楽部。

横浜みなとみらい万葉倶楽部では、毎日タンクローリーで運ばれてくる、名湯、熱海温泉と湯河原温泉の湯が楽しめます。

地上8階建ての空間には、大浴場、露天風呂、ひのき風呂、ハーブ風呂、サウナ、岩盤浴、エステ、あかすり、リラクゼーションルーム、レストランに宿泊設備など盛りだくさん。

マッサージやエステも、中国式、タイ古式、英国式リフレソロジー、骨盤ストレッチなどがあり、迷ってしまいそうですね。

 

屋上には展望足湯庭園があり、みなとみらい21の景色を見ながら開放感あふれる野外足湯を楽しめます。

横浜観光の疲れを、万葉倶楽部のお湯で癒してから帰りましょう。

 

横浜みなとみらい万葉倶楽部の基本情報

 

名称 :横浜みなとみらい万葉倶楽部

住所 :〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-7-1

アクセス :

横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩5分
JR京浜急行・根岸線「桜木町駅」より徒歩15分
横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」より徒歩15分

電話番号 :0570-07-4126

定休日 :年中無休

営業時間 :24時間営業

料金 :大人(中学生以上)2500円

 

 

13.横浜みなと博物館

 

 

1989年の横浜博覧会に合わせて、日本丸メモリアルパーク内にオープンした横浜マリタイムミュージアムが、さらに横浜港に特化した展示内容にするために改装され、2009年に名称を改め「横浜みなと博物館」として生まれ変わりました。

150年の歴史を紹介する「横浜港の歴史ゾーン」と、横浜港の役割をテーマ別に学べる「横浜港の再発見ゾーン」で構成されていて、中でも本格的な操船シュミレーターが人気です。

帆船日本丸の見学と合わせて、ぜひ訪れてみて下さいね。

 

横浜みなと博物館の基本情報

 

名称 :横浜みなと博物館

住所 :〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1

アクセス :

JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より徒歩5分
横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」、「馬車道駅」より徒歩5分
横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」より徒歩5分

電話番号 :045-221-0280

定休日 :月曜日(祝日の場合は翌日)、年末(12/29~12/31)、その他臨時休館あり

営業時間 :10:00~17:00(最終入館 16:30)※季節により変動

料金 :日本丸との2館共通 大人600円 小学生・中学生・65歳以上300円(小学生・中学生・高校生は毎週土曜日無料)


 

14.帆船日本丸

 

 

「日本丸」は、昭和5年に作られた船員養成用の練習帆船で、昭和59年に「新・日本丸」にその任務を引き継ぐまでの約54年間も活躍してきました。

地球を45.4周する距離を航海し、11,500名もの実習生を育ててきました。

現役引退後には、横浜、神戸、大阪、小樽、船橋、新湊、清水、豊橋、福岡、鹿児島の10都市から誘致要請があり、その中から選ばれたのが横浜だったのです。

内部は可能な限り当時の状態のままで公開していて、訓練の様子や様々な興味深い資料も閲覧できます。

 

普段は帆を閉じた状態ですが、真冬以外の月に2度の割合ですべての帆を広げる総帆展帆(そうはんてんぱん)を行っているので、実施日はホームページで確認して下さい。

かつて、太平洋の白鳥と呼ばれていたのが頷ける、美しい姿を見る事ができますよ。

日本丸の帆は全部で29枚あり、総帆展帆では、訓練を受けて登録している約2000名の中から100名ほどがボランティアとして参加し、手作業で1枚ずつ広げていきます。

また、帆は広げずに国際信号旗を掲揚する満船飾(まんせんしょく)は、ほとんどの国民の祝日に行われますが、実施しない日もあるので、こちらもホームページで確認して下さいね。

 

帆船日本丸の基本情報

 

名称 :帆船日本丸

住所 :〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1

アクセス :

JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より徒歩5分
横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」、「馬車道駅」より徒歩5分
横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」より徒歩5分

電話番号 :045-221-0280

定休日 :月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)帆のとりはずしと船体整備期間中

営業時間 :10:00~17:00(入館は16:30まで)

料金 :横浜みなと博物館との2館共通 大人600円 小学生・中学生・65歳以上300円(小学生・中学生・高校生は毎週土曜日無料)

 

 

15.横浜赤レンガ倉庫

 

 

新港ふ頭の保税倉庫として利用されていた「赤レンガ倉庫」は明治時代末期から大正時代初期にかけて、当時の最先端技術を用い、鉄とレンガを組み合わせた構造で建設された歴史のある建物です。

1992年、みなとみらい21の整備に伴ってウォーターフロント再開発計画が始まり、横浜市は赤レンガ倉庫を国から取得し、5年以上かけて修復し、保存活用の工事を進めたのです。

こうして、2002年に赤レンガ倉庫付近一帯は、赤レンガパークとしてオープンし、赤レンガ倉庫1号館は主に文化施設として、赤レンガ倉庫2号館は商業施設として使用されるようになりました。

 

今や年間来場者が600万人を越える、人気観光地として、デートスポットとしても知られています。

特に季節ごとのイベントが人気で、ハロウィン、オクトーバーフェスト、そしてクリスマスのイルミネーションは毎年注目されています。

海沿いの景色が楽しめるレストランやカフェで、ランチやディナーを楽しむのもいいですね。

 

アートリンクで遊ぼう!

 

2005年からスタートした「アートリンクin赤レンガ倉庫」は、多彩なアーティストが繰り広げる様々なタイプのアートと、アイススケートのコラボレーション。

クリスマスツリーにイルミネーション、最高の雰囲気の中でアイススケートを楽しむ事が出来るのでデートにぴったりですね。

イベント内容や開催時期に関してはホームページでご確認下さい。

 

横浜赤レンガ倉庫の基本情報

 

名称 :横浜赤レンガ倉庫

住所 :〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目

アクセス :

馬車道駅・日本大通り駅より徒歩約6分
みなとみらい駅」より徒歩約12分
関内駅・桜木町駅」より徒歩約15分

営業時間 :1号館 10:00~19:00 2号館 10:00~20:00

 

 

16.MARINE & WALK YOKOHAMA

 

マリンアンドウォークヨコハマ

 

2016年3月にオープンした、まだ新しいオープン型のショッピングモールで、雰囲気が良く、今とても人気のあるスポットです。

横浜初出店のカフェやレストラン、ファッションのお店が多く、セレクトショップやインポートブランドなど個性的なお店が多いのも特徴です。

赤レンガ倉庫からもすぐなので、ぜひ両方訪れてみて下さいね。

 

marinandwalk

 

世界各国のインスタグラムを始めとしたSNSで話題のエンジェルウィングス(天使の羽)をご存じでしょうか?

愛と平和の象徴である天使の羽と一緒に写真を撮ると幸せになれる…。

提唱者である画家のコレット・ミラー女史が実際に来日して描いたエンジェルウィングスが、赤レンガ倉庫側の正面入口の壁と、その入り口を入って右手の壁に登場しました。

日本初の正式スポット誕生としてイベントも行われ、多くの観光客の注目を集めています。

 

 

オープンから1年以上が経っても話題のお店があるんです。

パイ料理専門店の「PIE HORIC」での人気メニューは、パイのおかわり自由なランチです。

スープまたはサラダ、選べるメイン料理、そして日替わりの焼き立てパイ5~6種類が食べ放題!

 

手のひらサイズのパイは定番のチキンポットパイやミートパイから、しらすやイカ墨などの変わり種もあり、飽きる事がありません。

焼き立てのサクサクをスタッフの方が持ってきてくれるので、ついつい食べすぎてしまいそう。

あまりの人気ぶりに、現在は完全予約制で、平日は二部制、土日、祝日は三部制で予約が二か月先まで埋まっている日も多いんだとか。

気になる方はまず電話で予約を取りましょう!

 

マリン アンド ウォーク ヨコハマの基本情報

 

名称 :MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン アンド ウォーク ヨコハマ)

住所 :〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1-3-1

アクセス :

横浜高速鉄道みなとみらい線「馬車道駅」、「日本大通り駅」より徒歩9分
JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」より徒歩15分
横浜市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」より徒歩15分

電話番号 :045-680-6101

営業時間 :11:00~20:00(dinner~23:00)

 

 

17.横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

 

 

小さい子はみんなアンパンマンが大好き!

「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」は参加、体験型のテーマパークです。

3階のお出迎えジオラマでいきなりテンションアップになる子供たちがいっぱい。

ジャムおじさんのパン工場では手の込んだキャラクターの顔がついたパンが人気。

 

2階では、みみせんせいの学校で工作を楽しんだり、人形劇や紙芝居、お姉さんと一緒にダンスや手遊びをするコーナーもあります。

1階の「やなせたかし劇場」ではアンパンマンと仲間たちが登場してのミニステージが行われます。

とても人気があるので、ステージの始まる30分前には良い場所を陣取りたいところ。

子供達のキラッキラの目に出会える、夢の世界へ連れて行ってあげましょう!

 

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モールの基本情報

 

名称 :横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

住所 :〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-3-1

アクセス :

横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島駅」より徒歩7分
横浜市営地下鉄ブルーライン「高島町駅」より徒歩7分

電話番号 :045-227-8855

定休日 :元日(他に館内改装・保守点検等による臨時休業あり)

営業時間 :

ミュージアム 10:00~18:00(最終入館17:00まで)
ショッピングモール 10:00~19:00
アンパンマン&ペコズキッチン 10:00~20:00(ラストオーダー19:00)

料金 :1歳以上1000円 1歳から小学生のお子様には記念品付き

 

 

18.汽車道

 

 

旧横浜港駅(現、桜木町駅)と新港ふ頭を結ぶ貨物輸送の為に、明治44年に作られた線路で、現在はみなとみらい地区を貫くプロムナードとして整備され、汽車道と呼ばれています。

入り組んだ運河を渡すために作られた3つの鉄橋は全て残されていて、当時の面影を残す貴重な存在です。

この汽車道を跨ぐように設計されたホテルナビオス横浜の開口部の、赤レンガ倉庫側からみなとみらい方面を見ると、汽車道の延長線上にランドマークタワーが見えるポイントがあり、最高の写真スポットだと人気です。

 

汽車道の基本情報

 

名称 :汽車道

住所 :〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2丁目、西区みなとみらい2丁目

アクセス :JR根岸線「桜木町駅」から徒歩約5分


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(465)
北海道・東北(38)
  北海道(21)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(162)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(88)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(70)
  長野(10)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(17)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(69)
  滋賀(7)
  京都(18)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(61)
  福岡(9)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(18)
ヨーロッパ(42)
東アジア・中国・台湾(18)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(8)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(12)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(471)
イベント情報(329)
ショッピング・買い物・お土産(442)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(108)
乗り物・交通・アクセス(544)
宿・旅館・ホテル(173)
旅行準備(406)
歴史・豆知識(645)
温泉・スパ(149)
絶景(390)
聖地巡礼(30)
観光旅行(605)
食事・グルメ(498)
ランキング(532)
デート(510)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(397)
ツアー/旅程(197)
海水浴場・ビーチ・リゾート(56)

人気記事ランキング