logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 東京

東京の遊び場12選!意外な穴場から定番スポットまで網羅!





東京は、人口1000万人を超える大都市で、一年を通して国内外から多くの観光客が訪れる街です。
そんな東京の遊び場を観光や家族のお出かけ、デート、穴場スポット、といったシーン別に分けて紹介していきます。

都心ならではの景色や建物を利用した遊具のある遊園地、都会ならではの大きなビル内の商業施設など、おすすめのスポットを厳選!
その中には意外と知られていない穴場のスポット情報もあります。

著者が実際に足を運んだ場所の中からのみ紹介するので、東京で遊び場をお探しの際は、参考にしてみてください。

【目次】東京の遊び場12選!意外な穴場から定番スポットまで網羅!

 

1ページ目 :

 

<東京都の遊び場:観光編>

1. 日本一高い電波塔は人気観光スポット『東京スカイツリータウン』

2. 繁華街の真ん中にある複合型商業施設!『サンシャインシティ』

3. ファッション雑貨にスイーツまで!『竹下通り』

 

<東京のお出かけスポット:子供の遊び場編>

1. 遊んで学べる職業体験!『キッザニア東京』

2. パンダにも会える都心の癒しスポット『上野動物園』

3. 大人も子供もはしゃげる屋内テーマパーク『ナムコナンジャタウン』

 

2ページ目 :

 

<東京の遊び場:デート編>

1. 夜も営業のムーディーな水族館『マクセルアクアパーク品川』

2. 四季を感じられる公園で散策デート!『昭和記念公園』

3. アトラクション豊富な遊園地!ねらい目は平日昼間『よみうりランド』

 

<東京の遊び場:穴場編>

1. 懐かしの10円ゲームが溢れるレトロスポット『駄菓子屋ゲーム博物館』

2. 東京の北に花見の名所!『飛鳥山公園』

3. 東京タワーのお膝元の公園でリラックス『芝公園』

 

 

家族のお出かけからデートまで!東京の遊び場を紹介

 

遊び場 東京

 

関東地方に位置する日本最大の都市である東京。

人口は1,000万人を超え、国内外から流行や政治の発信地として常に注目を浴びている街です。

 

そんな東京でお出かけや観光、デートを楽しめる遊び場を紹介していきます。

筆者が足を運んで良かった感じた場所のみを紹介するので観光の際は、ぜひ参考にしてみてください。

 

中には誰もが知っているような観光名所はもちろん、休日でもゆったり過ごせる穴場も!

魅力溢れる東京の街から、厳選した遊び場情報を掘り下げていきます。

 

東京都内の観光スポットを詳細にまとめた記事もありますので、興味のある方は合わせてご覧になってください。

→  東京の人気観光名所72選!デートから旅行まで楽しめる東京観光地をエリア別制覇

 

 


<東京都の遊び場:観光編>

 

東京 遊び場

 

東京に数ある遊び場の中でも、観光におすすめのスポットを紹介していきます。

都内に住んでいる方はもちろん、東京都以外の県から訪れた方が足を運びたくなるような東京らしい観光スポットばかりです!

日本で一番の高さを誇る電波塔、都心のど真ん中にあって様々な楽しみ方ができる複合型施設など、見どころ満載のスポットが満載。

 

1. 日本一高い電波塔は人気観光スポット『東京スカイツリータウン』

 

スカイツリー外観

 

東京のシンボルとして長く親しまれていた電波塔、東京タワー。

 

※合わせて読みたい:  一日楽しめる東京タワーの見どころを紹介!タワー周辺のグルメ・観光スポットも網羅!

 

そんな東京タワーに変わる電波塔として、634mの高さで建てられたのが東京スカイツリーです。

スカイツリーの中には、東京の街を一望できる展望台があり、その真下にはソラマチと呼ばれる商業施設があります。

下町と呼ばれる押上の風情を残しつつ、新しさを感じさせるスカイツリー周辺は、東京スカイツリータウンとして多くの人に親しまれています。

 

スカイツリータウン

 

東京スカイツリーの真下にあるショッピングモールがソラマチです。

ソラマチの中には、日本らしい製品、テレビ局関連商品、ファッション雑貨など、エリアごとに分かれてさまざまな商品が販売されています。

フードコート、レストラン街では、バラエティ豊かなお店で食事をいただくことも!

 

ショッピングモールを通り抜けて屋外に出ると、開放的なガーデンスペースもあり、晴れた日は青空の下記念撮影や食事を楽しめるのが魅力です。

小さな子供が遊べる公園のような噴水広場もソラマチ1Fにあるので、子供連れの旅行にもピッタリです。

 

※合わせて読みたい:  スカイツリーのお膝元!ソラマチの見どころをおすすめの飲食店からお土産店まで徹底解説!

 

スカイツリータウン

 

東京スカイツリータウンの中には、すみだ水族館と呼ばれる水族館があります。

展示は全て屋内なので、雨の日も安心して過ごせるのが魅力です。

車いすの方や小さな子供連れの家族向きのトイレも完備されているので、幅広い世代の方快適に過ごせます。

 

大きな魚から金魚のような小さな魚まで、ライトやプロジェクションマッピングを使って、綺麗に展示されています。

その他にも、プラネタリウムや博物館が東京スカイツリー―タウンにはあるので、合わせて足を運んでみましょう。

 

※合わせて読みたい:  すみだ水族館の見どころやアクセス、料金、館内グルメなどを解説!おすすめ動物やショーも

 

東京スカイツリータウンの観光情報

 

住所 : 東京都墨田区押上1丁目1-2

アクセス : 東武スカイツリーライン とうきょうスカイツリー駅、東京メトロ押上駅直結

電話番号 : 0570-55-0634

定休日 : 年中無休

営業時間 :

・展望デッキ・天空回廊 8:00~22:00
・ソラマチ 10:00~21:00(レストランは23:00)
・すみだ水族館 9:00~21:00

料金 :

・展望デッキ 大人2,060円、中高生1,540円、小学生930円、幼児620円 天空回廊 大人1,060円、中高生820円、小学生510円、幼児310円
・すみだ水族館 大人2,050円、高校生1,500円、中小学生1,000円、幼児600円
・ソラマチ 無料

公式URL : 東京スカイツリータウン

 

※合わせて読みたい:  世界一高い自立式電波塔!東京スカイツリーの見どころを総解説!

 

 


2. 繁華街の真ん中にある複合型商業施設!『サンシャインシティ』

 

サンシャインシティ1

 

JR池袋駅から徒歩8分、サンシャイン国際通り沿いにある大型商業施設がサンシャインシティです。

サンシャインシティの中には、水族館、テーマパーク、プラネタリウム、展望台といった複数の施設が集まっています。

ショッピングモールエリアもあり、一日観光を楽しめます。

 

サンシャインシティ

 

サンシャインシティの屋上階にある、サンシャイン水族館は展示に細やかな工夫がなされています。

特注の水槽を屋外エリアに作った空飛ぶペンギンは、まるでペンギンが本当に空を飛んでいるかの様な姿を鑑賞可能です。

館内は照明を落としたムーディーな雰囲気で、デートにも使えます。

 

サンシャンシティ3

 

サンシャインシティには、スカイサーカスという名前の展望台もあります。

ただの展望台ではなく、フロアにはVRを使った遊具、目の錯覚を感じさせる部屋といったユニークな展示ばかりです。

水族館とのセット券もあるので、観光の際は利用してみましょう。

 

サンシャインシティの観光情報

 

住所 : 東京都豊島区東池袋三丁目

アクセス : JR池袋駅東口から徒歩8分、東京メトロ有楽町線 東池袋駅から徒歩3分

電話番号 : 03-3989-3331(総合案内)

定休日 : 施設に準じる(基本的に年中無休)

営業時間 : 施設に準じる

料金 : 無料(水族館・展望台共通チケット 大人2,800円、学生2,550円、子供1,500円、幼児600円)

公式URL :   サンシャインシティ

 

※合わせて読みたい:  100回以上池袋で遊んだ著者が厳選!池袋エリアの観光スポット18選!

 

 

3. ファッション雑貨にスイーツまで!『竹下通り』

 

竹下通り

 

JR原宿駅竹下口を出てすぐ、真っすぐに伸びる大きな道を竹下通りといいます。

日本国内だけでなく、世界からも注目されるカワイイの発信地となっている原宿。

その中心といってもよいのが竹下通りです。

 

数100mほどの通り沿いには、飲食店、ファッション雑貨店、ディズニーストアなど思わず足を止めたくなるお店が満載です。

平日の昼間から多くの人が集まり、その人気ぶりを伺えます。

 

竹下通り2

 

竹下通りの飲食店の中でも、食べ歩きできることから幅広い世代から人気なのが、マリオンクレープです。

ほとんどのメニューがワンコインでいただける割に、具材やクリームがたっぷりでボリューミーに仕上げられています。

友人や恋人と足を運んだ際は、違う種類の味を分け合って食べるのもおすすめ!

 

明治神宮1

 

竹下通りの周辺は、観光地としても人気の原宿エリアの中心地です。

大手のセレクトショップ、古着屋をはじめとする洋服店、原宿のランドマーク、ラフォーレ原宿といった場所にもすぐアクセスできます。

その中でも都心とは思えない自然が広がる明治神宮は、リラックスしたひと時を過ごせるパワースポットです。

 

※合わせて読みたい:  都心に佇むパワースポット明治神宮!明治神宮の魅力や、周辺グルメ、観光スポットを解説

 

竹下通りの観光情報

 

住所 : 渋谷区神宮前1丁目

アクセス : JR原宿駅竹下通り口から徒歩1分

電話番号 : 03-3463-1211

定休日 : 店舗に準じる

営業時間 : 店舗に準じる

料金 : 無料

公式URL : 竹下通り

 

※合わせて読みたい:  原宿の観光スポット選!学生時代から原宿に通う著者が定番・穴場スポットを紹介!

 

 


<東京のお出かけスポット:子供の遊び場編>

 

ナンジャタウン

 

東京都内の遊び場の中でも小さな子供連れで遊べるスポットを紹介していきます。

可愛いキャラクターに出会えるテーマパークをはじめ、子供はもちろん、大人も一緒になって楽しめる場所を厳選。

東京で子供の遊び場に困った際は、ぜひ参考にしてみてください。

 

1. 遊んで学べる職業体験!『キッザニア東京』

 

 

各線豊洲駅から徒歩8分、現実世界さながらのリアリティ溢れるセットの中、子供たちが職業体験をできる施設です。

空いているときは当日券が販売されますが、基本的に予約入場が優先されるので、事前に券を購入しておきましょう。

 

施設内に入ると子供達には疑似通貨が発行され、自分のやりたいお仕事体験にチャレンジできます。

両親はガラス越し、モニター越しからその様子を眺められるので、子供の意外な一面に出会えるかもしれません。

 

 

キッザニア東京の職業体験プログラムは、実戦さながらの本格派です。

お仕事を終えた後は館内の施設で使える給料をもらえます。

 

全100種類ほどのアクティビティがあり、一日楽しめるスポットとなっています。

スケジュール管理も子供自身が行うので、学びの場としても利用できます。

 

キッザニア東京の観光情報

 

住所 : 東京都江東区豊洲2-4-9 アーバンドック ららぽーと豊洲 NORTH PORT3F

アクセス : 東京メトロ、ゆりかもめ 豊洲駅から徒歩8分

電話番号 : 0570-06-4646

定休日 : 年中無休

営業時間 : 1部 9:00~15:00 2部 16:00~21:00

料金 : 通常プラン平日料金 園児 1部3,550円 2部2,950円、小学生1部 3,950円 2部3,250円、中学生 1部4,050円 2部3,350円、大人 1部、2部1950円

公式URL : キッザニア東京

 

 


2. パンダにも会える都心の癒しスポット『上野動物園』

 

上野動物園1

 

JR上野駅から徒歩3分、上野恩賜公園内にあるパンダにも会える動物園です。

2018年時点でパンダの赤ちゃん、シャンシャンが誕生したことで、連日多くの人で賑わいを見せています。

一時は整理券を配っていましたが、現在は並べば100%シャンシャンを鑑賞できるそうです。

 

ホッキョクグマ

 

上野動物園の中には、焼く350種類もの動物が展示されています。

園は大きく西と東に分かれ、東園には、トラやホッキョクグマといった大型の動物が多いです。

西園にはコアラ、アイアイなどの小型動物展示に加え、子供動物園があり、動物との触れ合いを楽しめます。

 

上野動物公園

 

園内では鳥類も展示されています。

大きな動物に比べ、大人しく小さいので、小さな子供でも近くまで寄って鑑賞を楽しめるはずです。

ミュージアムショップや記念撮影スポットでは、家族で出かけた記念の一枚やお土産を購入できます。

 

上野動物園の観光情報

 

住所 : 東京都台東区上野公園9-83

アクセス : JR上野駅公園口から表門まで徒歩5分

電話番号 : 03-3828-5171

定休日 : 年末年始・月曜日(月曜日が祝日の場合その翌日が休み)

営業時間 : 9:00~17:00

料金 : 大人600円、シニア300円、中学生200円

公式URL : 上野動物園

 

※合わせて読みたい:  パンダだけじゃない!上野動物園の見どころまとめ

 

 

3. 大人も子供もはしゃげる屋内テーマパーク『ナムコナンジャタウン』

 

ナンジャタウン

 

池袋のサンシャインシティ内にある屋内テーマパークがナムコナンジャタウンです。

館内には10種類以上のアトラクションがあるので、好きなものを選んで遊べます。

至る所に写真映えするようなスポットがあり、子供との思い出を残すのにもピッタリです。

 

アニメコラボ ナンジャ

 

人気のアニメとコラボした期間限定の展示やアトラクションも館内では行われています。

子供が見ているアニメとコラボしたイベントも行われるかもしれないので、イベント予定をチェックしておきましょう。

その他にも、エリアごとにレトロ、お化け屋敷風など、世界感があり、非日常な雰囲気の中で遊べます。

 

餃子スタジアム

 

ナンジャ餃子スタジアムと呼ばれるエリアには、日本中から餃子の名店が集まっています。

一口餃子、野菜餃子、羽根つき餃子など、お店ごとにオリジナリティのある餃子をいただけるのが魅力です。

餃子をつまみに種類豊富なハイボールを頼み、大人はお酒を飲んで楽しめます。

 

ナンジャタウンの観光情報

 

住所 : 東京都豊島区 東池袋3丁目 サンシャインシティワールドインポートマートビル2F

アクセス : JR池袋駅東口から徒歩8分、東京メトロ有楽町線 東池袋駅から徒歩3分

電話番号 : 03-5950-0765

定休日 : 年中無休

営業時間 : 10:00~22:00(日にちにより前後あり)

料金 :

パスポート(アトラクション乗り放題)大人3,500円、子供2,800円 
エントリーのみ 大人500円、子供300円

公式URL :  ナンジャタウン


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(323)
北海道・東北(30)
  北海道(18)
  青森(1)
  岩手(1)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(1)
  福島(1)
関東(107)
  埼玉(5)
  千葉(7)
  東京(58)
  神奈川(24)
  茨城(2)
  栃木(4)
  群馬(3)
  山梨(4)
甲信越・北陸・東海(48)
  長野(7)
  新潟(4)
  富山(2)
  石川(6)
  福井(1)
  岐阜(4)
  静岡(13)
  愛知(7)
  三重(4)
近畿(48)
  滋賀(3)
  京都(13)
  大阪(15)
  兵庫(12)
  奈良(4)
  和歌山(1)
中国・四国(27)
  鳥取(1)
  島根(4)
  岡山(5)
  広島(8)
  山口(2)
  徳島(1)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(41)
  福岡(7)
  佐賀(1)
  長崎(4)
  熊本(5)
  大分(5)
  宮崎(1)
  鹿児島(5)
  沖縄(13)

国外エリア一覧

東南アジア(15)
ヨーロッパ(33)
東アジア・中国・台湾(10)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(4)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(7)
アフリカ(2)
北米(10)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(294)
イベント情報(259)
ショッピング・買い物・お土産(307)
シーン別(407)
ビジネス・出張(154)
ロケ地、舞台(157)
世界遺産(90)
乗り物・交通・アクセス(377)
宿・旅館・ホテル(140)
旅行準備(348)
歴史・豆知識(426)
温泉・スパ(116)
絶景(280)
聖地巡礼(28)
観光旅行(434)
言語・役立ちフレーズ(27)
食事・グルメ(359)
ランキング(331)
デート(348)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(239)
ツアー/旅程(125)
海水浴場・ビーチ・リゾート(42)

人気記事ランキング