logo

top > ヨーロッパ > スイス

スイスの観光地15選!大自然や歴史的な名所をエリア別に紹介





ドイツ、フランス、イタリア、リヒテンシュタインに囲まれたスイス。
スイスにはアルプスや氷河、湖など、自然の魅力が存分に詰まっています。

ヨーロッパで自然に癒されたいなら、スイスに旅行・観光されるのがおすすめです。
もちろん、スイスの観光地は自然だけではありません。

本記事ではスイスをルツェルン地方・ベルナオーバーランド地方・ヴァレー地方・バーゼル地方に分けて、それぞれの地方からスイスのおすすめ観光スポットを厳選してご紹介します。

これを読めば、スイスの旅行や観光をより楽しめるようになるはずです!

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】スイスの観光地15選!大自然や歴史的な名所をエリア別に紹介

 

スイス旅行で外せない観光スポットまとめ

スイスはどんな国?

スイスへのアクセス

<ルツェルン地方/スイス連邦発祥の地の観光スポット>

1. カペル橋

2. 嘆きのライオン

3. ピラトゥス鉄道とピラトゥス山

<ベルナオーバーランド地方/スイスアルプスの中心の観光スポット>

1. グリンデルワルト

2. ユングフラウヨッホ

3. シルトホルン展望台

<ヴァレー地方/ツェルマットやマッターホルンなどの観光スポット>

1. バーンホフ通り

2. マッターホルン博物館

3. ハイキング・トレッキング

<バーゼル地方/文化と芸術の街の観光スポット>

1. バーゼル市立美術館

2. ラインの渡し船

3. ミュンスター(大聖堂)

<ベルン地方/スイスの首都の観光スポット>

1. ベルン旧市街

2. ベルン大聖堂

3. 連邦議会議事堂

 

 


スイス旅行で外せない観光スポットまとめ

 

一度は訪れてみたい大自然に囲まれたスイス。

直行便・乗り継ぎ便ともに便利で、アクティブに楽しみたい世代からゆっくり過ごしたいシニア世代まで満足できる観光名所が満載です。

今回は、そんなスイスの魅力的な観光スポットを下記の地方別に厳選してご紹介します。

 

  • ルツェルン地方
  • ベルナオーバーランド地方
  • ヴァレー地方
  • バーゼル地方
  • ベルン地方

 

スイスはEUに加盟していますが、通貨はスイスフランで、永世中立国であり多くの国際機関が置かれています。

ドイツ フランス イタリア 、  リヒテンシュタイン   に囲まれた内陸国で、ドイツ語・フランス語・イタリア語・ロマンシュ語の4つの公用語が定められ、それぞれの言語圏の地域が独自の雰囲気を醸し出しています。

 

スイスは、訪れる地域によって、スイスの独自性+コンパクトにヨーロッパの4つの違った文化が楽しめるお得な旅行先なのです。

 

 

スイスはどんな国?

 

 

スイスの人口は約780万人、国土面積は4万平方キロメートル余り( 東京 23区の2倍)でそのほとんどが山岳地帯です。

このため農業はあまり発展せず、そのかわり金融業のスイス銀行、電力のABB、製薬のノバルティスや精密機械のロレックスやオメガなど、世界に名だたる大企業が成長しています。

 

スイスにはIOC・WHO・FIFAなどの多くの国際機関が置かれているけれど、中立維持という方針ゆえに実は国連には長い間加盟していなかった…って知ってましたか?

 

スイスが国連に加盟したのは、2002年という今からほんの十数年前のことです。

非武装中立をつらぬく一方で、国連平和維持活動(PKO)には積極的に参加しています。

 

 


スイスへのアクセス

 

 

現在スイスへは、成田空港と関西空港から、チューリッヒまでの直行便を、  スイスインターナショナルエアラインズ   と  ANA   がコードシェア便をが運航しています。

 

成田空港からは、毎日運航で約12時間40分、関西空港からは週5便で約13時間。

ただし、運航状況には変更があるので、必ず航空会社のサイトで確認してください。

 

その他、  ドイツ   の  ミュンヘン   や  フィンランド   の  ヘルシンキ   の乗り継ぎ便も便利。

ドイツの  フランクフルト   や  フランス   パリ から鉄道で3〜4時間で入ることもできます。

 

 

<ルツェルン地方/スイス連邦発祥の地の観光スポット>

 

ルツェルン

 

チューリヒ空港から鉄道で1時間ほどのルツェルンは、中世の香り漂う美しい街です。

ルツェルン湖、ロイス川、カペル橋、落ち着いた雰囲気の旧市街と、絵になる風景が広がり、数日滞在して周辺の観光スポットへも足を伸ばしたいところ。

 

音楽の盛んな町でもあり、毎年春、夏、秋に音楽祭が行われ、クラシックを中心とする質の高い音楽が楽しめます。

 

1. カペル橋

 

カペル橋

 

ルツェルンの街中を流れる川にかかる、14世紀に造られたヨーロッパ最古の橋です。

93年の火災で一度消失しましたが、その後完全に復元されました。

橋は色とりどりの花で飾られ、水面に白鳥が漂う絶好の写真スポットです。

 

8角のレンガ造りの「水の塔」は橋ができる前に作られた塔。

かつては監獄や見張り塔として使われていたところで、この水の塔とカペル橋はスイス観光の先駆けとなったルツェルンのシンボルでもあります。

 

天井の梁に埋め込まれた中世の板絵を見ながら橋の上を歩いていくのも楽しいのですが、この橋はとても美しいので外側から見るのがオススメです。

川辺にはたくさんのレストランがあって、天気のいい時には外にテラス席が出ていて、そこでコーヒーでも飲んでくつろぎながら水面や橋を眺めていると、ああ、ヨーロッパに来たな〜という幸せな気分に浸ることができます。

 

カペル橋の観光情報

 

アクセス : ルツェルン駅を出てまっすぐ歩くと川の左側に見えて来ます。

ツアー予約・価格比較・クーポン: Liigo

 

2. 嘆きのライオン

 

lucern_lion

 

カペル橋から歩いて10分ほどのライオン公園には、岩肌に彫られた見事なライオンの彫刻があります。

これはフランス革命の時、最後までルイ16世を守り、無抵抗で市民に殺されていったスイスの傭兵達を悼んで彫られた記念碑です。

スイスの傭兵はその優秀さから、産業のないスイスで重要な外貨獲得手段として「輸出」されていました。

 

今でも、バチカン市国ではスイスの傭兵が雇われています。

ここはお店がたくさんあったりするところではないので、あまり人出は多くありません。

 

筆者が行ったのは夏のハイシーズンではありましたが、観光客はまばらで、緑と池のひっそりとした公園の中でゆっくりとライオンと向き合うことができました。

スイスパスを持っていたらライオン公園に続く氷河公園に無料で入れます。

 

あまり大きい公園ではないのですが、ルツェルンが氷河だった時代の展示にとても工夫が凝らされていて、日本語のパンフレットもあるのでよく理解できて面白いですよ。

 

嘆きのライオンの観光情報

 

アクセス : 駅もしくはカペル橋から徒歩10分

料金 : 無料

ツアー予約・価格比較・クーポン: Liigo

 

3. ピラトゥス鉄道とピラトゥス山

 

Pilatusbahn

 

ピラトゥス山には龍や精霊、さらにキリストの磔刑を宣告したローマ総督ピラトゥスの霊が住むとも言われ、かつては数百年に渡って入山が禁止されていました。

今は世界最大勾配480パーミルのピラトゥス鉄道で誰でも気軽に山頂まで行くことができます。

 

ピラトゥス鉄道の運行は夏季のみなので、夏ならルツェルン駅真向かいの桟橋からルツェルン湖周遊の遊覧船でアルプナハシュタットまでの爽快なクルーズを楽しみ、そこからピラトゥス鉄道に乗るのがオススメです。

 

ピラトゥス山

 

伝説の龍が車体にデザインされた真っ赤な車両は子供はもちろん大喜び。

大人もみんなはしゃいでいて、車内は興奮に包まれていました。

 

山頂に着くと、眼下にルツェルン湖と山々が広がり、湿った雲が漂っています。

もし龍のつばさに乗って空から見たら絶対にこんな風に見えるだろうと感じます。

 

ここで龍や精霊の伝説が生まれたのが、とても自然なことに思える光景です。

頂上にはホテルが2軒(Pilatus KulmとHotel Bellevue)あって、レストランやショップも充実しています。

ホテルに泊まれば、日の出と日没の神秘的な瞬間も味わうことができるでしょう。

 

ピラトゥス山の観光情報

 

住所 : Pilatus-Bahnen AG Schlossweg 1 6010 Kriens

マップ: Googleマップ

アクセス :

遊覧船:ルツェルンーアルプナハシュタット
朝8時半から14時半まで1時間に1本運行、移動時間約1時間半。
ピラトゥス鉄道はこれに接続する時間で運行しているのでそのまま乗り継ぎが可能。
アルプナシュタットールツェルン(帰り)
朝8時半から15時半まで1時間に1本運行、同様に移動時間約1時間半。
こちらもピラトゥス鉄道に接続する時間で運航しています。

ピラトゥス鉄道:

朝8時から17時まで1時間に2本、山頂まで約40分
下りは朝8時半から18時まで1時間に2本

電話番号 :  41(0)413291212

定休日 : 冬季は運休(反対側のKriensからロープウェイを乗り継いで山頂へ行くことは可能)

営業時間 : ピラトゥス鉄道は5月中旬〜11月中旬

注意点 : 下山時刻の便はあらかじめ確認しておきましょう

公式URL : ピラトゥス  ※時間と料金には変動がありますので、現地でご確認ください。

ツアー予約・価格比較・クーポン: Liigo

 

 


<ベルナオーバーランド地方/スイスアルプスの中心の観光スポット>

 

ユングフラウヨッホ鉄道

 

アイガー、メンヒ、ユングフラウのアルプス三大名峰を擁するベルナオーバーランド地方は、スイス山岳観光のメッカであり、スイスの大自然を楽しむなら断然ここを攻略するのがオススメです。

 

1. グリンデルワルト

 

Grindelwald

 

アルプス観光の拠点として日本人にも大人気のスポットで、各種日本語の案内も豊富です。

小さな町ですが宿泊施設、レストラン、ショップも充実していて便利で初心者から上級者までハイキングコースがたくさんあり、体力と時間に合わせて選ぶことができます。

 

特にメンリッヘン〜クライネシャイデックは初心者や体力のない人でも問題なく歩ける全部平坦なコースで、しかもアイガー、メンヒ、ユングフラウの絶景が眼下におさめられる超おトクなコース、こんなにラクしてこの絶景は外せません。

お年寄りや子供連れなども多く、ハイキングコースというよりは、展望台を延々と歩くといった感じです。

 

しかし、やはり山の上ですので水分補給や防寒対策、日焼け止め等最低限のご用意はお忘れなく。

 

グリンデルワルトの観光情報

 

アクセス :

インターラーケンから1時間に2本列車が出ています。
インターラーケンーグリンデルワルト間は約30分ほど。
ルツェルン方面から来るのなら遊覧船に乗ってブリエンツ湖を渡りインターラーケンまで来るのもオススメ。

ツアー予約・価格比較・クーポン: Liigo

 

2. ユングフラウヨッホ

 

ユングフラウヨッホ

 

クライネシャイデックまで歩いたら、そこから鉄道に乗って標高3.454mの「Top of Europe」、ヨーロッパで最も標高が高い鉄道駅・ユングフラウヨッホを目指し、頂上で全長23キロの巨大なアレッチ氷河を見に行きましょう。

頂上は完全屋内のビジターセンターになっているため軽装でOK、トイレもショップも完備されています。

 

日本人が山頂を神聖なものとして基本的に手付かずの状態にしておくのに比べ、スイスはどこの山に行っても頂上に巨大なビジターセンターが設置されていて、山に対する考え方の違いのようなものを感じます。

外の氷河に出られるようになっていて、暖かいビジターセンターを一歩出ると、強烈な紫外線の反射と身を切るような冷たい風に襲われて、これぞ氷河!

 

上着とサングラスはあった方が良いです。

 

ユングフラウヨッホの観光情報

 

アクセス : クライネシャイデックからユングフラウヨッホまで朝9時から1時間に2本、下りは夕方5時頃まで同じく1時間に2本。

料金 :

季節、時間帯によって料金が違うので公式サイトから確認してください
スイスパスがあれば25%引

公式URL :  ユングフラウヨッホ

ツアー予約・価格比較・クーポン: Liigo

 

3. シルトホルン展望台

 

シルトホルン

 

シルトホルン展望台からはアイガー、メンヒ、ユングフラウの三名山を含むベルナーアルプスに加え、約200以上の山々を見渡すことができます。

ピラトゥスやリギなど中央スイスの山々や、フランスのモンブラン、ドイツの黒い森まで360度パノラマの景色が見渡せますよ。

 

展望台と繋がるレストラン「ピッツ・グロリア」は1969年、ジェームスボンド6作目の映画「女王陛下の007」のセットとして作られたもので、世界初の回転式展望レストランです。

2013年には展望台から北東に延びる尾根に、ピッツグロリアビューと呼ばれる展望台ができ、ピッツグロリアを入れたユングフラウ三山の写真撮影ポイントとして人気となっています。

 

シルトホルン展望台への乗り継ぎ駅であるビルクからは、山頂よりもより近くにユングフラウ三名山が楽しめます。

2014年には、岩から空中にせり出した形で作られたスカイライン・ウォークができ、2016年には切り立った崖に作られたガラス張りの歩道、スリルウォークができています。

 

シルトホルン展望台の観光情報

 

住所:Hoeheweg 2, Murren 3800

マップ: Googleマップ

アクセス:シルトホルンバーンのミューレンからロープウェイで約17分

定休日:4月下旬、11月中旬~12月上旬

営業時間:夏期 7:25~18:03、冬期 7:55~17:03

料金:ルートにより違うのでウェブサイトで確認してください

公式URL:  シルトホルン展望台

 

 

<ヴァレー地方/ツェルマットやマッターホルンなどの観光スポット>

 

マッターホルン

 

幾多のアルピニスト達のドラマを生み出して来たマッターホルン。

青空にくっきりとそびえ立つ姿の美しさは素晴らしく、山地ではありますが晴天が多く、ワインやチーズなど郷土料理が楽しめるリゾート地域でもあります。

 

言わずと知れたスキーリゾートですが、夏は山登りやハイキングを楽しむ人で賑わいます。

 

1. バーンホフ通り

 

バーンホフ通り

 

メインのバーンホフ通りにはレストランやショップがずらりと並び、リゾートホテルに泊まって街をぶらつく旅行者も多く見られます。

お土産屋さんを冷かしたり、通りに面したカフェでのんびり過ごすのもいいですね。

 

環境保護のためにガソリン車の乗り入れが禁止されている(一部を除く)ので、道行くのは電気自動車のみ。

駅に到着したら、ホテルに連絡すると専用の電気自動車で迎えに来てくれます。

 

ツェルマットはスキーと登山の拠点であるため、薬局の品揃えがとても充実しています。

日焼けや乾燥による肌トラブルのクリームなどは、日本で売られているものよりはるかに即効性があり、またアルプスの水やハーブを使ったコスメなど、ぜひ買い求めたいですね。

 

ツアー予約・価格比較・クーポン: Liigo

 

2. マッターホルン博物館

 

 

バーンホフ通りの中心となる教会広場のすぐ横にある小さな博物館です。

マッターホルンの登山の歴史が展示されており、特に歴史に長く語られることになった初登頂に成功したイギリスのウィンパーの登山隊に起こった遭難事故の途切れたザイルの展示は非常に生々しいものです。

 

マッターホルンに関する様々な資料が展示されているので、興味がある方はちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

マッターホルン博物館の観光情報

 

住所 : Tempel 6, 3920 Zermatt

マップ: Googleマップ

アクセス : ツェルマット駅前からバーンホフ通り歩いて10分、教会手前

電話番号 : 0279674100

定休日 : 11月頭〜12月中旬

営業時間 :

11時〜18時(夏)
15時〜18時(冬)

料金 : 10フラン。スイスパスを持っていれば無料

注意点 : 定休日と営業時間は事前に確認要

公式URL :  マッターホルン博物館

ツアー予約・価格比較・クーポン: Liigo

 

3. ハイキング・トレッキング

 

 

夏のツェルマットは登山客で賑わいます。

本格的な登山を目指す人から30分、1時間〜3時間程度の軽いトレッキングまで、豊富なコースが用意されているので、観光案内所でパンフレットを入手して(日本語あり)スケジュールと体力に合ったコースを選びましょう。

 

装備は日本から持っていかなくても、バーンホフ通りに数件レンタルショップがあり、ウェアや靴、リュックその他なんでも借りられます。

そうとはいえ、靴はやはり履きなれたものが一番。

ハイキング程度ならスニーカーでも大丈夫なので、持参した方が良いでしょう。

 

特にローデンボーデン〜リッフェルベルグは起伏が少なく、1時間程度で歩けるお手軽コースです。

晴れていればリッフェル湖に映る逆さマッターホルンが見られます。

 

ローデンボーデン〜リッフェルベルグハイキングの観光情報

 

アクセス :

ツェルマットからゴルナーグラード鉄道に乗って頂上からの景色を楽しんだ後、頂上の一つ下のリッフェルベルグ駅で下車
ここからローデンボーデン目指して歩きます
もちろん体力があればローデンボーデンのカフェで一休みした後ツェルマットまで歩いてもOK

注意点 : コース自体は楽ですが、標高が高いので普段より体力は消耗します。急な天気の変わり目に備えて防寒ウェアは必須です

 

 


<バーゼル地方/文化と芸術の街の観光スポット>

 

バーゼル

 

チューリヒ・ジュネーブに次ぐスイス第三の都市で、世界最大の現代アートフェスティバルであるアート・バーゼルの名で知られるとおり、美術館がたくさんあってアート好きにはたまらない街です。

 

毎年行われる  アート・バーゼル   には、世界各国の目利きのキュレーターが厳選したアーティストの作品が集まります。

 

1. バーゼル市立美術館

 

 

ヨーロッパ最古の公立美術館で、スイス最大のコレクションを誇る、2016年4月にリニューアルオープンしたばかりの美術館です。

ホルバインの作品を中心に、クレー、ルノワール、ゴッホやピカソの作品が広々とした空間でゆったり楽しめます。

 

チケットは隣の現代美術館と共通になっているので、こちらも一緒に楽しめます。

 

バーゼル市立美術館の観光情報

 

住所 : St. Alban-Rheinweg 60 CH-4010 Basel

マップ: Googleマップ

電話番号 : +41 61 206 62 62

定休日 : 月曜

営業時間 : 10:00〜18:00

料金 : 常設展16フラン

公式URL : バーゼル市立美術館

ツアー予約・価格比較・クーポン: Liigo

 

2. ラインの渡し船

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Fähri-Verein Basel (@faehrivereinbasel) on

 

バーゼルを流れるライン川にはたくさんの橋がかけてはありますが、昔ながらのエンジンを使わない、川の流れを動力として利用した渡し舟が今も残っています。

ちょうど橋と橋の間に渡し舟があるといった感じで4か所。

対岸に渡されたロープ、そこから舟の舳先にワイヤーが付けられているんですよ。

 

お客さんが溜まると対岸に向けて出発、川の流れにのってスーッと進んでいきます。

エンジンにじゃまされない、ラインの流れを体に感じたクルーズが楽しめます。

 

帰りは川沿いをゆっくりと散策して、川沿いにある素敵なレストランでお食事でもいかがでしょうか。

 

3. ミュンスター(大聖堂)

 

ミュンスター

 

バーゼルのシンボル的存在の大聖堂。

12世紀に建てられた当時はロマネスク様式でしたが、14世紀の大地震で倒壊してしまい再建。

 

現在の姿は19世紀のものですが、赤い砂岩を使用しているからか、ちょっと古びた感じがする外観。

内部はプロテスタントらしくシンプルな作りなので、豪華さはありませんが、ステンドグラスや聖歌隊席などは必見です。

 

大聖堂を訪れたなら、二本そびえる塔に登ってみませんか?

聖マルティン塔と聖ゲオルグ塔と名付けられた塔は、途中までは同じ階段、途中から2本の塔へ分かれます。

 

塔からの景色は、目の前にライン川、バーゼル市街の全景、遠くにはドイツの黒い森まで見渡せる絶景です。

下からははっきり見えない屋根の部分も近くで見ると、色彩豊かな屋根瓦なのが良くわかりますよ。

 

すり減っていて滑りやすい階段や、すれ違いが出来ない程狭いらせん階段など、難所もあるのでご注意ください。

 

ミュンスター(大聖堂)の観光情報

 

住所 : Rittergasse 3, Basel 4051, Switzerland

マップ: Googleマップ

電話番号 :(061)2729157 / (061)2774500

定休日 :12/24,1/1

営業時間 : 10:00~17:00(4/1~10/31)、11:00~16:00(11/1~3/31)

料金 :無料、塔への入場料は4フラン

公式URL : バーゼル大聖堂

ツアー予約・価格比較・クーポン: Liigo

 

 

<ベルン地方/スイスの首都の観光スポット>

 

ベルン

 

首都ベルンを中心として、ジュラ山脈からアルプス山脈がそびえるベルナーオーバーランドまでのエリア。

歴史が古い街が多く落ち着いた雰囲気を持つのが特徴です。

 

まずは見どころが多い首都ベルンをゆっくり観光するのがオススメです。

 

1. ベルン旧市街

 

ベルン旧市街

 

U字型に湾曲して流れるアーレ川に囲まれたスイスの首都ベルン。

ヨーロッパで最も美しい花と緑の街と称されています。

 

1191年領主であったツェーリンゲン公ベルヒトルト5世が、森を切り開いて街を作りました。

狩りをして最初の獲物を街の名にすることにし、それがクマだったので、ドイツ語でクマ(ベルン)と名付けられました。

 

街はどんどん発展を遂げ、西へ西へと拡張されて行きましたが、1405年の大火で街は灰と化してしまったのです。

その後、復興の象徴となる大聖堂が建てられ、街も再建されました。

 

今なお中世の街並みが色濃く残る旧市街全体が、1983年に世界遺産に登録されています。

 

時計塔

 

そんな旧市街のシンボルと言えば時計塔です。

元々は街の西限の門でしたが、街が西に拡張されてからは門としての機能はなくなって牢獄になり、大火の後に時計塔になったのです。

 

1時間ごとに動くからくり時計が人気で、数分前から観光客が集まりだしますが、からくり自体はほんの一瞬。

時間が合えばぜひツアーに参加して、中世から続く時計の内部を見学しましょう。

 

時計塔の観光情報

 

住所 : Bim Zytglogge 1, 3011 Bern

マップ: Googleマップ

電話番号 :0313281212

定休日 :無休

営業時間 : 4月~10月、クリスマス時期、14:30~見学ツアー

料金 :見学ツアー 大人15フラン、子供7.5フラン

公式URL :  時計塔

ツアー予約・価格比較・クーポン: Liigo

 

2. ベルン大聖堂

 

ベルン大聖堂

 

ベルンの街が灰と化してしまった1405年の大火のあと、復興の象徴として建築が始まったのがベルン大聖堂。

1421年着工、度重なる工事の中断や宗教改革による破壊騒動などを経て完成したのは1893年のことでした。

 

正面入り口上部には、最後の審判を表現する234体の像があり、向かって左側は天国へ向かう人々、右側は地獄に行く人々を表現しています。

 

内陣の美しいステンドグラスは必見。

イエスキリストの受胎告知から復活までが描かれています。

 

有料になりますが、時間があれば登るべき場所が大聖堂の塔です。

高さ100mの塔からはベルンの市街が一望でき、茶系に統一された旧市街の街並みはまるで絵葉書、美しいの一言。

エレベーターで登れるのでぜひ。

 

元気な方は記念に344段の階段を登るのも良い記念になるかもしれません。

 

ベルン大聖堂の観光情報

 

住所 : Muensterplatz 1, 3000 Bern

マップ: Googleマップ

電話番号 :(031)3120462

定休日 :無休

営業時間 : 10:00~17:00 季節により変わります。

料金 :大聖堂内は無料、塔に登る場合、大人5フラン、子供2フラン

公式URL :  ベルン大聖堂

 

3. 連邦議会議事堂

 

連邦議事堂

 

首都を訪れたからには首都らしい建物も見学しましょう。

緑色のドーム型屋根が印象的な連邦議事堂はベルン市のシンボルです。

1852年に西棟が、1884年に東棟が、そして1902年に中央棟が追加され現在の形になりました。

 

連邦議事堂は入ることが出来ないと思われがちですが、議会がない日ならガイドツアーで見学が可能です。

内部は外観と同じく荘厳な雰囲気で、1.5トンのシャンデリアや壁画など美しい装飾がなされています。

 

連邦議事堂前のブンデスプラッツ(連邦広場)では、毎週マーケットが開かれる市民にとってはおなじみの場所。

クリスマスには大きなクリスマス市がたち、その他様々なイベントも開催されます。

 

連邦議会議事堂の観光情報

 

住所 : Bundesplatz 3, 3003 Bern

マップ: Googleマップ

電話番号 :(058)3229022 

定休日 :日曜、7~8月の月曜

営業時間 : 見学ツアーのみ、9:30~10:00  14:00~16:00

料金 :無料

ツアー予約・価格比較・クーポン: Liigo

 

ベルンについてはこちらの記事で詳しく紹介しているのでご覧ください

→ 世界遺産を歩こう!スイスの首都ベルンのおすすめ観光スポット12選

 

 

大自然に囲まれたスイスは、訪れた人を感動させる魅力に溢れています。

山国にも関わらず鉄道やロープウェイ、ケーブルカーなどの交通網が発達しているので、あっという間に3,000m級の山々に行くことが出来るのもスイスならではです。

 

※合わせて読みたい:  スイスのおすすめ観光スポット20選!都市別に人気観光地を完全制覇!


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(666)
北海道・東北(47)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(9)
  秋田(1)
  山形(4)
  福島(2)
関東(265)
  埼玉(9)
  千葉(15)
  東京(159)
  神奈川(59)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(6)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(90)
  長野(13)
  新潟(8)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(31)
  愛知(9)
  三重(7)
近畿(101)
  滋賀(7)
  京都(43)
  大阪(27)
  兵庫(15)
  奈良(6)
  和歌山(3)
中国・四国(41)
  鳥取(3)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(11)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(5)
  愛媛(2)
  高知(2)
九州・沖縄(81)
  福岡(15)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(12)
  宮崎(3)
  鹿児島(9)
  沖縄(23)

国外エリア一覧

東南アジア(28)
ヨーロッパ(84)
東アジア・中国・台湾(20)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(10)
オセアニア(11)
アフリカ(2)
北米(19)
中南米(8)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(607)
イベント情報(373)
ショッピング・買い物・お土産(513)
遊園地・テーマパーク(574)
ビジネス・出張(177)
ロケ地、舞台(189)
世界遺産(165)
乗り物・交通・アクセス(710)
宿・旅館・ホテル(202)
旅行準備(448)
歴史・豆知識(893)
温泉・スパ(169)
絶景(506)
聖地巡礼(31)
観光旅行(855)
食事・グルメ(584)
おすすめ/ランキング(748)
デート(673)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(435)
ツアー/旅程(246)
海水浴場・ビーチ・リゾート(69)
日帰り旅(27)
1泊2日(12)
寺院・神社・教会(49)
パワースポット(17)
ファミリー(85)
1人旅(90)
雨の日(19)
モデルコース(4)
メーカー/ブランド(5)

人気記事ランキング