logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 京都

京都の観光地50選!京都旅行に役立つ観光情報も総まとめ





京都は言わずと知れた日本文化の中心で、794年から1869年まで日本の首都でした。
そのため、今でも京都には貴重な文化財が数多く見られます。
もちろん、多くの趣深い寺社仏閣もあります。

修学旅行で京都へ訪れた方もいらっしゃると思いますが、この記事を読んで再び京都に出かけてみてはいかがでしょうか。
きっと、昔と今では京都に対する感じ方が異なると思います。

それでは、一緒に京都の観光地を見ていきましょう。

~京都市西部(嵐山、桂、太秦)近辺の観光地~

 

京都西部を流れる一級河川である桂川。

流れる地域によって上桂川、大堰川、保津川などと様々に名前を変えていきます。

そんな桂川が京都市右京区を流れる際にかかる、橋長155メートル幅11メートルにも及ぶ橋が「渡月橋」です。

亀山上皇が「くまなき月の渡に似る」と謳ったのが由来だと言われる渡月橋は、それ自身が大変有名な観光名所となっています。

 

また、本来は渡月橋を挟んで西側(右岸)が西京区嵐山、東側(左岸)が右京区嵯峨ですが、観光案内の際には渡月橋の近辺地域が"嵐山"と総称されることも多いです(本記事でも渡月橋近辺を嵐山とします)。

有名な「嵯峨の竹林」や、「嵐山温泉」、「保津川下り」、「トロッコ鉄道」、「天龍寺」など「渡月橋」以外にも大変多くの日本らしい、風情のある旅行・観光を堪能することが出来ます。

京都市内の繁華街からほど近い「四条大宮」駅から京福電鉄嵐山本線に載って30分以内というアクセスのよさも手伝って、京都旅行で宿泊地にお悩みの方がいれば真っ先におすすめ出来るエリアです。

 

マイナスイオンに癒される 「竹林の道」

 

野宮神社から大河内山荘庭園へと通じる約200mの道です。

両脇には青々とした竹が生え渡っていて、その高さは空を覆うほど高くそびえ立っています。

 

竹林の道

 

周辺には天龍寺や渡月橋などの京都を代表するスポットがあり、嵐山一帯が自然に囲まれていて落ち着いた雰囲気が漂っています。

嵐山を訪れた際には、是非この竹林の道にも足を伸ばしてみてください。

 

竹林の道

 

竹林の道は人力車でも通ることができるので、お金に余裕のある方は利用してみても面白いと思います。

(筆者は余裕がなかったので利用していません)

 

竹林の道 人力車

 

テレビやCMでもよく使用される竹林の道は、訪れていなくても見たことのある人がいるかもしれません。

真夏でも竹林の道の中はひんやりと涼しく心地よい風が吹きますよ。

 

竹林の道

 

観光客が絶え間なく通っているので、人通りがいないタイミングで写真を撮るのは難しいです。

しかし、竹林の道はすべてが撮影スポットとも言えるので、根気よく短い道のりをカメラで撮影しながら周ってみるのが楽しいと思います。

 

竹林の道の観光情報

 

住所 : 京都府京都市右京区嵐山

アクセス :嵐電嵐山駅・JR嵯峨嵐山駅より徒歩10分、阪急嵐山駅より徒歩15分

電話番号 : 075-861-0012 (嵐山保勝会)

営業時間 : 散策自由

料金 : 無料

 

 


嵐山のシンボル 「渡月橋」

 

嵐山のシンボルといっても過言ではないのが渡月橋です。

名前の由来は、亀山天皇が「くまなき月の渡るに似る」と言ったことからです。

意味は「くもりのない夜空に月がまるで橋を渡っているように見える」ということです。

 

渡月橋

 

渡月橋

 

渡月橋からは四季折々の風景を見ることができます。

筆者は真夏に訪問したので、青々と茂った木々が一面に広がっていました。

 

渡月橋

 

夜になればライトアップがなされ絶景が広がります。

カップルもよく見られますし、渡月橋も含めこの一帯は景色がよくデートに最適です。

お散歩してみてはいかがでしょうか。

 

渡月橋の観光情報

 

住所 : 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町

アクセス :市バスD3乗り場から28系統「嵐山・大覚寺ゆき」で「嵐山公園」下車より徒歩2分

営業時間 : 散策自由

料金 : 無料

 

 

春と秋にしか見られない 「宝厳院」

 

嵐山にある渡月橋から歩いて5分ほどのところに位置するのがこの宝厳院です。

策彦周良禅師によって作られた「獅子吼の庭」という庭園が見所であり、秋には紅葉が見られます。

 

宝厳院

 

夜にはライトアップされるので、秋には紅葉以外にもたくさんの「色」を楽しむことができます。

色鮮やかな庭園はあなたを非日常へと誘ってくれることでしょう。

 

宝厳院

 

赤と緑のコントラストが綺麗ですよね。

宝厳院は春と秋にしか特別公開されない貴重な場所です。

 

宝厳院

 

公開時期を公式HP(下記に掲載)でチェックしてから足を運ぶのが良いでしょう。

京都の中でもトップクラスに綺麗な景観をみることができる場所であり、筆者が大好きな場所の1つです。

秋の特別公開では紅葉の絨毯を見ることもできますよ。

 

宝厳院

 

この綺麗な景観から時代劇にも使われることのある宝厳院。

いつまでも眺めていたくなるような場所です。

 

宝厳院の観光情報

 

住所 : 京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町68

アクセス : JR「嵯峨嵐山駅」下車より徒歩15分、京福電鉄「嵐山駅」下車より徒歩3分

電話番号 : 075-861-0091

営業時間 : 通常非公開

料金 : 大人500円、小学生300円

公式ホームページ:  宝厳院

 

 


京都・嵐山のおすすめ観光スポット「天龍寺」

 

tenryuji

 

天龍寺は京都のはずれにある嵐山にあります。

嵐山といえば渡月橋や竹林で有名ですが、天龍寺も有名な観光スポットです。

確かに他の嵐山にある観光スポットと比較すれば地味ですが、自然と心が落ち着くはずです。

渡月橋と比較すると人もそれほど多くないので、そのせいかもしれません。

 

さて、天龍寺が創建されたのも室町時代のこと。

1339年、室町幕府初代将軍である足利尊氏によって作られました。

天龍寺は足利尊氏の生涯のライバルであった後醍醐天皇の霊を慰めるために建てられました。

天龍寺を建設するための費用を稼ぐために、中国行きの船として「天龍寺船」が作られたのはあまりに有名です。

残念ながら現在の建物は室町時代のものではありません。それでも、十分に訪れる価値はあります。

 

天龍寺の観光情報

 

住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

アクセス:阪急嵐山駅、徒歩15分

営業時間:8:30~17:30

休業日:無休

公式ホームページ:  天龍寺

 

 

一年中鈴虫の音が聞こえる京都の観光スポット「鈴虫寺(華厳寺)」

 

鈴虫寺

 

京都市左京区には、一年中鈴虫の音色を聴ける鈴虫寺があります。

鈴虫寺の正式名称は華厳寺というのですが、一年中飼育している鈴虫の音色から鈴虫寺と呼ばれています。

鈴虫寺には1つだけ願いを叶えてくれる幸福地蔵さんが立っております。

こちらの幸福地蔵さんに対する参拝者も非常に多いお寺でもあります。

 

鈴虫寺自体は1723年に鳳潭上人によって開かれました。

元々の目的は華厳宗の復興であるといわれております。

いまでは、臨済宗に属する禅寺という位置づけになりました。

 

鈴虫寺(華厳寺)の観光情報

 

住所 : 京都府京都市西京区松室地家町31

アクセス : 阪急松尾大社駅から徒歩10分

電話番号 : 075-381-3830

営業時間 :9:30~16:30

料金 : 500円

公式ホームページ :  鈴虫寺

 

 


撮影現場として未だ現役の映画村である京都の観光スポット「東映太秦映画村」

 

東映太秦映画村

 

東映太秦映画村は、京都市右京区に存在する名前の通り東映が管理運営する映画村です。

日本で初めて時代劇撮影を見学して、かつ時代劇の世界を体験できるテーマパークとして1975年に誕生しました。

まさに映画の中に入り込んだような世界が広がり、小さなお子様も満足できるテーマパークになっております。

 

東映が運営してるだけあり、様々なテレビのコンテンツとのコラボイベントがあり、それらを目的にして訪れる方もいるようです。

東映アニメの京都観光シーンとして登場することもあり、アニメ聖地として扱われることもあります。

 

1日では回りきれないくらい大量のアトラクションやイベントがあります。

お子様と一緒に京都に訪れた際はおすすめの観光スポットです。

 

東映太秦映画村の観光情報

 

住所 : 京都市右京区太秦東蜂岡町10

アクセス :

JR「太秦」駅より徒歩5分
嵐電「太秦広隆寺」駅より徒歩5分
嵐電「撮影所前」駅より徒歩2分
バス停「太秦開町」より徒歩2分


電話番号 : 0570-064349

営業時間 :

平日 9:00~17:00
土日祝 9:00~18:00

料金 : 大人 2,200円、中高生 1,300円、子供 1,100円

公式ホームページ:  東映太秦映画村

 

 

あたり一面が綺麗な苔に覆われている「西芳寺」

 

苔寺

 

西芳寺の庭園内にはおよそ120種類にもおよぶ苔が覆っています。

見事に綺麗な緑色の苔に染められた西方寺は、別名「苔寺」とも呼ばれています。

苔寺は金閣寺や銀閣寺と同じく、ユネスコ世界文化遺産に登録されている歴史的な建物です。

 

苔寺は上下二段構えの造りとなっており、上段には枯山水と呼ばれる石や砂で風景描写をした庭園、下段には池泉回遊式庭園が用いられています。

池泉回遊式庭園とは、池やその周囲を巡る園路を中心に作庭されているものを指します。

このような庭園の造り方は後に大きな影響を及ぼすことになりました。

足利義政が銀閣寺を建立する際に、苔寺を見本にしたことは有名なお話です。

 

季節によって様々な表情を見せてくれる苔寺。

アーティスティックに作られた自然は一見の価値ありです。

 

西芳寺の観光情報

 

住所:京都市西京区松尾神ヶ谷町56

アクセス:

【京都駅から】京都バス73系統もしくは83系統乗車、「苔寺 鈴虫寺」ゆきで終点の「苔寺 鈴虫寺」下車より徒歩2〜3分(乗車時間約1時間、料金270円)
【嵯峨嵐山駅から】タクシーで約10分1,000円ほど

電話番号:075-391-3631

 

 


爽快感抜群「嵯峨野トロッコ列車」

 

saganotrucktrain

 

嵯峨野トロッコ列車は通年人気のある列車で、全席指定席で全席禁煙となっています。

トロッコ列車に乗車するのであれば、まずは公式サイトを確認して空席状況を確認しましょう。

乗車1ヶ月前から乗車券の販売を行っているので、できるだけ早く乗車券を購入しておくことをおすすめします。

人気が高いため、少し間がずれてしまうと席が取れない可能性あり。

 

営業期間中は常に見所満載。

トロッコ列車事態のスピードは時速25km程なので、風景を堪能しつつトロッコ列車特有の揺れなども楽しめます。

窓が大きいため、座ったままでも十分に風景を楽しむことができますよ。

春は満開の桜と桜吹雪、夏は新緑の葉と爽やかな風、秋は色とりどりの紅葉と、四季折々移り変わる自然の風景を堪能できます。

 

トロッコ列車は嵯峨野駅周辺だけではなく、 嵐山 や保津峡、亀岡と路線があります。

それぞれの路線でしか楽しめない風景もあるので、観光する場所に合わせてトロッコ列車のチケットを取りましょう。

 

また、オープン車両の「リッチ号」のチケット発売は当日のみとなっているので、よりトロッコ列車からの風景を楽しみたい方は購入してみてください。

時期によっては早々に売り切れになってしまう可能性もあるので、少し早めにチケット販売所に立ち寄ると良いかもしれません。

 

嵯峨野トロッコ列車の観光情報

 

住所:京都市右京区嵯峨野天龍寺車道町

アクセス:JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅隣接(トロッコ嵯峨駅)

営業時間:トロッコ嵯峨駅発・トロッコ亀岡行き(下り):嵯峨野1~15号(奇数号)嵯峨駅発9:01~16:01(毎時1分)

休業日:

水曜日(春休み、GW、夏休み、紅葉時期は運行)
※臨時列車運行時間や公式サイトをチェックして下さい
12/30~2月末(公式サイトを要チェック)

料金:

大人:片道620円
小学生:片道310円
※全車両指定席

公式ホームページ:  嵯峨野トロッコ列車


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(404)
北海道・東北(35)
  北海道(20)
  青森(2)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(2)
  福島(1)
関東(135)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(65)
  神奈川(32)
  茨城(3)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(60)
  長野(10)
  新潟(6)
  富山(2)
  石川(7)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(15)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(57)
  滋賀(6)
  京都(13)
  大阪(17)
  兵庫(13)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(56)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(6)
  熊本(8)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(17)
ヨーロッパ(33)
東アジア・中国・台湾(14)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(5)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(11)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(400)
イベント情報(292)
ショッピング・買い物・お土産(398)
シーン別(532)
ビジネス・出張(160)
ロケ地、舞台(166)
世界遺産(96)
乗り物・交通・アクセス(467)
宿・旅館・ホテル(162)
旅行準備(388)
歴史・豆知識(550)
温泉・スパ(140)
絶景(343)
聖地巡礼(29)
観光旅行(525)
食事・グルメ(436)
ランキング(456)
デート(436)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(339)
ツアー/旅程(157)
海水浴場・ビーチ・リゾート(53)

人気記事ランキング