logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本

インスタ映え抜群な日本のフォトジェニックスポット25選!カラフル鍾乳洞やポップなアート満載の美術館まで!





多くの人がインスタグラムを利用するようになり、一般の方でも写真映えする観光スポットや食べ物を探すようになりました。
本記事では、普通に写真を撮るだけで素敵な一枚に仕上るフォトジェニックな場所をご紹介します。
観光の思い出作りにおすすめなのはもちろん、ついインスタグラムをはじめSNSにアップしたくなるような写真を撮れるはずです。

目を奪われるような風景を撮れる場所から、インスタグラムでもお馴染みの話題の撮影スポットまで網羅。
カメラ好きや素敵な写真を撮るのが好きな方は、ぜひ参考にしてみてください。

【目次】インスタ映え抜群な日本のフォトジェニックスポット25選!カラフル鍾乳洞やポップなアート満載の美術館まで!

 

1ページ目 :

 

そもそもフォトジェニックとは?

全国のフォトジェニックなスポットをエリア別に紹介!

<北海道・東北のフォトジェニックスポット>

1. 【北海道】あのアニメの世界が広がる穴場スポット『戸外炉峠の猫バス』

2. 【青森】アートと一体化できる現代美術館『十和田市現代美術館』

3. 【宮城】日本三景の一つ!島々と海が織りなす自然のアート!『松島』

4. 【山形】大自然が生み出すスノーモンスター『蔵王の樹氷』

<関東のフォトジェニックスポット>

1. 【東京】インスタ映えのオンパレード!幻想的な景色を撮るならココ『マクセル アクアパーク品川』

2. 【神奈川】天使の羽があるショッピングモール『MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン&ウォーク)』

3. 【群馬】フォトジェニックが詰まった古城!『ロックハート城』

4. 【茨城】自然が見せる天然のインスタ映え!『国営ひたち海浜公園』

5. 【栃木】藤の花の圧倒的な美しさに酔いしれる『あしかがフラワーパーク』

<北陸・東海のフォトジェニックスポット>

1. 【石川】海外からも注目!金沢の新しい写真スポット!『金沢海みらい図書館』

2. 【岐阜】アートすぎる景観に驚く!有名人も訪れる『養老天命反転地』

3. 【三重】海外旅行気分を味わえるホワイトタウン『志摩地中海村』

 

2ページ目 :

 

<関西のフォトジェニックスポット>

1. 【大阪】一日遊べる大阪を代表するテーマパーク『ユニバーサルスタジオジャパン』

2. 【京都】花見と紅葉!豊臣秀吉も愛した世界遺産『醍醐寺(だいごじ)』

3. 【兵庫】雲海も望める天空の城!『竹田城跡』

4. 【滋賀】自然とスイーツのコラボレーション『ラ・コリーナ』

5. 【奈良】秋の風物詩、金色の草原をひとりじめ『曽爾高原』

<中国・四国のフォトジェニックスポット>

1. 【岡山】与謝野晶子が歌に詠んだ幻想的な洞窟『満奇洞』

2. 【広島】海と猫とレトロな街並みはフォトスポットだらけ!『尾道』

3. 【高知】どこから撮ってもインスタ映え!アートなフォトジェニックスポット『モネの庭』

4. 【徳島】世界の名画を原寸大で再現!『大塚国際美術館』

<九州・沖縄のフォトジェニックスポット>

1. 【福岡】エメラルドブルーの海と白鳥居!『桜井二見ヶ浦』

2. 【長崎】世界三大夜景にも選ばれた展望台からの景色『稲佐山』

3. 【宮崎】青空に映えるモアイ像に会いに行こう『サンメッセ日南』

4. 【沖縄】神聖なパワーが溢れる世界遺産『斎場御嶽(せーふぁうたき)』

全国各地のフォトジェニックスポットに行こう!

 

 


そもそもフォトジェニックとは?

 

 

インスタグラムの流行と共に、フォトジェニックと呼ばれる言葉を耳にします。

フォトジェニックとは、写真を意味するphotoと、適しているという意味のgenicを掛け合わせた言葉です。

二つの意味を合わせると、「写真に適した、写真映りの良い物」という意味になります。

 

日本では基本的に風景や写真映えするスポットのことを、欧米では写真に映える人を対象にしてフォトジェニックという言葉を使う傾向にあります。

インスタグラムによって一般の方でも写真投稿をする機会が増えたことによって、このフォトジェニックというワードが注目されるようになりました。

 

そこで、筆者のインスタグラム経験から実際に反響が大きかった観光スポットを中心に、フォトジェニックな全国の観光スポットを紹介します。

北は北海道、南は沖縄まで、それぞれの地方別におすすめスポットをまとめました。

観光やお出かけでフォトジェニックな一枚を撮る際の参考にしてみてください。

 

 

全国のフォトジェニックなスポットをエリア別に紹介!

 

醍醐寺

 

日本各地に散らばるフォトジェニックなスポットを、エリア別にご紹介していきます。

写真で撮るのはもちろん、観光スポットとしても十分楽しめる場所ばかりです。

 

インスタグラムでよく見かける写真撮影専用のスポットがある観光地や、どこを切り取ってもフォトジェニックな一枚に仕上がる場所を厳選。

観光やお出かけの際に、インスタ映えする写真を撮りたいと思った方はぜひ足を運んでみましょう。

 

 


<北海道・東北のフォトジェニックスポット>

 

1. 【北海道】あのアニメの世界が広がる穴場スポット『戸外炉峠の猫バス』

 

 

JR深川駅から車で15分前後でたどり着ける高台の公園です。

北海道の数あるフォトジェニックスポットの中でも、意外と知られていない穴場スポット。

駐車場が完備されているので、アクセスは車を使うのがおすすめです。

 

峠という名前ですが、広々とした原っぱの広がる公園のような場所です。

公園の中には、有名なアニメに出てくる猫バスが置かれています。

自分もアニメの世界に入り込んだ気分で写真を撮ることができますよ。

 

 

駅から峠を上がっていくこの場所は、天望スポットとしての魅力があります。

春から秋にかけて移ろいゆく季節ごとの景色を、公演からゆっくり眺めましょう。

 

深川の街を見下ろす絶景は、時間帯によってもさまざまな姿を見せてくれるのが魅力です。

特に、夜になると頭上に広がる星々と深川の街を楽しめる贅沢な景色を鑑賞できます。

 

戸外炉峠の観光情報

 

住所 : 北海道深川市音江町字国見

アクセス : JR深川駅から車で16分

電話番号 : 0164-22-1411

定休日 : 無休(11月~4月の冬季は閉鎖)

営業時間 : 常時開放中

料金 : 無料

公式URL : 戸外炉峠

 

※その他の北海道の観光名所をまとめた記事も合わせてご覧ください

→  道民がおすすめする北海道の人気観光地27選

 

 


2. 【青森】アートと一体化できる現代美術館『十和田市現代美術館』

 

 

十和田市現代美術館は、JR八戸駅から車で40分、バスに乗って45分の場所にある現代アートを展示している美術館です。

革新的な形や色使いが多い現代アート作品は、フォトジェニックなものばかり!

自分も作品と共に写真に移れば、アートな一枚を撮影できます。

 

美術館の中でもひときわ目を引くのが、カラフルな色合いのオブジェです。

フラワーホースと呼ばれるこちらの作品は、どこからとっても写真に映える鮮やかさ!

 

 

美術館には、小さな子供も遊べるアート広場と呼ばれるエリアがあります。

広場の中には、現代アートの第一人者、草間和代の作品も展示中です。

水玉模様のアートを得意とする彼女の作品は、写真に撮ってもポップな仕上がりに!

 

他にも大きな白いお化けをそのまま作品にしたゴーストなど、迫力満点の展示に目を奪われます。

不思議な形や色合いで訪れた人を引き付けてくれるのも現代アートの魅力です。

 

 

カフェやミュージアムショップが入っている建物そのものもポップでアートな作品です。

館内のカフェでいただける料理の中には、展示中の作品とコラボしたものもあります。

ミュージアムショップでは、デザイナーが手掛けたグッズ、美術館オリジナルの一品をお土産として購入しましょう。

 

十和田市現代美術館の観光情報

 

住所 : 青森県十和田市西二番町10-9

アクセス : JR八戸駅から車で40分、JR東北バスで45分

電話番号 : 0176-20-1127

定休日 : 月曜日(祝日の際はその翌日)

営業時間 : 9:00~17:00

料金 : 企画展 大人800円 常設展 大人510円 セット券 大人1200円(高校生以下無料)

公式URL : 十和田市現代美術館

 

※その他の青森の観光名所をまとめた記事も合わせてご覧ください

→  青森の観光名所18選。青森旅行に行くなら欠かせない人気観光地を厳選

 

 

3. 【宮城】日本三景の一つ!島々と海が織りなす自然のアート!『松島』

 

松島 観光

 

宮城県の中心都市、仙台から電車で30分、車で40分程でたどり着く海沿いの観光スポットが松島です。

観光地として人気も高く、ホテルが豊富にあるので観光の際は、泊まりで訪れるのをおすすめします。

日本三景にも数えられる松島の景色は、まさに自然が作り出したアート作品です。

 

晴れた日は、空と海の青、海の上に浮かぶ島々の緑がフォトジェニックな一枚を生み出します。

港から海を眺めているだけでも、リラックスした気持ちにさせてくれるスポットです。

 

松島 橋

 

海や島々の他にもフォトジェニックな観光スポットが松島にはあります。

海沿いにある五大堂、そこへ続く朱塗りの透橋は、写真に撮るだけでなく、実際に見て、渡って楽しめる場所です。

木々に囲まれた真っ赤な橋は、渡ってみると足元に隙間がありハラハラさせられます。

 

海の上にせり出した小島のようになっているこの場所からは、陸地からとは一味違った写真を撮ることもできますよ。

松島湾を望む絶景を五大堂から楽しみましょう。

 

松島 舟

 

フォトジェニックスポットとして、穴場なのが海の上を進んでいく観光船です。

島々のの間をすり抜けるように進んでいく船からは、雄大な松島湾の景色を鑑賞できます。

船の間近まで海鳥が飛んでくるので、上手くタイミングを合わせてシャッターを切れば、鳥たちが羽ばたく躍動感ある一枚に!

 

松島の観光情報

 

住所 : 宮城県宮城郡松島町松島町内

アクセス : JR仙台駅から松島海岸駅まで30分、車で40分

電話番号 : 022-354-5701(町役場)

定休日 : 施設による

営業時間 : 施設による

料金 : 無料

公式URL : 松島

 

※その他の宮城の観光名所をまとめた記事も合わせてご覧ください

→  宮城の観光地15選!歴史スポットから温泉やレジャー、グルメまで徹底解説

 

 


4. 【山形】大自然が生み出すスノーモンスター『蔵王の樹氷』

 

山形蔵王

 

蔵王の代名詞となっている樹氷は、氷雪に覆われた樹木がまるでモンスターのように見えることから、スノーモンスターと呼ばれています。

樹氷は、蔵王連峰に生育するアオモリトドマツの枝や葉に、日本海側から吹く風によって運ばれた雲粒が着氷し、雪と共に成長したもの。
 

山形蔵王

 

例年1月には、風上に向かい枝や葉が凍り付きはじめ、2月になると北西からの風とマイナス10度~15度の気象条件の中で最大に成長していきます。

3月になると気温の上昇に従って氷雪が溶け始め、細い樹氷になっていくので、やはり見頃は2月です。

自然が造り出した芸術品は、一つとして同じ物はなく、躍動感がありまさにフォトジェニック。

 

蔵王の樹氷ライトアップ

 

日中に見る樹氷も素晴らしいのですが、夜のライトアップされた樹氷を見るチャンスがあるんです。

毎年12月下旬~3月上旬の特定日に開催される「樹氷幻想回廊ツアー」は1日4回、所要時間1時間という人気のツアー。

 

蔵王山麓駅からロープウェイに乗って樹氷高原駅まで行き、そこからは雪上車に乗って鑑賞ポイントに向かいます。

雪上車に乗るだけでもワクワクしますが、密集した樹氷の中を縫って走るという経験はツアーならでは。

鑑賞ポイントでは5分ほど雪上車を降りて間近で見学する事もできるので、ぜひ素敵な写真を撮ってくださいね。

ツアーの詳細については、下記公式サイトから確認することができます。

 

蔵王ロープウェイの観光情報

 

住所 :山形県山形市蔵王温泉229-3

アクセス :山形駅からバスで40分、蔵王温泉バスターミナルから徒歩で15分

電話番号 :023-694-9518

運行期間 :4月1日~12月10日

営業時間 :山麓線8:30〜17:00 山頂線8:45〜16:45

料金 :

大人 1区間800円、2区間1,500円 2区間の往復2,800円
子供 1区間400円、2区間800円 2区間の往復1,400円

公式URL :  蔵王ロープウェイ

 

※その他の山形の観光名所をまとめた記事も合わせてご覧ください

  山形旅行なら外せない観光地14選! おすすめ山形お土産もご紹介!

 

 

<関東のフォトジェニックスポット>

 


1. 【東京】インスタ映えのオンパレード!幻想的な景色を撮るならココ『マクセル アクアパーク品川』

 

マクセルアクアパーク

 

東京に数あるフォトジェニックスポットの中でも、筆者が何度も足を運んでしまうのがマクセルアクアパーク品川。

原宿 をはじめ、カラフルでポップなインスタ映えスポットも多々ある中、この場所を推すのは幻想的できらびやかな展示です。

都市型水族館であるこの場所は、限られたスペースをプロジェクションマッピングや光の演出によって、魅力的な光景に見せています。

 

特にジェリーフィッシュランブルと呼ばれるエリアは、ゆらゆらと漂うクラゲたちが幻想的な景色を見せてくれます。

壁が鏡になっていて、光が反射するので角度によってさまざまな写真が撮れるのも魅力です。

ピンクや青といった華やかな照明が、クラゲたちの魅力を引き立てます。

 

マクセルアクアパーク ショー

 

水族館内で綺麗な写真を撮りたいときに見逃せないのが、大きなプールで行われるイルカショーです。

このイルカショープールには、水のカーテンを天井から見せる仕掛けや、プロジェクションマッピングなど、写真映えする設備が豊富にあります。

色とりどりの花火など、季節の特別イベントも常時行われ、毎回違うショーを鑑賞できるのも嬉しい点です。

 

ダイナミックなジャンプを見せてくれるイルカは、その姿そのものがフォトジェニックです。

水しぶきがブワッと上がるので、写真を撮る際は後列に座ることをおすすめします。

 

マクセルアクアパーク ドーム

 

ワンダーチューブと呼ばれるトンネル状の展示は、テレビでもたびたび紹介される水族館の人気エリアです。

自然光が降り注ぐ海底トンネルのような展示は、外側、内側どちらからとっても写真映えします。

大型のエイやマンタがゆったりと泳ぐ姿は、見ているだけで癒される景色です。

 

マクセルアクアパーク品川の観光情報

 

住所 : 東京都港区高輪4丁目10-30

アクセス : JR、京急品川駅高輪口から徒歩4分

電話番号 : 03-5421-1111

定休日 : 年中無休

営業時間 : 10:00~22:00(季節や長期休暇時などにより前後あり)

料金 : 大人2,200円、小・中学生1,200円、幼児700円、アトラクションは各500円

公式URL : マクセルアクアパーク品川

 

※その他の東京の観光名所をまとめた記事も合わせてご覧ください

→  東京の人気観光名所72選!デートから旅行まで楽しめる東京観光地をエリア別制覇

 

 

2. 【神奈川】天使の羽があるショッピングモール『MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン&ウォーク)』

 

 

みなとみらい線、馬車道駅、日本大通り駅から徒歩8分、横浜の海沿いにできたオープンショッピングモールです。

晴れた日には青空と海が目の前に広がる絶好のロケーションで買い物や飲食を楽しめます。

レンガ造りの建物をはじめ、どこか異国情緒を感じさせるモール内は、散策しているだけでも楽しめます。

 

世界一のパエリアをいただけるレストランなど、フォトジェニックなスポットの他にも楽しみ方は豊富です。

夜遅くまで営業しているので、仕事終わりに訪れて写真を撮ったり、買い物をしたりして観光をしましょう。

 

MARINE & WALK

 

街並みがSNS映えするマリン&ウォークですが、写真を撮るためのフォトスポットまできっちり完備されています。

壁に描かれた天使の羽は、真ん中に立って自分に羽が生えたかのような写真を撮れる場所です。

関東の観光スポットの中でも、フォトジェニックなスポットとして有名な場所なので、ぜひ足を運んでみましょう。

 

MARINE & WALK YOKOHAMAの観光情報

 

住所 : 神奈川県横浜市中区新港1丁目3-1

アクセス : みなとみらい線 馬車道、日本大通り駅から徒歩8分

電話番号 : 045-680-6101

定休日 : 年中無休

営業時間 : 11:00~20:00(レストランのみ23:00まで)

料金 : 無料

公式URL : MARINE & WALK YOKOHAMA

 

※その他の神奈川の観光名所をまとめた記事も合わせてご覧ください

→  神奈川の観光地13選!箱根も湘南も!

 

 

3. 【群馬】フォトジェニックが詰まった古城!『ロックハート城』

 

ロックハート城

 

1829年にスコットランドに建てられた古城を1993年に、移築、復元させたのが群馬県にあるロックハート城です。

敷地内には大きな石造りの教会、ウェディングドレスを展示しているギャラリーなど、さまざまな見所が!

JR沼田駅から車で15分と、駅から程よい距離にあり、郊外の観光スポットの割にアクセスしやすい場所です。

 

昔の城をそのまま再現したロックハート城は、壮大な外観だけで写真映えします。

雪の降る季節にしか取れない真っ白なロックハート城もフォトジェニックです。

 

 

ロックハート城は、実際に場内を歩いて回れまれる観光スポットです。

場内には、鎧や木馬など英国の城を感じさせる展示や建築で溢れています。

定期的なイベント、プリンセス体験など、鑑賞する以外の楽しみも沢山あるのが嬉しいポイント。

 

 

フォトジェニックなだけでなく、デートや大切な人と足を運びたくなる展示が敷地内にはあります。

恋人の泉と呼ばれる場所では、ハート形の絵馬がずらっと並び、自分で書くことも可能です。

結婚を連想させるウェディングギャラリーは、見ているだけで幸せな気分に!

 

ロックハート城の観光情報

 

住所 : 群馬県吾妻郡高山村中山5583-1

アクセス : JR沼田駅からタクシーで15分

電話番号 : 0279-63-2101

定休日 : 年中無休

営業時間 : 9:00~17:00

料金 : 大人1,000円、中高校生800円、4歳~小学生500円

公式URL : ロックハート城

 

※その他の群馬の観光名所をまとめた記事も合わせてご覧ください

→  群馬観光におすすめ!群馬の旅行スポット20選!

 

 

4. 【茨城】自然が見せる天然のインスタ映え!『国営ひたち海浜公園』

 

国営ひたち海浜公園

 

JR勝田駅から車で30分、関東の中でも写真映えするスポットの定番として、メディアでも紹介される観光スポットです。

広い面積の公園は、天然のフォトジェニックスポットともいえる、色鮮やかな草花を一年を通して鑑賞できます。

春になると、丘一面をブルーに染め上げるネモフィラが代表的な景色の一つです。

 

ネモフィラは公園内でも高台に位置する、みはらしの丘と呼ばれるエリアに咲いています。

春から梅雨入り前くらいまでが一番の見どころなので、GWなどの長期休暇に足を運んでみましょう。

 

ひたち海浜公園

 

季節のよってさまざまな草花を鑑賞できるのが国営ひたち海浜公園の魅力です。

オレンジ色のコスモスは、その姿を写真の撮るだけでフォトジェニックな一枚に!

写真スポットの他にも、アスレチックや観覧車など、小さな子供連れでも楽しめる施設が豊富なのも嬉しいポイントです。

 

ひたち海浜公園

 

春にはネモフィラが咲き誇るみはらしの丘ですが、夏から秋にかけては、ふさふさのコキアが植えられています。

コキアは秋になると真っ赤に紅葉するので、ネモフィラとは異なる色合いの写真を撮ることが可能です。

秋になると涼しくなってくるため、公園内を散策しならゆっくり観光を楽しめます。

 

国営ひたち海浜公園の観光情報

 

住所 : 茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4

アクセス : JR勝田駅から車で30分、ひたちなか海浜鉄道湊線 阿字ヶ浦駅からスマイルあおぞらバスに乗り10分

電話番号 : 029-265-9001

定休日 : 月曜日、年末年始、2月の第1火曜日から金曜日まで

営業時間 : 9:30〜18:00(季節のより前後あり)

料金 : 大人450円、シルバー210円

公式URL : 国営ひたち海浜公園

 

※その他の茨城の観光名所をまとめた記事も合わせてご覧ください

→  茨城の観光地15選!もう魅力度最下位なんて言わせない!

 

 

5. 【栃木】藤の花の圧倒的な美しさに酔いしれる『あしかがフラワーパーク』

 

あしかがフラワーパーク

 

あしかがフラワーパークの代名詞とも言えるのが美しい藤の花。

樹齢150年に及ぶ600畳敷の藤棚を持つ大藤に、長さ80mもの白藤のトンネル、きばな藤のトンネルなど、350本以上の藤の花が咲き誇ります。

4月中旬のうす紅藤に始まり、大藤、白藤、きばな藤と見頃が少しずつ移っていく様子がまるで絵巻物のようなので、ふじの花物語と名付けられています。

 

あしかがフラワーパーク

 

4月中旬から5月中旬にかけては、5000株のつつじとのコラボレーションが見事です。

2014年には、アメリカのCNNにより、日本から唯一「世界の夢の旅行先10か所」に選ばれたほどで、年間150万人もの人が訪れる人気スポットとなっています。

 

あしかがフラワーパーク

 

「あしかがフラワーパーク光の庭」は、2017年に初めて設定された、日本三大イルミネーション(あとの2つはさっぽろホワイトイルミネーション、ハウステンボス光の王国)に選定され、投票により3年連続で全国第一位を受賞しています。

東日本最大級の450万球のイルミネーションを使用し、光と花のイルミネーション、クリスマスイルミネーション、ニューイヤーイルミネーションなど、季節によってそのテーマを変えていくため何度訪れても飽きることがありません。

 

2018年4月にはJR両毛線に「あしかがフラワーパーク駅」が開業し、アクセスも便利になりました。

約2万本のチューリップをはじめ、1年を通じて様々な花が咲き誇る、お花が好きにはたまらないフォトジェニックスポットです。

イルミネーション開催期間や、お花の開花状況などについては公式HPで確認してくださいね。

 

あしかがフラワーパークの観光情報

 

住所 :栃木県足利市迫間町607

アクセス :

JR富田駅から徒歩で15分 
東北道佐野藤岡ICから車で30分

電話番号 :0284-91-4939

定休日 :2月第3水、木と12月31日

営業時間 :9:00~18:00

料金 :大人:300円 ~1,700円 ※入園料・開園時間は花の咲き具合で変動。

公式URL :  あしかがフラワーパーク

 

※その他の栃木の観光名所をまとめた記事も合わせてご覧ください

  栃木観光地21選!栃木の観光名所から温泉グルメまで総解説!

 

 

<北陸・東海のフォトジェニックスポット>

 

1. 【石川】海外からも注目!金沢の新しい写真スポット!『金沢海みらい図書館』

 

 

JR金沢駅から北鉄バスに乗り20分、金沢海みらい図書館前バス停からすぐの図書館。

石川県の中心都市金沢の数ある名所の中でも、国内外から注目を浴びているフォトジェニックなスポットです。

真っ白な建物に6,000個もの丸窓を埋め込んだ特徴的な外観は、遠く、近く、どちらから写真を撮っても印象的な一枚に!

 

その外観から世界で最も美しい図書館ベスト25にも選ばれています。

積雪が多く、天窓から光を取り入れられない石川県だからこそ生まれた建築です。

 

 

外から見ても特徴的な外観をしている図書館は、館内に入っても不思議なビジュアルに目を奪われます。

撮影許可を取っていれば、館内での撮影もできるので、前もって図書館に確認して写真を撮りましょう。

小さな丸窓から光が入る光景を求めて、国内外から観光客が訪れています。

 

金沢海みらい図書館の観光情報

 

住所 : 石川県金沢市玉川町2番20号

アクセス : JR金沢駅から北鉄バスに乗り、金沢海みらい図書館前下車

電話番号 : 076-221-1960

定休日 : 水曜日、年末年始、6月と11月にある特別整理期間

営業時間 : 10:00~19:00(土日祝日は17:00まで)

料金 : 無料

公式URL : 金沢海みらい図書館

 

※その他の金沢の観光名所をまとめた記事も合わせてご覧ください

→  金沢観光はこれで完璧!金沢市内から近郊まで金沢旅行で外せない観光地28選

 

 

2. 【岐阜】アートすぎる景観に驚く!有名人も訪れる『養老天命反転地』

 

養老天命反転地

 

養老鉄道、養老駅から徒歩10分、岐阜県に数あるフォトジェニックスポットの中でも異彩を放っている観光地です。

過去にテレビで有名俳優とアイドルが足を運んでいる姿がテレビで放送されるなど、隠れた人気スポットといえます。

公園内は広々としていて、人も都心部程多くはないので、リラックスしたひと時を過ごせます。

 

世界的な芸術家によって手掛けられた公園は、自分が体験しながらアートに触れられる施設です。

フォトジェニックな外観の「極限で似るものの家」は、屋根部分が岐阜県の形をしています。

建物の中をどこからでも出入りできる造りも、興味深い建築です。

 

養老天命反転地

 

屋内にも体験型のアートがあり、ピンク色の見た目は写真映えもします!

迷路のような作りになっているため、子供と一緒に訪れても楽しめる観光スポットです。

ミュージアムショップに行けば、運動靴やヘルメットなど、安全に園内を歩ける道具の貸し出しも行われています。

 

養老天命反転地

 

広い公園内の高台から望める景色も、フォトジェニックで綺麗なものです。

敷地の中に緑とアートが点在している空間は、この場所ならではの光景といえます。

コインロッカーもあるので、荷物を預けて目一杯散策や写真撮影を楽しみましょう。

 

養老天命反転地の観光情報

 

住所 : 岐阜県養老郡養老町高林1298-2

アクセス : 養老鉄道 養老駅から徒歩10分

電話番号 : 0584-32-0501

定休日 : 月曜日、年末年始

営業時間 : 9:00~17:00

料金 : 大人750円、高校生500円、小中学生300円

公式URL : 養老天命反転地

 

※その他の岐阜の観光名所をまとめた記事も合わせてご覧ください

→  岐阜の観光地をぐるっと28カ所厳選! 歴史やグルメから温泉まで岐阜旅行に役立つ情報総まとめ!

 

 

3. 【三重】海外旅行気分を味わえるホワイトタウン『志摩地中海村』

 

志摩地中海村

 

三重県の近鉄鵜方駅から車で15分程の場所にある、地中海をそのまま再現したような景観が魅力の観光スポットです。

この場所は、施設全体がリゾートホテルとなっているので、宿泊もできます。

日帰りプランも充実しているため、三重県観光の際は足を運んでみましょう。

 

地中海の白い壁や路地といった特徴を再現した街並みは、どこを切り取ってもフォトジェニックです。

インスタグラムにあげたくなる写真を撮りつつ、日頃の疲れを忘れられるリゾートホテルで癒しのひと時を過ごせます。

 

志摩地中海村

 

スペイン、イタリアなど、ブロックごとに再現している街が違うのも志摩地中海村の特徴です。

それぞれの街並みごとに違って景色を写真に収められるのも、この場所のおすすめポイント!

地中海カフェの目の前に広がる中庭からは、海と空、日本とは思えない建築を一度に楽しめます。

 

志摩地中海村

 

宿泊客、日帰り客共に楽しめるアクティビティも豊富です。

クルーザ―を使った海の散歩、スイートルームでのランチパーティーなど魅力的なものばかり!

ゆっくり過ごしたい方は、海沿いにあるレストラン前にあるテラスで海を眺めながらうたた寝を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

志摩地中海村の観光情報

 

住所 : 三重県志摩市浜島町迫子2619-1

アクセス : 近鉄鵜方駅から車で15分

電話番号 : 0599-52-1226

定休日 : 年中無休

営業時間 : 宿泊の場合 チェックイン15:00 チェックアウト11:00(日帰り利用可能)

料金 : 各種日帰りプラン4,000円~

公式URL : 志摩地中海村

 

※その他の三重の観光名所をまとめた記事も合わせてご覧ください

→  三重県の観光地27選!必見スポットから三重の人気グルメ・お土産まで解説


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(463)
北海道・東北(38)
  北海道(21)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(162)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(88)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(69)
  長野(10)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(16)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(68)
  滋賀(7)
  京都(17)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(61)
  福岡(9)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(18)
ヨーロッパ(41)
東アジア・中国・台湾(18)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(12)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(466)
イベント情報(326)
ショッピング・買い物・お土産(439)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(107)
乗り物・交通・アクセス(541)
宿・旅館・ホテル(173)
旅行準備(405)
歴史・豆知識(638)
温泉・スパ(149)
絶景(387)
聖地巡礼(30)
観光旅行(601)
食事・グルメ(497)
ランキング(528)
デート(506)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(393)
ツアー/旅程(194)
海水浴場・ビーチ・リゾート(55)

人気記事ランキング