logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 群馬

群馬旅行はこれで完璧!エリア別に群馬の人気観光スポット29か所を厳選!





草津温泉をはじめとする多くの名湯を抱え、また谷川岳や上毛三山などの名峰を有する群馬県。
最近では「富岡製糸場」がユネスコ世界遺産に指定されたり、観光資源に恵まれた県です。

しかしながら「地域ブランド調査」による県の魅力度は、ほかの北関東の県とともに、常に下位にランクインされています。
いまひとつ知名度に欠け、実体が知られていないことにも原因があるのかもしれません。

今回は名誉挽回を果たすべく、県内全域からとびきりの観光地を紹介します!
群馬の魅力にどっぷりと浸ってみませんか?


高崎・藤岡エリアのおすすめ観光スポット1:榛名山(高崎市)

 

haruna
榛名湖と榛名富士: じゃらん

 

上毛かるた・【の】:登る榛名のキャンプ場

 

上毛三山のひとつ・榛名山は、「榛名湖」を囲む外輪山です。

外輪山の最高峰は掃部ヶ岳(1449m)ですが、通常榛名山の山頂は、「榛名富士(1391m)」とよばれる中央河口丘を指します。

この山頂付近はとても複雑になっていますので、下記地形図を参考にしてください。

 

榛名地図
榛名山山頂地形図: Wikipedia

 

榛名湖は山頂付近・標高1100mに広がるカルデラ湖です。

年間を通じて美しい景観と自然を満喫できる高崎市で一番人気の アウトドア スポットであり、ボートや遊覧船、オートキャンプなどが楽しめます。

特に紅葉の時期や、湖畔がイルミネーションに彩られる冬の季節はおすすめです。

 

ロープウェイ
榛名山ロープウェイ: じゃらん

 

榛名湖畔から榛名富士山頂までロープウェイが通じています。

晴れていれば山頂から関東平野や上州の山々が一望でき、冬の好天の日は富士山も見ることができます。

 

榛名山の観光情報

 

 

名称 : 榛名山(榛名富士・榛名湖)

住所 : 群馬県高崎市榛名湖町

アクセス :

関越自動車道高崎ICより車約60分
JR高崎線高崎駅よりバス約90分

料金 ( 榛名山ロープウェイ):

大人:往復840円(片道440円)
子供:往復410円(片道230円)

 

 



高崎・藤岡エリアのおすすめ観光スポット2:榛名神社(高崎市)

 

榛名神社
榛名神社: じゃらん

 

榛名山は、古来より山岳信仰の山として崇敬されてきました。

榛名山に限らず上毛三山には、山をご神体とした神社が存在しますが、榛名神社は特に強力な願望実現パワーをもっているといわれます。

 

同神社は榛名山から発する「文」の気と、榛名湖・榛名川の水から発する「武」の気が交わる龍穴の地に建立されています。

またご神体である、迫力満点の「御姿岩」には、大地のエネルギーが直接供給されているといわれているのです。

 

双龍門
双龍門: じゃらん

 

榛名神社の歴史はとても古く、伝承では第2代天皇・綏靖天皇の御代に、可美真手命父子が山中に神籬を立て天神地祇を祀ったのが始まりとされています。

その後用明天皇元年(586年)に、この場所に祭祀の場が創建されたと伝えられています、

 

拝殿
拝殿: じゃらん

 

この神社のご利益は強力で、あらゆる願いを叶えてくださる「万能神社」といわれています。

非常に強いエネルギーを持つ土地に、多くの神様が祀られているため絶大なパワーを発揮するのです。

榛名神社は関東でも屈指のパワースポットです。

 

榛名神社の観光情報

 

 

名称 :榛名神社

住所 : 群馬県高崎市榛名山町849

アクセス :

【電車】JR「高崎駅」西口より群馬バスで本郷経由榛名湖行き「榛名神社前」下車(約70分)、又は、榛名湖よりバス10分(伊香保温泉からは榛名湖でバス乗り換え)
【自動車】関越自動車道「渋川IC」より約40分、又は関越自動車道「高崎IC」「前橋IC」より約1時間

電話番号 : 027-374-9050

公式URL:  榛名神社

 

 

高崎・藤岡エリアのおすすめ観光スポット3:少林山達磨寺(高崎市)

 

だるま寺本堂
達磨寺本堂: じゃらん

 

上毛かるた・【え】:縁起だるまの少林山

 

高崎ときいて、達磨を思い浮かべる方も多いと思います。

高崎の駅弁「だるま弁当」や「高崎だるま市」など・・・実は一般的に普及している張り子の縁起だるまは高崎が発祥なのです。

 

だるま収め所
だるま納め所: じゃらん

 

「少林山達磨寺」は禅宗の一派・黄檗宗の寺院です。

この寺の縁起は、江戸時代中期の延宝8年(1680)に遡ります。

 

村人が川から引きあげて信仰していた香木を、 一了居士 という行者が信心を凝らし、達磨大師の座像を彫り上げたのがはじまりとされています。

噂は「達磨出現の霊地・少林山」として近隣に広まり、当時の領主・酒井雅楽によって創建されました。

前橋城の裏鬼門を守る祈願寺としての役割をもっていました。

昭和の初期、ドイツの著名な建築家・ブルーノタウトが、2年ほど滞在したことがあります。

 

入口看板
達磨寺案内も達磨: じゃらん

 

縁起だるまは、天明飢饉の際に農民救済の一環として、当時の和尚が農家の副業に張り子だるまを作らせ、七草大祭に売らせたことが最初だといわれます。

養蚕農家が多かったことから次第にまゆ型となり、現在の形になったそうです。

境内にはタウトが滞在した「洗心亭」や各種のだるまが展示されている「達磨堂」など見どころ満載です。

正月七草大祭のだるま市は大勢の参拝客でにぎわいます。

 

少林山達磨寺の観光情報

 

 

名称 : 少林山達磨寺

住所 : 群馬県高崎市鼻高町296 MAP

アクセス :

(1)高崎駅からタクシーで20分
(2)高崎駅西口からバスで30分・少林山入口下車から徒歩で1分
(3)関越自動車道高崎ICから車で30分

電話番号 : 027-322-8800

公式URL : 少林山達磨寺

 

 


高崎・藤岡エリアのおすすめ観光スポット4:富岡製糸場(富岡市)

 

富岡製糸場
重厚な建物: じゃらん

 

上毛かるた・【に】:日本で最初の富岡製糸

 

歴史の授業で誰もが名前を聞いたことがあるはず・・・平成26年(2014年)にユネスコ世界遺産に登録されて再び脚光を浴びています。

木骨と赤レンガ造りの建造物群は現在もほとんど当時のままの姿で保存されており、日本の近代産業発祥の地として貴重な建築物です。

300人近くの職工が働いていた「操糸場」や四季折々の情景が楽しめる「ブリュナ館」のほか、保存状態が良好なレンガやガラスなど見どころ満載です。

 

入口
富岡製糸場入口: じゃらん

 

富岡製糸場は明治5年(1872年)、わが国最初の官営模範製糸工場として建造されました。

フランスの技術を導入して設立され、明治政府の依頼でフランス人ブリュナが指導に当たりました。

富岡製糸場で作られた品質の高い生糸や養蚕技術は海外に広まり、世界規模で絹産業の発展に繋がったといわれています。

明治の初期から変わらず、つい最近まで現役で活躍していた富岡製糸場は、日本人としてぜひとも見学していただきたいスポットです。

 

富岡製糸場の観光情報

 

 

名称 : 富岡製糸場

住所 : 群馬県富岡市富岡1-1

アクセス :

上信越自動車道富岡IC下車約10分
各地からバスツアーあり

電話番号 : 0274-64-0005

定休日 : 年末(12月29日-31日)

営業時間 : 9:00-17:00(最終入館16:30)

料金 : 大人1000円 高校大学生250円 小中学生150円

 

 

高崎・藤岡エリアのおすすめ観光スポット5:碓氷第三橋梁(安中市)

 

めがね橋
碓氷第三橋梁: Wikipedia

 

上毛かるた・【う】:碓氷峠の関所跡

 

群馬県(安中市)と長野県(軽井沢町)を結ぶ碓氷峠は、険峻な地形により古来から交通の難所として有名でした。

箱根 の足柄峠と同じように、平安時代から江戸時代に至るまで関所が置かれていました。

この峠が難所であることは、明治になって鉄道が敷設される際にも悩みの種となっていました。

 

アプトの道
アプトの道: Wikipedia

 

碓氷第三橋梁は、碓氷川に架かる煉瓦造りの4連アーチ橋で、「めがね橋」の愛称で知られています。

全長91 m、川底からの高さ31 m、使用された煉瓦は約200万個に及ぶ日本最大の煉瓦づくりアーチ橋です。

 

この橋が架かる場所は旧国鉄の信越本線・横川駅~軽井沢駅の間であり、かつて同区間がアプト式鉄道時代に使われていました。

アプト式とは登山鉄道に多い方式で、かつては横川駅から「ED42形電気機関車」に乗り換える必要があったのです。

有名な「峠の釜めし」はこの当時の横川駅の駅弁としてスタートしています。

 

トンネル
トンネルからの眺め: じゃらん

 

橋が竣工したのは明治26年(1893年)、イギリス人技師のパウナルの設計によるものです。

以来碓氷峠のアプト式鉄道を支えてきましたが、昭和38年(1963年)の新線開通により廃線となりました。

 

ほかにも橋梁は、第2橋梁から第6橋梁までの5基が残っており、すべてが煉瓦造りで、国重要文化財に指定されています。

現在廃線敷を利用した遊歩道が、横川駅から碓氷第三橋梁まで通じており、通称「アプトの道」として橋上を歩くことができます。

この橋からの眺望は抜群で、特に紅葉の時期はおすすめです。

 

碓氷第三橋梁の観光情報

 

 

名称 : 碓氷第三橋梁(めがね橋)

住所 : 群馬県安中市松井田町坂本地内

アクセス : JR 横川駅よりJRバス関東(碓氷旧道めがね橋経由)軽井沢駅行き約13分

営業時間 :終日開放

注意点 :アプトの道トンネル内照明点灯時間は7:00-18:00

 

 


高崎・藤岡エリアのおすすめ観光スポット6:妙義山(安中市・富岡市・下仁田町)

 

妙義山
妙義山: Wikipedia

 

上毛かるた・【も】:紅葉に映える妙義山

 

上毛三山の締めくくりとして妙義山を紹介します。

妙義山は大分・耶馬渓、香川・寒霞渓ととにも「日本三大奇景」の数えられます。

急勾配の斜面と尖った姿、荒々しい岩肌が創り出す自然景観の美しさが特徴です。

 

春の妙義山
春の妙義山: じゃらん

 

妙義山とはいくつもの峰々の総称で、金洞山・白雲山・金鶏山を通称「表妙義」、谷急山・丁須の頭・御岳等を通称「裏妙義」と呼んでいます。

妙義山の標高は、白雲山相馬岳の1,104mが最高峰となっています。

 

金洞山(1094m)は別名・中之嶽と呼ばれ、ロウソク岩・大砲岩・筆頭岩・ユルギ岩・虚無僧岩といったユニークな名前の岩石群は日本屈指の山岳美といわれます。

また、山頂から見下ろす関東平野の眺望は抜群です。

 

妙義神社
妙義神社: じゃらん

 

妙義山はイギリスの登山家ウェストンが、ロープで山を登る技術を日本人に伝授した山であり、「近代登山発祥の地」といわれています。

この山を本格的に登ろうと考えるなら相応の経験と技術が必要となってきます。

 

しかし、初心者向けの「石門めぐり」なら、途中鎖場がありますが、手軽に妙義山を楽しむことができます。

「さくらの里」には約5000本の桜が植えられ、花見スポットとして知られています。

 

妙義山の観光情報

 

 

名称 : 妙義山

住所 : 群馬県富岡市妙義町/下仁田町/安中市

アクセス :

(1)JR信越本線松井田駅からタクシーで10分
(2)上信越自動車道松井田妙義ICから車で5分

 

 

伊勢崎・太田エリアのおすすめ観光スポット1:つつじが岡公園(館林市)

 

つつじが岡公園
広大な公園: じゃらん

 

上毛かるた・【は】:花山公園つヽじの名所

 

地元では、その所在地から「花山公園」の名前でも親しまれている公園です。

その名前のとおりツツジの名所であり、園内には50品種以上10000株のツツジが植栽されています。

 

樹齢800年を超える高さ5mのヤマツツジの巨樹群や、新田義貞の妻・勾当の内侍遺愛のツツジなど、貴重な古木も存在します。

こうした古木群は歴史的価値が高く、国の名勝にも指定されています。

 

つつじ1
ツツジの見頃: じゃらん

 

また、館林市出身の宇宙飛行士・向井千秋さんが宇宙に持っていった種子から発芽させた「宇宙ツツジ」も植生しています。

歴代館林藩主から現在に至るまで手厚い保護を受けてきており、ここでしか見ることのできない貴重な品種も存在します、

毎年4-5月に開催される「つつじまつり」は県の内外から多くの観光客で賑わいます。

 

つつじ2
ツツジの見頃: じゃらん

 

つつじが岡公園は、敷地面積は36.8haにもなる広大な公園で、ツツジ園のほかに芝生広場、アスレチック、梅林、水生植物池などさまざまな施設があります。

ツツジだけではなく、約30万株もあるハスの花でも有名で、夏場の「城沼花ハスまつり」の際には、遊覧船が運行され、間近にハスの花を鑑賞できます。

 

群馬県立つつじが岡公園の観光情報

 

 

名称 : 群馬県立つつじが岡公園

住所 : 群馬県館林市花山町3278

アクセス :

東武伊勢崎線・館林駅から徒歩で30分
東武伊勢崎線)館林駅からバスで11分
東北自動車道・館林ICより3分

電話番号 : 0276-74-5233

定休日 : 無休

料金 : ツツジの開花期間のみ有料(最盛期大人620円)

 

 


伊勢崎・太田エリアのおすすめ観光スポット2:茂林寺(館林市)

 

茂林寺参道
茂林寺参道と門: じゃらん

 

上毛かるた・【ふ】:分福茶釜の茂林寺

 

有名なむかしばなし「分福茶釜」ゆかりの寺です。

この寺には「分福茶釜」が所蔵されていて一般見学できるほか、境内にはタヌキの像がたくさん存在します。

全国のタヌキグッズもコレクションもあり、とてもユーモラスです。

いかにもタヌキとの縁が深い寺だと実感させられます。

 

茂林寺2
ユーモラスなタヌキ1: じゃらん

 

茂林寺は山号は青竜山、禅宗の曹洞宗のお寺です。

創建は室町時代の応永33年(1426年)、大林正通という禅僧によって開山しました。

応仁2年(1468年)に建立された総門のほか、江戸時代までに建造された建造物が立ち並び、歴史の重みを感じます。

 

茂林寺3
ユーモラスなタヌキ2: じゃらん

 

この寺にまつわる「分福茶釜」の話は、よく知られている話とは異なります。

代々の住職に仕えた守鶴という弟子が、どこからかお湯をいくら汲んでも尽きることのない茶釜を持ってきて、その後、守鶴は熟睡しているうちにタヌキであることがばれてしまうというものです。

この話がもとになって、説話・分福茶釜が誕生したといわれています。

まさにタヌキづくしのお寺・茂林寺・・・一度は足を運んでみたいものです。

 

茂林寺の観光情報

 

 

名称 : 曹洞宗・青龍山茂林寺

住所 : 群馬県館林市堀工町1570

アクセス :

(1)東部伊勢崎線・茂林寺前駅から徒歩で7分
(2)東北自動車道館林ICから車で10分
(3)北関東自動車道佐野田沼ICから車で35分

電話番号 : 0276-72-1514

定休日 : 木曜日不定休

営業時間 : 9:00-16:00

料金 : 宝物(分福茶釜)拝観料 大人300円 小人150円

公式URL : 曹洞宗茂林寺

 

 

伊勢崎・太田エリアのおすすめ観光スポット3:三県境(板倉町)

 

三県境
県境確定後の三県境: Wikipedia

 

正直いってこの場所は一般的な観光地ではありません。

何の変哲のない原っぱで、この場所が特殊な場所だと知らなければ、わざわざ訪れる人はいないと思います。

しかしここは、群馬・栃木・埼玉の3県にまたがる県境・・・しかも歩いて県境を渡ることができる唯一の場所なのです。

 

3つの都道府県がまたがる「三県境」はそれほど珍しいことではなく、全国に48か所存在します。

しかし基本的には川の中か、山奥、山頂に存在しており、気軽に訪問できるのはここだけです。

 

三県境は渡良瀬遊水地の谷中湖の南西にあり、群馬県板倉町、栃木県栃木市埼玉県加須市がそれぞれ接しています。

ちなみに三県を区分しているのは、一歩数でまたぐことができる狭い用水路です。

 

未確定三県境
県境未確定期、奥側が群馬県: Wikipedia

 

なぜこのような場所に県境が引かれたのかといえば、明治時代の「足尾銅山鉱毒事件」と大いに関係があります。

以前の県境は渡良瀬川の上にありましたが、この鉱毒事件の影響で、渡良瀬川の流路が変更されたり、埋め立てが行われたりしたため、本来の県境がわからなくなってしまった結果だといわれます。

 

2017年にようやく県境が定まり、今では記念プレートが設置されており、「三県境界」の文字と加須市、栃木市、板倉町の各自治体名と、経緯度が刻まれています。

全国唯一の歩ける県境・・・今では観光地としての開発を進めている途上にあります。

またこの場所から2.4km離れた渡良瀬川には、栃木・茨城・埼玉の「三県境」があり、県境マニア(?)にはたまらないスポットです。

 

「三県境」の観光情報

 

 

名称 : 通称・柳生の三県境

住所 : 群馬県板倉町海老瀬、栃木県栃木市藤岡町下宮、埼玉県加須市小野袋

アクセス : 東武日光線・柳生駅より東に約400メートル

 

 


伊勢崎・太田エリアのおすすめ観光スポット4:ジャパンスネークセンター(太田市)

 

ジャパンスネーク入口
ジャパンスネークセンター入口: Wikipedia

 

数ある生き物のなかで、ヘビほど好き嫌いが激しい生物は少ないかもしれません。

不気味でおぞましい存在として忌み嫌われる一方で、ペットとして飼育しているヘビ愛好家も存在します。

 

ヘビが大嫌いな人には絶対おすすめしたくないスポットが、太田市にある「ジャパンスネークセンター」です。

「日本蛇族学術研究所」が管理・運営している施設で、毒蛇の研究や利用を目的としています。

園内では恐ろしいことに様々な種類のヘビを10000匹も飼育しているのです。

 

飼育へび
飼育されているヘビ: Wikipedia

 

世界中から集まった毒蛇を展示する「毒蛇温室」や、ニシキヘビなど大型蛇を展示する「大蛇温室」など・・・なんとも不気味なところです。

ヘビとの「ふれあいコーナー」や大蛇を首に巻いての記念撮影などを経験することができて、考えただけでも失神しそうです。

しかも園内の食堂ではヘビ料理を堪能・・・シマヘビの蒲焼やマムシの踊り食いなど、悪夢にうなされそうです・・・。

 

唐揚げ
マムシの唐揚げ: 食べログ

 

というわけで、ジャパンスネークセンターは、ヘビが好きな人にはたまらなく魅力的なスポットです。

ここでヘビたちと濃密な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

ジャパンスネークセンターの観光情報

 

 

名称 :ジャパンスネークセンター

住所 : 群馬県太田市藪塚町3318

アクセス :

北関東自動車道 「太田藪塚IC」より東へ約10分
東武桐生線「藪塚駅」より徒歩10分

電話番号 : 0277-78-5193

定休日 : 金曜日(夏休み等は除く)

営業時間 :

9:00-17:00(3-10月)
9:00-16:30(11-2月)

料金 :

大人1000円(中学生以上)
子供500円(4歳以上小学生まで)

公式URL : ジャパンスネークセンター

 

 

伊勢崎・太田エリアのおすすめ観光スポット5:新田荘遺跡(太田市)

 

長楽寺
新田荘遺跡のひとつ・長楽寺太鼓門: Wikipedia

 

今の伊勢崎・太田エリアは、かつて「新田荘」とよばれていました。

平成18年(2006年)まで存続した群馬県新田郡にも、その名をとどめていました。

新田義貞に代表される新田一族ゆかりの地です。

 

生品神社
生品神社: Wikipedia

 

後三年の役で有名な源義家の子・義国には2人の息子がいました。

義国は長男の義重に上野国新田に荘園を与え、次男の義康に下野国足利に荘園を与えました。

これがのちに対立する運命にある新田氏と足利氏のはじまりです。

 

上野国新田の荘園は「新田荘」とよばれ、名門・新田一族の支配する地域となりました。

新田氏は義貞が「建武の新政」立役者となり、のち南朝側総大将だった頃に最盛期を迎えましたが、次第に没落してしまいました。

徳川家康は自らの出世のため、新田一族の庶流・得川(世良田)の子孫であると名乗り、旧姓の松平氏から徳川(得川)に改姓をしています。

そのために新田と徳川が同族との不思議な現象が起きています。

 

新田荘遺跡群は新田荘のかかわる歴史的建造物の総称です。

そのうち11箇所が国の史跡に指定され、「新田荘遺跡」として保存されています。

その代表的なスポットを紹介しましょう。

 

新田荘遺跡の見どころ①:生品神社境内

 

義貞公
境内・新田義貞公銅像: じゃらん

 

『太平記』でも有名な新田義貞挙兵の神社です。

鎌倉幕府討伐を決意した義貞は、この神社境内にて蹶起しました。

蹶起当時はわずか150騎だったものが、あっという間に数千騎に膨れ上がり、わずか15日間で鎌倉幕府を滅ぼしてしまったのです。

小さな神社でありますが、境内には社殿の他、新田義貞公像、義貞公旗揚げ塚、神木、記念碑等があります。

 

生品神社境内の観光情報

 

 

名称 : 生品神社

住所 : 群馬県太田市新田市野井町646

アクセス : 東武伊勢崎線・太田駅から太田市営バス「生品神社入口」下車 徒歩約15分

 

新田荘遺跡の見どころ②:世良田東照宮境内

 

世良田
世良田東照宮拝殿: Wikipedia

 

この世良田東照宮のある場所は、新田家の祖・新田義重の館跡とされ、江戸時代には「徳川家発祥の聖地」でした。

寛永22年(1644年)に徳川家光によって創建されました。

日光東照宮、久能山東照宮と並び、徳川家康を主祭神として祀っています。

 

世良田東照宮境内の観光情報

 

 

名称 : 世良田東照宮

住所 : 群馬県太田市世良田3119-1

アクセス :

関越自動車道花園ICより約30分
北関東自動車道伊勢崎インターチェンジより約20分
東武伊勢崎線世良田駅より徒歩15分

電話番号 : 0276-52-2045

 

新田荘遺跡の見どころ③:反町館跡

 

反町
反町館跡(反町薬師境内): Wikipedia

 

反町館跡は、新田義貞の居館跡とされ、現在でも寺の周囲には堀や土塁が残っています。

現在は反町薬師(瑠璃山妙光院照明寺)となっており、桜や藤の名所としても知られています。

 

反町館跡の観光情報

 

 

名称 : 反町薬師(瑠璃山妙光院照明寺)

住所 : 群馬県太田市新田反町町896

アクセス :

北関東自動車道伊勢崎ICより約20分
東武伊勢崎線木崎駅よりタクシーで10分

 

 

伊勢崎・太田エリアのおすすめ観光スポット6:富広美術館(みどり市)

 

富広美術館
富広美術館外観: じゃらん

 

星野富広さんは、群馬県東村(現みどり市)出身の画家・詩人です。

水彩で描かれた植物画に、詩を添えたやさしい作品が特徴で、見る人の心を和ませてくれます。

作品はとても芸術性が高いのですが、この作品群・・実は、口にくわえた筆で描かれているのです。

 

作品
館内ショップで販売されている作品グッズ: じゃらん

 

星野さんはもともと中学校の体育教師でしたが、クラブ活動指導中の事故で頸椎を損傷し、肩から下の自由を失ってしまいました。

入院中から口にくわえての作品制作を開始し、故郷の東村に帰ってから活動を本格化させました。

今も世界各国で個展が開かれるなど精力的に活躍されています。

 

草木湖
美術館に近い草木湖: じゃらん

 

星野さんの作品を収蔵した「富広美術館」は現在、道の駅のなかに設置されていて、草木湖までの散策路が整備されています。

「生きることのすばらしさ」、「生きる勇気」を与えてくれる星野さんの作品に、ぜひ触れていただきたいものです。

 

富広美術館の観光情報

 

 

名称 : みどり市立富広美術館

住所 : 群馬県みどり市東町草木86

アクセス :

わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線 神戸駅より路線バスで15分もしくは徒歩約1時間
北関東自動車道伊勢崎ICより約45分

電話番号 : 0277-95-6333

定休日 :

月曜日(12-3月)
年末年始 ほかに臨時休館日あり

営業時間 : 9:00-17:00

料金 : 大人500円 小中学生300円 幼児無料

公式URL : みどり市立富広美術館


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(422)
北海道・東北(36)
  北海道(20)
  青森(2)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(144)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(71)
  神奈川(35)
  茨城(3)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(62)
  長野(10)
  新潟(7)
  富山(2)
  石川(8)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(15)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(63)
  滋賀(6)
  京都(14)
  大阪(21)
  兵庫(14)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(57)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(6)
  熊本(9)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(18)
ヨーロッパ(35)
東アジア・中国・台湾(16)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(5)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(11)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(422)
イベント情報(301)
ショッピング・買い物・お土産(416)
シーン別(556)
ビジネス・出張(162)
ロケ地、舞台(167)
世界遺産(100)
乗り物・交通・アクセス(489)
宿・旅館・ホテル(165)
旅行準備(395)
歴史・豆知識(577)
温泉・スパ(143)
絶景(352)
聖地巡礼(29)
観光旅行(547)
食事・グルメ(458)
ランキング(481)
デート(455)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(362)
ツアー/旅程(169)
海水浴場・ビーチ・リゾート(54)

人気記事ランキング