logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 東京

東京の人気観光名所72選!デートから旅行まで楽しめる東京観光地をエリア別制覇





東京は大都市として日本の経済・文化・政治の中心地であるだけでなく、数多くの観光やグルメスポットも存在します。

ただ、地方住まいの方をはじめ「東京の観光スポットは多すぎてどこに行けばいいかわからない!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、本記事では東京在住の筆者が東京を観光するなら行ってほしい観光名所を穴場スポットも含めてご紹介します。

東京に初めてきた、一人でぶらり旅、カップルでデート、子供を連れてお出かけ、高校の修学旅行、女子旅、外国人の案内など、様々なシーンでご活用くださいね。

<上野のおすすめ観光スポット>

 


1. 不忍池

 

不忍池

 

初めての方でもゆっくりできる観光地としておすすめなのが、東京の「上野」です!

上野といえば、動物園や桜を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

そこでまずは、上野の王道おすすめスポットをご紹介します。

 

1つ目は、上野恩賜公園の中にある不忍池(しのばずのいけ)。

上野恩賜公園といえば、お花見シーズンにいつもテレビで流れている満開の桜を思い浮かべる方も多いと思います。

不忍池は、春には上野恩賜公園の桜を、夏には風物詩である蓮を見ることができます。

今回は、そんな不忍池でのまったりとした楽しみ方を紹介します。

 

不忍池の楽しみ方:「ボート池」で自然を満喫

 

Ueno_waterbird

 

不忍池では、季節ごとの風景を楽しむことができます。

中でもおすすめの楽しみ方は「ボート池」で自然を満喫することです。

ボート池では、ボートに乗りながら「蓮」などの花やカモメ、野鳥などの「自然風景」を満喫することができます。

 

ちなみに、ボートには次の3種類があります。

 

  • 手漕ぎボート(別名・ローボート:大人3人乗りのボート)
  • 足漕ぎボート(別名・サイクルボート:大人2人、幼児1人まで乗れるボート)
  • スワンボート(大人3人乗り、スワン型の屋根がついている)

 

この3種類からボートを選ぶことができます。

また、ボートの利用料金も時間制なので、家族連れやご友人と楽しむときは1人あたりの料金も安くなるのでお財布にも優しいです。

 

いざボートで公園内を移動していると、カモメや水鳥・野鳥が間近に見ることができるんです!

しかも午前中には特に多くのカモメが観れます。

日本の中心・東京で、まったりとした雰囲気の中、みなさんもボート漕ぎを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

上野恩賜公園内・不忍池の観光情報

 

【住所】東京都台東区上野公園2-1

【最寄り駅】京成線・山手線、JR上野駅

【アクセス】徒歩:上野駅より徒歩6分。バス:東西めぐりんバス「不忍池」より徒歩5分。

【ボート料金】手漕ぎボート:1時間700円。足漕ぎボート:30分600円。スワンボート:30分700円。

【ボート場・問い合わせ電話番号】03-3828-9502

 

 

2. 上野動物園

 

Ueno_zoo

 

上野といえば、やはり「 上野動物園 」が頭に浮かぶ人が多いと思います。

上野動物園は、1882年に開園した「日本最古」の動物園として有名ですよね。

 

また、「東園」と「西園」にわかれていて、それぞれ観れる動物が違うといった特徴があります。

中でも、人気で可愛らしい「パンダ」の姿を生で一度見てみたいという人は多いでしょう。

今回はそんな上野動物園の楽しみ方を紹介します。

 

上野動物園の楽しみ方1:開園と同時に入園する

 

上野動物園は、土日や祝日は非常に混雑します。

また、外国人の観光客の方も多いので、午後を過ぎると混雑していない方が珍しいくらいです。

ですので、開園と同時に入ることをおすすめします。

ちなみに開園は朝の9時半なので、早めに並んでおくのがいいですよ〜

 

上野動物園の楽しみ方2:パンダのいる東園から楽しむ

 

 

みなさんの大のお目当てのパンダは、東園にいます!

ちなみに東園には、ジャイアントパンダ、アジアゾウやホッキョクグマがいるんです。

聞いただけでも「迫力のすごそうな動物」ばかりですね〜

 

ジャイアントパンダは、表の門をくぐりぬけ、すぐ右の場所のパンダ舎にいます。

パンダは普段はあまり活発ではないので、餌を食べているか寝てるかのどちらかが多いそうです。

ただ、食事中は笹をとるため活発に動いているので、開園時間すぐの食事時間中はイキイキと動いている姿を見れるんだとか!

みなさんもそんな可愛らしいパンダを一度観てみてはいかがでしょうか。

 

上野動物園の観光情報

 

【住所】東京都台東区上野公園9-83

【アクセス】電車:JR上野駅(公園口)より徒歩8分。車:駐車場がないため、電車でのご利用をおすすめ

【開園時間】9:30〜17:30

【休園日】月曜日、年末年始(12/29〜翌年1/1)

【入園料】一般:600円。65歳以上:300円。中学生以下:200円

【公式URL】  上野動物園

 

※合わせて読みたい:  パンダだけじゃない!上野動物園の見どころまとめ

 

 


3. アメヤ横丁

 

アメヤ横丁

 

さあ、次は「アメ横」ことアメヤ横丁です!

アメ横は、スポーツショップや貴金属店、アパレルショップや屋台などが多く立ち並んでいる昔からの商店街です。

また、外国人観光客も多く、東京の中でも独特な雰囲気を持った商店街といえます。

今回はそんな「アメヤ横丁」でのおすすめの楽しみ方を紹介します。

 

アメヤ横丁の楽しみ方:地下商品街を回る

 

Ueno_underfround

 

アメ横は、屋台や食べ歩きもできる日本最大商店街の一つですが、多くの観光客が賑わっているのも特徴の一つです。

読者の中には、「あまり人混みが好きじゃない」という方もいると思います。

そこで今回は、まさに「裏ルート」といえるアメ横の「地下商店街」の楽しみ方を紹介しますよ。

 

アメ横の地下商店街は、アメ横センタービル地下商店街が正式名称です。

地下商店街では、東南アジアから輸入された食材や上海蟹、世界各国から調達された調味料を買うことができます。

また、なんといっても良心的な価格であるので、お財布にも気を遣わずに「世界の食」を楽しむことができるんです!

それだけあって外国人観光客も多いですが、地上に比べると人も少なく、貴重な食材に出会うこともできるのでおすすめですよ〜

 

また、珍しいスパイスも販売しているので「辛いもの好き」にもおすすめのスポットです。

皆さんもぜひアメ横に行ったときは、地下商店街を楽しんでみてくださいね。

 

アメヤ横丁・地下商店街の観光情報

 

【住所】東京都台東区上野4・6丁目(地下商店街:東京都台東区上野4-7-8アメ横センタービル地下1F)

【アクセス】JR上野駅・中央出口より歩いてすぐ

【定休日】通年営業

【地下商店街・営業時間】10:00~19:00(ビル全体の営業時間も同様ですのでご注意ください!)

【問い合わせ電話番号】03-3832-5053

 

 

4. 東京国立博物館

 

東京国立博物館の創設は1872年で、日本の中でも最古の博物館と歴史のある建物なのです。

館内は本館、表慶館、 東洋館、平成館、法隆寺宝物館と5つのエリアに分かれており、国宝や重要文化財が収蔵されています。

 

東京国立博物館

 

毎年多くの特別展が開かれており、これまでのもので反響が大きかったのは、1965年のツタンカーメン展や1974年のモナ・リザ展です。

その時代に代表される有名作品を展示する場所として、多くの人々を魅了してきました。

 

たくさんの観光スポットに行くのも良いですが、じっくりと時間を忘れて歴史・文化・芸術に触れてみるもの良いですよね。

館内は広いですが、中には休憩できる椅子がたくさんありますので、休みながら網羅的に回ることができるはずです!

 

東京国立博物館

 

東京国立博物館の楽しみ方:『時をかける少女』の聖地巡礼地

 

東京国立博物館は、細田守作品の人気アニメ映画『時をかける少女』の舞台になったことでも有名です。

別記事にて   『時をかける少女』の聖地巡礼スポット    をまとめているので、そちらも是非見てみてください!

 

時をかける少女
(C)「時をかける少女」製作委員会2006

 

本作品は2006年に公開されたもので、2016年7月には『時をかける少女』の10周年記念イベントと際して、東京国立博物館で『時をかける少女』の野外シネマが上映されました。

ファンの中でも大変話題になったイベントだったため、実際に足を運んだ人もいるのではないでしょうか。

このように、観光スポットとしてだけではなく聖地巡礼スポットとしての楽しみ方もあるので、色々な観点で楽しんで頂けると嬉しいです!

 

東京国立博物館の観光情報

 

【住所】東京都台東区上野公園13-9

【アクセス】JR上野駅「公園口」から徒歩10分

【営業時間】

9:30~17:00
入館は閉館の30分前まで(時期により変動あり)

【定休日】月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始

【入場料】一般:620(520)円、大学生:410(310)円 ※( )内は20名以上の団体料金

【問い合わせ電話番号】03-5777-8600

【公式URL】  東京国立博物館

 

※合わせて読みたい:  刀剣や鎧に国宝まで!東京国立博物館の見どころを掘り下げて紹介!

 

 


5. 国立科学博物館

 

 

国立科学博物館は、国立で唯一の総合科学博物館です。

自然と人類の共存をテーマにした展示が数多く存在します。

 

また、地球上の生態系や、恐竜の化石、人類史など大人から子供まで楽しめる展示が多いことが特徴です。

原寸大のサイズで展示されているシーラカンスやマンモスの化石はびっくりする迫力。

太古の時代をリアルに表現していて、子供たちも大興奮間違いなしですよ!

 

国立科学博物館の楽しみ方:シアター36Oで地球を体感

 

国立科学博物館 地球館

 

そんな国立科学博物館でのおすすめの楽しみ方の一つは、なんといってもシアター36Oです。

直径12.8mのドームの内側全てがスクリーンになっていて、その中で映像を「地球」をテーマにした映像を楽しむことができます。

 

2005年に開催された「愛・地球博」の長久手博物館で人気だった「地球の部屋」を移築しているので、その当時からの展示を楽しめるのはいいですよね。

一回の上映が10分ほどなので、他の展示を満遍なく楽しみたい方にもオススメですよ。

ただ、入場は先着なので鑑賞のタイミングには注意が必要です。

 

国立科学博物館の観光情報

 

【住所】東京都台東区上野公園7-20

【アクセス】JR上野駅「公園口」から徒歩5分。東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」から徒歩7分。

【営業時間】通常9:00〜17:00 毎週金曜日9:00〜20:00 ※入館はそれぞれ閉館の30分前まで。

【定休日】毎週月曜日・平成28年6月20〜24日

【入場料】普通入館者:一般、大学生620円。高校生以下無料。団体入館者(20名以上)一般。大学生310円。

【問い合わせ電話番号】03-5777-8600

【公式URL】 国立科学博物館

 

※合わせて読みたい:  上野の学んで遊べる観光スポット!『国立科学博物館』の見どころを紹介!

 

▼合わせて読みたい上野の観光関連記事

・  上野のおすすめ観光スポット17選!上野動物園から美術館、寺社仏閣まで勢ぞろい!

・  上野グルメ20選!贅沢美食から下町グルメまで上野の人気グルメスポットを一挙ご紹介

・  上野のデートスポット15選!雰囲気抜群のおすすめ上野デートスポット

 

▼合わせて読みたい上野のグルメ関連記事

・  上野の人気ランチ店28選!安くて美味しい上野ランチまとめ

・  上野の居酒屋24選!安くておいしい上野の人気居酒屋を厳選

・  上野ディナーならここ!上野のレストラン、居酒屋16選

・  ラーメン激戦区上野!厳選した上野のラーメン店24選

・  上野のスイーツ、カフェ10選!心も体もほっこり♪

 

 

<谷根千(谷中・根津・千駄木)のおすすめ観光スポット>

 


1. 日暮里繊維街

 

 

上野駅から山手線で揺られることわずか1駅。

東京・日暮里は、古くからの歴史が残る、趣ある街の一つ。

そんな日暮里でおすすめな観光スポットの一つが日暮里繊維街です。

 

日暮里繊維街は、古くから続く繊維素材の宝庫です。

また、多くの繊維業者の方も訪れるほどの安さと品揃えの豊富さで知られているんだとか!

年4回の季節ごとにセールを行っていて、貴重な素材も安く手に入るらしいです。

では、早速おすすめの楽しみ方を紹介します!

 

日暮里繊維街の楽しみ方:男性も楽しめるEDWIN1号店

 

 

日暮里繊維街は、小売や卸問屋も含めると60以上もの店舗が立ち並びます。

中には、ヨーロッパのアンティーク・ボタン、L-musee(エル・ミューゼ)や服地専門店、パキラといった知る人ぞ知る名店も。

ほとんどのお店・ブランドが古くから続く有名店なのだそうです。

 

ボタン素材から綿にビーズ、手芸用品も多く揃えているので、マニアックな方にはたまりませんね。

ファッションが好きな女性も、素材選びとしてお店を回って楽しむことができるので余計に楽しく感じるでしょうね!

 

しかし、多くの男性の方がロマンを感じるデニムメーカー・EDWINの本店があるのが日暮里繊維街。

デニムといえばEDWIN。という方も多いのではないでしょうか。

本店なので、新しいモデルが真っ先に販売されるそうです。

女性だけではなく、デニム好きの男の方も楽しめる日暮里繊維街にぜひ一度足を運んでみてください!

 

日暮里繊維街/EDWIN・日暮里店の観光情報

 

【住所】東京都荒川区東日暮里5-33-10/東京都荒川区東日暮里5-50-18

【アクセス】JR山手線西日暮里駅南口より徒歩3分

【営業時間】10:00〜18:00 /11:00〜20:00

【問い合わせ電話番号】EDWIN日暮里・03-3806-2441

 

 

2. 谷中銀座商店街

 

谷中銀座商店街

 

浅草も充分に堪能できてきたところで、ロケ地としても有名な「谷中銀座商店街」を紹介します!

浅草の中心からは少し離れてしまいますが、行く価値ありのおすすめスポットです!

 

谷中銀座商店街は、ドラマ「いつか陽のあたる場所で」のロケ地としても知られている商店街です。

商店街入り口の階段は「ゆうやけだんだん」とも名付けられており、夕焼けを見るのにベストなポジションだといわれています。

また、商店街付近は猫も多く、猫好きの方にもたまらないおすすめスポットなんですよ!

 

谷中銀座商店街の楽しみ方:食べ歩きで商店街を回る

 

谷中銀座商店街

 

谷中銀座商店街は、なんといっても食べ歩きできることが最大の魅力です。

お店を見ても、昭和の初期に創業した老舗が多く、風情を感じるお店が多いです。

中には昭和8年からやっているお店もあるんだとか。

そんな谷中銀座商店街では、店員さんとお客さんが微笑ましく会話をしている光景が頻繁に見られます。

今の時代、このような光景は減ってきているのでとても貴重ですよね。

 

いざ商店街を回ると、特に「コロッケ」や「メンチカツ」は非常に美味しくて、病みつきになってしまいそうです!

また、ラムネ、たい焼き、和栗を使った美味しい和菓子も売っていますので、甘党の方にももってこいです。

ただ商店街にはトイレがありません。その場合はイートインのお店に入ってトイレを借りなければなりません。

つい食べ過ぎて...なんてことのないように気をつけましょうね!

 

谷中銀座商店街の観光情報

 

【住所】東京都台東区谷中3丁目および東京都荒川区西日暮里3丁目付近

【アクセス】JR山手線「西日暮里駅」より徒歩5分。地下鉄都営千代田線「千駄木駅」より徒歩5分。

【休業日・営業時間】店舗により異なる(要問い合わせ)

 

 


3. 根津神社

 

根津神社

 

根津神社には縁結びで有名な「願掛けカヤの木」や、京都の伏見稲荷大社を思わせる「千本鳥居」があります。

今では海外からもたくさんの人々が足を運ぶような人気スポットとなっています。

 

根津神社の楽しみ方:文豪たちも愛したパワースポットでパワーをもらう

 

根津神社

境内にある千本鳥居は必見!フォトジェニックスポットとしても有名です

 

東京大学が周辺にあるということもあり、かつては大学OBである夏目漱石や森鴎外もよく来ていたとされています。

彼らが腰をかけたと言われる石は「文豪憩いの石」と名付けられていますよ。

 

また、根津神社は非常に強運を持っています。

これまで東京を大震災や大空襲が襲いましたが、なんとこの根津神社は無事だったのです。

あまりにも奇跡的に残ったこの神社からは、たくさんのパワーがもらえるかもしれません。

 

縁結びだけではなく、学業の神様で有名な菅原道真も祀られていますので、学業成就をしたい方にもおすすめです。

日本一学力の高い大学である東大出身の文豪が愛した場所ということもあって、学業の縁起も良いですよ。

 

根津神社の観光情報

 

【住所】東京都 文京区根津1-28-9

【最寄駅】千駄木駅より徒歩5分

【電話】03-3822-0753

【公式URL】  根津神社

 

▼合わせて読みたい谷根千の観光関連記事

・  谷根千のおすすめ観光・グルメスポット15選!

 

▼合わせて読みたい谷根千のグルメ関連記事

・  日暮里で見つけた!安い・美味しい人気店のランチ15選

 

 

<浅草のおすすめ観光スポット>

 

1. 浅草寺

 

Asakusa_kaminarimon

 

はじめに紹介するのは、みなさんも一度は聞いたことのある浅草寺。

年間で3,000万人も訪れているといわれているほど有名な観光地です。

特に「雷門」は誰しもが知るスポットだと思います!

 

雷門は有名ですが、それ以外の「おすすめの場所」となると特に知らない方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな浅草寺のおすすめの楽しみ方を紹介します!

 

浅草寺の楽しみ方1:五重塔を見る

 

Asakusa_five_tower

 

浅草寺に来たらぜひ見てほしいスポットの一つに「五重塔」があります。

浅草寺本堂の西南に位置している五重塔は、945年に平公雅によって建立されますが、その後は焼失と再建を繰り替えしています。

ちなみに、この五重塔は「お釈迦様の遺骨が眠る墓所」であり、仏教建築の一種である仏舎利塔といわれています。

 

そんな五重塔はなんと高さ53m!

これは15〜20階建てのビルの高さに相当するそうです。

筆者も一度生で見たことがありますが、想像以上の迫力にビックリしました。

みなさんもそんな五重塔を一度見てみてはいかがでしょうか!

 

浅草寺の楽しみ方2:仲見世通りで「日本の伝統」を堪能

 

Asakusa_Nakamise

 

浅草寺の仲見世には、外国人観光客向けのお土産屋さん、扇子屋、刀や着物が売られているお店が沢山あります。

また、和菓子や揚げ饅頭も楽しめるため、食通の方にもおすすめのスポットです!

 

 

仲見世は、約90店舗のお店があり、通りの長さも235mほどあるので、見ていて飽きることなく満喫することができます。

道中、外国人観光客が「日本文化」に熱心に交流している姿を見ることができるのも印象に残ります。

 

ちなみに筆者の仲見世でのおすすめは「あんなしカステラ」です!

もし気になる方は、直接行って探してみてくださいね!

 

仲見世通り付近からは東京スカイツリーを眺めることもできます。

路地裏とスカイツリーのコントラストが何とも言えないですね。

 

東京スカイツリー

 

浅草寺の観光情報

 

【住所】東京都台東区浅草2丁目3番1号

【アクセス】東京メトロ銀座線「浅草駅」より徒歩5分。都営地下鉄浅草線「浅草駅」A4出口より徒歩5分。

【開堂時間】6:30~17:00

【問い合わせ電話番号】03-3842-0181

【公式URL】  浅草寺

 

 

2. 隅田公園

 

次に紹介するのは、「花見スポット」としても知られている隅田公園です!

隅田公園は、さくら名所100選に選ばれるほど有名な「花見」スポットなのですが、お子さん連れのご家族にも楽しめるおすすめスポットなんです。

 

 

川沿いに歩いていくと、反対側にはスカイツリーも見えます!

今回はそんな隅田公園の楽しみ方を紹介します!

 

隅田公園の楽しみ方:公園から眺めるスカイツリー

 

SUmida_park_skytower

 

隅田公園は、名前の通り「公園」です。

公園内には面白い形をした遊具が沢山あるので、お子さん連れの方も安心ですね!

しかもベンチに腰掛けることもできるので移動に疲れた方には最高な空間だといえます。

しかし、ただの公園だったらわざわざ行く必要はないですよね。

 

なぜおすすめなのかというと、隅田公園からはスカイツリーを眺めることができるためです!

都内でスカイツリーをじっくりと眺められる場所は案外少ないのですが、隅田公園では休憩をしながらもスカイツリーを見ることができるので非常におすすめです。

特に夜は絶景ですよ。

 

隅田公園の観光情報

 

【住所】東京都台東区花川戸1

【アクセス】東武線「浅草駅」より徒歩3分。都営浅草線「浅草駅」より徒歩5分。

【入場料】無料

【問い合わせ電話番号】03-5246-1321

 

 

3. 江戸東京博物館

 

 

せっかくなら、日本の歴史を体感してみたい。という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、せっかくなら日本の昔の生活を感じてみよう!ということで紹介するのがこちら。

江戸時代からの歴史、各時代の人々の生活を体験出来る「江戸東京博物館」です!

 

江戸東京博物館の楽しみ方:「昭和」の暮らしを体験

 

 

江戸東京博物館は、「未来の東京を考える博物館」として作られました。

「江戸ゾーン」と「東京ゾーン」の2つで構成されていて、江戸時代から第二次世界大戦までの人々の暮らしを展示形式で体験することができます。

また、展示品はなんと国内最大級の2,500点!展示の多さも日本トップレベルの博物館なのです。

 

そんな江戸東京博物館で最もおすすめなのが、体験コーナーです。

最も人気のあるものは、昭和初期の住宅を再現したといわれている体験コーナー。

居間にあがることもでき、まるで昭和初期にタイムスリップしたかのような気分も味わえます!

この他にも、ダルマ自転車体験や肥桶持ちの体験もできるので、ただ展示物を見るよりも圧倒的に楽しめますね。

 

博物館は飽きてしまいがちなお子さん連れの方も安心!

ご家族でも安心して楽しめますよ!

体験もできて、歴史の学びも楽しめる「江戸東京博物館」にみなさんも一度行ってみてはいかがでしょうか!

 

江戸東京博物館の観光情報

 

【住所】東京都墨田区横綱1丁目4番1号

【アクセス】JR総武線両国駅西口下車徒歩3分、東口下車7分

【博物館お問い合わせ電話番号】03-3626-9974

【入園料】一般600円、65歳以上300円、大学生480円、高校生・中学生(都外)300円、都内の中学生、小学生以下無料。

【開館時間】9:30〜17:30(土曜日は9:30〜19:30まで営業)

【休館日】月曜、年末年始(12月28日〜1月1日)

【公式URL】  江戸東京博物館

 

 

4. 花やしき

 

 

江戸東京博物館に次いで、日本の歴史を身をもって感じられる体感型アトラクションスポットがこちら。

都心の日本型テーマパーク・花やしきです。

 

花やしきは、つくばエクスプレス浅草駅から徒歩3分、東武スカイツリーライン浅草駅から徒歩5分とアクセスも便利なテーマパークです。

また、花やしきは1947年に一度取り壊されてしまいますが、昭和22年(1947年)に復活した日本最古の遊園地です。

遊園地といえばアメリカナイズされた賑やかな雰囲気が特徴ですが、日本らしさが残る街中でも楽しめる遊園地です。

 

花やしきの楽しみ方:花やしきの名物・ローラーコースター

 

 

花やしきといえば、身長110cm以上あるお子さんから楽しむことができる「ローラーコースター」がおすすめです。

多くのローラーコースターの身長制限って「140cm以上」とかですよね。

そう考えると好奇心旺盛な子供にも優しい設定です。

 

ちなみにこのローラーコースター、昭和28年から存在する日本最古のローラーコースターなんです。

しかも、ビルの間をくぐりぬけて進んでいくのでとてもユニークで迫力があります。

最高速度は42km/hとのことなので、かなり遅い感じを受けますが、乗ってみるとそれほど遅い感じがしないという方が多いんだとか。

アトラクション時間も1分30秒とのことなので、小さいお子さんでも楽しめるのがいいですね。

 

花やしきの観光情報

 

【住所】東京都台東区浅草2-28-1

【アクセス】つくばエクスプレス浅草駅より徒歩3分。東武スカイツリーライン浅草駅より徒歩5分。

【営業時間】10:00〜18:00

【入場料】大人(中学生以上)1,000円。小学生・シニア(65歳以上)500円。未就学児無料

【問い合わせ電話番号】03-3842-8780

【公式URL】  花やしき

 

 

5. 東京スカイツリー

 

スカイツリー

 

2012年に開業し、年間500万人以上が訪れる東京スカイツリー。

東京タワーの後継として作られた電波塔で、東京近辺の旧国名、武蔵国("ムサシ"のくに)にちなんで634mもの高さを誇ります。

電波塔としては高さ世界一、人口建造物としてもドバイにあるブルジュ・ハリーファに次いで2位の高さです!

ちなみに元々は世界一の高さの人口建造物を目指していたのですが、計画段階では高さを非公開にしていたブルジュ・ハリーファに後から抜かれてしまったそうです…

 

東京スカイツリーの楽しみ方:ソラマチ内にある"すみだ水族館"は外せない!

 

スカイツリーは単なる電波塔に留まりません。

日本一の高さを活かした2種類の展望台や、様々なショッピング施設、レストラン、プラネタリウム、企業の体験ブースに水族館が勢揃いする一大レジャー施設になっているんです。

 

その中でも特におすすめはすみだ水族館!

スカイツリーに隣接する商業施設、ソラマチの5F・6Fに位置する本格的な水族館です。

 

料金は大人2050円と一般的な東京の水族館と変わらない料金。

年間パスポートが4100円で取得出来るのでたった2回で元が取れてしまいます。

筆者も年間パスポートを愛用していますが、年パスの場合でも目立った入場制限日などはないのでかなりお買い得ですよ♪

 

すみだ水族館

 

すみだ水族館

 

すみだ水族館の"イチオシ"はチンアナゴ。

"にゅるにょろり" を合言葉に大量のチンアナゴに出会えます。笑

 

すみだ水族館

 

チンアナゴの水槽にはよく見るとヘコアユが♪

 

すみだ水族館

 

やっぱり水族館と言えばペンギン!

すみだ水族館でも、数十匹ものマゼランペンギンに会うことが出来ますよ!

 

※合わせて読みたい:  すみだ水族館の見どころやアクセス、料金、館内グルメなどを解説!おすすめ動物やショーも

 

東京スカイツリーの観光情報

 

【住所】 東京都墨田区押上一丁目

【アクセス】 

東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」
半蔵門線「押上(スカイツリー前)駅」
いずれも徒歩ですぐ。

【営業日】 年中無休

【営業時間】 展望台は8:00~22:00 ※施設により異なる

【料金】

ソラマチは入場無料。
展望台の料金はHP参照。

【公式URL】  東京スカイツリー

 

※合わせて読みたい:  世界一高い自立式電波塔!東京スカイツリーの見どころを総解説!

 

 

6. 隅田川テラス

 

隅田川テラス

 

隅田川沿いのテラスはおすすめのお散歩しながら観光できるコースです。

休日にはランニングやサイクリングを楽しんでいる方がいらっしゃいます。

 

隅田川テラスでは心が清らかになる

 

隅田川のせせらぎを聞きながら、そこから見える壮大なスカイツリーをおがんだり、気持ち良い空気を吸いながらお散歩を楽しむことができます。

道中には公園・橋・庭園や高層ビル群など様々な景色を楽しむことができますよ。

 

隅田川テラス

 

夜にはライトアップされたスカイツリーやビル群が立ち並び、ムーディーな雰囲気を醸し出してくれます。

大切な人とのデートにもぴったりな場所なので、外を散歩するのが気持ち良い春や秋には是非おすすめしたいです。

 

隅田川テラスの観光情報

 

【住所】東京都台東区 ・墨田区隅田川沿い

【最寄駅】浅草駅、吾妻橋

【電話】03-5320-5413

 

 

7. 今戸神社

 

今戸神社

 

浅草といえば浅草寺が有名ですが、こちらの今戸神社も密かな人気を集めています。

なぜなら、今戸神社は縁結びの神社だからです。

恋に迷える方や、今お付き合いしている人と結婚したい方などが多く参拝に訪れています。

 

今戸神社の楽しみ方:ペアの招き猫に恋愛成就祈願をする

 

立て看板には招き猫が描かれていますが、今戸神社があるこの地域は招き猫発祥の地なのです。

そのため、石像や絵馬などいたるところで招き猫を発見することができます。

縁結びということもあって、招き猫がペアで寄り添っていますね。

招き猫が2匹いればご利益も2倍になるかもしれないという期待感が膨らみます。

独り身でもデートでも、恋を成功させたと考えている方は今戸神社で恋愛成就を願ってみましょう。

 

今戸神社の観光情報

 

【住所】東京都台東区今戸1丁目5−22

【アクセス】浅草駅から徒歩15分

【電話】03-3872-2703

【公式URL】  今戸神社

 

 

8. かっぱ橋道具街

 

 

かっぱ橋道具街は大正時代から続いているため、昔ながらの街並みが広がっています。

全長は約1kmで、その中に170もの"調理道具"の問屋が軒を連ねる商店街です。

調理器具の他に食器具・食品サンプル・食材・調理衣装など何でも揃います。

買い物客の多くは飲食店を営んでいる方が多いですが、料理好きの方にもたまらない通りとなっています。

 

日本の職人技が詰まった器具が多数揃っているため、日本人のみならず、海外からも商品を求めて来られることがあります。

一昔前の雰囲気を味わいたい方にもおすすめの観光スポットです。

買い物をせずとも商品を眺めているだけで面白いですよ。

 

かっぱ橋道具街の観光情報

 

【住所】東京都台東区松が谷3−18−2

【アクセス】浅草駅から徒歩15分

【電話番号】03-3844-1225

 

 

9. 浅草ホッピー通り

 

浅草ホッピー通りとは、浅草寺から西に徒歩で数分圏内にある酒場通りです。

長さが100mぐらいのこじんまりとした通りですが、いかにも下町らしい数多くの大衆居酒屋さんがびっしりと軒を連ねていて雰囲気があります。

 

ホッピー通り

 

地元の常連さんはもちろん、たくさんの外国人観光客も訪れています。

各お店の前には販促をする元気な店員さんが立っていて、声をかけられるとついお酒を飲みに入店したくなってしまいます。

休日に関しては、夜だけではなく、昼間からすごい賑わいで席が限られているぐらいですよ。

 

ホッピー通り

 

ホッピー通りという名前のとおり、ホッピーを注文する方が多いです。

また、食べ物でいうとおつまみに牛すじ煮込みを注文する人が目立ちます。

ホッピーとの相性が抜群で非常に美味しいですよ。

その他、おつまみはイカ焼きや鳥の唐揚げなど、庶民的なメニューが幅広く揃っており食欲をそそります。

 

浅草の下町をもろに感じられる素敵な通りですので、観光ついでに一杯いかがでしょうか。

観光の合間にさくっと小一時間飲めるのでおすすめです!

 

浅草ホッピー通りの観光情報

 

【住所】東京都台東区浅草2-3-19

【アクセス】浅草駅5番出口より徒歩3分

【定休日】店舗によって異なります

 

▼合わせて読みたい浅草の観光関連記事

・  境内は見どころ満載!浅草寺の見どころを総解説!周辺観光地に浅草グルメスポットも紹介!

・  浅草のおすすめ観光デートスポット15選&絶品グルメスポット6選

 

▼合わせて読みたい浅草のグルメ関連記事

・  下町の代表!浅草で行きたい絶品ランチ20選!

・  浅草橋駅周辺のおすすめランチ10選


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(452)
北海道・東北(37)
  北海道(20)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(157)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(83)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(69)
  長野(10)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(16)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(67)
  滋賀(6)
  京都(17)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(58)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(7)
  熊本(9)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(18)
ヨーロッパ(39)
東アジア・中国・台湾(18)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(5)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(12)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(452)
イベント情報(320)
ショッピング・買い物・お土産(436)
ビジネス・出張(162)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(104)
乗り物・交通・アクセス(527)
宿・旅館・ホテル(169)
旅行準備(401)
歴史・豆知識(621)
温泉・スパ(147)
絶景(375)
聖地巡礼(30)
観光旅行(586)
食事・グルメ(487)
ランキング(516)
デート(491)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(385)
ツアー/旅程(183)
海水浴場・ビーチ・リゾート(55)

人気記事ランキング