logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 愛知

名古屋だけではもったいない!愛知のおすすめ観光地19選





日本有数の大都市である名古屋市を県庁所在地とする愛知県。
名古屋市は、観光スポットもグルメも豊富な魅力的な街です。

しかし、愛知県にはその他にも旅行者の心を掴んで離さない、魅惑の観光地がたくさんあります。
海もあり、山もあり、史跡もグルメもたっぷりの愛知県の観光地を、東から西までご紹介します。

愛知のデートスポット、穴場の観光スポット、自然を満喫できる観光名所など盛りだくさん。
今度の週末は名古屋市だけではなく、愛知県の郊外にも足を延ばしてみませんか?

<尾張北部のおすすめ観光スポット>

 

1. 清州城

 

 

まず最初におことわりしておきたいことは、「きよす」の漢字表記です。

「清州」と「清須」の2通りの表示があります。

古くから混在していたようですが、ここでは現在の都市名を「清須」、それ以外の城の名前などは「清州」に統一したいと思います。

 

名古屋市の北西部・清須市にある清州城は、映画にもなった「清州会議」の舞台となった城として有名です。

当時の城跡は殆ど残されておりませんが、平成元年(1989年)に当時の清州町の町制100年を記念して、模擬天守が再建されました。

 

清州城と清州の歴史

 

清州城の歴史は古く、室町時代の応永12年(1405年)頃に築城されたといわれています。

織田家との縁が深く、尾張守護代織田家が文明10年(1478年)に守護所を清州へ移転、以来尾張の中心都市になったのです。

信長は桶狭間合戦の際には、この清州城から出陣しました。

また徳川家康との同盟が結ばれた(清州同盟)のも、清州城です。

信長が、その後小牧山~安土へと居城を変えたため、しばらくの間は番城になっていましたが、再び歴史に登場するのは信長が死んだあとのことです。

本能寺の変での織田信長の死後、織田の家督を決めた「清須会議」の舞台となったのです。

 

豊臣秀吉の時代、最初は信長の次男・織田信雄が城主でしたが、のち福島正則が清州を拠点として尾張を統治します。

関ケ原合戦ののち、徳川義直が清州藩主となり、御三家尾張藩が発足するに及んで清州城は廃城となりました。

清州の町の機能は名古屋へ移り(清州越し)、清州城の小天守ほか隅櫓も名古屋城築城に利用されたのです。

 

清州会議

 

 

天正10年(1582年)、織田信長・信忠父子が本能寺の変で、明智光秀に討たれました。

そこで主を失った織田家の跡継ぎを決めるため、織田家重臣の柴田勝家・丹羽長秀・池田恒興・羽柴秀吉の4人が清州城に集まりました。

亡き信忠の遺児・三法師(のち織田秀信)を推す秀吉と、信長三男・信孝を推す柴田勝家が対立、最終的に「仇討ち」を成し遂げ、丹羽・池田の援護を得た秀吉側の勝利となりました。

柴田勝家と秀吉は翌年「賤ヶ岳の合戦」で衝突、勝家ら反羽柴勢を滅ばし、秀吉の天下獲りが大きく前進したのです。

 

清州城のみどころ

 

 

現在の清州城復元天守閣から、五条川を渡ったところに「清州公園」「清州古城跡公園」があります。

この清州公園は、もともとの清州城があった場所で、桜の時期には桜まつり、5月にはツツジとサツキが見ごろを迎えます。

公園内には信長と正室・濃姫の像があります。

毎年10月には「清州城信長まつり」が開催されます。

 

復元天守は博物館になっており、清州や信長を紹介するコーナーの他、甲冑の試着や火縄銃を体験できる場所もあります。

天守前の庭園・枯山水も見事で、心の落ち着く佇まいを感じます。

 

清州城の観光情報

 

住所 : 愛知県清須市朝日城屋敷1番地1 MAP

アクセス :

新清洲駅から徒歩で15分
清洲駅から徒歩で15分

電話番号 : 052-409-7330

定休日 :月曜日、12月29日~12月31日

営業時間 : 9:00~16:30

料金 :

大人 300円
小人(小中学生)150円
小学生未満無料

公式URL :  清須城

 

 


2. 博物館明治村

 

明治村

 

愛知県北部・犬山市にある明治村は、珍しい「明治時代」をコンセプトにしたテーマパークです。

その敷地面積の広さは、約100万平方メートルもあり、これは全国のテーマパークで3番目の大きさです。

 

明治時代の建築物は、当時の文明開化の影響もあり、欧風の様式を取り入れた、重要な価値のある近代建築物が多く見られました。

その建築物のほとんどが、時代を経るにつれて取り壊されていったのです。

そこで、貴重な文化財である建造物を移設し、保存することで、後生に残していきたいとの思いで開業されたのです。

 

明治村には67の移設された建造物があり、うち重要文化財に指定されているものが、11存在します。

その他国の登録有形文化財として、森鴎外や夏目漱石の旧宅、帝国ホテル中央玄関など見どころ満載です。

 

 

この明治村の楽しさのひとつは、明治時代の衣装をレンタルして園内を散策できること。

男性は、書生服、女性は女学生衣装に着替えて園内を歩けば、まさに明治時代にタイムスリップしたような気分になれます。

※散策コースのレンタル料 3,000円~

 

また記念撮影コースもあり、上記の衣装のほかに男性はフロックコート、女性はカクテル・オリジナルドレスに身を包むことができます。

※記念撮影コース 一人一着5分間 800円~

 

もうひとつの楽しみは、園内のレストランで、明治時代の頃のグルメで舌鼓を打てることにあります。

明治風のオムライスやカレーのほか、懐かしい「電気ブラン」を味わえるバーも備えています。

また無料の園内ガイドツアーも充実しています。

 

明治村の観光情報

 

住所 : 愛知県犬山市字内山1番地

アクセス :

名鉄名古屋駅から『名鉄犬山駅』下車 バス20分
名古屋「名鉄バスセンター」・『栄』から明治村行バス(毎日運行)

電話番号 : 0568-67-0314

定休日 :HP参照

営業時間 :HP参照

料金 :HP参照

公式URL :  明治村

 

 

3. 国宝犬山城

 

assda

 

犬山市の最北部、木曽川をはさんで岐阜県と接する高台に聳える犬山城は、当市のランドマーク的存在です。

現在は天守のみしか残っておりませんが、この天守…室町時代の天文6年(1537年)頃建築された日本最古の木造天守なのです。

またこの天守は国宝に指定されています(他は姫路城・松本城・彦根城・松江城)。

 

犬山城の沿革

 

 

犬山城は織田信長の叔父・織田信康によって築城されました。

その後、江戸時代に尾張藩筆頭家老・成瀬氏の居城となって幕末を迎えます。

この城の特徴は、国宝指定されながら、平成16年(2004年)まで個人所有、成瀬家の所有物だったのです。

現在は成瀬家の子孫が理事長を務める「公益財団法人・犬山城白帝文庫」の所有になっております。

 

犬山城のみどころ

 

犬山城

 

犬山城の天守内は、これまでご紹介した城跡のように博物館になっておらず、当時の城内の様子をそのまま留めています。

この天守の展望から見る木曽川の風景は非常に素晴らしいものとなっております。

特に桜のシーズンと木曽川の鵜飼いの時期はおすすめです。

 

犬山城の観光情報

 

住所 : 愛知県犬山市犬山北古券65-2

アクセス : 名鉄「犬山遊園駅」西口より徒歩約15分

電話番号 : 0568-61-1711

定休日 : 12月29日-31日

営業時間 : 9:00~17:00(入場は16:30まで)

料金 :

大人 550円
小・中学生 110円

公式URL :  犬山城

 

 


4. キリンビアパーク名古屋

 

 

ビールは色々なメーカーがあります。

キリンビールの特徴としては、ホップの豊かな香りとしっかりとした苦み、それでいて重くない味わいです。

色々な食事との相性も良く、キリンビールのファンという方もたくさんいますよね。

 

キリンビアパークでは、無料で工場見学を実施中!

休日以外は毎日実施されている「おいしさの秘密発見ツアー(70分)」、毎月3回実施している「仕込み釜の中が覗けるスペシャルツアー(75分)」、工場の敷地内をバスで見学できる「広さ・大きさ体感バスツアー(75分)」の3つのツアーを行っています。

試飲もできますが、妊娠中の方や未成年の方が参加できないツアーもあるので、事前に公式サイトでチェックして予約を行っておくことをおすすめします。

 

キリンビールがどのようにできているのかをはじめ、美味しいビールの入れ方、ビールに関する豆知識など、ツアー内には興味深い内容がぎっしり詰まっています。

明日から使えるうんちくや、いつも飲んでいるビールを自宅でも美味しくいれるコツを教えてもらって、ビールに関する知識を深めていきましょう。

 

美味しくビールをいただく注ぎ方が教えてもらえる

 

 

ビールは入れ方で風味やのど越しが変わってきます。

お風呂上りや疲れて帰ってきたときに、ビールを冷蔵庫から出して蓋を開けて、まずは一口グイッと飲むのも良いですが、ここで教えてもらったビールの入れ方を実施して一段階上のビールを楽しむのも良いですね。

プロ直伝だからこそ風味を失わず、爽やかですっきりとした苦みを感じる最高のビールがいれられるのです。

 

試飲もできます

 

 

一番搾りシリーズの3つ(生ビール・黒生・ゼロイチ)をそれぞれ試飲することができます。

ツアーによってはお子さんの参加も可能で、ビールの試飲時間にはお子さんやビールが飲めない方には午後の紅茶や生茶などのソフトドリンクも4種類用意されています。

 

美味しいビールにソフトドリンクもいただけて、ツアーは無料!

3杯まで試飲できるのも嬉しいポイントです。

 

キリンビアパーク名古屋の観光情報

 

住所:愛知県清須市寺野花笠100番地

アクセス:尾張星の宮駅から徒歩で5分

休業日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始、設備点検日

事前予約の有無:電話かインターネットで3ヶ月前の1日より

料金:無料

公式サイト:  キリンビアパーク名古屋

 

 

5. 日本モンキーパーク

 

 

子どもが小さいうちは、旅行は子どもが楽しめる場所に行きたい!

そんなパパやママの願いを叶えてくれるのが、日本モンキーパークです。

 

乗り物は子ども向けのものが多いため、子ども中心に過ごすことができます。

小さなお子さんはなかなか乗り物で遊べないこともありますが、日本モンキーパークでは小さなお子さんでも参加できる催し物もたくさん!

心行くまで子どもが楽しんでくれること間違いなしです。

 

モンキーパーク内のみどころ

 

モンキーパークのみどころは、なんと言ってもどの年齢の子供も楽しめるという点です。

上の子は遊園地で思いっきり遊びたい年頃だけど、下の子がまだ乗り物に乗れないから遊園地は我慢という家庭も少なくありませんよね。

 

日本モンキーパークでは、2歳からでも乗れるアトラクションがあり、子どもの大好きなトーマスなどのキャラクターを用いた遊具もたくさんあります。

イベントでも小さなお子さん向けの、しまじろうやわんわんなどが登場するステージもありますよ。

イベントに関しても情報は随時公式サイトに掲載しているので要チェックです。

 

遊園地でたくさん体を動かせる

 

 

保護者同伴で一緒に楽しめる遊具もあり、この光景を目の当たりにしたお子さんははしゃぐこと間違いなし!

好きな遊具を好きなだけ乗りたいとなるかもしれないときは、フリーパスの購入がおすすめです。

 

メリーゴーランドや観覧車などの王道遊具から、時間制限内にレーザーを避けて進むレーザートラップやカードを探す迷路をクリアするカード迷路など小学生も楽しめるアトラクションも充実しています。

地図を見ながらお子さんに合わせたアトラクションを一緒に見つけてあげて、お子さんの楽しむ様子をしっかりと写真に収めてあげましょう。

 

日本モンキーパークの観光情報

 

住所:愛知県犬山市官林26

電話番号:0568-61-0870

アクセス:名鉄名古屋駅から犬山線犬山駅下車→犬山駅東口よりバスで10分

営業時間:10:00~17:00(季節により変動あり)

料金:

大人(中学生以上):1,100円
子ども(2歳以上):600円
・ワンデーパスポート(入園料+乗り物乗り放題券)
大人(中学生以上):3,500円
小学生:3,000円
幼児(2歳以上):2,300円

公式サイト:  日本モンキーパーク

 

 


<尾張南部のおすすめ観光スポット>

 

1. 焼き物の街・常滑の街散策

 

常滑

 

知多半島の中西部に位置する常滑市は、焼き物の街です。

この常滑の街並みは、焼き物をテーマにした通りがあり、散策を充分に堪能できます。

まず、常滑焼とは、どんな焼き物なのでしょうか?

 

常滑焼

 

常滑焼は、この常滑市周辺で古くから製造されている焼き物です。

5世紀位に朝鮮半島から須恵器製造の技術が伝わり、平安時代後期には既に3000基もの穴窯があったとされています。

日本六古窯(常滑焼・瀬戸焼・越前焼・信楽焼・丹波立杭焼・備前焼)のひとつにあげられています。

 

常滑焼の特徴は、朱色の焼き物が多いことで知られています。

原料に含まれる鉄分や、陶土に混ざっている酸化鉄が赤く発色するのが原因とされています。

また耐水性に優れているため、急須に関しては日本一シェアを誇っているのです。

 

常滑のおすすめ観光スポット1:とこなめ招き猫通り

 

とこにゃん

 

名鉄の常滑駅から、常滑市陶磁器会館へ続く道が招き猫通りです。

まず巨大な招き猫のオブジェが出迎えてくれます。

 

この招き猫、大きさは幅6.3メートル、高さ3.2メートルもあり電車のホームからも確認できるほどです。

通称「とこなめ見守り猫とこにゃん」。

 

他に「ご利益陶製招き猫」が地元の39名によって製造・展示され39体にも及びます。

「健康長寿」「悩み解消」「美人祈願」…など見ているだけでも、ほのぼのした気分になります。

本物そっくりの猫なんてものまであり、11体が展示されています。

 

常滑

 

実は常滑市、招き猫の生産量が日本一なのです。

二頭身のふっくらとした体、大きく垂れた目、しっかり抱えた小判が特徴です。

また招き猫のスタイルにも特徴があり、

 

右手・・・お金を招く
左手・・・人を招く
白色・・・福招き
黒色・・・厄除け
金色・・・満願
赤色・・・病除け
黄色・・・縁結び
緑色・・・合格祈願
青色・・・安全祈願
桃色・・・恋招き

 

との意味があるそうです。

この道は常滑市陶磁器会館まで続き、そこから「やきもの散歩道」へつながっています。

 

とこなめ招き猫通りの観光情報

 

住所 : 愛知県常滑市鯉絵本町~栄町

アクセス :名鉄常滑線「常滑」駅より5分程度

公式URL :  常滑市観光協会

 

常滑のおすすめ観光スポット2:常滑陶磁器会館

 

 

「とこなめ招き猫通り」の終着点、また「やきもの散歩道」の始発点に位置する陶磁器会館は、常滑焼を知る上での外せない観光スポットです。

まず最初に、ここに立ち寄ったら「やきもの散歩道」の地図を入手しましょう。

 

この陶磁器会館は、常滑焼のあらゆる種類の商品が販売されています。

定番の急須をはじめ、焼酎サーバー、コーヒーカップ、オカリナをはじめ、招き猫までバラエティーに富んでいて、見ているだけでも楽しくなります。

常滑焼の知識を得ることができ、お土産を買うにもうってつけの場所です。

常滑焼以外にも、知多半島の物産土産を取り扱っています。

 

常滑市陶磁器会館の観光情報

 

住所 : 愛知県常滑市栄町3-8

アクセス : 名鉄常滑線「常滑駅」下車、徒歩約 5分

電話番号 : 0569-35-2033

定休日 : 年中無休(年末年始の休みは年によって異なる。)

営業時間 : 9:00~17:00

公式URL:  常滑市陶磁器会館

 

常滑のおすすめ観光スポット3:常滑やきもの散歩道

 

常滑

 

常滑市陶磁器会館を起点とする「やきもの散歩道」は大きく分けて2コースあります。

 

Aコース

 

約1,6キロのコースで散策に要する時間は約60分です。

レンガ造りの煙突や窯、黒塀の工場、陶器の廃材利用の坂道など、独特の雰囲気と歴史を伝える空間を歩きます。

このコース最大の見どころは、「土管坂」。

両側の壁に土管と焼酎瓶が埋め込まれた坂道で、「日本名坂30カ所」に選定されている観光スポットです。

 

Bコース

 

約4kmで所要時間は約2時間30分。

常滑焼の歴史や産業観光施設のINAXライブミュージアムなど見学施設は盛りだくさんに存在します。

 

この散歩道のコースは昭和時代中期以前に建てられた工場や煙突などが多く、レトロで情緒ある街並み散策が可能です。

 

常滑やきもの散歩道の観光情報

 

住所 : 愛知県常滑市栄町

アクセス : 名鉄常滑線「常滑」駅より約10分

注意点 :散歩道は、住民の生活・生産の場であるため、マナー注意。

公式URL :  常滑散歩

 

 


2. 日間賀島・篠島

 

 

三河湾には、日間賀島・篠島・佐久島と3つの有人離島があり、「三河三島」とよばれております、

そのうち日間賀島と篠島は、南知多町に属し、佐久島は西尾市に属しています。

どの島も温暖な気候と海の幸に恵まれた魅惑の島々ですが、ここでは尾張南部の観光地として、日間賀島と篠島を取り上げます。

 

日間賀島・篠 島へのアクセス

 

篠島

 

日間賀島・篠島へ渡るには、「名鉄海上観光船」が運航している定期高速船を利用することになります。

南知多町にある師崎港から出航し、篠島・日間賀島に立ち寄り、師崎港まで戻ってくるコースが標準です。

 

他に美浜町の河和港から出航して、両島に立ち寄り、対岸の渥美半島・伊良湖港まで行くコースもあります。

師崎港からは 両島向けのカーフェリーも出航しており、マイカーで訪れることも可能です。

師崎港⇒篠島⇒日間賀島の所要時間は、それぞれ10分以内であり、気軽に訪問できる離島といえるでしょう。

 

余談ながら、佐久島を訪れる場合は、西尾市の一色港からの高速船で20分程度の船旅となりますが、佐久島から日間賀島・篠島を結ぶ連絡船はありません。

どうしても渡島したいのなら、三河湾の海上タクシーを利用することになります。

 

日間賀島

 

日間賀島

 

南知多町の師崎港から2,4キロ、5-6分程度の船旅で到着する日間賀島は、面積約0,8平方キロの小さな島です。

人口2,000人位の、この島は「タコとフグの島」として知られています。

まず島に到着して出迎えてくれるのが、可愛らしいタコの看板モニュメント…タコは特に島の特産品なのです。

 

また、この島のマンホールの絵柄もタコとフグ。

しかし、タコとフグばかりではなく、他の海の幸も豊富に生息し、新鮮な海鮮グルメを堪能できます。

 

 

島内には海水浴場のほか、海釣りの絶好ポイント、通常の3倍の出汁が出るといわれるアサリの潮干狩りも楽しむことができます。

日帰りも可能な、身近な離島でのスローライフも楽しいものです。

 

日間賀島の観光情報

 

住所 : 愛知県知多郡南知多町日間賀島

アクセス : 南知多町師崎港から高速船10分程度

料金 :

名鉄海上観光船 師崎-日間賀島往復
大人 1,340円
小人 670円

公式URL :  日間賀島観光協会

高速船に関する情報:  名鉄海上観光船

 

篠島

 

 

南知多町の師崎港から約3キロ、日間賀島との海上の距離も3キロに位置する篠島は、面積0,94平方キロの小さな島です。

この面積は上記、日間賀島のおよそ1,2倍の大きさで、人口はおよそ1,700人です。

この島の周囲には、地続きの場所も含まて無人島が群集していて、その風光明媚さか「東海の松島」ともよばれております。

 

この島の特徴のひとつとして、伊勢神宮とのつながりが深いことが挙げられます。

伊勢神宮の三節祭の際に奉納される干鯛(おんべ鯛)は、この篠島産の鯛が、お供えになります。

また、島にある神明社や八王子社の建材は、伊勢神宮から下賜されて建立されております。

 

このように篠島は、鯛の他にもシラスやフグなど海鮮グルメがとても豊富な場所です。

海釣り、海水浴などマリンレジャーを満喫できる島です。

日間賀島同様、日帰り観光も可能ですが、民宿に宿泊して海の幸を味わいながら、ゆっくり滞在するのも貴重な体験になります。

 

篠島の観光情報

 

住所 : 愛知県南知多郡篠島

アクセス : 南知多町師崎港から高速船10分

料金 :

名鉄海上観光船 師崎-日間賀島往復
大人 1340円
小人 670円
なお、篠島-日間賀島間の往復運賃
大人 770円
小人 370円

公式URL :  篠島観光協会

高速船に関する情報:  名鉄海上観光船


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(405)
北海道・東北(35)
  北海道(20)
  青森(2)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(2)
  福島(1)
関東(136)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(65)
  神奈川(33)
  茨城(3)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(60)
  長野(10)
  新潟(6)
  富山(2)
  石川(7)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(15)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(57)
  滋賀(6)
  京都(13)
  大阪(17)
  兵庫(13)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(56)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(6)
  熊本(8)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(17)
ヨーロッパ(33)
東アジア・中国・台湾(14)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(5)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(11)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(401)
イベント情報(292)
ショッピング・買い物・お土産(399)
シーン別(532)
ビジネス・出張(160)
ロケ地、舞台(166)
世界遺産(96)
乗り物・交通・アクセス(468)
宿・旅館・ホテル(162)
旅行準備(388)
歴史・豆知識(552)
温泉・スパ(140)
絶景(343)
聖地巡礼(29)
観光旅行(526)
食事・グルメ(437)
ランキング(456)
デート(437)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(341)
ツアー/旅程(157)
海水浴場・ビーチ・リゾート(53)

人気記事ランキング