logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 京都

京都の観光地50選!京都旅行に役立つ観光情報も総まとめ





京都は言わずと知れた日本文化の中心で、794年から1869年まで日本の首都でした。
そのため、今でも京都には貴重な文化財が数多く見られます。
もちろん、多くの趣深い寺社仏閣もあります。

修学旅行で京都へ訪れた方もいらっしゃると思いますが、この記事を読んで再び京都に出かけてみてはいかがでしょうか。
きっと、昔と今では京都に対する感じ方が異なると思います。

それでは、一緒に京都の観光地を見ていきましょう。

~京都市東部(東山、祇園)近辺の観光地~

 

日本一ともいえる程多くの観光地に恵まれた京都のすごいところは街と観光が完全に一体化しているところ。

観光地の場所を意識することがなくとも、徒然に街を散策すればすぐに名のある神社仏閣やちょっとした観光名所に行き当たります。

そんな中でも特に観光客を飽きさせないのが二条通り~五条通に、東西でいえば京都中心部から少し東寄りの地域。

眺めながら川沿いを歩いているだけでも十分楽しめる「鴨川」に沿って数十分歩くだけで、これでもかと多くの観光地が顔を出します。

 

筆頭は東山五条から細道を登っていくとある「清水寺」。

通り沿いにはたくさんの甘味処やお土産物屋さんがあるので、清水とその周辺だけでも十分一日をつぶすことが出来ます。

清水を訪れた際にはその奥にある「地主神社」を訪れるのも忘れずに。

縁結びにの神様で、境内にある大きな"願掛けの石"の間を目を瞑って歩ければ、恋がかなうと言われています。

 

また、清水寺ほどの知名度はありませんが、「平安神宮」がある丸太町辺りから、「祇園」がある四条にかけてのエリアもおすすめです。

「岡崎公園」や「京都動物園」、「京都市美術館」といった寺社仏閣以外の観光名所が多く位置していることに加えて、ライトアップが人気の「青蓮門院跡」、「知恩院」や「建仁寺」など歴史・日本史好き垂涎の有名スポットが密集しています。

 

祇園さんとして親しまれている京都の観光スポット「八坂神社」

 

八坂神社

 

京都では祇園さんの名で親しまれている八坂神社。

正月三が日には約100万人の参拝客が訪れる、京都府下では伏見稲荷大社に次いで第二位の人気初詣スポットです。

 

また、日本三大祭りとして知られる「祇園祭」は八坂神社の祭礼です。

7月1日から1か月にわたり様々な催し物が行われますが、中でもハイライト的なのは7月17日と24日の山鉾巡行。

2016年、「京都祇園祭りの山鉾巡行」のタイトルで、世界遺産の無形文化遺産に登録されました。

 

美御前社

 

最近話題になっているのが、本殿から向かって右側にある「美御前社(うつくしごぜんしゃ)」です。

社殿の前に涌き出る御神水は美容水と言われ、数滴肌につけると美肌になれると共に、心も美しく磨かれるというご利益があるんだそう。

 

京都の街は、桜の季節、紅葉の季節などどのシーズンも風情があって良いのですが、筆者のおすすめは祇園祭期間です。

京都の猛暑と人混みの洗礼が待っていますが、高揚感のある独特の雰囲気を味わえるので、一度は見て頂きたいお祭りです。

 

八坂神社の観光情報

 

住所 :京都府京都市東山区祇園町北側625

アクセス :京阪祇園四条駅から徒歩で5分

電話番号 :075-561-6155

営業時間 :24時間参拝可能

料金 :無料

公式ホームページ :  八坂神社

 

 


夜桜見物で有名な京都の観光スポット「円山公園」

 

円山公園

 

八坂神社の観光の後に、ぜひ立ち寄って頂きたいのが円山公園です。

1886年オープンとその歴史は古く、京都市内で一番最初にできた公園で、現在は国の名勝に指定されています。

もともとは八坂神社や慈円山安養寺、長楽寺、雙林寺の境内の一部でしたが、明治維新以降に分離されました。

 

京都随一の桜の名所として知られ、お花見シーズンには多くの人が訪れます。

一番有名なのは「一重白彼岸枝垂桜」という品種の枝垂桜で、初代の枝垂桜が昭和22年に枯れたため現在は2代目です。

特に夜のライトアップが人気で、夜遅くまで花見客で賑わいます。

 

毎年3月には「京都東山花灯路」が行われ、辺り一帯に灯篭などの様々な明かりが灯されます。

円山公園内でも約500本の青竹の灯篭が並べられ、幻想的な世界が楽しめます。

 

円山公園の観光情報

 

住所 :京都府京都市東山区円山町473他

アクセス :JR京都駅から市バスで20分、市バス祇園 から徒歩3分

電話番号 :075-643-5405

営業時間 :終日

料金 :無料

公式ホームページ :  円山公園


 

修学旅行でおなじみ、定番的な京都の観光スポット「清水寺」

 

kiyomizu

 

京都で絶対に外せない観光スポットはたくさんあります。

その筆頭格に位置するのが清水寺ではないでしょうか。

地元では「清水さん」と親しまれています。

 

清水寺の歴史は古く、開山されたのは778年のこと。

798年に東北平定で有名な坂上田村麻呂によって創建されました。

清水寺の名前の由来は「松風や音羽の滝の清水をむすぶ心はすずしかるらん」という坂上田村麻呂の歌からきています。

残念ながら、清水寺は何回も火災で焼失しました。

現在の本堂は江戸時代の徳川家光によって再建されたものです。

それでも、約400年ですから、すごいですね。

 

清水寺で有名な言葉といえば「清水の舞台」ではないでしょうか。

これは清水寺の本堂のことを指しています。

本堂は釘が使われず139本の巨大な柱と貫だけで支えられています。

まさしく、日本の建築技術の高さを感じられるでしょう。

 

寄ってみたい清水寺の前にあるお店「本家西尾八ッ橋」

 

kiyomizustore

 

清水寺にいくまでの道のりにはたくさんのお店が軒を連ねています。

ほとんどが京都に関連した物品を販売しています。

その中で見逃せないのが「本家西尾八ッ橋」。

京都のお土産で名高い八ツ橋を購入できます。

ぜひ、お立ち寄りください。

 

清水寺の観光情報

 

住所:京都市東山区清水1-294

アクセス:京都市バス、清水道バス停下車、徒歩10分

営業時間:6:00~18:00

休業日:無休

公式ホームページ:  清水寺

 

 


平安遷都1100年記念に建立された京都の観光スポット「平安神宮」

 

heianjingu

 

京都市左京区には、平安遷都1100年を記念して、桓武天皇をご祭神として創建された平安神宮があります。

創建当時の京都は幕末や東京への遷都の影響で非常に衰退しておりました。

そんな京都を古き良き京都からの町おこしとして平安神宮が創建されました。

広大な神苑を保有しており、四季折々の花が咲き乱れることで有名です。

春は特に八重しだれ桜などの20種類以上の桜が咲くことでたくさんの人が訪れます。

 

平安神宮の社殿は桓武天皇の頃の平安京の正庁と朝堂院が5/8の規模で再現されております。

実は創建当初に用地の買収に少々失敗し、朱雀門の位置が変わってしまったりしているようです。

 

平安京当時の都の大内裏を再現した平安神宮の景色は一見の価値ありです。

京都旅行の際には、是非訪れてみてください。

 

平安神宮の観光情報

 

住所 : 京都府京都市左京区岡崎西天王町97

アクセス : 市バス岡崎公園美術館・平安神宮前バス停から徒歩3分

電話番号 : 075-761-0221

営業時間 : 6:00~17:00

料金 : 境内無料、神苑 600円

公式ホームページ :  平安神宮

 

 

京都らしさが凝縮された「青蓮院

 

青蓮院

 

天台宗の開祖として知られる最澄が比叡山に作った青蓮坊が青蓮院の起源と言われています。

青蓮院には京都らしさを感じる風情のある景色がたくさん詰まっています。

 

例えば、上記の写真に見られるように紅葉やそれを映し出す池が非常に綺麗に眺められます。

また、寺院内をゆっくりと歩きながら鑑賞するのも趣があって素晴らしいです。

 

青蓮院

 

紅葉以外にも、京都らしさを感じる1つの景観として竹林があります。

嵐山にある竹林の道は有名ですが、青蓮院の竹林も綺麗ですよ。

 

青蓮院

 

青蓮院の最大の見所はライトアップです。

暗闇の中に美しく光るブルーのライトが幻想的な空間を生み出します。

 

青蓮院

 

期間は毎年限られているものの、これを目当てに訪れる観光客がたくさんいらっしゃいます。

カップルで訪れると、ロマンチックな光景も合わさって2人の距離がより縮まるかもしれません。

国内のみならず、外国からも多くの観光客がいらっしゃっていますよ。

 

京都にゆかりのある人であればほとんどの人が知っているであろう青蓮院ですが、それ以外の人にはあまり知られていないというのが肌感としてあります。

そのため、これを機に京都の旨味が凝縮された青蓮院に是非行ってみてください。

 

青蓮院の観光情報

 

住所 : 京都市東山区粟田口三条坊町69-1

アクセス : 京都市営バス「神宮道」下車より徒歩3分、地下鉄東西線「東山駅」下車より徒歩5分

電話番号 : 075-561-2345

営業時間 :9:00~17:00(16:30 受付終了)

料金 : 大人500円、中高生400円、小学生200円

公式ホームページ:  青蓮院

 

 


水路閣が見どころの 「南禅寺」

 

南禅寺は臨済宗南禅寺派の本山です。

観光客が一番多く集まるところ言えば南禅寺の水路閣です。

 

南禅寺 水路閣

 

古代ローマの水道橋を見本としており、レンガ造りのお洒落な設計になっています。

この水路は滋賀県は琵琶湖にある水を運ぶために設置されており、京都を代表する風景の1つです。

ドラマやアニメにも使用されることが多くて有名な観光地です。

 

南禅寺 水路閣

 

筆者は真夏に南禅寺を訪問しましたが、水路閣周辺は炎天下の中でも水回りということもあり涼しいです。

気持ちよく散歩をしている途中の観光がてら休憩スポットとして最適でした。

 

ちなみに、水路閣の水が流れる上部はこのようになっています。

 

南禅寺 水路閣

 

歴史を感じるこちらの水路閣、是非とも足を運んでいってみてくださいね。

 

南禅寺の観光情報

 

住所 : 京都府京都市左京区南禅寺福地町

アクセス :地下鉄東西線「蹴上駅」より徒歩10分、京都市バス「東天王町」または「南禅寺・永観堂道」より徒歩約10分

電話番号 : 075-771-0365

営業時間 :

12月1日 ~ 2月28日 午前8時40分 ~ 午後4時30分、3月1日 ~ 11月30日 午前8時40分 ~ 午後5時
※拝観受付は拝観時間終了の20分前まで、年末(12月28日 ~ 31日)は一般の拝観をお断りします、年始は無休

料金 : 公式ホームページをご確認ください

公式ホームページ :  南禅寺

 

 

日本で2番目に大きい美術館である「京都市美術館」

 

 

京都市岡崎公園内には、なんと日本で2番目に大きい美術館である京都市美術館があります。

もともと、平安の世に京都が都であったころから京都は日本独特の文化や芸術の中心地となっていました。

そんな日本独特の文化や芸術の中心地が京都であることを背景に最初は「大礼記念京都美術館」で建設されます。

戦時下は駐留軍に接収されてしまいましたが、昭和27年に接収解除されその際に京都市美術館と改名しました。

 

京都市美術館の主な目的は、美術品の収集と展覧、その研究や普及活動に加え作家の活動のあとおしとされています。

また、そのためにも様々な展覧会などを行っており、一般の方々はその展覧会を見るというのが、京都美術館の流れになります。

他にも主に市民への美術講座とワークショップの2つの文化活動を行っております。

 

日本の独特な文化や芸術に興味のある方には非常におすすめです。

 

京都市美術館の観光情報

 

住所 : 京都市左京区岡崎円勝寺町124

アクセス : 地下鉄烏丸線「京都」駅より「烏丸御池」駅乗り換え、地下鉄東西線「東山」駅下車徒歩10分

電話番号 : 075-771-4334

定休日 : 月曜日(祝日の場合は開館)及び年末年始(12月28日〜1月2日)

営業時間 : 9:00~17:00

料金 : 展覧会による

公式ホームページ:  京都市美術館

 

 


いつも土下座している?  「高山彦九郎像」

 

円山公園にある坂本竜馬、嵐山にある角倉了以と並んで、この高山彦九郎像は京都三代銅像と言われています。

別名「土下座像」と呼ばれています。

 

高山彦九郎像

 

高山彦九郎は、林子平、蒲生君平と並んで「寛政の三奇人」と言われており、江戸時代後期の尊皇思想家です。

そのため、これは土下座をしているというわけではなく、京都御所に向かって拝礼している姿ということになります。

 

そんな高山彦九郎像ですが、1928年に作られ1944年の世界大戦時には金属回収令によってなくなってしまいました。

後に改めて作られたというぐらい、昔からお馴染みの銅像というわけです。

 

今日も高山彦九郎は京都御所に向かって拝礼をしています。

知らなければ普通に通り過ぎてしまう珍スポットです。

 

高山彦九郎像の観光情報

 

住所:京都府京都市三条大橋東詰

アクセス:三条大橋交差点南東

 

 

悪縁を切り良縁を結ぶ「安井金比羅宮」

 

安井金比羅宮

 

安井金比羅宮は、古くから断ち物祈願の場所として語り継がれてきました。

そのきっかけとなったのは崇徳天皇です。

崇徳天皇は安井金比羅宮の主祭神であり、讃岐(香川)の金比羅宮で欲を断ち切りお籠りしたことから信仰ができました。

お籠りとは、一定期間泊まり込みで社寺に入り祈願をすることです。

 

そして安井金比羅宮は、あらゆる悪縁を切った後に、良縁を結ぶことのできる場所として知られるようになりました。

「縁切り縁結び碑」という大量のお札が貼られた碑が有名です。

 

安井金比羅宮

 

多くの観光客や参拝客がこちらの碑を拝みに来ます。

碑には「形代」という身代わりのお札がたくさん貼られており、その中には「〇〇と縁を切りたい」など悪縁を断ち切りたい人の願い事が記されています。

 

自身で切りたい悪縁・呼び込みたい良縁を形代に記し、それを持って願い事を念じながらこの碑の穴を通るのです。

まずは手前側から奥側にくぐって悪縁を断ち切り、そのあとに奥側から手前にまたくぐって良縁を呼び込みます。

人のたくさんの怨念がかかれている形代は狂気や殺気に満ちたものがありますので、あまり見ないようにした方が気分を害されなくて済むと思います。

断ち切りたい思いと叶えたい思いのある方は是非とも行ってみてください。

 

安井金比羅宮の観光情報

 

住所:京都府京都市東山区下弁天町70

アクセス:市バス「東山安井」より徒歩1分

 

 


縁結びの神様「地主神社」

 

地主神社

 

縁結び、恋愛成就の神社として有名な地主神社。

地主神社の創建は、なんと日本ができる前。

そして恋占いの石は、近年の研究で縄文時代のものと判明しました。

長い歴史を辿る中、数多くの俳人や歌人が歌の題とし、歌集にもその名が刻まれています。

 

良縁を招くためにも、正しい参拝方法を知っておく必要があります。

地主神社では、お清めを行った後にお賽銭を入れて「二礼二拍手一礼」が参拝の正しい手順。

お清め方法や参拝方法は公式サイトにも掲載されているので、参拝前に確認しておきましょう。

 

また、地主神社は歴史的にも重要な建物で、総門・拝殿・本殿の全てが重要文化財として指定され、世界文化遺産にも登録されています。

長い歴史を歩んできて、何度も大規模な修繕工事が行われてきました。

現存しているご社殿は、寛永10(1633)年に徳川家光公によって再建されたものです。

縁結びのお参りのみではなく、ご社殿に施されている色鮮やかな極彩模様にも注目して本殿建築のすばらしさも要チェックです。

 

地主神社の観光情報

 

住所:京都市東山区清水一丁目317

アクセス:

JR京都駅から市バスで12分(市バス206、100系統)→五条坂から徒歩で10分
阪急川原町駅から市バスで12分(市バス207系統)→清水道から徒歩で10分

電話番号:075-541-2097

公開時間:9:00~17:00

公式ホームページ:  地主神社

 

 

様々な京都の文化財が展示されている京都の観光スポット「京都国立博物館」

 

京都国立博物館

 

京都国立博物館は歴史上とても重要な京都の文化財を主に展示しております。

展示だけではなく、調査研究及び様々な事業を行っており文化財の保存や活用を図る施設でもあります。

そもそも、京都国立博物館は1889年に東京に帝国博物館を、京都に帝国京都博物館を、奈良に帝国奈良博物館を設置する完成が敷かれたことからはじまりました。

その後、1897年に開館し、1924年には京都国立博物館として文化保護委員会の付属機関となりました。

その後、様々な省庁と協力するなどして今の形になっていきました。

今では、独立行政法人にまでなっています。

 

前述の通り様々な事業をおこなっておりそれらの事業は多岐に渡ります。

展示品の講座や、音楽や映像をつかった収蔵品の紹介、さらに芸能人を呼んで落語を行ったりもしております。

京都の様々な文化財に興味がある方にはおすすめの博物館です。

 

京都国立博物館の観光情報

 

住所 : 京都市東山区茶屋町527

アクセス : JR京都駅下車、JR奈良線にて東福寺駅下車、京阪電車にて七条駅下車、徒歩7分

電話番号 : 075-525-2473

定休日 : 毎週月曜日、年末年始

営業時間 :

火~木・日 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
金・土曜日 9:30~20:00(入館は閉館の30分前まで)

料金 : 520円

公式ホームページ :  京都国立博物館


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(380)
北海道・東北(33)
  北海道(18)
  青森(2)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(2)
  福島(1)
関東(129)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(62)
  神奈川(29)
  茨城(3)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(56)
  長野(10)
  新潟(5)
  富山(2)
  石川(7)
  福井(1)
  岐阜(4)
  静岡(14)
  愛知(7)
  三重(6)
近畿(55)
  滋賀(6)
  京都(13)
  大阪(17)
  兵庫(13)
  奈良(4)
  和歌山(2)
中国・四国(28)
  鳥取(1)
  島根(4)
  岡山(6)
  広島(8)
  山口(2)
  徳島(1)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(51)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(5)
  熊本(7)
  大分(7)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(13)

国外エリア一覧

東南アジア(17)
ヨーロッパ(33)
東アジア・中国・台湾(13)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(5)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(7)
アフリカ(2)
北米(10)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(365)
イベント情報(282)
ショッピング・買い物・お土産(368)
シーン別(495)
ビジネス・出張(158)
ロケ地、舞台(161)
世界遺産(92)
乗り物・交通・アクセス(442)
宿・旅館・ホテル(153)
旅行準備(368)
歴史・豆知識(511)
温泉・スパ(133)
絶景(326)
聖地巡礼(29)
観光旅行(497)
食事・グルメ(415)
ランキング(415)
デート(408)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(304)
ツアー/旅程(150)
海水浴場・ビーチ・リゾート(47)

人気記事ランキング