logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 京都

京都の観光地50選!京都旅行に役立つ観光情報も総まとめ





京都は言わずと知れた日本文化の中心で、794年から1869年まで日本の首都でした。
そのため、今でも京都には貴重な文化財が数多く見られます。
もちろん、多くの趣深い寺社仏閣もあります。

修学旅行で京都へ訪れた方もいらっしゃると思いますが、この記事を読んで再び京都に出かけてみてはいかがでしょうか。
きっと、昔と今では京都に対する感じ方が異なると思います。

それでは、一緒に京都の観光地を見ていきましょう。

~京都市南部(京都駅、伏見、宇治)近辺の観光地~

 

京都の玄関口「京都駅」。

新幹線の停車駅であることに加えて、京阪以外のほとんどの私鉄が乗り入れ、夜行バス、ローカルバスのターミナルでもあります。

また、特にホテルや旅館も京都駅前に多く立地するため、旅行時には京都駅前に宿泊するといった方も多いでしょう。

 

著名建築家の原広司が設計した京都駅は、日本全国の絶品ラーメンが頂ける「ラーメン小路」や数多くのお土産店など、やはりそれ自体が観光名所になっています。

また、駅の周りにはや「地下街PORTA」、老舗商業施設の「京都アヴァンティ」など若者向けのアパレル・ショッピング施設が多く立地しています。

 

京都駅正面を出て北に向かうと、「京都タワー」や「京都水族館」といった比較的新しい観光名所に加えて、駅から徒歩圏内には「西本願寺」、「東本願寺」、「東寺」とこれまた超有名寺社仏閣が位置します。

これらのお寺は各宗派の総本山でもあるので、ご家族の慶事・法要等で訪れたことのある方も多いはず。

 


真言宗総本山である京都の観光スポット「東寺」

 

東寺

 

日本史の授業で必ず習うであろう、弘法大師・空海が開いた真言宗の総本山となっているお寺です。

建立当時日本一高い建物であった五重塔が有名で、よく京都のお土産で見るのではないでしょうか。

 

ちなみに、京都では五重塔が4箇所もあります。

一番有名なのがこの「東寺」の五重塔。

残り三つは右京区の「仁和寺」、伏見区の「醍醐寺」、東山区の「法観寺」にあります。

 

東寺は、世界遺産にも認定されているお寺です。

立体曼荼羅という大日如来を中心とした21体の仏像が所狭しと並んでいる講堂があり、非常に壮観です。

 

実は、この東寺は現在日本に唯一残る平安京の遺構であり、建立から1200年もの歳月がやっています。

平安遷都の際に国立の寺院として建立され、唐で仏教や密教を学んでいた弘法大師空海に託されました。

空海に託されたのち、日本で初めての密教寺院となります。

東寺に住居を構えていた空海は御影堂に住んでいました。

東寺に訪れた際には御影堂に訪れてみると東寺の空海の様子などがわかるのでおすすめです。

 

東寺の観光情報

 

住所 : 京都市南区九条町1

アクセス : 近鉄東寺駅から徒歩10分

電話番号 : 075-691-3325

営業時間 : 8:30 ~17:00

料金 : 金堂、講堂は500円

公式ホームページ: 東寺

 

 

浄土真宗本願寺派の総本山である京都の観光スポット「西本願寺」

 

西本願寺

 

真言宗の総本山である東寺を紹介しましたが、こちらは浄土真宗本願寺派の総本山である西本願寺です。

浄土真宗本願寺派のは親鸞聖人によって開かれた宗派になります。

また、西本願寺は世界遺産にも選ばれており、いくつかの建造物が国宝にも認定されております。

特に唐門は日が暮れるのも忘れるほど綺麗なため、日暮門とまで呼ばれております。

 

実は浄土真宗本願寺派の総本山なのですが、親鸞聖人は西本願寺に住居を構えたこともなく、その上1591年に創建された比較的新しいものとなります。

元々は京都東山のあたりに総本山があったのですが、比叡山延暦寺の迫害をうけるなどして転々としたのが理由のようです。

 

建物も非常に綺麗なのですが、西本願寺には非常に有名な銀杏の木があります。

大銀杏と言われ、樹齢は400年にも登ります。あまりの大きさにびっくりしてしまうかもしれませんね。

 

西本願寺の観光情報

 

住所 : 京都府京都市下京区堀川通花屋町下ル門前町60

アクセス : 市バス西本願寺駅

電話番号 : 075-371-5181

営業時間 : 5:30~17:00

料金 : 無料

公式ホームページ:  西本願寺

 

 


平成24年にオープンしたばかりの京都の観光スポット「京都市立水族館」

 

京都市立水族館

 

現在、京都には次々と文化施設が建設されています。そのひとつが2012年に完成したまだ新しい京都市立水族館です。

新しくできた水族館なので既存の水族館とは一風異なります。

館内は9つのゾーンに分かれています。

まずは大浴槽に注目しましょう。大浴槽の水量は500トンを誇り、日本海が再現されています。

とても透明で照明も工夫されています。まるで、自分が海の中にいるような感覚になるでしょう。

 

京都市立水族館

 

そして、京都市立水族館で必見の生物といえば「 オオサンショウウオ 」。個体数が少なく大変貴重な生物です。

オオサンショウウオの動きは大変スローで見ているこちら側も癒されてしまいます。オオサンショウウオは「京都の川」ゾーンにあります。

他には京都に住んでいる生物を紹介した「山紫水明ゾーン」がオススメ。こちらは、主に希少種が展示されており、お手軽に京都の自然を学ぶことができます。

寺社仏閣だけでなく、京都の自然に関心のある方にとってはオススメの観光スポットです。

 

京都市立水族館の観光情報

 

住所:京都市下京区観喜寺町35−1

アクセス:JR京都駅下車、徒歩15分

営業時間:10:00~20:00

休業日:無休

公式ホームページ: 京都市水族館

 

 

物議を醸したが今は市民に親しまれている観光スポット「京都タワー」

 

tower

 

ここからは現代の京都を象徴する観光スポットを見ていきましょう。

まずはJR京都駅前にある京都タワーです。

新幹線からもよく見えるので、ご存知の方も多いでしょう。

京都タワーが建てられたのは1964年のこと。

当初は景観を損ねる建物として毛嫌いされてきました。

それでも、完成してから約50年、今ではすっかり市民に親しまれる建物になりました。

 

京都タワーの高さは131メートル。

展望台は地上100メートルの高さにあります。

京都タワーの最大の特徴は世界一高い無鉄骨の建物だということ。

これは案外知られていないと思います。

 

そして、京都タワーの下はホテルとなっています。

そのため、眺望以外にも様々な楽しみ方ができるのです。

例えば、地下3階には大浴場があります。

京都の街を歩き疲れた際は、ここで汗を流すのもいいでしょう。

他にもレストランやお土産屋さんがあります。

京都観光で疲れをいやすオアシスとも言えるでしょう。

 

京都タワーの観光情報

 

住所:京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1

アクセス:JR京都駅下車、徒歩2分

営業時間:9:00~21:00

休業日:無休

公式ホームページ: 京都タワー

 

 


蒸気機関車がたくさん見られる「京都鉄道博物館」

 

kyoto-tetudou

 

次はまだ新しい博物館をご紹介しましょう。

2016年4月29日にオープンした「京都鉄道博物館」です。

京都鉄道博物館ができる前には蒸気機関車を一同に集めた博物館がありました。

それを発展させたのが京都鉄道博物館なのです。

 

京都鉄道博物館の最大の特徴は過去から現在の車両がそのまま展示されていること。

特に蒸気機関車の姿はどこか感動を覚えるはず。

鉄道好きでなくても知られているD51やC62は実際に動ける状態で保存されています。

 

railwaymuseum

 

京都鉄道博物館では単に車両を「見る」だけでなく、鉄道を「体験」することもできます。

例えばSLが引っ張る列車に乗ることができます。

迫力ある運転趣味レーターで腕試しも可能。

また、鉄道模型などを通じてATSなど鉄道を守るシステムを学ぶコーナーもあります。

大人も子供も一日を通じて楽しむことができる博物館です。

とにかく大人気の観光スポットなので、来場はお早めに。

 

京都鉄道博物館の観光情報

 

住所:京都市下京区観喜寺町

アクセス:JR京都駅下車、徒歩20分

営業時間:10:00~17:30

休業日:水曜日(祝日は営業)、年末年始

公式ホームページ:  京都鉄道博物館

 

 

千本鳥居が有名な 「伏見稲荷大社」

 

全国に3万以上もある稲荷神社の総本宮です。

一般的な参拝であれば大した時間はかかりませんが、稲荷山を周る参拝ルートは約90分はかかりますので体力がいります。

普通に登山のようですので、スニーカーや歩きやすい服装で行かれることをおすすめします。

 

伏見稲荷大社

 

稲荷とは五穀を司る食物の神様である倉稲魂(うかのみたま)神を指しています。

白い狐をモチーフに描かれることが多いので、伏見稲荷大社の絵馬も白い狐だったりします。

 

伏見稲荷大社

 

それぞれの絵馬に三者三様の落書きがあって面白いですね。

個性が溢れていて見てるだけでも楽しいです。

 

そして、なんといっても伏見稲荷大社の見所は千本鳥居です。

境内には約1万近くの鳥居が奉納されています。

 

伏見稲荷大社 千本鳥居

 

こちらの鮮やかで真っ赤な鳥居を見に来られる観光客が大半ですね。

常に行列のできている人気スポットなので、写真のように全く人がいない状態で撮影するのは忍耐力が必要です。

 

伏見稲荷大社の観光情報

 

住所 : 京都府京都市伏見区深草藪之内町68

アクセス :JR「稲荷駅」下車より徒歩すぐ、京阪「伏見稲荷駅」下車より徒歩約7分、京都市バス「稲荷大社前」下車より徒歩約3分

電話番号 : 075-641-7331

営業時間 : ご祈祷時間は8:30~16:30(受付は16:00まで)、お札・お守りの授与所は7:00~18:00まで

料金 : 無料

公式ホームページ:  伏見稲荷大社

 

 


宇治に行ったらまず訪れたい世界遺産の寺「平等院」

 

Byodo-in's Phoenix Hall

 

平等院といえば誰もが一度は聞いたことがある、藤原氏ゆかりの寺院です。

国宝である「鳳凰堂」や「阿弥陀如来坐像」など多くの文化財があり、世界遺産にも登録されています。

中でも有名な「鳳凰堂」は10円玉に、シンボルでもある鳳凰像は一万円札裏面にデザインが使われているので意外に身近な存在でもありますね。

 

byodo-in's Phoenix Hall

 

さて、平安時代後期の様式を現代に伝えるこの荘厳な寺院は、11世紀中頃建立されました。

関白であった藤原頼道が、父道長から譲り受けた別荘「宇治殿」を寺院に改めたのが始まりです。

 

もともと平安時代の宇治には貴族の別荘が多くあり、都から少し離れたリゾート地の様相を呈していたといいます。

また、貴族や僧侶の間で末法思想が広まっていた当時は、自然と極楽往生を願う浄土信仰への感心が高まっていました。

中心地を離れた宇治に浄土世界を思わせる寺院が建立されたことは、往時の人々の願いを垣間見るようで興味深いですね。

 

さて、平等院の目玉ともいえる「鳳凰堂」には「阿弥陀如来坐像」が安置されています。

如来のまわりは天を舞う「雲中供養菩薩像」に取り囲まれ、内部は静謐な雰囲気に包まれています。

 

しかし、当時は壁や柱、天井に極彩色の絵画が描かれ、金色に輝く阿弥陀如来を取り囲む迫力に溢れた空間芸術が見られたといいます。

往年の華やかな彩色の様子は、平等院ミュージアム鳳翔館でも見ることができますのでぜひチェックしたいですね。

貴族の華やかな時代と人々の悲願に思いを馳せながら、ぜひ平等院を訪れてみてはいかがでしょうか。

 

平等院の観光情報

 

住所:京都府宇治市宇治蓮華116

アクセス:

JR奈良線宇治駅から徒歩で10分 
京阪宇治線宇治駅から徒歩で10分

電話番号:0774-21-2861

営業時間:

庭園開門 8:30~17:30
※受付終了 17:15

平等院ミュージアム鳳翔館開館 9:00~17:00
※受付終了 16:45

鳳凰堂内部受付 9:10~16:10
9:30より拝観開始、以後20分毎に1回50名の人数制限有

料金:

庭園+平等院ミュージアム鳳翔館
①個人 ②団体(25名以上)※夜間特別拝観を除く
大人 ①600円②500円
中高生 ①400円②300円
小学生 ①300円②200円

公式ホームページ: 平等院

 

 

醍醐の花見で有名な世界遺産「醍醐寺」

 

醍醐寺

 

京都市南部でのお花見スポットと言えば、「醍醐の花見」として知られる醍醐寺が有名です。

空海の孫弟子、理源大師聖宝が醍醐山上に草庵を営んだのが始まりで、真言宗醍醐派の総本山です。

現存する堂宇はそのほとんどが桃山時代以降の物ですが、五重塔は天歴6年(952年)の建立で京都府内では、最古の木造建造物として国宝指定されています。

 

醍醐寺の桜は、豊臣秀吉が大規模なお花見をするために、約700本を植樹したのが始まりだと言われています。

毎年4月の第二日曜日には、豊臣秀吉が催した「醍醐の花見」にちなんだ「豊太閤花見行列」が行われます。

ソメイヨシノ、八重桜、枝垂れ桜などが山肌一帯に咲き誇る姿は圧巻。

中でも美しい三宝院の大紅しだれや霊宝館のしだれ桜は必見です。

 

醍醐寺

 

醍醐寺は紅葉でも有名です。

11月の中旬から色づき始め、見ごろは11月中旬から12月中旬にかけてとなっています。

特に弁天堂の周辺は例年色鮮やかな紅葉が楽しめる場所として人気、絶好の写真スポットです。

桜の季節ほどは混んでいないので、ゆっくりと醍醐寺の見学を楽しみたい方には紅葉の時期もおすすめです。

 

醍醐寺の観光情報

 

住所:京都府京都市伏見区醍醐東大路町22

アクセス:地下鉄東西線醍醐駅から徒歩で15分

電話番号:075-571-0002

営業時間:9:00~17:00(3月1日〜12月第1日曜日まで) 9:00~16:30 (12月第1日曜日の翌日〜2月末日まで)

料金:拝

観券(三宝院・霊宝館・伽藍)通常期:大人800円 中学・高校生600円 小学生以下無料
春期・秋期…3月20日〜5月15日、10月15日〜12月10日 大人1,500円 中学・高校生1,000円 小学生以下無料

公式ホームページ:  醍醐寺

 

 


ハートのあじさいを探そう「三室戸寺」

 

三室戸寺

 

西国三十三観音霊場の第十札所でもある「三室戸寺」は、奈良時代、光仁天皇により創建されたと伝わる古刹です。

境内には5千坪の大きな庭園があり、約50種類、1万株ものあじさいの花が見事に咲く事から別名「あじさい寺」とも呼ばれています。

毎年6月1日から7月中旬にかけて「あじさい園」として一般公開され、目の前でたくさんの珍しい種類のあじさいを見ることができます。

 

三室戸寺では、4月末から約1か月間は「つつじ・しゃくなげ園」が公開されています。

約2万株のつつじに1万株のしゃくなげと、ともに色鮮やかで見事です。

あじさいが終わった頃には蓮の花も開花し、「蓮園」が公開されるなど、京都随一の花の寺としても人気があります。

 

 

青のハートのあじさいを見つけると願い事が叶い、ピンクのハートのあじさいを見つけると恋愛が成就する。

そんな噂が広がり、女性の間でハートのあじさい探しが人気になっています。

場所は公開されていないので頑張って探してみましょう。

 

三室戸寺の観光情報

 

住所:京都府宇治市莵道滋賀谷21

アクセス:京阪 三室戸駅下車、徒歩15分

電話番号:0774-21-2067

営業時間:8:30~16:30(4月1日~10月31日) 8:30~16:00(11月1日~3月31日)

料金:

平常 大人500円 小人300円
あじさい園開園期間中 大人800円 小人400円
あじさいライトアップ 大人800円 小人400円

公式ホームページ:  三室戸寺

 

 

京都を代表する駅ビル「京都駅ビル」

 

kyotostationbuilding

 

京都駅周辺で宿泊するけれど、京都駅周辺には何があるかわからない。

天候が不安定だから京都駅周辺の屋内で時間を潰したい。

そんな時にぜひ立ち寄っていただきたいのが、京都駅ビルです。

 

駅ビルだからと侮ることなかれ。

京都駅ビル内には、レストランやお土産屋さんはもちろん、劇場や美術館まで入っています。

ホテルも入っているため、京都駅周辺で一泊したいと考えている方は京都駅ビル内のホテルを使用するのもおすすめです。

 

京都駅ビルでぜひ見て頂きたいのが、大階段グラフィカルイルミネーションです。

全171段ある階段の125段にLED電球が散りばめられていて、その数は1万5千個。

季節に合わせたイルミネーションは、桃の節句や桜などの日本の四季文化をモチーフにしたものから、葵祭や祇園祭、五山の送り火など京都にちなんだイルミネーションも季節に合わせて楽しむことができます。

クリスマスやハロウィンなどにも、イベントにちなんだドラマチックで幻想的な大パノラマイルミネーションを実施しています。

 

京都駅ビルの観光情報

 

住所:京都市下京区東塩小路町

アクセス:京都駅から徒歩で

電話番号:075-361-4401

公式サイト:  京都駅ビル

 

 

京都には古都にふさわしい魅力あふれるおすすめ観光スポットがたくさんあります。

そして単に「古い」観光スポットだけでなく「新しい」観光スポットもたくさん。

みなさんも、ぜひ京都のおすすめ観光スポットを探してみてはいかがでしょうか。

 

 

格安航空券でお得に観光を楽しもう

 

旅費の大半を占めるのが交通費と宿泊費。

皆さんはどこの旅行代理店やサイトでいつも予約していますか?

実は全く同じホテルや航空券でも、サイトによって価格が違うということはよくあります。

最安値保証をしてくれる予約サイトや、価格比較が出来るサービスを使って賢く旅行しましょう♪

 

 

 

▼京都を観光するなら合わせて読みたい

 

京都の観光スポット103選!魅力あふれる京都の旅をエリア別の観光ガイドで心行くまで満喫!

・  定番の寺社仏閣から穴場スポットまで!京都のはんなりデートスポット20選

・  京都お土産22選!京都の魅力満載のおすすめグルメ土産!

・  京都の旅館23選!京都旅行を満喫出来るおすすめ宿を地域別に

・  高級ホテルで思いっきり贅沢な京都旅を!京都のラグジュアリーホテル9選

・  一度泊まればまた泊まりたくなる!癒しの京都ホテル22選!

京都を観光するなら知っておきたい!心が浄化される3つの場所 

京都の代名詞・金閣寺!見どころや歴史、周辺のおすすめ観光スポットやグルメ・お土産も紹介

伏見稲荷をディープに楽しみたいあなたに!知っておきたい歴史や不思議なお話!

・  京都を代表する古刹・清水寺の見どころ。清水・五条周辺のおすすめグルメやお土産もご紹介

嵐山の観光・デートスポット15選!定番から穴場まで嵐山の観光とグルメを徹底解説


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(465)
北海道・東北(38)
  北海道(21)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(162)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(88)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(70)
  長野(10)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(17)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(69)
  滋賀(7)
  京都(18)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(61)
  福岡(9)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(18)
ヨーロッパ(42)
東アジア・中国・台湾(18)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(8)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(12)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(471)
イベント情報(329)
ショッピング・買い物・お土産(442)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(108)
乗り物・交通・アクセス(544)
宿・旅館・ホテル(173)
旅行準備(406)
歴史・豆知識(645)
温泉・スパ(149)
絶景(390)
聖地巡礼(30)
観光旅行(605)
食事・グルメ(498)
ランキング(532)
デート(510)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(397)
ツアー/旅程(197)
海水浴場・ビーチ・リゾート(56)

人気記事ランキング